ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


6/12センターレポート 別室     5頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田



★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)






※5/29よりレポートに登場 (5/28他抑留所より移送)
▽18059 茶 オス 3-4歳 12キロぐらい


丁度、夕方の排泄のために外に出してもらうところを
撮影することができました。
まだ自分からはクレートから出てこようとせず
職員さんに促されて出てきたのですが
パニックになることはなく、部屋にいつもより人が多くて
困惑したような表情をしていました。
でも職員さんの横に付き、自分の足で外に向かって歩いていました。
リードにも抵抗はなさそうです。
前脚を持ってみたり頭や腹部を撫でたりしても
怒ったり唸ったり、歯を当てるなどの行為は一切見られなかったです。
f0078320_02085951.jpg


f0078320_02090757.jpg


f0078320_02091456.jpg


f0078320_02092102.jpg


f0078320_02092854.jpg


f0078320_20204168.jpg
攻撃性なく、素直に人に従い
促されるままに思った通りの行動ができる子ですが
それでも人とは一定の距離を取りたがりました。


木陰に隠れながらこちらの様子をチラチラと見る姿に
この穏やかで小さな男の子が
放浪時代にどんな怖い目に遭ってきたのか
容易に想像することができました。
f0078320_20213765.jpg

f0078320_02093588.jpg

首の傷も順調に回復してきてるようでした。
ジュクジュクしている感じはもう見られませんでした。
あとは傷がゆっくり塞がってくるの待つばかりです。

f0078320_02150080.jpg







☆ビリー

※2/20よりレポートに登場 (1/29他抑留所より移送)
▽5103 茶黒白 長毛 オス 1-2歳 14キロぐらい

首輪にチェーンのリードを付けると
素直にクレートから出てきて、促されずとも一緒に歩き
外に出ていきました。
外でゆっくり寛いでいるところごめんねと
おやつを差し出しましたが、いつものようには食べようとはせず
少し緊張していたようなので、必要以上に近づくのはやめておきました。

でも何時も最初だけ少し考えて
ひと口食べるのに時間が掛かるのだと後で思い出しました。

何事も少し考えて慎重に行動するところがあるビリー君です。
この子も来週はストレスにならない程度に
ブラッシングしてみたいと思います。

f0078320_02111870.jpg


f0078320_02112436.jpg


f0078320_02113004.jpg


以下、以前のレポートのビリー君が可愛らしいので
写真を貼っておきます。

f0078320_02485386.jpg


f0078320_02492412.jpg


f0078320_02493794.jpg


f0078320_02494900.jpg



f0078320_02503265.jpg


f0078320_02504747.jpg


f0078320_02510469.jpg


f0078320_02511647.jpg


f0078320_02512754.jpg





☆べん

1/9よりレポートに登場 (12/15引き取り収容)
▽5062 茶 オス(去勢済) 8歳 13.55キロ
飼い主募集中!!No.5062

他の子におやつを与えていたところ
後で吠えてアピールする子がいるなと思ったら
ベンくんが吠えて「こっちにも~」と主張していて
ただそれだけなのに、なんだか嬉しくなってしまいました。
ほんの数か月前まで、ただ怯えていただけの子が
おやつをねだるまでになったのだなと
嬉しくなり、差し出したおやつを躊躇なくパクッと頬張る様子が
なんとも可愛らしかったです。

まだハグのような濃厚な触れ合いはできませんが
この短期間でこれだけ変化の大きいベンくんですので
もっと人を信じて安心して身を任せてくれる時が
近いうちにやってきそうな気がします。

f0078320_02133185.jpg


f0078320_02134419.jpg


f0078320_02135078.jpg


以下、おやつを待つ可愛らしい姿のベンくんの様子を
以前のレポートから転載しています。

f0078320_02430499.jpg


f0078320_02432328.jpg


f0078320_02435036.jpg





☆サリー
※3/27よりレポート登場(3/22引き取り移送)
▽5136 茶 メス(不妊手術済)  3歳ぐらい 18.75キロ

身体の割に、小粒で優しい目が印象に残るサリーちゃんです。
排泄のために出してもらっている最中でしたので
ナイーブなサリーちゃんをあまり緊張させてもいけないと思い
しつこく写真を撮るのはやめておきましたが
おやつは食べてくれました。

職員さんのお話ですと
おやつを手から食べてくれるようになったものの
そこからの人馴れがなかなか進まないとのことでした。

でも、人を目の前にして
お座りした姿勢のまま逃げるでもなく
おやつを待っていられるだけでも、この子なりに
本当に少しずつですが進歩しているうような感じはします。
f0078320_02162847.jpg


f0078320_02163249.jpg


以下、サリーちゃんの可愛い表情を
以前のレポートの写真から転載しています。
f0078320_03050356.jpg



f0078320_03053647.jpg


f0078320_03060371.jpg



f0078320_03062672.jpg





☆リッキー

※5/22よりレポートに登場 (5/17他抑留所より移送)
▽18051 茶 オス 6歳ぐらい 15キロ

リッキーくんは外に出す時
まだ少し抵抗があるためか、他の子達を外に出した一番後に
職員さん何人かで時間を掛けてなだめたり、落ち着かせたりしながら
ゆっくり外に出していました。
人に対してというよりは、まだリードなどで引かれることに
抵抗があるようです。

6歳ぐらいになるまで、そんな経験もなく育ってきたのでしょうから
困惑したり抵抗したりしても仕方がありません。
ゆっくり経験を積んで少しでも慣れていってくれればと思います。
f0078320_02181351.jpg


f0078320_02181872.jpg


f0078320_02182271.jpg

外にいる時の様子を
以前のレポートの写真から転載して紹介しておきます。

f0078320_00324662.jpg



f0078320_00331484.jpg



f0078320_00333481.jpg



f0078320_00335391.jpg



f0078320_00341762.jpg



f0078320_00343826.jpg



f0078320_00345857.jpg



f0078320_00352436.jpg



f0078320_00354407.jpg



f0078320_00360227.jpg



レポートは続きます。





# by centre_report | 2018-06-14 02:19 | 愛護センターレポート

6/12センターレポート 収容室②③  5頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。



一部先週レポートを転載しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田






収容室③ 2頭




※6/12レポート初登場(5/31収容)
▽18073 茶白 オス 4歳ぐらい 14キロ程度

 
元気いっぱいで人懐っこく
明るい性格の男の子です。
収容当時はなんだかぼーっとしていて、具合が悪いのか
もしくはよほどショックだったのか、感情も表情も良く分からなかったようです。

今はその様子は全く見られず、元気いっぱいで健康的に見えます。
最初シニアかなと思いましたが、まだ若い子のようでした。
おやつを見せるとお座りできることからしても
飼い犬であったことは間違いないですが
空気を読まずに思うままに身体をぶつけながら
興味惹かれるものに向かって行こうとする姿を見ていると
何もかも見たこと経験したことのないものだらけで
同じ景色しか見えないような、変化のない毎日を
ただ過ごしてきたのかもしれないなと思いました。

ある意味ピュアな子犬のようで
これから人との暮らしの様々な事を教えて行く必要があると思います。
身体のどこを触っても怒りはしませんが
撫でられ慣れていないような反応はしていました。
f0078320_01352482.jpg


f0078320_01352917.jpg


f0078320_01353586.jpg


f0078320_01354203.jpg


f0078320_01354738.jpg


f0078320_01355351.jpg


f0078320_01363364.jpg








※5/22よりレポートに登場 (5/11収容)
▽18049 茶黒 メス 3歳ぐらい 
10キロ11-12程度(痩せ過ぎ) 適正13-14キロ

最初の頃に比べると、ほんの少し身体にお肉が付いてきたように見えました。
と、言ってもまだまだ痩せ気味です。
それでも毛艶が良くなってきてハンサム女子っぷりに磨きが掛かってきました。

見た目からもわかるように、猟犬系の犬種の血が入っているようで
あまり同じところでジッとしているのは好きではないようです。
でもケージの中でけたたましく吠えるような様子は見られません。
外に出すと、絶えずあちこち動き、その動きが止まりませんので
やはり身体を動かすことが好きなタイプの子には
今の状況はストレスが掛かってしまうのだと思いました。

それでもイライラすることなく
人に対してはソフトに接することができると思います。
抱き上げられたり、身体を拘束されたりというのは
嫌がるというか、経験がないようで、困惑してしまうようでした。

お散歩は好きなようなので
外で思い切り身体を動かしたり、散歩に沢山行ったりと
そういうことからコミュニケーションを取っていくと良いのかもし入れません。
あと、おやつも大好きなので、それも上手く使えば
仲良くなるきっかけはとても掴みやすいと思います。

f0078320_01402828.jpg


f0078320_01403373.jpg



f0078320_01420438.jpg

f0078320_01403880.jpg

f0078320_01404325.jpg

f0078320_01404839.jpg

f0078320_01405366.jpg





収容室② 3頭



※6/12レポート初登場(6/11他抑留所より移送)
▽18076 薄茶長毛 オス 2歳ぐらい 7キロ程度


多頭飼育の現場から来た子ですが
人とはあまり接したことがないまま育ってきたようで
撫でられてもどんな反応したらよいか
全くわからないような様子でした。
人の手を振り切るほどのパワーは今はないようです。
抱き上げても、ただされるがまま大人しくしていました。
人には馴れておらず、かなり怯えてはいましたが
攻撃的な面はないようです。

最低でも2年間、もしくはそれ以上
人と触れ合うことなく暮らしてきた子なので
すぐに人に心を開くということはないかもしれませんが
まだ若い子なので、これからいろんな経験を積んで
家庭犬として再出発できると思います。
焦らず向き合ってくださる方と巡り合えますように。
f0078320_01444845.jpg

f0078320_01445333.jpg

f0078320_01445714.jpg

f0078320_01450231.jpg

f0078320_01450752.jpg





※6/12レポート初登場(5/31収容)
▽18072 白黒 オス 3歳ぐらい 10キロ程度


少しシャイな性格のようで
最初だけ震えて戸惑ったような様子を見せていましたが
パニックになることはなく、大人しい印象の男の子です。
触れられ慣れていないのか、触ろうとすると器用に避けて
何度も逃げようとしていましたので
手にはあまり良い印象がないのか、慣れていないだけなのか
近い距離にいるのに殆ど触れられなかったと思います。

同じ地域をずっとウロウロしていたとのことで
人から餌はもらっていたものの
一方では煙たがられ、追い払われてきたのかもしれません。
攻撃性は見られませんが
今後またよく観察してきたいと思います。
f0078320_01470463.jpg

f0078320_01471030.jpg

f0078320_01471692.jpg

f0078320_01472218.jpg
f0078320_01473528.jpg





※6/5よりレポートに登場 (5/25収容)
▽18065 柴 オス 1歳 10キロ程度


抜けかけた毛がかなり重そうで
まるで着ぐるみを脱ぎ掛けているようにも見えました。
先週見た感じとあまり変わらず、同じようにシャイな反応を
見せていましたが、今回は人の背中などに隠れようとしていたので
若干人を頼りにする感じもあるのかなと思いました。

あまり様子が変わっていなかったので
先週レポートを引き継ぎます。
野良っ子のような怯え方ではなく、人には飼われていた子のようなので
接し方次第では早く馴れてくれそうです。
表情は幼く、推定1歳とのことですが
見た感じではもしかするとまだ1歳にもなっていないかもしれません。

撫でたり、抜けかけの毛を抜いたりしましたが
怒ったり唸ったりすることはなく
ただひたすら大人しく固まっていました。
時間の経過と共に変化も見られるかもしれないので
また詳しく観察してきたいと思います。

f0078320_01504630.jpg

f0078320_01505675.jpg

f0078320_01510360.jpg

f0078320_01510982.jpg

f0078320_01511619.jpg
来週はブラッシングを念入りに行いたいと思うので
もう少しスッキリした姿を紹介できると思います。




レポートは続きます。





# by centre_report | 2018-06-14 01:52 | 愛護センターレポート

6/12センターレポート E部屋    3頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。

営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。



一部先週レポートを転載しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田



<E-3>


※4/17よりレポートに登場 (4/16他抑留所より移送)
▽5166 薄茶 メス 2歳 8-9キロ

この日もいつものように壁の端っこに身を寄せて
一生懸命気配を消していました。
かつては目と目が合っただけでもシャーっとビビりションをしていましたから
人がそばに行ってもそれがなくなっただけでも
慣れたとは言い難いものの、見慣れてはきているのかもしれません。

でもまだ人前ではおやつを食べることはできず
目線を外していましたので、おやつを足元に置いて
今回はそのままそっとしておきました。
フードは残していませんでしたので
今は緊張しているだけで食欲には問題ないのだと思います。

f0078320_01105607.jpg


f0078320_01110168.jpg


f0078320_01110510.jpg







<E-5>

※5/29よりレポート登場(5/24他抑留所より移送)
▽18055 茶黒白 オス 2歳 25キロ (肥満・適正体重13-14キロ)


天真爛漫で人懐っこい表情をしながら元気よく外に出てきました。
毛を短く刈っていることもあり
肉付きの良い背中が、子豚ちゃんのようでなんとも可愛らしく
ついぺチペチと触りたくなってしまいます。

身体のどこに触れても平気で
ストレスに感じることはないようですが
歯を見る時は首を振ってヤダヤダと意思表示していました。
歯が見られなかったのでハッキリとはわかりませんが
推定年齢よりももう少し上のような気がします。

明るくてフレンドリーで、とても可愛らしい子で
収容前に飼われていた環境では、十分可愛がられていたのでしょうし
それ以上に過剰に甘やかされていたのかもしれません。
外に出て散歩することや身体を動かすことが好きそうですし
もう少し適正体重に近づけて、心身ともに健康になれば
良いパートナーとなってくれる子だと思います。

f0078320_01213675.jpg


f0078320_01214584.jpg


f0078320_01215183.jpg


f0078320_01215941.jpg


f0078320_01220564.jpg







<E-6>

※5/1よりレポートに登場 (4/26他抑留所より移送)
▽5178 白薄茶 メス 4歳 13キロ程度

部屋の中がかなり汚れてしまっていたので
私たちとしては初めて、ケージ外に出してみました。
ロープを首に掛けて最初だけ少し引きましたが
その後はパニックになるでもなく、意外にすんなり素直に出て歩きました。

いつもケージの中からしか見ることのなかった、対面のケージの中を
少し見て回った後、冷静になって改めて怖くなったのか
隅っこに身を隠しましたが
その時にゆっくりゆっくり触れてみたら
歯を当てるような仕草も見せずに、顔周りも触らせてくれました。
これから毎週、ほんの少しの時間でも
今回のようにコミュニケーションを取ってみたいと思います。

f0078320_01261962.jpg


f0078320_01262695.jpg


f0078320_01263450.jpg


f0078320_01264033.jpg


f0078320_01264650.jpg


f0078320_01265157.jpg



レポートは続きます。




# by centre_report | 2018-06-14 01:29 | 愛護センターレポート

6/12センターレポート D部屋    4頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。



引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田



★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★「あの子はどうなりましたか?」との安否確認のみの問い合わせは、
どうかご遠慮ください。
多くの対応をしているため、お答えできませんのでご了承下さい。





※29/8/15よりレポートに登場(29/8/10他抑留所より移送)
▽4926 薄茶黒 メス 1歳ぐらい 9-1011-12キロ(5/22修正)

いつ見ても本当に綺麗な顔をしています。
ここにきてから大分経ってしまったな、と思っていましたが
もう10ヶ月にもなってしまっていることに気づきました。

攻撃性もなく、少し臆病な子ではありますが、
人が怖くてたまらないという様子はありません。
とても控えめで、おやつを見せると食べたいものの
ガンガン前に出て欲しがるということはなく、
この子に向けておやつを差し出すと
そっと首を伸ばして食べようとするのですが
他の子が横取りしていっても、決して怒ることもありません。

今はこの部屋で自由に動き回れる環境なので
なかなか人との距離が縮まらないのですが、
家庭に入って人と一緒にいることが当たり前になれば
この子は少しずつでも人を信頼してくれるようになると
思います。
複数頭がいる部屋で、フードもまとめて与えられているため
自由に食べられるせいか、収容当初よりぽっちゃりして
きてしまっています。
もっとスラっとした体型でしたので少し残念です。
この子にも暖かい手が差し伸べられますように。

f0078320_23505166.jpg
f0078320_23512140.jpg
f0078320_23515273.jpg
f0078320_23522169.jpg




※29/8/22よりレポートに登場(29/8/10他抑留所より移送)
▼4941 茶黒 メス 2歳ぐらい 10-11キロ

上記の子と同じ場所での捕獲で、顔も体格も似ていますので
恐らく血縁関係があると思われます。
ただ、この2頭は性格が正反対ほど違うようです。
↑の子はおとなしく控えめですが、
この子はお転婆なお嬢さんといった感じです。

一時期、人を見るとしきりに吠えていましたが、
最近はおやつをなかなかもらえなかったりする時に
要求吠えをする程度で、少し吠えは落ち着いてきたように思います。
ただ、おやつを他の子にあげていたりして
なかなか自分に順番が回ってこなかったりすると
「早くよこしなさいよ!!」と吠えながら前後に行ったり来たり
落ち着きがなくなります。
こちらがじっとしていればいいのですが、
少しでも動き出すと慌てて逃げていく、といったことを
繰り返しています。

それでも人間が怖くて仕方がないという感じではありませんので
一日も早く家庭に入って人と常に一緒にいることで
もう少し落ち着くことができるのではないかと思います。

f0078320_23541150.jpg
f0078320_23542278.jpg
f0078320_23543310.jpg
f0078320_23544325.jpg
f0078320_23545826.jpg




※3/6よりレポートに登場(1/25収容)
▽5108 茶 メス(不妊済)1歳ぐらい 12キロ程度(痩せ過ぎ)

いつも同じ部屋の隅でじっとしていますが、
収容当初に比べれば、しっかりと顔をあげていますし
縮こまって固まっているという様子ではなくなりました。

以前より身体を触ったりすることには抵抗はありませんでしたが
それも今も変わりはありません。
顔つきも大分自信をつけてきたように感じました。
それでもまだ手からおやつを食べることはできません。
他の子たちが逃げ回ってこの子に乗っかってしまったり、
ぶつかったりしても怒ることもなく、元々穏やかな子なのだと
思います。

お乳を見ると子育て経験がありそうで、
まだ若い子なのに苦労してきたことがうかがえます。
どうかこの子にも暖かい手が差し伸べられますように。

f0078320_23562767.jpg
f0078320_23563993.jpg
f0078320_23571396.jpg
f0078320_23564824.jpg
f0078320_23565961.jpg




※29/3/28よりレポートに登場(29/3/16他抑留所より移送)
▽4808 茶白 メス(不妊手術済) 4-6歳 
 30キロ以上(太り過ぎ/適正20キロ程度)

収容されてからすでに1年3ヶ月近くが経過しています。
最初の頃は表情が硬く、近づいただけで唸っていたこの子も
本当に表情が柔らかくなってきました。
今では近づいても唸ることもありませんし、
身体にも触ることもできるようになっています。

何より心配なことは、体重がかなりオーバーしてしまっている
ことです。
この部屋ではまとめてフードを置いてあり
自由に食べることができる環境なので
一頭一頭フードの量を管理できないということもあり、
この子は一番身体も大きいので、たくさん食べてしまっている
のだと思います。
ほとんど動くこともありませんから運動不足も重なり
見ているだけでも身体が重そうなのがわかります。

これから暑い季節になってきますので、太りすぎのこの子には
厳しい季節になってきます。
なんとか一日も早く、個別に体重管理をしてあげられる家庭に
移動できることを願ってやみません。

f0078320_23593875.jpg
f0078320_23595292.jpg
f0078320_00000123.jpg
f0078320_00001830.jpg
f0078320_00002998.jpg
f0078320_00004759.jpg



レポートは続きます。




# by centre_report | 2018-06-14 00:02 | 愛護センターレポート

6/12センターレポート 4日目部屋  3頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。




引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田



★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)






f0078320_23201945.jpg


※29/5/30よりレポートに登場(29/5/25他抑留所より移送)
▽4868 茶黒 オス(去勢済) 1歳ぐらい 10.8キロ

ここでの生活が1年を経過してしまいました。
攻撃的になることもなく、ひたすら人を避けるように
動き回っているだけで、なかなか距離を縮めることができません。
ただ、人を見ると逃げてしまうのも、
クセになってしまっているように思えます。

かつて一度だけこの子を撫でてあげることができましたが、
その時も相当時間をかけて落ち着かせてからでしたので
短時間でこの子に接することは難しいです。

センター訪問のお手伝いをしてくださる方が増えれば
こういった臆病な子にも時間をかけて接してあげることが
出来ます。
たくさんの子たちが収容されている中で
センターの職員さんが触れ合ってあげられる時間も
当然限られてしまいます。

なんとかこの子にも人の暖かさを伝えたい。
そんなに逃げ回らなくたって怖いことなんて
何もしないんだよ、と教えてあげたい。
これからも諦めずにこの子にも接していきたいと
思います。
f0078320_23174654.jpg
f0078320_23173329.jpg
f0078320_23175600.jpg
f0078320_23180662.jpg
f0078320_23181777.jpg
f0078320_23182776.jpg
f0078320_23190760.jpg
f0078320_23183756.jpg




※28/8/2よりレポートに登場 (28/7/28他抑留所より移送)
▼4535 黒 オス(去勢済) 4-5歳 2-3歳 16キロ

いつものように黒茶の子にくっついたまま
部屋の隅で伏せていました。
いつも同じ姿勢で、この子が動いているところを
私は見たことがありません。

それでも痩せすぎているとかといったことはないので
きちんと動いてご飯も食べられているのだと思います。
同郷の黒茶の子とくっついていることで
落ち着くことができているのでしょう。
黒茶の子におやつをあげていると
お口をペロペロしていたので、この子も食べたいのだと
思い、おやつを差し出してみましたが、
やはり食べることはできませんでした。
それでも何度もおやつを差し出しても唸ることは
この日はありませんでした。

身体に触れようとするだけで
「やめろ!」と意思表示してくる子なので
最近はこの子のお尻にぴったりくっついて座るように
していますが、それに対しては全く怒ることはありません。
もう十分時間はたってしまってはいますが、
それでもここで焦って人をまた警戒するように
なってしまわないように気をつけながら
この子と向きあっていきたいと思います。
f0078320_23214732.jpg
f0078320_23213594.jpg
f0078320_23215696.jpg
f0078320_23220569.jpg
f0078320_23221984.jpg
f0078320_23223297.jpg




※28/8/2よりレポートに登場(28/7/28他抑留所より移送)
▼4536 黒茶 オス(去勢済) 2-3歳 5歳ぐらい 12キロ

この部屋で唯一、おやつも手から食べられる子です。
この日も差し出すおやつはパクパクと
おいしそうに食べていました。
身体を触られることにも大分なれてきてくれています。
ただ、急にぱっと触ろうとしたりすると
「やめろ!」と意思表示してくる可能性も
まだまだ感じられることもあります。

人馴れというにはまだ程遠いのかもしれませんが
人の手がそこまで怖いものではないと
少しは学習してくれているものと思います。
それでもロープをかけて引いてみたり、とか
抱っこしてみる、ということはまだまだこの子には
ハードルが高そうです。
ようやくここまで来ていますので
あとはやはり人と常に一緒にいる環境で
人への信頼を寄せてくれるようになることが
一番良いのではないかと思います。
f0078320_23245765.jpg
f0078320_23250875.jpg
f0078320_23251827.jpg
f0078320_23253158.jpg
f0078320_23254187.jpg
f0078320_23255168.jpg



レポートは続きます。




# by centre_report | 2018-06-13 23:28 | 愛護センターレポート