ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
センターレポート・猫編
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


2019年 01月 02日 ( 7 )

12/28引き出し編・レポート紹介 全 38頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。





★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。



2018年最後の引き出しはセンターより成犬7頭
かつて一斉手術した多頭現場からも1頭引き出しました。
f0078320_01464720.jpg
f0078320_01465728.jpg
f0078320_01471043.jpg
f0078320_01471778.jpg
f0078320_01473115.jpg
f0078320_01570370.jpg
f0078320_01480179.jpg
↑黒白くんはいぬ親希望者さんへのお届けを済ませています。



f0078320_01481675.jpg

↑かつて一斉手術を行った多頭飼育現場からも一頭引き出しました。


いぬ親さんが決定している子以外は
準備が整い次第いぬ親さん募集開始いたします。



いぬ親会場にお持ちいただいた古新聞紙や毛布
ご郵送いただいた白地新聞紙などをお届けしました。
ご協力をいただきありがとうございます。

f0078320_02103658.jpg
f0078320_02105122.jpg



センターに収容される犬や猫が減り
当たり前のように飼い主さんの元で天寿を全うできる子が
一頭でも多くなりますように。

2019年も応援の程よろしくお願いいたします。





~お知らせ~

ちばわんでは、本当の家族を待つ犬達や猫達と
新たに犬や猫を家族の一員として迎えたいご家族との
出会いの場である「いぬ親会、ねこ親会」をほぼ毎週各地で開催しています。





「イベント情報」


詳しくはコチラ。




f0078320_22131246.jpg



f0078320_22115025.jpg



f0078320_22240307.jpg



f0078320_22225627.jpg



f0078320_22140587.jpg





「イベント情報」開催場所などの詳細につきましては
↑↑↑こちらをご覧ください。



当レポートをご覧になってのお問い合わせは、まずちばわんにお願いします。

問合せ先 korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)
(※上記アドレスへのいぬ親会に関するお問い合わせはご遠慮ください。
必ず詳細ページにてご確認をお願い致します。)

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。

★新規の預かりボランティアご希望下さる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

※大変申し訳ありませんが
小型犬のみの新規預かり希望は受け付けておりません。

お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
(審査の上、判断させていただきます。)









by centre_report | 2019-01-02 03:35 | 愛護センターレポート

12/28センターレポート A部屋    5頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。


No.Ⅴの新しく譲渡対象になった子の情報を更新しています。
その他は先週レポートより転載しています。



引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。






<No.III>
※10/16よりレポートに登場(10/9収容)
▽18219 茶 オス 3歳 20キロ~(太り過ぎ;適正15キロぐらい)

f0078320_01381603.jpg

f0078320_01383332.jpg

f0078320_01384520.jpg

f0078320_01392278.jpg

f0078320_01393628.jpg

f0078320_01400995.jpg

f0078320_01402635.jpg

f0078320_01404007.jpg

人馴れ問題ありません。
身体のどこを触っても表情一つ変えずされるがままです。

この日は、ガラス越しの外にまで、
嫌な咳?呼吸?が聞こえてきました。
写真でもわかるよう、更に太ったのでは?と感じたほど、
不健康な体型になっていました。
センター側でも食事に気を付けていて、
お世話をする人皆が確認できるように、
ケージに貼り紙がされていましたが、
運動に限りがあるため、減量も難しいかと思います。

この日は、オヤツを見失っている?という場面が数度あり、
少々心配になりました。
オヤツは、どんなに小さくしても、
落ち着いて優しく手から受け取れる子です。
とても性格が良いので、共に生活し易いと感じます。
優しい方の目にとまって欲しいです。





<No.Ⅳ>

※12/11よりレポートに登場(12/10他抑留所より移送
▽18267 茶 オス 8ー9歳 9キロぐらい(適正11ー12キロ)

前回は大人しい印象でしたが
今回見た時はケージの中で早く出してとアピールしたり
マイペースに動き回ったりしていました。
まだまだ痩せていて、元気いっぱいとはいきませんが
表情が明るくなってきたように思います。

歳相応の落ち着きがあり
どことなくおっとりとした印象も受けます。
お顔は良く見ると


この日見た限りでは、身体のどこを触っても嫌がる様子もなく、
ほんわかとした優しい印象を持ちました。
写真にはありませんが、歯も嫌がらず見せてくれました。

今はとても痩せています。
栄養が行き届き、もう少しふっくらとしたら、
寂し気な表情も変わり、可愛らしくなりそうです。

f0078320_22513187.jpg


f0078320_22513671.jpg


f0078320_22514132.jpg


f0078320_22514618.jpg


f0078320_22515189.jpg


f0078320_22515618.jpg





<No.Ⅴ>

※12/28レポート初登場 (12/20他抑留所より移送)
▽ 18296 黒柴 オス(去勢済) 3歳ぐらい 11.25キロ

f0078320_20451676.jpg
f0078320_20452608.jpg
f0078320_20453378.jpg
f0078320_20454165.jpg
f0078320_20454806.jpg
f0078320_20455694.jpg
f0078320_20460830.jpg
f0078320_20461513.jpg
f0078320_20462546.jpg
f0078320_20464065.jpg
人馴れは問題ないと思います。
収容されて間もないせいもあり、戸惑い・不安は隠せずの様子で、
表情一つ変えずにいましたから、抱くことは止めましたが、
体のどこを触っても身を硬くすることもありませんでした。
足を持っても平気で、歯の様子も見せてくれました。

オヤツは臭いは嗅ぐもの、余り関心がなく、
1・2度仕方なく受け取り食べてはくれましたが、
今は、気持ちはここにないといった感じを受けました。

年齢の割にはとても落ち着いた様子ですが、
環境に慣れたら、もう少し若犬らしい様子も、
見せてくれそうな気がしますので、
今後も良く観察していこうと思います。

人に飼われてきて、散歩の経験もあるのでしょう。
ロープで引かれることに拒否もしませんでした。
この日見た限りでは、人と生活し易いように感じました。






<No.VII>

☆きんつば
※10/16よりレポートに登場 (10/2収容)
▽18214 白 オス(去勢済) 5歳程度 12.35キロ

f0078320_01444893.jpg


f0078320_01445624.jpg


f0078320_01450723.jpg


f0078320_01451944.jpg


f0078320_01453057.jpg


f0078320_01454127.jpg


f0078320_01455377.jpg


f0078320_01460860.jpg


f0078320_01462700.jpg


人が大好きです。
私達が部屋に入った途端、
ケージから出して欲しくて猛アピール。
その声を聞いていると必死さが伝わって来ます。

ケージ扉に手をかけるとピタッと吠えは止まり、
人と戯れている間も、終始ニコニコで、
今までの吠えは嘘のようでした。
お鼻がちょっと上向き加減で、キュート。
愛嬌のある子です。

狭い空間が苦手なのか、人のそばにいたいのか、
凄くストレスになっているのでしょう。
ケージ外で体を拘束されても平気なのに、
ケージ内に戻す時にだけ、怒りました。
今後も様子を見て行きたいと思います。

人が大好きなこの子が、
一日も早く安心できる日が来ますように。






<No.VIII>

※10/23よりレポートに登場(10/18他抑留所より移送)
▽18225 オス(去勢済?陰睾?) 6歳 14-15キロ

f0078320_01492946.jpg



f0078320_01494553.jpg



f0078320_01500361.jpg



f0078320_01501769.jpg



f0078320_01503606.jpg



f0078320_01505457.jpg



f0078320_01511197.jpg



f0078320_01512815.jpg



f0078320_01514682.jpg


人が大好きで甘えん坊さんです。
人が好きな子にありがちですが、
この子もケージ内では、かなり吠えていました。
寂しくて、甘えたくて仕方がないのでしょう。

ケージから出すと一変。
穏やかな子に変身します。
触ってもらえることが嬉しくて、満面の笑みです。
とても可愛くて、飼い易いように感じます。

オヤツの受け取り方も優しく、
身体のどこを触っても嫌がる様子はありません。
年齢も良い感じのお年頃。
素敵なパートナーになれるのではないでしょうか。





レポートは続きます。


by centre_report | 2019-01-02 03:35 | 愛護センターレポート

12/28センターレポート E部屋    4頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。




ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。



引き続き、年末最後に動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田






E-No.1

※12/28レポート初登場(12/19収容)
▽18300 茶黒 オス 6歳 12キロ程度

この部屋に入った時にはおとなしくしていて
ケージ扉を開けて出てきた時にもゆっくりと出てきて
穏やかで落ち着いた子という印象でした。
顔の両頬のあたりの皮膚が少し黒ずんでいて
縦に傷が入っているように見えたのですが
傷ではなく、皮膚の状態が良くないだけでした。
お腹や足の部分にも黒ずんだ皮膚が見えていて
毛も薄くなっており、皮膚が角質化したような部分も
ありましたので、ケアが必要かと思います。

この部屋にいる子たちは皆、未去勢の男の子たちですが、
皆とてもおとなしく、落ち着きのある子たちばかりです。
この子も新たにこちらの部屋に移動になりましたが
年齢的な落ち着きだけでなく、元々の性格がおとなしい
のではないかと思われます。

最初は大人しくしていたのですが、撮影が終わってケージに
戻すと、やはり外で自由になって人と一緒にいられたのが
嬉しかったのか、しきりにワンワンと吠えていました。
皮膚の状態もありますので、なるべく早めに
個別にケアしてあげられたらと思います。
f0078320_16185872.jpg
f0078320_16191051.jpg
f0078320_16191847.jpg
f0078320_16192633.jpg
f0078320_16193551.jpg
f0078320_16194472.jpg
f0078320_16195203.jpg
f0078320_16200186.jpg





E-No.2

※12/18よりレポートに登場 (12/7収容)

▽18270 白 5歳ぐらい 15キロ程度


収容当初はシャイな面も見せていましたが、
今ではすっかり甘えん坊の本性が出てきていて
ケージから出すと、人に会えたのが嬉しくて
ひとしきり皆に甘えてきます。
ケージの中にいる間も、人がこの子のケージの前を通ると
前足でチョイチョイとちょっかいを出してきて
その甘え方にこちらがメロメロになりそうです。

ただ、人に甘えたくて仕方がないこの子は
この部屋に人が入ってくると途端に甲高い声で鳴いて
早く出して!と必死にアピールしてきます。
他犬との相性は悪くなさそうでしたが、
この日初めて紹介したNo.1の子を撮影している時に
この子のケージに近づくとイーっと少し威嚇するような
様子を見せていましたので、相性はあるのかもしれません。
人間でも相性があるように、犬にも相性があり、
大丈夫な子と気に入らない子がいてもおかしくはありません。
甘えん坊なので、自分が甘える前に私たちに甘えていたのが
気に入らなかっただけなのかもしれません。
今後も他の犬との様子も気をつけて見ていこうと思います。
f0078320_16211211.jpg
f0078320_16212555.jpg
f0078320_16213472.jpg
f0078320_16214482.jpg
f0078320_16215517.jpg
f0078320_16220415.jpg
f0078320_16221566.jpg
f0078320_16222721.jpg







E-N0.4

※12/18よりレポート登場 (12/13他抑留所より移送)
▽18272 黒茶 オス 3歳ぐらい 15キロ程度


先週会った時にはもう少しシャイな様子だったと
記憶していたのですが、この日は大分環境に慣れてきたのか
躊躇なく自分からケージの外にも出て来れましたし、
撫でたりすることも問題なくできました。
先週もケージの中にいる時には自分から興味ありげに
近づいてきたりしていましたので、
元々人のことが好きなのかもしれません。
ぎゅーっと抱きしめても嫌がるどころか

少しうっとりした表情になっていました。
抱っこも問題なくさせてくれました。

この子は少し他犬との相性に気をつけないといけないようで
他犬がケージに近づくと少し警戒する様子を見せていました。
この部屋は未去勢の男の子ばかりですし、仕方ない部分も
あるかとは思います。
ただ、とても甘えん坊なようですので、
一頭で飼っていただけるお宅でしたら
最高なパートナーになってくれそうな子です。

f0078320_16262091.jpg
f0078320_16263494.jpg
f0078320_16264249.jpg
f0078320_16265077.jpg
f0078320_16270243.jpg
f0078320_16271043.jpg
f0078320_16271831.jpg
f0078320_16272970.jpg







E-No.5

※12/28レポート初登場 (12/20他抑留所より移送)
▽18295 茶白長毛 オス 8歳程度 15キロぐらい


ふわふわな毛に覆われた男の子です。
少し斜視があるようですが、撮影した時には写真では
あまりわからない程度でした。
長毛ですが、汚れもそれほど気にならなかったので
放浪していた期間は短かったのではないかと思われます。

人を警戒している様子もありませんでしたので
間違いなく人に飼われていたのだと思います。
抱っこしてみても力も抜けていて、抱っこされた経験も
あるように思えました。
少し表情に乏しい感じではありますが、
まだ環境に慣れていないからかもしれません。
年齢的にもシニアにさしかかっているようなので
それで落ち着きがあるのかもしれません。
年明け以降にまたよく様子を見てみようと思います。

f0078320_16290449.jpg
f0078320_16291750.jpg
f0078320_16292541.jpg
f0078320_16293327.jpg
f0078320_16294172.jpg
f0078320_16295082.jpg
f0078320_16295915.jpg
f0078320_16300807.jpg


レポートは続きます。




by centre_report | 2019-01-02 03:12 | 愛護センターレポート

12/28センターレポート B部屋3頭&C部屋2頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。




時々付き人さんのレポートです。
加筆・修正しています。



引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。



<B-8>


※12/28レポート初登場 (12/27他抑留所より移送)
▽18303 黒白 オス 3歳ぐらい 13キロ程度

控えめで大人の落ち着きがある穏やかな男の子です。
オヤツは大好きなようで、
後ろ足で立ち上がってアピールしたり、
持っている指まで食べそうな勢いがありました。

声をかけながらゆっくり体を触ると、少し気にしている様子はありましたが怒ったり暴れたりすることなく抱っこできました。
黒と言うより赤毛のように見える部分が多く感じます。

特に他の犬を気にする様子はありませんでしたが、来週以降も気にしながら様子を見たいと思います。
f0078320_23343168.jpg
f0078320_23344593.jpg
f0078320_23345893.jpg
f0078320_23351215.jpg
f0078320_23353131.jpg
f0078320_23354114.jpg
f0078320_23355385.jpg
f0078320_23360451.jpg
f0078320_23361281.jpg
f0078320_23362720.jpg
f0078320_23363841.jpg






<B-9>

☆ういろう
※9/18よりレポートに登場 (8/16収容)
▽18178 黒白 オス(去勢済) 9歳ぐらい 15.4キロ

※先週レポートより転載しています。
とても9歳とは思えないほど元気一杯の男の子です。
ケージの中でも「出して!出して!」と騒いでいましたが
ケージから出してやると一目散に飛び出して来て
部屋の入口に向かって行きました。
お外に出たいのだろうと思います。

目が少し白濁しているためか、見え辛いように思えました。
シニアですので年齢相応なのかもしれません。
ただ、全く見えてないということはなさそうで
おやつを持っている人にかわるがわる
「ちょうだい!ちょうだい!」と飛びついていました。
まだまだ元気一杯のこの子とたくさんお散歩してくださる
優しいご家族に見初めてもらえますように。
f0078320_00522926.jpg











<B-10>

収容室①より移動
※11/27よりレポートに登場(11/26他抑留所より移送)
▽18285 薄茶白 オス (去勢済) 3歳ぐらい 13キロ程度

とても人懐っこくて明るい性格の男の子です。
最初はシャイな部分もあったようですが
時間の経過と共に環境にも馴れてきたのか
自分から人に挨拶するように寄ってきてくれました。
この時もひっくり返ってお腹を見せていました。
おやつを手に持っていると、飛びつくように
「おやつ!おやつ!」と小躍りして喜びますが
食べる時はわふっと優しいお口で食べます。

基本的な性格が穏やかなのだと思われ
お腹や尻尾の付け根などに触れても
人に対して強く出るような様子は見られませんでした。
優しくフレンドリーな子なので、一緒に旅行や色んな場所に出向きたい
そんな方にもピッタリだと思います。

f0078320_00060926.jpg


f0078320_00061487.jpg


f0078320_00061837.jpg


f0078320_16505811.jpg

f0078320_16510635.jpg




C部屋 2頭


※12/28レポート初登場 (12/27他抑留所より移送)
▽18302 ビーグル メス 8歳程度 9キロぐらい

ケージの一番奥で、まるで気配を消すかのようにじっと静かにしていました。
オヤツに反応するかな?と差し出すと、おずおずと匂いをかいで遠慮ぎみにゆっくり受け取って食べてくれましたが、
ガツガツする様子はなく食べ残しもあったのが気になりました。

ロープをかけて出てくるよう誘導しても、立ち上がって動く気配がなかったので抱っこしてもらったままで撮影をしました。
抱っこ自体を嫌がることもなかったですし、体はどこでも触らせてくれました。
ですが終始表情が乏しく、怖がることはないが逆に喜ぶこともなく、されるがままといった様子でした。

シニアのようですが、ビーグルらしい様子を全く感じることができなかったので、
また来週以降も様子を見たいと思います。
f0078320_00000920.jpg
f0078320_00002164.jpg
f0078320_00003574.jpg
f0078320_00005180.jpg
f0078320_00015246.jpg
f0078320_00021098.jpg
f0078320_00025239.jpg
f0078320_00032460.jpg
f0078320_00033809.jpg
f0078320_00035052.jpg






※7/10よりレポートに登場 (7/6引き取り収容)
▽18120 Aコッカースパニエル オス 9歳 11-12キロ

※先週レポートより転載しています。
甘えん坊のコッカー君はこの日も抱っこされたまま
いつまでも降りたがらず、終始抱っこされてご機嫌でした。
人に構ってもらうことや触れ合うことが本当に大好きな子です。
シニアですがまだまだ元気があり、良く動きます。
お散歩なども楽しんでできます。
他の犬とドッグランで合わせた時は、相性が良かったこともあり
喧嘩することもなく一緒にいられました。
いつも痛々しかった目の症状は今は少し落ち着いているようです。

深い愛情を注いでくださるような家族がこの子にも見つかりますように。





f0078320_02515594.jpg







レポートは続きます。


by centre_report | 2019-01-02 02:54 | 愛護センターレポート

12/28センターレポート 収容室①②③ 4頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。


写真のみの更新です。
コメントは先週レポートより転載しています。



引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田




★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。



※先週レポートより転載しています。



収容室① 2頭





E-No.1 より
再び収容室①に戻りました。

☆かのこ
※10/16よりレポートに登場 (8/21収容)
▽18220 茶 メス(不妊済) 3歳ぐらい 12キロ(やせぎみ)

センターで子育てを頑張ったお母さん犬です。
人と接することはほとんどなく育ってきたのか、
ロープで引かれると軽くパニックになってしまって
暴れながらケージから出てきても、
隠れられる場所を探して、とても狭い隙間にも
入り込もうとしてしまいます。

ロープが苦手で、外に出た瞬間はかなりバタバタします。
その様子だけ見ると、外に出すこと自体ストレスになってしまうのかと
心配をしましたが、おやつは人が見ていても食べられ
この時もケージの中に戻した途端に
器に入れておいたおやつを食べていました。
食に興味が強いので、食べ物を上手く使って
少しでも警戒心を解くきっかけになればと思います。

f0078320_16422546.jpg

f0078320_16424051.jpg

f0078320_16425365.jpg




※10/30よりレポートに登場(10/23収容)
▽18233 茶 オス 5ヵ月 6ヵ月ぐらい 8-9キロ 9-10キロ
この子と収容室②の18235は兄弟。

最初に見た時はまだ乳歯があり幼さが残っていましたが
身体が大きくなり随分と成長しました。
でも精神的には成長が止まっているような印象です。
この子の兄弟犬はボランティアの家庭に入って間もなく
ごく普通の元気な若いワンコになりました。
センターに残る2頭も、家庭環境に入って経験を積めば、
そう時間を要さずに変化が見られるのだと思います。

不安がっていますが触れてもお口が出ることはありません。
ロープで引かれることに慣れていませんので
外に出すとワタワタしますが、それも最初だけです。
成長期の大切な毎日を、一日も早く普通の家庭で送ることができますように。
f0078320_08211609.jpg

f0078320_08212904.jpg

f0078320_08213883.jpg

f0078320_08214749.jpg

f0078320_08215570.jpg

f0078320_08220364.jpg

f0078320_08221377.jpg

f0078320_08222903.jpg



収容室② 1頭

※10/30よりレポートに登場(10/23収容)
▽18235 茶 オス 5ヵ月 6ヵ月ぐらい 8-9キロ 10-11キロ
この子と収容室①の18233は兄弟。

見る度に落ち着きが出てきたように感じます。
オドオドしていただけの最初から比べれば
自分から外に出てきて、周りを見渡す余裕が出てきました。
元々はビビリなどではなく、ただ単に経験が不足しているだけで
ごく普通の家庭犬になるのに、そう時間は掛からなそうです。
むしろ甘えん坊になりそうですし
他の犬にも興味がありそうですから、犬友もすぐできそうに思います。

体長が大きくなってきて、足先が大きいですから
まだまだ成長しそうです。
颯爽と外を歩けるようになりそうですから
外に出たらさぞかし目を引くことでしょう。
f0078320_00055459.jpg


f0078320_00055949.jpg


f0078320_00060490.jpg




収容室③ 1頭


※11/6よりレポートに登場 (10/24収容)
▽18240 茶 メス 2歳程度 11キロぐらい(痩せすぎ)

環境にも人にもまだ慣れておらず良い方への変化もまだ見られません。
不安で仕方がないと言った様子で
経験不足だけではない、なにか怖い目に過去遭ったかのような感じを受けます。
でも攻撃的な面は見ている限りありません。
身体を手で引き寄せても、撫でても
身を固くすることはあっても歯を当てるような様子は見られません。
ゆっくりと固まった心をほぐしてくださるような
優しく手を差し伸べてくださる方と巡り会えますように。
f0078320_17041081.jpg


f0078320_17041576.jpg


f0078320_17041960.jpg


f0078320_17042720.jpg

レポートは続きます。



by centre_report | 2019-01-02 02:52 | 愛護センターレポート

12/28センターレポート 子犬舎2頭・旧子犬舎2頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


時々付き人さんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。




お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。



旧子犬舎2頭



<1-3>1頭
※3/20よりレポートに登場(3/9収容)
▽1547 白・薄茶 メス 1歳ぐらい 10キロ程度

この日、すぐ外で作業する音が気になったのか
落ち着くことがほとんどありませんでした。

いつもなら率先して身を乗り出してくる姿も見せてくれるのですが、
音に対する緊張もあってかおやつをほとんど食べることができませんでした。

大きな音や急な動き、追い詰めるような近づき方をすると恐怖と感じて慌てて動くことが多くなるのかと思いますが、
接し方を気をつけていればすぐそばにいられます。

身体を触られること、特に拘束されるようなことには
かなり恐怖を感じるようでまだ抵抗が激しいです。
恐怖心を取り除く訓練などが必要だと感じました。

f0078320_21430139.jpg
f0078320_21432180.jpg
f0078320_21434253.jpg
f0078320_21435701.jpg
f0078320_21441530.jpg
f0078320_21443822.jpg
f0078320_21445200.jpg
f0078320_21450808.jpg






<1-4>1頭

※1/17よりレポートに登場(4/5他抑留所より移送)
▽5149 薄茶 メス 2歳ぐらい 11-12キロ



部屋の移動があった後でしたが、お顔を上げてこちらの様子を確認することができていました。

いつもおやつを受けとることができず、目の前で食べる姿も見せてくれないのですが、
この日は犬用ちゅーるを差し出すと食べることはできなかったものの鼻をヒクヒクとさせて興味がある素振りを見せてくれました。

以前はビビりしょんをすることがありましたが、
それほど怖がらなくても大丈夫と少しずつ理解してくれているようで、
体を撫でてもお口を触ってもオドオドする感じは無かったように思います。

それでも不安な目で見つめてくる彼女にとっては、自らの意思を行動として伝えるには時間が必要なのかもしれません。

f0078320_21550709.jpg
f0078320_21551725.jpg
f0078320_21552627.jpg
f0078320_21553630.jpg
f0078320_21554696.jpg
f0078320_21555422.jpg
f0078320_21562262.jpg
f0078320_21563149.jpg






子犬舎 2頭

<2-6> 2頭

f0078320_00311114.jpg

※9/18よりレポートに登場 ( 6/16他抑留所より移送)
▽18183 薄茶(半長毛) メス 1歳ぐらい 12キロ前後

※写真・コメント共に以前の転用になります。

小部屋のドアを開けると2頭が揃って飛び出してくるのですが
この子は全く周りを見ることなく、低い姿勢で一直線に
外に飛び出してきます。
もう誰にも見つかりたくない、つかまりたくない、という気持ちが
伝わってくるようで切なくなります。
同室の子と一緒にいると、その子にくっついて動き回るだけなので
小部屋のドアを閉めて別々に様子を見てみました。

しかし、この子の警戒心は相当強いようで
ずっと動き回り落ち着く時間はほとんどありませんでした。
同じ現場から似た子たちが今までにも何頭か収容されていますが
やはり警戒心が強い子が多いようです。
それでも家庭に入って人と一緒に生活していったり、
先住犬がいるお宅であれば先住犬の動きをよく見ていたりしながら
少しずつ警戒心や恐怖心は克服できています。

この子もここでの生活がもうすぐ半年を迎えようとしています。
ここではこれ以上の人馴れはなかなか難しいものがあります。
やはり一日でも早く家庭に入って人との生活をしていく中で
人は何も怖いことをする人ではないと理解してくれるようになると
思います。














※9/18よりレポートに登場 ( 6/16他抑留所より移送)
▽18182 茶白(顔一部黒) メス  1歳ぐらい 12キロ前後

※写真は最新12/18撮影・コメントは以前の転用になります。
f0078320_00301027.jpg
f0078320_00301853.jpg


f0078320_00303987.jpg
f0078320_00305064.jpg
f0078320_00305835.jpg

この子も小部屋の扉を開けると即座に外に飛び出してきます。
ただ、同室の子とは違い、しっかりと顔をあげて周りを見る
余裕はあるようです。
同室の子と別々に様子を見てみたかったので
この子だけを小部屋に残してドアを閉めて接してみました。
部屋の隅で固まっていましたが、
ゆっくり近づいていけばその場に留まっていることができます。
身体や頭を撫でることにも嫌がることはありませんが、
緊張感で身体を固くしているのが伝わってきました。

震えたりするほどの恐怖心ではないものの、
何をされるかわからない不安があるのだと思います。
逃げ回るスペースがあると人と距離を取ろうと必死になりますが
こうしてゆっくりと接する時間が長くなれば
また様子も変わっていくのだと思いますが
ここにいては時間が限られてしまいます。
こちらからアクションを起こさなくても、常に人が一緒にいることで
人が怖いことをするものではないと理解していってくれるはずですので
一日も早く家庭に入って人の暖かさを教えてあげられたらと思います。






レポートは続きます。





by centre_report | 2019-01-02 02:47 | 愛護センターレポート

12/28センターレポート 別室     2頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。




※先週レポートより転載しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。






※12/4よりレポートに登場(12/3引き取り)
▽18264 黒茶白長毛 オス 2歳 16キロぐらい

同郷のメスの子を守ろうとしてか、
近づこうとする人に対して唸ったりすることもあって
こちらの部屋に移動となりました。
このように外のドッグランに出して、
少しでも人との接触が多くなるようにしてもらっています。

前回会った時には威嚇まではないものの
唸って「近づくな!」と警告してきていましたが、
この日は外にでていたからか、近づこうとすると
しきりに吠えていました。
見た目はふさふさで、体格は大きいですが
ぬいぐるみのようにかわいらしいです。
この日は唸ることはありませんでしたが、
吠えはしても攻撃的になる様子はありませんでした。

職員さんの話では、お口が出たりすることはないとのこと。
お散歩ではかなり引きが強いそうです。
体格も大きいので、力は相当あるようです。
お散歩練習は必要だと思われます。
f0078320_08435376.jpg
f0078320_08440811.jpg
f0078320_08441807.jpg
f0078320_08443995.jpg
f0078320_08444810.jpg
f0078320_08445797.jpg
f0078320_08450656.jpg
f0078320_08451699.jpg





バズ

※5/15よりレポートに登場 (5/14他抑留所より移送)
▽18047 薄茶白 オス 1歳 12-13キロ

いつも私たち訪問メンバーがいろいろと用意をする場所の近くに
繋がれているバズです。
私たちが入ってくると少し挙動不審になるのは相変わらずですが
それでも私たちが見ていても置いたおやつは食べられるように
なってきました。

以前のバズはとにかく人との距離を取ろうと逃げ回り
おやつも私たちが見ているところでは全く食べられなかったことを
考えるとかなりの進歩です。
確かに進歩の度合いは遅いかもしれませんが、
バズなりに一生懸命いろいろなことを学習しているのだと思います。
まだ身体を触ったりすることはハードルが高いのですが
もう少し時間をかけて、バズを触れるようになる日がくるのを
待っています。
f0078320_08350336.jpg
f0078320_08352487.jpg
f0078320_08353328.jpg
f0078320_08354904.jpg
f0078320_08362449.jpg
f0078320_08352487.jpg
f0078320_08355894.jpg
f0078320_08353328.jpg



レポートは続きます。




by centre_report | 2019-01-02 02:36 | 愛護センターレポート