ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:高野 hinanon3322★yahoo.co.jp (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ

◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
センターレポート・猫編
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


2019年 05月 08日 ( 1 )

5/7センターレポート 子犬舎2頭・旧子犬舎1頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


Y.Yさんのレポートです。
加筆・修正しています。



引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田





子犬舎 2頭

<2-6> 

☆デーブ
※2018/10/16よりレポートに登場(2018/10/9収容)
▽8219 茶 オス 3歳 4-5歳 20キロ 18キロぐらい

優しい目をした男の子です。
収容当時はかなり体重があり、ぽっちゃり体型でした。
体型やフィラリアの影響か咳もひどかったため、
センターでも治療・体調管理されており、
以前と比べるとだいぶスッキリした体つきになっています。

穏やかな性格でおっとりしており、人も大好きです。
毎日、職員さんに散歩に連れて行ってもらっていますが
人の指示を聞いて、ゆったりと歩くことができます。
引き続き、運動やフィラリアの治療は必要ですが
家族と暖かい家庭で過ごすことができるならば
デーブにとって理想的だと思います。
いつも笑顔のデーブをこの先も優しく迎えてくれる家族に巡り会えますように。

f0078320_18245196.jpg
f0078320_18250921.jpg
f0078320_18253614.jpg
f0078320_18283343.jpg
f0078320_18295432.jpg
f0078320_18301187.jpg
f0078320_19065721.jpg
f0078320_18302453.jpg







<2-8>

☆じぞう
※3/12よりレポートに登場 (3/4収容)
▽18365 黒茶 オス 8歳程度 12.8キロ
飼い主募集中!!No.18365

部屋から出るのをためらったり
そっと手を出しても近づくのが慎重だったりと
少しシャイなところがあります。
ですが人馴れはしており、撫でたり抱っこしたりもできます。
おやつも大好きで手まで食べる勢いです。

この日は撮影中にやけに外へ続く扉の方を気にしていました。
ちょうど毎日の散歩の時間だったようで
撮影のすぐあとに職員さんに散歩に連れ出してもらっていました。

じぞうは散歩が好きなようで楽しそうに歩いていました。
いつも室内で撮影するときは真顔であまり表情が豊かではないのですが、
散歩中のじぞうはにこにこの笑顔になっていて
しっぽもくりんと上に向きふりふりしており
楽しい!嬉しい!の気持ちが伝わってきました。
じぞうをたくさんお散歩してくれるような方の目にとまりますように。

f0078320_19073328.jpg
f0078320_19075041.jpg
f0078320_19080803.jpg
f0078320_19082667.jpg
f0078320_19085793.jpg
f0078320_19091579.jpg
f0078320_19094053.jpg
f0078320_19100372.jpg
f0078320_19191773.jpg





旧子犬舎 1頭


<1-3> 

☆ギョウザ
※2018/3/20よりレポートに登場(2018/3/9収容)
▽1547 白・薄茶 メス 1歳ぐらい 10キロ程度

大きな耳と美しい目が印象的な女の子です。
すでに1年以上センターで過ごしています。
手からおやつを食べることはできるのですが、
体を触られるのはどうしても嫌で、
自分をさわろうとする人の手はいまだに受け入れてくれません。
何か怖い思い出がギョウザの心に深く刻まれているのでしょうか。
どうか、人の手が怖いものではなく、
暖かいものなのだと少しでもギョウザに思ってもらいたいです。

センターのこの部屋で、独りの日々を送るのではなく、
人と一緒に暮らして、少しずつ経験値を上げていける環境が望ましいと思います。
一緒に生活を共にして、ゆっくりギョウザの心を溶かして
時間をかけてギョウザに寄り添ってくれる方と巡り会えますように。


f0078320_12465222.jpg
f0078320_12470336.jpg
f0078320_12471182.jpg
f0078320_12472867.jpg
f0078320_12482474.jpg
f0078320_12483678.jpg
f0078320_12485868.jpg
f0078320_12463992.jpg









レポートは続きます。




by centre_report | 2019-05-08 19:34 | 愛護センターレポート