ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
センターレポート・猫編
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


12/4センターレポート 子犬舎    4頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。




引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。




お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。





<2-6>2頭

f0078320_00493238.jpg
※9/18よりレポートに登場 ( 6/16他抑留所より移送)
▽18183 薄茶(半長毛) メス 1歳ぐらい 12キロ前後

小部屋のドアを開けると2頭が揃って飛び出してくるのですが
この子は全く周りを見ることなく、低い姿勢で一直線に
外に飛び出してきます。
もう誰にも見つかりたくない、つかまりたくない、という気持ちが
伝わってくるようで切なくなります。
同室の子と一緒にいると、その子にくっついて動き回るだけなので
小部屋のドアを閉めて別々に様子を見てみました。

しかし、この子の警戒心は相当強いようで
ずっと動き回り落ち着く時間はほとんどありませんでした。
同じ現場から似た子たちが今までにも何頭か収容されていますが
やはり警戒心が強い子が多いようです。
それでも家庭に入って人と一緒に生活していったり、
先住犬がいるお宅であれば先住犬の動きをよく見ていたりしながら
少しずつ警戒心や恐怖心は克服できています。

この子もここでの生活がもうすぐ半年を迎えようとしています。
ここではこれ以上の人馴れはなかなか難しいものがあります。
やはり一日でも早く家庭に入って人との生活をしていく中で
人は何も怖いことをする人ではないと理解してくれるようになると
思います。

f0078320_00512031.jpg
f0078320_00513386.jpg
f0078320_00514243.jpg
f0078320_00515526.jpg
f0078320_00520556.jpg
f0078320_00521410.jpg
f0078320_00522231.jpg
f0078320_00523170.jpg




※9/18よりレポートに登場 ( 6/16他抑留所より移送)
▽18182 茶白(顔一部黒) メス  1歳ぐらい 12キロ前後

この子も小部屋の扉を開けると即座に外に飛び出してきます。
ただ、同室の子とは違い、しっかりと顔をあげて周りを見る
余裕はあるようです。
同室の子と別々に様子を見てみたかったので
この子だけを小部屋に残してドアを閉めて接してみました。
部屋の隅で固まっていましたが、
ゆっくり近づいていけばその場に留まっていることができます。
身体や頭を撫でることにも嫌がることはありませんが、
緊張感で身体を固くしているのが伝わってきました。

震えたりするほどの恐怖心ではないものの、
何をされるかわからない不安があるのだと思います。
逃げ回るスペースがあると人と距離を取ろうと必死になりますが
こうしてゆっくりと接する時間が長くなれば
また様子も変わっていくのだと思いますが
ここにいては時間が限られてしまいます。
こちらからアクションを起こさなくても、常に人が一緒にいることで
人が怖いことをするものではないと理解していってくれるはずですので
一日も早く家庭に入って人の暖かさを教えてあげられたらと思います。

f0078320_00534434.jpg
f0078320_00535663.jpg
f0078320_00540911.jpg
f0078320_00541700.jpg
f0078320_00542741.jpg
f0078320_00543639.jpg
f0078320_00544605.jpg
f0078320_00545550.jpg






<2-8>2頭

☆ブラック

※9/18よりレポートに登場(9/4引取り)
▽18164 ブラックタン短毛 オス(去勢済) 7歳ぐらい 12キロ
「飼い主募集中No.18164」

人馴れ抜群とまではいきませんが、普通に接することができる
穏やかな子です。
身体や頭を撫でることもできます。
ただ、写真を見るとどれも上目遣いで
この人何するんだろう?という不安がまだあるようです。
職員さんにお散歩に連れていってもらう姿を何度か見かけますが
お利口に一緒について歩いていました。

この日はボランティア・トリミングのため同行したメンバーに
綺麗にシャンプーしてもらっていました。
暴れることもなくおとなしくドライヤーもしてもらっていました。
年齢的にもシニアの域に入っていますが、
それだけではなくこの子の性格が元々穏やかな子なのだと思います。
一緒に収容された同郷組の他の3頭は皆、
すでに家庭に入って新しい生活の一歩を踏み出しています。
ブラックにも暖かい手が差し伸べられますように。

f0078320_00573009.jpg
f0078320_00574217.jpg
f0078320_00575063.jpg
f0078320_00575906.jpg
f0078320_00581018.jpg
f0078320_00581947.jpg
f0078320_00582988.jpg
f0078320_00584128.jpg




※4/17よりレポートに登場(4/5他抑留所より移送)
▽5149 薄茶 メス 2歳ぐらい 11-2キロ

とても綺麗なお顔をした美犬さんです。
以前から紹介していますように、こちらに収容される直前に、
出産・子育てした経験があります。
収容当初はとにかく何もかもが怖くて顔を隠し
ひたすら縮こまっていましたが、
早くも8ヶ月が経過した今では、その時期を越えたようで
顔をあげていられるようになっています。

ただ、こちらが近づくとまだやはり不安なのでしょう、
下を向いてしまいます。
それでも身体や頭などどこを触っても嫌がることもなく
お口が出るようなこともありません。
人は自分に危害を加えないんだと理解しつつあるようですので
人と一緒に過ごす時間を長くして
更に人への不安感などを拭うためには
やはり家庭に入ることが一番の近道です。
この年末、暖かいお布団の上で眠れるように
この子にも暖かい手が差し伸べられますように。

f0078320_01000972.jpg


f0078320_01002274.jpg


f0078320_01003233.jpg


f0078320_01004150.jpg


f0078320_01005082.jpg

f0078320_01005957.jpg

f0078320_01010987.jpg

f0078320_01011992.jpg



レポートは続きます。




# by centre_report | 2018-12-06 12:31 | 愛護センターレポート

12/4センターレポート 旧子犬舎   5頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。




今週も引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。




お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。







<1-2>2頭

f0078320_00263543.jpg
※12/4レポート初登場(12/3引き取り)
▽18264 黒茶白長毛 オス 2歳 16キロぐらい


一番端の小部屋から撮影をしようと旧子犬舎に入ると
隣の小部屋にいたこの子がずっと低く小さな唸り声を
出していました。
最初、同室のもう1頭の子かと思いましたが、
よく見ているとこの子が唸っているのがわかりました。
攻撃しようという感じの唸り声ではなく、「何見てるの!こっちに来ないで!」
と警告しているようでした。
壁を隔てて隣にいるのに唸っていたので
この子のいる小部屋に入ったらもっと大きな声で唸るのかと思いきや
音量はほとんど変わらなかったので、
ゆっくり横向きに近づいてみました。
近づいてもずっと唸ってはいたものの、すぐ横まで近づいても
お口が出ることはなく、ひたすら小さく唸るだけでしたので
ゆっくりと時間をかけて話しかけてみました。
じっと私の顔を見ていましたが、時間がたつにつれて
唸るのをやめてくれましたので
おやつを差し出してみましたが、全く反応することはありませんでした。

これまで人と一緒に暮らしていた子なので、今の状況がなかなか理解できず
不安と警戒心から自分の身を守ろうとしていたのだと思います。
大分落ち着いてきたようでしたので、また声をかけながら
ゆっくりと身体を触ってみることもできました。
見知らぬ場所で、知らない人に近寄られて相当緊張したのだと思います。
他の小部屋の撮影をしている時にこの小部屋を覗くと
お座りした姿勢のまま目をつぶって寝ていました。
まだこの環境に慣れておらず、警戒していると思います。
来週以降もゆっくり接していきたいと思います。

f0078320_00285774.jpg
f0078320_00290800.jpg
f0078320_00291778.jpg
f0078320_00292633.jpg
f0078320_00293768.jpg
f0078320_00320763.jpg
f0078320_00321971.jpg
f0078320_00322952.jpg
f0078320_00294896.jpg




※12/4レポート初登場(12/3引き取り)
▽18263 薄茶 メス(不妊済) 2歳 20キロぐらい


こちらの子はずっと同じ姿勢のまま微動だにせず
固まった状態でした。
この子からは唸り声は聞こえませんでした。
それでもこちらをしっかり見ることができていましたので
人に対する恐怖心というものは感じられませんでした。
ゆっくりと身体を撫でてみても嫌がることもなく
頭も撫でることができました。
やはり人と生活してきただけあり、怖くて震えるようなことも
全くありませんでした。

ただ、なんでここにいるんだろう?と
まだ自分の置かれた状況がよくわかっていないのではないでしょうか。
同室の子もこの子も体格はやや大きめではありますが
穏やかそうな子のように思えました。
またこれから環境に慣れてくれば本来の姿を見せてくれるように
なるかと思います。
来週以降も様子を見ていこうと思います。

f0078320_00333793.jpg
f0078320_00334946.jpg
f0078320_00335942.jpg
f0078320_00340814.jpg
f0078320_00341836.jpg
f0078320_00342864.jpg
f0078320_00344020.jpg
f0078320_00345361.jpg





<1-1>1頭

※2018/3/6よりレポートに登場 (3/1他抑留所より移送)
▽1536 茶 オス  1歳 12キロ前後


ここ最近は近づいても唸ることもなくなっていましたが、
隣の小部屋の子が唸っているのに同調したのか、
この日は近寄ろうとすると、以前のように唸っていました。
先週同室の子を引き出したため、
またひとりぼっちになってしまった不安もあったのかもしれません。
近づこうとするととにかく距離を取ろうと、
外のスペースにすぐに飛び出して行き、
こちらが外のスペースに出ようとすると
今度は小部屋の中に入ろうとして、近づくこともできませんでした。

もちろんおやつを手からもらうことはできませんので
小さくちぎって離れているこの子に投げてやると
しばらくしてから私たちが見ているところでも
食べることができていました。
こうして逃げ回るスペースがあると、
なかなかこの子に近づくことができません。
収容当初はまだ幼かったこの子が
すっかり成長して大人びてきました。
ただ、人に対する警戒心はほとんど変わっていないように
感じます。
ここにいる間にはなかなかこれ以上の人馴れは進みません。
毎日人と一緒にいる生活をしていく中で
人は怖いものではないと学習していけるのだと思います。

f0078320_00372420.jpg
f0078320_00373797.jpg
f0078320_00374812.jpg
f0078320_00380141.jpg
f0078320_00381081.jpg
f0078320_00382140.jpg
f0078320_00383188.jpg





<1-3>2頭

f0078320_00405397.jpg
※3/20よりレポートに登場(3/9収容)
▽1547 白・薄茶 メス 1歳ぐらい 10キロ程度

食いしん坊なこの子は、おやつは手から躊躇なく食べられますが
触ろうとするとスルっとかわし、
無理強いをしようとするとお口が出そうになります。
おやつは手のひらにのせたものでも問題なく食べることができますし
同室の子に差し出したおやつも、横取りしようとするほどです。

腰が引けているということもないのですが、
身体を触ることにはかなり抵抗してしまいます。
同室の子が同様に触らせてくれないので
恐らくそれを見て、触ろうとされたら脅してやればいい、と
変な影響を受けているように思えてなりません。
同室の子と部屋を分けて独りにしてみたら
もう少し変化が見られるのかもしれないと思ったりもしますが
これから寒くなる時期ですから2頭でくっついていた方が
少しでも暖かくいられると思います。
なんとかこの子とも仲良くなりたいです。

f0078320_00422745.jpg
f0078320_00424165.jpg
f0078320_00425010.jpg
f0078320_00430003.jpg
f0078320_00431102.jpg




H28/8/2よりレポート登場(28.7/28他抑留所より移送)
▽4537 薄茶 メス  5歳ぐらい 12-3キロ

ここにきて大分毛の茶色が濃くなってきました。
一時期少しぽっちゃりしてきたかな?と思うときがありましたが
今は適正体重のように見えます。
この子は収容から既に2年を経過しています。
おやつは問題なく手から食べてくれます。

身体はなかなか普通に触らせてくれません。
おやつをあげる時に手のひらにおやつを乗せ、
それを口元近くまで持っていった時に
どさくさに紛れてその手で身体に触れようとするのですが
おやつは食べながらもこの子の緊張感が伝わってくるように
まるで息を止めているのかと思うほど固まってしまいます。

触られたら何か怖いことをされるとでも思っているのでしょうか。
触ろうとするとお口が出そうになるのは、
この子なりに自分を守っているのだと思います。
普通にゆっくりとこの子を撫でてみたいと思うのですが
おそらくこの長い期間、お互い恐る恐る対峙しているのが
伝わってしまっているのではないかと思います。

f0078320_00444609.jpg
f0078320_00445937.jpg
f0078320_00450851.jpg
f0078320_00452040.jpg
f0078320_00453018.jpg


レポートは続きます。




# by centre_report | 2018-12-06 02:00 | 愛護センターレポート

11/30 センターレポート【猫編】

※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。

営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


るんばさんのレポートです。


動物愛護センターにいる、譲渡先・預かり先を募集中の猫たちの情報です。


問い合わせ先
yukichov716★yahoo.co.jp (★を@に変えてください) 幸丸
お名前のないメールには返信できません。

猫の一時預かりボランティアさん大募集中!

【猫の一時預かりボランティア】 ←こちらをご覧ください

★一般譲渡対象と記載されている猫については、千葉県内にお住まいの成人の方は、センターへ直接譲渡をお申し込みいただくことが可能です。
「犬猫の譲渡会」をご覧ください。


★ねこ親希望の方は「お申込みアンケート」からアンケートをお願い致します。

・・・・・・・・・・・・・・・

※ ご紹介する猫は全頭ワクチン・駆虫済です。



▼譲渡猫管理室A

(1) 蓮くん
黒 オス 推定1歳 去勢済 エイズ(-)白血病(-)
※ 飼い主募集中!! 管理番号18400

前回は「猫の部屋」にいましたが、管理室Aに移動していました。
面識のない私たちには緊張した表情を見せていましたが、本当は甘えん坊な子のようです。まだ若いので順応性は高いと思います。
f0078320_19142092.jpg




(2) ニーラちゃん
サビ メス 推定1歳 不妊済 エイズ(-)白血病(-)
※ 飼い主募集中!! 管理番号18400

蓮くんと同じく、「猫の部屋」から移動になっていました。
とても大人しい子で、面識のない私たちにも抱っこさせてくれました。
初心者でも飼いやすいタイプの女の子だと思います。
f0078320_19143313.jpg

f0078320_19142763.jpg




(3) スクリューくん
茶トラ オス 推定2歳 去勢済 エイズ(-)白血病(-)
※ 飼い主募集中!! 管理番号18635

人のことが大好きな甘えん坊男子です。私たちの姿に「構って、構って」と精一杯アピールして、終始ゴロゴロとご機嫌さんでした。猫とのスキンシップを沢山取りたい方に向いていると思います。
f0078320_19272064.jpg

f0078320_19271248.jpg




(4) シナモンちゃん
キジ メス 不妊済 エイズ(-)白血病(-) ※要再検査

レポート初登場です。
とても人懐っこいおしゃべりさんです。小柄でとても綺麗な顔立ちをしています。
f0078320_19265829.jpg

f0078320_19270490.jpg

f0078320_19265334.jpg






▼譲渡猫管理室B

(5) 三毛 メス 1歳未満
f0078320_20143569.jpg




(6) キジ 1歳未満
f0078320_20145310.jpg




(7) くろみつちゃん
サビ長毛 メス 推定4ヶ月 不妊済 エイズ(-)白血病(-) ※要再検査
※ 飼い主募集中!! 管理番号18643
f0078320_20150746.jpg




(8) きなこちゃん キジ メス 推定3ヶ月 不妊済 エイズ(-)白血病(-) ※要再検査
(9) うぐいすちゃん キジ メス 推定3ヶ月 不妊済 エイズ(-)白血病(-) ※要再検査
※ 飼い主募集中!! 管理番号18629, 18633

とても元気いっぱいな姉妹です。
f0078320_20151588.jpg




(10) 小麦ちゃん
キジ メス 推定3ヶ月 不妊済 エイズ(-)白血病(-) ※要再検査
※ 飼い主募集中!! 管理番号18545

f0078320_20152595.jpg

f0078320_20153631.jpg






▼譲渡猫管理室C

(11) サイダーくん
白 オス 推定4~5歳 去勢済 エイズ(-)白血病(-)

人のことが大好きで、腰の辺りを撫でてあげると大喜びしてくれました。最近の冷え込みで風邪でも引いたのか、少し体調を崩している様子でした。
f0078320_19421531.jpg

f0078320_19422033.jpg




(12)つっちぃちゃん キジ メス 推定1歳 不妊済 エイズ(-)白血病(-) ※要再検査
(13)しらたまちゃん 白 メス 推定1歳 不妊済 エイズ(-)白血病(-) ※要再検査
f0078320_22394688.jpg




(14) バービーちゃん
茶白 メス 推定2歳 不妊済 エイズ()白血病(-)
※ 飼い主募集中!! 管理番号1493

人馴れ抜群、元気でやんちゃな女の子です。猫とのスキンシップをたくさん取りたい方にぴったりかと思います。終始元気に動き回っているのでなかなか良い写真を撮らせてくれず、カメラマン泣かせです。
f0078320_19473216.jpg

f0078320_19472642.jpg




(15) ゆりちゃん
茶白 メス 推定5歳 不妊済 エイズ()白血病(-)
※ 飼い主募集中!! 管理番号1487

人馴れ抜群で、遊ぶことが大好きな女の子です。人にも積極的に甘えてくるので、猫とのスキンシップをたくさん取りたい方にぴったりかと思います。
f0078320_19512054.jpg

f0078320_19512542.jpg

f0078320_19514358.jpg




(16) すみれちゃん
茶白 メス 推定3歳 不妊済 エイズ()白血病(-)
※ 飼い主募集中!! 管理番号1495

少しシャイなところがありますが、人懐っこい女の子です。
f0078320_19561049.jpg

f0078320_19560432.jpg






▼猫の部屋

(17) 林檎ちゃん
三毛 メス 推定3歳 不妊済 エイズ(-)白血病(-)
※ 飼い主募集中!! 管理番号18499

初対面の私たちにも撫でさせてくれました。少し怖がりなようなので、落ち着いた大人家庭が向いているように感じます。
f0078320_20003787.jpg

f0078320_19594887.jpg




(18)ティガーくん
キジ白 オス 推定3歳 去勢済 エイズ(-)白血病(-)

静かに甘えてくれる大人男子です。大きな丸顔をしていますが、スッキリと細身のボディーをしています。猫の飼育が初めての方でも飼いやすいタイプのように感じます。
f0078320_19595910.jpg

f0078320_19594211.jpg






今年も残すところ1ヶ月、冷え込みも厳しくなってきて、猫たちには厳しい季節になってきました。
少しでも多くの猫たちが、暖かい家庭で年越しをすることができますように。

11/30 訪問レポート【猫編】は以上になります。




☆次回、ねこ親会のご案内

12月9日(日)、横浜にて今年最後のねこ親会を開催いたします。
見学だけの方も大歓迎ですので、お気軽に足をお運び下さい。
ねこ親会の詳細は、ちばわんHPのイベント情報にてご確認下さい。

 ・2018年12月9日(日) 12:00-15:00 横浜ねこ親会


来年1月のねこ親会は、次のとおり開催いたします。
参加猫等の詳細は、期日が近くなりましたらちばわんHPにてご案内いたします。

 ・2019年1月19日(土) 12:00-15:00 赤坂ねこ親会
 ・2019年1月27日(日) 12:00-15:00 横浜ねこ親会



# by centre_report | 2018-12-03 23:01 | センターレポート・猫編

11/27引き出し編・レポート紹介 全 49頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。





★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。




お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田



11/27に犬3頭と猫4頭を引き出しました。
f0078320_02483133.jpg
f0078320_02483640.jpg
f0078320_02481842.jpeg





猫:問い合わせ先
yukichov716★yahoo.co.jp (★を@に変えてください) 幸丸
お名前のないメールには返信できません。



甘えん坊のココットくん。
お世話してくださった職員さんと出発前にハグしていました。
f0078320_02485883.jpg
f0078320_02485269.jpg
f0078320_02490571.jpg
先月末から生後間もなかった乳飲み子たちに
ミルクを与え、育ててくださった職員さん達とお別れの挨拶。

引き出した犬と猫達は預かり家庭で準備を整え
本当の家族探しを開始します。

応援の程よろしくお願いいたします。





~お知らせ~

ちばわんでは、本当の家族を待つ犬達や猫達と
新たに犬や猫を家族の一員として迎えたいご家族との
出会いの場である「いぬ親会、ねこ親会」をほぼ毎週各地で開催しています。





「イベント情報」

詳しくはコチラ。





f0078320_16044911.jpg

f0078320_16043782.jpg

f0078320_03531425.jpg
f0078320_16044279.jpg

f0078320_04065056.jpg





「イベント情報」開催場所などの詳細につきましては
↑↑↑こちらをご覧ください。



当レポートをご覧になってのお問い合わせは、まずちばわんにお願いします。

問合せ先 korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)
(※上記アドレスへのいぬ親会に関するお問い合わせはご遠慮ください。
必ず詳細ページにてご確認をお願い致します。)

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。

★新規の預かりボランティアご希望下さる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

※大変申し訳ありませんが
小型犬のみの新規預かり希望は受け付けておりません。

お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
(審査の上、判断させていただきます。)







# by centre_report | 2018-11-29 21:55 | 愛護センターレポート

11/27センターレポート 収容室①   5頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。



引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田




★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。








※11/27レポート初登場(11/26他抑留所より移送)
▽18285 薄茶白 オス 3歳 12-13キロ


少しシャイな男の子です。
顔には複数の小さな傷があり、厳しい環境を生き抜いてきたのでしょう。
よく見ると目の周りは毛が薄くなっていたりして
皮膚病の可能性も考えられます。
ケージからは恐る恐る出てきて、動き回ることもほとんどなく
じっと佇んでいるようでした。

それでも身体を触ったり頭を撫でたりすることは問題なく、
常に耳を後に倒して攻撃性がない様子が伺えました。
おやつを見せても興味を示すことはありませんでしたが、
しばらくすると下に置いたおやつは食べていました。
ずっと皆で撫で続けていて、そろそろケージに戻そうかと
ロープで誘導しようとすると、ひっくり返ってお腹を見せていました。
しばらく私たちと一緒にいて、この人たちは怖いことはしないな
というのを理解してくれたのかもしれません。

まだ若いですがとても穏やかな子です。
収容されてからあまり日にちが経っていませんので
今後様子が変わってくるかもしれませんが、
元々の性格が穏やかなように思えます。
来週以降も様子を見ていこうと思います。
f0078320_00182643.jpg
f0078320_00184273.jpg
f0078320_00185203.jpg
f0078320_00190251.jpg
f0078320_00191318.jpg
f0078320_00192263.jpg
f0078320_00193060.jpg
f0078320_00193780.jpg





※11/27レポート初登場(11/14収容)
▽18254 茶黒白 オス 6ヵ月ぐらい 10-11キロ


ケージの中では顔を隠して伏せていましたが、
ロープで誘導してなんとか外に出てきてもらいました。
すると、ずっと伏せた状態のまま動くことはなく、
ビビリうんちも出てしまいました。
歯を見てみると、乳歯と大人の歯が一緒に生えている部分もあり
まだ半年そこそこのお子ちゃまなのがわかりました。

何をされるかわからず、ひたすら時が過ぎるのを待っている
といった感じに見えました。
触られていることもよくわかっていないほど緊張していたのかも
しれませんが、どこを触ってもお口が出ることはありません。
足がとても大きく、成長したら大きめの中型犬になりそうです。
抱き上げようとしてもワタワタするくらいで
この時にもお口は出ませんでした。

幼い子は順応性も高く、人と一緒にいる時間が長ければ
人への不信感や恐怖感なども、わりと早い段階で克服することが
できることが多いので、このぐらいの月齢のうちに
早く家庭に入ってもらいたいと願わずにはいられません。
f0078320_00225012.jpg
f0078320_00230379.jpg
f0078320_00231364.jpg
f0078320_00232162.jpg
f0078320_00233272.jpg
f0078320_00234287.jpg
f0078320_00235374.jpg
f0078320_00240685.jpg





※11/27レポート初登場(11/15収容)
▽18255 白茶黒 オス 1歳 10-11キロ


少し臆病な男の子です。
ケージの中では小さく丸まっていましたので、
ロープで誘導して外に出てきてもらいました。
少しワタワタとしてしまいましたが、
抱き上げるとおとなしくしていました。

幼いこの子も、一体何をされるのだろうと
恐怖感で一杯なのだと思います。
それでも決してお口が出ることもなく
じっとしていました。
写真で見るとよくわかるのですが、
姿勢はほとんど変わらないものの、
目だけがキョロキョロと回りを見ています。

いろいろなことに興味がある年頃ですので
たくさん人と接する時間を持っていけば
幼い子ほど順応するのに時間がかかりません。
人への恐怖心などがはっきりと芽生えてしまわないうちに
家庭に入って人との生活を教わってもらいたいです。
f0078320_00271775.jpg
f0078320_00275167.jpg
f0078320_00280213.jpg
f0078320_00281246.jpg
f0078320_00283085.jpg
f0078320_00285114.jpg
f0078320_00290203.jpg
f0078320_00291519.jpg





※10/16よりレポートに登場 (8/21収容)
▽18220 茶 メス 3歳ぐらい 12キロ(やせぎみ)


センターで子育てを頑張ったお母さん犬です。
人と接することはほとんどなく育ってきたのか、
ロープで引かれると軽くパニックになってしまって
暴れながらケージから出てきても、
隠れられる場所を探して、とても狭い隙間にも
入り込もうとしてしまいます。

できるだけ驚かさないように隅っこに寄せてやると
そこにぺたっと座りこんでしまいました。
声をかけながらそっと触ると、最初こそ触られるたびに
ビクッとしてしまいますが、ずっと声をかけながら撫でていると
段々落ち着いてきます。
ビクッとするものの、お口が出るようなことはありません。

おそらく人に飼われていた経験がなくて、
人との接し方も分からず、まだ今は捕獲されたときの恐怖感が
残っているのでしょう。
無理に接するのではなく、最低限のお世話をしてやることで
人は怖いものではない、ご飯をくれたり
排泄物を片付けてくれるのだと理解するようになります。
時間はかかっても必ず心を開いてくれます。

子育てを立派に終えて、今度は自分が幸せになる番です。
この子にも暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_00312711.jpg
f0078320_00313999.jpg
f0078320_00315060.jpg
f0078320_00320041.jpg
f0078320_00320934.jpg
f0078320_00321619.jpg
f0078320_00322655.jpg
f0078320_00323437.jpg






※10/30よりレポートに登場(10/23収容)
▽18233 茶 オス 5ヵ月 6ヵ月ぐらい 8-9キロ 9-10キロ
この子と18234(先週引き出し済)収容室②の18235は兄弟。

毎週見るたびに、少しずつではありますが
落ち着いてくるように思います。
大分、人が怖いものではないと理解しつつあるのでは
ないでしょうか。
まだ6ヵ月程度の月齢ですが
足を見るととても大きく、同じ場所で捕獲された子と同様に
後脚には2つの狼爪がついています。

何より変わったなと感じるのは、
いつも下を向いてばかりいたのが
顔をあげてこちらをまっすぐ見ることが
できるようになったことです。
少しずつでも自信がついてきたのだとしたら嬉しいことです。

この子もまだまだ幼いですので、人と一緒にいることで
もっともっと人への信頼感は強くなっていくものと思います。
一日も早く優しいご家族のいるお宅で
一緒に過ごしていける日がやってきますように。
f0078320_00352871.jpg
f0078320_00353826.jpg
f0078320_00354821.jpg
f0078320_00355699.jpg
f0078320_00360748.jpg
f0078320_00361665.jpg
f0078320_00362668.jpg






# by centre_report | 2018-11-29 21:54 | 愛護センターレポート