ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
センターレポート・猫編
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


2019年 03月 21日 ( 6 )

3/19センターレポート 収容室①②③ 4頭


※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田




★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。





収容室① 2頭

☆かのこ
※10/16よりレポートに登場 (8/21収容)
▽18220 茶 メス(不妊済) 3歳ぐらい 12キロ(やせぎみ)


今回も部屋から自由に出てこられるよう
ケージ扉を開けると、急いで出てきて大と小を済ませていました。
自分の寝床は汚したくない、とてもきれい好きなかのこ。
自由にトイレがしたいだろうに
外に出してもらえる時をジッと待ているかのこを想うと
切なくなってしまいます。
人に完全に心を許すまでにはまだまだ時間は掛かりそうですが
大人しく静かな子なので、家庭に入ったからといって
急に人間側の生活の何もかもかわってしまうようなことには
ならないように感じます。
家庭犬としてはまだまだ学ばないといけないことが
かなり多くありますが、心のリハビリを焦らずに
ゆっくり行ってくださる方とご縁がありますように。
f0078320_23054272.jpg


f0078320_23055650.jpg


f0078320_23060729.jpg

f0078320_23062735.jpg


f0078320_23063468.jpg


f0078320_23064125.jpg






※1/29よりレポートに登場 (1/28他抑留所から移送)
▽18321 茶 オス 2歳ぐらい 13キロ程度

ケージの外に出てこようとはしませんでしたが
差し出されたおやつはちゃんと手から食べることができていました。
野良っ子のような感じでもありませんので
人に飼われながらも、あまり飼い主以外との人と
関わる経験がないまま成長してきたものと思われます。

まだ2歳程度の若い子なので、これからの人との関わり合い方次第で
もっともっと明るい面が引き出されるかもしれません。
ビビり度合はそう深刻な感じではなく
比較的早く家庭には慣れそうですが
リードで引かれることにはあまり慣れていないので
散歩などは最初は抵抗するのかもしれません。
でも最初はおどおどしながらでも
外でいろんな刺激に触れて、様々な経験を積ませてあげたい子です。

f0078320_23093659.jpg


f0078320_23094350.jpg


f0078320_23094918.jpg


f0078320_23095798.jpg



↓以前のレポートより
f0078320_03141240.jpg


f0078320_03141964.jpg









収容室② 1頭



☆じぞう
※3/12レポートより登場 (3/4収容)
▽18365 黒茶 オス 8歳程度 12.8キロ

f0078320_23013278.jpg


f0078320_23013963.jpg


f0078320_23014605.jpg


f0078320_23015286.jpg


f0078320_23015838.jpg


↓コメントは先週レポートより転載します。
黒柴風の男の子で、身体は柴よりも大きく
決して弱々しそうには見えませんが
ケージから外に出そうとしたら、何をされるか不安だったのか
小刻みに震えていました。
困ったような表情で震えている姿は
見ているこちらが切なくなるほどで
思わず抱きしめて守ってあげたくなるような雰囲気です。

穏やかで優しい性格といった印象で
和犬の凛々しい感じや強い感じは全くなく
頼りなげで不安気で、そこが妙に気になってしまう
独特の可愛らしさがあります。

抱き上げても一切無抵抗でしたので
人との関わりは多少あった中で育ってきたものと思われます。
シニアの域に達しているようではありますが
見た感じでは痩せてもおらず体調にも問題はなさそうです。
この子が心から安心して暮らせるような
温かく優しいご家族と出会いがありますように。
f0078320_20123961.jpg

f0078320_20134416.jpg

f0078320_20135123.jpg

f0078320_20135772.jpg

f0078320_20140367.jpg

f0078320_20140857.jpg





収容室③ 1頭



※11/6よりレポートに登場 (10/24収容)
▽18240 茶 メス 2歳程度 11キロぐらい(痩せすぎ)


f0078320_22583280.jpg


f0078320_22583745.jpg


f0078320_22584298.jpg


f0078320_22584750.jpg


↓コメントは先週レポートより転載します。

最初の頃に見られた、プチパニックのような様子は
殆ど見られなくなりました。
端っこに誘導すると大人しくそれに従い
落ち着くまでの時間もぐっと短くなりました。

最近は犬用チュールでなくても、固形のおやつも
人の手から食べられるようになっています。
訳も分らずセンターに収容されて、不安でいっぱいだったと思いますが
時間の経過と共に、恐怖心からくる怯えのピークは過ぎたようで
少し周りを見回すような余裕もほんの少し出てきたようです。

怯えからくる咬みなどもなく、安心して触れることができる子です。
今のままだとこれ以上の変化は望めないかもしれません。
家庭犬としての再出発をさせるには
普通の家庭で人との暮らしを見せて慣らせてあげることが
一番の近道かと思います。
どうかお気に留めて見ていただければと思います。
f0078320_20074382.jpg


f0078320_20063998.jpg

f0078320_20065664.jpg

f0078320_20073727.jpg

f0078320_20091380.jpg

f0078320_20075178.jpg



レポートは続きます。



by centre_report | 2019-03-21 23:11 | 愛護センターレポート

3/19センターレポート 別室     4頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。



*一番下のバズ以外は、写真・コメント共に転用してます。






※2018/9/18よりレポートに登場 ( 2018/6/16他抑留所より移送)
▽18183 薄茶(半長毛) メス 1歳ぐらい 12キロ前後
f0078320_21465541.jpg

f0078320_21470736.jpg

f0078320_21471756.jpg

f0078320_21472806.jpg

f0078320_21474033.jpg

人馴れしていないので、より人と係わりを持てるようにと、
毎日ランに出してに繋ぐようにされています。

この子は、私の動きに合わせて、常に動いていました。
それでも、以前のフリーの時とは違って、
繋がれていることは理解できているようで、
バタバタと動くようなことはありませんでした。

職員さんによると、この子はこちらがゆっくり動くことで、
恐怖が和らぐようだとのことでした。
クレートに入れて室内⇔ランを移動させているのですが、
ゆっくり手を入れれば、首にかけたチェーンも落ち着いて取れるそうです。
本当に個々の様子をよく見て対処されていることに感心しました。

人馴れに変化はまだ見られませんが、
関わる上での突破口みたいなのが見つかれば、
少しは関わり易いかと思います。
姉妹と比べるとこの子の方が諦めが早いそうです。

それでも、時間をかける必要があると感じます。
家庭に入れて時間をかけることが一番の近道でしょうが、
向き合う時間を十分持つことができる環境が望ましいと思います。

この日は小さな変化ですが、
感じることができました。
今まではオヤツを見せても、
逃げることばかり考えているような動きをしていましたが、
この日は置いたオヤツから目を離さず。
そのまま座って動かずに見ていたら、
咥えて、少しでも私から遠い位置に持って行き、
それから食べていました。


2/12追記
人への警戒心を和らかせるため、
職員さんが時間を割いて、
体を撫でに来てくれました。
普段、お世話をされているので、
この子と係わる上でのコツのようなものが、
わかっているのでしょうか。
ジタバタと動き回ることもなく、警戒はしながらも、
ちゃんと人の手を受け入れていました。
時間はかかっても、しっかりと向き合うことで、
こんなこともできるようになるんだとわかったのは、
とても良かったです。

他の子と比べず、
この子の頑張りと、上手に向き合って下さる方の目に、
どうか止まりますよう、祈っています。










2018/9/18よりレポートに登場 ( 2018/6/16他抑留所より移送)
▽18182 茶白(顔一部黒) メス  1歳ぐらい 12キロ前後
f0078320_21480115.jpg

f0078320_21480916.jpg

f0078320_21481896.jpg

f0078320_21482861.jpg

良いことも悪いことも、色々と吸収する大切な時期にいます。
人に対して強い警戒心を持っている様子を見て、
この子も、人の存在をより多く感じられるようにと、
毎日ランに出して繋ぐようにされています。

写真撮影中、微動たりともせず私をジッと見ていました。
一生懸命に考えているかのようでした。
表情を見ていても、賢いように感じます。
賢いが故、過去に少しだけ関わって来た人との嫌な思いが、
どうしても忘れられないのかなと想像してしまいました。

ランに繋留されている状況からまた室内に戻る。
この一連の流れは覚えた様子で、
しかしまだその流れに慣れることはできず、
職員さんの登場にかなり抵抗していました。
職員さんたちも一生懸命で、この子と係わる上での癖など、
とても良く観察していて、クレートに入れて上手にチェーンを外していました。
先週までは毎回歩かせる努力をしていましたが、
ここの移動はクレートINに変えて様子を見ているようです。

上↑ のコよりも、警戒心が強いと感じます。
かなり頑なだと聞きましたので、
毎日コツコツと、時間をかける必要があると思えます。
職員さんの関わり方をよく見て来たいと思います。

3/12追記
日によってですが、
この子が人が目の前にいても、
オヤツを食べてくれるようにもなって来ています。
時間をかけ、一生懸命に考えて考えてから口にします。
いつもではありませんが、
こんな変化は嬉しくなります。








※2/26よりレポートに登場 (2018/12/21収容)
▽18352 黒 メス 2歳程度 14.5キロ

f0078320_22221228.jpg

f0078320_22222227.jpg

f0078320_22223163.jpg

f0078320_22225607.jpg

訪問の度、人馴れが進んでいるなと感じます。

↓以下コメント転用します!
12月下旬に出産間近の状態で捕獲収容され、年末に出産したママです。
頑張って6頭産んだのですが、
残念なことにうち3頭は死産。
2頭は翌日に亡くなってしまったそうです。
残った1頭も育ちが悪かったようですが、
無事に育て上げ、晴れてこの子も譲渡対象として紹介できるようになりました。
(仔犬はすでに、他団体さんが引き受けされています)

人馴れしているとは言えませんが、
決して人馴れしていないとも言えず、
初めは慎重に人の様子を見る子のようです。

こちらがいきなりランに入った時は、
かなり逃げ腰になったので、
ランの外に一旦出て、オヤツを置き離れて見ていたところ、
しばらくすると食べていました。
その後は柵越しに手であげてみたり、
そして今度は、中に入ってと、
段取りを踏んで接してみるとそのうち、
安心した様子で、表情もみるみる変わって来ました。

そう時間はかからずに、馴れてくれそうな気がしました。
お茶目な要素を持ち合わせているかもと感じた、
とても可愛らしい子です。

とても頑張ってママの役割を終えたこの子に、
飛びっきり大きな幸せのご褒美がありますように。






バズ
※2018/5/15よりレポートに登場 (2018/5/14他抑留所より移送)
▽18047 薄茶白 オス(去勢済) 1歳 12-13キロ

f0078320_22272145.jpg

f0078320_22273055.jpg

↓ コメントは転用します!

いつも訪問メンバーが撮影や引き出しの準備をしているスペースに
バズはつながれています。
職員さんの配慮で、人の存在を少しでも多く感じられるようにされています。

私達がバズを意識せずに動いている時は、さほどバタバタしなくなって来ていますが、
目が合った瞬間から、まだどうしたら良いのか挙動不審な動きが始まります。
それでも当初の様子を知る私達は、このコのほんの少しの変化は感じています。
バズが許せる距離をとってやりさえすれば、警戒はしながらも、
私達が見ている前でもオヤツを食べられるようになって来ています。

気が付けば、バズが当初見せていた威嚇行動も、今は目にすることはありません。
人馴れが進んでいる訳ではありませんが、
威嚇する必要がないようにこちらが対応することで、
この調子で、バズが少しずつ学習してくれることを願っています。

2/25追記
この日は、バズが犬用のチュールに興味を持ってくれたので、
様子を見ながら、いつもよりも距離を縮めてみることに、
挑戦してみました。
近づいた瞬間は、やはりバタバタと逃げ回り出したので、
無理強いはせずに、チュールを差し出してみたり、
垂らしてみたり、引いてみたり…。
結局、まだまだ人の手から受け取るには、
かなり高いハードルがあるようです。
バズにとっては、あの手この手と、

楽しみながら接することができる環境が好ましいのかなと思います。



以下↓19日撮影
f0078320_21592651.jpg
f0078320_22074527.jpg
この日は、近くにいた犬に近寄って来たので、
安全な距離を保ちながら、少しずつ寄せてみた所、
優しい対応ができるバズを発見。
相手の犬の性格にもよるかもしれませんが、
優しい先住犬がいるお家で生活することで、
比較的スムーズに馴染んで学んでくれるのでは。
との期待を持つことができる様子を確認しました。



レポートは続きます。


by centre_report | 2019-03-21 22:58 | 愛護センターレポート

3/19センターレポート B部屋3頭・D部屋2頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。



引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田



★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。




☆オレンジ

※3/12よりレポート登場(2/28他抑留所より移送)
▽18356 薄茶 メス(不妊済み) 8歳 12.3キロ


先週同様にかなり痩せた姿は痛々しい物がありますが
この子自身は悲壮感などはなく
人懐っこい普通の可愛い子と何も変わりがありません。
食欲はかなりあり、おやつとフードを少し与えましたが
瞬く間に平らげていました。
シニアらしく目の上にはイボがあり、目も少し白くなりつつありますが
元気はあり、よく動き、お散歩もとても好きそうです。

ただ、先週も紹介しましたように
痩せたこの子にはセンターでの環境に長く置くよりも
家庭で手厚くお世話をするに勝るものはありません。
センターでも色々配慮はしてくれていますが
残りの犬生、一日も早く温かい家庭に入ることができるよう
祈らずにいられません。
f0078320_21280470.jpg


f0078320_21281099.jpg


f0078320_21282524.jpg


f0078320_21283059.jpg


f0078320_21283747.jpg


f0078320_21292856.jpg









☆ういろう
※9/18よりレポートに登場 (8/16収容)

▽18178 黒白 オス(去勢済) 9歳ぐらい 15.4キロ
飼い主募集中!!No.18178

ういろうも収容当時から痩せていていましたが
今現在の方が骨格がハッキリしていて
より痩せてしまっているようです。
センターでは栄養価の高いフードを
満足に食べることができていると思いますので
ストレスなどの別の原因が影響しているのかもしれません。

セッターの血が入っていると思いますので
思いっきり走り回ったり、身体が疲れるほど身体を動かしたり
そういう環境に移ることができれば
ストレスも緩和し、もう少し健康的になるのかもしれません。
以前にも増して落ち着きがなくなっているので
次回は時間があればドッグランで遊ばせて様子を見ようと思います。

f0078320_21321551.jpg


f0078320_21322017.jpg


f0078320_21322507.jpg

↓先週レポートより

f0078320_02035426.jpg





☆ドロップ

※3/12よりレポート登場(2/27収容)
▽18363 茶垂れ耳 オス(去勢済) 3歳 13.75キロ


表情からもわかる通り、気の強さは微塵もなさそうです。
尻尾は誰かに噛み切られてしまったのか
事故にでもあったのか、ちぎれてしまっています。
どちらにしても過去とても痛い思いをし、
おそらくそれを独り乗り越えてきたのだと思います。

攻撃性などはなく、大人しい子で
こちらの様子もかなり慎重にうかがっていました。
安心すればもっと違う表情も見られるようになると思います。
お散歩には出ているそうなので
これから桜の咲く時期に、ゆっくりお散歩してくれる家族の下に
行くことができれば、そう時間を要さずに
環境に慣れてくれるのではないでしょうか。

f0078320_21342454.jpg


f0078320_21343039.jpg


f0078320_21343507.jpg







D部屋 2頭

f0078320_14055822.jpg








※2017/8/22よりレポートに登場(2017/8/10他抑留所より移送)
▼4941 茶黒 メス 3歳ぐらい 12-13キロ


以前、けたたましく吠えていた様子は今はすっかり見られなくなりました。
いつも姉妹の前にいながら吠えていたので
守ろうという気持ちが働いていたのかもしれません。
姉妹犬が預かりボランティア家庭に入り
別々に過ごすようになって、強がっていないといけない状況から一変し
良い意味で警戒心が少し和らいだのかもしれません。

姉妹犬を自宅で預かっているメンバーがこの部屋に入った時
珍しくこの子の方から近寄り
しきりに匂いを嗅いでいたそうです。

懐かしい姉妹の匂いに、何か感じるものがあったようです。
新しい生活に馴染みつつある姉妹犬に続いて
この子にも再出発を後押ししてくださる方と
巡り会えるよう願わずにはいられません。

f0078320_14061454.jpg


f0078320_14062588.jpg


f0078320_14063225.jpg


f0078320_14064095.jpg








※2018/3/6よりレポートに登場(2018/1/25収容)
▽5108 茶 メス(不妊済)2歳ぐらい
13-4キロ

ビビり度合、警戒心の強さなどは
同室の女の子よりもこの子の方が強いと思います。
人がいる時にはまだ一切食べ物を口にすることもできていません。

ただ、この子の良さは基本的な性格が
圧倒的に穏やかだということです。
今まで他の犬に喧嘩を吹っ掛けることもありませんでしたし
まだ警戒心の解けない私たちが
抱き上げたとしても口が出るどころか
鼻にしわを寄せたことも全くありません。

おそらく、今の環境のままでは
この子の性格からして、殻を破って人に寄りそうなんてことは
期待できそうもありません。
家庭でゆっくりと警戒心を解いてくださる方の目に
どうか止まりますように。
まだ若く、可能性に満ち溢れています。

f0078320_14123744.jpg


f0078320_14124426.jpg


f0078320_14125192.jpg



レポートは続きます。




by centre_report | 2019-03-21 21:35 | 愛護センターレポート

3/19センターレポート A部屋    6頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんさんとぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。




引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。



<A-Ⅳ>

※3/19レポート初登場 (3/7収容)
▽18369 白薄茶 メス 4歳程度 9.45キロ


先週、収容室にいた時にケージの中を除くと
怯えからか、小さく唸っていましたが
(それでも差し出したおやつは食べていました)
日が経過したのと、部屋を移動して落ち着いたのか
この日は唸りなどもなく、扉を開けロープを掛けると
素直に出てきてくれました。

よく野良っ子が捕獲される地域でこの子も捕獲されていますが
人に飼われていたのだろうと思います。
少しシャイなところはありますが、人馴れはしていて
あまり躊躇せずに自分から近づいてくることができていました。

お腹周りに触れるとヒャーと悲鳴上げていましたが
何をされるか分からず不安な気持ちから声が出てしまうようです。
私たちが座って対応していると
膝の上に後ろ向きに腰かけてきて
こうやって座ると、飼い主から優しく背中を撫でられたりしていたのかなと
過去を想像して切なくなってしまいました。
女の子らしい優しい目をしたこの子にも
安心して暮らせる家庭が見つかりますように。
f0078320_21105319.jpg


f0078320_21110131.jpg


f0078320_21110763.jpg


f0078320_21111260.jpg


f0078320_21111886.jpg


f0078320_21113861.jpg


f0078320_21114332.jpg






<A-Ⅴ>

※3/19レポート初登場 (3/1収容)
▽18375 茶 オス 5歳 12.4キロ


性格などを見極めるために保留となっていた子です。
その間、3度選定して譲渡に適すると判断されたそうです。
収容当時はいきなり環境が変わってピリピリした面もあったのか
口を向けるような仕草、フードガードなどあったそうですが
時間の経過とともに落ち着いてきたのと
あとなにより、ちゃんと食べることができるようになったことで

気持ちも安定したのだと思います。

この日はおやつを与えたり抱き上げたり
身体のあちこち降れましたが、怒ったり唸ったりなどはなく
むしろなんでもさせてくれる印象で、背中をガシガシ撫でると
気持ちよさそうに尾を上げて喜んでしました。

今後も注意深く観察してきたいと思います。

f0078320_21161030.jpg


f0078320_21161580.jpg


f0078320_21162088.jpg


f0078320_21163357.jpg


f0078320_21163999.jpg


f0078320_21164596.jpg


f0078320_21165096.jpg




<A-Ⅵ>

※3/19レポート初登場 (3/8収容)
▽18370 茶 オス 6歳 15.4キロ


人馴れしていて明るく素直そうな性格の男の子です。
人からおやつをもらい慣れているのか
「お座り」と言うと、ついでに伏せもお手もお代わりも
全部セルフで見せてくれるお茶目な子です。

毛があまりきれいではなかったので、外飼いだったのかなと思います。
時折飼い主さんからおやつをもらうことが楽しみだったのでしょうか。
少しこの子の過去を想像してしまいました。
触れることは問題なくできましたが
身体が大きめのオスでしたので、今回は抱き上げたりすることは
やめておきました。
また次週よく観察してきたいと思います。

f0078320_21201121.jpg


f0078320_21201747.jpg


f0078320_21202492.jpg


f0078320_21202968.jpg


f0078320_21203406.jpg


f0078320_21204059.jpg




以下、先週レポートより転載しています。


<A-Ⅱ>

☆かまど
※1/9よりレポートに登場(1/7他抑留所より移送)
▽18306 黒茶白 オス(去勢済)5歳程度 14キロ(やせぎみ)

飼い主募集中!!No.18306

人馴れ問題なしの元気な男の子です。
ベタベタ甘えてくるということはありませんが
どこを触られても嫌がることはありません。
ケージの中では早く出して欲しくて吠えていますが
ケージから出てくれば吠えることはありません。

収容当初から変わらないのは
外に出たくて仕方がないわりには
外に出てくるとどうしていいかわからず
匍匐前進のような体勢になってブンブンしっぽを振っていることです。
何かしようとすると叩かれていたりしたのでしょうか。
とにかく姿勢を低くしていることが多いです。
それでも以前に比べれば大分普通の姿勢でいられるように
なってきたと感じます。

足が長く、身体能力が高そうですので
脱走対策などには細心の注意が必要だと思われます。
たくさんお散歩に連れていってもらったり、
ドッグランなどでたくさん走らせてもらって
ストレスなく暮らせる環境のお宅に
迎えてもらえることを願っています。
f0078320_10445075.jpg

f0078320_10455001.jpg

f0078320_10461008.jpg

f0078320_10460034.jpg

f0078320_10462799.jpg

f0078320_10461903.jpg

f0078320_10463513.jpg

f0078320_10464783.jpg






<A-Ⅶ>

☆テンテン
※2/26よりレポートに登場 (2/15収容)
▽18351 ビーグル オス(去勢済) 6歳程度 8.35キロ

ビーグルというよりもバセットハウンドっぽい男の子です。
ケージから出してフリーにすると
とにかくずっと走り回っており
全く落ち着くことがないぐらい元気一杯です。
がしっと捕まえていないとずっとチョロチョロしていて
撮影ができませんでした。

甘えん坊なようなので、抱っこは好きなのだろうと思いきや
抱っこして立ち上がろうとするとバタバタと騒ぐので
落ちてしまうと危ないのでしゃがんだまま抱きついているのが
一番安全に接することができました。

この姿勢で抱きついていると嬉しいようで
さっきまでの暴れ具合が嘘のように落ち着いていました。
人恋しくて仕方がないのでしょう。
たくさん甘えさせてくれるご家族に迎えてもらいたいです。
f0078320_10490547.jpg

f0078320_10492039.jpg

f0078320_10492975.jpg

f0078320_10493936.jpg

f0078320_10494712.jpg

f0078320_10495793.jpg

f0078320_10500895.jpg

f0078320_10502661.jpg







<A-Ⅷ>

☆らんま
※12/28よりレポートに登場(12/19収容)
▽18300 茶黒 オス(去勢済) 6歳 12キロ程度
飼い主募集中!!No.18300

この部屋は頭数が少なくなってきているにも関わらず
犬たちの大合唱ですごくうるさいのですが
その最前線にたっているのが、このらんまです。
ただ、それも人が大好きで、ケージなどの狭い空間にいるのには
慣れていないだけなのです。

ケージ外に出てくればひとしきり皆に甘えにきては
部屋の外に行きたくて部屋の入口に向かって行く
そんな男の子です。
今すぐにでも家庭犬として人と一緒に生活していける子です。
収容当初の毛ぶきの悪さも今ではすっかり改善し
お腹まわりなどの脱毛していた部分もとても綺麗になっています。

たくさん甘えさせてくれて、たくさん一緒に遊んでくれる
ご家族に迎えてもらいたいと思います。
こんなに甘えん坊で人を全く疑うことなく信頼した瞳を
もう二度と曇らせることのないように
最期まで一緒にいてくれる方を待っています。
f0078320_10524981.jpg

f0078320_10531505.jpg

f0078320_10532794.jpg

f0078320_10534622.jpg

f0078320_10535418.jpg

f0078320_10540376.jpg

f0078320_10541257.jpg



レポートは続きます。



by centre_report | 2019-03-21 21:23 | 愛護センターレポート

3/19センターレポート 譲渡管理室 12頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


時々付き人さんのレポートです。

※写真はすべて3/12撮影で最新です。
一部のコメントは以前のものを引き続き転載しています。



引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。




☆ハゼちゃん
※2/19よりレポートに登場 (2/14収容)
▽18340 ビーグル オス 7歳ぐらい 14.15キロ

人馴れ抜群です。

純潔のビーグルかバセットだとは思いますが、
体高が更に低くて、どっしり君です。
決して太ってはいませんが、
ビーグルらしく、ギュッとお肉がつまっていて、
抱くと見た目以上に重かったです。

人恋しくてそばにいたくて仕方がない様子なのに、
この日は全く吠えることはありませんでした。
ビーグルにしては、とても大人しいと感じました。

抱っこは緊張はしていたものの、
問題なくできますし、暴れたりもしません。
性格は花丸で、人を見つめる目に微塵の疑いもありません。

一時は可愛がられていたでしょうに、
なぜセンターに収容されているのか、この子に原因があるとは、
微塵も考えられないほど良い子です。

シニアの域に差し掛かっているこの子の第二の犬生。
今度こそは、何があっても、
最期の日までそばから離さないで下さるお家の子になってもらいたい。
そう願ってやみません。

f0078320_09423253.jpg
f0078320_09425389.jpg
f0078320_09430946.jpg
f0078320_09432636.jpg
f0078320_09441064.jpg
f0078320_09450068.jpg
f0078320_09451945.jpg
f0078320_09453417.jpg
f0078320_09454899.jpg
f0078320_09460434.jpg

(3/12)
とにかく甘えん坊で食いしん坊、でもしつこく感じない上手な距離感のようなものを感じました。
人のそばに行く時、見上げながらさりげなく寄り添う姿は思わず抱き締めてあげたくなるほどです。
撮影中は全く吠えることがなかったのですが、職員さんの話によると野太い声で吠える時もあるとのことでした。






☆スコア

※2/5よりレポートに登場(1/31他抑留所より移送)
▽18326 ビーグル オス(去勢済) 6歳 11.15キロ

飼い主募集中No.18326


人馴れ問題ありません。
そばに行くと目一杯甘えて来て、
オヤツにも目をギラギラとさせて、
ビーグルらしく出されたものは、しっかりと食べてくれました。

細かいことにくよくよしない性格なのか、
あまり散歩にも出してもらってなかったのか、
前足に絡んだリードを取る気もないまま、
知らん顔していました。


とにかくガリガリに痩せていて、
背骨はゴツゴツ触れますし、あばら骨や腰骨はくっきりと
見えるほどです。
食欲旺盛の犬種が、ここまで痩せているなんて、
収容前はどれほど過酷な日々を過ごして来たのか、
見ていて切なくなるほどです。


個別にケアをしてあげられる環境で、
安心して過ごしてもらいたい。
心からそう願ってやみません。


f0078320_10042207.jpg
f0078320_10045186.jpg
f0078320_10050468.jpg
f0078320_10051541.jpg
f0078320_10052897.jpg
f0078320_10055174.jpg
f0078320_10043403.jpg
f0078320_10060861.jpg
f0078320_10061614.jpg
f0078320_10062598.jpg

(3/12)
何事にも一直線!という感じで、甘え方もおやつの受け取り方も一生懸命さが伝わってきます。
おやつと間違えて指を咥えてみたり、差し出す前からカバンの中を探してみたり、食いしん坊も相まって本当に一生懸命です。
他の犬の撮影中、ビーグル特有の野太い声でしっかり吠えていました。焼きもちもあるのだと思います。
自分が構ってもらっている時には吠えることはありませんでした。









☆モッチャン
※2/5よりレポートに登場(1/23収容)
▽18325 黒白テリア風 オス(去勢済) 5歳程度 12.5キロ


とても元気一杯な男の子です。
胸からお腹の辺りに白い毛が少しありますが、
身体全体は黒い毛で覆われているテリア風です。
大変甘えん坊なようで、身体をぎゅーっとすると
嫌がるどころか身体を預けてきて尻尾をブンブン振っていました。
ケージから出してみると嬉しいようで
ずっと嬉しそうにはしゃぎ回っては人に飛びつき
全身で嬉しさを表現していました。

お座りや待てもできますので
間違いなく飼われていたのだと思います。
抱っこは慣れていないようではありましたが、
自由になっている時とはうってかわっておとなしくなり
そのギャップに思わず笑ってしまいました。
今すぐにでも家庭に入って普通に生活できそうです。
寒い日が続きますので一日も早く
暖かい手が差し伸べられますように。

f0078320_11223045.jpg
f0078320_11224343.jpg
f0078320_11225782.jpg
f0078320_11230868.jpg
f0078320_11232177.jpg
f0078320_11233959.jpg
f0078320_11235291.jpg
f0078320_11240543.jpg
f0078320_11241734.jpg
f0078320_11242993.jpg

(3/12)
人が大好き、おやつも大好き、身体能力は高めなのか人の顔の高さまで何度もジャンプする元気があります。
甘え方は力強く、油断すると押し倒されそうでした。限られた時間の中で目一杯甘えているのでしょう。
テンションが高めであっても おすわり の声かけには律儀に反応してくれました。
初対面の人にも、わずか数分でお腹を出して甘える、むしろ好きにして~状態でした。






☆たたみ
※1/8よりレポートに登場 (12/14収容)
▽18307 茶黒 オス(去勢済) 5歳ぐらい 10.25キロ

オスワリや、手を合わせてちょーだいチョーダイ
などなど披露してくれ、
愛嬌たっぷりの可愛い子です。
この子も人と生活をしてきたことは間違いないでしょう。
人を選ばず接して来ますので、
直ぐにでも家庭犬としてスタートできると感じました。
ただ、少しフードガードがあるのと、
しつこく接すると怒ることがある。
と、以前にお聞きしてたので、
注意をしながら接していたせいか、
終始穏やかでいました。

反対に手をガシッと持ってみたり、
飛びついて来たりするくらい、
人との関りをとても楽しんでいました。

オヤツの受け取り方には、とても優しいです。
小さくした物も、上手に歯を当てずに食べられます。
時々、焦れて吠える時がありましたが、
その声は身体とは似合わないくらい野太いです。

この子の嫌がることなどを理解し、
関わり方を考えてやるだけで、
回避できるのではないかと感じたぐらい、
人懐こい子です。
大好きな人のそばで、
一日も早く過ごせますよう願っています。

f0078320_10532151.jpg
f0078320_10533399.jpg
f0078320_10535316.jpg
f0078320_10540225.jpg
f0078320_10541180.jpg
f0078320_10542191.jpg
f0078320_10542964.jpg
f0078320_10544004.jpg
f0078320_10544972.jpg
f0078320_10550140.jpg

(3/12)
この日はボランティアトリマーの方にシャンプーをしてもらっていました。
既にドライまで完了している状態のようでしたが、トリミング台の上でお利口にお座りし、差し出されたおやつもしっかり受け取っていました。
人が大好きな たたみ にとって、沢山の人がそばにいてかまってくれる環境は楽しかったのだと思います。
その後ランで撮影の続きをしましたが、疲れを見せる事こともなく、もっと甘えたい!遊んで!おやつも!と元気いっぱいな姿を見せてくれていました。






☆べん
※2018/1/9よりレポートに登場(2017/12/15引き取り収容)
▽5162 茶 オス(去勢済) 8歳ぐらい 13.55キロ

飼い主募集中!!No.5062

収容当初は慎重な部分を見せていたべんですが、
今は人を選ばず、
人馴れも問題ないと思えるほどに変わりました。

今回も元気一杯に吠えていたべん君です。
人がそばに行けばピタッと止まります。
早くそばに来て欲しいだけなので、
多くの子達がいる中で、
吠えるなと言うのも無理があるのかなと感じます。
人を見る目が変わって来た証拠のようにも思えます。

オヤツを見せると目がキラキラ。
オヤツ大好きっ子です。

テリア系の毛が、
所々混じっているため、
少々年齢を強調してしまっているかもしれませんが、
まだまだ元気一杯で、
この年齢ならではの魅力も持ち合わせています。
べん君の折り返しの半生が、
どうか楽しく穏やかに過ごせますよう祈っています。

f0078320_10355235.jpg
f0078320_10361579.jpg
f0078320_10363513.jpg
f0078320_10365009.jpg
f0078320_10370374.jpg
f0078320_10371895.jpg
f0078320_10374536.jpg
f0078320_10380095.jpg

(3/12)
センターのランで特等席とも言える場所から、いつも元気に声をかけてくれるベンです。
おやつが大好きで、おやつに夢中過ぎて撫でていてもおやつを探していることも多いです。
抱っこや拘束する仕草はさりげなく避けることが多いのであまり得意では無さそうです。
以前は他の犬と生活してはいましたが、今は他の犬が目の前に来ると盛大に吠えてしまいます。
他の犬が近くにさえいなければ吠えないので、人間側が気をつけてあげる必要はあるかと思います。






☆エイト
※2018/2/20よりレポートに登場(2018/1/26収容)
▽5096 薄茶 オス(去勢済) 4歳程度 10.5キロ

飼い主募集中!!No.5096 特殊事情(要相談)

人馴れ抜群です。
目が合った瞬間から猛アピール。

飛びついて来るわ、少しでも近くにいたいわで、
その様子は切ないぐらいに必死です。
嬉しくてお耳をペタッとした表情が、
たまらなく可愛いです。

私達と戯れる時間はほんの少し。
その間は構って欲しくて、
甘えん坊な姿しか見せないのですが、
長い時間関り様子を見ている職員さんから、
時に何かに反応して、強く出る時があると伺いました。
その情報をもらっているので関わり方には注意をしているせいか、
今回も、そのような行動は全く見せませんでしたが、
生活する中で、良く観察をする必要があるかと思われます。
*身体の腰から下を触られることがスイッチの一つだと
最近分かったようです。

エイトの様子を理解して接して下さる方の目に、
どうか留まりますよう祈ってます。

f0078320_08392578.jpg
f0078320_08404898.jpg
f0078320_08410359.jpg
f0078320_08412104.jpg
f0078320_08413445.jpg
f0078320_08414666.jpg
f0078320_08424315.jpg
f0078320_09511939.jpg

(3/12)
テンション高く喜びを精一杯表してくれる姿と、少し離れれば落ち着いてビシッとお座りして待てる姿、まるで別の犬?と思ってしまうほどです。
楽しみにしているおやつもよく噛んで、それでも人の指は避けて、上手に食べてくれました。
初対面の人にも目一杯甘えることができる、人見知りしない甘え上手です。






☆きんつば
※10/16よりレポートに登場 (10/2収容)
▽18214 白 オス(去勢済) 5歳程度 12.35キロ
「飼い主募集中No.18214」

人馴れは抜群です。
ちょっとアイ~ン気味な口と、
垂れたお目目がチャームポイントの、
可愛い子です。

人の声に、しっかり耳を傾け、
指示を待つことができるのですが、
人が大好きな子にとっては、
今の環境で静かに待ちなさい!は、酷で、
この子も大音量で、↓の子と一緒に出してもらえるまで、吠えていました。

ただただ人のそばにいたいのでしょう。
環境が落ち着くことで安心できれば、
吠えの方は改善できるのではないかと期待したいです。


以前はケージに戻すときに少し唸ったりすることがありましたが、
ここ最近の訪問では、そのような行動は見受けられず、
今回も、ケージにオヤツを入れてあげるだけで、
自ら入ってくれました。
ここでの生活や私達との関りに慣れて来て、
今の状況を理解し始めたのでしょうか。
賢いのだと思います。

直ぐにでも、
家庭犬としての生活をスタートできそうなきんつば君です。
二度とそばから離さないで下さる家族の一員になれますよう祈っています。

f0078320_11054698.jpg
f0078320_11055785.jpg
f0078320_11061303.jpg
f0078320_11062594.jpg
f0078320_11063577.jpg
f0078320_11065049.jpg
f0078320_11070039.jpg
f0078320_11071154.jpg
f0078320_11072539.jpg
f0078320_11073555.jpg

(3/12)
人と触れ合う事が嬉しくてしょうがない!と全身で表現しているようです。
興奮していても お座り の声かけを聞き逃さず、次は何?何?と声をかけてもらう事すら嬉しそうです。
甘える姿は子供のようで、うっとりして満足そうでした。
この笑顔が曇ることがないよう、ずっと笑顔でいられるようにと思っています。






☆サリー
※2018/3/27よりレポートに登場(2018/3/22引き取り移送)
▽5136 茶 メス(不妊手術済) 3歳程度 18.75キロ


会う度、表情が女の子らしくなって来ていると感じます。
優しい目をしています。

環境に慣れるまでに時間を要するのでしょう。
最近はランには慣れたようで、
私達の動きを見ている目に余裕さえ感じるようになりました。
それでもまだ、距離を縮めようとそっと近づくも、
来ないでと目で訴えて来ます。

手から食べてくれるようになったオヤツは、
その日によって食べたり食べなかったり。
下に置いたオヤツも、今回は私達が離れてから食べていました。
こんな日もまだまだあるサリーちゃんですが、
それでも決して後退はしていないと思います。

ランの中を清掃している間は、
ラン外に係留されているのですが、
もう随分、毎日繰り返しやっていることなのに、
今もまだ不安で仕方なく、鳴いて職員さんを呼ぶんです。
職員さんがそばに行きリードを持つと、
ちゃんと従って部屋に入って行くのですが、
その姿は地面にお腹が着きそうなほど低く、
一生懸命に職員さんに遅れないよう着いて行く姿は、
とても微笑ましく、見入ってしまうほど可愛いです。

人に寄り添える子だと思えますから、
サリーちゃんに必要な時間をたっぷり掛け、
一緒に頑張って下さる方とのご縁がありますよう。
願っています。

f0078320_10531615.jpg
f0078320_10533328.jpg
f0078320_10535150.jpg
f0078320_10540687.jpg
f0078320_10541920.jpg
f0078320_10544481.jpg
f0078320_10545842.jpg
f0078320_10550891.jpg
f0078320_10552210.jpg
f0078320_01005963.jpg

(3/12)
激しい動きはしないものの、触れるとさりげなく離れた場所へ移動してしまいます。
今回はサリーちゃん好みのおやつを差し出してみると、最初は慎重に、段々積極的に受けとる姿の変化をじっくり観察することができました。
食べている時にこっそり、おやつを差し出した指で顎を触った瞬間に食べるのを止めてしまったのですが、その後もおやつは食べてくれました。
数回試しているうちに、触るならおやついりません!と食べるのを止めてしまいました。
撫でても怒ったり攻撃的になることはありません。
収容から間もなく1年になります。
センターでの生活の中で、少しづつ変化を見せているサリーちゃん。
人と一緒に過ごすことで楽しいことがもっと増えてくれたらと願っています。






☆モモ
※1/29よりレポートに登場 (1/24他抑留所より移送)
▽18319 白 メス(不妊済) 7歳 16.25キロ


元気一杯の女の子です。
シニアの域に入りかけているところだとは思いますが
全くそんなことは感じられないほど元気です。
少し落ち着きがない、という言葉が当てはまるくらい
うろうろと部屋の中を動き回っていました。
犬との相性もあるようで、それぞれのケージの近くを回っていても
全く無視できる子もいれば、自分からつっかかってガウガウする子もいて
誰とでも相性が悪いというわけではなさそうです。

ただ、気に入らない犬相手だとかなりの勢いで飛び掛ろうとするので
お散歩などでは注意が必要かもしれません。
お座りや待てなどの躾はほとんどはいっていないようで
たまたまできるときもありますが、きちんと指示を理解している
わけではなさそうです。
人馴れは全く問題ありません。
身体のどこを触っても嫌がるところはなさそうでした。

f0078320_11020139.jpg
f0078320_11021449.jpg
f0078320_11022618.jpg
f0078320_11023353.jpg
f0078320_11031056.jpg
f0078320_11032374.jpg
f0078320_11033176.jpg
f0078320_11034276.jpg
f0078320_11034929.jpg
f0078320_11024213.jpg

(3/12)
ぱっと見は小ぶり白シェパード?と思ってしまいましたが、近くで見ると和犬らしい見た目が際立ちました。
この日はボランティアトリマーさんにシャンプーしてもらい、ルンルンご機嫌でした。
差し出したおやつは指まで食べそうな勢いがあったので、手のひらに乗せるようにしてみました。
前回のレポートにある他犬との相性、この日は見える範囲に複数の犬がいましたが、特に気にする素振りはありませんでした。






☆ドラゴン
※11/13よりレポートに登場(10/18収容)
▽18229 こげ茶 テリア風 オス(去勢済) 1歳 17キロ

立ち耳と垂れ耳、
長い足に毛色がお顔に合っており、
とても魅力のある子です。

まだ体はでき上がってはいない感じでヒョロヒョロですから、
もう少し体重も増えるのかなと、
見ていて感じました。
ガッシリすれば、目を惹くようになりそうで、
とても楽しみです。

まだ完全に人に対して警戒心がとれたとは言えず、
こちらの動きにより引くこともありますので、
無理に関わるのは控えました。
人馴れは確実に進んでいると感じます。
自ら寄って来て、オヤツを普通に食べてくれます。
受け取り方もとても優しいです。

元々優しく穏やかなのかもしれませんが、
まだまだ様子を見ている部分も感じ取れるので、
若い犬らしく、弾ける姿も今後出て来る可能性もあります。
結構な体格の若犬ですので、
運動も多く必要になるでしょう。
リーダーになれる人のもとで、
この子に色々と教えられる環境が望ましいように感じます。

f0078320_00390759.jpg
f0078320_00392110.jpg
f0078320_00393939.jpg
f0078320_00395399.jpg
f0078320_00400706.jpg
f0078320_00401940.jpg
f0078320_00402944.jpg
f0078320_00403915.jpg
f0078320_00405563.jpg
f0078320_00410791.jpg

(3/12)
少し大人っぽくなったドラゴンです。
他のメンバーからも手足が伸び、体つきも良くなったのでは?との声が出て、更に魅力的に成長しているのだとわかりました。
おやつは当たり前のようにガツガツ食べるのに、こっそり触ることすら嫌がり避けてしまいます。
余裕な訳ではなく、後ろ足を伸ばして保険をかけて逃げられるように、でも積極的におやつは食べたい!という感じです。
おやつをあげる延長で、顎は普通に触れる姿が見られました。
それでも、目の前で不意にしゃがむだけで飛び上がって避ける姿もあり、これから沢山の経験をして成長してもらいたいと思います。






☆リッキー
※2018/5/22よりレポートに登場(2018/5/17他抑留所より移送)
▽18051 茶 オス(去勢済)  6歳  4歳 16.6キロ

慎重派のリッキー君です。

収容当初からこの子を見てきたので、
格段の変化は感じ取れますが、
それでもまだ人に心を許すまでには、
もう少し時間が必要かと思われます。

今はオヤツを誰が差し出しても、
当たり前のように食べてくれるようになりました。
その食べ方も、人の手に歯が当たらないよう、
小さくした物でも優しく受け取ることができます。

オヤツを食べに、直ぐ手前まで寄って来てくれるようになったのに、
こちらから近づいたり、触ろうと手をそっと出すと、
急に素になり、後ずさりして人を避けようとする行動がまだ見られます。
普通の首輪なら抜けてしまうかも知れないと思うほど
咄嗟に反応します。

それでも、攻撃的になるでもなく、
その後またオヤツを見せると、
自らゆっくりと寄って来てくれて、オヤツを口にします。

この子と向き合う時間を、
もう少し多く取れる環境のもとで生活できれば、
警戒心も薄らいでくるのではないかと、
期待しています。

片耳が千切れている古傷がありますが、
リッキーの様子を見ていると荒々しさは感じませんので、
争いに巻き込まれての傷だったのかなと思います。
優しい子だと思います。

f0078320_11323243.jpg
f0078320_11324454.jpg
f0078320_11325785.jpg
f0078320_11331345.jpg
f0078320_11333270.jpg
f0078320_11334528.jpg
f0078320_11335487.jpg
f0078320_11340698.jpg
f0078320_11342126.jpg
f0078320_11343748.jpg

(3/12)

撮影の順番が遅くなってしまい、自らぐいぐいそばに来ておやつを待っていてくれました。

おやつを食べたくて、勘違いしてスマホを咥えたのには笑ってしまいました。

普段おやつはソフトに受け取ってくれるからか、スマホは無傷。

こんな所でも性格が表れるリッキーです。

おやつをあげながら指先で顎を触ると、嫌そうな顔はしましたが食べたい気持ちの方が強かったようです。

何度か触った後はやっぱり警戒もしていましたが、それでも食べられない訳じゃなく目線で人を気にしつつ食べることは止めませんでした。

大好きなおやつを使って、ゆっくりでも人に撫でられるのは嫌なことではないと知ってもらいたいと思っています。







☆チャッピー
※2/5よりレポートに登場 (2/4他抑留所から移送)
▽18322 茶黒 オス(去勢済) 2歳ぐらい 11.05キロ

少し環境に慣れてきたのか
最初に見た時よりもやはり少し活発になって元気に吠えていました。
と言っても、パワフル過ぎる感じはしません。
目が合うだけでお耳ぺったんこなるのですが
今回は立耳の写真がバッチリ撮れました。

お顔は可愛い鼻黒ちゃんですが
身体はまるでキタキツネ。
なんともオンリーワンな男の子です。

友好的な雰囲気がすぐ伝わってきて
身体のどこでも不安なく触れることのできる子です。
他の犬にも興味があるようで
柵越しに犬に自分から近寄って尾を振っていました。

家庭犬としてすぐに再出発できると思います。


f0078320_00530962.jpg
f0078320_00535507.jpg
f0078320_00532040.jpg
f0078320_00534216.jpg
f0078320_00551270.jpg
f0078320_00544303.jpg
f0078320_00554268.jpg
f0078320_00555312.jpg
f0078320_00560520.jpg
f0078320_00561532.jpg

(3/12)

この日はボランティアトリマーの方にシャンプーをしてもらっていました。

様子をお伺いすると、

シャンプーは嫌がるやり方さえしなければお利口さん。

ドライヤーは苦手らしく台でクルクル動いてたそうで、タオルドライなど嫌がらない方法で対応されたとのことでした。

もちろんプロのトリマーさんですから、一般の方がシャンプーする時はまた違う様子が見られるかもしれません。

撮影時は乾かしている最中でしたが、シッポを振ってトリマーさんに甘える姿を見せていました。

その後ドッグランでの撮影も、ニコニコ笑顔で疲れを見せることはありませんでした。






レポートは続きます。



by centre_report | 2019-03-21 20:19 | 愛護センターレポート

3/19センターレポート E部屋    5頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。




今週も引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田




★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。






No.1
※3/19レポート初登場(3/8収容)
▽18371 茶長毛 オス 7歳ぐらい 12.8キロ


穏やかでぬいぐるみのような風貌の男の子です。
放浪している間だけでできたのだとは思えないほど
全身に毛玉というよりも毛の塊をあちこちに
まとっています。
こうなると一度ばっさりと刈るしかないと思いますが、
元々長毛なので、生え揃ってきれいになれば
目を惹くような容貌になると思います。

頭を撫でようとすると首をすくめるので
過去に叩かれたりした経験があるのかもしれません。
また、人が自分の後ろに来ることをとても気にします。
いろいろと辛い過去を持っているのかもしれません。

ただ、お座りもできますし、人馴れは問題ありませんので
人に飼われていたことは間違いないでしょう。
右目から涙がたくさん出ていたのも気になりました。
抱っこはあまり慣れていないようでしたが、
暴れるようなことはありませんでした。

シニアの域に入りつつある年齢のようですが
落ち着きもあり、飼い易そうという印象でした。
この子にも暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_22410631.jpg
f0078320_22412432.jpg
f0078320_22413761.jpg
f0078320_22414650.jpg
f0078320_22415649.jpg
f0078320_22420764.jpg
f0078320_22421509.jpg
f0078320_22422889.jpg
f0078320_22521183.jpg

 



No.2
※3/19レポート初登場(3/14他抑留所より移送)
▽18372 薄茶 メス 2歳ぐらい 14キロ


シャイで控えめな女の子です。
頭や顔付近には細かい傷のようなものと
皮膚が少しはがれたような状態になっている部分があり
これまでどういう環境にいたのか、放浪中にできたものなのか
全くわからないような印象です。

おやつにもそこまで執着はなく、
差し出すと匂いは嗅ぐものの、すぐにやめてしまい
周りの物音や動きにとても敏感に反応していました。
怖がるというよりも、ずっと周りの変化を気にしていて
警戒している様子が伺えました。
おやつを食べる時はゆっくりと優しく手から受け取り
食べることができました。

ケージの中が下痢便で汚れていたのが気になりました。
少し痩せ気味だと思いますので、
栄養のあるものをたくさん食べさせたり
個別に管理できる家庭に早く入れてあげたいです。
f0078320_22524746.jpg
f0078320_22525776.jpg
f0078320_22530649.jpg
f0078320_22531403.jpg
f0078320_22532590.jpg
f0078320_22533457.jpg
f0078320_22534460.jpg
f0078320_22535492.jpg
f0078320_22540395.jpg






☆なっち
※10/23よりレポートに登場(10/18他抑留所より移送)
▽18225 オス(去勢済) 6歳 15キロ
飼い主募集中!!No.18225

いつも明るく元気一杯のなっちです。
少し垂れ目気味なのがとてもかわいさを増しています。
ケージの中では出してもらいたくて吠えていますが
外に出てきてしまえば吠えることはありません。
この部屋から人間が出ていってしまってしばらくすると
この部屋から犬の鳴き声は聞こえてきませんから
ケージに入っているからずっと吠えているということは
ないようです。

おやつも大好きな甘えん坊くんです。
人馴れは全く問題ありませんし、
落ち着きもありますのでとても飼い易い子だと思います。
なっちにも優しい家族が見つかりますように。
f0078320_23575139.jpg
f0078320_23581265.jpg
f0078320_23582341.jpg
f0078320_23583274.jpg
f0078320_23584235.jpg
f0078320_23585318.jpg
f0078320_23590363.jpg
f0078320_23591355.jpg






No.5
☆いろり

※12/28よりレポートに登場 (12/20他抑留所より移送)
▽18295 茶白長毛 オス(去勢済) 8歳程度 15.65キロ
飼い主募集中!!No.18295

収容当初の物悲しい表情はもう思い出せなくなるほど
元気一杯にケージからも私たちを呼んでいるいろりです。
あまり気にしていなかったのですが、
久しぶりに後からいろりを見ると、かなり太ってきているのが
よくわかりました。
おいしいご飯をたくさんもらって
しっかりと食べているのでしょう。

ベタベタと甘えてくるタイプではありませんが
人馴れは問題ありません。
お手やお座り、伏せ、待てなど基本的なものは
以前の飼い主に教わったのでしょう。
こちらでコマンドを出すと得意気にお手やお座りをする
いろりのドヤ顔にはいつも笑わされます。
人の言うことをよく聞いている賢い子なので
いろいろなことを教えてあげれば覚えるのも早いと思います。

他犬に対してはほとんど興味を示さないのですが
いろりがお散歩に連れ出された時には
ドッグランにいる子たちが一斉に異常に騒ぎ出していました。
いろりは何もせずに通り過ぎているだけなのに
なぜあんなに皆が反応するのか不思議でした。
訪問メンバーで「いろりはきっと通り過ぎる時に
なんか嫌な言葉とかささやいているのかね?」と
笑いながら話していたほどです。

いろりもシニアの域に入ってきています。
今度こそ二度といろりの手を放さずに
最期まで一緒にいてくださる優しいご家族を待っています。
f0078320_00013054.jpg
f0078320_00014857.jpg
f0078320_00015851.jpg
f0078320_00021243.jpg
f0078320_00022374.jpg
f0078320_00023320.jpg
f0078320_00024303.jpg
f0078320_00025310.jpg






No.7
※3/12よりレポートに登場 (2/26収容)
▽18358 白黒 オス(去勢済) 3歳 8.5キロ

小柄で甘えん坊の男の子です。
ケージから出すとちょこまかと動き回り
メンバー皆に寄って行って挨拶するほど
人間が大好きです。
人間に対しての不信感など微塵も持ち合わせていないようです。

先週のレポートでも紹介したように
この子の左前足がかなりおかしな方向にぐにゃっと曲がっていますが
既に骨折したままくっついてしまって時間が経過しているのか
本犬は痛そうにしている様子はありません。
ただ、やはり歩きづらいのだと思います。

抱っこが大好きで、しばらく抱っこしてから下におろそうとすると
腕にしがみついて「降りたくないよ。もっと抱っこしてて。」
この子の言葉が聞こえてくるようで切なかったです。
一日も早く治療ができる環境に行けますように。
無邪気に思いっきり走り回るこの子の姿を見てみたいです。
f0078320_00043853.jpg
f0078320_00045690.jpg
f0078320_00050456.jpg
f0078320_00051450.jpg
f0078320_00052553.jpg
f0078320_00053531.jpg
f0078320_00054513.jpg
f0078320_00055661.jpg



レポートは続きます。




by centre_report | 2019-03-21 00:07 | 愛護センターレポート