ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
センターレポート・猫編
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


1/29センターレポート E部屋     4頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。





引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田




★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。





E-No.4

※1/29レポート初登場(1/28他抑留所より移送)
▽18323 茶黒 メス 1歳ぐらい 10キロ程度(やせぎみ)


ビビリで小ぶりな女の子です。
まだ若いようで、子犬のようなあどけなさもあります。
右前足が足首よりももっと上から何かの理由で千切れており
骨がむき出しになっていました。
おそらく保護前に動物用の罠に掛かってしまって
それを自分で外そうともがいたために、こうなってしまったのではないかと思います。

とても痛々しいですが、その他の体調面では不調は見られず
食欲もあるようで、出されたフードは完食していました。
おやつは手からは食べられませんでしたが
新聞紙の上に置いたおやつは、人が見ている目の前でも食べることができていました。

触られることを嫌がり、人の手を避けるような仕草をします。
ロープなどには全く慣れてはいないようです。
ただ、野良っ子という感じでもありません。
家庭に入って経験を積めば、そう時間を要さずに馴れてくれそうです。

センターでも当然感染症に掛からないよう治療は施していますが
一日でも早く動物病院で怪我部分の手術は必要になると思います。
怪我の治療が最優先ですが
家庭犬として再出発できるように導くことも大切ですので
どうかお気に留めていただければと思います。
f0078320_01042456.jpg
f0078320_01042882.jpg
f0078320_01043466.jpg




E-No.2

☆ふすま

※12/18よりレポートに登場 (12/7収容)
▽18270 白 オス(去勢済)5歳ぐらい 15キロ程度

甘えん坊で人が大好きな男の子です。
構ってもっている間はとても幸せそうです。
ぶつかってくるような力任せな甘え方ではなく
そっと身体をくっつけてくるような
切なくなるほど健気な甘え方です。

他の子を構っていると鳴いてアピールすることもあるので
多少焼きもち焼きな面もありそうです。
身体のどこに触れられても全く平気で
そう言う意味での気難しさは持ち合わせていません。

すぐにでも家庭犬として再出発できそうです。


f0078320_15325135.jpg
f0078320_15325664.jpg
f0078320_15330148.jpg
f0078320_15331236.jpg
f0078320_15331778.jpg
f0078320_15332294.jpg







E-No.3


☆なっち

※10/23よりレポートに登場(10/18他抑留所より移送)

▽18225 オス(去勢済) 6歳 15キロ
飼い主募集中!!No.18225

初対面では少し慎重でしたが
すっかり馴れた今は、構ってほしくて
吠えて一生懸命アピールしていました。
ケージ外に出してしまいさえすれば、パワフルすぎることもなく
ごく普通の甘えん坊の男の子です。
上目遣いに、何とも甘ったれな表情で
人の心を掴むことが上手です。
身体のどこに触れても問題は見られません。

お散歩なども好きなようですし
一緒に旅行などに行ったら楽しいと思います。
甘えん坊で人のそばにいることが大好きなこの子に
充分な愛情を注いでくださるような方とご縁がありますように。
f0078320_15291141.jpg
f0078320_15291673.jpg
f0078320_15292163.jpg
f0078320_15292646.jpg
f0078320_15293100.jpg






E-No.5

☆いろり

※12/28よりレポートに登場 (12/20他抑留所より移送)
▽18295 茶白長毛 オス(去勢済) 8歳程度 15キロぐらい

先週のレポートでも少し紹介しましたが
最初の時の悲壮感はどこへやら。
ちゃんと自分の気持ちをアピールできる子になってきました。
というより、少し賑やかです。
「僕、僕の方を先に構ってよ」そんな主張も
するようになりました。

三白眼気味で、落ち込んでいるように写真では見えてしまいますが
大人しすぎるわけでも、静かなわけでもありません。
年齢よりもはるかに元気があると思います。
ただ、パワフルすぎる感じでもありません。

散歩が大好きで、外に出すとしきりにマーキングしていました。
少し頻尿気味かも知れません。
去勢が終わったばかりなので、それも少しずつ改善するかと思います。

f0078320_15214565.jpg
f0078320_15215029.jpg
f0078320_15215797.jpg
f0078320_15220290.jpg
f0078320_15220713.jpg


レポートは続きます。




# by centre_report | 2019-01-31 18:33 | 愛護センターレポート

1/29センターレポート 子犬舎・旧子犬舎5頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんさんとぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。

※先週レポートより転載しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田




★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。


<1-3>
※2018/3/20よりレポートに登場(2018/3/9収容)
▽1547 白・薄茶 メス 1歳ぐらい 10キロ程度

手からおやつは躊躇なく食べますが
身体に触れられることはまだ強く拒否します。
おやつを食べさせている時に顎先をちょっと触ることはできるのですが
今はまだそれくらいのスキンシップしかできません。
圧倒的に人との触れ合いに経験が不足しているうえ
捕獲された時の記憶や、収容されてきてからの不安や
そういった負の経験しかしてきていないため
人馴れするには多くの課題があります。
一から向き合ってくださる方と巡り会うことができますように。
f0078320_15194173.jpg

f0078320_15194669.jpg

f0078320_15195178.jpg

f0078320_15195557.jpg

f0078320_15200044.jpg






1/29:激しい兄弟喧嘩があったそうで
部屋を分けたそうです。
18316の方を旧子犬舎に移動したとのことでした。

どちらが片方やられたわけではなく
どちらもお互いに強く出たそうです。



<2-5> 2頭

※1/22よりレポートに登場 (1/21引き取り・他抑留所より移送)
▽18315 白黒茶 オス 8歳 11.8キロ 


飼い主の方が亡くなったために、引取収容されたそうです。
とても活発で、少し忙しなく動き回っていました。
見知らぬ場所にいきなり連れてこられ
気持ちが落ち着かないのかもしれません。
8年間飼われていただけあって、人馴れは問題なさそうです。
人に対してはフレンドリーでしたが
他の犬に対しては近づいてこられるたびに唸って怒っていました。
同室の兄弟の子とは争うことはないようなので
初めて会う犬に警戒心が強く働いてしまうのかもしれません。
f0078320_15254316.jpg

f0078320_15254800.jpg


f0078320_15285750.jpg

f0078320_15290796.jpg

f0078320_15255457.jpg

f0078320_15255896.jpg


↑↓兄弟犬だそうです。



※1/22よりレポートに登場
▽18316 薄茶白 オス 8歳 11.25キロ

18315と兄弟だそうです。
2頭ともフィラリアは陰性だそうで
ちゃんと予防薬を飲ませてもらっていたようです。
こちらの子の方がおり穏やかな印象で
終始ニコニコとフレンドリーに接してきてくれました。
18315のように他の犬に怒るような様子も見られませんでした。
抱き上げることもでき、人への不信感はなさそうです。
また次回よく観察してきたいと思います。
f0078320_15271474.jpg

f0078320_15270159.jpg

f0078320_15265602.jpg

f0078320_15265087.jpg

f0078320_15264555.jpg



<2-6> 1頭

※10/16よりレポートに登場(10/9収容)
▽18219 茶 オス 3歳 4-5歳 20キロ(適正15キロ)

1/22:隣の部屋の子に唸られて
珍しく怒り返していました。
でも一喝すれば止める素直な子です。
時季外れの換毛期のようで、抜け途中の毛がたくさんあり
メンバーがブラッシングをしましたが
嫌がるでもなく、大人しくブラッシングさせてくれました。

この子はもともとA部屋の個室タイプの場所にいましたが
子犬舎に移動となりました。

気管支が弱いのか咳が出やすいので、暖かい部屋に移動となり
呼吸がいつもより楽そうで咳があまり出ませんでした。

身体が大きくパワフルそうですが
動きが激しくなくゆったりしていて
比較的大人しい子だと思います。
おやつの受け取り方が優しく、人の手に歯を当てないようにそっと食べてくれます。

今のところ他犬に突っかかっていくような様子は見られずに
いつもどんな時も穏やかな子です。

下の犬歯が一本無くて、もう一本も欠けていました。
理由はわかりませんが、何らかの衝撃が加わったことがあるのか
動くだけで咳き込むことに何か関係しているのでしょうか。
少なくとも加齢から来るようなものではないと思います。

穏やかでゆったりしていますので
身体は大きめですが一緒に暮らしやすいと思います。

f0078320_15322884.jpg

f0078320_15323323.jpg

f0078320_15332370.jpg

f0078320_15332712.jpg

f0078320_15331629.jpg

f0078320_15331128.jpg







<2-7> 1頭

☆ブーマー
※2018/5/15よりレポートに登場(2018/4/26収容)
▽18048 茶 オス 7-8歳 24キロ

1/22:この日は新しく加わった同室の子と
あまり気が合わないのか、ウガウガ怒る様子が見られました。
人に対してはいつも通りフレンドリーですし
ウガウガしている最中に止めに入っても
間違って人に強く出ることはありません。
犬同士では相性をかなり見る必要があると思います。


譲渡管理室から子犬舎に部屋移動して
暖房設備のある個室管理となり
フィラリアの積極的治療も始めたことから
体調面もますます安定したように思います。
元気があり、食欲がかなり旺盛で
おやつは手ごと食べそうな勢いです。

おやつを食べたいがゆえだとは思いますが
お座りをビシッとして見せてくれました。

ハチャハチャしていますが人の声はちゃんと届く子です。
シニアの年齢に差し掛かっていますが
体力的には若々しく、フィラリアが陰転してしまえば
末永く元気に過ごせそうです。
お散歩も好きなブーマーくんを
大切に可愛がってくださる方とのご縁が巡ってきますように。
f0078320_15353967.jpg

f0078320_15354491.jpg

f0078320_15354903.jpg

f0078320_15355302.jpg

レポートは続きます。


# by centre_report | 2019-01-31 18:24 | 愛護センターレポート

1/29センターレポート A部屋     4頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。





引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田




★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。



E-No.6より移動

<A-Ⅱ>
☆かまど
1/9よりレポートに登場(1/7他抑留所より移送)
▽18306 黒茶白 オス(去勢済)5歳 14キロぐらい(やせぎみ)


最初は若干シャイな反応見せていたこの子も
色んな人と関わるうちにだいぶ人懐っこくなり
構ってほしくてかなりアピールするように変わってきました。
よく通る声なので少々煩いです。

甘え方は上手になってきました。
ただ、外に出してもらうとそこまで騒がしくもパワフルでもなく
フリーかそれに近い環境で過ごせることができれば
そう問題はなさそうです。
何かの猟犬の血が入っていそうな見た目をしていますが
どちらかというと扱いやすい印象を受けます。
これぞオンリーワンな見た目で、独特の個性のある子です。
この子の良さを引き出してくださるような方と巡り会えますように。
f0078320_00455556.jpg

f0078320_00460187.jpg

f0078320_00462829.jpg

f0078320_00462071.jpg

f0078320_00461358.jpg

f0078320_00463461.jpg





<A-Ⅲ>
※1/29レポート初登場 (1/24他抑留所より移送)
▽18319 白 メス 7歳 16.25キロ


接している間、問答無用に男の子だと思っていたのですけれど
女の子だと職員さんからお聞きし、この子には失礼ですが
ビックリしてしまいました。
パワフルで少々落ち着きがなく、絶えず好き勝手に動き回っていました。
他の犬に対してはかなり強く出る面があり
誰かれ構わず、自分から近づいては怒っていました。
ただ、人に対してはごく普通の甘えん坊の可愛い子です。
まだ移送されてきてから日も浅く
落ち着かないと思うので、またよく観察してきたいと思います。
f0078320_00492277.jpg

f0078320_00493074.jpg

f0078320_00493701.jpg

f0078320_00494138.jpg

f0078320_00494606.jpg

f0078320_00495007.jpg

f0078320_00495557.jpg



<No.VII>

☆きんつば
※10/16よりレポートに登場 (10/2収容)
▽18214 白 オス(去勢済) 5歳程度 12.35キロ
「飼い主募集中No.18214」

ケージから出す時も、もうすっかり慣れたもので
自分からぴょんと出てきますし、ある程度構ってもらえると
自分からケージの中に戻っていきます。
聞き分けが良いというか、健気というのか
もっとわがまま言って困らせてくれても良いのに
きんつばは本当に賢く良い子です。

嫌なことはしっかり嫌と主張はしますが
だからといって我が強いわけではなく
むしろあまり手を煩わせてくることがありません。

和犬の芯の通った部分と、陽気な洋犬のような部分と
良いところが合わさったようなきんつばを
大切にしてくださる方とご縁がありますように。
f0078320_00564110.jpg

f0078320_00564787.jpg

f0078320_00565830.jpg

f0078320_00570692.jpg

f0078320_00583599.jpg

f0078320_00584299.jpg





E-No.1より移動

<A-Ⅷ>
☆らんま

※12/28よりレポートに登場(12/19収容)
▽18300 茶黒 オス(去勢済) 6歳 12キロ程度

聞き分けは良いし、人当たりも良く
性格は花丸なのですが
ケージの中では突き抜けるような高く通る声でよく鳴きます。
ケージ外に出してしまえば、他のどの子よりも
人にとって都合の良いように振る舞いますし
手が掛かるような部分は見当たりません。
ごく普通にフリーで室内で過ごす分には、何も問題がなく
家庭犬としてすぐ再出発できそうに思います。

皮膚はもう殆ど脱毛していたことが分からないくらい
綺麗になっていました。
クリクリなきれいな目が印象の可愛いらんまです。
f0078320_00531533.jpg

f0078320_00532115.jpg

f0078320_00532739.jpg

f0078320_00533335.jpg

f0078320_00534147.jpg


レポートは続きます。



# by centre_report | 2019-01-31 00:58 | 愛護センターレポート

1/29センターレポート B部屋     3頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。





引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田




★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。




<B-10>


※1/29レポート初登場 (1/28移送)
▽18321 茶 オス 2歳ぐらい 13キロ程度


あどけない表情で、女の子と見間違うほど
優しく可愛らしい表情の男の子です。
とてもシャイなようで、部屋を覗き込むと
命一杯身を縮こませて小さくなっていました。
攻撃的な面や暴れる様子もなく
固まる系ビビリちゃんといった感じです。
抱き上げることも歯を見ることもできました。
人前で食べ物を口にする余裕はないようで
おやつは食べることができませんでした。

野良っ子のような反応でもありませんし
最近まで人と暮らしていた子なのかもしれません。
身が詰まっているので思ったより重めですが
見た目は10キロそこそこ、小さい印象です。
f0078320_15431746.jpg


f0078320_15432286.jpg


f0078320_15430959.jpg


f0078320_15430477.jpg


f0078320_15432737.jpg


f0078320_15433241.jpg


f0078320_15433609.jpg




<B-9>

☆ういろう
※9/18よりレポートに登場 (8/16収容)

▽18178 黒白 オス(去勢済) 9歳ぐらい 15.4キロ
飼い主募集中!!No.18178

一日の大半の時間をケージの中で過ごしているので
活発なういろうくんにはストレスが溜まり易く
ケージの中はいつもグチャグチャです。

個室ケージとしては、比較的広めの場所を与えてもらっています。
見た目からも想像できるように、ういろうくんはセッターやポインターのような
活発な犬種が少し混じっていると思われ、常に自由に動いていたい本能を
持ち合わせているように感じます。

その性質を人間側もよく理解することが大切かと思います。
十分に身体を動かせるような環境下で
快適に暮らすことができますように。
f0078320_00394356.jpg


f0078320_00394869.jpg


f0078320_00395355.jpg





<B-8>


※1/15よりレポート登場(1/4収容)
183081 8311 白 オス 6歳 12キロ 2歳 15キロ
右前脚骨折?


前回見た時より、より甘えん坊になっていました。
ひとりでいる時間が増え、人恋しくなってきたのかもしれません。
以前に比べたら多少はふっくらしましたが
まだまだお痩せさんで、食欲は旺盛です。
人馴れには大きな問題はなさそうで
誰にでもすぐに心を開けるようです。

見るからに気の強そうな和犬っぽい感じですが
気難しい面は見受けられずに、素直な性格だと思いますが
犬同士は相性をしっかり見た方が良いかもしれません。

活発そうな子ですし、構ってあげられる時間を
十分取れる方とご縁がありますように。
f0078320_00404256.jpg


f0078320_00404701.jpg


f0078320_00405778.jpg


f0078320_00405278.jpg



レポートは続きます。




# by centre_report | 2019-01-30 15:44 | 愛護センターレポート

1/29センターレポート 別室      3頭



※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。



引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。





こちらの部屋の3頭は、
いつも似たような写真になりますが、
写真は最新のものに更新しています。
コメントは先週のものを転用します。





バズ
※2018/5/15よりレポートに登場 (2018/5/14他抑留所より移送)
▽18047 薄茶白 オス 1歳 12-13キロ

f0078320_00411401.jpg
f0078320_00412368.jpg
f0078320_00413283.jpg
f0078320_00414241.jpg
いつも訪問メンバーが撮影や引き出しの準備をしているスペースに
バズはつながれています。
職員さんの配慮で、人の存在を少しでも多く感じられるようにされています。

私達がバズを意識せずに動いている時は、さほどバタバタしなくなって来ていますが、
目が合った瞬間から、まだどうしたら良いのか挙動不審な動きが始まります。
それでも当初の様子を知る私達は、このコのほんの少しの変化は感じています。
バズが許せる距離をとってやりさえすれば、警戒はしながらも、
私達が見ている前でもオヤツを食べられるようになって来ています。

気が付けば、バズが当初見せていた威嚇行動も、今は目にすることはありません。
人馴れが進んでいる訳ではありませんが、
威嚇する必要がないようにこちらが対応することで、
この調子で、バズが少しずつ学習してくれることを願っています。






※9/18よりレポートに登場 ( 2018/6/16他抑留所より移送)
▽18182 茶白(顔一部黒) メス  1歳ぐらい 12キロ前後

f0078320_00454959.jpg
f0078320_00455764.jpg
f0078320_00460562.jpg
f0078320_00461382.jpg
f0078320_00462130.jpg
良いことも悪いことも、色々と吸収する大切な時期にいます。
人に対して強い警戒心を持っている様子を見て、
この子も、人の存在をより多く感じられるようにと、
毎日ランに出して繋ぐようにしてくれています。

写真撮影中、微動たりともせず私をジッと見ていました。
一生懸命に考えているかのようでした。
表情を見ていても、賢い子のように感じます。
賢いが故、過去に関わって来た人との嫌な思いが、
どうしても忘れられないのかなと想像してしまいました。

ランに繋留されている状況からまた室内に戻る。
この一連の流れは覚えた様子で、
しかしまだその流れに慣れることはできず、
職員さんの登場にかなり抵抗していました。
職員さんたちも一生懸命で、この子と係わる上での癖など、
とても良く観察していて、クレートに入れて上手にチェーンを外していました。
先週までは毎回歩かせる努力をしていましたが、
ここの移動はクレートINに変えて様子を見ているようです。

↓下のコよりも、警戒心が強いと感じます。
かなり頑なだと仰っていましたので、
毎日コツコツと、時間をかける必要があると思えます。
次回も、職員さんの関わり方をよく見て来たいと思います。

↓以前のコメントです。
この子は身体や頭を撫でられることには抵抗することなく
クレート内にいる間にずっと撫でていても嫌がることはなく
ひたすら固まっている状態でした。







※9/18よりレポートに登場 ( 2018/6/16他抑留所より移送)
▽18183 薄茶(半長毛) メス 1歳ぐらい 12キロ前後

f0078320_00571939.jpg
f0078320_00573958.jpg
f0078320_00574733.jpg
f0078320_00575515.jpg
f0078320_00580441.jpg
f0078320_00581452.jpg
この子も↑の子と一緒に、より人と係わりを持てるよう、
毎日ランに出してに繋ぐようにされています。

この子は、私の動きに合わせて、常に動いていました。
それでも、以前のフリーの時とは違って、
繋がれていることは理解できているようで、
バタバタと動くようなことはありませんでした。

職員さんから、この子はこちらがゆっくり動くことで、
恐怖が和らぐようだとのことでした。
やはりクレートに入れて室内⇔ランを移動させているのですが、
ゆっくり手を入れれば、首にかけたチェーンも落ち着いて取れるそうです。
本当に個々の様子をよく見て対処されていることに感心しました。

人馴れに変化はまだ見られませんが、
関わる上での突破口みたいなのが見つかれば、
少しは関わり易いかと思います。
この子の方が諦めが早いそうです。

しかし、この子も時間をかける必要があると感じます。
家庭に入れて時間をかけることが一番の近道でしょうが、
向き合う時間を十分持つことができる環境が望ましいと思います。


レポートは続きます。


# by centre_report | 2019-01-30 13:00 | 愛護センターレポート