ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
センターレポート・猫編
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


10/16 センターレポート【猫編】PART1

※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく、この現状を広めていただくため、ご自分のブログへ転載される場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。

営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。

猫の一時預かりボランティアさん大募集中!

【猫の一時預かりボランティア】 ←こちらをご覧ください

★一般譲渡対象と記載されている猫については、千葉県内にお住まいの成人の方は、センターへ直接譲渡をお申し込みいただくことが可能です。
「犬猫の譲渡会」をご覧ください。


★ねこ親希望の方は「お申込みアンケート」からアンケートをお願い致します。

・・・・・・・・・・・・・・・
譲渡先・預かり先募集中の猫たちの情報です。

※ ご紹介する猫は乳のみ子猫意外、ワクチン・駆虫済です。

問い合わせ先
yukichov716★yahoo.co.jp (★を@に変えてください) 幸丸
お名前のないメールには返信できません。

★ねこ親希望の方は「お申込みアンケート」からアンケートをお願い致します。

・・・・・・・・・・・・・・・

時々付き人さんのレポートです。

現在子猫が非常に多く収容されています。
どのケージにも空きがなく、譲渡されたそばから
すぐにまた別の子がケージに入れらるという状況です。

子猫達の積極的な受け入れを宜しくお願いいたします。


※ 子猫は預かり先のみの募集です。
兄弟姉妹の子猫たちは、まとめての預かり先を募集しています。





▼乳のみ子猫

管理番号18546~18550 生後3~4週
(1) キジ  オス
(2) 茶   オス
(3) サビ  メス
(4) 黒   オス
f0078320_15432968.jpg
f0078320_15420133.jpg
f0078320_15422372.jpg
f0078320_15423987.jpg
f0078320_15425605.jpg





管理番号18542~18544 生後4~5週
(5) サビ  メス
(6) サビ  メス
(7) サビ  メス
f0078320_15461575.jpg
f0078320_15463070.jpg
f0078320_15464516.jpg
f0078320_15470086.jpg





管理番号18562~18565 生後7~10日
(8) キジ白  オス
(9) キジ白  オス
(10) キジ   メス
f0078320_15495592.jpg
f0078320_15500916.jpg





▼譲渡猫管理室C

管理番号18568~18570 生後1.5ヶ月
(11) 18568 茶トラ  オス
(12) 18569 ムギ   メス
(13) 18570 白茶(白?) オス
f0078320_16040619.jpg
f0078320_16041927.jpg
f0078320_16042763.jpg
f0078320_16043427.jpg





(14) サビ  メス
(15) サビ  メス
(16) サビ  メス
f0078320_16090176.jpg
f0078320_16091185.jpg
f0078320_16092061.jpg
f0078320_16093052.jpg





管理番号18556~18559 生後1.5ヶ月
(17) 18556 キジ  メス
(18) 18557 キジ白 メス
(19) 18558 キジ白 オス
(20) 18559 キジ白 オス
f0078320_16184154.jpg
f0078320_16185378.jpg
f0078320_16190638.jpg
f0078320_16192271.jpg
f0078320_16193468.jpg
f0078320_16194471.jpg





管理番号18537~18539 生後約2ヶ月 少しビビり
(21) 18537 キジ   オス
(22) 18538 キジ白  オス
(23) 18539 スモーク オス
f0078320_16260589.jpg
f0078320_16261769.jpg
f0078320_16262944.jpg
f0078320_16264266.jpg





管理番号18489~18493 生後約1.5ヶ月  人馴れ抜群
(24) 黒白  メス
(25) 黒   メス
(26) 黒   メス
(27) サビ  メス
f0078320_16351571.jpg
f0078320_16352517.jpg
f0078320_16353708.jpg
f0078320_16354537.jpg
f0078320_16355327.jpg





管理番号18571~18572
(28) 18571 三毛  メス  生後1ヶ月
(29) 18572 キジ  メス  生後1.5ヶ月
f0078320_16484609.jpg
f0078320_16493032.jpg
f0078320_16501677.jpg






(30) 管理番号18571 キジ オス 子猫
f0078320_19583892.jpg





(31) 管理番号18526 茶トラ オス 生後2ヶ月
f0078320_19585481.jpg





レポートは【猫編】Part2に続きます。


# by centre_report | 2018-10-17 15:36 | センターレポート・猫編

10/16センターレポート 別室     4頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


メイマミさん&ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。



★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。





☆ミキちゃん
※9/25よりレポートに登場(9/12収容)
▽18187 茶黒 メス(不妊手術済) 2歳ぐらい 11キロ~


収容室③より移動になりました。
まだリードで引かれることに恐怖心があるようで
ドッグランのスペースに連れてきてもらうのにも
パニックになってしまいます。
人が近づいてくるとできる限り距離を取ろうとするので
係留しているリードが目一杯張ってしまい
自分の首を絞めてしまう状態になりそうだったので
なるべくリードが緩むようにお尻の方から前に押してみました。
ずっとブルブル震えていて、ずっと私の横に身体を寄せて
抱きしめていると、時間はかかりましたが
震えは止まりました。

ゆっくりと時間をかけて接してあげることの大切さを
感じました。
ミキちゃんの子供かと思われる2頭は先週までに引き出して、
預かりボランティア家庭で人との生活を始めています。
ミキちゃんにも一日も早く人の暖かさを感じることができる
環境に入ってもらいたいと思わずにはいられません。

f0078320_13473240.jpg
f0078320_13482415.jpg
f0078320_13485332.jpg
f0078320_13492396.jpg
f0078320_13495442.jpg
f0078320_13502302.jpg
f0078320_13505540.jpg




☆つみれ
※10/9よりレポート登場(10/3引取り)
▽18208 黒茶白 オス(去勢済) 8ヵ月程度 8.1キロ


4日目部屋より移動になりました。
この日はドッグランに出してもらっていました。
先週見た時よりも大分緊張感も薄らいできたのか、
手を差し出すとクンクン匂いを嗅いだり、
ペロッと舐めてくれたりと、大分馴れてきたように思えました。
その後別室に移動してクレートに入っているところを覗いてみると
横になってリラックスしているようでした。
f0078320_01321606.jpg
f0078320_01333147.jpg
↓↓以下、先週レポートより転載します。
私たちが部屋に入ろうとすると、真っ先にこの子が先頭に立って
他の子を守るかのようにワンワンと吠えていました。
あとの2頭がメスですので、自分が守らなければ!と
男の子らしさを見せていたのかも知れません。
ただ、その行動も部屋に入ってしまえばおさまり、
精一杯虚勢を張って前に出たものの、
実は自分もとっても怖かったのだというのがわかるほど
部屋の隅で小さくなってしまっていました。

それでもゆっくりと近づいていっておやつを差し出すと
ゆっくりと首を伸ばしておやつを受け取り、食べることができました。
その後は頭や身体をゆっくりと撫でることも
問題なくできました。

まだ幼い顔をしていたので歯を見ると
犬歯がようやく大人の歯に変わったぐらいの感じで
まだまだ幼い子だということがわかりました。
顔の模様がとても個性的で一度見たら忘れられない、
まさにオンリーワンの子です。
まだ環境に慣れていないだけで、
若いですしすぐに活発な姿を見せてくれるようになるのではと
期待しています。
f0078320_11100219.jpg

f0078320_11104929.jpg

f0078320_11105949.jpg

f0078320_11111497.jpg

f0078320_11112677.jpg

f0078320_11113705.jpg

f0078320_11114855.jpg

f0078320_11115809.jpg




※以下、先週レポートを転載しています。


バズ

※5/15よりレポートに登場 (5/14他抑留所より移送)
▽18047 薄茶白 オス 1歳 10キロ~?

f0078320_00283659.jpg
f0078320_00284598.jpg
f0078320_00285333.jpg
f0078320_00290282.jpg
f0078320_00291060.jpg
f0078320_00291873.jpg
f0078320_00292705.jpg
f0078320_00293422.jpg
f0078320_00294364.jpg
f0078320_00295178.jpg
人の気配をより感じることのできるこの場所に、
移動してもらってから、小さな変化は見られてます。

まだ人から逃げようとする行動はありますが、
それでも係留されていることを学習していて、
自由に動き回れる部屋にいた頃からすると、
精神面が安定してきたように感じます。

こちらがこの子を気にせず見ないで作業している時は、
比較的ジッとしていられるようになって来ています。
しかし、目を離すことなく人の動きを見ていますので、
自分に向かって来る気配が少しでもすると、
途端に構えだし、リードを目一杯張って、
人から離れようと動き回ります。
まだまだ、人への恐怖心を取り除くには時間が必要だと思います。

人の考えだけで、無理に追い込むような近づき方をすれば、
怖さからの威嚇はあるかと思われます。

オヤツは人の手から食べることがもちろんできず、
置いたものも食べられませんでした。
じっくりかつ根気よく向き合う必要があります。

*向かって右側前足の付け根辺り。
写真でもわかるように、
先天性のものなのか、事故によるものなのか、
少し変形しています。
痛がる様子も、気になる様子も見受けられません。
生活する上で、特に問題はなさそうです。







☆リッキー

※5/22よりレポートに登場 (5/17他抑留所より移送)
▽18051 茶 オス 6歳ぐらい 15キロ
f0078320_00555494.jpg
f0078320_00561043.jpg
f0078320_00562433.jpg
f0078320_00563392.jpg
f0078320_00564109.jpg
f0078320_00564916.jpg
f0078320_00565772.jpg
f0078320_00570686.jpg
f0078320_00571555.jpg
とても綺麗な顔立ちをした、イケワン君です。
今はいたって穏やかな印象を受ける子ですが、
過去に争いごとに巻き込まれたのか、
片耳には裂けた古傷があります。

今まであまり人に関心を寄せる様子を感じずにいましたが、
今回は、私達の様子が見えるように移動して見ていることが数度あり、
小さな変化ではありますが、嬉しく思える瞬間を見ることができました。
あまり表情を変える子ではないので解りずらいですが、
確実に変化しています。

年齢的にも落ち着いており、
のんびり時間を共有できるのではないかと思える子です。

今はまだ、人馴れの練習途中ではありますが、
人と一緒に過ごす時間が多くなれば、
ちゃんと学習してくれると思います。
ご理解ある方の目に留まりますよう、
祈る気持ちでいっぱいです。




レポートは続きます。




# by centre_report | 2018-10-17 13:53 | 愛護センターレポート

10/16センターレポート 子犬舎    3頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。




引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。




お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。





<2-6> 2頭

f0078320_13244340.jpg

※9/18よりレポートに登場 ( 6/16他抑留所より移送)
▽18182 茶白(顔一部黒) メス  1歳ぐらい 11-12キロ (10/16修正)

2頭共に人への恐怖心や警戒心が非常に強く
人からできる限り距離を取ろうとします。
小部屋を開けると、まずこの子がすごい勢いで飛び出してきて
続いてもう1頭の子がその後に続いて外に出てきます。
それでもこの子は人の方をしっかりと見つめていて
怖いながらも意思の強さを感じます。
こちらの動きを見極めているかのように感じることもあります。
常にもう1頭の子がこの子にくっついているのですが
嫌がることもなく、しっかりともう1頭の子を守るかのように
立ちはだかっているようです。

それでも何度か小部屋の外に行ったり来たりを繰り返してから
小部屋の一番奥で伏せて固まっていた時に
ゆっくりと近づいて「怖いことしないから触らせてね」と声をかけ
そっと触ってみると、びくっとすることもなく
私の手を受け入れてくれました。
触ろうとするとタイミングによってはお口が出そうになっていましたが
人間には何をされるかわからないとまだ思ってはいるものの、
怖いことをするのではない、ということはこの数ヶ月で
学習してきていたのではないでしょうか。
まだまだ幼いこの子たちは、ここにいてはなかなか進歩することは
難しいと思いますので、一日も早く家庭に入って
人の暖かさを知ってもらいたいと思います。

f0078320_13263259.jpg
f0078320_13264819.jpg
f0078320_13265953.jpg
f0078320_13271177.jpg
f0078320_13272234.jpg
f0078320_13273408.jpg
f0078320_13275122.jpg
f0078320_13280398.jpg




※9/18よりレポートに登場 ( 6/16他抑留所より移送)
▽18183 薄茶(半長毛) メス 1歳ぐらい 11-12キロ(10/16修正)

同室の子よりも更に警戒心が強いようです。
常にもう1頭の子にくっついて歩いていて
そのスピードたるや、こちらが驚いてしまうほどです。
とにかく人間とは目を合わせることすら恐怖なのか
こちらをちらっと見ることはあっても、
すぐにもう1頭の子のお尻に顔をうずめてしまい
かわいいお顔を見ることがなかなかできません。
こんなふうになるには、一体何があったんだろうと
本当に不思議になってしまいます。

小部屋から飛び出してからもう1頭の子にくっつくと
びびりしょんがたくさん出てしまいました。
以前は身体を触ろうとするだけでお口が出そうになっていましたが
同室の子と同様に、恐怖心はあるものの
人が自分に危害を加えるものではないと学習できたのでしょう。
この日は、もう1頭の子のお尻に顔をギュッとうずめているところを
手を差し込んで顔を持ち上げようとしましたが
一度もお口が出るような素振りすらありませんでした。
かなりの力でアゴを地面に押し付けていたので
顔を持ち上げることはできませんでしたが、
身体を触ることもできました。
彼女なりに少しずつ人への恐怖心を
克服しようとしてくれていれば嬉しいです。

f0078320_13294391.jpg
f0078320_13300303.jpg
f0078320_13301693.jpg
f0078320_13302803.jpg
f0078320_13304050.jpg
f0078320_13305490.jpg






<2-8>1頭

※4/17よりレポートに登場(4/5他抑留所より移送)
▽5149 薄茶 メス 2歳ぐらい 10-11キロ

ひたすら顔を隠して気配を消していた時期は
どうやら終わったようで、
この子も人が自分に危害を加えないものだと
少しずつ理解してきているのではないかと思います。
こちらに収容される前には出産子育てを経験していた
とても優しいお母さんでした。

まだまだ臆病ではありますが、
身体を触られたりすることには抵抗することはありません。
今はまだ人とどう接していいかわからないのではないかと
思います。
人と一緒にいる時間が長くなれば
馴れていってくれるのにも思ったほど時間はかからないかも
しれません。
綺麗な顔をしているこの子が満面の笑みになるところを
ぜひ見てみたいものです。

f0078320_13324803.jpg
f0078320_13330972.jpg
f0078320_13332392.jpg
f0078320_13333971.jpg
f0078320_13335367.jpg
f0078320_13340845.jpg
↓↓先週レポートより
f0078320_00500987.jpg



レポートは続きます。






# by centre_report | 2018-10-17 13:36 | 愛護センターレポート

10/16センターレポート 旧子犬舎   6頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。




今週も引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。




お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。






<1-2> 1頭

※10/16レポート初登場(10/11他抑留所より移送)
▽18218 薄茶黒 メス 3歳程度 8キロぐらい


一瞬見た目では子犬かと思ったほど幼い表情をしており、
小部屋を開ける前から嬉しそうにはしゃいでいて
開けた瞬間から「遊ぼう!」と言っているかのように
私に対してもプレイバウをしてみせてきました。
人馴れは全く問題なく、ずっとしっぽをブンブン振っていました。
構ってもらえるのがとても嬉しいようで、
とても素直な子という印象でした。
甘えん坊さんのようで、構っているとひっくりかえって
お腹を見せてくれたりもしていました。

フードがほとんど手付かずの状態で心配しましたが
おやつをあげているとスイッチが入ったようで
フードももりもりと食べ始めました。
この日、ボラトリさんが来ていたので早速この子も
綺麗にシャンプーしてもらっていました。
お転婆な面もありますが、小柄ですし集合住宅などでも
飼育可能だと思います。
来週以降も様子を見ていこうと思います。
f0078320_12525713.jpg
f0078320_12532132.jpg
f0078320_12533137.jpg
f0078320_12534290.jpg
f0078320_12535260.jpg
f0078320_12540173.jpg
f0078320_12541031.jpg
f0078320_12541959.jpg
f0078320_12542859.jpg





<1-4> 1頭

※10/16レポート初登場(10/11他抑留所より移送)
▽18217 メス 柴 6歳程度 7-8キロ


最近、柴犬の収容が多い気がしますが、
この子もとても性格が良く、柴特有の頑固さもあまり見られない
素直な子という印象でした。
人馴れも抜群ですし、足や尻尾、お腹などどこを触っても
全く怒ることはありませんでした。
お座りは教えてもらっていないようでしたが
おやつの食べ方もとても優しく手から受け取ってくれました。
初めて犬を飼う方でも飼い易いかも知れません。

体格も小柄で、女性でもひょいっと抱き上げられる重さです。
こんなに性格も良く、人馴れしている子が
なぜここにいるのか、本当に理解に苦しみます。
今度こそ最期まで一緒にいてくれるご家族のもとで
暮らしていけますように。
f0078320_12570378.jpg
f0078320_12571914.jpg
f0078320_12572863.jpg
f0078320_12573994.jpg
f0078320_12574929.jpg
f0078320_12575825.jpg
f0078320_12580660.jpg
f0078320_12581561.jpg






<1-1> 2頭

※29.8/29よりレポートに登場(29.8/22収容)
▽4950 茶白黒 オス 5歳ぐらい(8/9修正) 8キロ程度

この子もここでの生活が1年を過ぎてしまいました。
収容当初は人への警戒心がとても強く、
常に人との距離を取ろうと逃げ回っていましたが
現在は「人が怖くてたまらない」という感じはなくなっています。
外のスペースへ出られる窓が開いているときでも
「行かなくていいよ」と声をかけながらゆっくり近づけば
外に逃げ出していくのも我慢できるようになっています。
身体や頭を撫でたりすることには抵抗することもなく、
ブラッシングも問題なくやらせてくれるようになっています。
かつて一度だけですが抱っこもすることができました。

大分警戒心が薄らいできていますので
家庭に入って人と一緒に生活していけば
家庭犬として馴染んでいくのにもそれほど時間はいらないのかも
しれません。
まだ若いこの子に、もっともっと楽しいことがあるんだよと
教えてあげられたらと願っています。
f0078320_13002371.jpg
f0078320_13004029.jpg
f0078320_13005183.jpg
f0078320_13005909.jpg
f0078320_13010912.jpg
f0078320_13012119.jpg
f0078320_13013028.jpg
f0078320_13014151.jpg




※3/6よりレポートに登場 (3/1他抑留所より移送)
▽1536 茶 オス  1歳(8/9修正) 10キロ前後

とても綺麗な顔立ちをしていて、
どことなく少し狐のような雰囲気もある子です。
少し近づくだけで唸っていた子でしたが
現在はめたらやったら唸るということはなくなりました。
まだ自分が近づいてきて欲しくないスペースまで近づくと
唸ることもありますが、「唸らなくていいよ」と伝えると
いつまでも唸るようなことはありません。

おやつは手から食べることができません。
触ろうとするとやはりお口が出そうになることもあります。
まだ1歳程度ですから、
もっともっと人と接する時間を増やしてあげれば
人は怖いものではないと学習してくれると思います。
ここにいるだけではなかなか変化は見られないと思います。
この子にも暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_13042362.jpg
f0078320_13044093.jpg
f0078320_13045118.jpg
f0078320_13050393.jpg
f0078320_13051316.jpg
f0078320_13052349.jpg
f0078320_13053412.jpg
f0078320_13054750.jpg






<1-3> 2頭

f0078320_13103505.jpg


※28/8/2よりレポートに登場(28.7/28他抑留所より移送)
▽4537 薄茶 メス  5歳ぐらい 12-3キロ

今までは私の記憶の中では
この子が吠えているところは見たことがなかったのですが
この日、旧子犬舎に向かうと、この子が外のスペースに向かって
しきりに吠えている姿を初めて目にしました。
この子の中で何かが変わった瞬間なのかと思いました。
いつものように小部屋に入り、おやつを差し出すと
いつもように手から食べてくれましたが
その際に少し手の甲で身体を触ろうとしたときに
これまでのような「余計なことしたら噛むわよ!」というオーラが
あまり感じられなかった気がしました。
私の気のせいなのかもしれませんが、
今まで見せていなかった様子に、何かが変わったのではないかと
期待しています。
なんとかこの子とも仲良くなれないものか、いつも考えています。
f0078320_13113034.jpg
f0078320_13114108.jpg
f0078320_13115045.jpg
f0078320_13115906.jpg
f0078320_13120987.jpg
f0078320_13121741.jpg
f0078320_13122856.jpg
f0078320_13124047.jpg




※3/20よりレポートに登場(3/9収容)
▽1547 白・薄茶 メス 1歳ぐらい 9-10キロ(8/9修正)

この子も手からおやつを食べられるものの
触ろうとするとさっと逃げてしまいます。
追い詰められたと感じるとお口が出そうになることもあります。
ただ、手からおやつを食べられるということは
食欲が勝っているとはいえ
本当に人が怖いと思っていればできないのではないかとも思います。

同室の子のあまりよくない影響を受けている可能性もあります。
1頭で人と向き合う環境におかれたら
変化を見せてくれるようになるかもしれません。
職員さんのお話では、背中を向けている時には
匂いを嗅ぎに近づいてきたりすることもあるそうです。
まだまだ幼いこの子にも、家庭に入って人の暖かさを
知って欲しいと思います。
f0078320_13150399.jpg
f0078320_13152731.jpg
f0078320_13155497.jpg
f0078320_13160805.jpg
f0078320_13162969.jpg
f0078320_13164467.jpg
f0078320_13170147.jpg
f0078320_13171568.jpg



レポートは続きます。




# by centre_report | 2018-10-17 13:18 | 愛護センターレポート

10/9引き出し編・レポート紹介 全 44頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。





★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。




お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田



10/9 犬を2頭引き出しました。
f0078320_22230214.jpeg
f0078320_22230901.jpg



猫も4頭引き出しました。


猫:問い合わせ先
yukichov716★yahoo.co.jp (★を@に変えてください) 幸丸
お名前のないメールには返信できません。
f0078320_22231524.jpeg
f0078320_22233456.jpeg

準備が整い次第、いぬ親さん&ねこ親さん募集開始いたします。
応援のほどよろしくお願いいたします。



今回もいぬ親会にお持ちいただきました古新聞紙を
お届けいたしました。
ご協力いただきありがとうございます!
古新聞紙のストックが減っております。
引き続きご協力のほどよろしくお願いいたします。
f0078320_22255049.jpeg
※古新聞紙の中に入り込んでいるチラシは
水気を吸い取らないため利用することができません。
大変お手数をお掛け致しますが
チラシは省いていただけますようお願い申し上げます。





~お知らせ~

ちばわんでは、本当の家族を待つ犬達や猫達と
新たに犬や猫を家族の一員として迎えたいご家族との
出会いの場である「いぬ親会、ねこ親会」をほぼ毎週各地で開催しています。





「イベント情報」詳しくはコチラ。






f0078320_02061452.jpg
f0078320_01593422.jpg

f0078320_22342696.jpg


f0078320_01585489.jpg
f0078320_02203570.jpg
f0078320_02054950.jpg
f0078320_18270925.jpg
f0078320_02202185.jpg
f0078320_02202884.jpg
f0078320_02204126.jpg
f0078320_22330978.jpg
f0078320_02204983.jpg


「イベント情報」開催場所などの詳細につきましては
↑↑↑こちらをご覧ください。



当レポートをご覧になってのお問い合わせは、まずちばわんにお願いします。

問合せ先 korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)
(※上記アドレスへのいぬ親会に関するお問い合わせはご遠慮ください。
必ず詳細ページにてご確認をお願い致します。)

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。

★新規の預かりボランティアご希望下さる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

※大変申し訳ありませんが
小型犬のみの新規預かり希望は受け付けておりません。

お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
(審査の上、判断させていただきます。)








# by centre_report | 2018-10-11 22:37 | 愛護センターレポート