ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
センターレポート・猫編
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


2019年 02月 06日 ( 5 )

2/5センターレポート E部屋     5頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。





引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田




★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。





E-No.4

※1/29よりレポート登場(1/28他抑留所より移送)
▽18323 茶黒 メス 1歳ぐらい 10キロ程度(やせぎみ)
右前脚欠損

ビビリっ子なのと足の怪我のこともあるので
今回もロープを掛けて無理にケージから出すのはやめておきました。
でもケージの中に敷いてある新聞が汚れていたので
中にいさせたまま取り換えたのですが
少し怖かったようで小さく唸っていました。
途中から、自分には害がないのだと理解したようで
新聞の取り替え作業を横目で見ながら
置いておいたおやつを食べることができていました。
その後も、メンバーが手からおやつを食べさせたいと
しばらく粘って、手からおやつを食べたと喜んでいました。

前回のレポートを見て右前脚の怪我のことを
心配なさってらっしゃる方も多いかと思います。
足先を失い、骨が出てしまうほどの大怪我ではありますが
怪我を負ってから、かなり時間が経っているようで
欠損部分の皮膚表面の自然治癒も始まっており
今現在、ひどい痛みや化膿などの症状はられません。
センターでも積極的な外科治療を検討中です。
f0078320_00291157.jpg

f0078320_00291605.jpg


f0078320_00321729.jpg

f0078320_00301015.jpg

f0078320_00301651.jpg

f0078320_00302352.jpg



E-No.1
※2/5レポート初登場 (1/4他抑留所から移送)
▽18322 茶黒 オス 1-2歳 11.05キロ

人と目が合っただけで、耳がぺったんこになり
ひっくり返ってしまうような、人馴れ抜群の男の子です。
尻尾が立派で、毛色はまるでキタキツネのようです。

まだ3歳にも満たない若い子なのは間違いないですが
パワーが有り余ってもおかしくはないのに
力任せに飛びつくようなこともなく
ケージの中で吠えて騒ぐような場面も見られませんでした。
職員さんのお話では、最初は少しシャイな反応を見せていたそうで
性格についてはこれから変化も見られるかもしれません。

ケージの柵越しに他の犬が近づいてきた時
この子の方は友好的な態度で尾を振っていました。
見ている限りでは他犬に攻撃的な面はないようです。

とっても扱いやすい印象を受けます。
家庭犬としてすぐにでも再出発できそうです。
f0078320_00094930.jpg

f0078320_00095558.jpg

f0078320_13315389.jpg

f0078320_13314853.jpg

f0078320_00100260.jpg

f0078320_00100636.jpg

f0078320_00101148.jpg

f0078320_00101619.jpg

f0078320_00102752.jpg


f0078320_00102303.jpg

f0078320_00103294.jpg






E-No.2

☆ふすま

※12/18よりレポートに登場 (12/7収容)
▽18270 白 オス(去勢済)5歳ぐらい 15キロ

とても甘えん坊のふすまくん。
この日も抱っこされて撫でてもらい声を掛けてもらって
ただそれだけなのに、とても幸せそうにしていました。
お座りしてひたすら自分が構ってもらえる順番を待つ姿は
健気過ぎて見ていて泣けてしまいます。
決して悲壮感はありませんが
様子を見ていると、ふすまくんの求めてやまないものは
人からの愛情ただひとつだとすぐ理解できます。

15キロもの大きさのあるいぬは
身体を持ち上げられたりすることを苦手とする子もいますが
ふすまくんは抱っこされたらそのまんま
暴れることもなく、自ら降りようともしません。
身体をギュッとされることにも抵抗がありませんし
触れられることは大好きですから
お世話はとてもし易いと思います。
存在感が大きく、いるだけで癒されることは間違いなし。
一日も早く大好きな人のそばで暮らすことができますように。
f0078320_00152196.jpg

f0078320_00152654.jpg

f0078320_00153119.jpg

f0078320_00153665.jpg

f0078320_00154424.jpg

f0078320_00155005.jpg

f0078320_00155680.jpg

f0078320_00160329.jpg







E-No.3


☆なっち

※10/23よりレポートに登場(10/18他抑留所より移送)

▽18225 オス(去勢済) 6歳 15キロ
飼い主募集中!!No.18225

今、この部屋を賑やかにしているのはいろりとなっちです。
なっちは早くケージから出てトイレをしたいのもあるようです。
それと、他の子が構われていると
「僕も僕も!」とアピールする気持ちもあるようです。
ケージ外に出すと、人に甘えたい気持ちもあるようですが
殆どの気がおやつに行っていて
食べ物への関心はとても高いようです。
初対面の人には若干シャイな反応をかつてはみせていたなっちですが
最近はここでの生活に慣れたせいか
誰にでもすぐに心を開けるようです。

お散歩は上手にできるようで、引きもさほど強くないとのことでした。
推定6歳と思えないほど、元気で瑞々しい若さのあるなっちくんです。
f0078320_00202695.jpg

f0078320_00203047.jpg

f0078320_00203532.jpg

f0078320_00203964.jpg

f0078320_00204581.jpg




E-No.5

☆いろり

※12/28よりレポートに登場 (12/20他抑留所より移送)
▽18295 茶白長毛 オス(去勢済) 8歳程度 15キロ17-18キロ

もともと食いしん坊さんなのと
動きがあまり多くはない生活にいるためか
かなり太ってきたと思います。
背中が平らになり、くびれも無くなっていました。
その代わりに、毛艶はよくなり栄養状態はバッチリなようです。
ふっくらしたのでその分柔らかみも出て
最初の頃の悲壮感は全くなくなりました。

そして、この部屋でなっちとともに2頭で賑やかにしています。
この子の場合はとにもかくにも「早くおやつを!」と言う感じです。
とても食いしん坊なので、食事管理は必要になりそうです。
人に触れられること、抱き上げられること
抵抗感はないので、この子もお世話はし易いと思います。
f0078320_00233563.jpg

f0078320_00234070.jpg

f0078320_00234537.jpg

f0078320_00235020.jpg

f0078320_00235517.jpg


レポートは続きます。




by centre_report | 2019-02-06 00:29 | 愛護センターレポート

2/5センターレポート 収容室①③   7頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。





引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田




★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。




収容室① 5頭


不適切に飼育されていた現場から
引き取りされた生後8ヵ月程度の兄妹4頭が収容されていました。
餌はちゃんともらっていたようで、痩せている子はおらず
健康状態も良さそうです。
新しい環境に馴染みやすい月齢のうちに
保護されたことはこの子達にとっては大変良かったと思います。
人に飼われていただけのことはあり
必要以上にパニックになったり怯えたり攻撃的になったり
などのいずれの行為も見受けられません。
すぐに再出発可能な子達と思われます。
f0078320_22271514.jpg

f0078320_22273019.jpg

f0078320_22273765.jpg

f0078320_22274426.jpg




※2/5レポート初登場 (1/31引き取り 移送)
▽18327 茶 メス 生後ヵ月程度 10キロ弱


姉妹犬の中では一番体が大きく
ビビリ度合いも一番低い子です。
ケージから出した最初こそ固まっていたものの
姉妹犬と一緒に会わせてみたら匂いを嗅ぎ合い
少しリラックスして、自分から犬用チュールを舐めに来ていました。
周りを見回したり、姉妹犬を気遣うような仕草をしたり
他の子より気持ちに余裕が感じられました。

この子だけでなく、姉妹犬全て
攻撃性は全く見られません。
ケージから抱っこして出すことが出来て
不安がって固まってはいましたが暴れたりパニックになったり
口が出る様子は見られなかったです。
この子は固形のおやつも手から食べられていました。
f0078320_22540740.jpg

f0078320_22541223.jpg

f0078320_22541725.jpg

f0078320_22542327.jpg




※2/5レポート初登場  (1/31引き取り 移送)
▽18328 茶黒 メス 生後8ヵ月程度 9キロ弱 


上の18327よりややシャイな姉妹犬です。
姉妹の中では一番黒い差し毛が多く
全体的にむっくりしていて、柴犬のようなコロンとした体型をしています。
最初は他の子と同じように固まっていましたが
少し時間が経つと口元に持って行った犬用チュールを舐め
その後、固形のおやつも食べることができました。
今は何が何だか理解できず、困惑しているだけで
すぐに馴れてくれそうです。

f0078320_23041619.jpg

f0078320_23042175.jpg

f0078320_23042807.jpg

f0078320_23044690.jpg

f0078320_23044066.jpg


f0078320_23030572.jpg





※2/5レポート初登場  (1/31引き取り 移送)
▽18329 茶黒 メス 生後8ヵ月程度 9キロ弱 


姉妹の中で一番身体が小さく
幼げで女の子らしい顔つきをしています。
この4頭の中では一番シャイな子だと思います。
シャイとは言っても初対面の人でも抱き上げて
ケージ外に出すことができたぐらいなので
ビビり度合は深刻なレベルではありません。
ただ、他の子のように周りを見回したり
動いたりといった余裕はなかったようで
終始ピキッと固まっており
固まったまま犬用チュールを舐めている姿が可愛らしかったです。

f0078320_23025573.jpg

f0078320_23025904.jpg


f0078320_23061381.jpg


f0078320_23031420.jpg

f0078320_23031947.jpg




※2/5レポート初登場(1/31引き取り・移送)
▽18330 茶黒 オス 生後8ヵ月程度 9キロぐらい

今回引き取り移送されてきた中の唯一の男の子です。
上の3頭と兄妹と思われます。
人から食べ物をもらいながら育てられただけあって
この子も生粋の野良っ子のような反応は見られません。
緊張はしていましたが抱き上げてケージ外に出すことができ
その際、抵抗したり口が出そうになったり
ということもありませんでした。

成長期の今、家庭に入ってもっと人のと触れ合いの時間が持てれば
さほど時間もかからずに馴れてくれそうな子です。
f0078320_23093586.jpg

f0078320_23094101.jpg

f0078320_23094667.jpg

f0078320_23095059.jpg

f0078320_23095575.jpg

f0078320_23100041.jpg






B-10より移動
※1/29よりレポートに登場 (1/28移送)
▽18321 茶 オス 2歳ぐらい 13キロ程度

先週B部屋で見た時は、ただ固まるのみでしたが
今回は犬用チュールを舐めたり、差し出したおやつを
食べる余裕が少し出ていました。
今のB部屋は少々賑やかな子達がいますので
シャイなこの子にとっては、静かな部屋に移れたことが
良かったのかもしれません。

身体はゆっくりならば触れることは可能ですが
頭を触られることは苦手なようで、人の手を避けるしぐさをしていました。
先週は抱き上げることができています。
おそらく人に飼われていた経験があり
少しシャイですが、野良っ子のような境遇で
育ってきたのとは違うと思われます。
推定年齢がまだ2歳と若いので
早い時期に家庭にて再出発ができることを心から願っています。
f0078320_23133725.jpg

f0078320_23134531.jpg

f0078320_23135190.jpg

f0078320_23140192.jpg

f0078320_23140627.jpg

↓先週レポートより
f0078320_15433609.jpg





以下2頭
先週レポートより転載してます。



☆かのこ
※10/16よりレポートに登場 (8/21収容)
▽18220 茶 メス(不妊済) 3歳ぐらい 12キロ(やせぎみ)

ロープで引かれることがとても怖いようなので
この日もフリーのまま部屋の扉を施錠して様子を見ることにしました。
ケージを開けるとすぐに外に出てきてウロウロして
それから排泄していました。
収容室のケージ内は下がすのこ状になっているので、おしっこをしても
下に流れていく構造のため、身体が濡れることはないのですが
それでも自分の寝床になっている部屋を汚したくないのでしょう。
綺麗好きな子なのだと思います。
ずっと我慢していたのか大量のおしっこでした。
うんちもしてすっきりしたのではないでしょうか。

何度もケージを出たり入ったりを繰り返し、
他のケージを覗いてみたり(当時収容室①にはかのこしかいませんでしたが)
興味津々な様子が見てとれました。
毛も換毛期になっているのか、かなり浮き出ているところもありました。
ケージの中にいる時には身体を触ったり、頭を撫でたりすることには
抵抗することもありません。

また、指にちゅーるをつけて差し出すと
口のところまで持っていけば舐めてくれるようになりました。
その後、ジャーキーを口元に持っていくと
ジャーキーもいくつか食べてくれました。
お散歩経験の無い子にとっては
リードで引かれるということは恐怖でしかないと思いますので
しばらくは無理にリードで引くことよりも
人に対しての恐怖心を取り除くことが優先だなと思いました。
f0078320_11521549.jpg



f0078320_11523134.jpg



f0078320_11524029.jpg



f0078320_11524845.jpg



f0078320_11525844.jpg



f0078320_11530729.jpg



f0078320_11531513.jpg



f0078320_11532308.jpg










【収容室③】1頭


※11/6よりレポートに登場 (10/24収容)
▽18240 茶 メス 2歳程度 11キロぐらい(痩せすぎ)

相変わらずとても痩せていますが
しばらくこの子に会っていない間に、大分落ち着いてきたなと
感じることができました。
臆病なことには変わりはないのですが、
それでも収容当初の頃に比べればアワアワしてしまう時間も
かなり短くなりましたし、
人のそばに寄せても身体をよじって拒否するようなこともなくなっていました。

ケージから出すためにロープをかけて誘導しようとすると
自分の意思で入口までとことこと出てきて
そこでハッとしたような感じでまた戻ってしまいましたが
以前はひたすらイヤだとケージ奥に縮こまっていたことを考えると
かなりの進歩だと思います。

また、ちゅーるを指につけて見せると
はじめは口元まで持っていかないと舐められませんでしたが
その後は、私がちゅーるを指につけている時にも
しっかりとそれを見ていて、首を伸ばして自分からもらおうと
して来ました。

痩せているせいもあるかもしれませんが
おやつに反応してくれることは、仲良くなるために良い傾向です。
ケージの外に出している時に食べられたので
やはり大分進歩してきていると思います。

身体を触っても頭を撫でても抵抗することはなく、
ましてや攻撃的になることも見たことがありません。
なんとか一日でも早く家庭に入って
栄養のあるご飯をたくさん食べて
ゆっくり休める暖かいお布団に寝てもらいたいです。
f0078320_11552493.jpg



f0078320_11554172.jpg



f0078320_11555476.jpg



f0078320_11560528.jpg



f0078320_11561413.jpg



f0078320_11562294.jpg



f0078320_11563851.jpg



f0078320_11564726.jpg



f0078320_11565974.jpg



f0078320_11570999.jpg






レポートは続きます。




by centre_report | 2019-02-06 00:03 | 愛護センターレポート

2/5センターレポート D部屋     3頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。



※先週レポートより転載しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。





この日も3頭で寄り添いながら
私たちを迎えてくれました。
毎日寒い日が続きます。
長くここにいる子たちです。
一日も早く暖かい家庭で過ごせる日がやってきますように。
f0078320_12270462.jpg




※2018/3/6よりレポートに登場(2018/1/25収容)
▽5108 茶 メス(不妊済)2歳ぐらい
(2019/1/22修正) 13-4キロ

この日もゆっくり近づいていけば
逃げようとするのもやめて、その場に伏せていました。
メンバーがこの子のすぐ横にくっついて座り
ずっと撫でていました。
身体を包み込むように抱いてみても嫌がることもなく
本当に穏やかで、攻撃性がない子だと思います。

人をそこまで怖いと思っているのではなく、
人との接し方をどうしたらよいのかわからないだけなのでしょうか。
身体のどこを触っても嫌がりませんし、
足先を触っても怒ったりすることもありません。
家庭に入って人とずっと近くで一緒に過ごす環境になれば
人馴れも進んでいけるのではないかと思っています。
ゆっくり人との関わりを教えてくださる方に
迎えていただけたらと思います。
f0078320_12290015.jpg
f0078320_12291300.jpg
f0078320_12292905.jpg
f0078320_12293867.jpg
f0078320_12294657.jpg
f0078320_12295534.jpg
f0078320_12300419.jpg
f0078320_12301518.jpg






※2017/8/22よりレポートに登場(2017/8/10他抑留所より移送)
▼4941 茶黒 メス 3歳ぐらい 12-13キロ(2018/11/27修正)

この日はだいぶ落ち着いている様子で
おやつもこちらが見ている中で手を伸ばして差し出しても
すぐに取りにきてくれていました。
もちろんおやつを受け取ると途端にバックして行ってしまいます。
それでも、先週会った時よりも警戒心が薄く、
今日一緒に対峙したメンバーが長い期間この部屋の子たちとも
関わってくれていた人だったので、その差があったのかもしれません。

ということは、やはりこの子も時間をかければ
人を信用してくれるようになるんだ、という証拠でもあるなと
思うことができました。
その後そのメンバーが他の子を構っていて
なかなかおやつを渡さなくなると焦れてきて
いつものようにワンワン要求吠えをして
「もう!何やってんのよ!早くよこしなさいよ!!」
とでも言っているかのようでした。
ワンワン吠える前はグニュグニュ何か文句を言っていて
とてもわかりやすい子だと思いました。

この子も人への警戒心が強い子ではありますが
犬へも人へも攻撃的になったところを見たことがありません。
人の優しさ、暖かさを教えてくださる方はいらっしゃいませんか。

f0078320_12315642.jpg
f0078320_12320918.jpg
f0078320_12321904.jpg
f0078320_12324461.jpg
f0078320_12330230.jpg
f0078320_12331276.jpg
f0078320_12332209.jpg
f0078320_12333598.jpg






※2017/8/15よりレポートに登場(2017/8/10他抑留所より移送)
▽4926 薄茶黒 メス 2歳ぐらい 12-13キロ 

この子はいつも冷静だなという印象があります。
もちろん臆病な部分もあるとは思いますが
大丈夫だと思えば、そこまで警戒せずにゆっくりと
おやつも取りに来ることができます。
また、おやつをとってからすぐに逃げようとすることもなく
ずいぶん人への警戒心は薄らいできたのかなと思います。

少し離れたところでおやつを差し出して
少し躊躇して考えている様子でいる時に
「大丈夫だよ、もらいに行っておいで」と声をかけると
ゆっくりと近づいてきたことが何度かありました。
人の言葉がもしかすると少し理解できるのかな?と
思ったりもしました。
この子も人と一緒に生活する環境に入れば
ぐんと変化を見せてくれるのではないかと期待しています。

f0078320_12350380.jpg
f0078320_12351509.jpg
f0078320_12352435.jpg
f0078320_12353317.jpg
f0078320_12354688.jpg
f0078320_12355702.jpg
f0078320_12360936.jpg
f0078320_12361908.jpg



レポートは続きます。





by centre_report | 2019-02-06 00:02 | 愛護センターレポート

2/5センターレポート B部屋     2頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。


※先週レポートより転載しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田




★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。







<B-9>

☆ういろう
※9/18よりレポートに登場 (8/16収容)

▽18178 黒白 オス(去勢済) 9歳ぐらい 15.4キロ
飼い主募集中!!No.18178

一日の大半の時間をケージの中で過ごしているので
活発なういろうくんにはストレスが溜まり易いらしく
ケージの中はいつもグチャグチャです。

個室ケージとしては、比較的広めの場所を与えてもらっています。
見た目からも想像できるように、ういろうくんはセッターやポインターのような
活発な犬種が少し混じっていると思われ、常に自由に動いていたい本能を
持ち合わせているように感じます。

その性質を人間側もよく理解することが大切かと思います。
十分に身体を動かせるような環境下で
快適に暮らすことができますように。
f0078320_00394356.jpg


f0078320_00394869.jpg


f0078320_00395355.jpg





<B-8>


※1/15よりレポート登場(1/4収容)
183081 8311 白 オス 6歳 12キロ 2歳 15キロ
右前脚骨折?


前回見た時より、より甘えん坊になっていました。
ひとりでいる時間が増え、人恋しくなってきたのかもしれません。
以前に比べたら多少はふっくらしましたが
まだまだお痩せさんで、食欲は旺盛です。
人馴れには大きな問題はなさそうで
誰にでもすぐに心を開けるようです。

見るからに気の強そうな和犬っぽい感じですが
気難しい面は見受けられずに、素直な性格だと思いますが
犬同士は相性をしっかり見た方が良いかもしれません。

活発そうな子ですし、構ってあげられる時間を
十分取れる方とご縁がありますように。
f0078320_00404256.jpg


f0078320_00404701.jpg


f0078320_00405778.jpg


f0078320_00405278.jpg



レポートは続きます。



by centre_report | 2019-02-06 00:01 | 愛護センターレポート

2/5センターレポート 譲渡管理室8頭・別室3頭


※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


メイマミさんと時々付き人さんのレポートです。
加筆・修正しています。



今週も引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。






☆ひばち
旧子犬舎1-1より移動
※1/8よりレポートに登場(12/25収容)
▽18305 黒茶ブリンドル オス(去勢済) 1歳程度 15キロぐらい


f0078320_00052673.jpg
f0078320_00054115.jpg
f0078320_00055521.jpg
f0078320_00060606.jpg
f0078320_00062184.jpg
f0078320_00063502.jpg
f0078320_00064950.jpg
f0078320_00070204.jpg
f0078320_00071728.jpg
f0078320_00072836.jpg
職員さんイチオシのひばちくん。
人馴れ問題なく、お散歩が上手。他の犬とも友好的だそうです。


天真爛漫で明るく元気なひばちです。
周りの犬が吠えてアピールする中、身ぶり手振りで人を呼ぶ姿は愛嬌があり、思わずそばへ行ってしまいます。

見た目は和犬そのものですが、性格は洋犬のようで気難しい性格は見られませんでした。
体のどこを触っても嬉しそうで、初対面のメンバーが抱き上げても暴れることもありませんでした。
抱っこすると落ち着くのか、ドヤ顔のような顔つきになります。
オヤツは上手に受け取ってくれます。
待ちきれず吠えて催促するようなこともありませんでした。
人が大好きで甘え方を知っているようで、
甘えさせてくれる人と分かると体を寄せたりお腹を出していました。
常にベタベタする訳ではなく、程よい甘え方を理解しているような印象でした。





☆リッキー
※2018/5/22よりレポートに登場(2018/5/17他抑留所より移送)
▽18051 茶 オス(去勢済)  6歳  4歳 16.6キロ

f0078320_17144848.jpg
f0078320_17150206.jpg
f0078320_17151649.jpg
f0078320_17152925.jpg
f0078320_17154472.jpg
f0078320_17155959.jpg
f0078320_17161030.jpg
f0078320_17162194.jpg
f0078320_17163173.jpg
f0078320_17164199.jpg

声をかけたりオヤツを見せると首をかしげる仕草が定番のリッキーです。
差し出したオヤツは躊躇せず、優しく上手に受け取ってくれます。
収容当初の強い警戒心が全く消えたかと感じてしまうほど、普通に接してくれていますが
触ろうと手を伸ばすと素早く後退りして逃げる動きはまだあります。
それでも、攻撃的になる訳でもなく、その後警戒が続く訳でもなく、何事もなかったように『オヤツは?』とそばに来てくれるので
触られること撫でられることも、いずれ大丈夫と理解してくれると思います。

リッキーの撮影が終わり別の犬の撮影をしていると、リッキーが元気よく吠えていました。

オヤツを当たり前に受け取ったり、
人のそばに自ら寄ってきたり、
焼きもちを焼いてるかのように吠えてみたり、
自分の意思や感情をあらわにするようになったことを、とても嬉しく感じました。









☆ドラゴン
※11/13よりレポートに登場(10/18収容)
▽18229 こげ茶 テリア風 オス(去勢済) 1歳 17キロ

f0078320_23090464.jpg
f0078320_23092316.jpg
f0078320_23093742.jpg
f0078320_23095169.jpg
f0078320_23100821.jpg
f0078320_23101974.jpg
f0078320_23103153.jpg
f0078320_23104035.jpg
f0078320_23105505.jpg
f0078320_23110775.jpg


スラリと長い手足がモデルのような風貌のドラゴンです。
以前は大人しく警戒心が残っているような印象が強かったドラゴンですが、自ら人のそばに来るのが当たり前になったように感じました。
以前のように腰が引けることはなくなり、『オヤツはどこだ?』とポケットを探っている姿には笑ってしまいました。
かと言ってガッついている訳ではなく、以前と変わらずとても優しくソフトに受け取ってくれます。

自らグイグイそばに来るわりに、手を伸ばして触ろうとすると今でも避ける仕草は見られます。
少し強引に触っても攻撃的になることはないですが、嬉しい訳でもないようで
我慢しているのが伝わってきたので、それ以上無理強いするのは控えました。

ドラゴンも他の犬の撮影中は元気よく吠える場面がありました。
少しずつ自分の感情や意思を表現することが増えたのだと思います。













☆エイト
※2018/2/20よりレポートに登場(2018/1/26収容)
▽5096 薄茶 オス(去勢済) 4歳程度 10.5キロ

飼い主募集中!!No.5096 特殊事情(要相談)
f0078320_01043222.jpg
f0078320_01044602.jpg
f0078320_01045729.jpg
f0078320_01050790.jpg
f0078320_01052231.jpg
f0078320_01053470.jpg
f0078320_01054405.jpg
f0078320_01055847.jpg
人馴れ抜群です。
目が合った瞬間から猛アピール。

飛びついて来るわ、少しでも近くにいたいわで、
その様子は切ないぐらいに必死です。

私達と戯れる時間はほんの少し。
その間は構って欲しくて、
甘えん坊な姿しか見せないのですが、
長く様子を見ている職員さんから、
時に何かに反応して、強く出る時があると伺いました。
その情報をもらっているので関わり方には注意をしているせいか、
今回も、そのような行動はありませんでしたが、
生活する中で、良く観察をする必要があるかと思われます。

*身体の腰から下を触られることがスイッチの一つだと
最近分かったようです。

エイトの様子を理解して接して下さる方の目に、
どうか留まりますよう祈ってます。









☆サリー
※2018/3/27よりレポートに登場(2018/3/22引き取り移送)
▽5136 茶 メス(不妊手術済) 3歳程度 18.75キロ


f0078320_01063401.jpg
f0078320_01064301.jpg
f0078320_01065239.jpg
f0078320_01070103.jpg
f0078320_01071122.jpg
f0078320_01072100.jpg
f0078320_01073408.jpg
f0078320_01074521.jpg
f0078320_01085587.jpg
会う度、表情が女の子らしくなって来ていると感じます。

環境に慣れるまでに時間を要するのでしょう。
最近はランには慣れたようで、
私達の動きを見ている目に余裕さえ感じるようになりました。
それでもまだ、距離を縮めようとそっと近づくも、
来ないでと目で訴えて来ました。

手から食べてくれるようになったオヤツは、
今回は食べてくれず、
下に置いたオヤツも、じっくり考えてから食べていました。
こんな日もまだあるサリーちゃんです。

最後の写真は、
ランの中を清掃中、ラン外に係留されている時のものですが、
毎日繰り返しやっていることなのに、
今もまだ不安で仕方なく、鳴いて職員さんを呼ぶんです。
職員さんがそばに行きリードを持つと、
ちゃんと従って部屋に入って行く姿は、
とても微笑ましく、見入ってしまうほどです。
人に寄り添える子だと思えますから、
サリーちゃんに必要な時間をたっぷり掛け、
一緒に頑張って下さる方とのご縁がありますよう。
願っています。






☆べん
※2018/1/9よりレポートに登場(2017/12/15引き取り収容)
▽5162 茶 オス(去勢済) 8歳ぐらい 13.55キロ

飼い主募集中!!No.5062
f0078320_01082739.jpg
f0078320_01083750.jpg
f0078320_01090594.jpg
f0078320_01091748.jpg
f0078320_01094010.jpg
f0078320_01095263.jpg
f0078320_01100303.jpg
f0078320_01102067.jpg
f0078320_01104018.jpg
最初は慎重な部分を見せていたべんですが、
今は人を選ばず、
人馴れも問題ないと思えるほどに変わりました。

今回も元気一杯に吠えていたべん君です。
人がそばに行けばピタッと止まります。
早くそばに来て欲しいだけなので、
多くの子達がいる中で、
吠えるなと言うのも無理があるのかなと感じます。
人を見る目が変わって来た証拠のようにも思えます。

オヤツを見せると目がキラキラ。
オヤツ大好きっ子です。

テリア系の毛が、
所々混じっているため、
少々年齢を強調してしまっているかもしれませんが、
まだまだ元気一杯で、
この年齢ならではの魅力も持ち合わせています。
べん君の折り返しの半生が、
どうか楽しく穏やかに過ごせますよう祈っています。






☆ポピー
※9/18よりレポートに登場(9/13他抑留所より移送)
▽18179 茶 オス(去勢済) 9歳 10.3キロ

飼い主募集中!!No.18179


f0078320_01113711.jpg
f0078320_01114882.jpg
f0078320_01120457.jpg
f0078320_01121807.jpg
f0078320_01123497.jpg
f0078320_01124557.jpg
f0078320_01125993.jpg
f0078320_01131487.jpg
人馴れ抜群です。
甘えん坊の可愛いお爺ちゃんです。
とは言っても、シニアの域に入ったとは思えないぐらいに、
あどけない表情をしています。

写真を見ていても、性格の良さがにじみ出ていると思える、
とても良い子です。

年齢の割にはまだまだ良い動きをします。
人を見つめる目に疑いは微塵もなく、
かつては可愛がられていたことが想像できます。
歯も年齢の割には綺麗だと感じました。
直ぐにでも家庭犬としてスタートができるでしょう。

今度こそ、決してこの子を裏切ることなく、
最期の日までそばから離さないで下さる方の目に、
どうか留まって欲しいと、
そんな気持ちで一杯です。







☆たたみ
収容室③より移動
※1/8よりレポートに登場 (12/14収容)
▽18307 茶黒 オス(去勢済) 5歳ぐらい 10.25キロ

f0078320_01135843.jpg
f0078320_01140995.jpg
f0078320_01142629.jpg
f0078320_01144017.jpg
f0078320_01145281.jpg
f0078320_01150395.jpg
f0078320_01152000.jpg
f0078320_01153471.jpg
f0078320_01154626.jpg
f0078320_01160021.jpg
人馴れは問題ありません。

オスワリや、手を合わせてちょーだいチョーダイ
などなど披露してくれ、
愛嬌たっぷりの可愛い子です。
この子も人と生活をしてきたことは間違いないでしょう。
人を選ばず接して来ますので、
直ぐにでも家庭犬としてスタートできると感じました。
ただ、少しフードガードがあるのと、
しつこく接すると怒ることがあると聞きました。

オヤツの受け取り方には、
特に問題は感じず、至って普通でした。

この子の嫌がることなどを理解し、
関わり方を考えてやるだけで、
回避できるのではないかと感じたぐらい、
とても人懐こい子です。
大好きな人の元で、
一日も早く過ごせますよう願っています。

焦れた時の吠えは、
体の割には野太くて迫力がありました。







バズ
※2018/5/15よりレポートに登場 (2018/5/14他抑留所より移送)
▽18047 薄茶白 オス 1歳 12-13キロ

f0078320_00411401.jpg
f0078320_00412368.jpg
f0078320_00413283.jpg
f0078320_00414241.jpg
いつも訪問メンバーが撮影や引き出しの準備をしているスペースに
バズはつながれています。
職員さんの配慮で、人の存在を少しでも多く感じられるようにされています。

私達がバズを意識せずに動いている時は、さほどバタバタしなくなって来ていますが、
目が合った瞬間から、まだどうしたら良いのか挙動不審な動きが始まります。
それでも当初の様子を知る私達は、このコのほんの少しの変化は感じています。
バズが許せる距離をとってやりさえすれば、警戒はしながらも、
私達が見ている前でもオヤツを食べられるようになって来ています。

気が付けば、バズが当初見せていた威嚇行動も、今は目にすることはありません。
人馴れが進んでいる訳ではありませんが、
威嚇する必要がないようにこちらが対応することで、
この調子で、バズが少しずつ学習してくれることを願っています。






※9/18よりレポートに登場 ( 2018/6/16他抑留所より移送)
▽18182 茶白(顔一部黒) メス  1歳ぐらい 12キロ前後

f0078320_00454959.jpg
f0078320_00455764.jpg
f0078320_00460562.jpg
f0078320_00461382.jpg
f0078320_00462130.jpg
良いことも悪いことも、色々と吸収する大切な時期にいます。
人に対して強い警戒心を持っている様子を見て、
この子も、人の存在をより多く感じられるようにと、
毎日ランに出して繋ぐようにしてくれています。

写真撮影中、微動たりともせず私をジッと見ていました。
一生懸命に考えているかのようでした。
表情を見ていても、賢い子のように感じます。
賢いが故、過去に関わって来た人との嫌な思いが、
どうしても忘れられないのかなと想像してしまいました。

ランに繋留されている状況からまた室内に戻る。
この一連の流れは覚えた様子で、
しかしまだその流れに慣れることはできず、
職員さんの登場にかなり抵抗していました。
職員さんたちも一生懸命で、この子と係わる上での癖など、
とても良く観察していて、クレートに入れて上手にチェーンを外していました。
先週までは毎回歩かせる努力をしていましたが、
ここの移動はクレートINに変えて様子を見ているようです。

↓下のコよりも、警戒心が強いと感じます。
かなり頑なだと仰っていましたので、
毎日コツコツと、時間をかける必要があると思えます。
次回も、職員さんの関わり方をよく見て来たいと思います。

↓以前のコメントです。
この子は身体や頭を撫でられることには抵抗することなく
クレート内にいる間にずっと撫でていても嫌がることはなく
ひたすら固まっている状態でした。







※9/18よりレポートに登場 ( 2018/6/16他抑留所より移送)
▽18183 薄茶(半長毛) メス 1歳ぐらい 12キロ前後

f0078320_00571939.jpg
f0078320_00573958.jpg
f0078320_00574733.jpg
f0078320_00575515.jpg
f0078320_00580441.jpg
f0078320_00581452.jpg
この子も↑の子と一緒に、より人と係わりを持てるよう、
毎日ランに出してに繋ぐようにされています。

この子は、私の動きに合わせて、常に動いていました。
それでも、以前のフリーの時とは違って、
繋がれていることは理解できているようで、
バタバタと動くようなことはありませんでした。

職員さんから、この子はこちらがゆっくり動くことで、
恐怖が和らぐようだとのことでした。
やはりクレートに入れて室内⇔ランを移動させているのですが、
ゆっくり手を入れれば、首にかけたチェーンも落ち着いて取れるそうです。
本当に個々の様子をよく見て対処されていることに感心しました。

人馴れに変化はまだ見られませんが、
関わる上での突破口みたいなのが見つかれば、
少しは関わり易いかと思います。
この子の方が諦めが早いそうです。

しかし、この子も時間をかける必要があると感じます。
家庭に入れて時間をかけることが一番の近道でしょうが、
向き合う時間を十分持つことができる環境が望ましいと思います。


レポートは続きます。


by centre_report | 2019-02-06 00:01 | 愛護センターレポート