ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
センターレポート・猫編
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


2018年 10月 04日 ( 7 )

10/2引き出し編・レポート紹介 全 43頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。





★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。




お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


10/2 犬を4頭引き出しました。
f0078320_02110643.jpg
f0078320_02111238.jpg
f0078320_02111748.jpg
f0078320_02115505.jpg
準備が整い次第、いぬ親さん募集開始となります。
応援のほどよろしくお願いいたします。






今週も古新聞紙提供のご協力をいただきました。
いつもありがとうございます!

※古新聞紙の中に入り込んでいるチラシは
水気を吸い取らないため使用できません。
大変お手数をお掛け致しますが
チラシは省いていただけますようお願い申し上げます。

f0078320_02124886.jpg





~お知らせ~

ちばわんでは、本当の家族を待つ犬達や猫達と
新たに犬や猫を家族の一員として迎えたいご家族との
出会いの場である「いぬ親会、ねこ親会」をほぼ毎週各地で開催しています。





「イベント情報」詳しくはコチラ。





f0078320_21320843.jpg

f0078320_02061452.jpg
f0078320_01593422.jpg
f0078320_18270356.jpg
f0078320_01585489.jpg
f0078320_02203570.jpg
f0078320_02054950.jpg
f0078320_18270925.jpg
f0078320_02202185.jpg
f0078320_02202884.jpg
f0078320_02204126.jpg
f0078320_02204983.jpg


「イベント情報」開催場所などの詳細につきましては
↑↑↑こちらをご覧ください。



当レポートをご覧になってのお問い合わせは、まずちばわんにお願いします。

問合せ先 korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)
(※上記アドレスへのいぬ親会に関するお問い合わせはご遠慮ください。
必ず詳細ページにてご確認をお願い致します。)

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。

★新規の預かりボランティアご希望下さる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

※大変申し訳ありませんが
小型犬のみの新規預かり希望は受け付けておりません。

お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
(審査の上、判断させていただきます。)






by centre_report | 2018-10-04 21:45 | 愛護センターレポート

10/2センターレポート 乳飲み仔犬  5頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。



お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)


※10/5追記;職員さんの努力も空しく、乳飲み子犬たちは次々と命を落としてしまったそうです。
1頭、また1頭と弱ってしまい、金曜日朝に最後の1頭を見送ったとのこと。
改めて、人の手で育てる難しさを感じるとともに、
不妊・去勢手術の重要さを深く感じます。


生後1週間ほどの乳飲み子犬達が収容されています。

母犬がいないため、現在、センターの獣医師さんが日中はセンターで世話をし
夜は自宅に連れて帰り、数時間おきに授乳してくださっています。

お世話を引き継いでくださる方を募集中しております。


f0078320_21303564.jpg
f0078320_21304725.jpg
※哺乳子犬の譲渡先は募集しておりません。
2頭以上一緒での預かり先のみ募集します。








by centre_report | 2018-10-04 21:42 | 愛護センターレポート

10/2センターレポート 譲渡管理室  8頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。

写真のみの更新です。
コメントは以前のレポートから引き継いでいます。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。











☆ラグビー

※8/28よりレポートに登場 (8/23移送)
▽18149 ビーグル オス(去勢済) 2歳程度 14.5キロ
f0078320_16523990.jpg
f0078320_16524956.jpg
f0078320_16530083.jpg
f0078320_16531032.jpg
f0078320_16531918.jpg
f0078320_16532892.jpg
f0078320_16533979.jpg
f0078320_16534852.jpg
周りまで明るくするような、底抜けに明るい子です。

人が好きで好きでたまらない様子で、
そばに行くと、誰かれ構わず飛びついて来ます。
しかし、食べ物が絡むとビシッとお座りを披露。
この犬種らしく、食欲旺盛です。

ランでの様子を見る限りでは、
そばにいる犬を意識するような様子は伺えませんでした。
人がいる間は、この子には人しか見えていないのかと思えたほど、
特に今は人恋しくて仕方がないといった感じを受けました。


まだ若く体力も有り余っています。
人が好きなので、この子との時間をたっぷり持てる、
そんな環境のお家だと育てやすいかもしれません。
少し躾ける必要もありそうです。







☆べん

1/9よりレポートに登場 (12/15引き取り収容)
▽5062 茶 オス(去勢済) 8歳 13.55キロ
飼い主募集中!!No.5062

f0078320_16543602.jpg
f0078320_16545192.jpg
f0078320_16550250.jpg
f0078320_16551193.jpg
f0078320_16552131.jpg
f0078320_16553206.jpg
f0078320_16554592.jpg
f0078320_16560071.jpg
f0078320_16561982.jpg
f0078320_16563120.jpg
心身ともに、変わって来たのが見て取れる子です。

あんなに怯えきっていた子がこうも変わるのですから、
シニアでも、ちゃんと学習するのだと教えてくれました。
年齢的なことと、性格もあるのでしょう、
ハッチャける子ではありませんが、
そばに行くと、そっと寄って来てくれて、
優しく手からオヤツも食べてくれます。
ドッグランでも影を潜めておらず、
しっかりその存在を私達に伝えてくれていました。

寂しさを強調していた被毛も抜け替わり、毛艶も良くなりました。
テリア質の毛が混じっているのか、
ところどころ硬い毛もあるので、
写真で綺麗に伝わらないのが悔しいですが、
若がえったように感じます。

これからの大切なシニアの時間を、
のんびり一緒に歩んで下さる方の目に留まりますよう、
祈っています。

この多頭崩壊現場から来た子達はベンくんを除き全ての子が
ちばわんや他の登録ボランティアに引き出され、すでに家族を得て幸せを掴んだ子もいます。
どの子もややシャイながら性格が穏やかで優しい子ばかりです。







☆フック

※8/14よりレポートに登場(8/9収容)
▽18142 薄茶 オス(去勢済) 3歳ぐらい 14.25キロ
「飼い主募集中No.18142」

f0078320_16574847.jpg
f0078320_16575942.jpg
f0078320_16581214.jpg
f0078320_16582348.jpg
f0078320_16583436.jpg
f0078320_16584539.jpg
f0078320_16585726.jpg
f0078320_16591304.jpg
f0078320_16592554.jpg
f0078320_16593833.jpg
人馴れは問題ないと思いますが、
年齢の割には、大人しいように感じます。
人に対して慎重で、まだ観察してるのかもしれません。

間違いなく人との生活を知っており、
躊躇なく手からオヤツも優しく受け取り食べられます。

人懐こさや嬉しいとかの表現はなく、表情もまだ乏しいです。
それでも、お腹を見せて、
目一杯にこの子なりの気持ちを表してくれました。
人との生活で、余り良い思いをしてこなかったのか、
人との関りに少々戸惑いがあり、
一生懸命に考えている時期のように感じます。

きっともう少し落ち着いたら、
若い子らしい弾けた姿も見せてくれるのでしょう。

以下↓以前のコメントを引き継ぎます。
過去にひどく怒られた経験もあるのでしょうか。
人の手が頭上に来ると少し怖がることもあるそうです。










☆チョップ

※8/21よりレポートに登場 (8/14収容)
▽18146 茶 オス(去勢済み) 2歳程度 14.7キロ
「飼い主募集中No.18146」
f0078320_17005494.jpg
f0078320_17010622.jpg
f0078320_17011731.jpg
f0078320_17012996.jpg
f0078320_17014039.jpg
f0078320_17015578.jpg
人馴れ抜群です。
小顔で首が太く、胸板はガッシリとしてて、
バランスの取れた、良いとこ取りの雑種。
綺麗な姿で、とても魅力ある子です。
オトコのコらしい、良いお顔をしています。

まだ2歳程度とは思えないほど、
落ち着きがあります。
収容されて1ヵ月程度しか経っていないのに、
心身ともに良い状態で、とても安定しているように感じます。

人の声に耳を傾け、聞くことができる。
外で会う家庭犬と、何ら変わりのない子です。










☆パーカー
※4/17よりレポートに登場 (4/16他抑留所より移送)
▽5165 白黒ブチ オス(去勢済) 5歳ぐらい 15.65キロ
「飼い主募集中No.5165」
f0078320_17024728.jpg
f0078320_17025800.jpg
f0078320_17031040.jpg
f0078320_17032399.jpg
f0078320_17033571.jpg
f0078320_17034899.jpg
f0078320_17040073.jpg
f0078320_17041323.jpg
f0078320_17043082.jpg
底抜けに明るく、今を目一杯楽しむ子です。
こちらまで楽しくなるぐらいに屈託なく、
常に動き回っているため、
写真撮影するのに苦労する子の1頭です

この日もとても元気で、今か今かと、
自分の番が来るのをワクワクしながら、
他の子達を観察する私達を見ていました。

人が大好きですから、
今の落ち着きのなさも仕方ないように感じます。
そばに行くと全身でその嬉しさを表してくれるので、
落ち付くのを待ちましたが、無理でした。
体力もあり、身体能力もとても高いように感じます。
リードや横に立っている木を上手に使い、
毎回、パフォーマンスを披露してくれます。

活発な犬種の血が入っていそうな気がしますので、
この子に合った、適正な運動をさせることで、
もう少し落ち着きが出るのではないかと期待しています。
この子の存在で周りまで明るくなるような、
とても魅力のある子です。








☆サワー

※8/28よりレポートに登場 (8/27他抑留所より移送
▽18152 白 オス(去勢済) 7歳 16キロ

f0078320_17053011.jpg
f0078320_17055656.jpg
f0078320_17054160.jpg
f0078320_17061204.jpg
f0078320_17062806.jpg
f0078320_17064287.jpg
f0078320_17065392.jpg
f0078320_17070839.jpg
レポート初登場の3週間前にも、
この子の撮影を担当したのですが、
不安一杯で小刻みに震え、
ビビリションまで出ていたこの子の表情が、
今回随分と明るくなっていたので、
最初は別犬かと思ってしまうほどでした。
少しずつ本来の姿を出し始めているようで、
大変嬉しく感じました。

年齢的なものからきているのか、元々の性格なのか、
他の子達が騒いでる中、貫禄の落ち着きようで、
私達が他の子達と戯れてる様子を眺めていて、
目があうと、逸らさずジッと優しい目で見ていました。
紳士的な印象を受けました。

シニアの域に入っているようですが、
毛ぶきも良く、若々しく見えます。

これからの半生、温かな人のそばで、
今度こそは、不安なく安心して過ごしてもらいたいです。








☆サリー
※3/27よりレポート登場(3/22引き取り移送)
▽5136 茶 メス(不妊手術済) 3歳ぐらい 18.75キロ


f0078320_17080977.jpg
f0078320_17082051.jpg
f0078320_17083872.jpg
f0078320_17085469.jpg
f0078320_17090955.jpg
f0078320_17092331.jpg
f0078320_17094580.jpg
f0078320_17100101.jpg
f0078320_17101476.jpg
健気にも、小さい頭で一生懸命に考えて考えて、
ここは安心できる場所なんだと理解し始めたのでしょう。
険しさが日に日に無くなり、女の子らしく、
可愛らしい雰囲気になって来たように感じます。

今は、以前のように同じ姿勢のまま動かないサリーちゃんではありません。

↓ 以下、以前のコメント引き継ぎます。
収容前は飼い主と呼ぶにはほど遠い人に
餌だけはもらえていたものの、世話らしい世話をされていなかったので
人馴れしておらず、センターに来てからは
代わる代わるお世話してくれる職員さんがいて
サリーちゃんにとっては目まぐるしく変化のある毎日だったと思います。
それでもこの子本来の穏やかさなどで
少しずつですが人を受け入れてくれるようになりました。
まだ拘束されるようなハグなどの触れ合いは苦手なようですが
お散歩などには問題なく出られているようです。
サリーちゃんのペースに合わせて、接してくださる方と
ご縁がありますように。




☆ブーマー

☆5/15よりレポートに登場(4/26収容)
▽18048 茶 オス 7-8歳 24キロ

f0078320_00442933.jpg
f0078320_00443899.jpg
f0078320_00444968.jpg
f0078320_00445719.jpg
f0078320_00450593.jpg
f0078320_00451466.jpg
f0078320_00452137.jpg
f0078320_00453055.jpg
f0078320_00454167.jpg
体も大きく、パッと見は厳つく見えますが、
良く見ると、とても優しい目をしています。
角度によっては、ポヨ~ンとどこか抜けたような表情で、
ギューッとしたくなるほど、甘えん坊で可愛いです。
人が大好きな子です。

見れば見るほど。
会えば合うほど。
とても魅力のある、可愛い爺ちゃんです。

人の愛情を知っており、一時は可愛がられていたのでしょう。
人に信頼をよせており、身体のどこを触っても嫌がるどころか、
嬉しい様子でした。
シニアならではの落ち着きもあり、
オヤツの受け取り方も、とても優しいのです。
雰囲気とのギャップもこの子の魅力です。

ジッとこちらをみつめてきます。
何か言ってくれるのを待っているかのようです。

以前、他の子の散歩中に、
ちょうどブーマーも職員さんに引かれて出てきた所に出くわしました。
その時ブーマは、反射的に飛び掛かって来ましたので、
対犬には注意をする必要があると思います。
(オスメス関係ないようです)
そこそこの体格ですから、扱う人間側も体力も必要です。

↓ コメント引き継ぎます。
フィラリアの影響からか、咳が出るようです。
と、以前コメントにありましたが、
この日は、特に気になる様子はありませんでした。
今は良い治療法もされつつあるので、
個別にケアをしてもらえる環境で、長生きしてほしいです。


レポートは続きます。



by centre_report | 2018-10-04 16:54 | 愛護センターレポート

10/2センターレポート 収容室①②③ 5頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。





★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。




お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田






収容室③ 3頭

※9/18よりレポートに登場 (8/16収容)
▽18178 黒白 オス 9歳 17キロ



扉を開けると元気いっぱいに飛び出して来て
おトイレを済ましていました。どうやら外派のようで
ケージの中にる時に人気を感じると、出して出してと思わず声が出てしまうようです。

おやつを差し出してもすぐには気が付かないようで
近くにあるものは見え辛いのかもしれません。

愛嬌があり、明るい性格で、身体を動かすことが好きそうな子なのですが
少しマイペースな感じも受けます。

外で遊ぶことや散歩や探索など
とても好きなようです。
シニアの域に入っていますが、まだまだ元気いっぱいなので
たくさんお散歩に連れだしてくれる方とご縁があると良いなと思います。
f0078320_01291259.jpg


f0078320_01233013.jpg


f0078320_01293147.jpg


f0078320_01292786.jpg


f0078320_01302035.jpg





※10/2レポート初登場 (9/21収容)
▽18199 薄茶 メス 2歳程度 7キロ


小さく頼りなげで、幼く見え
仔犬かと思いましたが、なんと子犬を3頭を連れての収容だったそうです。
(子犬は別団体さんが引き受けてくださいました)

身体にも顔にもびっしりとノミダニの糞が付いていて
こんなに可愛らしい子が、いったいどれだけ過酷な状況で
子育てしていたのか、この子の今までの日常が容易に想像できました。

人馴れはしておらず、おそらく野良に近い生活をしていたのだと思います。
攻撃的な面はなく、抱き上げたりしても
唸ったりお口が出る様子は見られませんでした。

f0078320_01331526.jpg


f0078320_01332270.jpg


f0078320_01332809.jpg


f0078320_01333650.jpg


f0078320_01334523.jpg


f0078320_01335186.jpg




☆ミキちゃん

※9/25よりレポートに登場 (9/12収容)
▽18187 茶黒 メス 2歳ぐらい 11キロ~

この日引き出したスーちゃんと、収容室②18198のスーちゃんそっくりな女の子と

3頭が血縁と思われます。

人馴れはしていませんが、触ったり撫でたりしても
攻撃に転じてしまうことはなく
そっと抱き上げてみたのですが、ワタワタしたのは一瞬で
すぐに大人しく固まっていました。

終始身体に力が入っていて
とても緊張していましたが、まだ若い子なので
家庭に入り経験を積めば比較的早めに馴れてくると思います。

f0078320_01384847.jpg


f0078320_01385430.jpg


f0078320_01391592.jpg


f0078320_01392280.jpg


f0078320_01392741.jpg





収容室② 1頭

※10/2レポート初登場 (9/21収容)
▽18198 黒茶 メス 1歳ぐらい 10キロ~


この日引き出したスーちゃんとそっくりで
捕獲場所も一緒ですし、もしかしたら姉妹なのかもしれません。
ロープを付けて外に出すと、ほとんど抵抗はしませんでしたが
しばし放心状態で、意識を飛ばしたように一点を見つめて固まっていました。

怯えてはいましたが、それが攻撃に転じてしまうことはなく
抱き上げることも難なくできました。

1歳程度にはなっているのでしょうが、まだまだ子犬っぽく
一日も早く、家庭に入り様々な経験を積ませてあげたい子です。

f0078320_01423565.jpg


f0078320_01424151.jpg


f0078320_01431659.jpg


f0078320_01432236.jpg


f0078320_01432857.jpg






収容室① 1頭

※10/2レポート初登場 (8/16収容)
▽18191 黒茶白 オス 10歳前後 14-15キロ


人馴れ抜群で、愛嬌がありとても可愛らしい子です。
フワフワな毛と目のクリクリさで、ぬいぐるみみたいに見えますが
推定年齢は10歳前後とシニアな男の子です。
元気はありますが、年齢相応の落ち着きもあり
すぐにでも家庭犬として再出発できそうな感じがします。

表面の毛は黒いのですが、中の方は茶色く
それが模様のように波打っていて、とてもきれいで珍しい被毛に見えました。
お手入れすればもっと美しい子になると思います。

次週時間があればお散歩に連れ出して
人との歩き方を見てみたいと思います。

f0078320_01470680.jpg


f0078320_01471455.jpg


f0078320_01472260.jpg


f0078320_01475490.jpg


f0078320_01480235.jpg


f0078320_01480743.jpg



レポートは続きます。



by centre_report | 2018-10-04 01:50 | 愛護センターレポート

10/2センターレポート 子犬舎3頭・旧子犬舎4頭 


※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。




引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。



お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。





子犬舎 3頭




<2-8>1頭

※4/17よりレポートに登場(4/5他抑留所より移送)
▽5149 薄茶 メス 2歳ぐらい 10-11キロ

いつもは伏せたままですが
この日は伏せてしまうタイミングを失ったのか
または人気が少なく少し警戒心が和らいだのか
顔をしっかりこちらに向けてくれました。

今までもゆっくりなら身体に触れることはできていました。
抱き上げたりすることはまだハードルが高いかもしれません。

おやつを差し出しても人が見ている時は食べることができません。
時間を掛けてゆっくり向き合っていくことが必要だと思います。
f0078320_00500987.jpg


f0078320_00501374.jpg


f0078320_00501806.jpg


f0078320_00543644.jpg






<2-6 2頭>


以下2頭
同じ多頭現場より引き取られた子達です。

まだまだ2頭とも怯えており、人が近づくとこれでもかと言うぐらい
壁に引っ付いてしまいます。
同郷のビビリ仲間が一緒だとなおのこと
どうしても同調し合ってしまう状況なのだと思います。

まだ無理なことをするとお口が出てしまい
しっかり向き合う状況でない限り良い影響を及ぼさないので
今はまだ触ることも控えています。

同郷の子で預かり家庭に入った子達は
少しずつ家庭に慣れ、ワンコらしくイタズラしたり
人に甘えるようにもなっています。

この2頭にも、1日も早く家庭に入るチャンスが巡ってきますように。

※9/18よりレポートに登場 ( 6/16他抑留所より移送)
▽18182 茶白 メス  1歳ぐらい 10-11キロ


f0078320_00551577.jpg

↓以前のレポートより写真転載しています。
f0078320_04130991.jpg

f0078320_00552217.jpg


f0078320_00552670.jpg


f0078320_00553116.jpg
※9/18よりレポートに登場 ( 6/16他抑留所より移送)
▽18183 薄茶(半長毛)メス 1歳ぐらい 10-11キロ
f0078320_00573763.jpg


f0078320_00570268.jpg








旧子犬舎 4頭




<1-1 2頭>

※29.8/29よりレポートに登場(29.8/22収容)
▽4950 茶白黒 オス 5歳ぐらい(8/9修正) 8キロ程度

とても大人しい子で、お世話をする職員さんのお話では
同室の子におやつを取られても
賢く一歩下がって争いを避けるのだそうです。

毎日会う職員さんにもまだ自ら近寄って行くことはないそうで
心を開かせるには、やはりもっと人と一緒に過ごす時間が必要なのだと思います。

すばしっこく逃げますが、逃げられない状況になっても攻撃に転じてしまうことはなく、

性格は穏やかなタイプだと思います。

ビビリっ子が多いこちらのセンターでは
特別長居してしまうような問題がある子ではありませんが
たまたまのタイミングで長く滞在することとなってしまいました。

家庭に入ったら、意外に早めに良い方向に豹変するかもしれません。
どうかお気に留めていただければと思います。

f0078320_01002214.jpg


f0078320_01002863.jpg


f0078320_01004334.jpg


f0078320_01012656.jpg






※3/6よりレポートに登場 (3/1他抑留所より移送)
▽1536 茶 オス  1歳(8/9修正)  10キロ前後

同室の子とは問題なく過ごしていますが
職員さんのお話では
犬同士だと少し強気なタイプかもしれないと仰っていました。

と言っても、子犬の大切な時期にセンターに収容され
以来、限られた世界で生きてきていますので
社会性が学べていないだけだと思います。

近づき過ぎると少し唸りますので
この子の意思表示と捕え、それ以上はしつこくしないように心がけました。

おやつは少し離れれば食べることができますので
食べ物を使って少しでも近づくことができればと思っています。

f0078320_01035321.jpg


f0078320_01040117.jpg


f0078320_01034551.jpg






<1-3>2頭


※28/8/2よりレポートに登場(28.7/28他抑留所より移送)
▽4537 薄茶 メス  5歳ぐらい 12-3キロ

f0078320_01090668.jpg


f0078320_01091316.jpg


f0078320_01092035.jpg


f0078320_01092776.jpg


f0078320_01093219.jpg

先週のレポートのコメントを転載します。

この子は収容からすでに2年が経過しています。
人の手からおやつは食べられるのですが、
身体に触られたりすることには相当な恐怖感があるようで
身体を触ろうとするだけでお口が出てしまいます。
いつ見ても「人を信用しないぞ」というこの子の強い意思を
感じるような視線を向けてきます。

おやつを手のひらに乗せて与える時に
どさくさに紛れてそのままその手で胸のあたりを撫でることが
できた時期もありましたが
それも毎週続けていかなければ
またすぐに逆戻りになってしまいます。

自分が嫌と思うことをされたときに、咬めば逃れられるのだ、と
学習してもらいたくはないため、無理強いはしたくありません。
それでもこちらが諦めたら、そこから進歩は望めません。
2年も経ってしまいましたが、
いつかこの子が人を信用する日がやってくることを
願っています。








※3/20よりレポートに登場(3/9収容)
▽1547 白・薄茶 メス 1歳ぐらい 9-10キロ(8/9修正)

この子達のお世話の担当されている職員さんのお話では
背中を向けていると自分から近寄ってきて
匂いを嗅ぐようになったそうです。

以前は近づくだけでも唸っていましたが
おやつ食べたさに随分近づくことを許容してくれるようになりました。

心なしか表情も柔らかくなったような気がします。

家庭に入って訓練を積むなら今がチャンスなのかもしれません。

ゆっくり焦らず向き合ってくださる方とのご縁が巡ってきますように。
f0078320_01094735.jpg


f0078320_01095578.jpg


f0078320_01095940.jpg




レポートは続きます。




by centre_report | 2018-10-04 01:10 | 愛護センターレポート

10/2センターレポート 別室     6頭


※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。







☆リッキー

※5/22よりレポートに登場 (5/17他抑留所より移送)
▽18051 茶 オス 6歳ぐらい 15キロ
f0078320_00131859.jpg

f0078320_00132631.jpg

f0078320_00133452.jpg

f0078320_00134360.jpg

f0078320_00135259.jpg

f0078320_00140323.jpg

f0078320_00141375.jpg

f0078320_00142136.jpg

f0078320_00143863.jpg
とても綺麗な顔立ちをした、イケワン君です。
今は至って穏やかな印象を受ける子ですが、
過去に争いごとに巻き込まれたのか、
片耳には裂けた古傷があります。

今回はランの中に係留ではなく、
私達が作業をする、囲まれた敷地内に係留されており、
常にそばに人がウロウロとしていたので、
少し落ち着かない様子ではありましたが、
反面、リッキーを意識せずに動いていたせいか、
自ら寄って来てみたり、離れてみたりと、
いつもと違う行動に、人に随分関心も持って来ているのだと、
感じることができました。

人馴れが進むようにと、職員さんの配慮で、
こちらに連れて来てもらえたことで、
ゆっくりではありますが、
とても良い方向に進んでいます。
大変嬉しいことです。

今はまだ、人馴れの練習途中ではありますが、
人と一緒に過ごす時間が多くなれば、
ちゃんと学習してくれる子だと思います。

ご理解ある方の目に留まりますよう、
祈る気持ちでいっぱいです。








バズ

※5/15よりレポートに登場 (5/14他抑留所より移送)
▽18047 薄茶白 オス 1歳 10キロ~?

f0078320_00185871.jpg
f0078320_00190734.jpg
f0078320_00191695.jpg
f0078320_00192565.jpg
f0078320_00193746.jpg
f0078320_00194637.jpg
f0078320_00195974.jpg
f0078320_00201535.jpg
f0078320_00202423.jpg
この子も、こちらに移動してもらってから、
小さな変化は見られてます。

まだ人から逃げようとする行動はありますが、
それでも係留されていることを学習していて、
自由に動き回れる部屋にいた頃からすると、
落ち着きも出て来ており、精神面が安定してきています。

それでも、人が急な動きをしたり、
自分に向かって来る様子がわかると、
後ずさりをしたり、ジッとしていられず
リードを目一杯張って、人から離れようと動き回ります。
まだまだ、人への恐怖心は取り除くには時間が必要だと思います。
人の考えだけで、無理に追い込むような近づき方をすれば、
怖さからの威嚇はあると思われます。

オヤツは人の手から食べることはもちろんできず、
置いたものも食べられませんでした。

じっくり向き合う必要のある子です。







8/28よりレポートに登場 (8/21収容)
▽18150 薄茶テリア雑 オス 6-7ヵ月(10/2修正) 13-14キロ
*収容室①より移動して来ました。
f0078320_00222563.jpg
f0078320_00223858.jpg
f0078320_00225596.jpg
f0078320_00230447.jpg
f0078320_00242591.jpg
f0078320_00243853.jpg
f0078320_00245454.jpg
f0078320_00250553.jpg
何でも楽しくて仕方がない月齢の子が、
ランの隅で、ジッとしていました。
いまはまだ、ビビリ君です。
怖さから転じて攻撃する様子は全くありません。

大事な成長期にいることを考慮し、
人の気配をより感じることのできるこの部屋に、
移動させてくれていました。

今はまだ、有り得ないほど大人しいですが、
収容室にいた時より動きも出て、
人の手からオヤツも食べていました。

手足が身体に不釣り合いなほど大きいです。
成長後は20キロ以上に育つかもしれません。






E-7より移動

※9/18よりレポートに登場 (9/12収容)
▽18614 茶 メス 生後3か月ぐらい 4キロ程度

野良の子犬と思われ、人馴れはしておらず
抱き上げるとパクパクと口を向けてくるそうです。
そのため、幼い今のうちに人に少しでも馴らそうと
より人の手をかけやすい別室での管理のため部屋移動したそうです。

この時も職員さんが抱き上げる練習をされていて
最初だけ大げさにキャンキャンと鳴く声が聞こえたものの
すぐに鳴き止み、力も抜けたようで
大人しく抱っこされていました。

幼さもありますが、頑固な感じがありませんので
すぐに人馴れしていきそうです。

f0078320_00431203.jpg
f0078320_00431744.jpg
f0078320_00433938.jpg
f0078320_00434889.jpg




※10/2レポート初登場
▽18615 茶白 メス  茶 メス 生後3か月ぐらい 4キロ程度

上で紹介している子犬とおそらく血縁関係にあるのではないかとのことです。
同じように人馴れさせるために別室へ移動したそうで
この子の方が抵抗は少なく
すぐに身を任せるように大人しく抱っこされていました。
怖がっているのは今だけで
すぐにお転婆な様子を見せてくれそうです。
f0078320_00452095.jpg
f0078320_00452574.jpg
f0078320_00452912.jpg


E-3より移動

☆ラン
※9/25よりレポート登場(9/12収容)
▽18185 茶鼻黒 テリアミックス メス(不妊手術済)生後約5-6ヵ月 9.3キロ程度
f0078320_21311094.jpg
先週レポートより転載しています。

パッと見て若い子と思いましたが、表情がとてもあどけなく
歯を見るとまだ乳歯が残る仔犬さんでした。
推定5-6ヵ月の割には体は大きく、手足も大きめです。
今は痩せていますから、成犬時15キロは超えるように思います。

環境に慣れていないため、猫をかぶっておとなしくしているのか、
仔犬とは思えないほど穏やかで落ち着いていました。
人に対して緊張する様子も見られず、ロープをかけることにも抵抗せず、
ちょっとの誘導でケージから出てきてくれました。
f0078320_21314966.jpg
f0078320_21313339.jpg
f0078320_21313882.jpg
f0078320_21314532.jpg
ケージから出てもわちゃわちゃすることもなく、
お口を触っても、手を握っても、体のどこをなでても問題ありません。
抱っこは慣れていないのか緊張が見受けられましたが、
暴れることもなくその状況を受け入れていました。
f0078320_21315547.jpg
f0078320_21320189.jpg
f0078320_21311094.jpg
人に対する恐怖心や疑心は一切見られませんから、
攻撃性はまったくないと言えると思います。
短期間ではあっても人と暮らした経験があったのだと思います。
それなりにかわいがられていたのかもしれません。
慣れてきたら仔犬本来の姿を見せてくれると思いますが、
今すぐ家庭に入っても問題なく暮らせる子だと思いました。
とてもかわいらしい新入りさんです。
引き続き、どんな変化を見せてくれるのか、見守っていきます。

レポートは続きます。



by centre_report | 2018-10-04 00:23 | 愛護センターレポート

10/2センターレポート D部屋    3頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。

※先週レポートより転載しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★「あの子はどうなりましたか?」との安否確認のみの問い合わせは、
どうかご遠慮ください。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。









※3/6よりレポートに登場(1/25収容)
▽5108 茶 メス(不妊済)1歳ぐらい 12キロ程度
f0078320_00365683.jpg
f0078320_00370597.jpg
f0078320_00371473.jpg
f0078320_00372204.jpg
f0078320_00373186.jpg
f0078320_00373874.jpg
f0078320_00374690.jpg
この日は少しだけ動きがありまして、
複数の同行メンバーが、出入り口扉のすぐそばにこの子が来ていたのを見ています。
しかも、廊下側を見ながら何十分もの間オスワリしていて、部屋の前を通りかかった人は皆、
「あらっ!?」と驚いていました。
ただ、その時、この子の定位置である奥の窓外側に複数の人がおり、
その話し声が聞こえて避けたかったために、手前の出入り口扉辺りに移動していたのかもしれません。
いずれにせよ、いつもと全く違う姿を見られたのは、大変嬉しいことです。
その後しばらくすると、また奥の定位置に行っていたため部屋に入ると
いつものとおり、スノコ上で壁にへばり付いていました。

いつもと変わらず人が室内にいると、
置いたオヤツも食べることはできません。
それでも、それなりの良い肉付きですから、
普段はしっかりと食事は摂れているのでしょう。

今回は、訪問メンバーに余裕もあったので、
この子に少し時間をかけて、ジックリと関わってみました。
ロープを初めて掛けてみたのですが、
一切抵抗することなくされるがままでした。
しかし、軽く引いてみたところ、かなり踏ん張っていました。
あまり脅かさないよう、また同室の子達への影響もありますので、
無理強いはせずにやめました。
口を出しそうな素振りは全くないので、ロープをかけるのも外すのも簡単でした。

今のままで、これ以上の進歩は望めないように思います。
この子に限らずではありますが、人の存在を感じながら、
生活できる環境に、一日も早く移動できますよう、
祈っています。












良く似た、美犬姉妹です。
いつもと変わらず、くっ付いて動いていました。
f0078320_00423048.jpg
f0078320_00423935.jpg
鼻のラインもウリふたつです。
2頭の体格は、完全に逆転しました。








※29/8/15よりレポートに登場(29/8/10他抑留所より移送)
▽4926 薄茶黒 メス 2歳ぐらい 12-13キロ (9/25修正)
f0078320_00390698.jpg
f0078320_00391564.jpg
f0078320_00392458.jpg
f0078320_00393483.jpg
f0078320_00394544.jpg
f0078320_00400684.jpg
f0078320_00401749.jpg
f0078320_00402870.jpg
f0078320_00403764.jpg
同行メンバーがスノコに座り、他の子を触って注目している間は、
自分から近づいて人の匂いを嗅ぎに来ていましたが
振り向くと即座に離れていきます。

最後の方でやっと落ち着き、伏せてみたりしていましたが、
殆どは、落ち着きなく常に動き回っていました。
まだどうして良いのかわからず、ジッとしていられないのでしょう。
大部屋で自由に動ける分、スッと避けられてしまいます。

ゆっくり差し出せば、
人の手からオヤツを食べられる程度にはなっていますが、
そこからがなかなかで、どう関わったら良いのか、
訪問の度、試行錯誤しています。

ここでの生活も、丸1年が過ぎてしまいました。
この子は、収容されてからも成長し、
茶黒の子より一回り大きくなり、しっかりした体格になりました。









※29/8/22よりレポートに登場(29/8/10他抑留所より移送)
▼4941 茶黒 メス 3歳ぐらい 11キロ前後 (9/25修正)
f0078320_00411024.jpg
f0078320_00412085.jpg
f0078320_00413075.jpg
f0078320_00414037.jpg
f0078320_00415078.jpg
f0078320_00420270.jpg
↑ 上の子同様に、行動に変化を感じることはできずでしたが、
帰宅して改めて写真を見ると、
心なしか、表情が柔らかくなって来たように感じたのですが、
どうでしょうか?

まだまだ人の存在には警戒をして、
すばしっこく動いていました。

オヤツは手から食べてくれるので、
そこから人馴れが進んでくれたら良いなと思ってましたが、
相変わらず、しっかりと距離を保ってオヤツを受け取っていて、
簡単には触ることができません。
追い込めば触れるかもしれませんが、
どんな行動をするか、暴れた場合は他の子達への影響もありますので、
この環境での無理なことは避けたいと思います。
何もできないのが歯がゆい限りです。

この日は、一切吠えることなく過ぎるのかと思っていたのですが、
他の子にロープをかけた頃から、少し吠えだしました。
人の行動変化を敏感に感じ取る子です。



この部屋の子達とは、
今後どう関わって行くのが良いのか課題です。




レポートは続きます。


by centre_report | 2018-10-04 00:05 | 愛護センターレポート