ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


2/20引き出し編 レポート紹介 全 57頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。



2/20に犬3頭を引き出しました。


犬・問い合わせ先
korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田
お名前のないメールには返信できません


f0078320_14223339.jpeg


f0078320_14193609.jpeg
f0078320_14192982.jpeg

準備が整い次第、いぬ親さん募集を開始いたします。
応援のほどよろしくお願いいたします。






いぬ親会でお持ちいただきました古新聞をお届けしました。
いつもご協力をありがとうございます。
f0078320_14254108.jpeg





~お知らせ~

ちばわんでは、本当の家族を待つ犬達や猫達と
新たに犬や猫を家族の一員として迎えたいご家族との
出会いの場である「いぬ親会、ねこ親会」をほぼ毎週各地で開催しています。




「イベント情報」詳しくはコチラ。





f0078320_02344037.jpg
f0078320_14394753.jpg
f0078320_01345179.jpg
f0078320_18254276.jpg

f0078320_01350642.jpg


「イベント情報」開催場所などの詳細につきましては
↑↑↑こちらをご覧ください。


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、まずちばわんにお願いします。

問合せ先 korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)
(※上記アドレスへのいぬ親会に関するお問い合わせはご遠慮ください。
必ず詳細ページにてご確認をお願い致します。)

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。

★新規の預かりボランティアご希望下さる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

※大変申し訳ありませんが
小型犬のみの新規預かり希望は受け付けておりません。

お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
(審査の上、判断させていただきます。)








# by centre_report | 2018-02-22 14:28 | 愛護センターレポート

2/20センターレポート 収容室①②③ 4頭


※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)



収容室③ 1頭


2/20レポート初登場 (2/9収容)

▽茶黒 メス 生後4ヵ月ぐらい 8-9キロ

明らかに子犬だとは見てわかりましたが
身体が大きいので生後半年以上は経過しているのかと思いきや
20日時点で殆どの歯が乳歯で
まだ4ヵ月そこそこの子犬ちゃんだということが分かりました。

まだ母犬やきょうだい犬達と一緒にいたい時期でしょうに
こんなに幼い子がたった1頭でどんなに不安だったのでしょう。

迷子の子供が母親を見つけた時のように
必死にしがみつくように抱き付いてきました。

人馴れ具合からすると野良っ子などではなく
ごく最近まで人に飼われていたのかもしれません。

手足が大きく、成長後は中型以上の大きさが予想されます。

f0078320_13481154.jpg
f0078320_13481665.jpg
f0078320_13482404.jpg
f0078320_13483018.jpg
f0078320_13483455.jpg
f0078320_13483936.jpg
f0078320_13484596.jpg
f0078320_13485055.jpg
f0078320_13485582.jpg
↓2/13撮影
f0078320_14034260.jpg
f0078320_14034811.jpg






【収容室②】2頭



※2/20レポート初登場 (1/29他抑留所より移送)

▽茶黒白 長毛 オス 1-2歳 14キロぐらい

仲間と思われる3頭でいたそうで、3頭一緒に移送されて来ましたが
この子だけは尻尾を振って近づくようになっていたそうです。
おそらくはほぼ野良っ子のような生活だったと思われ
ロープなどで引かれることにはとても抵抗します。

写真は何枚も撮ったのですが
床に張り付いて全く動かなかったので
ほとんど同じ写真ばかりになってしまいました。

まだ不安いっぱいで興奮もしていたので
無理に撫でたりなどもしていません。
もう少し落ち着くのを待ちたいと思います。
f0078320_13354735.jpg
f0078320_13355130.jpg
f0078320_13355653.jpg







※2017/8/29よりレポートに登場(2017/6/15収容)
▽ビーグル雑? メス 4−5歳 12-3キロ

ケージから出す一瞬だけバタバタして
すぐに端っこで落ち着きを取り戻し
手からおやつを食べる。という一連の流れはここ数週間変わらず
この日は少し歩かせてみることにしました。
おやつで誘導し、部屋の中央までは難なく移動できました。

f0078320_12352257.jpg



そこまで来てハタと自分が部屋の中央まで来ていることに気が付いたみたいで
急に立ち止まってしまいました。

f0078320_12352790.jpg


f0078320_12353180.jpg


その場に座り込んで
ロープを引かせないようにしながらも
差し出したおやつはしっかりと食べていました。

f0078320_12353774.jpg


f0078320_12354104.jpg


f0078320_12354647.jpg


f0078320_12355207.jpg


f0078320_12355656.jpg


f0078320_12360234.jpg


f0078320_12360746.jpg

部屋の中央まで、ほんの数歩ですが
繰り返し何度か歩けました。
途中、怖がって暴れることがあっても
すぐに落ち着くこともできています。

一緒に歩くことができたら
距離もグンと縮まると思いますので
いつかは外に散歩に行けるよう、できる範囲で対応していきたいと思います。

f0078320_01324645.jpg


↑以前のレポートより







収容室① 1頭



※217/12/12よりレポートに登場 (2017/10/19収容)
茶黒長毛 オス 4歳ぐらい 13-4キロ

部屋の扉を開けると自ら出てくるようになりました。
おやつも手からパクパク食べられ
頭や体を撫でられることにも抵抗は見せません。
捕獲されて間もなくは唸ったりしたそうですが
今は全くその素振りは見られません。
ロープで引かれることにはまだ抵抗を見せますが
次回から時間に余裕があれば少し歩かせてみようと思います。
外をうろうろ放浪していた子のようなので
外が怖いということはなく、リードに慣れていないだけなので
何度か経験させて慣らしていければと思います。

f0078320_12275457.jpg


f0078320_12275814.jpg



f0078320_12274593.jpg



f0078320_12274979.jpg



f0078320_12273553.jpg



f0078320_12274074.jpg



f0078320_12273055.jpg






# by centre_report | 2018-02-22 14:15 | 愛護センターレポート

2/20センターレポート 4日目部屋  3頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。


先週レポートより転載しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。



お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)







※2017/5/30よりレポートに登場(2017/5/25他抑留所より移送)
▽茶黒 オス(去勢済) 1歳ぐらい 10.8キロ

この部屋では最年少の男の子です。
収容期限が長くなり、あと数ヵ月経てば2歳になります。
他のビビリっ子達に影響されていることと、部屋が広く
逃げるスペースがあることで
以前よりも人との距離が離れてしまったように思います。
ただ、投げ与えたおやつはいち早く食べに来ます。
幼いころからこうやって人とは一定の距離を保ちながら
生きてきたのかもしれません。
食べ物には強い関心のある子なので
それをうまく使って距離を縮めるきっかけは取りやすいと思います。
f0078320_12135928.jpg


f0078320_12140474.jpg


f0078320_12140908.jpg


f0078320_12141659.jpg


f0078320_12142155.jpg


f0078320_12142639.jpg







※28/8/2よりレポートに登場(28.7/28他抑留所より移送)
▼黒茶 オス(去勢済) 2-3歳 5歳ぐらい 12キロ

いつものように、スノコの上で逃げもせずに黒い子と固まっていました。
おやつを差し出すと首を伸ばして
躊躇せずに手からパクリと食べてくれました。
手から食べ物を受け取れるだけあって
他のどの子よりも落ち着いて人に接することはできると思います。
とは言っても、まだ身体を拘束したり抱き上げたりということは
あまりにもハードルが高いように思います。
食べ物には関心が高い子なので、それをうまく使って
少しでも距離が縮められるよう、まだまだ時間と理解は必要だと思います。

f0078320_12163732.jpg


f0078320_12164137.jpg


f0078320_12164540.jpg


f0078320_12165838.jpg


f0078320_12173040.jpg





※28/8/2よりレポートに登場 (7/28他抑留所より移送)
▼黒 オス(去勢済) 4-5歳 2-3歳 16キロ

ビニールからおやつをごそごそ出していると
ほんの少し身を乗り出したので
手から食べてくれるかと思い差し出したところ、急で怖かったのか
ウガッ!!と怒られてしまいました。
仕切り直して、仲直りすべく隣に座っておやつを
この子の前足先に置いてみたらようやく食べてくれました。
怖いと感じたらしっかりそれを意思表示する子なので
他の子よりも感情はわかりやすいです。

最初の頃は人がいたら食べ物を口にすることはできませんでしたので
少しずつでも進歩はしていると思います。
O看護師さんのお話ですと
以前から置いたおやつは食べることができていたのだそうで
いつも接してくれる相手のことはきちんと認識して
この子なりに少し心を開いているのかもしれません。

f0078320_12191717.jpg


f0078320_12192188.jpg


f0078320_12192794.jpg


f0078320_12193100.jpg




レポートは続きます。



# by centre_report | 2018-02-22 13:25 | 愛護センターレポート

2/20センターレポート 旧子犬舎   5頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。

引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


※先週レポートより転載します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)






<1-1>2頭



収容室③より移動
※1/30よりレポートに登場 (1/18引き取り収容)

▽薄茶 オス 生後7ヵ月(飼い主申告) 
6.75キロ(痩せ過ぎ;適正8-9キロ)
E部屋No.1の子供と思われます。

環境に慣れてきたためか、この子本来の活発さ、元気さが出ていました。
ケージの中から元気良く吠え、早く自分のところに来てほしいと
一生懸命アピールしていました。
抱っこしても一切抵抗することなく
甘えん坊でとても愛嬌のある子です。
歯の汚れ具合や皮膚の感じからすると
とても生後7ヵ月には見えないのですが
無邪気にはしゃぐその動き方は子犬そのものです。

元気の良いメスと会わせてみたのですが
全く気にすることなく少し匂いを嗅いだだけで、あとは関心持たず
一緒に並んでおやつを食べていました。

f0078320_12394902.jpg


f0078320_12395517.jpg


f0078320_12400025.jpg


f0078320_12400938.jpg


f0078320_12401414.jpg


f0078320_12402212.jpg

後肢の様子は以前見た時より不自然さがなく
歩き方に問題もなさそうでした。




※2/6よりレポート登場 (1/25収容)
▽茶黒 オス 5-6ヵ月 6-7キロ

人馴れ抜群とは言えないものの、
人のことをそれほど怖いとは思っていないようで
自分から近づいてくることはあまりありませんが
逃げ回ることもなく、体にも触ることができます。
まだ子犬ちゃんですが比較的おとなしめの子です。
まだこちらの環境に慣れていないだけかもしれません。


先週よりも少し大きくなった印象です。
この時期成長も早いのだと思います。
テリア系の血が入っていると思われ
マズルも大分長くなってきてお兄ちゃんぽいお顔に
なってきました。
足がとても大きいので大きく成長しそうです。
もう少し子犬らしくはしゃぐ姿も見てみたいと思いますが
また日が経てば変化を見せてくれそうな予感がします。

f0078320_01370554.jpg

f0078320_01374787.jpg
f0078320_01381771.jpg
f0078320_01384765.jpg
f0078320_01391875.jpg
f0078320_01394775.jpg
f0078320_01401834.jpg
f0078320_01404767.jpg







<1-2>1頭

※8/29よりレポートに登場(8/22収容)
▽茶白黒 オス 4歳ぐらい 7- 8キロぐらい(10/24訂正)


この日は外スペースに出られる窓が閉まっていたので
この小部屋のドアを閉めて逃げられない状態で
この子と向き合ってみました。
ゆっくり近づいてもやはり逃げようとしていましたが
隅っこでお座りした状態で固まってしまいました。
いつもは逃げられるスペースがあるので
この子に触ることができませんでしたが
じっとしている時にゆっくり体を撫でてみると
ちょっとビクっとはしましたが触ることができました。
空噛みをしたり、攻撃的になるようなことは
全くありませんでした。

近くでよく見ると顔に小さな傷痕がいくつかあったので
放浪中に自分の小さな体を守るために
争うこともあったのかもしれません。
大きな瞳で不安そうにこちらを見つめる姿は
せつないものがあります。
それでもこの子としっかり向き合っていけば
心を開いてくれるはずです。
逃げ回るのがクセになりつつあるこの子にも
人の暖かさや優しさを教えてあげたいと思います。

f0078320_01495780.jpg
f0078320_01502955.jpg
f0078320_01505921.jpg
f0078320_01515995.jpg
f0078320_01512982.jpg
f0078320_01523059.jpg
f0078320_01525978.jpg







<1-3>1頭

※28/8/2よりレポートに登場(28.7/28他抑留所より移送)

▽薄茶 メス  2ー4歳? 11-12キロ

2/13追記:
この日も手のひらに乗せたおやつをあげる時に
体に触ってみましたが、前回同様お口が出ることは
ありませんでした。
ここまでくるのに1年半を要していますので、
これからもゆっくりとこれを続けていって
決して無理せず、この子のペースで向き合ってあげたいと
思いました。

↓↓以下、先週レポートより転載します。
今日も静かに部屋の隅で伏せていました。
手から直接おやつを食べることは普通にできますが、
手のひらに乗せたおやつをあげたことがなかったので
この日は手のひらに乗せてあげたところ、
躊躇なく食べることができました。
この子を撫でてあげたいと思ってもなかなか警戒して
触らせてくれなかったのですが、
手のひらにおやつを乗せてあげた時に
ふと体に触れた状態になりました。
全く反応することなく、おやつを食べてくれました。
これはおやつをあげている延長で体に触れれば
警戒しないのではないか?と思い、
手のひらの裏側でおやつをあげながら
そっと撫でてみました。
すると、やはり抵抗することなく撫でる手を受け入れてくれたのです!
ようやくこの子に触れることができて本当に嬉しかったです。
いつもは腰の方を撫でようとすると警戒していたので
おやつをあげる手と撫でる手が同じだということを
はっきりと感じてくれることが出来たのではないかと思います。
これからも焦らずこれを続けていきたいと思います。
少しでも恐怖心や警戒心がとけてくれたら嬉しいです。

f0078320_02123051.jpg


f0078320_02123596.jpg


f0078320_02124248.jpg



f0078320_02124783.jpg









<1-4>1頭

※2016/2/16よりレポートに登場 (2/1収容)
▽黒白 メス(不妊済) 10歳~? 13-4キロ

※不妊手術のために不在でしたので
 以下、先週レポートより転載します。

年末、少し体調を壊したとのことでしたが
この日はいつもと変わらず元気におやつを食べていて
安心しました。

もうすぐここでの生活が2年を経過してしまいます。
同室になる子がどんどん変わっていく中でも
争いを起こすこともなく、
どの子ともうまくやっていける心優しい子です。
確かに収容当初からしばらくは人を避けるように
逃げ回っていた子ではありますが、
今ではそこまで人を避けることもありません。

だからといって人馴れしたとは言い難いですが
おやつを差し出せば寄って来て
手から直接食べてくれるようになっていますし、
おやつを持っていなくても手を差し出せば
クンクンと匂いを嗅ぎに来てくれたりもします。
そばを通った時に体を触っても
お口が出るようなことはありません。
収容当初に既にシニアの年齢であったと思われ
それでもいつこの子に会っても元気にしているのを見ると
残りの犬生を一日でも長く、家庭で過ごせる日が
やってくることを願わずにはいられません。

f0078320_02284431.jpg

f0078320_02284912.jpg

f0078320_02285691.jpg

f0078320_02290408.jpg



レポートは続きます。




# by centre_report | 2018-02-22 13:21 | 愛護センターレポート

2/20センターレポート 子犬舎    9頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。

営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。

先週レポートより転載しています。


今週も、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)





<2-5>3頭

※1/30よりレポート登場(1/25収容)
▽白茶 オス 5-6ヵ月 7-8キロ

先週見た時よりもまた大きくなっていたように
感じました。
人馴れ抜群という感じではありませんが、
人が怖くてたまらないという感じでもなく
体を触ったりするとサササ~っと逃げていこうとします。
おやつを手から食べることもできますし、
この程度のビビリ具合ならば家庭に入ってしまえば
すぐに甘えん坊に変身しそうな子です。
すばしっこく逃げ回っていても
抱っこしてしまえば大人しくなってしまって
そのギャップがまた笑えてしまいます。
f0078320_11220587.jpg
f0078320_11221536.jpg
f0078320_11222609.jpg
f0078320_11224518.jpg
f0078320_11225416.jpg
f0078320_11230811.jpg
f0078320_11231688.jpg
f0078320_11232714.jpg



※1/9よりレポートに登場(12/26収容)

▽黒茶 オス 生後6ヵ月ぐらい 8-9キロ

少しシャイな子で壁際にへばりついていますが、
体を触ったりすることに抵抗することはありません。
ゆっくり近づけば大丈夫なようですが
急な人の動きはちょっと苦手なようです。
半垂れ耳でとても優しそうな瞳をしている子です。
一番いろいろなことを吸収できる時期ですので
一日も早く家庭に入れてあげて
いろいろな経験を積ませてあげることで
人が大好きな子になると思います。

f0078320_11362464.jpg
f0078320_11360488.jpg
f0078320_11361580.jpg
f0078320_11363211.jpg
f0078320_11364286.jpg
f0078320_11365810.jpg
f0078320_11370669.jpg
f0078320_11424247.jpg



※6/20よりレポートに登場 (6/8収容)
▽茶白 オス 1歳ぐらい(12/28修正) 13-4キロ(11/14修正)

すでにここでの生活が半年を越えてしまい、
収容当初はまだまだ子犬だったこの子も
すっかり立派な体格の男の子になりました。
少し前までは体を触ろうとすると抵抗していましたが
今では体を触ることも撫でてあげることも抵抗することは
ありません。
こちらの部屋に次々に入ってくる子犬たちが
はしゃぎ回ってこの子にぶつかったり乗っかったりしても
決して怒ることもなく、とても優しい子だと思います。
大きな瞳でとても綺麗なお顔をしている子です。
この子にも人の暖かさが感じられるおうちの中での生活を
一日も早く過ごしてもらいたいと思います。
f0078320_11414157.jpg
f0078320_11415164.jpg
f0078320_11415957.jpg
f0078320_11420915.jpg
f0078320_11423499.jpg
f0078320_11425396.jpg






<2-6>2頭

f0078320_11445830.jpg


※6/13よりレポートに登場 (6/2収容)
▽茶 オス 1歳ぐらい 13-14キロ
(11/14修正)

とても穏やかな子なのですが、
この日子犬舎を訪問すると、隣の部屋のナイトと共に
外に向かってワンワン吠えている姿を始めて見ました。
半年を過ぎて大分慣れてきたのかなぁと少し嬉しくなりました。
こちらの部屋に入ると途端にソワソワしてしまうのですが
それでもゆっくり近づいてあげれば逃げ回るようなことも
なくなってきました。

体を触られることにも大分なれてきたようで
おやつをあげながらゆっくり触ってあげると
最初こそビクっとしますが、その後は落ち着いていられます。
この子も収容当初はまだ小さな子犬ちゃんでしたが
すっかり大人に近づいてきて立派になってきました。
とても端正な顔立ちをしていて、一目を惹きそうな子です。
この子にも暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_11505025.jpg

f0078320_11503806.jpg

f0078320_11510739.jpg

f0078320_11520689.jpg

f0078320_11512300.jpg

f0078320_11511526.jpg

f0078320_11521515.jpg

f0078320_11505735.jpg




※8/1よりレポートに登場 (7/27他抑留所より移送)
▽薄茶 オス 10ヵ月(1/30修正) 10-11キロ(11/14修正)

少し前まではこちらの小部屋をあけてあげると
同室の男の子にずっとついて歩いて
せわしなく動き回っていましたが、
現在ではドアを開けても慌てて出てくるようなことはなく、
じっとその場に固まっているようになりました。
この人たちが来ても何も怖いことはしないんだなと
理解してくれたのかもしれません。

ただ、おやつはまだ手から食べることができず、
口の中におやつを差し込んでもそのままの状態でいて
お口を動かすこともなかなかできませんでした。
緊張しているからなのだと思いますが
決して震えていたりすることもありません。
まだまだ幼いこの子にも
人の暖かさを教えてくださる方はいらっしゃいませんか。
f0078320_12113593.jpg

f0078320_12114781.jpg

f0078320_12115683.jpg

f0078320_12120491.jpg

f0078320_12121280.jpg

f0078320_12122163.jpg

f0078320_12122919.jpg







<2-7>2頭

f0078320_12134508.jpg


☆ナイト
※2/14よりレポートに登場(2017/2/3収容)
▽黒(茶) オス(去勢済) 1歳 16.5キロ 

いつも子犬舎に近づくと
ナイトの威勢のいい声が響いてきます。
あぁ、今日もナイトは元気にしているな、と
ニヤニヤしながら子犬舎に向かうことができます。
子犬舎の中に入ってもいつもワンワンと吠えていますが
この日はそれほど吠えていませんでした。
小部屋のドアを空けてあげるとすぐに出てきて
おやつを持っているメンバーに釘付けです。

ただ、この日は少し慎重になっていたようで
かなり腰が引けた状態でおやつをもらっていました。
ナイトは人を見る子で、初めて会う人がいると
警戒するというか緊張からか慎重になる傾向があります。
人の声もしっかり届く子ですし、
すごく頭を使える賢い子だと思います。
ナイトもここでの生活が1年を過ぎてしまいました。
警戒吠えが目立ってしまいますが、
コミュニケーションを取り易い子だと思いますので
ナイトにも目を向けて欲しいなと思います。
f0078320_12373775.jpg

f0078320_12380884.jpg

f0078320_12383883.jpg

f0078320_12390871.jpg

f0078320_12393847.jpg

f0078320_12400886.jpg

f0078320_12403960.jpg

f0078320_12410971.jpg




☆ゴーヤ 
※10/24よりレポートに登場(10/10収容 )
▽茶白 オス(去勢済) 1-2歳 8.25キロ

相変わらず壁にへばりついていました。
少し威張りん坊のナイトとも争うことなく
一緒にいられる子ですので、
人の前ではこんな状態ではありますが、
しっかりと芯の通った子なのだと思います。
ゴーヤに注目したり、カメラを向けたりすると
こちらを見ることはないのですが
少しこちらが向きを変えてナイトを構ったりしていると
気になるのでしょう、チラチラとこちらを伺う様子を
見せてくれます。
それでも体を撫でたり、撮影する為に顔を持ち上げたりしても
抵抗することはなく、ましてや攻撃的になることもありません。
とても優しい子だと思いますので
やはり人と一緒にいる時間が長ければ
少しずつ人馴れも進んでいくものと思います。
f0078320_12472887.jpg

f0078320_12473939.jpg

f0078320_12474827.jpg

f0078320_12480298.jpg

f0078320_12481056.jpg

f0078320_12481972.jpg

f0078320_12482772.jpg

f0078320_12483438.jpg







<2-8>2頭

f0078320_12494385.jpg


※1/9よりレポートに登場(12/22収容)
▽茶白 メス 生後5ヵ月ぐらい 5-6キロ

シャイな子で、少し臆病なのだと思いますが
こちらをしっかりと見ているので
人とどう接していいかわからないだけなのかなと
思ったりもします。
こういう子にはとにかくいろいろな経験をさせてあげることが
一番大事かなと思います。
しかもまだまだ生後半年程度の子ですから、
一番いろいろなことを吸収できる月齢でもあります。
体を触ったりしてももちろん抵抗しませんし
それほど震えたりもしていません。
できるだけ早いうちに人と一緒にいる生活を
させてあげたいと願わずにはいられません。
f0078320_12542026.jpg

f0078320_12543082.jpg

f0078320_12543774.jpg

f0078320_12544592.jpg

f0078320_12545420.jpg

f0078320_12550339.jpg

f0078320_12552607.jpg

f0078320_12551172.jpg





※1/9よりレポートに登場(12/28収容)
▽茶黒 メス 生後5ヵ月ぐらい 5-6キロ

人が怖くてたまらないのか、
とにかくすばしっこく逃げ回る子です。
小部屋の外に飛び出してきたときに端っこで固まったところを
一緒に横に座って落ち着かせると
諦めたのか、少し落ち着いてきたのか
じっとすることができました。
その後抱っこしてみると、最初は緊張からか
足が伸びきってしまいおかしな格好になってしまいましたが
しっかりと抱き上げると
そのまま暴れることもなく上手に抱っこされていました。

かつてこちらの子犬舎で同じように人が怖くて
ずっと逃げ回り壁をよじ登ったりする子がいましたが
毎週メンバーがしっかり抱っこし続けたところ
引き出し直後からすっかり家庭犬として子犬らしさを
見せてくれています。
この子もこうして毎週接してあげることで
人への恐怖心を払拭してあげられたらと
願わずにはいられません。
f0078320_13072924.jpg

f0078320_13074030.jpg

f0078320_13074923.jpg

f0078320_13075720.jpg

f0078320_13080536.jpg

f0078320_13081464.jpg

f0078320_13082294.jpg

f0078320_13083039.jpg




レポートは続きます。



# by centre_report | 2018-02-22 13:18 | 愛護センターレポート