ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
センターレポート・猫編
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


7/31センターレポート 譲渡管理室  9頭


※当ブログの画像・記事は営利目的でなく、この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。

営利目的および商用目的での利用は一切禁止
します。


メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。


※先週レポートより転載しています。



今週も引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)

★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。







☆エイト

2/20よりレポートに登場 (1/26収容)
5096 薄茶 オス(去勢済) 4歳ぐらい 10.5キロ
「飼い主募集中【特殊事情(要相談)】5096」

f0078320_01165593.jpg

f0078320_01170907.jpg

f0078320_01172284.jpg

f0078320_01173397.jpg

f0078320_01174556.jpg

f0078320_01175445.jpg

f0078320_01180534.jpg

f0078320_01181616.jpg

f0078320_01182869.jpg

人が大好きで、甘えん坊な男子です。
本日も元気一杯で、人を選ばずに私達に接してくれました。

特に気になるような様子は、今回も見受けられず、
こちらの指示に座って、落ち着いてオヤツを待つこともできていました。
お顔をギュッと持ってワシャワシャとしても、
嫌がる様子もなく、されるがままでした。

表情の豊かな子で、
お耳の角度などによっては別犬のようです。

以下↓のコメントも引き継ぎます。
神経質な面もあるようですが
最近はそのような様子は全くと言って良いほど見ていません。
ややマイペースで、興奮しやすい感じはありますが
性格を分かってしまえば決して付き合いにくい子ではありません。

嫌なことは嫌!とハッキリ意思表示はするようなので
普段からよくコミュニケーションを取り
この子の性格や癖をよく理解する必要があります。
大人だけのご家庭で
しっかり向き合う時間を取れる方とのご縁が望ましく思います。











☆チョビ

※5/29よりレポートに登場(5/24他抑留所より移送)
▽18058 薄茶黒 オス(去勢済) 4歳程度 13、75キロ

飼い主募集中!!No.18058

f0078320_01384731.jpg
f0078320_01390096.jpg
f0078320_01391005.jpg
f0078320_01392138.jpg
f0078320_01393218.jpg
f0078320_01394223.jpg
f0078320_01395280.jpg
f0078320_01413363.jpg
人馴れ抜群の可愛いオトコの子です。
表情が幼げなのに、程よく落ち着きもあり、
そのギャップが又とても魅力的な子です。

尻尾の毛色もチャームポイントです。

人のそばにいるときが大の至福の時のようで、
私達の顔をずっと見てはニコニコしていました。

そんな子なので、今の生活はこの子にとって、
きっと我慢することも多いのだと思います。
どうか、一日も早く大好きな人のそばで、
安心して暮らせる日が来ることを願ってます。



以下↓以前のコメントを引き継ぎます。
抱っこもおとなしくさせてくれましたが、
あまり長い時間の抱っこは少し苦手なようでした。
こちらの指示でお座りや待てもできます。
他犬との相性はそれほど
悪くないように思います。
相手によっては結構強く出ることがあります。









☆ジョー

※29.10/3よりレポートに登場(29.9/15収容)
▽4971 茶 オス(去勢済) 3−4歳 8.6キロ(痩せすぎのときに測定)


「飼い主募集中No.4971」
f0078320_02222499.jpg
f0078320_02232524.jpg

f0078320_02235415.jpg


f0078320_02242430.jpg


f0078320_02245459.jpg


f0078320_02295429.jpg


f0078320_02302523.jpg


f0078320_02320895.jpg


f0078320_02324456.jpg


f0078320_02331853.jpg

チラホラと見せる甘えん坊な表情が、
とても愛くるしい子です。

見た目には細身ではありますが、
いい感じに筋肉もついていて、
何より今は毛艶が良くなり、
見るからに健康そうな印象を受けました。
(今は痩せすぎではないように感じます)

オトコらしい表情の中にも優しさが見え、
良い面構えになりました。


こちらから遠慮なくガンガン行くと、
下がるような行動はありましたが、
知らん顔をしていると、満更でも無い様子で、
横にピタッといるような子です。



以下↓以前のコメントも引き継ぎます。
最初の頃のジョー君とは、今はすっかり別犬のようになりました。
あばらが見えるほど細く、どこか虚ろで
人を信用していないと言った表情をかつてはしていましたが
今では人がそばに来るのをワクワクしながら待つようになりました。
ジョーくんの良さをもっともっと引き出してくださる方との
ご縁がありますように。










ロケット

※6/12よりレポートに登場(5/31収容)
▽18073 茶白 オス(去勢済) 4歳ぐらい 14キロ

飼い主募集中!!No.18073

*先週は別室にて紹介をしていました。
f0078320_02391153.jpg


f0078320_02392297.jpg


f0078320_02393316.jpg


f0078320_02394410.jpg


f0078320_02395745.jpg


f0078320_02400798.jpg


f0078320_02402346.jpg

一度見れば覚えてしまうほど、お顔に特徴を持った子で、
これぞミックスといった、オンリーワンの子です。
愛嬌たっぷりで可愛い子です。

人馴れ抜群で元気一杯。
職員さんから、ピッタリの名前をつけてもらい呼ばれていました。

人への不信感など全くないようで、何をされても嬉しそうにしていました。
限られた時間を、目一杯甘えて来る姿は健気です。
もっともっと、気にせずに思いっきり甘えられる環境に、
一日も早く移動できますよう、祈っています。








☆タイペイ

※6/5よりレポートに登場(5/25収容)
▽18062 茶白 オス(去勢済) 4歳ぐらい 18キロ
飼い主募集中No.18062

f0078320_02414671.jpg


f0078320_02415942.jpg


f0078320_02421072.jpg


f0078320_02422408.jpg


f0078320_02423679.jpg


f0078320_02430238.jpg


f0078320_02431383.jpg


f0078320_02432437.jpg

人馴れ抜群のオトコのコです。

情緒も安定してるのでしょう。
終始ニコニコしてました。


お顔も姿も性格も、とても美しい子で、
普段散歩で会う子達と、何ら変わりはなく、
直ぐにでも家庭犬としてスタートができる子だと感じました。


この日も暑かったため、
撮影の途中でランの中にあるベンチで休憩をとっていたら、
様子を見に来てくれました。
やることも可愛いく、様
子を見ていても、
欠点が見当たらないぐらいで、
ほどよく落ち着きもあり、人と共に生活し易いように思います。


以下↓以前のコメントを引き継ぎます。
左前肢は過去に骨折して自然治癒したのか
もともとなのか分かりませんが内側に曲がっています。
現在痛がっていませんし、歩くのに支障はなさそうです。
初対面の相手でもすぐに心を開き
懐っこく接してきてくれますが
自己主張はするタイプなのだそうです。
しっかりとリーダーシップをとり
この子の良い部分を伸ばしてくださるような方とのご縁が見つかれば
とても良いパートナーとなる子だと思います。









☆アンダー

※4/10よりレポートに登場(4/2収容)
▽5152 黒白 オス(去勢済) 7歳ぐらい 12.2キロ
「飼い主募集中No.5152」
f0078320_02445488.jpg


f0078320_02450709.jpg


f0078320_02451885.jpg


f0078320_02453273.jpg


f0078320_02454831.jpg


f0078320_02460294.jpg


f0078320_02461543.jpg

まだまだ元気一杯の初老のアンダー君です。

珍しい歯並び?で、
まるで花が開いたような感じに、
下の歯が外に向いて開いている状態で生えています。
ここまでの口内状態の子は、初めてです。
おまけに受け口なので、口を閉じていても、
前歯は丸見えのままです。
この子のチャームポイントで、可愛いったらありません。

年齢から来るものなのか、元気な中にも落ち着きがあり、
人を選ばず、誰にでも優しく接してくれます。
甘えん坊さんで、少し寂しがり屋さんのようですので、
これからのシニアライフは、大好きな人の中で、
思いっきり甘えさせてもらえる家族の中心で生活してもらいたい。
そんなご縁があることを願っています。











☆ブーマー

☆5/15よりレポートに登場(4/26収容)
▽18048 茶 オス 7-8歳 24キロ

f0078320_02472680.jpg


f0078320_02473961.jpg


f0078320_02475530.jpg


f0078320_02490112.jpg


f0078320_02491455.jpg


f0078320_02492796.jpg


f0078320_02493916.jpg

パット見は厳つく見えるのですが、
よくよく見ると優しい目をしていて、
ギュッとしたくなるような子です。

人が大好きで、甘えん坊さんです。
人の愛情を知っており、一時は可愛がられてはいたのでしょう。
人に信頼をよせており、身体のどこを触っても嫌がるどころか、
嬉しい様子でした。

シニアならではの落ち着きもあり、オヤツの受け取り方も、
とても優しかったです。
ジッとこちらを見ては、何か言ってくれるのを待ってるかのようでした。

この日は、他の子の散歩中に、
ちょうどブーマも職員さんに引かれて出てきたのですが、
出くわしたその時ブーマは、反射的に飛び掛かって来ましたので、
対犬には注意をする必要があると思います。

以前のコメント↓
オスメス関係なく、自分のケージの近くに来た子には
低く小さな声で唸っていましたが、
No!というだけでやめることがでてきましたので
きちんとこちらの言うことにも従える賢い子だと思います。

ただ、フィラリアの影響からか、咳が出るようです。
ケージから出して少し動いたくらいでも
かなりゼーゼーいっており、少し苦しいのかなと思いましたが
本犬は気にしている様子もなく甘えてきました。
月に1回の予防薬さえを飲ませてあげていれば
こんなことにはならなかったのに・・・と悔やまれます。

とても人懐こい子ですから、大型犬が好きな方には
たまらない魅力がある子です。
今はフィラリアも積極的な投薬治療で早く陰転することが
できるようになっていますので、センターでもケアしてくださっていますが
これから暑い季節に入りますし
より手厚くケアできる環境に早く入れるように願うばかりです。












☆パーカー

※4/17よりレポートに登場 (4/16他抑留所より移送)
▽5165 白黒ブチ オス(去勢済) 5歳ぐらい 15.65キロ
「飼い主募集中No.5165」
f0078320_02504574.jpg


f0078320_02505693.jpg


f0078320_02510971.jpg


f0078320_02512070.jpg


f0078320_02513373.jpg


f0078320_02514551.jpg


f0078320_02520296.jpg


f0078320_02521591.jpg


f0078320_02522703.jpg

天真爛漫で、とても陽気な子です。
推定年齢より若いんじゃないかと思えるほど、無邪気で、
周りを明るくするような子です。

とても身体能力があり、
リードを上手く使いながら四方八方、
ジャンプをしては回る。
何度も繰り返していました。
体力もあり動きっぱなしでした。

この子も、人と時間を共有するのが大好きな子で、
信頼をよせています。
体のどこを触っても嫌がる様子はなく、
逆に嬉しくてテンションが上がるほどでした。

体力と時間のある方に迎えてもらえたら、
共に幸せな時間が過ごせると思います。













☆べん

1/9よりレポートに登場 (12/15引き取り収容)
▽5062 茶 オス(去勢済) 8歳 13.55キロ
飼い主募集中!!No.5062
f0078320_02535521.jpg


f0078320_02540595.jpg


f0078320_02542176.jpg


f0078320_02543336.jpg


f0078320_02544869.jpg


f0078320_02550380.jpg


f0078320_02551646.jpg


f0078320_02553261.jpg
動きにハキが出て来たように感じました。
少しずつ殻を破ってくれているようで嬉しくなります。

身体を触られていても、以前のような不安そうな表情はなくなり、
穏やかで優しいお顔になりました。
人馴れの進みも、思ったより時間がかからずに変化が見られ、
私個人の予想は嬉しい誤算でした。

以下↓以前のコメントを引き継ぎます。
毎日毎日職員さん達が部屋から外に連れ出してくださっているお陰で
すっかりお散歩にも慣れたようです。
まだ身体をベタベタ触ったり
ハグをしたりと言った密な接触は苦手なようですが
センターにいる間にここまで変化を見せてくれたので
今よりもっとこの子に割ける時間が多く取れる環境にいけば
さらに家庭犬らしく成長してくれると思います。





レポートは続きます。


# by centre_report | 2018-08-02 14:30 | 愛護センターレポート

7/31センターレポート 旧子犬舎   4頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


※先週レポートより転載しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。





<1-1>2頭


※3/6よりレポートに登場 (3/1他抑留所より移送)
▽1536 茶 オス  9ヵ月  9-10キロ(6/12修正)

収容当初の子犬らしさは影を潜め、
もうすっかり大人っぽい顔の男の子になってきました。
体つきもしっかりしてきて格好いい男の子になりました。
ただ、人が近づくと出来るだけ距離を取ろうとして
逃げていくのはあまり変わっていませんが、
逃げるスピードはそれほど速くはなくなってきました。

おやつを差し出してもまだ手から食べることは
できません。
身体を触ろうとするとやはり警戒してしまいます。
置いたおやつは、こちらが見ていなければ食べられる
とのことですので、もう少し時間をかけて
なんとか手からおやつを食べられるように
接していきたいと思います。
おやつを食べられるようになれば、また変化を
見せてくれるようになると期待しています。
f0078320_10292949.jpg
f0078320_10294643.jpg
f0078320_10295703.jpg
f0078320_10301299.jpg
f0078320_10302468.jpg
f0078320_10303359.jpg
f0078320_10304493.jpg





※29.8/29よりレポートに登場(29.8/22収容)
▽4950 茶白黒 オス 4歳ぐらい 8キロ程度

この子も気がつけば来月で1年を経過してしまいます。
最近は部屋を閉め切っている状態であれば
逃げ回ることもなく隅でじっとしていますが、
この日はとても暑く、外スペースに出る窓が
開いていて、そちらへ移動していってしまいました。
私が外スペースに出て行くと、また距離を取ろうと
移動しそうになりましたが、

「大丈夫。何も怖いことしないよ。ナデナデは怖くないでしょ?」
と声をかけながらゆっくり近づくとその場でじっとしていて
身体や頭を撫でることができました。
何度かブラッシングをしてあげたこともあり、
人の手が怖いものではないということは
ようやく学習できつつあるのだと思います。
このタイミングで家庭に入って人と一緒に生活していけば
人を信頼してくれるようになるまで、
そう時間はかからないのではないかと思います。
f0078320_10324170.jpg
f0078320_10325508.jpg
f0078320_10331737.jpg
f0078320_10332729.jpg
f0078320_10333707.jpg
f0078320_10334843.jpg
f0078320_10335800.jpg
f0078320_10340770.jpg





<1-3>2頭

f0078320_10354674.jpg

※28/8/2よりレポートに登場(28.7/28他抑留所より移送)
▽4537 薄茶 メス  3-5歳? 12-3キロ

この日はこちらの小部屋のドアを開けっぱなしにしたところ
すぐに廊下に出てきて、以前と同じ棚の下に入ろうとしました。
そこには荷物が置いてあり、入り込むことができず
少し困った顔をして、棚の横に座りこみました。

いつものようにおやつを手から食べることは
全く問題なくできますが、やはり身体に触ろうとすると
人の手をじっと見つめて警戒心丸出しの表情をします。
お口を出すことで嫌なことを回避できると覚えさせたくないので、
決して咬む経験をさせたくなく
そのため、どうしても慎重に対応せざるをえません。

もうすぐここでの生活が2年を迎えてしまいます。
なかなか人を信用してくれるようになれないこの子にも
人を信用してくれる日は必ずやってくるものと思っています。
ただ、週に一度この子と接するというだけでは
時間が足りません。
簡単にいくことではありませんが、それでも
この子の心をゆっくりと溶かしてくださる方が
現れることを期待してやみません。
f0078320_10370657.jpg
f0078320_10372055.jpg
f0078320_10373113.jpg
f0078320_10374168.jpg
f0078320_10375377.jpg
f0078320_10380383.jpg
f0078320_10381387.jpg




※3/20よりレポートに登場(3/9収容)
▽1547 白・薄茶 メス 1歳ぐらい(6/19修正) 8-9キロ(6/26修正)

この子も同室の子と同じようなタイプです。
人に触られることを極端に嫌がり、
それでもおやつは手から食べられます。
食べられるというよりも、むしろ自ら進んでもらいにきます。
相当嫌なことでも過去にされたのでしょうか。
まだ幼いので、人への警戒心が強くなりすぎないように
なんとかしたいと思うのですが、なかなかうまくいきません。
同室の子に同調してしまっているのも気になります。

ただ、以前は近づくだけで唸ったりしていたのが
最近は唸る場面には遭遇していません。
それだけでもこの子にとっては進歩なのだと思います。
f0078320_10394347.jpg
f0078320_10395811.jpg
f0078320_10400637.jpg
f0078320_10402180.jpg
f0078320_10403049.jpg


レポートは続きます。




# by centre_report | 2018-08-02 14:09 | 愛護センターレポート

7/31センターレポート 4日目部屋  3頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。

※先週レポートより転載しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田



★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)










※28/8/2よりレポートに登場(28/7/28他抑留所より移送)
▼4536 黒茶 オス(去勢済) 2-3歳 5歳ぐらい 12キロ


いつものように手からおやつを食べ
ゆっくりであれば体も触らせてくれました。

今はビビリ同士同調し合っていますが
家庭の中で1頭で人と向き合えば、一番変化が早そうな子だと思います。

収容間もないころは皮膚の状態がかなり悪く
脱毛も多くみられましたが
2年と長い月日を過ごす中、栄養状態が安定しているために
被毛はかなりきれいになりました。

身体の健康とともに、精神的なケアは
どうしてもこのままでは進んでいきません。

普通の家庭環境で、一緒に過ごす時間を多くとり
ゆっくり向き合っていくことが最も必要なことだと思います。
f0078320_04225391.jpg

f0078320_04230167.jpg
f0078320_04230918.jpg
f0078320_04231715.jpg






※28/8/2よりレポートに登場 (28/7/28他抑留所より移送)
▼4535 黒 オス(去勢済) 4-5歳 2-3歳 16キロ

この日もクマのような座り方で
人と目を合わせないように座っていました。
おやつは人がいても食べることもありますが
この日は少し緊張していて
見ているときは食べることはできませんでした。

最近はほんの少しであれば触れることもできるように
なってきたようです。

まだ若い子ですが生きてきた大半の時間を
季節の移ろいを感じることができない部屋で過ごしています。

せめて日差しや風などを感じる環境で過ごすことができるようになったら
精神的にもっと良い影響が出てくるのだと思います。

どれ一つとってもまだまだこれからなことばかりですが
少しずつ変わっていく様を楽しみながら見守ってくだる方と
ご縁がありますように。

f0078320_04250095.jpg
f0078320_04250575.jpg
f0078320_04250988.jpg










※29/5/30よりレポートに登場(29/5/25他抑留所より移送)
▽4868 茶黒 オス(去勢済) 2歳ぐらい(6/19修正) 10.8キロ

この子は収容当時はそれほどのビビリとは思いませんでしたが
月日が増すほど人と距離を取るようになってしまいました。
生きてきた大半をセンターで過ごしているので
人がどんなものなのか、外の世界がどんなものなのか
知らずに育ってきています。

体を拘束するようなふれあいをしたことがないので
どのような反応を示すかまだ未知ではありますが
収容当時に触れた時には抵抗したり
口が出たりするようなことはありませんでした。

すでに2歳にはなっていますが、お顔はまだあどけなさが残っています。
日の下で楽しく散歩する姿をいつか見てみたいです。

まだ若く可能性に満ちた子なので
どうかお気に留めていただければと思います。
f0078320_04271742.jpg
f0078320_04272558.jpg
f0078320_04273077.jpg
f0078320_04273434.jpg

レポートは続きます。



# by centre_report | 2018-08-02 14:07 | 愛護センターレポート

7/31センターレポート 子犬舎    4頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


※先週レポートより転載しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。






<2ー5>2頭

f0078320_10461753.jpg

※7/3よりレポートに登場(6/20収容)
▽18105 薄茶 メス 生後7ヶ月ぐらい 7キロ程度
18106と姉妹です。

3姉妹で収容されましたが、先に1頭を引き出したので現在2姉妹がいます。

どちらかというと、こちらの子の方が少し人には興味があるのか
こちらの様子を上目遣いで見ていました。
固まる系のビビリっ子です。
抱きあげてもお口が出るようなことはありませんが
抱き上げるとビビリうんが出てしまいました。
ひたすら気配を消しているというほどではなくなってきています。

人が見ているとご飯も食べられないとのことでしたので
おやつを差し出してみましたが、やはり食べることはできませんでした。
ほぼ野良に近い状態の子たちだったようですので
まだ人への警戒心や恐怖心は残っているのでしょう。
それでも人と接する時間が長くなっていけば
少しずつ人馴れも進んでいくものと思います。
とても素直で大人しそうな女の子です。
f0078320_10471589.jpg
f0078320_10473760.jpg
f0078320_10475054.jpg
f0078320_10480130.jpg
f0078320_10481093.jpg
f0078320_10481930.jpg
f0078320_10482882.jpg
f0078320_10483818.jpg




※7/3よりレポートに登場(6/20収容)
▽18106 茶 メス 生後7ヶ月ぐらい 7キロ程度
18105と姉妹です。

3姉妹の中では一番身体が小さい子です。
この子はまだひたすら気配を消そうと必死に顔を隠していました。
それでもゆっくりと抱き上げると
固まっていましたが、↑の子と同様にお口が出ることもなく
抱っこすることができました。
何をされているのかわかっていないのでは?と思うほど
目が泳いでいました。
下にゆっくりと降ろすと、すごいスピードで隅っこに行き
また顔を隠していました。

この姉妹にとっては不安なことだらけなのだとは思いますが
お口も出ず素直な子だと思います。
皮膚の状態もあまりよくないので
一日も早く個別にケアしてあげたいです。
人と一緒に過ごす時間が長くなれば
人が怖いものではないと理解していってくれるものと思います。
f0078320_10504527.jpg
f0078320_10505711.jpg
f0078320_10511471.jpg
f0078320_10512427.jpg
f0078320_10513499.jpg
f0078320_10514616.jpg
f0078320_10515888.jpg






<2-8>2頭

f0078320_10543523.jpg


☆ゴーヤ 
※29/10/24よりレポートに登場(29/10/10収容 )
▽5001 茶白 オス(去勢済) 1-2歳 8.25キロ

収容当初には、おやつをもらいに来たりする姿が見られましたが
いつからか、こうして壁とお友達になったまま
ほとんど変化がありません。
どこを触っても嫌がることもありませんが、

ゴーヤの表情を見ていると、何か諦めきってしまったように
見えてしまいます。
ボクはずっとここにいなければならないのかな
そう感じているのでしょうか。
抱き上げたり、身体を拘束しようとすると素早く逃げて
しまいます。
まだまだ若いゴーヤには、人と一緒に暮らしていくことで
楽しいことがたくさんあるんだよ、と教えてあげたいです。
f0078320_10554181.jpg
f0078320_10555321.jpg
f0078320_10560226.jpg
f0078320_10561268.jpg
f0078320_10562255.jpg
f0078320_10563215.jpg




※4/17よりレポートに登場(4/5他抑留所より移送)
▽5149 薄茶 メス 2歳ぐらい 10-11キロ

いつも部屋の隅で顔を隠して気配を消していますが、
少し顔を持ち上げたりするとこちらを向いてくれたりするのですが
この日は頑なに顔を隠したままでいました。
いつもと何が違うんだろう?と思ったのですが
この日はいつもはいない男性メンバーが一緒だったので
もしかすると男性が苦手なのかもしれません。

幼いながらも子育てもしながら厳しい環境を乗り越えてきたはずです。
この子自身がこれからは幸せになる権利があります。
まだまだ人に対しての警戒心や恐怖心は大きいと思いますが
根気よく人の優しさや暖かさを伝えていきたいと思います。
f0078320_10575734.jpg
f0078320_10581094.jpg
↓↓ 先週レポートより
f0078320_12111043.jpg
f0078320_12112173.jpg

f0078320_00435410.jpg




レポートは続きます。



# by centre_report | 2018-08-02 14:06 | 愛護センターレポート

7/31センターレポート D部屋    3頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。





引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★「あの子はどうなりましたか?」との安否確認のみの問い合わせは、
どうかご遠慮ください。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。






長くこの部屋にいた子が先週卒業して
残り3頭になりました。
大きな子でしたので、1頭いなくなっただけでも
この部屋の景色が違って見えました。

先週卒業した子は
預かり宅にて家庭犬としての一歩を
踏み出しました。
こちらにいる3頭の子たちにも
新しい環境でのスタートがきれる日が
どうか早くやってきますように。
f0078320_23592254.jpg



※3/6よりレポートに登場(1/25収容)
▽5108 茶 メス(不妊済)1歳ぐらい 12キロ程度

この日もこの子の定位置の部屋の隅で
じっとしていました。
同室の2姉妹がおやつをもらうために激しく動き回っている様子を
じっとこの姿勢のまま見つめていました。

おやつはまだ手から食べることはできず、
床に置いてあげたおやつも私たちが見ている間は
食べることができません。
それでも身体や頭を撫でてあげることには
抵抗することはありません。
人の手が怖いものだとは思っていないようです。
人との接し方がよくわからないのでしょうか。

このままでは進歩はなかなか望めません。
家庭に入って人と常に一緒にいる生活をしていけば
人との関わり方も学習してけるものと思います。
一日も早く涼しいおうちで、まだまだ続くであろうこの暑い夏を
過ごすことができるようになりますように。
f0078320_00004543.jpg
f0078320_00010676.jpg
f0078320_00012166.jpg
f0078320_00013643.jpg
f0078320_00015158.jpg
f0078320_00020061.jpg
f0078320_00021389.jpg
f0078320_00022316.jpg




※29/8/15よりレポートに登場(29/8/10他抑留所より移送)
▽4926 薄茶黒 メス 1歳ぐらい 11-12キロ

最初こそ、おやつをもらいに来るのに慎重な姿勢を
見せますが、何度か手からおやつをもらえると
段々落ち着いてゆっくりと近づいてこれるようになります。
毎回同じような様子ではあるのですが、
最初の頃に比べれば大分落ち着いてきたように思います。

↓の姉妹の子と比べると、こちらの子はおっとりタイプで
落ち着きなく動き回るという感じではありません。
長い時間この部屋で接していると
落ち着いてくる様子がよくわかりますので、
やはり常に人と一緒にいられる時間が長ければ長いほど
人馴れも進んでいくのだろうと思います。

この姉妹はお互いを頼っているといった様子は
それほどなく、一頭一頭でしっかり行動できる子たち
だと思います。
もうすぐこちらでの生活が1年を迎えようとしています。
どうかこの子にも、早く暖かい手が差し伸べられますように。

f0078320_00034492.jpg
f0078320_00035617.jpg
f0078320_00040765.jpg
f0078320_00041734.jpg
f0078320_00042736.jpg
f0078320_00044112.jpg
f0078320_00045742.jpg
f0078320_00050907.jpg




※29/8/22よりレポートに登場(29/8/10他抑留所より移送)
▼4941 茶黒 メス 2歳ぐらい 10-11キロ

↑の姉妹の子よりも、こちらは「お転婆」という言葉が
ぴったりくるような、ちょこまかしている子です。
以前は人に対して警戒吠えと要求吠えが
気になっていましたが、この日はこの子の吠え声を聞くことは
ありませんでした。
ここに来る人たちにはそんなに警戒しなくてもいいんだ、
おやつも吠えて催促しなくてもちゃんともらえるんだ、
と学習してきた証拠だと思います。

↑の子と同様に、最初におやつを食べる時までは
かなり腰も引けた状態で恐る恐るおやつを取りにくるのですが
何度かそれを繰り返していると、ゆっくり近づいてきて
落ち着いて手からおやつを持っていくことができるように
なっていきます。

そういった様子を見ていると、本当に時間をかけて接しさえすれば
人馴れも進んでいける子なんだろうと思わずにはいられません。
この環境ではこれ以上の進歩はなかなか難しいと思います。
お転婆ではありますが、とてもかわいらしい子です。
この子にも人の優しさや暖かさを教えてくださる方とのご縁が
どうか1日も早くめぐってきますように。

f0078320_00072268.jpg
f0078320_00071057.jpg
f0078320_00064119.jpg
f0078320_00065358.jpg
f0078320_00073643.jpg
f0078320_00074588.jpg
f0078320_00075516.jpg
f0078320_00080524.jpg


レポートは続きます。




# by centre_report | 2018-08-02 00:09 | 愛護センターレポート