ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
センターレポート・猫編
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


2018年 08月 09日 ( 10 )

8/7センターレポート 子犬舎 4頭(+幼犬7頭)

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。




時々付き人さんのレポートです。
加筆・修正しています。


※一部先週レポートを転載しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。





<2-6>1頭+子犬4頭

※8/7レポート初登場 (6/21引き取り収容)
▽18139 黒茶白 メス 6歳ぐらい 10キロ程度


収容直後に出産したお母さん犬です。

f0078320_17575524.jpg
f0078320_18014983.jpg
収容直後の不安の中で4頭の出産と育児を頑張ってきた、とにかく人懐っこい甘えん坊なお母さんです。

人見知りすることはなく、小部屋の扉を開けると自分が甘えるのに必死でした。
お母さんに似たのか子犬達も人懐っこい性格のようで、躊躇なく楽しそうに走りまわりイタズラし、隣のケージにいる子犬とも友好的に挨拶していました。

お母さんは見た目にはビーグルの血が混じっているような毛色と性格ですが、尻尾にはふさふさの毛があり、他の洋犬の血も混ざっている風貌です。

収容時から皮膚の状態が悪く、見た目にもハッキリ分かるほど荒れて硬くなっています。
見た目からは高齢かに見えますが、
お口の中は比較的綺麗ですし右目の濁りも白内障とは違うようです。
お腹周りはオッパイの膨らみとは別の膨らみ方をしているように感じました。
※お腹の膨らみですが職員さんに確認したところ
授乳中ということもあり、フードを与える回数を増やしたため
お腹がいっぱいな状態だと思うとのことでした。


f0078320_18022789.jpg
f0078320_18031335.jpg
f0078320_20273655.jpg
f0078320_17594202.jpg
f0078320_18000586.jpg
f0078320_18012043.jpg
f0078320_17591219.jpg
f0078320_17590045.jpg
子犬達はもうしばらく母親やきょうだい達と共に過ごさせるそうです。


メス 3頭
f0078320_22110340.jpg
f0078320_22134390.jpg
f0078320_22160897.jpg

オス 1頭
f0078320_22181932.jpg





<2-7>1頭+子犬3頭

※6/26よりレポートに登場 (6/21引き取り収容)
▽18097 茶黒 メス 5歳ぐらい 8キロ程度

(先週までA部屋にいました)

f0078320_22353043.jpg

小部屋を覗くと手足を投げ出し横になって倒れていました。寝ているのか?はたまたグッタリしているのかと心配しましたが、目はこちらをしっかり見ていたので疲れていたのかもしれません。

撮影の順番となり扉を開けようと確認したら、親子揃って扉の前で待っていてくれました。

とても穏やかな雰囲気に包まれているような控えめな母子で、子犬達も隣↑の母子より落ち着いている印象です。

こちらのお母さんもお腹周りはオッパイの膨らみとは別の膨らみ方をしているように感じました。
※こちらもまだ授乳中のため、フードの回数を増やしたので
お腹が膨らんでいるのだと思うとのことでした。



とても痩せているにもかかわらず、おやつの受け取り方はおしとやかに優しく受け取ってくれます。

他の犬を警戒する様子はありませんでしたが、子犬の撮影中は決してそばから離れませんでした。
子犬達もそれぞれ楽しそうにていましたが、気付くとお母さんのそばに必ず戻っていました。

f0078320_22415816.jpg
f0078320_22441259.jpg
f0078320_22365941.jpg
f0078320_22520700.jpg
f0078320_22381847.jpg
f0078320_22503857.jpg
f0078320_22395390.jpg


子犬達はもうしばらく母親やきょうだい達と共に過ごさせるそうです。


メス 2頭
f0078320_22300441.jpg
f0078320_22312962.jpg

オス 1頭
f0078320_22332876.jpg



(以下、以前のレポートです。)
f0078320_16453458.jpg
f0078320_16454510.jpg
f0078320_16455283.jpg
f0078320_16460077.jpg
f0078320_16461803.jpg
f0078320_16462823.jpg
f0078320_16465696.jpg
f0078320_16470343.jpg
f0078320_16471784.jpg
人馴れは問題ありませんが、少々シャイなのか、
表情も変えず、こちらの様子を伺うところがありました。

とても穏やかで、歯が生え始めた子にお乳を吸われて痛いでしょうに、
黙って吸わせていました。

仔犬達に栄養をとられて、痩せています。
オヤツを差し出すと、ゆっくり近寄って来てくれ、
躊躇することなく手から受け取り食べてくれました。
きっとお腹が空いてると思いますが、
一度咥えたオヤツを仔犬達の中心に置きました。
わざとなのか、咥えなおすためだったのか、
それは当の母犬にしかわかりませんが、
取られても取り返すわけでもなく、叱ることもしませんでした。
感心するほど良いお母さん犬です。

仔犬が私達のそばに来た時も、
微動たりともせず、しかし仔犬から目を離すことなく見ていました。

仔犬達は、そんなお母さんに守られていますから、
情緒も安定していて、穏やかな子達です。
お腹もポンポコリンで、栄養状態も良さそうです。

子育てが終わったら、
大きなご褒美をあげたい気持ちです。
どうか、第二の犬生は不安なく過ごせますよう祈っています。






<2-8>2頭
f0078320_13450350.jpg


☆ゴーヤ 
※29/10/24よりレポートに登場(29/10/10収容 )
▽5001 茶白 オス(去勢済) 1-2歳 8.25キロ

f0078320_13582099.jpg

少し前と比べると、必ずお顔を向けてくれることが当たり前になったようで嬉しく感じます。
その分、撮影中は常に固まってしまい姿勢を変えることもほとんどなく、ただただ時間が過ぎることを待っているように見えることが残念です。

センターの外では楽しいことが沢山あることをゴーヤくんにも知ってもらえる日が1日も早く訪れることを願います。

f0078320_13590586.jpg
f0078320_13595006.jpg
f0078320_14002026.jpg
f0078320_14005445.jpg
f0078320_14011050.jpg
f0078320_14012324.jpg
f0078320_14013550.jpg
f0078320_14015281.jpg
f0078320_14020721.jpg


(以下、以前のレポートです。)
収容当初には、おやつをもらいに来たりする姿が見られましたが
いつからか、こうして壁とお友達になったまま
ほとんど変化がありません。
どこを触っても嫌がることもありませんが、

ゴーヤの表情を見ていると、何か諦めきってしまったように
見えてしまいます。
ボクはずっとここにいなければならないのかな
そう感じているのでしょうか。
抱き上げたり、身体を拘束しようとすると素早く逃げて
しまいます。
まだまだ若いゴーヤには、人と一緒に暮らしていくことで
楽しいことがたくさんあるんだよ、と教えてあげたいです。
f0078320_10554181.jpg
f0078320_10555321.jpg
f0078320_10560226.jpg
f0078320_10561268.jpg
f0078320_10562255.jpg
f0078320_10563215.jpg




※4/17よりレポートに登場(4/5他抑留所より移送)
▽5149 薄茶 メス 2歳ぐらい 10-11キロ

f0078320_14485669.jpg

この日は女性メンバーのみで撮影に入りましたが、終始壁を向いたままかたくなに動こうとはしませんでした。
声をかけながら顔を上げてもらいましたが、とても強い力で抵抗しているのが伝わってきました。

それでも攻撃的になる素振りは全くなく、以前のようにビビりションしてしまうこともありませんでした。

同行メンバーがブラッシングをしてくれましたが、固まったまま特に反応することもありませんでした。

f0078320_14582131.jpg
f0078320_14303030.jpg
f0078320_14323642.jpg
f0078320_14295101.jpg


(以下、以前のレポートです。)
いつも部屋の隅で顔を隠して気配を消していますが、
少し顔を持ち上げたりするとこちらを向いてくれたりするのですが
この日は頑なに顔を隠したままでいました。
いつもと何が違うんだろう?と思ったのですが
この日はいつもはいない男性メンバーが一緒だったので
もしかすると男性が苦手なのかもしれません。

幼いながらも子育てもしながら厳しい環境を乗り越えてきたはずです。
この子自身がこれからは幸せになる権利があります。
まだまだ人に対しての警戒心や恐怖心は大きいと思いますが
根気よく人の優しさや暖かさを伝えていきたいと思います。
f0078320_10575734.jpg
f0078320_10581094.jpg
↓↓ 先週レポートより
f0078320_12111043.jpg
f0078320_12112173.jpg

f0078320_00435410.jpg





レポートは続きます。

by centre_report | 2018-08-09 22:52 | 愛護センターレポート

8/7センターレポート E部屋     5頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。

営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。

ハマちゃんさんのレポートです。
加筆・修正しています。




引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★「あの子はどうなりましたか?」との安否確認のみの問い合わせは、
どうかご遠慮ください。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。


<E-1>

※7/31よりレポートに登場(7/26他抑留所より移送)
▽18132 白長毛 メス 4-5歳 15-16キロ
相変わらずふせたままでこちらを見ていました。
先週は、怖がらせないためにケージから無理に出さなかったですが
今回は先週より落ち着いていましたので外に出してみました。意外とすんなり出てくれて身体を預けてくれました。
不安そうな表情とは一変、オヤツをみたとたん目がキラキラ輝いて喜んで食べてくれて
食べ方はとてもやさしくゆっくりと食べてくてました。

基本的な性格も穏やかそうな子です。
↓先週お腹あたりにしこりを見つけましたが、左前足の肉球あたりにもしこりらしきものを見つけました。
伏せたままの状態でお腹を触ってみると
1円玉くらいの大きさのしこりを感じました。
乳腺腫瘍か何かかもしれません。
立ち上がった様子を見ることができなかったため、
お乳の様子などは見られず出産・子育て経験があるかどうかなどは
確認することができませんでしたので、
来週以降もう少し様子を見てみたいと思います。
f0078320_17255099.jpeg

f0078320_17213637.jpeg

f0078320_17204283.jpeg
f0078320_17184928.jpeg
f0078320_17190316.jpeg



<E-2>
※8/9レポート初登場
18136 茶白 メス 1歳くらい 10キロ程度(7/26収容)


珍しいヘアスタイルが特徴の女の子です。
まるで懐かしのベッカムヘアーだと同行メンバーたちと無駄口をたたいていました。
頭の先がふわふわでとても可愛かったです。
くりくりな女の子らしい目で、まっすぐな綺麗な目をしています。
私たちがこの部屋に入ってからじっとこちらを観察していました。
そして自分の番になり、「いやだな~」という表情をしていましたがリードを付けるとすんなり出てきてくれました。
やはり怖かったのか、震えて固まっていて、ダメ元でおやつをあげましたがやはり食べれませんでした。
来たばかりの状況では無理もないと思います。
ただ、おとなしく(固まってるだけかもしれませんが)触らせてくれるし、お口も見せてくれました。とてもきれいな歯をしてるのでまだまだ若い子のようです。
怖がりながらもこちらにアイコンタクトもできていたので、これからの人馴れが進んでいくかもしれません。
1日も早く温かい家庭に入って家族のぬくもりを知ってほしいです。
f0078320_17325192.jpeg

f0078320_17340735.jpeg
f0078320_17342153.jpeg
歯に塗料が付いていたので
人が見ていない時はケージの柵を齧っているのかもしれません。
f0078320_17351710.jpeg
f0078320_17353455.jpeg


<E-4>

※6/5よりレポートに登場(6/4引き取り)
▽18070 黒ラブ オス 11歳 20キロ

とてもシニアには見えない元気なおじいちゃんです。
ケージにいるときも「はやく出しててー!』と元気いっぱい吠えていました。
るくて陽気な子で一緒にいるだけでこちらまで明るい気持ちにさせてくれる子です。
出てからも動き回ってました。
ケージに戻ったら大人しくしていたので、運動不足で力が有り余ってるようです。
後ろ足は少し弱っていて、あまり筋肉がないように感じました。
収容以前はあまりお散歩をしてもらっていなかったのかな?
と感じました。
残り少ない犬生たくさんお散歩をして発散させてあげたいです。

f0078320_09303117.jpeg
f0078320_09304910.jpeg
f0078320_09310139.jpeg
f0078320_09313114.jpeg
f0078320_09315991.jpeg
f0078320_09323179.jpeg
f0078320_09325793.jpeg
<E-5>
☆キング
※5/29よりレポートに登場(5/24他抑留所より移送)
▽18055 茶黒白 オス 2歳ぐらい?  
 18.5キロ(肥満・適正体重13-14キロ)


この子も上の子同様元気に『出してーーー』と必死にうったえていました。
愛嬌のあるかわいいお顔のおとこのこです。
ケージから出たらお散歩に行きたいようで、外を見ていました。
落ち着かないようでずっとそわそわ動いていました。
おやつが大好きなようでおやつをみつけて『はよくれー』と吠えていました。
素直で可愛い子です。
この子もケージに戻ったらとても静かにしていたので、エネルギーが有り余ってるのかなぁと思いました。
f0078320_09354075.jpeg

f0078320_09360364.jpeg
f0078320_09361742.jpeg
f0078320_09363160.jpeg
f0078320_09371024.jpeg
f0078320_09373962.jpeg
f0078320_09380417.jpeg
<E-6>

※5/1よりレポートに登場 (4/26他抑留所より移送)

▽5178 白薄茶 メス 4歳ぐらい 13キロ程度



お部屋に入るとびっくりしてしまったのか
お腹を開いたまま動けなくなっていました。
本犬は必死なんだと思いますが、その姿がなんともいえず愛らしかったです。
ケージから出すとき緊張していましたが、大人しく触らせてくれました。
唸って触るなオーラを出していた頃に比べると
少しずつではありますが散歩しています。

触っていると徐々に慣れてくれたのか、なんとなく気持ち良さそうな顔をしていました。
ケージに戻ったら最初の緊張感は感じはなく、落ち着いた顔をしていたので、
すぐ人馴れする日もそう遠くはないと思います。
f0078320_09383803.jpeg
f0078320_09393004.jpeg
f0078320_09400727.jpeg
f0078320_09403432.jpeg
f0078320_09410604.jpeg
f0078320_09422115.jpeg

by centre_report | 2018-08-09 17:12 | 愛護センターレポート

8/7センターレポート 旧子犬舎    4頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



時々付き人さんのレポートです。
加筆・修正しています。


※一部コメント、レポートより転載しています。
写真は最新です。



引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。





<1-1>2頭

f0078320_01471309.jpg
f0078320_01472403.jpg
f0078320_01473478.jpg

※3/6よりレポートに登場 (3/1他抑留所より移送)
▽1536 茶 オス  1歳(8/9修正)  9-10キロ


f0078320_01570792.jpg

推定年齢1才となり、見た目はすっかり成犬となりました。
外を通ると建物の中からしっかりこちらを確認することができますが、部屋の中へ入ると人との距離を常に保ちます。
おやつを差し出しても食べる余裕が無さそうに見えますが、床に置いて小部屋の扉を締めるふりをしたらしっかり食べていました。
扉が開いている事に気づくと食べるのを止めてしまいましたが、おやつを食べたい!と思う気持ちがしっかりあるのだと思います。

前足の内側、後ろ足、尻尾の付け根など以前撮影した時より脱毛箇所が広がっているように感じました。

f0078320_01575423.jpg
f0078320_01581152.jpg
f0078320_01583167.jpg
f0078320_01585033.jpg
f0078320_01590513.jpg
f0078320_01593103.jpg


(以下、以前のレポートです。)
収容当初の子犬らしさは影を潜め、
もうすっかり大人っぽい顔の男の子になってきました。
体つきもしっかりしてきて格好いい男の子になりました。
ただ、人が近づくと出来るだけ距離を取ろうとして
逃げていくのはあまり変わっていませんが、
逃げるスピードはそれほど速くはなくなってきました。

おやつを差し出してもまだ手から食べることは
できません。
身体を触ろうとするとやはり警戒してしまいます。
置いたおやつは、こちらが見ていなければ食べられる
とのことですので、もう少し時間をかけて
なんとか手からおやつを食べられるように
接していきたいと思います。
おやつを食べられるようになれば、また変化を
見せてくれるようになると期待しています。
f0078320_10292949.jpg
f0078320_10294643.jpg
f0078320_10295703.jpg
f0078320_10301299.jpg
f0078320_10302468.jpg
f0078320_10303359.jpg
f0078320_10304493.jpg





※29.8/29よりレポートに登場(29.8/22収容)
▽4950 茶白黒 オス 5歳ぐらい(8/9修正) 8キロ程度

f0078320_02044731.jpg

小部屋へ入ると↑の子と一緒にワタワタ逃げ回りますが、ゆっくりした動きで近付けばじっとしていてくれます。
唸ったり威嚇することもせず、人の動きをよく観察しているように見えます。

この日はおやつを気にしているように見えましたが、受けとることはできませんでした。
おやつをお口の隙間から入れてあげると、しばらくおやつを咥えたままでしたが口を動かす音がして食べた!と喜んだのもつかの間、床に落としていました。
落としたおやつを確認すると数ヶ所噛んだ跡があったので、食べるか悩んで諦めてしまったのかもしれません。


f0078320_02050103.jpg
f0078320_02052129.jpg
f0078320_02053304.jpg
f0078320_02054640.jpg
f0078320_02055542.jpg


(以下、以前のレポートです。)
この子も気がつけば来月で1年を経過してしまいます。
最近は部屋を閉め切っている状態であれば
逃げ回ることもなく隅でじっとしていますが、
この日はとても暑く、外スペースに出る窓が
開いていて、そちらへ移動していってしまいました。
私が外スペースに出て行くと、また距離を取ろうと
移動しそうになりましたが、

「大丈夫。何も怖いことしないよ。ナデナデは怖くないでしょ?」
と声をかけながらゆっくり近づくとその場でじっとしていて
身体や頭を撫でることができました。
何度かブラッシングをしてあげたこともあり、
人の手が怖いものではないということは
ようやく学習できつつあるのだと思います。
このタイミングで家庭に入って人と一緒に生活していけば
人を信頼してくれるようになるまで、
そう時間はかからないのではないかと思います。
f0078320_10324170.jpg
f0078320_10325508.jpg
f0078320_10331737.jpg
f0078320_10332729.jpg
f0078320_10333707.jpg
f0078320_10334843.jpg
f0078320_10335800.jpg
f0078320_10340770.jpg





<1-3>2頭

f0078320_02365752.jpg
f0078320_02385894.jpg
f0078320_02394276.jpg
f0078320_02410730.jpg
f0078320_02420893.jpg
f0078320_02423802.jpg
f0078320_02424944.jpg

※28/8/2よりレポートに登場(28.7/28他抑留所より移送)
▽4537 薄茶 メス  5歳くらい 12-3キロ


f0078320_03024933.jpg

小部屋の扉を開けると、迷う事無く定位置の棚に入り込みます。
かなり狭く感じますが、上手に座ってくつろぐ姿はお気に入りの場合なのかな?と思わせてくれます。

近づいても飛び上がって逃げたりはせず、差し出すおやつはとても優しく上品に受け取ってくれます。
おやつを持つ指に力を入れると、すぐに諦め強奪することはありません。

おやつを使って身体にタッチをしたり、ごまかしながら身体に触れることはできるのですが、触れる度にビクッ!ビクッ!と大きく反応し嫌がってしまいました。

1年前のセンターレポートでも今とあまり変わらない様子ではありましたが、
人との関わりが必ずしも怖くはないことを確実に学んでいると思います。

f0078320_03030454.jpg
f0078320_03035872.jpg
f0078320_03041207.jpg
f0078320_03044201.jpg
f0078320_03045448.jpg
f0078320_03050351.jpg
f0078320_03051593.jpg
f0078320_03052991.jpg
f0078320_03053751.jpg


(以下、以前のレポートです。)
この日はこちらの小部屋のドアを開けっぱなしにしたところ
すぐに廊下に出てきて、以前と同じ棚の下に入ろうとしました。
そこには荷物が置いてあり、入り込むことができず
少し困った顔をして、棚の横に座りこみました。

いつものようにおやつを手から食べることは
全く問題なくできますが、やはり身体に触ろうとすると
人の手をじっと見つめて警戒心丸出しの表情をします。
お口を出すことで嫌なことを回避できると覚えさせたくないので、
決して咬む経験をさせたくなく
そのため、どうしても慎重に対応せざるをえません。

もうすぐここでの生活が2年を迎えてしまいます。
なかなか人を信用してくれるようになれないこの子にも
人を信用してくれる日は必ずやってくるものと思っています。
ただ、週に一度この子と接するというだけでは
時間が足りません。
簡単にいくことではありませんが、それでも
この子の心をゆっくりと溶かしてくださる方が
現れることを期待してやみません。
f0078320_10370657.jpg
f0078320_10372055.jpg
f0078320_10373113.jpg
f0078320_10374168.jpg
f0078320_10375377.jpg
f0078320_10380383.jpg
f0078320_10381387.jpg




※3/20よりレポートに登場(3/9収容)
▽1547 白・薄茶 メス 1歳ぐらい 9-10キロ(8/9修正)


f0078320_03132918.jpg

同室の女の子↑が早々に廊下へと出てしまい、頼る相手が居なくなって心細いのか差し出したおやつを食べることができませんでした。
おやつを床に置いて離れれば食べることができました。

同室の女の子↑と一緒であれば落ち着いておやつを心待ちにしたり、余裕があるような姿勢をしてみたりします。
触れる範囲内に寄ると磁石のように離れていきます。
少し触れただけで大きく反応し身体を反らします。
かと言って、怖がって威嚇することはなくその後差し出したおやつは普通に嬉しそうに食べてくれました。

f0078320_03134136.jpg
f0078320_03135405.jpg
f0078320_03141145.jpg
f0078320_03142828.jpg
f0078320_03144922.jpg
f0078320_03150422.jpg
f0078320_03152030.jpg
f0078320_03153499.jpg
f0078320_03154424.jpg


(以下、以前のレポートです。)
この子も同室の子と同じようなタイプです。
人に触られることを極端に嫌がり、
それでもおやつは手から食べられます。
食べられるというよりも、むしろ自ら進んでもらいにきます。
相当嫌なことでも過去にされたのでしょうか。
まだ幼いので、人への警戒心が強くなりすぎないように
なんとかしたいと思うのですが、なかなかうまくいきません。
同室の子に同調してしまっているのも気になります。

ただ、以前は近づくだけで唸ったりしていたのが
最近は唸る場面には遭遇していません。
それだけでもこの子にとっては進歩なのだと思います。
f0078320_10394347.jpg
f0078320_10395811.jpg
f0078320_10400637.jpg
f0078320_10402180.jpg
f0078320_10403049.jpg


レポートは続きます。

by centre_report | 2018-08-09 15:52 | 愛護センターレポート

8/7センターレポート B部屋・C部屋  4頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先募集中の子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田



★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。




B部屋 3頭



☆カブト

※7/24よりレポートに登場(7/20他抑留所より移送)
▽18124 黒ラブMIX(去勢済み) 3歳 23キロ
「飼い主募集中No.18124」

天真爛漫で無邪気で、ラブの陽気な性格を色濃く受け継いでいるような子です。
初対面の人にもすぐに心を開きフレンドリーに接してくれました。

触れ合う中で、隣のワイルドやダンディーと
ケージの柵越しに顔を突き合わせましたが、お互い唸ったりすることはなく
興味深げに匂いを嗅ぎ合っていました。
もちろん相性はあると思いますが
この部屋の3頭とも他犬と仲良く過ごせるタイプだと思います。

身体は純血のラブに比べると一回り小さめで
性格はそのままラブっぽい子です。
活発ですし運動量も結構必要そうなので
しっかり時間を掛け対応できる方向けの子だと思います。


f0078320_18341114.jpg


f0078320_18325723.jpg


f0078320_18324724.jpg







ワイルド
※6/12よりレポートに登場(6/11他抑留所より移送)
▽18078 黒茶 オス(去勢済) 2歳ぐらい 18キロ

飼い主募集中!No.18078
f0078320_18412225.jpg


↓先週レポートより
f0078320_11221609.jpg






ダンディ
※6/12よりレポートに登場(6/11他抑留所より移送)
▽18079 黒 オス(去勢済) 2歳ぐらい 21.5キロ
飼い主募集中!No.18079

f0078320_18421737.jpg


↓先週レポートより
f0078320_11172321.jpg




兄弟犬のダンディーとワイルドですが
撮影のため、一緒に出すとすぐにじゃれついて遊んでいました。

ダンディーの方はケージ内がきれいで
外に出した途端にオシッコをしたので
自分の寝床は汚したくないタイプなのだと思います。

2頭並んでおやつを待つ姿はとても可愛らしく
身体は大きめですが、とても扱いやすい子達だと思います。

まだ2歳と若いことと
一日の大半をケージで過ごし退屈してることもあって
外に出すとどうしてもハチャハチャしてしまいますが
人の声もちゃんと届く2頭なので

パワーを発散させることができれば
落ち着きも出てくると思います。

以前のレポートにもありましたが
ワイルドの方が弟気質で、少しヤンチャさが勝っています。
でも2頭とも大変素直な子達です。

f0078320_18443438.jpg


f0078320_18444626.jpg


f0078320_18445472.jpg


f0078320_18450570.jpg


f0078320_18451236.jpg


f0078320_18452785.jpg


f0078320_18452048.jpg

無邪気で人を疑う事を知らないピュアな兄弟に
飛び切りのご縁が巡ってきますように。






C部屋 1頭

↓先週レポートより転載しています。

※7/10よりレポートに登場 7/6引き取り収容)
▽18120 Aコッカースパニエル オス 9歳 10キロ 
13-4キロありそうです

この日はボラトリさんが来てくださっており、
この子も綺麗にシャンプーとカットもしてもらっていました。
抱っこするとシャンプーのとてもいい匂いがしました。
人が大好きなこの子が独りぼっちでここにいて
寂しくてたまらないだろうと思いますので
ボラトリさんたちにもたくさん撫でてもらって
この子にとってはとても嬉しい一日になったのでは
ないでしょうか。

右目は相変わらず目ヤニが一杯でした。
9歳とは思えないくらい本当に元気一杯で
かわるがわるメンバーに甘えていました。
この年齢になって飼い主から離されてしまって
本当に不安で一杯だと思いますが、
そんな素振りは微塵もみせずに必死に人に甘えている姿を
見ていると、本当にやるせなくなります。
この甘えん坊くんと最期まで一緒に過ごしてくださる方は
いらっしゃいませんか。

f0078320_11322652.jpg

f0078320_11324282.jpg

f0078320_11330535.jpg

f0078320_11331562.jpg

f0078320_11332605.jpg

f0078320_11333606.jpg

f0078320_11334705.jpg
↓↓先週撮影した動画も合わせてご覧ください。




レポートは続きます。


by centre_report | 2018-08-09 15:52 | 愛護センターレポート

8/7センターレポート 別室      4頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく、この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。

営利目的および商用目的での利用は一切禁止
します。



メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。



※先週レポートより転載しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)

★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。






☆ビリー

※2/20よりレポートに登場 (1/29他抑留所より移送)
▽5103 茶黒白 長毛 オス(去勢済み) 1-2歳 14キロぐらい

f0078320_02593092.jpg
f0078320_02593850.jpg
f0078320_02594686.jpg
f0078320_02595451.jpg
f0078320_03000166.jpg
f0078320_03001537.jpg
f0078320_03002225.jpg
f0078320_03003001.jpg
まだ近寄ると構えてしまい、ビクビクしてましたが、
この子の当初を知っている人は、進歩を実感しています。
ゆっくりではありますが、
ビリーくんなりに頑張っているのだと思います。

こちらもゆっくりと動くようにすれば、
恐々と寄って来て、
オヤツも優しく手から食べてくれるようになっていますし、
身体を少し触ることもできるようになりました。
職員さんにリードを引かれて移動する際も、
ちゃんと従い、自分の意志でしっかり歩いていました。

体重が思うように増えておらず、まだ痩せています。
体重が増えてもっと自信もつけば、人目を惹くような子だと思います。

音や動きにはとても敏感に反応しますので、
落ち着いた環境が望ましいように思います。

根気よく向き合ってくださる方とご縁がありますように。








☆リッキー

※5/22よりレポートに登場 (5/17他抑留所より移送)
▽18051 茶 オス 6歳ぐらい 15キロ

f0078320_03012777.jpg
f0078320_03013544.jpg
f0078320_03014364.jpg
f0078320_03015293.jpg
f0078320_03020044.jpg
f0078320_03020848.jpg
f0078320_03021709.jpg
f0078320_03022414.jpg
f0078320_03023391.jpg
オトナの犬といった、貫禄を感じる子です。
少々びびりのようにも感じましたが、
深刻なほどでもなく、単に慎重なだけなのかもしれません。
人馴れが進むように、
日中は職員室で過ごさせてもらっていた時期もあったようですから、
そのお陰で、控えめながらも手からオヤツも食べてくれました。

以下↓以前のコメントも引き継ぎます。
ケージの扉を開いて撮影しようとしたら
立ち上がってこちらに近づいて来てくれたので
少し心開いてくれたのかとひとり喜んでいたら
職員さんから、「それ、逃げようとしたんですよ」と教えられガックリ。
リッキーくんはまだ隙あらば逃げようとするのだそうです。
まだまだ油断のならないリッキーくんです。

外に出す時は、なだめたり落ち着かせたりしながら
職員さん数人で対応しているようで
まだ馴らすのには時間が掛かるようです。








☆バズ

※5/15よりレポート登場 (5/14他抑留所より移送)
▽18047 薄茶白 オス 10か月 8-9キロ 
 11ヵ月くらい 9キロ~9.5キロくらい(7/24修正)
*職員さんの配慮で、人馴れを進ませるために、
より人と係わることが多い、この部屋に旧仔犬舎より移動して来ました

f0078320_03064629.jpg
f0078320_03065561.jpg
f0078320_03070530.jpg
f0078320_03072164.jpg
f0078320_03073207.jpg
f0078320_03074140.jpg
この子がランに出ているのを見た時は、大変有難くもあり、
そしてとても嬉しく思いました。
大切な時期でもある若い子の、頑なな警戒心を見ていたので、
それを解いてあげるためには、
少しでも人の存在を多く感じる環境が好ましいに違いないので、
今後少しでも警戒心が和らいでくれたら良いなと期待しています。

以前の部屋では、フリーだった分、
好き勝手にあちこちと逃げ回っていました。
ここではリードで繋がれていましたから、
一瞬逃げようとして少しパニックになってはいましたが、
行けないことに気付くと、意外と諦めも早くてジッとしていました。

良い方向に行くことを願っています。







☆サリー

※3/27よりレポート登場(3/22引き取り移送)
▽5136 茶 メス(不妊手術済) 3歳ぐらい 18,75キロ

*ー写真・コメント共に以前のものを転用してますー*

f0078320_03085373.jpg
f0078320_03090858.jpg
f0078320_03091814.jpg
f0078320_03092845.jpg
f0078320_03093940.jpg
サリーちゃんのお好みでないおやつだと
食べてもらえませんが、この日のおやつは
お口にあったようですぐにパクパク食べてくれました。

レポートを見て、これならサリーちゃん
食べてくれる?とおやつを差し入れしてくださる方もいて
多くの方が気にしてくださっているのだと思います。

職員さん達が毎日丁寧にこの子に接してくださっていますので
私たちは無理なスキンシップは避けていますが
少しでも人は怖くないと認識してくれるよう
週に一度ではありますが、おやつでコミュニケーションを続けたいと思います。





レポートは続きます。


by centre_report | 2018-08-09 15:49 | 愛護センターレポート

8/7センターレポート 譲渡管理室   8頭


※当ブログの画像・記事は営利目的でなく、この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。

営利目的および商用目的での利用は一切禁止
します。


メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。


※先週レポートより転載しています。



今週も引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)

★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。










☆チョビ

※5/29よりレポートに登場(5/24他抑留所より移送)
▽18058 薄茶黒 オス(去勢済) 4歳程度 13、75キロ

飼い主募集中!!No.18058

f0078320_01384731.jpg
f0078320_01390096.jpg
f0078320_01391005.jpg
f0078320_01392138.jpg
f0078320_01393218.jpg
f0078320_01394223.jpg
f0078320_01395280.jpg
f0078320_01413363.jpg
人馴れ抜群の可愛いオトコの子です。
表情が幼げなのに、程よく落ち着きもあり、
そのギャップが又とても魅力的な子です。

尻尾の毛色もチャームポイントです。

人のそばにいるときが大の至福の時のようで、
私達の顔をずっと見てはニコニコしていました。

そんな子なので、今の生活はこの子にとって、
きっと我慢することも多いのだと思います。
どうか、一日も早く大好きな人のそばで、
安心して暮らせる日が来ることを願ってます。



以下↓以前のコメントを引き継ぎます。
抱っこもおとなしくさせてくれましたが、
あまり長い時間の抱っこは少し苦手なようでした。
こちらの指示でお座りや待てもできます。
他犬との相性はそれほど
悪くないように思います。
相手によっては結構強く出ることがあります。









☆ジョー

※29.10/3よりレポートに登場(29.9/15収容)
▽4971 茶 オス(去勢済) 3−4歳 8.6キロ(痩せすぎのときに測定)


「飼い主募集中No.4971」
f0078320_02222499.jpg
f0078320_02232524.jpg

f0078320_02235415.jpg


f0078320_02242430.jpg


f0078320_02245459.jpg


f0078320_02295429.jpg


f0078320_02302523.jpg


f0078320_02320895.jpg


f0078320_02324456.jpg


f0078320_02331853.jpg

チラホラと見せる甘えん坊な表情が、
とても愛くるしい子です。

見た目には細身ではありますが、
いい感じに筋肉もついていて、
何より今は毛艶が良くなり、
見るからに健康そうな印象を受けました。
(今は痩せすぎではないように感じます)

オトコらしい表情の中にも優しさが見え、
良い面構えになりました。


こちらから遠慮なくガンガン行くと、
下がるような行動はありましたが、
知らん顔をしていると、満更でも無い様子で、
横にピタッといるような子です。



以下↓以前のコメントも引き継ぎます。
最初の頃のジョー君とは、今はすっかり別犬のようになりました。
あばらが見えるほど細く、どこか虚ろで
人を信用していないと言った表情をかつてはしていましたが
今では人がそばに来るのをワクワクしながら待つようになりました。
ジョーくんの良さをもっともっと引き出してくださる方との
ご縁がありますように。










ロケット

※6/12よりレポートに登場(5/31収容)
▽18073 茶白 オス(去勢済) 4歳ぐらい 14キロ

f0078320_02391153.jpg


f0078320_02392297.jpg


f0078320_02393316.jpg


f0078320_02394410.jpg


f0078320_02395745.jpg


f0078320_02400798.jpg


f0078320_02402346.jpg

一度見れば覚えてしまうほど、お顔に特徴を持った子で、
これぞミックスといった、オンリーワンの子です。
愛嬌たっぷりで可愛い子です。

人馴れ抜群で元気一杯。
職員さんから、ピッタリの名前をつけてもらい呼ばれていました。

人への不信感など全くないようで、何をされても嬉しそうにしていました。
限られた時間を、目一杯甘えて来る姿は健気です。
もっともっと、気にせずに思いっきり甘えられる環境に、
一日も早く移動できますよう、祈っています。








☆タイペイ

※6/5よりレポートに登場(5/25収容)
▽18062 茶白 オス(去勢済) 4歳ぐらい 18キロ
飼い主募集中No.18062

f0078320_02414671.jpg


f0078320_02415942.jpg


f0078320_02421072.jpg


f0078320_02422408.jpg


f0078320_02423679.jpg


f0078320_02430238.jpg


f0078320_02431383.jpg


f0078320_02432437.jpg

人馴れ抜群のオトコのコです。

情緒も安定してるのでしょう。
終始ニコニコしてました。


お顔も姿も性格も、とても美しい子で、
普段散歩で会う子達と、何ら変わりはなく、
直ぐにでも家庭犬としてスタートができる子だと感じました。


この日も暑かったため、
撮影の途中でランの中にあるベンチで休憩をとっていたら、
様子を見に来てくれました。
やることも可愛いく、様
子を見ていても、
欠点が見当たらないぐらいで、
ほどよく落ち着きもあり、人と共に生活し易いように思います。


以下↓以前のコメントを引き継ぎます。
左前肢は過去に骨折して自然治癒したのか
もともとなのか分かりませんが内側に曲がっています。
現在痛がっていませんし、歩くのに支障はなさそうです。
初対面の相手でもすぐに心を開き
懐っこく接してきてくれますが
自己主張はするタイプなのだそうです。
しっかりとリーダーシップをとり
この子の良い部分を伸ばしてくださるような方とのご縁が見つかれば
とても良いパートナーとなる子だと思います。









☆アンダー

※4/10よりレポートに登場(4/2収容)
▽5152 黒白 オス(去勢済) 7歳ぐらい 12.2キロ
「飼い主募集中No.5152」
f0078320_02445488.jpg


f0078320_02450709.jpg


f0078320_02451885.jpg


f0078320_02453273.jpg


f0078320_02454831.jpg


f0078320_02460294.jpg


f0078320_02461543.jpg

まだまだ元気一杯の初老のアンダー君です。

珍しい歯並び?で、
まるで花が開いたような感じに、
下の歯が外に向いて開いている状態で生えています。
ここまでの口内状態の子は、初めてです。
おまけに受け口なので、口を閉じていても、
前歯は丸見えのままです。
この子のチャームポイントで、可愛いったらありません。

年齢から来るものなのか、元気な中にも落ち着きがあり、
人を選ばず、誰にでも優しく接してくれます。
甘えん坊さんで、少し寂しがり屋さんのようですので、
これからのシニアライフは、大好きな人の中で、
思いっきり甘えさせてもらえる家族の中心で生活してもらいたい。
そんなご縁があることを願っています。











☆ブーマー

☆5/15よりレポートに登場(4/26収容)
▽18048 茶 オス 7-8歳 24キロ

f0078320_02472680.jpg


f0078320_02473961.jpg


f0078320_02475530.jpg


f0078320_02490112.jpg


f0078320_02491455.jpg


f0078320_02492796.jpg


f0078320_02493916.jpg

パット見は厳つく見えるのですが、
よくよく見ると優しい目をしていて、
ギュッとしたくなるような子です。

人が大好きで、甘えん坊さんです。
人の愛情を知っており、一時は可愛がられてはいたのでしょう。
人に信頼をよせており、身体のどこを触っても嫌がるどころか、
嬉しい様子でした。

シニアならではの落ち着きもあり、オヤツの受け取り方も、
とても優しかったです。
ジッとこちらを見ては、何か言ってくれるのを待ってるかのようでした。

この日は、他の子の散歩中に、
ちょうどブーマも職員さんに引かれて出てきたのですが、
出くわしたその時ブーマは、反射的に飛び掛かって来ましたので、
対犬には注意をする必要があると思います。

以前のコメント↓
オスメス関係なく、自分のケージの近くに来た子には
低く小さな声で唸っていましたが、
No!というだけでやめることがでてきましたので
きちんとこちらの言うことにも従える賢い子だと思います。

ただ、フィラリアの影響からか、咳が出るようです。
ケージから出して少し動いたくらいでも
かなりゼーゼーいっており、少し苦しいのかなと思いましたが
本犬は気にしている様子もなく甘えてきました。
月に1回の予防薬さえを飲ませてあげていれば
こんなことにはならなかったのに・・・と悔やまれます。

とても人懐こい子ですから、大型犬が好きな方には
たまらない魅力がある子です。
今はフィラリアも積極的な投薬治療で早く陰転することが
できるようになっていますので、センターでもケアしてくださっていますが
これから暑い季節に入りますし
より手厚くケアできる環境に早く入れるように願うばかりです。












☆パーカー

※4/17よりレポートに登場 (4/16他抑留所より移送)
▽5165 白黒ブチ オス(去勢済) 5歳ぐらい 15.65キロ
「飼い主募集中No.5165」
f0078320_02504574.jpg


f0078320_02505693.jpg


f0078320_02510971.jpg


f0078320_02512070.jpg


f0078320_02513373.jpg


f0078320_02514551.jpg


f0078320_02520296.jpg


f0078320_02521591.jpg


f0078320_02522703.jpg

天真爛漫で、とても陽気な子です。
推定年齢より若いんじゃないかと思えるほど、無邪気で、
周りを明るくするような子です。

とても身体能力があり、
リードを上手く使いながら四方八方、
ジャンプをしては回る。
何度も繰り返していました。
体力もあり動きっぱなしでした。

この子も、人と時間を共有するのが大好きな子で、
信頼をよせています。
体のどこを触っても嫌がる様子はなく、
逆に嬉しくてテンションが上がるほどでした。

体力と時間のある方に迎えてもらえたら、
共に幸せな時間が過ごせると思います。













☆べん

1/9よりレポートに登場 (12/15引き取り収容)
▽5062 茶 オス(去勢済) 8歳 13.55キロ
飼い主募集中!!No.5062
f0078320_02535521.jpg


f0078320_02540595.jpg


f0078320_02542176.jpg


f0078320_02543336.jpg


f0078320_02544869.jpg


f0078320_02550380.jpg


f0078320_02551646.jpg


f0078320_02553261.jpg
動きにハキが出て来たように感じました。
少しずつ殻を破ってくれているようで嬉しくなります。

身体を触られていても、以前のような不安そうな表情はなくなり、
穏やかで優しいお顔になりました。
人馴れの進みも、思ったより時間がかからずに変化が見られ、
私個人の予想は嬉しい誤算でした。

以下↓以前のコメントを引き継ぎます。
毎日毎日職員さん達が部屋から外に連れ出してくださっているお陰で
すっかりお散歩にも慣れたようです。
まだ身体をベタベタ触ったり
ハグをしたりと言った密な接触は苦手なようですが
センターにいる間にここまで変化を見せてくれたので
今よりもっとこの子に割ける時間が多く取れる環境にいけば
さらに家庭犬らしく成長してくれると思います。





レポートは続きます。


by centre_report | 2018-08-09 15:47 | 愛護センターレポート

8/7センターレポート D部屋     3頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


※先週レポートより転載しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★「あの子はどうなりましたか?」との安否確認のみの問い合わせは、
どうかご遠慮ください。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。






長くこの部屋にいた子が卒業して
残り3頭になりました。
大きな子でしたので、1頭いなくなっただけでも
この部屋の景色が違って見えました。

卒業した子は
預かり宅にて家庭犬としての一歩を
踏み出しました。
こちらにいる3頭の子たちにも
新しい環境でのスタートがきれる日が
どうか早くやってきますように。
f0078320_23592254.jpg



※3/6よりレポートに登場(1/25収容)
▽5108 茶 メス(不妊済)1歳ぐらい 12キロ程度

この日もこの子の定位置の部屋の隅で
じっとしていました。
同室の2姉妹がおやつをもらうために激しく動き回っている様子を
じっとこの姿勢のまま見つめていました。

おやつはまだ手から食べることはできず、
床に置いてあげたおやつも私たちが見ている間は
食べることができません。
それでも身体や頭を撫でてあげることには
抵抗することはありません。
人の手が怖いものだとは思っていないようです。
人との接し方がよくわからないのでしょうか。

このままでは進歩はなかなか望めません。
家庭に入って人と常に一緒にいる生活をしていけば
人との関わり方も学習してけるものと思います。
一日も早く涼しいおうちで、まだまだ続くであろうこの暑い夏を
過ごすことができるようになりますように。
f0078320_00004543.jpg
f0078320_00010676.jpg
f0078320_00012166.jpg
f0078320_00013643.jpg
f0078320_00015158.jpg
f0078320_00020061.jpg
f0078320_00021389.jpg
f0078320_00022316.jpg




※29/8/15よりレポートに登場(29/8/10他抑留所より移送)
▽4926 薄茶黒 メス 1歳ぐらい 11-12キロ

最初こそ、おやつをもらいに来るのに慎重な姿勢を
見せますが、何度か手からおやつをもらえると
段々落ち着いてゆっくりと近づいてこれるようになります。
毎回同じような様子ではあるのですが、
最初の頃に比べれば大分落ち着いてきたように思います。

↓の姉妹の子と比べると、こちらの子はおっとりタイプで
落ち着きなく動き回るという感じではありません。
長い時間この部屋で接していると
落ち着いてくる様子がよくわかりますので、
やはり常に人と一緒にいられる時間が長ければ長いほど
人馴れも進んでいくのだろうと思います。

この姉妹はお互いを頼っているといった様子は
それほどなく、一頭一頭でしっかり行動できる子たち
だと思います。
もうすぐこちらでの生活が1年を迎えようとしています。
どうかこの子にも、早く暖かい手が差し伸べられますように。

f0078320_00034492.jpg
f0078320_00035617.jpg
f0078320_00040765.jpg
f0078320_00041734.jpg
f0078320_00042736.jpg
f0078320_00044112.jpg
f0078320_00045742.jpg
f0078320_00050907.jpg




※29/8/22よりレポートに登場(29/8/10他抑留所より移送)
▼4941 茶黒 メス 2歳ぐらい 10-11キロ

↑の姉妹の子よりも、こちらは「お転婆」という言葉が
ぴったりくるような、ちょこまかしている子です。
以前は人に対して警戒吠えと要求吠えが
気になっていましたが、この日はこの子の吠え声を聞くことは
ありませんでした。
ここに来る人たちにはそんなに警戒しなくてもいいんだ、
おやつも吠えて催促しなくてもちゃんともらえるんだ、
と学習してきた証拠だと思います。

↑の子と同様に、最初におやつを食べる時までは
かなり腰も引けた状態で恐る恐るおやつを取りにくるのですが
何度かそれを繰り返していると、ゆっくり近づいてきて
落ち着いて手からおやつを持っていくことができるように
なっていきます。

そういった様子を見ていると、本当に時間をかけて接しさえすれば
人馴れも進んでいける子なんだろうと思わずにはいられません。
この環境ではこれ以上の進歩はなかなか難しいと思います。
お転婆ではありますが、とてもかわいらしい子です。
この子にも人の優しさや暖かさを教えてくださる方とのご縁が
どうか1日も早くめぐってきますように。

f0078320_00072268.jpg
f0078320_00071057.jpg
f0078320_00064119.jpg
f0078320_00065358.jpg
f0078320_00073643.jpg
f0078320_00074588.jpg
f0078320_00075516.jpg
f0078320_00080524.jpg


レポートは続きます。




by centre_report | 2018-08-09 15:27 | 愛護センターレポート

8/7センターレポート A部屋     3頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。




ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


※新しく紹介する子以外は、先週のレポートより転載します。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。







<A-VII>

※8/7レポート初登場 (7/30収容)
▽18138 黒垂れ耳 オス 2歳ぐらい 18-20キロ

少しシャイなのか、大きな身体でまだ若いにも関わらず
ケージの出入口が少し高くなっているところを
自分の力で乗り越えていくことができず、
私がケージの中に入って持ち上げてお尻を押すと
ようやく外に出ることができました。
外に出てくると先ほどまでの臆病さ加減は全くなく、
ゆっくりと部屋の中を動き回っていました。

おやつももちろん手から食べることができましたが、
それよりも人と接している方が嬉しいようでした。
お座りしている写真が何枚か撮れましたが
お座りできている時間はとても短く、
「待て」という言葉をかけてもすぐに他に興味がいってしまい
集中力に欠けているように思えました。
まだまだ若い子ですので、元気な証拠かとも思いますが
この子の身を守っていくためにも「待て」はしっかりと
教えてあげる必要がありそうです。

人馴れは全く問題なく、ひっくり返ってお腹を見せたり
撫でられることが嬉しいというのを全身で表してくれます。
写真ではわかりずらいですが、真っ黒というよりも
若干こげ茶も混ざっているような色合いです。
また来週以降も様子を見ていこうと思います。
f0078320_12251039.jpg
f0078320_12263020.jpg
f0078320_12272260.jpg
f0078320_12275259.jpg
f0078320_12282393.jpg
f0078320_12285282.jpg
f0078320_12292371.jpg
f0078320_12295452.jpg



※以下、先週レポートからの転載&追記になります。


<AーⅣ>
☆ケンシロウ
※7/31よりレポート登場 (7/26他抑留所より移送
▽18130 柴 茶白 オス(去勢済) 5歳ぐらい 10.8キロ程度
飼い主募集中!!No.18130

※8/7追記
この日はカラーも外されていてスッキリしていましたが、
隣のケージの子に対して、下のわずかな隙間に鼻を押し付けて
しきりに唸っていました。
他犬との相性があるのかもしれません。

f0078320_16474848.jpg
f0078320_16475669.jpg
f0078320_16480383.jpg
f0078320_16481138.jpg
f0078320_16481991.jpg
f0078320_16482928.jpg
f0078320_16483864.jpg
f0078320_16484780.jpg
f0078320_16485651.jpg
f0078320_16490594.jpg
人馴れ問題ありません。

部屋に入った時は、まだ状況が良く分からなかったのか、
術後間もなくてだるさがあったのか、
ずっと伏せたままでしたので、
ケージから出さずに様子をみるつもりでいたのですが、
出入り口を開けたら、起き上がり自ら出て来ました。

この日見た限りでは、和犬気質は感じず、
身体のどこを触っても表情を変えることもなく、
抱っこも抵抗なくできました。

この日は余り体力を使わせないようにと、
早々にケージに戻しましたので、
次回もう少し様子を見て来たいと思います。





<A-Ⅱ>

※7/10よりレポート登場 (7/5他抑留所より移送
▽18117 茶 メス 6歳ぐらい 10キロ程度

※8/7追記
この日もじっとケージの中で伏せて気配を消していました。
ケージを開けて様子を伺うと
とても不安そうな表情で私を見上げていたのが
とても印象的でした。

f0078320_16510033.jpg
f0078320_16511031.jpg
f0078320_16512130.jpg
先週の写真↓
f0078320_16513153.jpg
f0078320_16514254.jpg
f0078320_16515115.jpg
ケージの中で、息をひそめて気付かれないように、
静かに伏せていました。
まだまだ不安一杯で仕方がない様子でした。
この日はケージから出すのをやめました。

以下↓以前のコメントを転用します。
顔に無数の細かい傷がありますが
目の下の左右対称な脱毛は、また別の原因があるように思いました。
ただ、目自体には何も問題は見られないようです。

ケージの外に出すと、身を隠すところを探していましたが
すぐにあきらめてその場で固まっていました。
頭をなでたり、歯を見たりするときに抵抗することは
ありませんでしたが、ケージに戻すときに
下半分の扉を飛び越えられなさそうでしたので
後ろから抱え上げたのですが
その時は少し空カミする様子がありました。

ただ単に抱き上げられたりすることに慣れていないのだと思います。
いきなり生活が変わって、かなり困惑しているようなので
もう少し落ち着くまで様子を見守りたいと思います。



レポートは続きます。




by centre_report | 2018-08-09 12:46 | 愛護センターレポート

8/7センターレポート 収容室②③   3頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく、この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。

営利目的および商用目的での利用は一切禁止
します。



ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。





今週も引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)

★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。







【収容室②】1頭



※6/12よりレポートに登場(5/31収容)
▽18072 白黒 オス 3歳ぐらい 10キロ程度

ケージからロープで誘導して外に出てくることには
もうすっかり慣れたようで、スタスタと出てきます。
おやつも手から食べれますし、パッと見た感じでは
人馴れしていて問題ないように思えますが、
やはりこの子はこの日も身体を触ろうとすると
身体をよじって拒否してきます。
その時にお口が出るようなことはないのですが、
過去に何か嫌なことをされた記憶が
残っているのかもしれません。

ただ、おやつを手からあげて食べた時に
そのままゆっくりとあごの下を撫でてみたところ、
それには拒否することなく、手を受け入れてくれました。
人のことをそこまで怖がっている様子もありませんので
やはり常に人と一緒にいて、
触られても何も怖いことはないのだよ、と
時間をかけて教えてあげることが一番だと思いました。
f0078320_11151736.jpg
f0078320_11161089.jpg
f0078320_11163324.jpg
f0078320_11164521.jpg
f0078320_11165536.jpg
f0078320_11170818.jpg
f0078320_11171972.jpg
f0078320_11173072.jpg







【収容室③】2頭


※7/31よりレポート登場 (7/20収容)
▽18129 柴 メス 9歳ぐらい 9キロ程度
(小さい乳腺腫瘍あり)

とにかく外に行きたいようで、ケージから出してあげると
真っ先に入口に向かって行きました。
この部屋の中をリードで誘導して歩かせてみても
人について上手に歩けるので、お散歩にも連れていってもらっていた
のがよくわかります。

よく見ると目が少し白くなってきていますし、
おやつを差し出してもなかなか気づかなかったりするので
シニアであることは間違いないかと思いますが
そう思えないほど元気一杯に動き回っていて
なかなか撮影できないので抱っこすることにしました。
それほど抱っこが好きだという感じは受けませんでしたが
おとなしく抱っこされていました。

お腹に小さな乳腺腫瘍があるようなのと、
少しお腹がぽてっとしていて、腹水などが溜まっているのではないかと
少し心配になりましたが、単なるぽっちゃりちゃんなだけかもしれません。
とにかくとても人懐こく、一緒に遊ぼうとする姿を見ていると
この年齢でひとりぼっちになってしまったこの子が
しのびなく思えました。
今度こそ最期まで一緒にいてくださるご家族とのご縁が
めぐってきますように。
f0078320_11202150.jpg
f0078320_11194668.jpg
f0078320_11200475.jpg
f0078320_11203726.jpg
f0078320_11204809.jpg
f0078320_11205931.jpg
f0078320_11211091.jpg
f0078320_11212155.jpg




※7/24よりレポート登場 (7/17収容)
▽18126 茶白 オス 2歳 11キロ程度

収容当初はロープで引かれることが怖くて
キャーキャーと声をあげていたようでしたが、
先週辺りからは大分環境にも慣れてきたのか
落ち着きが見えてきたとレポートされていました。
この日はロープをかけると自らゆっくりと
外に出て来て、ほとんど動くこともなくじっとしていました。
極端に怖がっているという様子もなかったですが、
この日この部屋に入ったメンバーが先週までとは違ったので
こちらの様子を伺っていたのかもしれません。

じっとしているだけでどこを触っても嫌がることもなく
ゆっくり身体を引き寄せてぎゅっと抱きしめると
身体をこちらに預けるように力が抜けていくのがわかりました。
実はとても甘えん坊なのかもしれません。
やはり緊張感もあったのか、手からおやつを食べることは
できませんでしたが、ケージの中におやつを置いて
ケージに戻すと、すぐにパクパクとおいしそうに
食べていました。

若い男の子ですが、落ち着きもあり穏やかな子のようです。
見た感じ、バセンジーが入っているのかなと思うような
柄と色合い、スタイルの良さが目立ちます。
もう少し環境に馴れてくると、本来の姿が見えてくるかもしれません。
f0078320_11225667.jpg
f0078320_11233070.jpg
f0078320_11234295.jpg
f0078320_11235551.jpg
f0078320_11241029.jpg
f0078320_11242624.jpg
f0078320_11243781.jpg
f0078320_11245247.jpg


レポートは続きます。





by centre_report | 2018-08-09 11:48 | 愛護センターレポート

8/7センターレポート 4日目部屋   3頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。

※先週レポートより転載しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田



★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)










※28/8/2よりレポートに登場(28/7/28他抑留所より移送)
▼4536 黒茶 オス(去勢済) 2-3歳 5歳ぐらい 12キロ


いつものように手からおやつを食べ
ゆっくりであれば体も触らせてくれました。

今はビビリ同士同調し合っていますが
家庭の中で1頭で人と向き合えば、一番変化が早そうな子だと思います。

収容間もないころは皮膚の状態がかなり悪く
脱毛も多くみられましたが
2年と長い月日を過ごす中、栄養状態が安定しているために
被毛はかなりきれいになりました。

身体の健康とともに、精神的なケアは
どうしてもこのままでは進んでいきません。

普通の家庭環境で、一緒に過ごす時間を多くとり
ゆっくり向き合っていくことが最も必要なことだと思います。
f0078320_04225391.jpg

f0078320_04230167.jpg
f0078320_04230918.jpg
f0078320_04231715.jpg






※28/8/2よりレポートに登場 (28/7/28他抑留所より移送)
▼4535 黒 オス(去勢済) 4-5歳 2-3歳 16キロ

この日もクマのような座り方で
人と目を合わせないように座っていました。
おやつは人がいても食べることもありますが
この日は少し緊張していて
見ているときは食べることはできませんでした。

最近はほんの少しであれば触れることもできるように
なってきたようです。

まだ若い子ですが生きてきた大半の時間を
季節の移ろいを感じることができない部屋で過ごしています。

せめて日差しや風などを感じる環境で過ごすことができるようになったら
精神的にもっと良い影響が出てくるのだと思います。

どれ一つとってもまだまだこれからなことばかりですが
少しずつ変わっていく様を楽しみながら見守ってくだる方と
ご縁がありますように。

f0078320_04250095.jpg
f0078320_04250575.jpg
f0078320_04250988.jpg











※29/5/30よりレポートに登場(29/5/25他抑留所より移送)
▽4868 茶黒 オス(去勢済) 2歳ぐらい(6/19修正) 10.8キロ

この子は収容当時はそれほどのビビリとは思いませんでしたが
月日が増すほど人と距離を取るようになってしまいました。
生きてきた大半をセンターで過ごしているので
人がどんなものなのか、外の世界がどんなものなのか
知らずに育ってきています。

体を拘束するようなふれあいをしたことがないので
どのような反応を示すかまだ未知ではありますが
収容当時に触れた時には抵抗したり
口が出たりするようなことはありませんでした。

すでに2歳にはなっていますが、お顔はまだあどけなさが残っています。
日の下で楽しく散歩する姿をいつか見てみたいです。

まだ若く可能性に満ちた子なので
どうかお気に留めていただければと思います。
f0078320_04271742.jpg
f0078320_04272558.jpg
f0078320_04273077.jpg
f0078320_04273434.jpg

レポートは続きます。



by centre_report | 2018-08-09 03:20 | 愛護センターレポート