ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
センターレポート・猫編
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


2018年 11月 08日 ( 9 )

11/6引き出し編・レポート紹介 全 54頭




※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。





★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。




お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田



11/6に犬1頭、猫1頭を引き出しました。
f0078320_20161691.jpeg





猫:問い合わせ先
yukichov716★yahoo.co.jp (★を@に変えてください) 幸丸
お名前のないメールには返信できません。

f0078320_20163195.jpeg
三毛猫ちゃんは負傷猫として収容され
背骨を骨折していることが判明したため現在入院しています。
退院後も多少の不自由さは残ってしまうかもしれませんが
推定1-3歳と若い子なのでまだまだ色んな可能性がたくさんあります。

元気になりましたらねこ親さん募集開始予定です。

この日引き出したわんこも準備が整い次第
いぬ親さん募集開始します。

応援のほどよろしくお願いいたします。






今回もお持ちいただきました古新聞紙と
タオルをお届けいたしました。

いつもご協力ありがとうございます!
f0078320_20163670.jpeg







~お知らせ~

ちばわんでは、本当の家族を待つ犬達や猫達と
新たに犬や猫を家族の一員として迎えたいご家族との
出会いの場である「いぬ親会、ねこ親会」をほぼ毎週各地で開催しています。





「イベント情報」詳しくはコチラ。










f0078320_02202884.jpg


f0078320_02204126.jpg


f0078320_22330978.jpg


f0078320_02204983.jpg


f0078320_16044911.jpg

f0078320_16043782.jpg


f0078320_16044279.jpg






「イベント情報」開催場所などの詳細につきましては
↑↑↑こちらをご覧ください。



当レポートをご覧になってのお問い合わせは、まずちばわんにお願いします。

問合せ先 korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)
(※上記アドレスへのいぬ親会に関するお問い合わせはご遠慮ください。
必ず詳細ページにてご確認をお願い致します。)

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。

★新規の預かりボランティアご希望下さる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

※大変申し訳ありませんが
小型犬のみの新規預かり希望は受け付けておりません。

お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
(審査の上、判断させていただきます。)











by centre_report | 2018-11-08 20:35 | 愛護センターレポート

11/6センターレポート 収容室①   4頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。

引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。




収容室① 4頭


※11/6レポート初登場 (10/26収容)
▽18239 茶白 メス 1歳程度 8キロぐらい


少しシャイな女の子です。
まだセンターに来て間もないですし
状況に慣れていないこともあるかと思います。
不安気で少しオドオドしていて
抵抗はしませんがロープに慣れていませんでした。
でも口が出る様子などはなく、抱き上げることも問題なくできました。

おやつを差し出すと、クンクンするものの食べるまでには勇気が
出ないようなので、メンバーが持っていたチュールを
指先に付けて差し出すと、あまりの良い匂いに我慢できなくなったのか
自分から顔を近づけてペロペロしていました。

おそらく来週は少し慣れて違った表情を見せてくれそうですし
あまり時間を要さずに馴れそうな子です。

f0078320_15264781.jpg

f0078320_15265260.jpg
f0078320_15265875.jpg
f0078320_15270676.jpg
f0078320_15272225.jpg
f0078320_15273143.jpg
f0078320_15273904.jpg




※10/16よりレポートに登場 (8/21収容)
▽18220 茶 メス 3歳ぐらい 12キロ(やせぎみ)

外に出す時だけワタワタしてあちこち身体をぶつけそうになりますが
それだけ気を付ければすぐに大人しくなります。
ロープで引かれることに全く慣れておらず
プチパニックを起こしますが、落ち着くまでの時間は短くなっています。
その際、口が出る様子はありません。
(落ち着くまでは不意に触らないようにはしています)
明るいところでじっくり見ると、目が大きく
なかなか可愛いお顔をしています。

子育てを頑張ったお母さん犬で
子犬達は他の登録ボランティア団体さんが引き受けてくださいました。
今度はこの子が家庭犬として幸せになる番です。

人とは関わり合いにならずに過ごしてきた子のようなので
心開くまでには時間は要するかもしれませんが
まだ3歳程度と若い子なので
一日でも早く人との暮らしに触れらせることが重要と思います。
f0078320_15360108.jpg
f0078320_15360667.jpg
f0078320_15363951.jpg
f0078320_15363419.jpg



※10/30よりレポート登場(10/23収容)
▽18233 茶 オス 5ヵ月ぐらい 8-9キロ
18233、18234、収容室②の18235は兄弟。


半野良のような子犬がこれまでも多く捕獲されている地域で
また容姿の良く似た子達が3頭まとめて捕獲・収容されていました。
そのうちの1頭です。
今はまだ身体は小さいですが、皆足先が大きめで
成長後はそこそこの大きさの中型犬になりそうです。



この日、メンバーが持っていたチュールを
鼻先に近づけると、緊張しながらも少しクンクンしました。
まだ自分から舐めるまでにはいたりませんでしたが
歯茎に擦り付けると不思議そうな顔をしながら口をもぐもぐしていて
緊張していただけなのが、少し口の中の美味しい物に
気を取られている感じで
そのためか、先週より身体から力が抜けていました。

まだ乳歯が残る幼い子です。
一日も早く家庭で人との生活に触れさせてあげることが
とても重要と思われます。
f0078320_15415153.jpg
f0078320_15415769.jpg
f0078320_15430867.jpg
f0078320_15420835.jpg
f0078320_15420227.jpg






※10/30よりレポート登場(10/23収容)
▽18234 茶黒 オス 5ヵ月ぐらい 8-9キロ

18233、18234、収容室②の18235は兄弟。


同室の兄弟犬のテリア風の子よりもビビリのようで
ワタワタから落ち着くまで、この子の方が少し時間が掛かります。
でもテリアくん同様に口が出る様子はありません。
お腹などを触るとかなり力が入っていて
緊張はなかなか解けないようでした。

マズルが長いのでこの子の方が大人っぽく見えますが
まだ乳歯の残る幼い子です。
何が何だか分からずに、不安で仕方がないのだと思います。
兄弟と一緒にしてみたらまた少し違った表情が見られるかもしれませんので
来週会わせてみたいと思います。

f0078320_17022047.jpg
f0078320_17022506.jpg
f0078320_17023112.jpg
f0078320_17024058.jpg
f0078320_17024635.jpg

レポートは続きます。



by centre_report | 2018-11-08 18:28 | 愛護センターレポート

11/6センターレポート 子犬舎5頭+旧子犬舎6頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


バロン母さんのレポートです。
加筆・修正しています。


部屋移動したノッチ、ブラック、しぐれのみ情報更新しています。
その他の子は先週レポートから転載しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。




お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。


子犬舎 5頭



<2-5 2頭>

☆ブラック

譲渡管理室より移動
※9/18よりレポートに登場(9/4引取り)
▽18164 ブラックタン短毛 オス(去勢済) 7歳ぐらい 12キロ程度

「飼い主募集中No.18164」


この部屋の担当職員さんから
「お座り」を教えてもらっていました。
少しシャイな印象のブラックでしたが
ノッチと並んでおやつをもらえるのを待っている様子は
落ち着きがあり、ごく普通の家庭犬のように見えました。
ブラックが穏やかな性格なのもあり
この部屋はとても平和な空気が流れていて
おやつを奪い合うこともありませんでした。

7歳と犬生の折り返し地点にいるブラックは
落ち着きがあり、穏やかで
物静かな子なので、初めて犬と暮らす方や
ご年輩のご家族構成のおうちでも上手に暮らしていけそうです。
多頭でも問題なさそうですが
一頭で十分愛情を掛けていただくのも良いかと思います。
どうかお気に留めていただければと思います。
f0078320_15141923.jpg

f0078320_15142634.jpg
f0078320_15143260.jpg
f0078320_19461336.jpg




☆ノッチ

譲渡管理室より移動
※10/9よりレポートに登場 (10/ 引き取り収容)
▽18196 茶白 メス(不妊済み) 5歳 9.85キロ
「飼い主募集中No.18196」

くりっくりの大きな目とダンボ耳が特徴のノッチです。
陽気な見た目ですが、意外にも少し慎重で
ややシャイな部分もあるそうです。
この部屋担当の職員さんの声かけに反応して
お座りを見せてくれていました。

もともと人に飼われていた子なので
すぐに家庭犬として再出発可能な子だと思います。

お散歩も問題なくできているようですし
人に触れられることも嫌いではないと思います。
一緒に生活してく中で、家庭犬として成長してくれそうです。
f0078320_15145360.jpg
f0078320_15145769.jpg
f0078320_15150312.jpg


<2-6> 2頭




f0078320_22480927.jpg





※9/18よりレポートに登場 ( 6/16他抑留所より移送)
▽18182 茶白(顔一部黒) メス  1歳ぐらい 11-12キロ (10/16修正)

この日も小部屋のドアを開けると、逃げるように飛び出してきた2頭。
私たちの動きに敏感に反応してしばらく逃げ回っていました。
この子は、運動神経が良く自分の何倍もある窓の桟に飛び乗ろうとしていました。
この場所で少し落ち着きこちらの様子を伺っていました。
スキンシップをはかろうと、素早く動き回るときに少し体に触れました。
まだ、人への恐怖心があるようですが、人の様子を観察する余裕があるようです。

※先週レポートより転載しています。↓
2頭共に人への恐怖心や警戒心が非常に強く
人からできる限り距離を取ろうとします。
小部屋扉を開けると、まずこの子がすごい勢いで飛び出してきて
続いてもう1頭の子がその後に続いて外に出てきます。
それでもこの子は人の方をしっかりと見つめていて
怖いながらも意思の強さを感じます。
こちらの動きを見極めているかのように感じることもあります。
常にもう1頭の子がこの子にくっついているのですが
嫌がることもなく、しっかりともう1頭の子を守るかのように
立ちはだかっているようです。


それでも何度か小部屋の外に行ったり来たりを繰り返してから
小部屋の一番奥で伏せて固まっていた時に
ゆっくりと近づいて「怖いことしないから触らせてね」と声をかけ
そっと触ってみると、びくっとすることもなく
私の手を受け入れてくれました。
触ろうとするとタイミングによってはお口が出そうになっていましたが
人間には何をされるかわからないとまだ思ってはいるものの、
怖いことをするのではない、ということはこの数ヶ月で
学習してきていたのではないでしょうか。
まだまだ幼いこの子たちは、ここにいてはなかなか進歩することは
難しいと思いますので、一日も早く家庭に入って
人の暖かさを知ってもらいたいと思います。


f0078320_22494380.jpg
f0078320_22495699.jpg






※9/18よりレポートに登場 ( 6/16他抑留所より移送)
▽18183 薄茶(半長毛) メス 1歳ぐらい 11-12キロ(10/16修正)

この日は、頼りにしている同室の子と離して接してみました。
怖くてこちらを見る余裕さえなく固まっていました。
気配を消すのに精いっぱいではあったものの、体・顔周りを優しく撫でましたがお口が出ることはなくされるがままでした。
同室の子をお手品にしているように見えましたので、この子だけでスキンシップを取れると人馴れも進むのではないかと感じました。

※先週レポートより転載しています。↓
同室の子よりも更に警戒心が強いようです。
常にもう1頭の子にくっついて歩いていて
そのスピードたるや、こちらが驚いてしまうほどです。
とにかく人間とは目を合わせることすら恐怖なのか
こちらをちらっと見ることはあっても、
すぐにもう1頭の子のお尻に顔をうずめてしまい
かわいいお顔を見ることがなかなかできません。
こんなふうになるには、一体何があったんだろうと
本当に不思議になってしまいます。


小部屋から飛び出してからもう1頭の子にくっつくと
びびりしょんがたくさん出てしまいました。
以前は身体を触ろうとするだけでお口が出そうになっていましたが
同室の子と同様に、恐怖心はあるものの
人が自分に危害を加えるものではないと学習できたのでしょう。
この日は、もう1頭の子のお尻に顔をギュッとうずめているところを
手を差し込んで顔を持ち上げようとしましたが
一度もお口が出るような素振りすらありませんでした。
かなりの力でアゴを地面に押し付けていたので
顔を持ち上げることはできませんでしたが、
身体を触ることもできました。
彼女なりに少しずつ人への恐怖心を
克服しようとしてくれていれば嬉しいです。


f0078320_22484267.jpg

f0078320_22483301.jpg



<2-8>1頭

※4/17よりレポートに登場(4/5他抑留所より移送)
▽5149 薄茶 メス 2歳ぐらい 10-11キロ

※先週レポートより転載しています。↓
ひたすら顔を隠して気配を消していた時期は
どうやら終わったようで、
この子も人が自分に危害を加えないものだと
少しずつ理解してきているのではないかと思います。
こちらに収容される前には出産子育てを経験していた
とても優しいお母さんでした。

まだまだ臆病ではありますが、
身体を触られたりすることには抵抗することはありません。
今はまだ人とどう接していいかわからないのではないかと
思います。
人と一緒にいる時間が長くなれば
馴れていってくれるのにも思ったほど時間はかからないかも
しれません。
綺麗な顔をしているこの子が満面の笑みになるところを
ぜひ見てみたいものです。





f0078320_22501718.jpg


↓↓先週レポートより

f0078320_23000773.jpg





旧子犬舎 5頭


<1-4 1頭>

☆しぐれ

※10/9よりレポートに登場(10/3引取収容)
▽18206 茶白 メス(不妊手術済) 3歳ぐらい 10.75キロ
「飼い主募集中No.18206」

おっとりながらもシャイな反応をみせるしぐれです。
おやつを差し出すと、腰が引けつつそっと食べに来ます。
垂れ耳でつぶらな瞳で、幼げな表情、抜群な可愛さです。

今まではおやつをあと一歩というところで食べられなかったしぐれですが
広めの個室で気持ちが落ち着いたのか
手からおやつを食べてくれました。

センター内ではお散歩も上手にできるそうで
家庭に入ればもっといろんな面が見せてきそです。

シャイな子なので落ち着いて過ごせるような環境のご家庭と
ご縁があると良いなと思います。
f0078320_15184373.jpg
f0078320_15184803.jpg
f0078320_15185370.jpg
f0078320_15185814.jpg
f0078320_15190348.jpg


<1-3> 2頭



f0078320_23440648.jpg



※3/20よりレポートに登場(3/9収容)
▽1547 白・薄茶 メス 1歳ぐらい 9-10キロ

f0078320_23442844.jpg


人の動きにビクビクしておりましたが、おやつは手から食べられます。
なるべく刺激しないように動いていましたが、少しの物音にビックリして逃げる場面もありました。


f0078320_23444551.jpg
それでも、自分の勘違い。。。
と分かると、人がいても自分が安心できる隅っこの場所に戻り、おやつをもらっていました。
f0078320_23450769.jpg

おやつを食べる時に、人の手がお鼻に触ったりする分には全く気にしていませんでしたが、体を触られることには緊張するようです。
この日は、比較的落ち着いておりお口が出るそぶりは感じられませんでした。
f0078320_23475583.jpg
※先週レポートより転載しています。↓
この子も手からおやつを食べられるものの
触ろうとするとさっと逃げてしまいます。
追い詰められたと感じるとお口が出そうになることもあります。
ただ、手からおやつを食べられるということは
食欲が勝っているとはいえ
本当に人が怖いと思っていればできないのではないかとも思います。

同室の子の影響を受けている可能性もあります。
1頭で人と向き合う環境におかれたら
変化を見せてくれるようになるかもしれません。
職員さんのお話では、背中を向けている時には
匂いを嗅ぎに近づいてきたりすることもあるそうです。
まだまだ幼いこの子にも、家庭に入って人の暖かさを
知って欲しいと思います。






※28/8/2よりレポートに登場(28.7/28他抑留所より移送)
▽4537 薄茶 メス  5歳ぐらい 12-3キロ



表情が強張って見えますが、怖くて動けないというよりは、この子が私たちの動きを冷静に観察しているようでした。

f0078320_23452361.jpg
差し出されたおやつは、口元まで持っていくと優しく咥えて食べてくれました。

f0078320_23454104.jpg
私たちが動いても、この子はこの場所でじっとしており、怯えた様子は感じられず、感情が安定してるように思いました。

f0078320_23455420.jpg
カメラにも、目をそらさずじっと見つめてくる意志の強さも感じられます。
f0078320_23461721.jpg


f0078320_23470255.jpg

※先週レポートより転載しています。↓
今までは私の記憶の中では
この子が吠えているところは見たことがなかったのですが
この日、旧子犬舎に向かうと、この子が外のスペースに向かって
しきりに吠えている姿を初めて目にしました。
この子の中で何かが変わった瞬間なのかと思いました。

いつものように小部屋に入り、おやつを差し出すと
いつもように手から食べてくれましたが
その際に少し手の甲で身体を触ろうとしたときに
これまでのような「余計なことしたら噛むわよ!」というオーラが
あまり感じられなかった気がしました。
私の気のせいなのかもしれませんが、
今まで見せていなかった様子に、何かが変わったのではないかと
期待しています。
なんとかこの子とも仲良くなれないものか、いつも考えています。



<1-2> 1頭

※10/22よりレポートに登場(10/18他抑留所より移送)
▽18224 茶 メス 5歳程度 13キロぐらい

とにかく人が大好きといった感じで、天真爛漫笑顔の可愛い子です。
隣のスペースの撮影をしてる間も早くこっちに来て!
という感じで視線を向けてアピールしていました。


f0078320_23515678.jpg
好奇心旺盛で、ボランティアメンバーの匂いを嗅いだりお部屋の中の物を確認したりと忙しそうでしたが、
なによりも人との交流が一番の安心材料のようです。


f0078320_23420983.jpg




f0078320_23414088.jpg


f0078320_23422517.jpg



<1-1> 2頭

※29.8/29よりレポートに登場(29.8/22収容)
▽4950 茶白黒 オス 5歳ぐらい(8/9修正) 8キロ程度


小部屋に入ると急いで外のスペースに出て行ってしまいましたが、
ボラメンバーが外に出ると、この子だけ部屋の中に入ってきてくれました。
f0078320_23425565.jpg
小部屋の中には別のボランティアがいましたが、極度におびえる様子もなく冷静に見えました。

f0078320_23430972.jpg
体を触っても慌てて逃げることもなく、怖いことはないと理解しているようでした。
おやつは食べることができませんでしたので、目の前に置いて部屋を出ると匂いを確認して口を付けていました。
f0078320_23432096.jpg
※先週レポートより転載しています。↓
ここでの生活が1年を過ぎてしまいました。
収容当初は人への警戒心がとても強く、
常に人との距離を取ろうと逃げ回っていましたが
現在は「人が怖くてたまらない」という感じはなくなっています。
外スペースへ出られる窓が開いているときでも
「行かなくていいよ」と声をかけながらゆっくり近づけば
外に逃げ出して行かずに我慢できるようになっています。
身体や頭を撫でたりすることには抵抗することもなく、
ブラッシングも問題なくやらせてくれるようになっています。
かつて一度だけですが抱っこもすることができました。

大分警戒心が薄らいできていますので
家庭に入って人と一緒に生活していけば
家庭犬として馴染んでいくのにもそれほど時間はいらないのかも
しれません。
まだ若いこの子に、もっともっと楽しいことがあるんだよと
教えてあげられたらと願っています。







※3/6よりレポートに登場 (3/1他抑留所より移送)
▽1536 茶 オス  1歳(8/9修正) 10キロ前後




私たちの動きをよく観察して、人との距離が取れるように移動してしまいます。
f0078320_23433488.jpg

同室の子が部屋に入っても、ツラれて入ってくることはなく、
自分で考えて行動する賢い子だと感じました。

f0078320_23434685.jpg

※先週レポートより転載しています。↓
とても綺麗な顔立ちをしていて、
どことなく少し狐のような雰囲気もある子です。
少し近づくだけで唸っていた子でしたが
現在はめたらやったら唸るということはなくなりました。
まだ自分が近づいてきて欲しくないスペースまで近づくと
唸ることもありますが、「唸らなくていいよ」と伝えると
いつまでも唸るようなことはありません。

おやつは手から食べることができません。
触ろうとするとやはりお口が出そうになることもあります。
まだ1歳程度ですから、
もっともっと人と接する時間を増やしてあげれば
人は怖いものではないと学習してくれると思います。
ここにいるだけではなかなか変化は見られないと思います。
この子にも暖かい手が差し伸べられますように。






by centre_report | 2018-11-08 18:19 | 愛護センターレポート

11/6センターレポート 別室     3頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


時々付き人さんのレポートです。
加筆・修正しています。


先週レポートより転載しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。







☆ミキちゃん

※9/25よりレポートに登場(9/12収容)
▽18187 茶黒 メス(不妊手術済) 2歳ぐらい 11キロ~


f0078320_00453129.jpg
f0078320_00455247.jpg
f0078320_00460927.jpg
f0078320_00462266.jpg
f0078320_00464857.jpg

ドッグランに入っただけでアタフタとパニック状態だったので
少し落ち着いてから撮影を始めました。

それでもこちらが少し動くと、精一杯離れようとまるで磁石のようにリードをピンと張らせてしまいます。
なるべく脅かさないよう、素早く写真だけ撮影し、それ以上は無理強いせず終わらせました。

しっかり離れてしまえば落ち着いているように見えましたが、おやつを食べる余裕はまだまだ無さそうでした。

↓↓↓以前の写真とコメントを抜粋↓↓↓

f0078320_13473240.jpg
f0078320_13485332.jpg

f0078320_23203936.jpg
f0078320_23211833.jpg

職員さんが迎えに来て部屋に戻る時、
尻尾は下がっていたものの、
しっかりと自分の足で前に進んでいたのには、
先週、嫌がっている様子を見ていただけに、驚きました。
毎日繰り返し練習してくれている職員さん方の、
努力の賜物だと思いました。

じっくりと時間をかけ向き合う必要がありますが、
まだまだ若いですから、これからが楽しみな子です。
小さな変化を一つづつ積み上げて下さる、
そんなご理解ある人のそばで、一日も早く再出発ができることを、
心から祈っています。


*ミキちゃんの娘たちかと思われる2頭は、
すでに預かりボランティア家庭で人との生活を始めています。







E-6より移動

※5/1よりレポートに登場 (4/26他抑留所より移送)

▽5178 白薄茶 メス 4歳ぐらい 13キロ程度 14キロ程度

少し前にはこの子のケージを覗くと
横たわった状態でブルブルと小刻みに震えていて
人は何か怖いことをすると思ってしまっている様子が見えました。
しかしながら、この日はそこまで震えておらず、
少しは人への恐怖感が薄らいできていてくれたらいいなと思いました。
収容当初はロープをかけようとすると唸ったり
触ろうとするとお口が出そうになったりしていましたが
今ではそういった様子は全く見られません。

ロープをかけて、外に誘導すると
ケージの中で多少踏ん張りますが、以前に比べれば
外に出て来られるまでの時間も短くなってきたと思います。
かつては、ケージ外に出てくるとあたふたして
狭いところに潜りこもうとしていましたが、
今は少しおどおどはするものの
慌てて狭いところに行こうとすることはなくなりました。

ベーコンのケージのそばに行った時には
お互い鼻を突き合わせていましたが、喧嘩になることもなく
他犬との相性も悪くなさそうでした。
おやつはまだ手から食べることはできませんが
床に置いたものは、人が見ていても食べられるようになりました。
人の優しさや暖かさを是非この子にも知ってもらいたいです。

f0078320_11123179.jpg
f0078320_11125017.jpg
f0078320_11125951.jpg
f0078320_11131231.jpg
f0078320_11132651.jpg
f0078320_11133864.jpg
f0078320_11134752.jpg
f0078320_11135835.jpg


バズ

※5/15よりレポートに登場 (5/14他抑留所より移送)
▽18047 薄茶白 オス 1歳 10キロ~?


f0078320_01455707.jpg
f0078320_01461192.jpg
f0078320_01462738.jpg
f0078320_01472092.jpg
f0078320_01474303.jpg
f0078320_01480082.jpg
f0078320_01481283.jpg
f0078320_01482236.jpg

センター職員さんの配慮で、より人との関わりが多くなるこの部屋へ移って約3ヶ月経ちました。
ゆっくりではありますが、着実に変化は出てきていると思います。

毎週、センター訪問メンバーがこのすぐ近くで引き出し作業の準備をしていますが、
以前は落ち着く余裕はほとんど無くて常に緊張していたように感じました。

最近は落ち着くことができているようにも見えますが、それでも人から目線を外さず、
いつでも身構える事ができるように構える部分は今でもあります。

この日は無理に近付かずにおやつを床に置いて、少し離れた場所で注目せずカメラを構えたまま、ただそばに座っていてみました。

リードをピンと張って、できる限り離れた場所から「この人は何を企んでいる?」とじーっと様子伺いをしていましたが、
そのうちその場でお座りをすることができました。

しばらくそのまま座ってましたが、たくさんのおやつが気になったようで、ゆっくり動きだし警戒しながらもおやつを食べることができました。

おやつを食べながらも常に人を確認し、わずかな物音も聞き逃すまい!としていましたが、
大きな勇気を振り絞っての行動だったことが嬉しくなりました。


↓↓↓以前のコメントを抜粋↓↓↓

*向かって右側前足の付け根辺り。
写真でもわかるように、
先天性のものなのか、事故によるものなのか、
少し変形しています。
痛がる様子も、気になる様子も見受けられません。
生活する上で、特に問題はなさそうです。



人がそばにいても
食べ物を口にすることができるようになった
バズ君です。

少しずつですができることが増えてきていると思います。




レポートは続きます。


by centre_report | 2018-11-08 18:17 | 愛護センターレポート

11/6センターレポート E部屋    4頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。




<E-2>

※10/30よりレポートに登場(10/17収容)
▽18230 茶黒 オス 3歳程度 16キロぐらい


はっきりとした富士額のような柄が印象的で、
元気な男の子です。
人馴れは全く問題なく、身体のどこを触っても嫌がりません。
とても陽気な男の子で、同行メンバーに次々と挨拶してまわり
ボク!ボクをよろしくね!とでも言っているかのようでした。

落ち着きなくウロウロと動き回っていましたが
まだ若い男の子ですからこの程度は仕方がないかなと思います。
お散歩でストレス発散できれば、もう少し落ち着けそうに
思います。
お座りもできるのですが、
おやつを待ちきれずにすぐに腰があがってしまいます。
人が大好きな甘えん坊くんですので、
一日も早く人と一緒に生活できる環境においてあげたいです。
f0078320_13082462.jpg

f0078320_13083761.jpg

f0078320_13084703.jpg

f0078320_13085842.jpg

f0078320_13090722.jpg

f0078320_13091842.jpg

f0078320_13092703.jpg





<E-3>

※10/30よりレポート初に場(10/27他抑留所より移送)
▽18237 薄茶鼻黒 オス 3歳程度 14-15キロ


ケージの隅で横たわっていて
具合でも悪いのかと思いきや、そういうことではないようで
その姿勢のままこちらの動きをじっと見ていました。
何をされるかわからないと思いながらも、
ボクは何もしません、とアピールするかのように
横たわったままじっとしていました。
とても穏やかな子で、頭や身体を撫でても嫌がらずに
こちらの手を受け入れてくれていました。

今回初めて紹介するのだから、ケージから出そうとロープで誘導しましたが
少し踏ん張っていましたので、身体を持ち上げてケージの外に
でてきてもらいました。
その際にも抵抗したりすることなく、されるがままでした。
震えたりしている様子もなく、人との関わりは少なからずあったと
思えます。
おやつも手から食べることができました。
怖がって隅っこに移動するわけでもなく、オドオドしながらも
歩くこともできました。
まだ環境に慣れていない部分もあるかと思いますので
来週以降も様子を見ていこうと思います。
f0078320_13124965.jpg

f0078320_13130263.jpg

f0078320_13131244.jpg

f0078320_13132553.jpg

f0078320_13133758.jpg

f0078320_13134603.jpg

f0078320_13135622.jpg

f0078320_13140658.jpg





<E-4>

※10/16よりレポートに登場 (10/4収容)

▽18212 白 オス(去勢済み) 2歳 12キロ程度

人が大好きなかわいい男の子です。
全体的に白い毛が多いのですが、ところどころ薄茶の毛も
混ざっています。
隣のケージにいる子が異常なほど吠えまくっていたためか
同調するかのようにこの子も少し遠吠えのように鳴いていました。
ケージから出すとすっかりおとなしくなり
見た目がとても優しげなので女の子と見間違えました。

少し秋田犬っぽい風貌です。
収容当初は緊張感があったのか、触られたりすると
ビクッとしていたようですが、環境にも慣れてきたのか
もうすっかり人に甘えたり笑顔を見せてくれたりするように
なっていました。
まだ若いので、これからもっとやんちゃな面も
見せてくれるようになるかもしれません。
毎週変化を見せてくれてきているので、
来週もこの子に会うのが楽しみです。
f0078320_13174836.jpg

f0078320_13180498.jpg

f0078320_13181496.jpg

f0078320_13182234.jpg

f0078320_13183042.jpg





<E-5>

※10/30よりレポートに登場(10/29他抑留所より移送)
▽18238 茶 オス 5歳程度 14キロぐらい


ケージの外に出てくれば、少し元気良すぎるぐらいの
普通の男の子なのですが、
ケージ内にいる間は異常なほどの奇声を発していました。
最終日部屋にいる時にはそこまで吠えることもなかったそうなので
ケージやクレートなどの狭い空間に入っているのが
とても苦手なのだと思います。
閉じ込められて何か嫌な思いをしたことがあるのかもしれません。

声が少し高く、単純にワンワン吠えまくるというだけではなく
時折おかしな声を発したりもするため、
このままでは近所迷惑になってしまいそうです。
ただ、この部屋自体から人がいなくなると静かになっていたので
他犬に対するやきもちもあったりするのかなと思いました。

ケージから出てくると、落ち着きなく動き回っていました。
少し足が短く、顔つきもややコーギーっぽくも見えました。
人馴れは全く問題ありません。
常に構っていて欲しくてたまらないという感じでした。
今後も様子を見ていきたいと思います。
f0078320_13240692.jpg

f0078320_13244848.jpg

f0078320_13251957.jpg

f0078320_13254904.jpg

f0078320_13262078.jpg



レポートは続きます。



by centre_report | 2018-11-08 18:17 | 愛護センターレポート

11/6センターレポート 譲渡管理室 14頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。

先週+以前のレポートより転載しています。

引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。





E-1より移動

☆ベーコン
※9/18よりレポートに登場(9/4収容)
▽18174 茶 オス(去勢済み) 4歳ぐらい 12.4キロ
(痩せ過ぎ・適正14-15キロ)
飼い主募集中!!No.18174

厳つい顔をしていますが、とても気のいい男の子です。
見た目とは正反対のような甘えん坊でもあります。
人が部屋に入ってくると早く出して欲しくて
必死に吠えてアピールしていましたが、
ケージから出てくるとぴたっと吠えは止まります。
そしてメンバーにかわるがわる甘えにきていました。

おやつは手まで食べる勢いで食いついてきます。
それでも以前の異常な痩せ方から見れば
かなりお肉がついてきたように思いました。
まだまだ痩せてはいますが、このままふっくらしていけば
立派な男の子になることと思います。
お座りもとても姿勢がよく、間違いなく以前の飼い主に
教えてもらっていたのでしょう。
ベーコンにも暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_10554071.jpg

f0078320_10552111.jpg

f0078320_10555018.jpg

f0078320_10560141.jpg

f0078320_10561123.jpg

f0078320_10562143.jpg

f0078320_10562993.jpg

f0078320_10563743.jpg







☆リッキー

別室より移動
※5/22よりレポートに登場 (5/17他抑留所より移送)
▽18051 茶 オス 6歳ぐらい 15キロ

f0078320_00345352.jpg
f0078320_00350989.jpg
f0078320_00352201.jpg
f0078320_00353514.jpg
f0078320_00355664.jpg
f0078320_00361040.jpg
f0078320_00362474.jpg
f0078320_00363380.jpg
f0078320_00365516.jpg

大きめな身体で穏やかな雰囲気が魅力的な男の子です。
右耳には過去に争いに巻き込まれたのか、裂けた古傷があります。

おやつをもらえるとしっかり理解しているようで、何度も首を左に傾けて可愛いお顔で待っていてくれました。
特に怯える様子は感じられず、差し出したおやつを優しく受け取っていました。

極端にはしゃいだり、喜びを表現するまででは無かったですが、
立ち居振舞いが堂々としているように感じました。

落ち着きのある年齢でもありますので、ゆっくりのんびり一緒に過ごすには良いパートナーになるのではと思います。

以前に比べると、着実に人馴れが進んでいると感じました。
今より人と一緒に過ごす時間が増えれば、より良い変化が見られるのではと思います。






☆ひとみ

収容室③より移動
※10/16よりレポートに登場 (10/1収容)
▽18215 セッター風・茶黒 メス(おそらく不妊手術済)
 8歳程度 10.4キロ(やせぎみ)
「飼い主募集中No.18215」

セッターをすごく小ぶりにしたような子ですが
その犬種独特の活発な感じはあまりなく
まだ遠慮気味に動いていました。
ケージの中で柵越しに人に合うととてもフレンドリーな
態度を見せるのですが、いざ扉が開くと少し腰が引け
嬉しいのと同時に不安も入り混じるようです。

人への態度は一言でいうと(怒られ慣れている)とでもいった感じで
人の動きをよく見てそれでも少しオドオドしていました。
ですが、しばらく撫でているととても頼ってくる仕草もしますので
安心だとわかればフレンドリーに接してきてくれると思います。

抱き上げても何をしてもお口が出るようなことはなく
人に対しては従順なタイプだと思われます。

いかにもハチャハチャしそうな見た目をしていますが
ケージ外に出すと意外にも慎重に行動します。
まだ不安も入り混じっているのだと思います。
でも抱き上げても暴れたりせずに、固まるのみで
何をしてもお口が出る様子は見られませんでした。

f0078320_17573983.jpg


f0078320_17574549.jpg


f0078320_17575223.jpg

f0078320_17575919.jpg


f0078320_02481576.jpg

f0078320_02482024.jpg




☆たまご

A-No.Vより移動
※9/25よりレポートに登場  (9/11収容)
▽18188 白 オス(去勢済) 7歳ぐらい 13キロ程度
「飼い主募集中No.18188」

先週はE部屋にいましたが、去勢手術を受けた後
こちらの部屋に移動になりました。
センターで「たまご」と名前をつけてもらったそうです。
白くてつるんとした感じが「たまご」という名前にぴったりだと
思いました。
ぴんと立った耳、アーモンド型の瞳で
被毛もしっかりとしたダブルコートなので
北海道犬など寒い地域の犬種が入っていそうです。

おやつが大好きで待ちきれず、
おやつを見せると後脚2本だけで立ち上がりアピールしてきます。
とてもバランス感覚もよく、その姿勢でしばらく立っていることが
できます。
ケージに戻る時、高い出入り口をスタンディングジャンプで
ぴょんと飛び越えて入って行き
たまごの身体能力の高さを目の当たりにしました。
人馴れも問題なく、どこを触っても怒ることはありません。
たまごにも良いご縁がやってきますように。
f0078320_12333755.jpg
f0078320_12335544.jpg
f0078320_12340629.jpg
f0078320_12341675.jpg
f0078320_12342535.jpg
f0078320_12343731.jpg
f0078320_12344741.jpg
f0078320_12345816.jpg




B部屋より移動
☆ポピー
※9/18よりレポートに登場 (9/13他抑留所より移送)
▼18179 茶 オス(去勢済) 9歳 10.3キロ
「飼い主募集中No.18179」

ポピーもシニアになっていますが、
とても元気一杯でとても9歳とは思えません。
ケージの中でも大騒ぎしていましたが、
外に出てくると吠えることはないにしても
外に出られた嬉しさではしゃぎ回っていました。
毎日お散歩に連れて行ける環境であれば
もっと落ち着いてくるものと思われます。
お座りもできますし、こちらの指示も聞いていますので
大好きなおやつを使って躾が入り易そうな感じがしました。

以前は人に飼われていたことは間違いないと思われますが
逃がしてしまって探し出す術を飼い主が知らなかったのでしょうか。
飼い犬がいなくなった時には、まずは動物愛護センターや警察に
問い合わせる、ということだけでも
犬を飼うのであれば最低限知っておいてもらいたいものです。
f0078320_13383661.jpg
f0078320_13391426.jpg
f0078320_13392632.jpg
f0078320_13394152.jpg
f0078320_13395579.jpg
f0078320_13400806.jpg
f0078320_13401911.jpg
f0078320_13403189.jpg







☆コン太
※10/16よりレポートに登場(10/11他抑留所より移送)
▽18216 茶 オス(去勢済み) 2歳 9キロ

f0078320_14445413.jpg
f0078320_14450065.jpg

f0078320_17105080.jpg


f0078320_17104557.jpg



f0078320_17105693.jpg


人馴れ抜群の男の子です。
両前足で人に手をかけてきたり、おやつも優しく受ることができて
普通にその辺を散歩している飼い犬となんら変わりありません。
なぜこんなにいい子がここにいるのかが理解できません。
まだ若いですし、今すぐ家庭に入っても
何ら問題なく生活していけそうです。

カメラを向けるとしっかりとカメラ目線をくれて
テンションもそれほど高くなりすぎることもなく
若いわりには適度な落ち着きもあります。
犬を初めて飼う方でも飼い易い子ではないでしょうか。
お座り、お手、おかわりも披露してくれました。
間違いなく飼われていた子です。
今度こそコン太を最期まで守ってくださるご家族に
迎えてもらえますように。





☆ミカちゃん

※10/16よりレポートに登場(10/11他抑留所より移送)
▽18218 薄茶黒 メス(不妊手術済み) 3歳程度 8.6キロ
「飼い主募集中No.18218」

一瞬見た目では子犬かと思ったほど幼い表情をしており、
小部屋を開ける前から嬉しそうにはしゃいでいて
開けた瞬間から「遊ぼう!」と言っているかのように
私に対してもプレイバウをしてみせてきました。
人馴れは全く問題なく、ずっとしっぽをブンブン振っていました。
構ってもらえるのがとても嬉しいようで、
とても素直な子という印象でした。
甘えん坊さんのようで、構っているとひっくりかえって
お腹を見せてくれたりもしていました。

お転婆な面もありますが、小柄ですし集合住宅などでも
飼育可能だと思います。
f0078320_14424774.jpg
f0078320_14425242.jpg
f0078320_14425853.jpg
f0078320_14430472.jpg







☆ランちゃん

※9/25よりレポートに登場(9/12収容)
▽18185 茶鼻黒 テリアミックス メス(不妊手術済)生後6-7ヵ月(11/6修正) 9.25キロ



f0078320_15491462.jpg

f0078320_15492087.jpg


f0078320_15492482.jpg



動きもワチャワチャしておらず、オヤツをとても落ち着いて食べる様子に、
少々違和感があり、何度も何度も色んなことを試してみたところ、
どうやら目が良く見えていないのでは?
と感じ、そのせいで動きに落ち着きがあるのかもと思えてきました。
光はちゃんと感じているようですが、
こちらの早い動きや、下に落ちた物は識別できず、
鼻や耳に頼って判断している動きを感じました。
生活する上で、特に問題はなさそうですが、
次回も良く見て来たいと思います。
10/23:目は見えているようです。
遠くで人が歩く姿を目で追っていました。
しかし角度によっては全く見えていないかのようなしぐさをしますので
視野が極端に狭いのかもしれないと感じました。


10/30:馴れている職員さんには
仔犬らしい無邪気な様子で甘えていました。





☆サワー

※8/28よりレポートに登場 (8/27他抑留所より移送
▽18152 白 オス(去勢済) 7歳 16キロ
f0078320_16263029.jpg


f0078320_16393105.jpg


f0078320_16393795.jpg


f0078320_16264745.jpg

かつてレポートに初登場した際にも、
この子の撮影を担当したのですが、
当時は不安一杯で小刻みに震え、

ビビリションまで出ていました。

今回、表情が随分と明るくなっていたので、
最初は別犬かと思ってしまうほどでした。
少しずつ本来の姿を出し始めているようで、
大変嬉しく感じました。

年齢的なものからきているのか、元々の性格なのか、
他の子達が騒いでる中、貫禄の落ち着きようで、
私達が他の子達と戯れてる様子を眺めていて、
目があうと、逸らさずジッと優しい目で見ていました。
紳士的な印象を受けました。

シニアの域に入っているようですが、
毛ぶきも良く、若々しく見えます。

これからの半生、温かな人のそばで、
今度こそは、不安なく安心して過ごしてもらいたいです。






☆べん

1/9よりレポートに登場 (12/15引き取り収容)
▽5062 茶 オス(去勢済) 8歳 13.55キロ
飼い主募集中!!No.5062

f0078320_16524258.jpg


f0078320_16524812.jpg


f0078320_16525584.jpg

心身ともに、変わって来たのが見て取れます。

あんなに怯えきっていたのがこうも変わるのですから、
シニアでも、ちゃんと馴れるのだと教えてくれました。
年齢的なことと、性格もあるのでしょう、
ハッチャける子ではありませんが、
そばに行くと、そっと寄って来てくれて、
優しく手からオヤツも食べてくれます。
ドッグランでも影を潜めておらず、
しっかりその存在を私達に伝えてくれていました。

寂しさを強調していた被毛も抜け替わり、毛艶も良くなりました。
テリア質の毛が混じっているのか、
ところどころ硬い毛もあるので、
写真で綺麗に伝わらないのが悔しいですが、
若がえったように感じます。

これからの大切なシニアの時間を、
のんびり一緒に歩んで下さる方の目に留まりますよう、
祈っています。

この多頭崩壊現場から来た子達はベンくんを除き全ての子が
ちばわんや他の登録ボランティアに引き出され
すでに家族を得て幸せを掴んだ子もいます。
どの子もややシャイながら性格が穏やかで優しい子ばかりです。








☆サリー
※3/27よりレポート登場(3/22引き取り移送)
▽5136 茶 メス(不妊手術済) 3歳ぐらい 18.75キロ

f0078320_16553862.jpg


f0078320_16554575.jpg


f0078320_16555081.jpg

健気にも、小さい頭で一生懸命に考えて考えて、
ここは安心できる場所なんだと理解し始めたのでしょう。
険しさが日に日に無くなり、女の子らしく、
可愛らしい雰囲気になって来たように感じます。

今は、以前のように同じ姿勢のまま動かないサリーちゃんではありません。

お座りしておやつの順番を待つようになりました。
バクバクとまではいきませんが
手からもおやつを食べてくれます。







☆ブーマー
☆5/15よりレポートに登場(4/26収容)
▽18048 茶 オス 7-8歳 24キロ

f0078320_17122825.jpg


f0078320_17123303.jpg

体も大きく、パッと見は厳つく見えますが、
良く見ると、とても優しい目をしています。
角度によっては、ポヨ~ンとどこか抜けたような表情で、
ギューッとしたくなるほど、甘えん坊で可愛いです。
人が大好きな子です。

見れば見るほど。
会えば合うほど。
とても魅力のある、可愛い爺ちゃんです。

人の愛情を知っており、一時は可愛がられていたのでしょう。
人に信頼をよせており、身体のどこを触っても嫌がるどころか、
嬉しい様子でした。
シニアならではの落ち着きもあり、
雰囲気とのギャップもこの子の魅力です。

ジッとこちらをみつめてきます。
何か言ってくれるのを待っているかのようです。

以前、他の子の散歩中に、
ちょうどブーマーも職員さんに引かれて出てきた所に出くわしました。
その時ブーマは、反射的に飛び掛かって来ましたので、
対犬には注意をする必要があると思います。
(オスメス関係ないようです)
そこそこの体格ですから、扱う人間側も体力も必要です。





☆パーカー
※4/17よりレポートに登場 (4/16他抑留所より移送)
▽5165 白黒ブチ オス(去勢済) 5歳ぐらい 15.65キロ
「飼い主募集中No.5165」
f0078320_17153853.jpg


f0078320_17154417.jpg


底抜けに明るく、今を目一杯楽しむ子です。
こちらまで楽しくなるぐらいに屈託なく、
常に動き回っているため、
写真撮影するのに苦労する1頭です

この日もとても元気で、今か今かと、
自分の番が来るのをワクワクしながら、
他の子達を観察する私達を見ていました。

人が大好きですから、
今の落ち着きのなさも仕方ないように感じます。
そばに行くと全身でその嬉しさを表してくれるので、
落ち付くのを待ちましたが、無理でした。
体力もあり、身体能力もとても高いように感じます。
リードや横に立っている木を上手に使い、
毎回、パフォーマンスを披露してくれます。

活発な犬種の血が入っていそうな気がしますので、
この子に合った、適正な運動をさせることで、
もう少し落ち着きが出るのではないかと期待しています。
この子の存在で周りまで明るくなるような、
とても魅力のある子です。




☆エイト

2/20よりレポートに登場 (1/26収容)
5096 薄茶 オス(去勢済) 4歳ぐらい 10.5キロ


f0078320_01165593.jpg

f0078320_01170907.jpg

f0078320_01172284.jpg

f0078320_01173397.jpg

f0078320_01174556.jpg

f0078320_01175445.jpg

f0078320_01180534.jpg

f0078320_01181616.jpg

f0078320_01182869.jpg

人が大好きで、甘えん坊な男子です。

ややマイペースで、興奮しやすい感じはありますが
性格を分かってしまえば決して付き合いにくい子ではありません。

嫌なことは嫌!とハッキリ意思表示はするようなので
普段からよくコミュニケーションを取り
この子の性格や癖をよく理解する必要があります。
大人だけのご家庭で
しっかり向き合う時間を取れる方とのご縁が望ましく思います。








レポートは続きます。


by centre_report | 2018-11-08 18:02 | 愛護センターレポート

11/6センターレポート B部屋2頭・C部屋1頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。




ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。



※先週レポートより転載します。


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。



お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田








【B部屋】2頭

※9/18よりレポートに登場 (8/16収容)

▽18178 黒白 オス 9歳 17キロ

先週は収容室③にいました。
シニアの域に入っていますが、とても元気です。
人馴れは全く問題なく、どこを触られても嫌がることもありません。
レポートでこの子のおしっこの匂いがきついとのこと
でしたが、この日は匂いは気になりませんでした。

身体の白い毛の部分も真っ白ではなく、
黒いぶちがたくさん入っていて、一度見たら忘れないような
特徴的な模様をしています。これぞオンリーワンです。
目が少し白くなっていてシニアになってきているのを感じますが
写真を見ると常に目を見開いているようにしているのが
少し気になります。
元気よく動き回るのですが、こちらの指示はわりと伝わるほうだと
思います。
まだまだ残されているこの子の犬生、一緒に過ごしてくださる
ご家族に迎えてもらえますように。

f0078320_13295306.jpg
f0078320_13300524.jpg
f0078320_13301536.jpg
f0078320_13302410.jpg
f0078320_13303485.jpg
f0078320_13304481.jpg
f0078320_13305617.jpg




カブト
※7/24よりレポートに登場(7/20他抑留所より移送)
▽18124 黒ラブMIX(去勢済み) 3歳 23キロ
「飼い主募集中No.18124」

いつでも全力、元気一杯のカブトです。
ケージの中では相変わらず全力で私たちを呼び続けていました。
あまりにも吠えすぎて、口から泡がでてしまうほどで、
ケージ外に出すとぐびぐびとすごい勢いで水を飲んでいました。
あれだけ騒げば喉も渇くでしょう。
ケージの中にいる時のカブトだけを見ていたら
ただのうるさいラブだなーと思うだけかもしれませんが、
とても賢い面もあり、こちらの指示がしっかり伝わる子です。

ただ、賢いというのは人を見極めることもできるということです。
この人には好き放題やっても怒られないな、と思うと
ドッグランに出した時にも自分の思うがままの行動をしたり、
この人のいうことは聞かないとダメなんだな、と思うと
しっかり指示に従うというように、使い分けができています。

まだまだ若いカブトに、しっかりとした躾を入れ
リーダーシップを取れる大型犬飼育経験のある方に
迎えてもらうのがお互いにとってベストなのだと思います。

f0078320_13354932.jpg
f0078320_13360408.jpg
f0078320_13361730.jpg
f0078320_13362665.jpg
f0078320_13363473.jpg
f0078320_13364370.jpg
f0078320_13365327.jpg
f0078320_13370105.jpg






↓↓先週レポートより転載します。

【C部屋】1頭

※7/10よりレポートに登場 7/6引き取り収容)
▽18120 Aコッカースパニエル オス 9歳 11-12キロ(見た目より重いです)

f0078320_23145026.jpg
f0078320_23145896.jpg
f0078320_23150800.jpg
f0078320_23151723.jpg
f0078320_23152658.jpg
f0078320_23153599.jpg
f0078320_23154473.jpg
f0078320_23155405.jpg
f0078320_23160485.jpg
f0078320_23161417.jpg

人が大好きで、とても甘えん坊なコです。

人恋しくて仕方がないようで、
毎回部屋に入って行くと全身で嬉しさを表してくれ、
ケージから出してやると、
他には目もくれずに、人にビトッとくっ付いて来ます。
こんなに人が好きな子ですから、
人と触れ合う時間がわずかしかない現状で、
この子にとっては大変辛い毎日だと思います。

少しの時間ではありますが、
ドックランにいた子達が部屋に戻ったあと、
外に出して少し気分転換をさせてみました。
チョコチョコと人の後を着いて歩いてみたり、
臭いを嗅ぎ、手当たり次第にマーキングをしてみたり、
このひと時を、目一杯楽しんでいました。

そんな姿を見ていると、
人と生活をしてきてたこの子に、
この年齢になって寂しい思いをさせた人間と、
自分も同じ人間であることが申し訳ない気持ちで一杯になりました。

今度こそは、この純真な心を二度と踏みにじることなく、
大好きな人のそばで、1日も早く安心して毎日を過ごしてもらいたい。
そう願ってやみません。

右目がチェリーアイになっているようです。
左目にも、年齢を重ねるとできるようなイボが現れています。




以下↓以前のコメントを引き継ぎます。
かつてこの子と一緒に収容された女の子は、すでにいぬ親さんが決まり
終生幸せな生活を送れることになりました。
この子にも、最期まで一緒にのんびり暮らしてくださる方との出会いが
1日でも早く訪れますようにと心から願っています。




レポートは続きます。







by centre_report | 2018-11-08 17:35 | 愛護センターレポート

11/6センターレポート 収容室②   3頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。



引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。







※10/23よりレポートに登場 (10/15収容)
▽18226 白 オス 2歳程度 14キロぐらい

ケージの中でとても不安そうな表情をしていましたが
ロープで誘導して外に出てきてもらいました。
何をされているのかわからないけれど
どうしていいのかわからずにいるといった様子でした。
それでもパニックになるわけではなく、
身体をやさしく抱きしめると、前足だけ
わたわたとしていましたが、必死に逃げようとするとまでは
いきませんでした。

先週はビビリションをしてしまったようでしたが、
この日は上半身抱き上げられても大丈夫でした。
オドオドしっぱなしではありましたが、
お口が出るようなこともなく、
身体のどこを触っても問題ありませんでした。
来週もまた変化を見せてくれるのではないかと
期待しています。
f0078320_13133149.jpg
f0078320_13134231.jpg
f0078320_13135116.jpg
f0078320_13140077.jpg
f0078320_13140985.jpg
f0078320_13141854.jpg
f0078320_13142796.jpg
f0078320_13143661.jpg





※10/23よりレポートに登場 (10/9収容)
▽18223 オス 薄茶長毛 7歳程度 14キロぐらい

もこもこの毛に覆われたかわいい男の子です。
人と接しているのがとても嬉しそうで
常に笑顔でこたえてくれていました。
かなりしっかりとしたダブルコートの毛で
身体のあちこちに毛玉ができており、
お尻の毛も長いため、便がくっついて固まっている部分もあり
それだけでも切ってあげたかったです。
尻尾も長くふさふさで花火のように広がっているのですが
それもあちこち固まってしまっていてかわいそうに
なりました。

目が大きく、しっかりアイラインが入っていて
とても美犬さんです。
綺麗にお手入れすれば、とても目を惹く姿になると思います。
シニアの域に差し掛かってはいますが、
まだまだ元気一杯です。
今度こそこの子を大切にしてくださるご家族と
めぐりあえますように。
f0078320_13161272.jpg
f0078320_13162372.jpg
f0078320_13163163.jpg
f0078320_13164020.jpg
f0078320_13164812.jpg
f0078320_13165758.jpg
f0078320_13170669.jpg
f0078320_13171496.jpg





※10/30よりレポート登場(10/23収容)
▽18235 茶 オス 5ヵ月ぐらい 8-9キロ
収容室①の18233、18234と18235は兄弟。

兄弟と思われる子たちと一緒に収容されました。
眉間にしわがあり、少し怒っているような表情に見えますが
臆病な男の子です。
ケージの中ではできるだけ身体を縮めて小さくなり
気配を消していました。

ロープで誘導して外に出てきてもらうとあたふたしていたので
身体を抱きしめるとあまり震えてはいませんでした。
それほど怖いという感覚はないのかな、と思いましたが
しばらくしてから震え出して、最初は何がなんだかわからなかった
だけだったのだなと思いました。

それでもしばらく抱きしめていると少し落ち着いてきました。
何をしても怒ることもなく、抵抗することもありませんでした。
まだ何をされているかよくわかっていないのかもしれませんが
まだまだ幼いので、どんどん変化を見せてくれると思います。
兄弟どの子も皆、今度こそ幸せになれますように。
f0078320_13185137.jpg
f0078320_13190310.jpg
f0078320_13191299.jpg
f0078320_13192136.jpg
f0078320_13193078.jpg
f0078320_13193959.jpg
f0078320_13194882.jpg
f0078320_13195758.jpg




※先週レポートで紹介していました18211薄茶の激痩せした男の子ですが、
 残念ながらセンターで息を引き取りました。
 せっかく譲渡対象となり、これから新しい犬生をスタートさせるはずでした。
 レポートを見て、うちへおいでと声をかけてくださる方がいましたので、
 この日引き出す予定としていましたが、間に合いませんでした。
 
 何が原因だったか特定はできませんが、こうして譲渡対象になっても
 命を繋ぐことが叶わないケースも珍しくありません。
 センターに収容されたことが原因ではなく、
 その原因を作った元飼い主が、この子の命を奪ったのだと言えます。
 人間社会で人と暮らすことを宿命とされた犬。
 その犬たちを守ることができるのは、人間でしかないのです。
 
 ただでさえ、人間と比べればあまりにも短い生涯。
 その最期を看取るまで責任を持って飼うこと、
 これが私たち人間が犬を飼う上で最低限の義務です。

 行政側も私たちボランティアも頑張っても頑張っても
 センターでご縁を待つ犬たちの頭数はいっこうに減りません。
 譲渡先も預かり先も、まだまだ全然足りていません。

 せめて、温かい布団の上で眠らせてあげたかったと
 預かり予定だったボラ・メンバーは涙していました。
 薄茶くんが痛みや飢えや寂しさを感じることなく
 虹の橋を渡れましたように。合掌。



レポートは続きます。





by centre_report | 2018-11-08 02:08 | 愛護センターレポート

11/6センターレポート 収容室③   4頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。



引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。




※10/16よりレポートに登場 (10/2収容)
▽18213 茶黒 メス 2歳 11キロ程度

少し臆病ではありますが、収容当初に比べれば
かなり改善されてきています。
ロープをかけると恐る恐るですが自分で出てきて
それほどパニックになることもありませんでした。
身体を引きよせてもお口が出ることもなく
おとなしく固まっている感じでした。
それでもまだ震えていましたし、人への恐怖心も
あるようでしたので、あまり無理はさせないように
ケージに入れようとしました。

その前におやつも食べる余裕はないかな、と
思いながらも一応おやつを差し出してみると
先ほどまでとはうってかわって、おやつに興味を示し
首を伸ばしておやつを食べてくれました。
手のひらに乗せた状態でも食べることができ、
食いしん坊さんのようなので、おやつで仲良くなることが
できそうです。
f0078320_12525530.jpg
f0078320_12531055.jpg
f0078320_12532001.jpg
f0078320_12532946.jpg
f0078320_12533770.jpg
f0078320_12534653.jpg
f0078320_12535530.jpg
f0078320_12540420.jpg
f0078320_12541319.jpg
f0078320_12542208.jpg





※10/16よりレポートに登場 (10/2収容)
▽18214 白 オス 5歳程度 11キロぐらい

ケージの中ではギャンギャン吠えまくっていましたが、
ケージから出すと吠えることは全くありません。
しきりに外に行きたがり、出入り口のドアのところに
何度も向かって行っては背伸びをして外を見ていました。
ケージの中にいる状態だけを見ていたら
ただただうるさい子、という印象ですが、
ケージの外では穏やかでとてもかわいい表情も
見せながら、皆に甘えてきます。

お座りも待てもできますし、童顔なところも
この子のかわいいところです。
今回は抱っこしませんでしたが、以前抱っこしてみた時には
急におとなしくなっていました。
攻撃的になることもありませんし、おやつもやさしく手から
受け取ってくれます。
家庭に入ってもすぐに普通に過ごせそうな男の子です。
この子にも暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_12572864.jpg
f0078320_12574628.jpg
f0078320_12575889.jpg
f0078320_12581283.jpg
f0078320_12583286.jpg
f0078320_12584237.jpg
f0078320_12585268.jpg
f0078320_12590231.jpg
f0078320_12591306.jpg





※11/6レポート初登場 (10/24収容)
▽18240 茶 メス 2歳程度 11キロぐらい(痩せすぎ)

ケージから出すと同じ姿勢のまま固まってしまいました。
何をされるかわからなくて、今は恐怖感しかないのでは
ないでしょうか。
それでも身体のどこを触っても攻撃的になることはありません。
あばら骨や腰骨がくっきりとわかるほど
かなり痩せています。
お乳を見ると出産経験があるようです。

ケージから出す時はロープで誘導しましたが
自分の意思では出て来られませんでした。
ロープで首にテンションがかかるとパニックになってしまいそう
でしたので、手で身体を引き寄せてみましたが
それでもお口が出るようなこともありませんでした。
まだ収容されてから間もないので、今後も様子を見て
いきたいと思います。
f0078320_13030336.jpg
f0078320_13031638.jpg
f0078320_13032678.jpg
f0078320_13033531.jpg
f0078320_13034447.jpg
f0078320_13035416.jpg
f0078320_13040333.jpg
f0078320_13041338.jpg





※10/23よりレポートに登場 (10/16収容)
▽18227 テリア系 茶 オス 生後6ヵ月程度 7キロぐらい

表情は幼いものの、身体が大きいので
1歳近い子犬かと思いましたが、歯を見てみるとまだ乳歯があり
生後半年程度の子犬だとわかりました。
足も大きく、まだまだ大きくなりそうです。
臆病な部分もありますが、収容当初に比べれば
大分落ち着いてきたと思います。

足が長くスタイルがいいので、成長してくれば
立派な男の子になることと思います。
臆病でも幼ければ幼いほど、順応性が高いので
一日も早く家庭に入って一緒に生活していけば
人馴れもどんどん進んでいきます。
この子にも優しい本当の家族がみつかりますように。
f0078320_13060331.jpg
f0078320_13061648.jpg
f0078320_13062449.jpg
f0078320_13063917.jpg
f0078320_13070435.jpg
f0078320_13071342.jpg
f0078320_13072929.jpg
f0078320_13074200.jpg
f0078320_13075989.jpg


レポートは続きます。




by centre_report | 2018-11-08 01:35 | 愛護センターレポート