ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:高野 hinanon3322★yahoo.co.jp (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ

◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
センターレポート・猫編
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

10月29日センターレポート

アトムミルクママさんのレポートです
※青字は加筆部分です。


本日、犬引き出しのため、メンバー3名(+α)で愛護センターを訪れました。
今日は曇りで、風もあり寒い日の訪問となりました。


まずは子犬舎に行きました。
子犬舎の前にある慰霊搭をお参りしました。
10月29日センターレポート_f0078320_19213245.jpg

Iさんが、白いお花を持ってきてくれました。
Iさん、ありがとうございました。

お星さまになってしまったたくさんの子たち、今度生まれ変わったら、
ずっと愛してくれるおうちに行くんだよ。


右側の子犬舎には少し大きな子たちがいました。
全部で7頭でした。
10月29日センターレポート_f0078320_19255263.jpg

この子は少々ヤンチャさんだそうです。女の子だと聞きました。
10月29日センターレポート_f0078320_1928463.jpg


今日はここから白い子犬1頭引き出しました。

左側はまだ2ヶ月前後の小さい子です。
パネルヒーターが置いてあるところが2カ所ありました。
10月29日センターレポート_f0078320_19282521.jpg

10月29日センターレポート_f0078320_20411043.jpg

ここにも7頭いました。


後から検疫室から8頭移って来ましたので子犬舎には21頭いることになります。
みんな素敵なご縁があるといいね。

昨日28日にセンターの譲渡会があり、5頭の子が譲渡されたそうです。
月齢の大きくなった男の子も譲渡されたようで、職員さんが喜んでいました。



収容棟です。

一日目部屋です。検疫中の子ばかり4頭がいました。

10月29日センターレポート_f0078320_1935627.jpg
 △前回ちばわんで声をかけることを断念したこの2頭は、他のボランティアさんが声をかけてくれていました!
10月29日センターレポート_f0078320_19352871.jpg
 △白い子犬は本日引き出しました。


二日目の部屋です

検疫中の子と昨日の捕獲犬たちがいました。10月28日収容11月4日期限です。
10月29日センターレポート_f0078320_19371888.jpg
 △右手前はsa101028-01九十九里町作田で捕獲・中型かなり大きめのメス黄色の首輪、グレーのノミトリつき、おとなしそうな子でした。
10月29日センターレポート_f0078320_19384758.jpg
 △左はkt101028-01神崎町神崎本宿で捕獲・とても小ぶりのメス、不安なのかしきりに鳴いて出たい出たい!と言っていました。
右はkt101028-02東庄町小南で捕獲・中型柴雑あるいは柴オス、とてもおとなしい子のようで、他の犬に執拗に吠えかかられてもじっと黙って耐えている姿が印象的でした。
10月29日センターレポート_f0078320_2064622.jpg

10月29日センターレポート_f0078320_19401830.jpg
 △ks101028-01旭市神宮寺で捕獲・中型メス


三日目の部屋です。

前回26日訪問時に検疫をお願いした3頭と、18日に検疫をお願いしていた1頭の計4頭のみがこの部屋にいました。
頑張って乗り越えて欲しいと願っています。
10月29日センターレポート_f0078320_1940452.jpg

10月29日センターレポート_f0078320_19412475.jpg


四日目の部屋はいませんでした。


最終部屋です。
11月1日期限、来週の火曜日11月2日早朝に処分予定の子です。7頭いました。

この子たちは同じ場所で捕獲されているので、おそらく兄弟ではないかと思われます。
穏やかそうな子たちでした。
なんで、ここに来ちゃったのかな。
10月29日センターレポート_f0078320_19435721.jpg
 △中央がkt101026-02オス、両側がkt101026-03とkt101026-01いずれもメス東庄町大友で捕獲・首輪なし

大きめの子です。ずっとアピールしてました。
応えられなくてごめんなさい。
10月29日センターレポート_f0078320_19462276.jpg
 △ついさきほど引き取りに出された10歳の子だそうです。

ポインターもいました。男の子です。
性格はいいと職員さんがおっしゃっていました。
10月29日センターレポート_f0078320_1954666.jpg
 △in101025-02四街道市栗山で捕獲・チェーンの首輪


いつもですが、なんともやりきれない思いになります。
なんでこの子たちが処分されなくてはいけないのでしょう。
なんにも悪いことしていないのに。
いつもいつも悔しさがこみあげます。
迷子なら捜してください。一生懸命探してください。
この子たちはずっと待っているんですよ。

もしいらないと思い捨てたのなら、二度と動物たちと暮らすことは考えないでください。
動物たちはおもちゃじゃないです。

殺処分を減らす第一歩
避妊去勢をお願いします。

最終部屋から2頭を検疫にかけていただきました。
20キロくらいありそうな男の子。若いと思います。
人懐っこく性格とてもいいそうです。愛喬があって可愛い子でした。
10月29日センターレポート_f0078320_19474996.jpg

10月29日センターレポート_f0078320_19501739.jpg

この子は女の子です。
この子もとてもいい子です。
10月29日センターレポート_f0078320_19511667.jpg
10月29日センターレポート_f0078320_1952772.jpg

検疫頑張るんだよ。

横たわっている子をみつけました。
虫の息のようでした。
10月29日センターレポート_f0078320_19564788.jpg

とても悲しかったです。
この子はこんなところで終わるために生まれてきたわけじゃないです。
老犬のようにも見えました。


10月29日センターレポート_f0078320_631450.jpg
 △実は先日CACCさんのブログ(22日訪問分)で見つけたこの写真(ブログからお借りしました)を見て、今週明け一番で検疫をお願いしていました。
が、翌日から体調を崩し、28日に亡くなってしまったということでした。
検疫をお願いしても必ずしも助けられるわけではない・・・それはわかっているのですが、このような形で亡くなってしまった子のことを思う度に、かえって苦しませる結果になってしまったのではないか・・・と、改めて人間の罪深さを感じずにはいられません。

それだけに、無事検疫を乗り切ってきてくれた子たちに首輪をつけるときには、頑張って出て来てくれてありがとう!との感謝の気持ちでいっぱいになります。




検疫室です。
ステンレスケージには子犬がいっぱいでした。
ここにも20数頭の子がいたと思います。
10月29日センターレポート_f0078320_209171.jpg

10月29日センターレポート_f0078320_20115277.jpg


バセットMIXはまだ引き取り先がないそうです。
10月29日センターレポート_f0078320_20142698.jpg

シーズー? 引き取り先があるそうです
10月29日センターレポート_f0078320_2016171.jpg

10月29日センターレポート_f0078320_2018108.jpg

10月29日センターレポート_f0078320_2024173.jpg


本日引き出した子たちです
子犬舎から一頭、収容棟から成犬三頭、子犬一頭引き出しました。
10月29日センターレポート_f0078320_20263238.jpg

10月29日センターレポート_f0078320_20284611.jpg

10月29日センターレポート_f0078320_20303532.jpg

10月29日センターレポート_f0078320_20322084.jpg

10月29日センターレポート_f0078320_203423100.jpg


体調が整い次第募集を開始しますので、応援よろしくお願いします。


 ちばわんでは随時預かりボランティアさんを募集しています。

 一軒でも多くの預かり家庭があれば
 一匹でも多くの命を助けることが出来ます。


 殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します・・・。


                   *    *    *


 当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
 問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
 お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。
 新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

  『犬の預かりアンケートフォーム』 
  『猫の預かりアンケートフォーム』

 お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
 当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。



 なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
 どうぞご理解下さい。
 
by centre_report | 2010-10-29 19:58 | 愛護センターレポート

10月26日 センターレポート その1午前の部

Chieさんのレポートです


10月26日午前、犬の引き出しのためセンターに行ってきました。

この日の千葉県は、
朝から冷たい雨の降る一日で、
気温も上がらず、また収容棟の犬猫たちには寒くてつらい季節がやってきました。


この日、収容部屋(1日目~最終5日目)に収容されていた犬は
全部で24頭。

その半分くらいの子達には、
このように首に赤いリボンが結ばれていました。

10月26日 センターレポート その1午前の部_f0078320_10384780.jpg


これは、再びここから出れることを約束された
まさしく”赤い糸”です。

元の家族が迎えに来てくれなくても 
ガス室に送られることなく、 (途中で体調を崩したりがなければ)一般譲渡希望の新しいご家族、またはボランティアさんの元へと譲り渡されます。

どの子の首にもこのリボンが着いていれば
どの部屋を覗いても暗い気持ちにはならず、
『良かったね、もうちょっとの辛抱だから待っててね!』

・・・とみんなに声を掛けれるのですが

残念ながら、
この子達を引取れる人の数よりも、収容されている犬の数の方が多く
沢山の子たちがリボンを着けられることなく殺処分されていきます。


リボンの着いていない子達の写真を撮ってきました・・・。
預かることのできる子、気に掛かる子がいましたら是非ちばわんまでお問合せください!
 問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)

▼sa101025-02 11月1日収容期限 横芝光町屋形捕獲 黒茶 オス 大
 体重は20キロぐらいありそうな男の子ですが、とても人懐こい子でした
10月26日 センターレポート その1午前の部_f0078320_1117920.jpg

10月26日 センターレポート その1午前の部_f0078320_11172110.jpg


▼sa101025-01 11月1日収容期限 山武市蓮沼ハ捕獲 茶白 オス 中 赤色の首輪
 体重は15キロくらい、吠えることもなくただずっとこの姿勢でコチラを見ていました
10月26日 センターレポート その1午前の部_f0078320_11202996.jpg


▼kt101021-01 10月28日収容期限 香取市香取捕獲 薄茶 オス 大 水色の首輪
 体重は16~17キロぐらい、
 同じ部屋の子犬が騒いでいようと、部屋の真ん中でこうして静かに座っていました。
 一緒に写っている4匹の子達はこの日引き出した子達です
10月26日 センターレポート その1午前の部_f0078320_13483069.jpg

10月26日 センターレポート その1午前の部_f0078320_11275262.jpg

10月26日 センターレポート その1午前の部_f0078320_1144691.jpg


▼収容犬情報でどの子か確認できませんでした
 10キロくらいの小柄な子です。首輪は着いていましたがリボンは着いていませんでした
 吠えたりせずに、じっとコチラを見ていました
10月26日 センターレポート その1午前の部_f0078320_11411296.jpg


▼収容犬情報でどの子か確認できませんでした
 とても元気な、いかにも黒ラブ!という感じの子です
10月26日 センターレポート その1午前の部_f0078320_11453183.jpg


▼sa101022-01 10月28日収容期限 東金市日吉台捕獲 茶 オス 中 青色の首輪、赤色のリード付
 体重は13~14キロほど、とても穏やかそうで静かな子でした。
10月26日 センターレポート その1午前の部_f0078320_11481480.jpg


▼in101022-01 10月28日収容期限 八街市沖捕獲 セッター 白茶 オス 赤色の布製首輪、チョークチェーン
 何回声を掛けても、ずっとこの姿勢で寝続けていました・・・。
 
10月26日 センターレポート その1午前の部_f0078320_1150756.jpg


右奥▼in101025-02 11月1日収容期限 四街道市栗山捕獲 ポインター 黒白 オス チェーンの首輪
中奥▼ks101025-01 11月1日収容期限 旭市岩井捕獲 黒茶 メス 中
 中奥の子はこのあと、ゆっくりゆっくりと尻尾を振りながらそばまで来てくれました。
 体重は13~14キロくらいだと思います。臆病だけど人は好きな感じでした。
 ポインターの子は、顔も上げずにずっと寝たままでした・・・。 
10月26日 センターレポート その1午前の部_f0078320_11101751.jpg


最終部屋にはこの4匹だけ、
部屋の真ん中で身を寄せ合ってジッと座っていました
10月26日 センターレポート その1午前の部_f0078320_1324619.jpg


もう笑うことをあきらめたような、悲しい目をした4匹たちです
10月26日 センターレポート その1午前の部_f0078320_1335744.jpg


どの子にも、また笑える日が来るよう、
気に掛かる子がいましたら声を掛けてあげてください・・・。

手前▼sa101020-01 10月28日収容期限 横芝光町宮川捕獲 茶 オス 中 青色の首輪、黒の紐と赤色のリード付
 体重が8キロくらいの小ぶりな子です
 首輪もリードも着いたままで収容されて、飼い主は迎えに来ません・・・
▼yo101020-03 10月28日収容期限 匝瑳市山崎捕獲 うす茶 メス
 12~13キロのとてもスマートな子です。
▼yo101020-02 10月28日収容期限 匝瑳市山崎捕獲 茶黒 メス
 この子も体重が12~13キロのようにみえました
 薄茶のことは姉妹なのかもしれません・・・
▼yo101020-01 10月28日収容期限 匝瑳市堀川捕獲 茶黒 オス
 体重が13キロ前後だと思います  静かに座ったままでした 
10月26日 センターレポート その1午前の部_f0078320_1395443.jpg






この日は朝から、掃除ボランティアさんも活動されていました。

検疫室を洗浄・消毒することで、個々の部屋が清潔に保たれ、
無事に検疫期間を乗り越えて譲渡用の子犬舎へと引越ししていく子犬も増えました。

▼こちらはその子犬舎の子達です。
どの子みんな新しい家族との出会いを待ちわびながら 元気に過ごしていました!
10月26日 センターレポート その1午前の部_f0078320_13244824.jpg

10月26日 センターレポート その1午前の部_f0078320_13245966.jpg

10月26日 センターレポート その1午前の部_f0078320_1325128.jpg

10月26日 センターレポート その1午前の部_f0078320_13253356.jpg

10月26日 センターレポート その1午前の部_f0078320_13255588.jpg

10月26日 センターレポート その1午前の部_f0078320_13261356.jpg


ペットショップに行く前に、どうかこの子達の存在を思い出してやってください。。。
10月26日 センターレポート その1午前の部_f0078320_13262744.jpg

ペットショップに行くまえに


本日午前中のレポートは以上になります。
(午後訪問組のレポートその2に続きます) 

 ちばわんでは随時預かりボランティアさんを募集しています。

 一軒でも多くの預かり家庭があれば
 一匹でも多くの命を助けることが出来ます。


 殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します・・・。


                   *    *    *


 当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
 問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
 お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。
 新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

  『犬の預かりアンケートフォーム』 
  『猫の預かりアンケートフォーム』

 お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
 当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。



 なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
 どうぞご理解下さい。
 
by centre_report | 2010-10-27 13:51 | 愛護センターレポート

10.26 センター・レポート その2午後の部

10月26日(火)午後、検疫明けの子犬を迎えにセンターへ
前日の暑さから一転、急激に冷え込んだ日でした。


1日目の部屋

10.26 センター・レポート その2午後の部_f0078320_19354580.jpg
 △早くも今日の捕獲収容犬たちが入って来ていました。
捕獲収容犬のない日は、実際ほとんどありません。
成犬に見えましたが、同じ場所での顔立ちの似た3頭の捕獲、きょうだいではないかと思われます。
10.26 センター・レポート その2午後の部_f0078320_19385816.jpg
 △赤い紐をつけた2頭はちばわんで検疫をお願いした子たち、元気そうです。
白い子犬のほうは今週末に引き出し予定で、ビーグルのほうは来週です。


2日目の部屋

前日の捕獲収容犬、10月25日収容11月1日期限の子たちです。早く飼い主さんが探し出してくれることを祈ります。

10.26 センター・レポート その2午後の部_f0078320_19401611.jpg
 △奥はks101025-01旭市岩井で捕獲中型メス。
手前はin101025-02ポインター四街道市栗山で捕獲中型オスとなっていますが、足長でかなり大きく見えました。
10.26 センター・レポート その2午後の部_f0078320_19405512.jpg
 △sa101025-02横芝光町屋形で捕獲大型オス


3日目の部屋

10月22日収容28日期限の犬たちです。
赤い紐をつけた3頭は、ちばわんで検疫をお願いした子たちです。
10.26 センター・レポート その2午後の部_f0078320_19413640.jpg
 △右端はおそらくin101022-01のセッター八街市沖で捕獲中型オス、中央の黒ラブは先週期限の切れた子ですので譲渡の可能性ありだと思われます。
10.26 センター・レポート その2午後の部_f0078320_19422729.jpg
 △右はsa101022-01東金市日吉台で捕獲の中型オス青色の首輪、赤色のリード付き。飼い主さん、早く迎えに来てあげて下さい。 ※追記;28日夕刻、返還となったそうです!


4日目の部屋

10月21日収容28日期限の犬たち。
10.26 センター・レポート その2午後の部_f0078320_194368.jpg
 △手前の子はkt101021-01香取市香取で捕獲大型オス水色の首輪。
大きめ中型の子でしたが、捕獲に入った職員さんに尻尾振り振り寄って行く姿が印象的でした。
きっと良い家庭犬だったのではないかと思えるのですが、飼い主さんのお迎えはまだのようです。 ※28日追記;返還になったそうです!

餌箱に入っている子犬は本日引き出しました。
奥の小ぶり成犬はちばわんで引き受けることにし、検疫をお願いしました。
10.26 センター・レポート その2午後の部_f0078320_1943428.jpg
 △手前はちばわんで検疫をお願いした子で、来週引き出し予定、後ろの子もちばわんで引き受けることにし検疫お願いしました。


最終部屋

20日捕獲28日期限の犬たち
寒かったのか、4頭が団子のようになって固まっていました。
そこから2頭だけを部屋から出していただいて、検疫お願いしました。

部屋に残った2頭
10.26 センター・レポート その2午後の部_f0078320_19442228.jpg
 △左はyo101020-03、右はyo101020-02どちらも匝瑳市山崎で捕獲の中型メス。
この子たちだって、良い家庭犬になれる子かも知れない、本当にそう思いますが、全てを引き受けるキャパはなく選ばざるを得ません。



検疫室


10.26 センター・レポート その2午後の部_f0078320_1951955.jpg
 △ちばわんで検疫をお願いした成犬。体調は持ち直したようで元気そうです。今週金曜日に引き出します。
10.26 センター・レポート その2午後の部_f0078320_19514463.jpg
 △左の成犬は、譲渡先が決まっています。右の子犬は無事検疫を乗り切ればセンターの譲渡会に出られるでしょう。

検疫室C
10.26 センター・レポート その2午後の部_f0078320_19532934.jpg
 △足を負傷した状態で収容された子犬、怪我は良くなっているように見えました。 行き先未定。
10.26 センター・レポート その2午後の部_f0078320_19535181.jpg
 △バセット?MIXは依然として行き先がないそうです・・・
10.26 センター・レポート その2午後の部_f0078320_19542476.jpg
 △おそらく収容期限内のシー・ズーです。
10.26 センター・レポート その2午後の部_f0078320_19545322.jpg
 △譲渡の問い合わせが来ているそうです。


▽最終部屋から隔離していただいた2頭
10.26 センター・レポート その2午後の部_f0078320_19582019.jpg
10.26 センター・レポート その2午後の部_f0078320_19584681.jpg



▽本日引き出した4頭のうち子犬2頭
10.26 センター・レポート その2午後の部_f0078320_19592620.jpg
10.26 センター・レポート その2午後の部_f0078320_200027.jpg

※午前中にも、子犬1頭と成犬1頭を引き出しました。


当レポートをご覧になって

気になる子がいましたらセンターではなくちばわんまでご連絡ください。

譲渡の赤い印がついていても、行き先が決まっていない場合もあります。

なお、安否確認のみのメール、お名前の記載がないメール、『自分は何もできないのだけれどこの子をどうか引き出してもらえないでしょうか』というお願いはどうかご容赦願います。

預かり希望・譲渡希望のお問い合わせを、心よりお待ちしています。
なお、お問い合わせ内容によりお返事が遅れることが多々ございます。
ボランティアで専従職員等いない状況で時間的猶予のないものから対応しておりますので、どうぞご了承下さい。

    *           *          *

問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)


新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

犬の預かり希望アンケートフォーム』 ※小型犬限定の新規預かり希望は、現在ちばわんでは受け付けていません


猫の預かり希望アンケートフォーム』 ※子猫限定の新規預かり希望は受け付けていません



お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。


なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。
by centre_report | 2010-10-26 20:05 | 愛護センターレポート

10月22日センターレポート

赤名リカさんのレポートです。
写真撮影はパルプリ母さんです。



10月22日(金)、引き出しのため動物愛護センターを訪れた。
正直言って行きたくなかった。
怖かった。
でも自分の五感を使って直接確かめたかった。
だから行くことを決めた。
自分で決めた以上は無駄にベソベソすることは絶対にしないと決めた。
センターの職員。
日常的にセンターを訪れざるを得ないちばわんのボランティアスタッフ。
そして収容動物。
そんな相手には鬱陶しいだけの存在になるだろうから。


センター受付の横の最後の確認。

10月22日センターレポート_f0078320_19271846.jpg

これを読んでなお。



外の子犬舎に行く。
この子たちは譲渡希望者を待っている。


早く。早く。
10月22日センターレポート_f0078320_19325561.jpg


ここから。
10月22日センターレポート_f0078320_19333475.jpg


出たい。
10月22日センターレポート_f0078320_19342155.jpg



センターの収容部屋へ。
捕獲された子たち。
飼い主の持ち込んだ子たち。
処分機は目と鼻の先にある。


10月22日センターレポート_f0078320_19531796.jpg
 △検疫室Cの奥にいた子犬。引き取り先の有無は不明。


10月22日センターレポート_f0078320_19361041.jpg
 △10月20日収容28日期限yo101020-02匝瑳市山崎で捕獲中型メスと、yo101020-01匝瑳市堀川で捕獲中型オス


10月22日センターレポート_f0078320_19364872.jpg
 △左の4頭は、来週26日検疫明けと同時にちばわんで引き出す子たちです。


10月22日センターレポート_f0078320_19371479.jpg
 △21日収容28日期限の子たち。右手前kt101021-01香取市香取で捕獲、大型オス水色の首輪。左奥sa101021-01山武市島戸で捕獲、中型青色の首輪


10月22日センターレポート_f0078320_19381556.jpg
 △2週間前訪問時に、目の前で持ち込まれた4きょうだい子犬たち。無事に検疫が明け、今日引き出しできました。


10月22日センターレポート_f0078320_19383738.jpg
 △後ろでオスワリしている子は、20日収容28日期限sa101020-01横芝光町宮川で捕獲、中型オス青色の首輪、黒の紐と赤色のリード付き。とても小ぶりで、子犬のようにも見えました。
右はじの白い子は、来週末に検疫が明けたらちばわんで引き出します。
右から2番目yo101020-03匝瑳市山崎で捕獲中型メス



10月22日センターレポート_f0078320_19391255.jpg

何を想う。
△左、sa101020-01横芝光町宮川で捕獲、中型オス青色の首輪、黒の紐と赤色のリード付き。
右、yo101020-01匝瑳市堀川で捕獲中型オス



最終日の部屋
10月18日収容25日期限の子たち
26日早朝には処分となります。


10月22日センターレポート_f0078320_12275624.jpg
 △in101018-05八街市八街にで捕獲中型オス灰色の首輪
10月22日センターレポート_f0078320_1228762.jpg
 △in101018-04佐倉市鏑木町で捕獲中型オス
10月22日センターレポート_f0078320_1228164.jpg
 △左sa101018-01東金市東上宿で捕獲中型メス赤色の首輪。
手前はin101018-01八街市吉倉中型オス黒色の首輪、黒色と赤色のリード付き。
右奥in101018-03佐倉市ユーカリケ丘中型オス茶色の首輪、黒色と黄色のリード付き。
左奥は19日収容のks101019-01旭市下永井中型メス茶色の革製首輪。
10月22日センターレポート_f0078320_12282666.jpg




今回、実際に持ち込み、殺処分を依頼した人間に遭遇した。
口笛でも吹き出しそうな人間。
その横を嬉しそうについていく子。

数分後に同じ様子で人間だけ帰ってきた。


今回ちばわんで引き出した子たちの一部。


10月22日センターレポート_f0078320_2325636.jpg



10月22日センターレポート_f0078320_19431463.jpg


10月22日センターレポート_f0078320_19433490.jpg


10月22日センターレポート_f0078320_19434392.jpg


10月22日センターレポート_f0078320_19435574.jpg


10月22日センターレポート_f0078320_19441268.jpg




10月22日センターレポート_f0078320_19443721.jpg

10月22日センターレポート_f0078320_2126568.jpg


10月22日センターレポート_f0078320_1945512.jpg



幸せになろう。
幸せにする。
絶対だ。




   *****************

本日は、子犬18頭を引き出しました。
それぞれ預かりボランティアの元で医療チェック&処置を済ませて募集を開始します。


当レポートをご覧になって

気になる子がいましたらセンターではなくちばわんまでご連絡ください。

譲渡の赤い印がついていても、行き先が決まっていない場合もあります。

なお、安否確認のみのメール、お名前の記載がないメール、『自分は何もできないのだけれどこの子をどうか引き出してもらえないでしょうか』というお願いはどうかご容赦願います。

預かり希望・譲渡希望のお問い合わせを、心よりお待ちしています。
なお、お問い合わせ内容によりお返事が遅れることが多々ございます。
ボランティアで専従職員等いない状況で時間的猶予のないものから対応しておりますので、どうぞご了承下さい。
    *           *          *

問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)


新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

犬の預かり希望アンケートフォーム』 ※小型犬限定の新規預かり希望は、現在ちばわんでは受け付けていません


猫の預かり希望アンケートフォーム』 ※子猫限定の新規預かり希望は受け付けていません



お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。


なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。 

by centre_report | 2010-10-23 19:53 | 愛護センターレポート

10月18日 センターレポート

う~さんのレポートです。



私は、センターの掃除ボランティアは、初参加でした。同じく初参加の犬親さんであるGさん親子と一緒に、Sさんのご指導のもと、3時間半の作業となりました。

掃除の手順をファイルに確認して、作業開始です。
10月18日 センターレポート_f0078320_74453100.jpg



センターでは、最近持ち込みが多い・・・と嘆いてたSさんのおっしゃるとおり、
朝9:30・・・すでに、人の姿が。
    「とりあえず、3頭、連れてくるから。 生後一年くらい・・」   引越しのために飼えなくなったそうです。

作業中にも、生後2~3ヶ月くらいの小犬が2頭・・・掃除中の部屋へ連れてこられました。
小さくなって震えている小犬には、私達が声をかけることすら、怯えさせてしまうだろうと、そのままそっとしておきました。


センターの収容期間とは、飼い主が探しているかもしれない・・という配慮から設けられた期間です。
だから、飼い主持込の成犬の場合、すぐに最終部屋に入れられてしまします。

掃除が終わり、ほっと一息つきながら部屋を出た私達が見たものは・・・・・

飼い主と持ち込まれた成犬でした。

10月18日 センターレポート_f0078320_7543638.jpg

右側の赤い首輪をつけてもらっているこの犬は、何度も扉に手をかけて、「出して!」とアピールしていました。
涙ぐむ飼い主・・・・・・でも、決して、そこから助け出そうとはしませんでした。
犬の吠え声のせいで、近所から苦情が出ている のだそうです。
だから? 殺すの?   

思い切って、話しかけてみました。
「殺処分は可愛そうではないですか? ご自分で連れ帰って、安楽死は、どうですか?」

  もちろん、死を求める話をしてはいけないことは、理解しています。
     でも・・・どうしても死を選ぶのならば・・・・・・・・自らの意思で飼い主となったのですから、行政にさせるのではなく自分の責任でと思いませんか。
犬は、飼い主を選べないのです。

色々と考えて、手をつくした と言ったその飼い主は、「では、お願いします。」と帰ってしまいました。

人は、話ができるから、「自分は悪くない」と自己弁護して、勝手に納得するんだよね。

でも、話ができない動物たちは、どうやって殺されることから逃れればいいのでしょうか・・・・?





ここからは、捕獲された犬達が収容されている部屋です。


1日目の部屋
1頭だけが居ました。(まだ早い時間帯だったため。このあと新たに5頭捕獲犬が収容されました
10月18日 センターレポート_f0078320_89354.jpg
 △18日収容25日期限、八街市吉倉で捕獲されたin101018-01の子です。
飼い主さん、早く見つけてあげてください。「ここに居るよ!!」


2日目の部屋
10月18日 センターレポート_f0078320_811158.jpg

首に赤い紐をつけているのは、譲渡先が決まっているラッキーな犬たちです。
でも、紐をつけていない犬達もいます。(うまく写真がとれていなくてすみません・・・)
左;15日収容21日期限匝瑳市堀川で捕獲yo101015-01メス。あとの4頭は検疫中で行き先が決まっています。


3日目の部屋
10月18日 センターレポート_f0078320_8135524.jpg

この子たちは、金曜日に「ちばわん」で引き出す予定の犬たちです。

10月18日 センターレポート_f0078320_8145873.jpg

この大きな子は、まだ、紐はついていなかったように思います。


4日目の部屋
10月18日 センターレポート_f0078320_8162027.jpg

人懐こいポインター

10月18日 センターレポート_f0078320_8171487.jpg

10月18日 センターレポート_f0078320_818311.jpg
 △13日収容19日期限銚子市舟木町で捕獲銚子市舟木町の子。
10月18日 センターレポート_f0078320_8191199.jpg
 △同じく旭市神宮寺で捕獲ks101013-01の子。
こんなにたくさんの犬が、首輪をしているのに・・・・・・。
飼い主を探すための手がかりがありません。


センターの入り口には、捜索願いの紙がたくさん貼ってあります。
10月18日 センターレポート_f0078320_824823.jpg


でも、こんなに多くの犬が収容されている現状では、職員さんが目で確認するのは難しいのです。
是非、マイクロチップを装着してください。
それができない・・・・ならば、せめて、迷子札にしっかりと電話番号を書いて付けてください。



本日は、収容部屋から、4頭をワクチン接種をしてもらい検疫にかけてもらいました。

そして、3頭の成犬を引き出し、病院へ連れていきました。
10月18日 センターレポート_f0078320_8263046.jpg

センターレポートでも保護先をさがしていたミックスの女の子と飼い主から捨てられた年老いたチワワ2頭です。 

医療チェックをしながら預かりボランティアの元で過ごします。募集を開始しましたら、応援してくださいね。

 
   *****************

当レポートをご覧になって

気になる子がいましたらセンターではなくちばわんまでご連絡ください。

譲渡の赤い印がついていても、行き先が決まっていない場合もあります。

なお、安否確認のみのメール、お名前の記載がないメール、『自分は何もできないのだけれどこの子をどうか引き出してもらえないでしょうか』というお願いはどうかご容赦願います。

預かり希望・譲渡希望のお問い合わせを、心よりお待ちしています。
なお、お問い合わせ内容によりお返事が遅れることが多々ございます。
専従の職員等いない状況で時間的猶予のないものから対応しておりますので、どうぞご了承下さい。


    *           *          *

問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)


新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

犬の預かり希望アンケートフォーム』 ※小型犬限定の預かり希望は、現在ちばわんでは受け付けていません


猫の預かり希望アンケートフォーム』 ※子猫限定の預かり希望は受け付けていません



お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。


なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。 
by centre_report | 2010-10-19 08:34 | 愛護センターレポート

10月14日 センターレポート

10月14日(木) 検疫明けを迎えた犬たちを引き出すため、3名でセンターを訪問しました。
レポートの写真撮影は、運搬も担当のはるる姉さんです。


翌日譲渡会があるようなことも耳にしましたので、時間がなかったこともあり子犬舎の撮影はパス。
抑留棟のみ撮影しました。



** 一日目の部屋 **

10月14日 センターレポート_f0078320_2058789.jpg
 △ちばわんが検疫をお願いした犬たちです。
左の4頭は、先週持ち込まれた4きょうだい子犬たち。右上のオスワリしている成犬は本日引き出しました。
10月14日 センターレポート_f0078320_20595530.jpg
 △右下も先週隔離していただいた子犬です。皆元気そうです。
10月14日 センターレポート_f0078320_2124566.jpg
 △以前からいる持ち込みプードルたち。明日引き出してもらえることになりました。
10月14日 センターレポート_f0078320_214598.jpg
 △先週検疫依頼した成犬(左)と、本日引き出す成犬(右)。
10月14日 センターレポート_f0078320_2142399.jpg
 △今日捕獲収容された成犬だと思います。

10月14日 センターレポート_f0078320_21361184.jpg
 △そしてまた1頭、捕獲収容されて行きます。

結局、一日目の部屋はこんなにも多い頭数に
10月14日 センターレポート_f0078320_21474262.jpg
10月14日 センターレポート_f0078320_21492041.jpg

10月14日 センターレポート_f0078320_21514322.jpg
 △yo101014-01オス



** 二日目の部屋 **

10月14日 センターレポート_f0078320_2153166.jpg
 △赤い紐をつけたポインター、行き先の有無は不明
10月14日 センターレポート_f0078320_2154288.jpg
 △赤い紐をつけたイエローラブ、行き先は決まっているそうです。
10月14日 センターレポート_f0078320_216191.jpg
 △真ん中の白いラブ風の子は、本日引き出しました。右側の子は昨日の捕獲犬ks101013-02の子です。とても人馴れしていました。
10月14日 センターレポート_f0078320_2165974.jpg
 △この子も昨日の捕獲犬in101013-01で、人懐こく性格が良さそうでした。
10月14日 センターレポート_f0078320_2182325.jpg
 △左yo101013-01の子、右ks101013-01の子だと思います。
10月14日 センターレポート_f0078320_2185773.jpg
 △同じくyo101013-01の子
10月14日 センターレポート_f0078320_21125313.jpg
 △in101013-02の子です。

** 三日目の部屋 **

10月14日 センターレポート_f0078320_2119770.jpg
 △ちばわんが検疫お願いしている子犬3頭と成犬1頭(右) 
10月14日 センターレポート_f0078320_21192229.jpg
 △左の黒い成犬だけが収容期限内の子(ks101012-01収容犬情報によるとオス)で行き先未定18日(月)収容期限です。


** 四日目の部屋 **

10月14日 センターレポート_f0078320_21201784.jpg
 △in101008-01オス
10月14日 センターレポート_f0078320_21213586.jpg
 △ks101008-01オス
10月14日 センターレポート_f0078320_21221955.jpg
 △手前の黒い子は検疫中で、行き先が決まっているそうです。奥の2頭はks101008-03とks101008-02の子です。

黒ラブ風の子以外の4頭は18日(月)が収容期限です。


** 最終部屋 **

この日が収容期限であるこの子たちには、もう二度と会うことはできません。
この頭数、これでも移送犬が入る前です。
10月14日 センターレポート_f0078320_21225881.jpg
この子たちが
10月14日 センターレポート_f0078320_21235345.jpg
10月14日 センターレポート_f0078320_21245013.jpg
この穏やかそうな顔をしたこの子たちが
10月14日 センターレポート_f0078320_21264812.jpg
 ”処分”されなければいけない理由がどうしてもわかりません。  
10月14日 センターレポート_f0078320_21274325.jpg
天から命を与えられた者が生きている、ただそれだけの当たり前のことが
10月14日 センターレポート_f0078320_21281952.jpg
生きることが許されないなんて
10月14日 センターレポート_f0078320_21291647.jpg
そしてそこから助け出せる立場にいる自分たちが
10月14日 センターレポート_f0078320_2130337.jpg
手を差しのべることができないなんて・・・
10月14日 センターレポート_f0078320_2130377.jpg
10月14日 センターレポート_f0078320_21315548.jpg
10月14日 センターレポート_f0078320_21325143.jpg
10月14日 センターレポート_f0078320_2133724.jpg


今日もトラックが到着して、他の抑留所で期限のきれた犬たちが移送されて来ました。
最終部屋は更に満杯に

10月14日 センターレポート_f0078320_2242968.jpg
 △ロットワイラーのメス。うるさいぐらいに人懐こい子だということでした。
10月14日 センターレポート_f0078320_2265137.jpg
10月14日 センターレポート_f0078320_2274735.jpg




** 検疫室 **

10月14日 センターレポート_f0078320_21365896.jpg
10月14日 センターレポート_f0078320_21374320.jpg
10月14日 センターレポート_f0078320_2138307.jpg
10月14日 センターレポート_f0078320_21385185.jpg
10月14日 センターレポート_f0078320_21394388.jpg
 △先週末に検疫をお願いした成犬、少し具合が悪いようですが、横になったまま尻尾をパタパタと力強く振ってくれました。何とか頑張って乗り切って!!
10月14日 センターレポート_f0078320_2140418.jpg
10月14日 センターレポート_f0078320_21405140.jpg
10月14日 センターレポート_f0078320_21413977.jpg
 △ちばわんが検疫お願いしている子犬
10月14日 センターレポート_f0078320_2142882.jpg
 △持ち込みの人懐こい女の子。来週頭に検疫が明けますが依然行き先がないとのことで、ちばわんで引き受けることにしました。
10月14日 センターレポート_f0078320_21422721.jpg
 △こちらのバセット?ミックス(多分オス)も依然として行き先がないそうです。
10月14日 センターレポート_f0078320_21431684.jpg
 △本日引き出しました。
10月14日 センターレポート_f0078320_21442093.jpg
また続々と子犬が収容されています。この月齢の子犬たちは、他団体さんが引き受けされるかもしくはセンターで譲渡用に検疫されます。

こちらも、先週大部屋に収容されていたのをちばわんで引き受けることにした子犬たち。
悲しいことに、2頭は感染症と思われる症状ですでに亡くなってしまったそうです。
10月14日 センターレポート_f0078320_21575238.jpg
10月14日 センターレポート_f0078320_21581259.jpg
 △この2頭は非常に元気でした。
10月14日 センターレポート_f0078320_21591688.jpg
10月14日 センターレポート_f0078320_220396.jpg
 この子たちも頑張って乗り切って欲しいです。


そして今日もまた大部屋に3ヵ月齢超の子犬が収容されていましたので、隔離検疫お願いしました。
10月14日 センターレポート_f0078320_22124431.jpg
 △男の子
10月14日 センターレポート_f0078320_22135274.jpg
 △怖がりの女の子




本日は、抑留棟から成犬5頭と子犬2頭を引き出しました。
それぞれの預かりボランティアさんの元、体調整い次第、ちばわんからいぬ親募集開始します。

 
   *****************

当レポートをご覧になって

気になる子がいましたらセンターではなくちばわんまでご連絡ください。

譲渡の赤い印がついていても、行き先が決まっていない場合もあります。

なお、安否確認のみのメール、お名前の記載がないメール、『自分は何もできないのだけれどこの子をどうか引き出してもらえないでしょうか』というメールはどうかご容赦願います。

預かり希望・譲渡希望のお問い合わせを、心よりお待ちしています。
なお、お問い合わせ内容によりお返事が遅れることが多々ございます。
時間的猶予のないものから対応しておりますので、どうぞご了承下さい。


    *           *          *

問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)


新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

犬の預かり希望アンケートフォーム』 ※小型犬限定の預かり希望は、現在ちばわんでは受け付けていません


猫の預かり希望アンケートフォーム』 ※子猫限定の預かり希望は受け付けていません



お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。


なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。 
by centre_report | 2010-10-15 22:15 | 愛護センターレポート

10月7日愛護センターレポート

【お願い】
センターで清掃後ケージに敷くための古新聞紙を募集します。

◆チラシの混入していないものに限らせていただきます。

◆10月17日(日)開催のちばわんいぬ親会場(江戸川区篠崎緑地)にお持ち下さい。

ご協力をよろしくお願いいたします。


   ************

10月7日午後、2週間前に検疫をお願いした5頭、全員を無事引き出すことができました。
午前中お掃除ボラに参加していたSさんも運搬のため待機してくれて、5名での見学&引き出しです。
写真撮影;tomotenkuriさんとkoro-baboonさんです。


仔犬舎の向かって右の棟には1匹、左の棟に7匹、合計8匹いました。
この子たちは、センターで不定期に開催される譲渡会に出られる子たちです。
千葉県内(政令指定都市を除く)在住の成人の方であれば、センターに直接申し込みすることができます。
10月7日愛護センターレポート_f0078320_704839.jpg

右棟にいた1頭
10月7日愛護センターレポート_f0078320_71553.jpg

以下、左棟の7頭
10月7日愛護センターレポート_f0078320_711046.jpg

10月7日愛護センターレポート_f0078320_711624.jpg

10月7日愛護センターレポート_f0078320_712698.jpg

10月7日愛護センターレポート_f0078320_713219.jpg



抑留棟

鑑定室
猫は4匹  猫も、県内在住の成人の方は譲渡希望ができます。
10月7日愛護センターレポート_f0078320_957492.jpg

10月7日愛護センターレポート_f0078320_958255.jpg

10月7日愛護センターレポート_f0078320_958773.jpg


10月7日愛護センターレポート_f0078320_9595323.jpg
 △捕獲のポインター、確か負傷して収容された子だと思います。
10月7日愛護センターレポート_f0078320_1001410.jpg
 △▽高齢らしいチワワ2頭は、とりあえず隔離されたものの行き先が決まってないそうです。
10月7日愛護センターレポート_f0078320_1001713.jpg

10月7日愛護センターレポート_f0078320_100305.jpg
 △▽同じ子の写真です。捕獲されたミニピン(収容犬情報ではオス)、この子は若いと思います。収容期限が切れて検疫中ですが、譲渡先を募集しているそうです。先週見たときにはミニピンらしく元気に吠えていましたが、この日はおとなしくしていました。
10月7日愛護センターレポート_f0078320_1004356.jpg
 

お掃除をしている部屋の仔犬達。このまま元気で無事検疫明けを迎えたら、子犬舎に移動してセンターの譲渡会に出る子たちです。
10月7日愛護センターレポート_f0078320_102422.jpg

10月7日愛護センターレポート_f0078320_102876.jpg

10月7日愛護センターレポート_f0078320_1034692.jpg

10月7日愛護センターレポート_f0078320_104348.jpg
10月7日愛護センターレポート_f0078320_1041897.jpg
10月7日愛護センターレポート_f0078320_1042681.jpg




検疫室
10月7日愛護センターレポート_f0078320_1063534.jpg
 △バセットミックス(確かオスと聞きました)はまだ行き先がないそうです。そろそろ検疫が明けると思います。
10月7日愛護センターレポート_f0078320_1064874.jpg
 △▽同じ子の写真です。持ち込みのMIX犬ですが、人懐こく性格が良いからと職員さんの判断で検疫されることになったそうです。譲渡先を募集中。10歳ということでしたが、とても若く見える女の子です。
体重10キロ程度だと思います。
10月7日愛護センターレポート_f0078320_1065844.jpg

上記2頭についての譲渡希望・預かり希望の方を募集しています。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)


10月7日愛護センターレポート_f0078320_1072821.jpg
 △先週、最終部屋から出してもらった子犬、元気そうです。来週ちばわんで引き出します。
10月7日愛護センターレポート_f0078320_107427.jpg
 △こちらも高齢のチワワたち、うち2頭を他ボランティアさんが引き出すとのことで、残った2頭はちばわんで引き受けることになりました。

収容1日目の部屋  
10月7日愛護センターレポート_f0078320_10213430.jpg
 △手前に写っている5頭は、いずれもちばわんで検疫をお願いしている子たちです(手前右2頭は、本日引き出し)。
10月7日愛護センターレポート_f0078320_1022477.jpg
 △上記のチワワ4頭と共に持ち込まれた小型犬たち。ヨーキー1頭が他団体さんにより引き出されたそうで、3頭が残されていましたが・・・残念ながらもう1頭のヨーキーは力尽きていたことがわかりました。午前中にはまだ動いていたことが確認されていたそうです。
10月7日愛護センターレポート_f0078320_10222242.jpg
 △本日捕獲収容された柴犬オス
10月7日愛護センターレポート_f0078320_10224379.jpg
 △▽ひとつ上の写真の小型犬、おそらく2頭ともプードルです。上の写真の子は毛を刈ってあるのでしょうか?2頭とも8~9歳のメスだということです。行き先がないのでまだ検疫はされていません。
10月7日愛護センターレポート_f0078320_1022523.jpg
 ▽以下3枚は先週ちばわんで検疫をお願いした子たちで、来週引き出し予定です。
10月7日愛護センターレポート_f0078320_1023810.jpg
10月7日愛護センターレポート_f0078320_10232056.jpg
10月7日愛護センターレポート_f0078320_10232884.jpg
10月7日愛護センターレポート_f0078320_1023349.jpg
 △甲斐犬風子犬姉妹は、本日無事に引き出しました。

収容2日目の部屋
検疫中の印である赤い紐の付いた大型犬が3頭と、昨日の捕獲収容犬4頭(仔犬1頭含め)合計7頭
10月7日愛護センターレポート_f0078320_10331386.jpg

10月7日愛護センターレポート_f0078320_10374725.jpg

10月7日愛護センターレポート_f0078320_1033273.jpg
 △ちばわんで検疫をお願いした子で、来週引き出し予定です。
10月7日愛護センターレポート_f0078320_10333537.jpg
 △他大型2頭の行き先が決まっているかどうかは不明です。
10月7日愛護センターレポート_f0078320_10334447.jpg
10月7日愛護センターレポート_f0078320_1034832.jpg
10月7日愛護センターレポート_f0078320_10341692.jpg
 △収容犬情報に掲載中 yo101006-01とkt101006-01の子だと思います。10月6日捕獲14日期限です。

収容3日目の部屋
この日引き出した3頭のほか、10月5日収容の犬たちが(おそらく)8頭、そのうち5頭は明らかに子犬です。
10月7日愛護センターレポート_f0078320_10482122.jpg
10月7日愛護センターレポート_f0078320_10483131.jpg
 子犬たちは全員匝瑳市内山で捕獲、どの子も垂れ耳で黒に胸白のオス、足白のメス、茶白のオスとメス、黒茶白のメス
10月7日愛護センターレポート_f0078320_10484570.jpg
10月7日愛護センターレポート_f0078320_1049544.jpg
 △yo101005-01匝瑳市内山で捕獲のオス
10月7日愛護センターレポート_f0078320_10491556.jpg
 △yo101005-03匝瑳市堀川で捕獲のオス
10月7日愛護センターレポート_f0078320_1123446.jpg
10月7日愛護センターレポート_f0078320_1124318.jpg
 △kt101005-01香取市篠原ロで捕獲のラブ雑オス、いずれも中型です。
どの子も収容5日目である12日(火)までは抑留されますが、その後はわかりません・・・

収容4日目の部屋 5頭収容、うち4頭は仔犬だと思います。
3日目の部屋の子犬たち同様、これから検疫して譲渡会に出すには成長し過ぎているため検疫室には入れられず、捕獲の成犬と同じ大部屋に抑留され、同じように収容期限を迎えることになります。
10月7日愛護センターレポート_f0078320_1131810.jpg
 △茶黒のメス香取市新部で捕獲、匝瑳市内山で捕獲、茶黒オス旭市倉橋で捕獲、の3頭は明らかに子犬です。
10月7日愛護センターレポート_f0078320_1134421.jpg
10月7日愛護センターレポート_f0078320_1135597.jpg
10月7日愛護センターレポート_f0078320_114420.jpg
 △in101004-03四街道市みそらで捕獲メス黄色の首輪、子犬に見えましたが成犬かも。
10月7日愛護センターレポート_f0078320_1144094.jpg
 △in101004-02印西市滝野で捕獲オス この子だけが成犬かと思いましたが、このあどけない表情はまだ子犬かも知れません。サイズも5-6キロ程度だと思います。

収容5日目最終日の部屋 あまりに多過ぎて頭数は不明
10月7日愛護センターレポート_f0078320_11144324.jpg
10月7日愛護センターレポート_f0078320_11145527.jpg
10月7日愛護センターレポート_f0078320_111557.jpg
10月7日愛護センターレポート_f0078320_11152998.jpg
10月7日愛護センターレポート_f0078320_11155572.jpg
10月7日愛護センターレポート_f0078320_1116495.jpg
10月7日愛護センターレポート_f0078320_11161482.jpg


そこへまた、南部の抑留所で期限が切れて移送されて来た犬たちや、捕獲車も次々と到着しました。
10月7日愛護センターレポート_f0078320_11235063.jpg
10月7日愛護センターレポート_f0078320_112468.jpg
10月7日愛護センターレポート_f0078320_11241687.jpg
10月7日愛護センターレポート_f0078320_11242592.jpg
10月7日愛護センターレポート_f0078320_11243286.jpg
10月7日愛護センターレポート_f0078320_11244243.jpg
10月7日愛護センターレポート_f0078320_11245077.jpg
10月7日愛護センターレポート_f0078320_11245784.jpg
10月7日愛護センターレポート_f0078320_11253030.jpg


実はこの日、またも私たちは持ち込み現場に遭遇してしまいました。
飼い犬が生んだ子犬4頭を車に乗せて持ち込む飼い主。
子犬と言っても、もう10キロぐらいはあるだろうと思われる大きい子たちです。身上相談話を延々と聞く職員さんの苦労も空しく、結局子犬たちは引き取りに出され、飼い主の目の前で最終部屋へ入れられてしまいました。

このままだと、明日の早朝には処分となってしまいます。
最終部屋の一番上の写真・・・この中に、バラバラに入れられた4頭でしたが、その場に固まったまま動けないでいる右端の子の悲しげな背中がたまらず・・・
10月7日愛護センターレポート_f0078320_11253978.jpg
・・・部屋から出してもらいました。
10月7日愛護センターレポート_f0078320_11254971.jpg
当然、きょうだいたちも。
10月7日愛護センターレポート_f0078320_11255837.jpg
 ※もう1頭も出しました。
赤い紐とワクチンの用意をしてもらっている間、ついさっきまで警戒吠えをしていた白茶の男の子は、ロープを持つKさんに身体を預けるように甘えていました。

4頭のきょうだいは処分を免れました。
しかし、その分、捕獲の子犬たちまで引き受けることができなくなってしまいました。
椅子取りゲームと同じことです。
ボランティアのキャパは限られているのです。

10月7日愛護センターレポート_f0078320_1126710.jpg
 △最終部屋から出してもらった成犬オス
10月7日愛護センターレポート_f0078320_11261627.jpg
 △せめて1頭だけでもと4日目の部屋から検疫をお願いした子犬メス


あと何頭か引き受けることができればと、わずかな望みをかけることにします。

子犬の預かりボランティアさんを募集します!


この日引き出した5頭
10月7日愛護センターレポート_f0078320_11263689.jpg
10月7日愛護センターレポート_f0078320_11264771.jpg
小ぶりの若い成犬3頭、同じ場所で捕獲された子たちです。

10月7日愛護センターレポート_f0078320_11265478.jpg
10月7日愛護センターレポート_f0078320_1127220.jpg
甲斐犬風MIX子犬姉妹


それぞれの預かりボランティアさんの元、体調整い次第、ちばわんからいぬ親募集開始します。

 
   *****************

当レポートをご覧になって

1頭でも気になる子がいましたらセンターではなくちばわんまでご連絡ください。

譲渡の赤い印がついていても、行き先が決まっていない場合もあります。

なお、安否確認のみのメール、お名前の記載がないメール、『自分は何もできないのだけれどこの子をどうか引き出してもらえないでしょうか』というメールはどうかご容赦願います。

預かり希望・譲渡希望のお問い合わせを、心よりお待ちしています。

    *           *          *

問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)


新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

犬の預かり希望アンケートフォーム』 ※小型犬限定の預かり希望は、現在ちばわんでは受け付けていません


猫の預かり希望アンケートフォーム』 ※子猫限定の預かり希望は受け付けていません



お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。


なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。 
by centre_report | 2010-10-09 07:02 | 愛護センターレポート

10月1日(金)愛護センターレポート

≪お知らせ≫

ちばわんいぬ親会と、センターでのお掃除ボランティアも取材して下さったチバテレビの放送日が決まりました。

◆放送日 10月7日、8日 2夜連続
◆番組  ニュースチバ 21:30~22:00
     ※5分程度の特集です。
◆特集名 2夜連続『名もなきペットたち』


       **********

tomotenkuriさんのレポートです。


ちばわんスタッフ4名で犬の引き出しのため、センターを訪問しました。
10月1日(金)愛護センターレポート_f0078320_2123056.jpg


ここで処分された動物達の供養の為の慰霊塔には綺麗なお花が備えてありました。
10月1日(金)愛護センターレポート_f0078320_2141187.jpg

もっぱら人間の都合で「処分」された動物達。
どうか、天国で安らかにと祈るばかりです。

昨日譲渡会があったそうで、仔犬舎に残っていた仔犬は4頭だけでした。
10月1日(金)愛護センターレポート_f0078320_2182473.jpg
10月1日(金)愛護センターレポート_f0078320_2184775.jpg

この中から、ちょっとビビリでいつも隅っこにいたこの子と
10月1日(金)愛護センターレポート_f0078320_2192653.jpg


一番長く子犬舎にいた(何と8月20日から!)この子の2頭を本日引き出しました。
10月1日(金)愛護センターレポート_f0078320_2193879.jpg

預かりボランティアの元で体調が整い次第、いぬ親様の募集をします。

収容棟の様子です。

やっとごはんを食べる事ができるようになったくらいの仔猫が多く、全部で11頭いました。
10月1日(金)愛護センターレポート_f0078320_2214321.jpg

10月1日(金)愛護センターレポート_f0078320_2221355.jpg

10月1日(金)愛護センターレポート_f0078320_2215372.jpg
10月1日(金)愛護センターレポート_f0078320_222629.jpg

写真を撮ろうとカメラを向けると一斉に鳴きながらこちらによってきます。
人なつっこく可愛い仔猫ばかりでした。

仔猫は「捕獲」はなく、すべて持ち込みです。
生まれてすぐに「処分」しようとする命なら、生まれないように避妊・去勢手術をしてあげてください。
どんなに小さくても命の重さは同じです。
生まれた仔猫は一生懸命生きようをしています。
決して殺される為に生まれて来たわけではないはずです。

前回のレポートにも載っていた、成猫1頭は怪我をしていて具合がわるそうで丸まったまま動きませんでした。
10月1日(金)愛護センターレポート_f0078320_224743.jpg


収容1日目の部屋には7頭
このうち、首にピンクのヒモを付けている検疫中の犬が3頭いました。
10月1日(金)愛護センターレポート_f0078320_2293114.jpg
 △小ぶりの成犬オス
10月1日(金)愛護センターレポート_f0078320_229393.jpg
 △甲斐犬風子犬姉妹も元気そうでした。
10月1日(金)愛護センターレポート_f0078320_2295196.jpg
 △この姉妹の預かり先募集中です。

以下の4頭は同じ飼い主が持ち込んだ子だそうで、ヨーキーに見える2頭とプードル?に見える1頭、垂れ耳のミニピン?みたいな黒い小さめの子。
4頭ともとてもおとなしく部屋の一番奥でじっとうずくまったままほとんど動きませんでした。
10月1日(金)愛護センターレポート_f0078320_2354537.jpg
この4頭は行き先が決まっていないそうです。
いずれもメスのシニア犬だそうです。
譲渡希望あるいは預かることのできる方を募集します。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)



写真をとって見学をしている間に今日の捕獲犬が1頭収容されて8頭になりました
10月1日(金)愛護センターレポート_f0078320_2425916.jpg
少し太って見えるコーギーで立派な胴輪も付けています。
自分のおかれた環境にとてもとまどっている様子でせわしなく歩き回っていました。

収容2日目には4頭
10月1日(金)愛護センターレポート_f0078320_2445317.jpg

大きめの2頭は赤いヒモが付いていましたが・・


鼻黒のオス(収容犬情報sa100930-01 山武市松ケ谷で捕獲 収容期限10月7日)と
10月1日(金)愛護センターレポート_f0078320_246965.jpg

黒白のオス(収容犬情報kt100930-01 東庄町石出で捕獲 収容期限10月7日)
10月1日(金)愛護センターレポート_f0078320_2482595.jpg
の2頭には譲渡の印がありませんでした。
2頭とも全く吠えることもなく静かに遠くからこちらを眺めているおとなしい子です。

収容3日目は5頭
10月1日(金)愛護センターレポート_f0078320_2511628.jpg

その中で譲渡の赤いヒモがついていたのは4頭いました。
手前の黒いモコモコの子は今日ちばわんでひきだしました。
10月1日(金)愛護センターレポート_f0078320_2513167.jpg

1頭だけ印が付いていなかった子
10月1日(金)愛護センターレポート_f0078320_2525897.jpg
おそらく体重15kgくらいのメス(収容犬情報in100929-01 成田市東野台で捕獲 収容期限10月7日)
吠えることもなく、おとなしく、じっとこちらをみていました。
10月1日(金)愛護センターレポート_f0078320_2553545.jpg
被毛も綺麗です。
飼い主さんは捜していないのでしょうか?
このままだと処分になってしまいます。

4日目の部屋には犬はいませんでした。

収容5日目、最終日の部屋には12頭もの犬が収容されていました。
10月1日(金)愛護センターレポート_f0078320_259820.jpg
10月1日(金)愛護センターレポート_f0078320_2592535.jpg
10月1日(金)愛護センターレポート_f0078320_259463.jpg

おっぱいが張っていて子育て中とおもえる母犬(収容犬情報ks100928-02 旭市三川で捕獲、収容期限10月4日)もいて、静かに座ってこちらを見つめます。
10月1日(金)愛護センターレポート_f0078320_335919.jpg
体重10kg以下と思われる小さめの犬が目立って多く収容犬情報に掲載されていない犬が多いので職員さんに聞いてみたら・・・

今日5頭まとめて持ち込んだ飼い主がいたそうです。

収容されている犬達全部を処分から救ってあげたいとおもいますが、預かるボランティアがいなければそれはできないこと・・・
最終部屋の中から3頭だけ、検疫にかけてもらいました。
10月1日(金)愛護センターレポート_f0078320_331269.jpg


今日は訪問が夕方だったため、3頭の検疫の手続きを待っている間におそらく定点収集で持ち込まれたと思われる大型犬3頭がトラックで運ばれてきました。

まだ若そうな立派なシェパードの雄
10月1日(金)愛護センターレポート_f0078320_3242734.jpg

左目が病気なのか涙焼けしてしまっているイエローラブ
10月1日(金)愛護センターレポート_f0078320_3252088.jpg

どちらも明らかに純血種です。

大型犬は仔犬の頃からきちんとしつけをして適切な飼育をしなければ力が強いだけに手に負えなくなります。
この2頭はどちらも全く鳴き声を上げずおとなしい子でしたたが・・・

仔犬から成犬になって手に負えなくなったのか?病気だから面倒を見るのが厭になったのか?
いずれにせよ、人間側の一方的な都合でしかありません。

それくらいの事で簡単に処分するくらいなら最初から飼うべきではありません。

一度家族として飼育したのなら、その子が天寿を全うするまでどんなことが会っても責任を負う覚悟がなければ動物の飼育はできません。

以下は検疫室にいる犬たち
チワワ2頭、見るからに不安な表情で寄り添っていました。
10月1日(金)愛護センターレポート_f0078320_363171.jpg


飼い主持ち込みのチワワ達
10月1日(金)愛護センターレポート_f0078320_374982.jpg
 △一番奥の1頭を除いて行き先が決まっていないそうです。
1日目の部屋の小型犬4頭同様、いずれもメスのシニア犬だそうです。
譲渡希望あるいは預かることのできる方を募集します。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)



行き先が決まっていないビーグルミックス
10月1日(金)愛護センターレポート_f0078320_382374.jpg
おとなしい子でした。

飼い主持ち込みのメスも行き先が決まっていないようです。
10月1日(金)愛護センターレポート_f0078320_39121.jpg
 △10キロちょっとの中型犬で10歳ということでしたが、とても若々しく10歳には見えません。
おとなしい良い子だとの職員さんの判断で、譲渡用にと検疫にかけられました。
譲渡希望あるいは預かることのできる方を募集します。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)




2週間の検疫を乗り越えたこの子は本日引き出しました
10月1日(金)愛護センターレポート_f0078320_393130.jpg
人間をみるとずっと尻尾を振っているような人慣れ抜群の可愛いメスです。

ちばわんでお掃除ボランティアをしている検疫室にいた仔犬たち
10月1日(金)愛護センターレポート_f0078320_3104667.jpg
10月1日(金)愛護センターレポート_f0078320_3105969.jpg
10月1日(金)愛護センターレポート_f0078320_3111516.jpg
10月1日(金)愛護センターレポート_f0078320_3113119.jpg
10月1日(金)愛護センターレポート_f0078320_3114639.jpg
10月1日(金)愛護センターレポート_f0078320_312157.jpg
殺処分を免れて検疫にかけてもらった仔犬たちですが、決してこれで命の保証がされた訳ではありません。

職員の方達も大変な努力をしてくださっていますが、センターの中では常に感染症を発症してしまう危険と隣り合わせです。
検疫にかけてもらっても、途中で亡くなってしまう犬は仔犬だけでなく成犬でもたくさんいるのです。

成犬の場合はワクチンを定期的に接種することで感染症で命を落とす可能性がとても低くなります。
一般家庭で飼育しているだけだとワクチンの重要性は実感がわきませんが、センターに来る度にいかにワクチン接種が重要なことか思い知らされます。

今日訪れた4名中の2人は運搬専門のボランティアさんでした。
その内の一人、Mさんは3ヵ月ぶりに訪れたそうですが、収容棟の臭いが以前と比べほとんどしなくなっていて清潔に保たれている事に驚いたと言っていました。

職員の皆さんもセンターにお手伝いに入っているボランティア達も皆、1頭でも多くの動物の命を救おうと必死で自分のできることをしています。

収容されている犬達はほとんどが家庭犬として飼育されていた「人馴れ」している犬です。
引き取ってもらえる方がいたら・・・、預かってもらえる方がいたら・・・
その子の居場所が確保できれば、処分されなくて済むのです。


当レポートをご覧になって

1頭でも気になる子がいましたらセンターではなくちばわんまでご連絡ください。

譲渡の赤い印がついていても、行き先が決まっていない場合もあります。

なお、安否確認のみだけではなく

譲渡希望や預かり希望の方を優先させていただきますので予めご了承願います。


『自分は何もできないけれどこの子をどうか引き出して下さい』
というメールはどうかご容赦願います。

預かり先・譲渡先がなくては引き出しはできません。

    *           *          *

問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので
何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

『犬の預かりアンケートフォーム』 ※小型犬限定の新規預かり希望は、ちばわんでは受け付けていません今回募集の小型犬7頭については受け付けします。


『猫の預りアンケートフォーム』 ※子猫限定の新規預かり希望は受け付けていません



お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。


なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。 
by centre_report | 2010-10-02 02:32 | 愛護センターレポート