ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


2018年 06月 13日 ( 3 )

6/12センターレポート 4日目部屋  3頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。




引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田



★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)






f0078320_23201945.jpg


※29/5/30よりレポートに登場(29/5/25他抑留所より移送)
▽4868 茶黒 オス(去勢済) 1歳ぐらい 10.8キロ

ここでの生活が1年を経過してしまいました。
攻撃的になることもなく、ひたすら人を避けるように
動き回っているだけで、なかなか距離を縮めることができません。
ただ、人を見ると逃げてしまうのも、
クセになってしまっているように思えます。

かつて一度だけこの子を撫でてあげることができましたが、
その時も相当時間をかけて落ち着かせてからでしたので
短時間でこの子に接することは難しいです。

センター訪問のお手伝いをしてくださる方が増えれば
こういった臆病な子にも時間をかけて接してあげることが
出来ます。
たくさんの子たちが収容されている中で
センターの職員さんが触れ合ってあげられる時間も
当然限られてしまいます。

なんとかこの子にも人の暖かさを伝えたい。
そんなに逃げ回らなくたって怖いことなんて
何もしないんだよ、と教えてあげたい。
これからも諦めずにこの子にも接していきたいと
思います。
f0078320_23174654.jpg
f0078320_23173329.jpg
f0078320_23175600.jpg
f0078320_23180662.jpg
f0078320_23181777.jpg
f0078320_23182776.jpg
f0078320_23190760.jpg
f0078320_23183756.jpg




※28/8/2よりレポートに登場 (28/7/28他抑留所より移送)
▼4535 黒 オス(去勢済) 4-5歳 2-3歳 16キロ

いつものように黒茶の子にくっついたまま
部屋の隅で伏せていました。
いつも同じ姿勢で、この子が動いているところを
私は見たことがありません。

それでも痩せすぎているとかといったことはないので
きちんと動いてご飯も食べられているのだと思います。
同郷の黒茶の子とくっついていることで
落ち着くことができているのでしょう。
黒茶の子におやつをあげていると
お口をペロペロしていたので、この子も食べたいのだと
思い、おやつを差し出してみましたが、
やはり食べることはできませんでした。
それでも何度もおやつを差し出しても唸ることは
この日はありませんでした。

身体に触れようとするだけで
「やめろ!」と意思表示してくる子なので
最近はこの子のお尻にぴったりくっついて座るように
していますが、それに対しては全く怒ることはありません。
もう十分時間はたってしまってはいますが、
それでもここで焦って人をまた警戒するように
なってしまわないように気をつけながら
この子と向きあっていきたいと思います。
f0078320_23214732.jpg
f0078320_23213594.jpg
f0078320_23215696.jpg
f0078320_23220569.jpg
f0078320_23221984.jpg
f0078320_23223297.jpg




※28/8/2よりレポートに登場(28/7/28他抑留所より移送)
▼4536 黒茶 オス(去勢済) 2-3歳 5歳ぐらい 12キロ

この部屋で唯一、おやつも手から食べられる子です。
この日も差し出すおやつはパクパクと
おいしそうに食べていました。
身体を触られることにも大分なれてきてくれています。
ただ、急にぱっと触ろうとしたりすると
「やめろ!」と意思表示してくる可能性も
まだまだ感じられることもあります。

人馴れというにはまだ程遠いのかもしれませんが
人の手がそこまで怖いものではないと
少しは学習してくれているものと思います。
それでもロープをかけて引いてみたり、とか
抱っこしてみる、ということはまだまだこの子には
ハードルが高そうです。
ようやくここまで来ていますので
あとはやはり人と常に一緒にいる環境で
人への信頼を寄せてくれるようになることが
一番良いのではないかと思います。
f0078320_23245765.jpg
f0078320_23250875.jpg
f0078320_23251827.jpg
f0078320_23253158.jpg
f0078320_23254187.jpg
f0078320_23255168.jpg



レポートは続きます。




by centre_report | 2018-06-13 23:28 | 愛護センターレポート

6/12 センターレポート  3頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。




引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)





※6/12レポート初登場(6/11他抑留所より移送)
▽18079 黒 オス 2歳ぐらい 18キロ
程度

ケージを開けてあげると、最初こそもじもじしていましたが
恐る恐る外に出てきました。
外に出てくるとそれほど怯えた様子もなく、
撫でてあげると嬉しそうにしっぽを振っていました。
昨日他抑留所から移送されて来たばかりなので
環境の変化に少し戸惑いをみせていたのではないかと
思われます。

足がとても長く、スタイル抜群な男の子です。
撮影をしていると、カメラに興味津々で
グイグイ近づいてきてはレンズに鼻を押し付けたり
していました。
上からよく見ると頭の部分に2本の何か跡がついており
何かで縛られていたことがあるかのように見えます。

同室の隣にいる黒茶の子と血縁関係があるかも
しれないとのことですが、その子と柵越しに会わせても
怒ることもありませんでした。
また、一番奥のケージにいる子ともお互い鼻を付け合い
怒ることもなく匂いを嗅ぎあっていましたので
他犬との相性も良さそうです。
f0078320_23021623.jpg
f0078320_23022876.jpg
f0078320_23024018.jpg
f0078320_23025222.jpg
f0078320_23030186.jpg
f0078320_23031124.jpg
f0078320_23032032.jpg
f0078320_23033196.jpg




※6/12レポート初登場(6/11他抑留所より移送)
▽18078 黒茶 オス 2歳ぐらい 17キロ程度


隣のケージにいる黒垂れ耳の男の子と
血縁関係があると思われるとのことです。
この子もややシャイではありますが、
ケージの扉を開けてあげると、躊躇なく外に出てきて
ゆっくりとそばによってきて甘えてきました。

まだ若い男の子ですが大人しく、落ち着きもあり
穏やかな印象を受けました。
身体や頭をゆっくりと撫でてあげると
ペロペロと顔を舐めてくれました。
ここに来たばかりではありますが、
落ち着いているように思えます。
茶色の麻呂眉が特徴的な男の子です。
まだ若い子ですので、これから変化を見せてくれるかも
しれません。

同室の隣の子とも柵越しで鼻をつけあって
匂いを嗅ぎあっていましたので、
この子も他犬との相性は良いのかもしれません。
来週以降も様子を見ていきたいと思います。
f0078320_23061284.jpg
f0078320_23062427.jpg
f0078320_23063433.jpg
f0078320_23064518.jpg
f0078320_23065668.jpg
f0078320_23070662.jpg
f0078320_23071482.jpg
f0078320_23072414.jpg




※5/29よりレポートに登場 (5/24他抑留所より移送)
▽18058 薄茶黒 オス 4歳程度 13キロ

人馴れ抜群な男の子です。
ケージから出してあげると嬉しそうに寄って来て
しっぽをブンブン振って喜んでいました。
人が大好きな子なのだと思います。
年齢相応の元気さもあり、とてもかわいい子です。

他犬とも柵越しで会わせてみても、
匂いをかぎあうだけで威嚇なども全く見せませんでした。
他犬ともうまく付き合えそうな子です。
とにかく人に甘えていたいようで
ずっと私たちのそばから離れずに甘えていました。
すぐにでも家庭に入って問題なく過ごせそうな子です。

身体全体が薄茶ではあるのですが、
尻尾だけが黒い毛が多く、とても特徴的です。
抱っこもおとなしくさせてくれました。
人を信頼しているこの子にも
優しく暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_23090735.jpg
f0078320_23092106.jpg
f0078320_23093001.jpg
f0078320_23094066.jpg
f0078320_23095063.jpg
f0078320_23095926.jpg
f0078320_23110543.jpg
f0078320_23111739.jpg



レポートは続きます。




by centre_report | 2018-06-13 23:12 | 愛護センターレポート

6/12センターレポート A部屋    2頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★「あの子はどうなりましたか?」との安否確認のみの問い合わせは、
どうかご遠慮ください。
多くの対応をしているため、お答えできませんのでご了承下さい。





<A-Ⅰ>

※6/5よりレポートに登場(5/25収容)
▽18062 茶白 オス 4歳ぐらい 18キロ程度

人馴れ抜群な男の子です。
身体は茶色ですが、頭は白と薄茶と少し黒が混ざっていて
これぞオンリーワンの柄で雑種の魅力満載な子です。
身体は大きめではありますが、甘えん坊くんのようです。
こちらの指示でお座りもできますし、
おやつをあげる時に「待て」もできますので
間違いなく人に飼われていた子なのだと思います。
初めて会う私たちにも警戒することなく甘えてこれるほど
人に対して信頼感を持っている子です。
まだまだ若い子なので、環境に馴れてくればもっと
はしゃぐ姿も見れるのではないかと思います。

私たちがこの部屋に入ってきた時には、それほど騒ぐこともなく
ケージの中でウロウロしていましたが
一度ケージから出してあげた後にケージに戻すと
「もっと撫でてもらいたかったのに!!」とでも言いたげに
ずっと要求吠えを続けていました。
先週のレポートでは左前足が少し変形して固まっている、
とありましたが、すっかりそのことも忘れてしまうほど
全く気になることはありませんでした。

今すぐ家庭に入っても何ら問題のない子です。
今度こそ最期まで一緒にいてくれるご家族に
迎えてもらえますように。

f0078320_22472029.jpg
f0078320_22473296.jpg
f0078320_22474319.jpg
f0078320_22475450.jpg
f0078320_22480326.jpg
f0078320_22481465.jpg
f0078320_22482414.jpg
f0078320_22482414.jpg
f0078320_22483478.jpg




<A-Ⅲ>

※6/5よりレポートに登場(6/4 引き取り
▽18070 黒ラブ オス 11歳 20キロ

シニアの黒ラブくんです。
人馴れは問題ありませんが、あまり身体などを触られるのは
好きではないようです。
口の周りの毛も白い毛が出てきていますし、
おやつを見せてもすぐに気づかず、
目の前でおやつを振ってみてもすぐにはわからないようで
少し嗅覚も衰えつつあるのかもしれません。

大型犬で11歳となると、中型犬よりも歳をとっていることに
なりますが、まだまだ元気一杯ではあります。
後足の筋肉が落ちているようで、少し踏ん張りが効かず
足が開いていくような時もありました。
家の中では滑りにくい床か、マットなどを敷いてあげたほうが
負担が少なくすむかと思います。

この年齢になって一人ぼっちになってしまったのは
本当に気の毒でなりません。
今まで一緒に過ごしてきた家族がいたのですから、
今度こそこの子を決して放さず、最期まで一緒にいてくれる
本当のご家族に迎えてもらえることを願ってやみません。

f0078320_22513679.jpg
f0078320_22512608.jpg
f0078320_22514593.jpg
f0078320_22515557.jpg
f0078320_22520569.jpg
f0078320_22521506.jpg
f0078320_22522483.jpg
f0078320_22524038.jpg



レポートは続きます。




by centre_report | 2018-06-13 22:54 | 愛護センターレポート