ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
センターレポート・猫編
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


6月24日(金)センター・レポート

gluck_luluさんのレポートです。
加筆・修正しています。



6月24(金)検疫室清掃のため、初参加Uさんと私の2人でセンターを訪問致しました。

このレポートは、清掃終了後(15時時点)の見学をもとに作成しています。


子犬室(清掃を担当している仔犬検疫室です)
f0078320_822428.jpg
△糞便に回虫がいましたので、駆虫依頼しました。今のところは健康状態に問題はないようです。

f0078320_6193734.jpg
f0078320_620582.jpg

f0078320_622830.jpg

f0078320_6202640.jpg
△右側の白茶の子はご飯を食べることができないようでしたので、可能なら違うケージに移してもらうようお願いしました。難しいことにケージを分けることでかえって体調を崩してしまう子が少なくありませんので、観察がとても重要です。

どの子も元気で人懐っこい子たちでした!無事に検疫を明けることを願います。


譲渡室
f0078320_6354489.jpg
f0078320_6355413.jpg
△センター主催譲渡会に参加予定です。外に出たいのでしょうね。もう少しの辛抱、がんばって!
△kt110621-02香取市笹川い、茶白メス、生後3ヵ月ぐらい。kt110621-01の子供かも知れません。
昨日検疫開始しました。


f0078320_6364666.jpg
△センター主催譲渡会に参加予定です。
△生後4-5ヵ月程度の元気な兄弟です。

f0078320_6365698.jpg
△Mダックス。譲渡が決まっていて近日中にお迎えが来るとのことでした。

f0078320_637593.jpg
 △ちばわんで昨日検疫依頼したばかりの子犬2頭のうちの一頭。
もう一頭は、ご飯を食べるのに夢中で顔を撮ることができませんでした。

f0078320_6371612.jpg
 △行き先未定、見た目セッターが入ったようなミックスですが、ややビビリのおとなしい子、メスです。センター主催譲渡会に参加することになるかも知れません。

f0078320_6372789.jpg
 △昨日最終部屋から出て検疫開始したスムースダックス。性格は良いそうで、センター主催譲渡会に参加予定です。


譲渡用の子猫
f0078320_6374273.jpg

f0078320_6375393.jpg

f0078320_638137.jpg
△3つのケージに多くの子猫たちが収容されていました。また、頭数が増えたように思えます。
それでも収容されたうちのごくごく一部に過ぎません。

選定室(清掃を担当している成犬検疫室です)
f0078320_704396.jpg
△ちばわんで検疫中の子。大人しい子でした。
△来週検疫明け、引き出し予定です。

f0078320_705237.jpg
△ちばわんで検疫中の子。遊んでほしいのか、よく吠えていました。
△昨日最終部屋から出して検疫開始しました。

f0078320_70598.jpg
△ちばわんで検疫中の子。ふくよかな子、性格は穏やかです。
△7/4検疫明け予定です。

f0078320_71874.jpg
△ちばわんで検疫中の子。この子も大人しい子でした。
△来週検疫明け、引き出し予定です。

f0078320_711859.jpg
△ちばわんで検疫中の子。少しビビりな子。
△来週検疫明け、引き出し予定です。

f0078320_712742.jpg
△ちばわんで昨日検疫開始した子。体は大きいですが性格はとても穏やかな子でした。後肢に何か違和感があるように感じました。

f0078320_713723.jpg
△ちばわんで昨日検疫開始した子。人懐っこい元気の良い子です。

f0078320_714566.jpg
△他団体さんへ譲渡予定のプードル。


収容室1日目・・・6頭
f0078320_7222053.jpg
△手前:24日収容の子。奥:検疫中の子

f0078320_7223040.jpg
△検疫中の子
△▽緑色紐の子、譲渡用になったようですが、行き先未定と聞いています。
f0078320_7223845.jpg
△検疫中の子

f0078320_7225195.jpg
△右の子が理由はわかりませんが、左の子(24日収容の子)にしきりに威嚇し吠えていて、たまにケンカになっていましたので、ケガをする前に別部屋への移動などをお願いしました。


収容室2日目・・・5頭 昨日最終部屋から出して検疫依頼した子4頭+23日の捕獲収容犬1頭です。
f0078320_732260.jpg
△検疫中の子
△体重10kg以下のオス、人馴れしていて性格も良さそうな若い子です。

f0078320_7321682.jpg
 △昨日検疫開始した子、甲斐犬風の毛色で体重10kg以下のメス、おとなしい子です。

f0078320_7322463.jpg
△検疫中の子
△体重10kg以下のメス、おとなしい子です。

f0078320_7323683.jpg
△検疫中の子
△体重10kgぐらいのメス、黒白茶の個性的な毛色の子です。

f0078320_7324531.jpg
△sa110623-01 秋田犬 オス 茶色の首輪 九十九里町小関保護。選定室の子と兄妹かと思い確認しましたが、保護場所と日にちは異なるとのことでした。ただ、保護場所はそんなに遠くない距離での保護とのことでした。


収容室3日目・・・5頭
f0078320_7405623.jpg
 △in001622-01富里市十倉、茶中型オス赤色の首輪。 30日収容期限です。
f0078320_741544.jpg
 △いったん決まった引き受け先がキャンセルして来たようですが、現在の状況は未確認です。
f0078320_7411416.jpg
 △来週検疫明け、ちばわんで引き受け予定です。

f0078320_7412247.jpg
△検疫中の子
△来週検疫明け、ちばわんで引き受け予定です。



収容室4日目・・・収容なし


収容室5日目 最終部屋:27日(月)期限・・・5頭
f0078320_749539.jpg
△右:kt110621-01 雑 白茶 メス 赤い色の首輪 香取市笹川い保護
左:sa110620-02 雑 白黒 オス 山武市白幡保護
△人馴れもOKで性格も良さそうな2頭です。
中型15kg以上ですが、預かり可能な方はいらっしゃいませんでしょうか?


問合せ先;korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)

f0078320_7521020.jpg
△kt110621-03 雑 黒白 オス 香取市鳩山保護

f0078320_7554719.jpg
△ks110621-01 雑 茶白 オス 銚子市黒生町保護

f0078320_7513139.jpg
△移送などのため、詳細不明

命の期限は刻一刻と迫っています。

預かれる方いらっしゃいませんでしょうか?


飼い主さんあなたの家族はここにいますよ!お迎えを待っていますよ!


以上


gluck_luluのレポートでした。


               *    *    *
 

ちばわんでは、中型犬以上の預かりボランティアさんを募集しています。

【一時預かりボランティアとは】
殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します。


               *    *    *

気になる子、預かれそうな子がいましたら
korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)までお問い合わせください。

安否確認のみのお問い合わせは申し訳ありませんがご遠慮ください。

また、お名前のないお問い合わせメールには対応できませんので、何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

『犬の預かりアンケートフォーム』
『猫の預かりアンケートフォーム』  

お申し込みの際は、ご家族でよくご相談の上でお願い致します。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。

なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
ご理解とご協力よろしくお願いいたします。
# by centre_report | 2011-06-25 06:10 | 愛護センターレポート

6月23日(木)センター・レポート その2

るぅ子さんのレポートです。
加筆・修正しています。



23日(木)検疫の明けた犬の引き出しのため、メンバー5人で訪れました。
当日仕事を早退して駆けつけたメンバーもいて、遅い時刻からの引き出し&その他作業でした。
前日からの熱帯夜に続き、本日も真夏日、収容棟に入るための白衣を着るだけで汗だくになります。
この日も午前中から清掃ボランティアが入っていましたが、全身雨合羽で行う作業はさぞや過酷なものだったことでしょう。
そして何よりも収容犬猫たちにとって苛酷な季節になってきたことを実感しました。

今回も当然、時間の迫っている子たちから載せたいと思いますが、残念ながら本日23日最終部屋に残った子たちは、翌早朝に命の終わりを迎えてしまいました。
今日迄待っても飼い主は現れませんでした。


最終部屋 18頭(15時時点)
f0078320_1751130.jpg

窓からのぞくと、飼い主が迎えにきたのでは?と一斉にこちらを向いてくれました。
とても全てを救い出せることのできない頭数の子たちが入っていました。
f0078320_178882.jpg

収容部屋の奥で作業をする方からも、
「この部屋にも性格のいい子がたくさん入っているよ!」
と聞かされました。
ちばわんで毎回引き出してもらっても次から次に運ばれて来るので、引受先がなくてはすぐに満杯になってしまうし、とにかく収容数が多いのでどうにもならないと嘆いていました。
又、収容頭数があまりに多いこの施設では、季節を問わず感染症になる子はいて、検疫をかけても期間を待たずに亡くなる犬も多いそうです。
確かに建物も老朽化していて、ここに運ばれ収容された子全てを救い出すことは不可能だと思いました。
(でも、人間を信じる何の罪もないこの子たちを殺処分せざるを得ないのでしょうか?)


4日目の収容部屋 5頭
f0078320_17272398.jpg

赤い紐のついた子1頭だけはちばわんで検疫中の子ですが、違う色の紐の子はこのまま引受先がないと殺処分になってしまいます。(27日収容期限)
どなたかこの子たちを救える方(預かれる方)はいませんか!!


3日目の収容部屋 8頭
ここには今日引き出し予定の4頭と、21日の捕獲収容犬4頭が入っていました。
6月27日(月)収容期限です。
f0078320_17384764.jpg

f0078320_1812452.jpg
 △kt110621-01香取市笹川い、白茶中型15kgぐらいのメス赤色の首輪。
つい最近まで授乳をしていたかのようなおっぱいでした。
同じ日同じ場所で捕獲収容された子犬のお母さんなのかも知れません。
人馴れしていて、こちらに向かって盛んに尻尾を振ってくれました。


f0078320_17463485.jpg
 △この4頭はこの日引き出しました。


2日目の収容部屋 4頭  
22日の捕獲収容犬は1頭のみです(同日捕獲収容の小型犬のほうは、すでに個室に隔離されていました)。
f0078320_17482954.jpg
ひものついていない子は、黒と白の模様の子と茶色の子です(赤い首輪がとても似合っていました。)
△真中;in001622-01富里市十倉、茶中型オス赤色の首輪。
収容犬情報の写真でさえ、尻尾を振っているのがわかります。
飼い主さんが早く迎えに来てくれることを祈るばかりです。



1日目の収容部屋 2頭
f0078320_1861481.jpg
 △奥のダックスMIXの子はこのあと引き出しました。夕刻、この日の捕獲収容犬である秋田犬が、目の前で1日目の部屋に入れられました。
f0078320_1894429.jpg
 △▽sa110623-01九十九里町小関、黒白大型秋田犬オス茶色の首輪

f0078320_18101212.jpg
 △マイクロチップは入っていませんでした。

又、別の移送車が建物に着きました。
今度は、他の抑留所から期限が切れた犬たちを移送するトラックです。
f0078320_18231563.jpg

2頭の子がいきなり目の前で最終部屋に入れられました
f0078320_18166100.jpg

もう言葉を発することもできませんでした。とても綺麗な子のようでした。
f0078320_18164918.jpg

負傷犬が別室にはいりました。頭に大きなけがをしています。
f0078320_18471955.jpg

又、別の秋田犬が移送されて来ました。
f0078320_2161536.jpg

f0078320_1851986.jpg
 △こちらは予め検疫をお願いしてありましたので、すぐに個室に収容されました。


地域によって収容される犬の処遇の違いにあらためて、他県との温度差を感じました。

センターの職員さん達は収容された犬たちにとても細かい配慮をして下さっていますが、ちばわんのボランティア仲間だけでは、とても追いつかない頭数にあらためて憤りを感じました。

せめて一部だけでもと、最終部屋から検疫をかけてもらいました。
f0078320_18441214.jpg

f0078320_18574573.jpg

収容犬の作業をする方が、
「この子とこの子、あとその子とあの子、あっちの子もいい子だよ!!」
と一生懸命説明してくれました。
このまま処分させるのは本当に辛いことだと思います。
f0078320_18582522.jpg

f0078320_2112140.jpg

f0078320_21122485.jpg

f0078320_1982636.jpg

実はもう頭数が限度を超えていましたが、「この子警戒するけど凄くいい子だよ!」と更に勧めてくれ、何度も何度も頭を撫でてくれました。

結局、最終部屋からは10頭を出しました。
検疫依頼した子たちは全て10kg以下で、人馴れも問題なさそうな子たちです。
預かり先を募集いたします。


問合せ先;korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)


本日は、成犬12頭を引き出しました。一部の子たちです。
f0078320_1916331.jpg
f0078320_19174260.jpg
f0078320_19182246.jpg

f0078320_1919138.jpg
f0078320_19202118.jpg

これは、この子たちが今迄飼い主につけてもらっていた首輪の一部です。
f0078320_19224033.jpg

f0078320_19264731.jpg

本日、負傷猫も1匹引き出しました。
 


 *    *    *
 

ちばわんでは、中型犬以上の預かりボランティアさんを募集しています。

【一時預かりボランティアとは】
殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します。


               *    *    *

気になる子、預かれそうな子がいましたら
korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)までお問い合わせください。 
安否確認のみのお問い合わせは申し訳ありませんがご遠慮ください。


また、お名前のないお問い合わせメールには対応できませんので、何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

『犬の預かりアンケートフォーム』
『猫の預かりアンケートフォーム』  

お申し込みの際は、ご家族でよくご相談の上でお願い致します。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。

なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。
# by centre_report | 2011-06-24 20:05 | 愛護センターレポート

6月23日(木)センター・レポート その1

gluck_luluさんのレポートです。
加筆・修正しています。




本日、Sさん親子、Yさん、私の4人で検疫室清掃のため愛護センターを訪問致しました。

レポートは、清掃終了後(14時頃)の見学(子犬舎は清掃開始前)をもとに作成しています。


子犬舎
f0078320_1745857.jpg
f0078320_17451617.jpg
f0078320_17452527.jpg
△全部で5頭の仔犬がいました。
本日第4木曜日はセンター主催の一般譲渡会開催日にあたります。
良いご縁がありますように!!


★譲渡会には7頭の子犬が参加し、そのうち決まったのは3頭だったそうです。


最終部屋・・・18頭収容(14時時点)
f0078320_1865276.jpg

f0078320_1871078.jpg

f0078320_17575784.jpg
f0078320_1758711.jpg
△人間の身勝手さによって無理やり命の期限を決められた子たち・・・

夕方には他所からの移送もあります・・・いったい何頭の子たちが収容されるのでしょうか?

この現状に目を逸らさないでください。


首輪をしている子が多くみられます。

首輪だけでは、飼い主さんがいることはわかっても・・・どこのどなたかまではわかりません。

注射済票や鑑札、迷子札、マイクロチップの装着をお願いいたします。
f0078320_18243150.jpg
△各市でサイズや形状は異なります。

大事な家族である飼い犬を守れるのは、飼い主さんでしかありません。

もし、迷子になったら、すぐに、警察・保健所・動物愛護センターなどに問い合わせてください。


f0078320_18332858.jpg
△他のスタッフさんの集合待ちをしているとき、思いかけず返還(飼い主さんのもとへ返される)される子に出会えました。
本日23日の収容期限の子だったようです。よかったね!

収容されている子は、どの子も飼い主さんのお迎えを待っています。

この子の表情がすべてを物語っていると思いませんか?


4日目・・・5頭収容
赤い紐を着けた子はちばわんで検疫依頼した子ですが、緑色・青色の紐を着けた子は検疫中ではないそうです。他の捕獲収容犬同様、1日1日期限は過ぎて行きます。
3頭とも中型犬、やや大きめですが、性格は良さそうだとのことです。
f0078320_18195248.jpg
 △右;体重17kgぐらい・ちょっとポインター似のオス
f0078320_1820498.jpg
 △体重13-4kgメス
f0078320_18201542.jpg
 △左;sa110620-02山武市白幡、白黒中型17kgぐらいオス
右;緑色紐を着けた、17kgぐらい・ちょっとハスキー似のオス



3日目・・・8頭収容
f0078320_1942483.jpg
△奥:ks110621-01 雑 茶白 オス 銚子市黒生町保護
赤い紐の3頭は本日ちばわんで引き出しました

f0078320_1943269.jpg
△奥:kt110621-02 雑 茶白 メス 香取市笹川保護
 手前:kt110621-03 雑 オス 黒白 香取市鳩山保護

f0078320_1943936.jpg
△手前:kt110621-01 雑 白茶 メス 香取市笹川保護
 奥:(赤紐が取れてしまいましたが)本日検疫明け、ちばわんで引き出しました


2日目・・・4頭収容
f0078320_19195447.jpg
f0078320_1920227.jpg
f0078320_19201697.jpg



1日目・・・収容なし


子犬室(清掃ボランティアが清掃担当している部屋です)
f0078320_19273818.jpg

f0078320_19275314.jpg

f0078320_1928517.jpg

f0078320_1928165.jpg

f0078320_1929256.jpg
△みんな元気でした!


選定室(清掃ボランティアが清掃担当している部屋です)
f0078320_19315411.jpg
△元気でした

f0078320_1932128.jpg
△すごく元気で人懐っこい子!
本日検疫明け、引き出しました。

f0078320_19321586.jpg
△コロコロとしてふくよかな子

f0078320_19322423.jpg
△換毛期のためでしょうか、お顔がハート柄のようになっている子

f0078320_19324720.jpg
△少し臆病な子

f0078320_19325814.jpg
△本日23日ちばわんで引き出しました

f0078320_1933647.jpg
△人懐っこい元気の良い子でした!
本日検疫明け、引き出しました。


f0078320_19331386.jpg
△男の人がちょっと苦手な子でした

選定室の子は、みな元気でした!無事に検疫を明けることを願います。


鑑定室
f0078320_19584267.jpg
△in110617-03 Mダックス Bタン メス 成田市成下保護

f0078320_19585739.jpg
△kt110622-01 ポメラニアン 茶 メス 香取市津宮保護


譲渡室
本日センター主催譲渡会のため、希望者の方がいらしたので撮影を控えました。


引き出し
f0078320_20321987.jpg
f0078320_2032277.jpg
 
△本日は、成犬12頭と負傷子猫1頭を引き出しました。

その先陣を切って、まずこの男の子。
続きは、レポートその2で報告します。


体調が整い次第いぬ親様募集を開始いたします。


以上、gluck_luluのレポートでした。


               *    *    *
 

ちばわんでは、中型犬以上の預かりボランティアさんを募集しています。

【一時預かりボランティアとは】
殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します。


               *    *    *

気になる子、預かれそうな子がいましたら
korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)までお問い合わせください。

安否確認のみのお問い合わせは申し訳ありませんがご遠慮ください。

また、お名前のないお問い合わせメールには対応できませんので、何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

『犬の預かりアンケートフォーム』
『猫の預かりアンケートフォーム』  

お申し込みの際は、ご家族でよくご相談の上でお願い致します。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。

なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。
# by centre_report | 2011-06-23 17:38 | 愛護センターレポート

6月21日(火) センターに行ってきました

猫の手さんのレポートです。
加筆・修正しています。



6月21日。個人ボラさんと共に、センターの子犬たちのシャンプーに行ってきました。
23日の譲渡会で希望者さんとご対面するのにきれいにするためです。
この日は7頭だったのですが、あとから子犬舎へ来た子の写真がありません。
ビビリちゃんもいましたが、みんな元気でした。

f0078320_15272131.jpg
f0078320_152801.jpg
f0078320_15281948.jpg



シャンプーの後、抑留棟内を譲渡室から順に見学しますが、収容棟の最終部屋の子から紹介します。
21日(火)昨日お昼の時点では4頭でした。
4頭とも引き出し予定の印はありません。 23日(木)が収容期限です。
飼い主さんのお迎え、ボランティアを含む譲渡希望の方から申し出がない限り、
24日(金)の早朝には処分されてしまいます。

おとなしそうな子たちでした。
f0078320_15311391.jpg
 △左;ks110615-01旭市入野、茶中型オス

この2頭は収容犬情報には載っていません。
飼い主の持ち込み、あるいは他抑留所で期限が切れ移送されて来た子かと思われます。
f0078320_15302357.jpg


すでにお声はかかっているかも知れません。
どうしても純血種のほうが検疫依頼のかかる率は高いですね。
どこも違わないのに。
受け入れ側に限度がある以上しかたがないのでしょうか。


4日目の部屋です。
だからと言って収容期限が延びるものではありません。
最終部屋の子と同じ 23日(木)が期限です。

助けて、出して、出たいのと訴える子。
f0078320_15365847.jpg
 △kt110616-01香取市佐原イ、白中型メス赤色の首輪

もう、あきらめたかのようにうずくまる子。
この2頭は私が見ている限りではずーっとこの状態でした。
f0078320_15381828.jpg
f0078320_15385112.jpg
 △in110616-02八街市八街に、茶小型オス緑色の首輪・黄色の切れたロープ

前回訪れたとき、サマーカットがこの子を幼く見せて、ボーダーの若い子(子ども)かと思いました。
でも老犬だったようです。
一度首に結んだ引き出しの印がなくなっていました。
f0078320_15383996.jpg

体調もよくないのでしょうか。
この部屋には血便があり、おそらくこの子のものだと思われます。

印のついているこの子は、えさ箱を占領して、ほかの子が近づくと怒っていました。
f0078320_1548590.jpg


この部屋の子たちはえさも食べていないかもしれません。

この子も印はついていたと思いました。
f0078320_15405710.jpg


3日目の部屋です。
この部屋の印のない子も23日が収容期限です。
まだ生後半年から8ヶ月くらいの小さな子が、必死に訴えていました。
このまっすぐな瞳に応えてあげることはできません。許してください。
f0078320_15492083.jpg
 △in110617-01成田市山口、茶中型オス

どの子も10キロに満たない小さな子たちです。
f0078320_15512277.jpg
 △左;yo110617-01匝瑳市堀川、黒茶中型メス
中央;in110617-05佐倉市上勝田、黒茶白中型メス
右;ks110617-03旭市椎名内、黒白茶中型メス赤色の首輪・鎖と杭付き


f0078320_15513828.jpg
 △in110617-04富里市御料、黒茶中型メス赤色の首輪・鎖付き
f0078320_15515472.jpg
 △手前;23日(木)ちばわんで引き出し予定
奥;in110617-02八街市滝台、黒灰中型メス




2日目の部屋です。
この部屋で印のない子は1頭でした。収容期限は27日です。
とても穏やかそうな子です。
f0078320_1553165.jpg
 △sa110620-02山武市白幡、白黒中型オス

ほかの子たちには色は違いますが、印がついていました。
f0078320_15544750.jpg
f0078320_15552727.jpg

f0078320_155555100.jpg


1日目の部屋の子はみんな印がついていました。
f0078320_15591685.jpg
 △▽5頭とも、23日(木)ちばわんで引き出し予定
f0078320_15592925.jpg


印のついている子たちは、与えられた生きるチャンスを無駄にせず、
元気に検疫期間を乗り切ってほしいです。


譲渡室です。
この子は5月の清掃のときもいました。受け入れ先は決まっていると聞いているのですが・・・。
f0078320_162529.jpg
 △今週の譲渡会こそは、お迎えに来てくれるはずです。

この子は、前回の清掃のときもいて、
ずーっと同じような体勢で顔を上げることもなく、声1つあげません。
まるで何もいないかのように存在を消しています。
怒ったり、鳴いたりしてくれたほうがいいのですが・・・。
f0078320_1634773.jpg


f0078320_1685290.jpg

f0078320_1691187.jpg
 △23日(木)ちばわんで引き出し予定

f0078320_1692964.jpg
 
f0078320_16145592.jpg


譲渡用の子猫もいました。
このところ数え切れないほどの頭数を見ていたので、昨日は少なく感じました。
f0078320_16104819.jpg

f0078320_16111128.jpg


鑑定室には3頭いました。
この子は収容犬情報で23日が期限の子かもしれません。
f0078320_1638914.jpg

人が怖いようです。
f0078320_16132150.jpg

おとなしい子でした。
f0078320_16134566.jpg


子犬の検疫室は5頭みんな元気そうでした。
f0078320_16155835.jpg

f0078320_16165729.jpg
f0078320_16171634.jpg

f0078320_16173341.jpg


成犬の検疫室です。
個性的でかわいい子たちばかりです。
f0078320_1619669.jpg

f0078320_16192459.jpg
f0078320_16193793.jpg
 △23日(木)ちばわんで引き出し予定

f0078320_16201126.jpg

f0078320_16202758.jpg

f0078320_16204523.jpg

f0078320_1621022.jpg

f0078320_16211538.jpg
 △23日(木)ちばわんで引き出し予定



昨日もこんなにもたくさんの犬たちが助けを求めていました。

何度も言います。
この子たちがこんな目に合わなくてはいけない理由なんてまったくないのです。
中途半端に犬好きでいい加減な人間がこの子たちを苦しめるのです。
もう、二度と犬を飼おうなんて思わないでほしいです。

避妊去勢することで、不幸な命を減らすことができます。
連絡先のわかるものを付けてください。
迷子になったとき見つかる確率がぜんぜん違います。
迷子になって放浪すると迷子札が外れることがとても多いです。
決して外れることがないマイクロチップで家族の命を守ってください。
ご近所、お友達にもいませんか?
うちの子は大丈夫と、ノーリードでお散歩したり、迷子札をつけていないワンちゃん。
周りの人たちに伝えていくことも大事ですね。


             *    *    *
 

ちばわんでは、中型犬以上の預かりボランティアさんを募集しています。

【一時預かりボランティアとは】
殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します。


               *    *    *

気になる子、預かれそうな子がいましたら
korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)までお問い合わせください。 
安否確認のみのお問い合わせは申し訳ありませんがご遠慮ください。


また、お名前のないお問い合わせメールには対応できませんので、何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

『犬の預かりアンケートフォーム』
『猫の預かりアンケートフォーム』  

お申し込みの際は、ご家族でよくご相談の上でお願い致します。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。

なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。
# by centre_report | 2011-06-22 16:39 | 愛護センターレポート

6月16日(木)愛護センターレポート

tomotenkuriさんのレポートです。
加筆・修正しています。




6月16日(木)久しぶりにセンター清掃ボランティアに参加してきました。
リーダーのUさん、やはり久しぶりの参加というHさんと3人で2つの検疫部屋を4時間くらいかかって清掃しました。

気温が低めだったこの日でも、全身レインコート・手袋・ヘアーキャップに身を包んでの作業は大量の汗を書きました。
これから夏に向けては、気温があがりますから作業も休み休み注意して行わないと、いけないねと三人で話しました。

私は何ヶ月ぶりの参加でしたが、今回リーダーのUさんは、頻繁に清掃ボランティアに参加してくれています。

私が初めてセンターを訪れたのは2008年の4月だったのですが、その頃に比べると、建物は老朽化しているはずなのに、センターの職員さんや清掃ボランティアさんの努力で、室内の環境が格段に綺麗になっていると感じました。

お掃除で収容棟に入る前に三人で慰霊碑に手を合わせここに眠っているたくさんの動物達の鎮魂を祈りました。
f0078320_5291324.jpg


慰霊碑の手前に2棟ある仔犬舎
f0078320_5292698.jpg
向かって左の棟はこの日は仔犬はいませんでした。

 向かって右側の棟
f0078320_5431874.jpg
こちらには4頭の仔犬がいました。
f0078320_5432529.jpg

f0078320_5432942.jpg

f0078320_5433321.jpg

f0078320_5433840.jpg
全員元気でとても活発な仔犬達でした。

この仔犬達は毎月2回、第2第4木曜日に行われるセンター主催の譲渡会に参加する仔犬達です。

以下、収容棟の写真は清掃が終わってから撮影しました。
お掃除をした検疫室には仔犬が6頭いました
f0078320_5513073.jpg

f0078320_5512714.jpg

f0078320_5512971.jpg
この写真の仔犬達は元気でしたが、写真を取れなかった一頭が体調を崩しているということでした。
清掃ボランティアは他の犬への病気の感染を防ぐため、体調が悪い子には、触れないように作業をします。
その子が使っていた部屋も最後にお掃除しました。

どうか頑張って持ち直して欲しいです。

この部屋には純血種の成犬も3頭いました。
声帯の手術を施されているようで、声が出せない上、激やせで皮膚病のフレンチブル
f0078320_5551150.jpg


確かこの犬達は同じ場所で同じ日に捕獲されていたと思います。
f0078320_5551815.jpg
 △譲渡先が決まっていると聞いています。

このパピヨンも声帯を取られて、声がだせません
f0078320_5552257.jpg
  △譲渡先が決まっていると聞いています。

犬達が鳴く時には理由があります。
鳴かれるのが大変とおもうのなら、まずその理由を考え、鳴かない環境を作る努力をするべきです。
自分が飼育している犬の声を飼育者側の勝手で、手術で取り上げるなど、許される行為ではありません。

もう一部屋お掃除をした検疫室には成犬ばかり6頭。
おとなしそうなメス犬3頭はちばわんで検疫中の犬達です。
f0078320_612416.jpg

f0078320_612142.jpg

f0078320_612321.jpg


噛み付くということで、部屋から出さず、場所を移動してもらいながらお掃除をした白いプードル
f0078320_612820.jpg
声をかけながらお掃除をしましたがおとなしかったです。
よくみると、震えていて・・・・ きっと怖くて怖くてお口が出てしまうのでしょう。

小さなチワワ2頭は
f0078320_612284.jpg
黒っぽい方が白内障が進んでいて高齢にみえましたが、白い子はきれいな目をしていました。
どちらも太って見えるのですが、抱いてみるとガリガリです。
被毛の手入れをしていないため、そんなふうに見えるようで、きちんと手入れをしてもらえたら小さくて可愛いちわわになるのだと思います。
移動のために抱っこしたら尻尾を盛大に振ってくれました。

入り口に一番近い譲渡室には3頭の成犬がいました
f0078320_674789.jpg
具合が悪いのか、この体制で全く動かなかったアメリカンコッカースパニエル。
△収容犬情報 in110613-01 6月20日期限のオスだと思われます。

水曜日のレポートに載っていた検疫中の白い犬は元気そうでした
f0078320_6101248.jpg


変わった毛色のダックスも元気そうでした
f0078320_6111272.jpg
 △一般譲渡が決まっています。


同じ部屋には子猫たちもたくさん収容されていて・・・ ※譲渡対象の子猫たちです。
f0078320_6123637.jpg

トイレの中に何匹いるのか?わからないほど・・・
f0078320_6125014.jpg

幸いこの中には体調が悪そうな子猫はいないようでしたが・・・

本来であれば、このような場所でなく、生まれた家庭できちんと世話をして成長を見届けなくてはいけない小さな命達です。

生まれてきた子猫や仔犬の飼育ができないのであれば、

絶対に不妊・去勢の手術をしてください。

どんなに小さな命でもいらない命はありません。。

別の部屋にいた成犬です
黙ってこちらをじっと見たいた柴犬
f0078320_148245.jpg


f0078320_14113862.jpg
△収容犬情報in110615-01 6月23日期限、成田市飯仲で保護されたオスのチワワ。
期限切れの後譲渡予定となり、すぐに引き受け先も決まるものと思われます。

このダックスも保護の子だと思いますが、体調が悪いのかこの姿勢から全く動きませんでした。
f0078320_14134025.jpg


同じく保護された小さめのパグ
f0078320_14141269.jpg
 △上2枚の写真のダックスとパグは今日の収容犬情報から消えているので、おそらく返還になったものと思われます。


以下は廊下を挟んで左側の部屋に収容されていた犬達です。

収容一日目の部屋には4頭いましたが、3頭には検疫中の印の赤いひもが付いていました。
f0078320_1415492.jpg
f0078320_14155799.jpg
f0078320_1416157.jpg

この小さめのセッター似のMIX犬はこの後、検疫室に移動されていました。
f0078320_14173451.jpg


まだ、仔犬のような仕草のこのボーダーコリーミックス(オス)だけ、ひもが付いていませんでしたが、前日最終日から移動されているようなので、おそらく検疫中なのだと思います。
f0078320_1416583.jpg



2日目の部屋には6頭
f0078320_14202354.jpg

f0078320_1421920.jpg
5頭には検疫のひもが付いていましたが、最後の写真の右側の一頭だけは印が有りませんでした。

おとなしそうな体重15キロ程度の子です。
△ks110615-01旭市入野 茶中型オス
23日(木)収容期限です。


3日目の部屋には5頭
f0078320_14203524.jpg

f0078320_14204896.jpg

検疫のひもがなかったのは以下の2頭でした。 20日(月)収容期限です。
f0078320_14252662.jpg
△sa110614-01 6月20日期限、山武市松尾町山室で保護された体重10キロくらいに見えるメス。
この子は体の小さな犬に噛み付かれ、抵抗できずにキャンキャンと鳴き声を上げていました。
大変おとなしい性質のようです。

f0078320_1429646.jpg
△in110614-01 6月20日期限 八街市山田台で保護された、体重15キロ以上に見えるオス。
一度も声をあげることなく、じっと思慮深そうな目でこちらを見ていました。


4日目には検疫のひもが付いていない2頭が収容されていました。 
20日(月)収容期限です。
f0078320_1431218.jpg
△in110613-02 6月20日期限、佐倉市井野で保護された、体重15キロくらいに見えるメス。

f0078320_14342917.jpg
f0078320_14343852.jpg
△yo110613-01 6月20日期限、匝瑳市山桑で保護された体重15キロ以上に見えるオス。

2頭ともおとなしく、性格が良さそうな犬達でした。



最終日、5日目には10頭の犬達がいました16日が収容期限でした
f0078320_14363347.jpg
f0078320_14364175.jpg
f0078320_14365226.jpg
f0078320_14375543.jpg
ビーグルに見える犬が3頭、ラブラドールが1頭。
どの犬も皆、これまで人間に飼育されてきた犬ばかりです。

一週間の収容期限の間に、逃がしてしまった飼い主は何をしていたのでしょう?
探してくれないのでしょうか?

この中から、オスの中型犬2頭の検疫をお願いしました。
f0078320_14394635.jpg
 △体重14-5kg、人馴れして性格の良さそうなオス、譲渡先・預かり先を募集中です。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
f0078320_14395633.jpg
ワクチンを接種してもらい、2週間の検疫期間が終了したら、預かりさんの所に移動して、体調が整い次第いぬ親様の募集を開始します。

検疫の印のひもが付いていない犬たちは、預かり先・譲渡先があれば処分されないですみます。
あずかれる方、引き取れる方がいらっしゃいましたら

korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)

までお問い合わせください。

(安否確認のみのお問い合わせは申し訳ありませんがご遠慮ください。)

☆ ☆ ☆  ☆ ☆ ☆ 
15日(水)のレポートの最後に載っていた、老犬をこの日、ご家族がお迎えに来ていました。
f0078320_23284634.jpg
(※写真は前日の物をそのまま掲載しています)
18歳の老犬で、もう動けない介護犬だったのに、気がついたらいなくなっていて、必死に探したのだそうです。
お住まいが市境だったため、保護された場所は「となりの市」で・・・・と言っていました。

首輪はもちろん付けていましたが、名札がなかったので、飼い主さんには連絡先の電話番号を金属に刻印した名札を付けるようにお願いしました。

鑑札や注射済証を付けることは法律で定められている飼い主の義務ですが・・・・

動物はしゃべることができませんから、迷子になっても自分の家に帰れません。
保護する人もどこの犬猫かわからなければ、連絡のしようがなく、保護することも躊躇してしまいます。

動物達が噛み付いても壊れない、雨にぬれても腐食したり文字が消えることがない、金属製(ステンレスがベスト)に電話番号を刻印した迷子札を動物には肌身離さず装着してください。

首輪のDカン部分にマルカン(一箇所切れている丸い金具)で装着するだけだと、知らない間に取れてしまうことがよくあります。

取り付ける時には、Dカンに付けるのなら二重リングで取り付けます。
首輪本体に二重リングまたは、つなぎ目を溶接してある大きなリングで通して取り付けるのが一番取れにくく良い方法だと思います。

また、もし首輪が取れてしまった場合のことを考えて、マイクロチップも装着しましょう。

迷子にさせないことが一番重要ですが、万が一迷子になっても家に帰る可能性がより高くなるように、日頃から迷子の対策をしっかりすることが大切です。

※実は、この老犬を預かります、と16日午後ちばわんに声をかけて下さった方があり、譲渡担当のT先生と急遽連絡を取っていました。
ちょうど入れ違いになったこともあり、T先生には忙しいところ走り回らせてしまいましたが、この子にとってはベストな結末となったことを喜ばしく思います。

             *    *    *
 

ちばわんでは、中型犬以上の預かりボランティアさんを募集しています。

【一時預かりボランティアとは】
殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します。


               *    *    *

気になる子、預かれそうな子がいましたら
korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)までお問い合わせください。

安否確認のみのお問い合わせは申し訳ありませんがご遠慮ください。


また、お名前のないお問い合わせメールには対応できませんので、何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

『犬の預かりアンケートフォーム』
『猫の預かりアンケートフォーム』  

お申し込みの際は、ご家族でよくご相談の上でお願い致します。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。

なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。
# by centre_report | 2011-06-17 06:16 | 愛護センターレポート