ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


2018年 02月 01日 ( 5 )

1/30センターレポート 子犬舎    9頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。

営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。



※写真は最新ですが、コメントは前回のものも転載します。


引き続き、センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)






<2-5>3頭

f0078320_22380829.jpg

※1/30レポート初登場(1/25収容)
▽白茶 オス 5-6ヵ月 7-8キロ


全体的には白が多いのですが、
頭のてっぺんに葉っぱのような茶色い模様があるのが
特徴的な元気な男の子です。
まだまだチビっ子なのに、小部屋のドアの前に立つと
一丁前にワンワンと吠えてみせていました。
警戒心が強い子なのかと思いきや、
扉を開けるとしっぽをブンブン振りながら
近づいてきて甘えていました。
子犬らしくかちゃかちゃと走り回っていましたが
抱き上げると途端に大人しくなり、
そのギャップに思わず笑ってしまいました。
人馴れは問題ありません。
手足が大きいので、そこそこの大きさに成長しそうです。
こちらの子犬舎は暖房がつけられていますので
このくらいの大きさの子でも心配ありませんが
やはり人の暖かさを感じられる家庭に
一日も早く入れてあげたいと思わずにはいられません。
f0078320_22401200.jpg
f0078320_22402223.jpg
f0078320_22403096.jpg
f0078320_22404260.jpg
f0078320_22410367.jpg
f0078320_22411139.jpg
f0078320_22412574.jpg



※1/9よりレポートに登場(12/26収容)

▽黒茶 オス 生後5ヵ月ぐらい 7-8キロ

1/30追記:
2週間ぶりに見たこの子は、前回よりもかなり大きく
なっているように感じました。
今、どんどん成長している最中なのだと思います。

同室だったブラックタンの子(先々週引き出し済)と
血縁関係があると思われますが
こちらの子の方が少し人に馴れているようです。
手からおやつも食べることができました。
ただ、抱っこをした時にはビビリウンが出てしまいました。
それでも抱っこからおろしたときも
同室の子にくっついて隠れるようにすることもなく
おとなしく体も撫でさせてくれました。
まだまだ幼い子ですので、これからの変化が楽しみです。
来週以降も様子を見ていきたいと思います。

f0078320_22434202.jpg
f0078320_22435344.jpg
f0078320_22440928.jpg
f0078320_22442587.jpg
f0078320_22444983.jpg
f0078320_22443884.jpg



※6/20よりレポートに登場 (6/8収容)
▽茶白 オス 1歳ぐらい(12/28修正) 13-4キロ(11/14修正)

以前は小部屋の扉を開けるとすぐに出て来て
ウロウロと逃げ回っていましたが、
同室の子犬たちが怖くてただただ固まっているのと
同調するかのように、じっとしていました。
子犬たちがワタワタしてしまって
この子に乗っかってしまったりしても一切怒ることもなく
この子の優しさがわかるような瞬間でした。
数週間前に右目下が腫れてしまっていたところが
少し傷のようになって毛が薄くなっていました。


最近、体を撫でることも普通にできるようになりました。
手からおやつも食べられるようになっていたのですが
この日は同室の子犬たちの緊張感が伝わってしまったのか
おやつは食べられませんでした。
同室の子犬たちと同じぐらいの月齢のときに収容されて
既に半年を経過してしまいました。
まだまだ幼い子ですので、一日も早く家庭に入って
人の暖かさを感じて欲しいと思います。

f0078320_22482894.jpg
f0078320_22483839.jpg
f0078320_22485358.jpg
f0078320_22490221.jpg
f0078320_22491232.jpg





<2-6>2頭

f0078320_22501811.jpg

※6/13よりレポートに登場 (6/2収容)
▽茶 オス 1歳ぐらい 13-14キロ
(11/14修正)

この日は小部屋の扉を開けっぱなしにはせず
小部屋の中で撮影をしましたので
あまりウロウロすることもなく、
部屋の奥でじっとしていました。
いつ見てもとても整った顔立ちの美男子くんです。
この子にはあまりスペースを与えすぎない方が
(諦めもあるのかもしれませんが)落ち着くことができます。


体を触ったりすることも最近では問題なくでき、
おやつも自分から首を伸ばしてもらおうとします。
この子もまだ幼い頃に収容され、
半年を経過してしまいました。
以前から比べると大分人への不信感も薄れてきましたので
人馴れが後退してしまわないうちに
早く人との生活を味合わせてあげたいです。
f0078320_22514742.jpg
f0078320_22515843.jpg
f0078320_22520531.jpg
f0078320_22522007.jpg
f0078320_22523242.jpg
f0078320_22524084.jpg
f0078320_22524947.jpg



※8/1よりレポートに登場 (7/27他抑留所より移送)
▽薄茶 オス 10ヵ月(1/30修正) 10-11キロ(11/14修正)

この日は逃げ回るスペースがなかったので
ひたすら固まるのみでした。
大分マズルも長くなってきて、
お兄ちゃんらしい顔つきになってきました。
同室の子をとても頼りにしているようで、
小部屋の扉を開けると、同室の子に
必死にくっついていく姿がとても健気です。

収容されたばかりの頃は本当にまだ小さく、
同胞と思われた子が先にここを卒業してから
現在の同室の子を頼ることで落ち着けるようです。
最近は抱っこをしたことがありませんが、
収容当初は抱っこすることもできました。
現在でも体を撫でたりすることはできますが
触られているのを必死に耐えているようにも見えます。
お口が出たり唸ったりすることもなく
優しい子だと思います。
一日も早く家庭で人の暖かさを教えてあげたいです。
f0078320_22543645.jpg
f0078320_22544621.jpg
f0078320_22545389.jpg
f0078320_22550226.jpg
f0078320_22551230.jpg
f0078320_22552321.jpg
f0078320_22553159.jpg






<2-7>2頭

f0078320_22563540.jpg

☆ナイト
※2/14よりレポートに登場(2/3収容)
▽黒(茶) オス(去勢済) 1歳前後 16.5キロ 

相変わらずワンワンと威勢よく吠えるナイトの声が
子犬舎の外から聞こえてきました。
小部屋の外にいる時には吠えていることが多いのですが
この日はいつもより吠えることが少なかったように
思えました。

ナイトは威張りん坊なのですが、反面とても賢く、
いつもと違うメンバーが来ると様子を見るように
この人にはどう接したらいいのか考えているようです。
この日いつもと違うメンバーと入ると
いつもならおやつをあげるとグイグイくるのですが
少し距離をとってお座りしてみせていました。
「お座り」や「待て」もこちらの指示を
しっかり聞いていますし、おやつも大好きなので
しつけははいりやすそうな感じがします。

真っ黒だった毛が、胸のあたりと腰の辺りが
茶色になってきていました。
ナイトももうすぐここでの生活が1年を経過します。
ナイトにも暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_22574598.jpg
f0078320_22575517.jpg
f0078320_22580576.jpg
f0078320_22582080.jpg
f0078320_22583171.jpg
f0078320_22584027.jpg



☆ゴーヤ 
※10/24よりレポートに登場(10/10収容 )
▽茶白 オス(去勢済) 1-2歳 8.25キロ

この日ゴーヤと初めて対面するメンバーが来ると
臆病なゴーヤはカタカタと少し震えていました。
写真だけで見るともっと大きな子なのかと思ったと、
この日一緒に部屋に入ったメンバーが言っていました。
同室のナイトと並ぶと本当に小柄なのがわかります。

未だに手からおやつを食べることができませんが、
体や頭などは撫でることができます。
とてもシャイでなかなか自分から寄って来ることは
ありませんが、かわいいお顔をしたゴーヤを見ると
ついついぎゅっと抱きしめてあげたくなる衝動に
駆られます。
おやつで気をひこうとしても、
いつもナイトに横取りされてしまうので
なかなかゴーヤだけと向き合うことができません。
臆病ではあるものの、犬同士ではイヤなことはイヤと
はっきり意思表示できる子のようなので
威張りん坊のナイトとも争うことなくいられるようです。
ゴーヤにも人の優しさや暖かさを教えてあげたいです。
f0078320_23000830.jpg
f0078320_23001866.jpg
f0078320_23002654.jpg
f0078320_23003561.jpg
f0078320_23004519.jpg
f0078320_23005695.jpg





<2-8>2頭

※1/9よりレポートに登場(12/22収容)
▽茶白 メス 生後5ヵ月ぐらい 5-6キロ

こちらの子もちょうど成長期のようで
前回会った時よりも大分大きくなっていました。
マズルも少し長くなり、お姉ちゃんっぽくなってきました。
シャイな子なので、直接手からはおろか、
下に置いたおやつも食べることができませんでした。
それでも小部屋の外に出てみると、
こっそり食べているのを目にしました。
同室の子よりも、この子の方がそこまで人を怖がっている
様子はありません。触ることも問題ありませんし、
こちらをしっかりと見ていることが多かったです。
来週以降も様子を見てみたいと思います。

f0078320_23024232.jpg
f0078320_23025548.jpg
f0078320_23030359.jpg
f0078320_23031617.jpg
f0078320_23032714.jpg
f0078320_23034185.jpg
f0078320_23034991.jpg



※1/9よりレポートに登場(12/28収容)
▽茶黒 メス 生後5ヵ月ぐらい 5-6キロ

こちらの子は動きが俊敏で、
私のことを見ることもなく、
ひたすら必死に逃げ回っていました。
逃げるところがないとわかると、壁に鼻を押し付けて
出来る限り小さくなってかたまっていました。
それでも体を触ったり頭を撫でてあげたりしても
抵抗することはなく、ひたすらじっと我慢しているようでした。
距離をとって同室の子の撮影をしていると、
自分には視線がきていないと確認したいのか、
何度も何度もこちらを振り返って見ていました。
興味はあるのでしょうが、やっぱり怖い・・・
そんな表情をしていたように思えました。
この日は一人で撮影しましたので抱っこできませんでしたが
来週は抱っこしてみようと思います。
f0078320_23052313.jpg
f0078320_23051357.jpg
f0078320_23053376.jpg
f0078320_23054142.jpg
f0078320_23055167.jpg
f0078320_23060111.jpg
f0078320_23060972.jpg




レポートは続きます。



by centre_report | 2018-02-01 23:47 | 愛護センターレポート

1/30センターレポート A部屋    5頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。

引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)






【No.Ⅰ】
※1/16よりレポートに登場 (1/5収容)
▽イエローラブ オス 8歳ぐらい 28キロ前後

f0078320_22070540.jpg

f0078320_22071904.jpg

f0078320_22073233.jpg

f0078320_22074222.jpg

f0078320_22075915.jpg

f0078320_22081171.jpg


f0078320_22082253.jpg


以下↓1/16撮影
f0078320_22305460.jpg
出ケージからしてあげても、
ケージの中で待っていた時のハイテンションが暫く続き、
写真を撮るのが大変だったほど、人が大好きで構って欲しくて、
体当たりしながら甘えて来ました。

リードを持ってくれていたメンバーが、
面白いほど振り回されて、制御させるのに汗だくになったほど、
悪く言えば落ち着きが無く、
よく言えば屈託なく、とにかく底抜けに明るい子です。

後半になりやっと人の声が届いたようで、
何枚か写真が撮れましたが、殆どがブレブレでした。

このテンションも、この子の性格からすると、
今は無理もないように感じます。

安心できる環境の中で生活できれば、
年相応の落ち着きはあるのではないかと期待してます。
この子に時間をかけてあげられる方とご縁がありますように。

*以前のコメントを引き継ぎます↓
目は少し白くなっており
シニア期に差し掛かっていることが分かりました。
でもまだまだ元気いっぱいです。








【 No.IV 】

☆コンくん
※2016/9/6 よりレポートに登場(引き取り)
▽茶白 オス 5-6歳 13-4キロ (やせすぎ)12/12修正


f0078320_22380850.jpg
f0078320_22382579.jpg
f0078320_22383961.jpg
f0078320_22385238.jpg
f0078320_22391041.jpg

正面の写真が全てブレてしまったので、
以下↓1/9撮影したものを載せます。

f0078320_22392637.jpg
ケージの中で激しく動いているため、
治りかけて小さくなっていた頭の傷を、
またぶつけてしまってるようで、なかなか治らずです。
身体中がバネのように、尋常ではないほどの動きをしています。
人恋しくてたまらないと言った様子が見て取れます。

ケージから出してあげた時には、
もう息も上がっており、新しく水を入れてあげると、
夢中になって飲んでいました。

以下↓以前のコメント引き継ぎます。
ケージから出してあげると、本当に嬉しそうに寄って来て
ペロペロ舐めてくれたり、ベタベタ甘えてきたり
「待ってたんだよ~~」というコンくんの声が
聞こえてきそうでした。

収容からすでに1年以上経過してしまっていますが、
コンくんは本当の家族をずっと待ち続けています。
ケージの中ではこれだけ大騒ぎのコンくんですが、
先週レポートにはドッグランに出してもらった様子を載せており、
そちらを見ると、ケージの中で大騒ぎしているコンくんとは
別犬のようにとても落ち着いているのがわかります。
この狭い空間に長くいることがストレスなだけで
家庭に入って自由に行き来できる環境であれば
甘えん坊のコンくんですからすぐに馴染めるだろうと思います。
どうかコンくんにも目を向けてあげてくださいませんか。





【No.Ⅴ】

※1/16よりレポートに登場 (12/28収容)
▽柴雑? オス 7-8歳 6-7キロ
*収容室②より移動してきました。
f0078320_23005072.jpg

f0078320_23010402.jpg

f0078320_23011710.jpg

f0078320_23012774.jpg

f0078320_23014127.jpg

人馴れは全く問題なく、
一通り体を触ってみましたが、
どこを触っても構える様子もなく、
スルーしていました。
穏やかな子だという印象です。

今回は抱っこはしませんでしたが、
前回の訪問時には、慣れていない様子ではあったものの
抱っこも問題なくでき、
見た目のふわっと感から想像できなかったほど軽かったです。

間違いなくシニアの域には入ってると思える歯の汚れ方です。
しかしとても元気そうで、常に嬉しそうにニコニコしていました。

鼻の上の黒いのは皮膚病でしょうか。
以前見た時よりも広がっているように感じました。
次回またよく見て来たいと思います。

今度こそ、この子の最期の日まで、
離さず愛しんでくれる人のそばで暮らさせてあげたいです。





【No.Ⅶ】

※11/7よりレポート登場(10/27収容)
▽茶 オス 6歳ぐらい 9-10キロ
*B部屋から移動して来ました。
f0078320_23045736.jpg

f0078320_23050628.jpg

f0078320_23051673.jpg

f0078320_23053230.jpg

f0078320_23054957.jpg

ケージの中ではよく吠えていましたが、
出してあげると鳴くこともなく、
以前のような落ち着きのなさも少なくなって来たように感じました。
この子に限らず、人が好きな子には、
これだけの頭数収容があるセンターでの生活は、
構ってもらう機会が少ないゆえ、寂しくて仕方がないのでしょう。
ましてやこれだけ人馴れした子ですから、
人の愛情は知ってるはずです。
吠えるなというほうが酷な話です。

人と過ごす時間が増えたら、
きっとこの子も変わってくれるのではないかと思います。

写真でもわかるように、
両足同じように足の付け根辺りがコブのようになっています。
触っても痛がる様子はありませんでした。
そのあたりに床ずれのような古傷もあります。








【 No.VIII 】

☆ビスク
※8/8よりレポート登場(6/2収容)
▽茶黒長毛 オス(去勢済) 5-6歳 11-12キロ(痩せ気味)

f0078320_23090837.jpg

f0078320_23103096.jpg

f0078320_23104149.jpg

f0078320_23105338.jpg

f0078320_23110517.jpg

f0078320_23111624.jpg

人馴れ抜群のビスクです。
人と触れ合うことをいつも待っており、
ケージの中では今か今かと猛アピールをして焦れています。
出してあげると、その動きは嘘のようにおさまり、
何かを言ってもらいたくて私達を見上げる表情が、
とっても可愛いくて、ケージに戻すのが忍びなく、葛藤です。

今回もケージ内の掃除の際、血尿らしきものはありませんでした。
体調は見る限り落ち着いているように感じましたが、
体を触るとギスギスに痩せています。
大好きな人のそばで暮らせる日が、
一日でも早く来ますよう、祈っています。

以下↓以前のコメントを引き継ぎます。
血尿がでていることがよく見られるビスクなので
この年末年始心配していましたが、
元気にまた会うことができて安心しました。
この日、部屋の掃除をした時には、
血尿の跡は見られませんでした。
フィラリアの影響もあるかもしれないとのことなので、
できるだけ興奮させたくないのですが、
ビスクは人を見ただけで嬉しくて大はしゃぎしてしまいます。





レポートは続きます。


by centre_report | 2018-02-01 22:13 | 愛護センターレポート

1/30センターレポート D部屋    5頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


1/30の写真撮影:104Eさん
ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。



★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)




犬・問い合わせ先
korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田
お名前のないメールには返信できません


1/30:撮影
↓以下以前のレポートより転載しています。

誰かが来るとおやつをもらえることを理解し、楽しみにしているようです。
廊下から覗いた時も、最前線で待っている様子が見えますし
中に入ってしゃがんだら、ポケットに入っているおやつの匂いを嗅ぎつけて
すぐ近くでクンクンしていました。
f0078320_17135965.jpg



※4/18よりレポートに登場(他抑留所より移送)
▽白茶 メス 6歳ぐらい 12キロぐらい(太り気味)

f0078320_01382301.jpg


f0078320_23494170.jpg



f0078320_23502175.jpg


f0078320_23495600.jpg




個性的で愛嬌のある顔だちです。

家庭に入って、人と一緒に暮らすことができれば
それほど時間をかけずとも普通の家庭犬としての生活が
できるように感じます。

お散歩に連れ出してもらい、楽しんで歩いているとのことでした。


この子は春夏秋をここで過ごし、すでに冬を迎えています。
もう一度春を迎える前に、一般家庭で新たな経験を積むことができますように。


フリーの部屋にいることもあり、
まずはロープをかけられるのか?と不安がありました。
おやつで誘導すると、ロープ、ハーフチョク、チェーンチョーク、
すんなり装着させてくれました。

ドッグランへの道のりもリードの引きもなく、
誘導する方向に上手に歩くことができていました。


f0078320_01383333.jpg


f0078320_01384371.jpg


f0078320_01385124.jpg




f0078320_01385981.jpg



f0078320_01390805.jpg


f0078320_01391630.jpg


f0078320_01392670.jpg


リードで引かれることには抵抗しませんでしたが、
とても頑固なのか、行きたくない方向へはかたくなに
動くことを拒否して伏せていました。

ドッグランからお部屋へ戻ると、
いつものキラキラした笑顔でおやつももらうことができていました。






※8/15よりレポートに登場(8/10他抑留所より移送)
▽薄茶黒 メス 1歳前後 9-10キロ

1/30:撮影

f0078320_17153766.jpg




↓以下以前のレポートより転載しています。

f0078320_12442764.jpg


f0078320_12443287.jpg


f0078320_23544053.jpg




吸い込まれそうなキレイな瞳をしています。
とっても美人さん。

視線を向けられると、緊張でどうしたらいいかわからず
とにかくそこから逃れようと走り去ってしまいます。
血縁と思われる、同室のそっくりな女の子と一緒に行動したい様子ですが
その子よりも緊張度は高いように思われます。

f0078320_23535078.jpg


f0078320_23541391.jpg


f0078320_23542244.jpg


f0078320_23543129.jpg



以前のレポートでは「手からおやつを食べられた」という記載がありましたが
残念ながらこの日はなかなか食べてくれませんでした。

1/30:現在は人がいてもおやつを食べることができています。

ただ、もう少しで食べられるのでは?と思える瞬間が幾度となくあり、
オヤツを持つ手のすぐそばを
オヤツを気にしつつ走り去るようなしぐさが見られました。

この子なりに、勇気を出して一歩踏み出そうとしているのだなぁと感じて
何度もおやつを差し出してしまいました。

f0078320_23540611.jpg


f0078320_23535890.jpg


f0078320_23544787.jpg



怖がりの子が多いこのお部屋の中では
そんな雰囲気に同調してしまいがちなこともあり
なかなか”グンと人馴れが進む”ということは期待できそうもありません。

でもひとたび家庭に入れば、ただその生活を体験するというだけで
ここにいるよりもはるかに速いスピードで、
いろんなことを学んでくれそうに思います。

初めはここにいるのと同じように、
逃げる、隠れる、ということもあるでしょう。
簡単に愛情を示してくれることはないかもしれません。
でも遠からず、人と暮らす喜びを感じてくれるに違いないと感じます。

この子と一緒に歩んでくださる方とご縁がありますようにと願っています。










※3/28よりレポートに登場(他抑留所より移送)
▽茶白 メス(不妊手術済) 3歳ぐらい 20キロぐらい

1/30:撮影
f0078320_17143760.jpg



↓以下以前のレポートより転載しています。


f0078320_12441474.jpg
f0078320_12440403.jpg


「気は優しくて力持ち」といった風情のこの子は
家にいてくれたら、一緒に暮らすこちらが穏やかで平和な気持ちになるような
暖かいオーラを持っているように見えます。


f0078320_01393957.jpg


以前は人に近づかれるのが苦手で、唸ることもあったようですが
職員さんや訪問メンバーが根気よく導いてくれたおかげで
今では手のひらに乗せた小さなおやつも
ちゃんと受け取れるようになっています。


f0078320_23510450.jpg


f0078320_23511004.jpg




急な動きにはまだまだびっくりして逃げていくのですが
オヤツを手にしていればそんなこともありません。
ぺろぺろ舌を出したりして、一見”緊張しているシグナル?”と思いきや
オヤツを期待しているようにも感じられます。

f0078320_23511879.jpg


f0078320_23512667.jpg


以前唸ったりしていたのも、ただ怖かっただけだと思います。
この子が安心、安全と思える場所で、美味しいごはんがありさえすれば
この子の気持ちはグインと前に進むだろうという気がします。

よいパートナーになってくれそうな子です。

f0078320_23515127.jpg


f0078320_23513470.jpg


f0078320_23514228.jpg



なかなか十分な運動ができない環境にいることもあって
体がかなり太目になってきました。
適切な体重管理、健康管理が必要な子だと思います。

早く一般家庭で心と体のケアを受けることができますようにと願っています。










※3/14よりレポートに登場(3/9他抑留所より移送)
▽茶白 メス 3-4歳 12-3キロ

1/30:撮影
f0078320_17141976.jpg



↓以下以前のレポートより転載しています。


f0078320_12440955.jpg

初めに廊下から見た時も、部屋に入った後も、
後でこっそり覗いた時も、ずっとこの位置から動いていませんでした。
過去のレポートを見ても
この場所が定位置になってしまっているのがわかります。

f0078320_23560462.jpg


f0078320_23555680.jpg




壁に張り付いたままおやつに視線を向けることもなく
ただひたすら私がどこかへ去るのを待っているようでした。

恐る恐る体に触れても、心ここにあらずといった様子で
ほとんどリアクションらしいものがないのですが
拒絶するそぶりもありません。

ただ、私たちの手を受け入れてくれている…というわけではなく
どうしていいかわからないし、
ただただこの時間を耐えているのではないかと思うと切ないです。


f0078320_23554776.jpg




ふと、メモをとる目を上げたら、こちらを見ている彼女と目が合いました。
どんな気持ちで見ていたのかはわかりません。
ただ様子をうかがっているだけだとしても
全く関心がないわけではないのです。

彼女と同じ空間に身を置いていると
遠くで身を固くしている彼女の必死さがリアルに伝わって
心底いじらしく感じます。

誰もいないときには
ほかの子と同じように歩き回る気持ちの余裕があればいいと思います。
f0078320_23553870.jpg


f0078320_23552970.jpg



いつもと同じような表情しか撮影することができませんでしたが
人がこの部屋を訪問することで
またこの子に触れたり話しかけたりすることで
少しでも気持ちに動きがあればいいのですが。


ただ、彼女はここに長くいても大きな進歩はないように思います。
一般家庭に入っても一気に人馴れが進むとは思えませんが、
生活音や人の動きを耳目にできる環境で
少しずつ少しずつ、彼女のペースで心が溶けるのを見守ってくださる方と
ご縁がありますようにと心から願っています。











※8/22よりレポートに登場(8/10他抑留所より移送)
▼茶(背中などに黒の差し毛)メス 2歳ぐらい 10-11キロ

1/30:撮影
f0078320_17151484.jpg



f0078320_17145855.jpg



↓以下以前のレポートより転載しています。

f0078320_12444168.jpg


f0078320_12443660.jpg



f0078320_01394757.jpg


f0078320_23523913.jpg



上で紹介した薄茶黒の子と双子のようにそっくりで、
おそらく血縁があると思われますが、この子のほうがやや積極的です。

f0078320_23533407.jpg



…といっても、やっぱり追えば逃げてしまうのは同様です。
ただ、この子は人の手からおやつをもらうことが当たり前になりつつあり
かなり小さなおやつも手から直接食べることができます。

f0078320_23523913.jpg


f0078320_23522888.jpg


見つめたり、カメラを向けたりすると緊張で吠えてしまうのですが
オヤツを手にしていれば、自ら近づいてきます。

私が同じ室内でこの子と接するのはおそらく初めてなのですが
普段よくこの部屋を訪問しているメンバーとは違う私でも
しっかりおやつをもらうことができるのですから
家で一緒に暮らすようになれば、
さらに距離を縮めることができるのではと思います。

f0078320_23520556.jpg


f0078320_23524626.jpg


f0078320_23531075.jpg


しゃがんで別の子に話しかけているときに近くまで来て
「こっち見てよ」というつもりなのか、「オヤツちょうだい!」という意味なのか
執拗に私に向かって吠えていました。
そのまま無視していたら、今度はもっと近くまでやってきて
差し出した私の手の匂いを嗅いでくれました。

怖がりなのはその通りです。
ただ好奇心がありそうなので、いろんな経験を自分のものにして
自ら人馴れの階段を上がってきてくれそうだと思いました。

こういう子こそ早く一般家庭で経験を積んでほしいと感じます。



レポートは続きます。



by centre_report | 2018-02-01 17:28 | 愛護センターレポート

1/30センターレポート C部屋    3頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


1/30の写真撮影:104Eさん

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。



引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田




※1/30レポート初登場 (1/24収容)

▽茶黒テリア系雑 メス 生後3ヵ月程度 3-4キロ

ロープをかけケージの外に促しましたが
まだ少し不安だったのか、自ら出てこようとはことはしませんでした。
ケージの外に出すと、とにかく後退りしながら逃げようと動き回っていました。
おやつを差し出してみると、それは食べます!としっかり食べていました。
歯を確認すると乳歯が残っていましたし
爪の状態も子犬特有の尖った形をしていました。

f0078320_01535835.jpg


f0078320_17181725.jpg



f0078320_17180137.jpg


f0078320_01541482.jpg










※11/7よりレポートに登場(10/30収容)
▽白柴? オス 4歳ぐらい 10キロ前後

1/30:撮影

f0078320_17172031.jpg



f0078320_17165556.jpg

f0078320_17173838.jpg

↓以前のレポートより転載しています。

ベタベタの甘えん坊ではありませんが
人と一緒にいることは嬉しいようです。
お尻のあたりを撫でてあげるとくすぐったいのか
ずっと両後足を交互に踏みしめている姿は
とてもかわいかったです。
ただ、この子に会うたびに痩せていっているように感じ
腰骨がしっかりわかるほどです。
もっとたくさん栄養のある食事をさせてあげて
お尻から後足の内股の脱毛のケアもしてくださる
本当のご家族に迎えてもらえますように。
f0078320_00223366.jpg



f0078320_00224426.jpg



f0078320_00230737.jpg



f0078320_00232990.jpg



f0078320_00234687.jpg



f0078320_00233878.jpg



f0078320_00235389.jpg





※1/16よりレポート登場(12/26収容)
▽ビーグル オス 4歳ぐらい 11-12キロ(見た目8-9キロ)

1/30:撮影
ケージの中では吠えずに動き回っていました。
人が大好きでな様子で、触って触って!とそばに来てくれます。
おやつは凄い勢いで食べ、まだ落ちていないか?と必死に探していました。
ケージに戻して他の犬の撮影中
ビーグルらしい野太い声で吠えていましたが、声はかすれていました。

f0078320_17163143.jpg



f0078320_17160508.jpg


↓以前のレポートより転載しています。

少し小ぶりなビーグルです。
甘えん坊のようで、ケージから出してあげると
すぐにぴとっとくっついてきました。
撫でてもらえるのがとても嬉しいようで
ずっとしっぽをブンブンふりながら愛想をふりまいていました。


おやつには目を輝かせて食いついてきました。
さすが食いしん坊のビーグルちゃんです。
抱っこはされ慣れているようで
安定して抱っこされていました。
出してもらうまでは全く吠えていませんでしたが、
ケージに戻して別の子を撮影し始めると
ビーグル特有の野太い声で吠え始めました。
思ったほど音量は大きくなく、
同室にいる小型犬たちの声の方がよっぽどうるさかったぐらいです。

少しワタワタしてしまいますがお座りもできますし
これだけ人懐こい子ですので、
間違いなく人に飼われていた子だと思います。
今度こそ一生一緒にいてくれる飼い主さんと
巡り合えますように。
f0078320_00105660.jpg



f0078320_00112608.jpg



f0078320_00141221.jpg



f0078320_00144234.jpg



f0078320_00151260.jpg



f0078320_00154111.jpg



f0078320_00161152.jpg



f0078320_00164137.jpg



レポートは続きます。




by centre_report | 2018-02-01 17:27 | 愛護センターレポート

1/30センターレポート E部屋    5頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


1/30の写真撮影:104Eさん
一部詳細コメント:tokidokitukibitoさん

以前のレポートはひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。

引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。




<E-2>
☆あぐちゃん

※10/4よりレポートに登場 (2016/6/13 他抑留所からの移送)
▽薄茶足先白 メス 4-5歳  7-8キロ  10キロぐらい


1/30:撮影
f0078320_21263889.jpg

f0078320_21254096.jpg
↓以下以前のレポートを転載しています。

f0078320_23335104.jpg



相変わらず、このお部屋に入った途端に
もっと言えば、この部屋を廊下から覗いた途端に
「早くこっち来てよ!」と大声で呼んでくれます。

いつも元気な様子を見せてくれますが
この日もおやつを目掛けてジャンプしたり
飛んできたおやつをナイスキャッチしたりして
自分だけに向けられる人々の視線を体いっぱいに受け止めて喜んでいました。

f0078320_23330557.jpg


f0078320_23331217.jpg


f0078320_23325643.jpg


うっかりするとこちらの手までガブっとされる勢いなので
オヤツを与える際には注意が必要ですが
そんなこちらの配慮も遊びに変わってしまうような
楽し気な様子を見せてくれます。

人が大好きで、人と一緒に過ごす時間が楽しくて仕方がないのです。

f0078320_23335917.jpg


f0078320_23334122.jpg


f0078320_23333405.jpg


f0078320_23332543.jpg


私自身はそんなシーンに遭遇したことはないのですが
メンバーによると、ほかの犬には
威嚇と思えるようなしぐさを見せることがあるとのことです。

ほかの犬と会うような機会のあるときに
いつも注意を払ってコントロールできる状況であれば
トラブルになることはないのではないかと思いますし
これだけ甘えん坊で、人の声や動きに注目できる子ですから
1頭だけでしっかり向き合っていただける環境ならば
きっとこの子の良さが生かされるのではないかと思います。






<E-4>

1/9よりレポートに登場 (12/15引き取り収容)
▽茶 オス 8歳(年齢は再度確認) 12-13キロ

f0078320_21334237.jpg

f0078320_21340652.jpg
↓以下以前のレポートを転載しています。

先々週までは大部屋で同郷の仲間と一緒にいられましたが
やや個別の部屋に移り、不安気でした。
すぐ隣に同郷の子がいましたので、
時折存在を気にしているようでした。

ロープを掛けられることにも引かれることにも慣れてはいないようで
力いっぱい抵抗していました。
外に出してしまってからは諦めたのか
大人しくなり、ゆっくり触れる分には口が出ることも
抵抗することもありませんでした。

おそらく、飼い主以外の人間と触れ合う機会が
ものすごく少ない環境で暮らしてきたのだと思います。
人に飼われていたというのに、まるで野良っ子のような反応です。
折角助かった命ですので
時間が掛かってもこの子のリハビリに
少しでも助けになるようなことをしたいと思います。
f0078320_01320850.jpg


f0078320_01321424.jpg

f0078320_01321914.jpg



↑↓同郷の子達です。










<E-5>
最終部屋より移動
※12/28よりレポートに登場 (12/18引き取り収容)
▽茶白 オス 1歳ぐらい 13-4 15キロ 

1/30:撮影

f0078320_21343585.jpg

f0078320_21345634.jpg
f0078320_21353430.jpg

※↓以下は、先週レポートより転載しています。

No.4の同郷の茶の男の子に比べると
若いだけあってまだビビり度合も深くは無いように感じました。
とは言ってもまだ不安でいっぱいのようで
最初だけワタワタしていましたが
やはり口などは出ず、歯も大人しく見せてくれました。
まだ若いので、柔軟性はありそうです。


大部屋にいた時、仲間の後ろに隠れるようにいたので
犬を頼りにする気の弱いタイプなのかもしれません。
フレンドリーで明るい性格の先住がいるお家に迎えていただけたら
すぐに良いところを吸収できそうですし、

必ずしも先住犬がいなくても馴れてくれるような気がします。

f0078320_01333024.jpg

f0078320_01333547.jpg

f0078320_01333993.jpg










<E-6>
※9/19よりレポートに登場 (9/8収容)
▽薄茶 オス 6-7歳  11-12キロ


1/30:撮影

f0078320_21355698.jpg

f0078320_21361990.jpg

f0078320_23383157.jpg
※↓以下は、先週レポートより転載しています。


お散歩が楽しみなのでしょう。
ケージの外に出すと、外廊下に続く扉に近づいて外に出たそうにしていました。
連れ戻しても、やはり足が向くのはドアのほう。
以前は外で暮らしていたのでしょうか。
決して余裕がないわけではない広さのケージでも
窮屈と感じるのは仕方ありません。

f0078320_23373922.jpg

f0078320_23382561.jpg

「今日は外には行けないんだよ」と言ってリードを引いても
文句を言ったり、不満そうなそぶりを見せることはなく
従順で穏やかで優しい男の子です。

ケージの外に出ている間、
一切吠えたりはしませんでしたし
抱っこもOK, 静かに抱かれるに任せて
暴れたりすることもありません。
f0078320_23381693.jpg

f0078320_23380116.jpg

一方で、自分から積極的にアピールしたりすることもなく
大きく表情を変えることもないようです。

一見わかりにくい子のように思えるかもしれませんが
大きく潤んだ目はしっかり私たちを見つめてくれますし
ただマイペースで、表現の仕方が不器用なだけだと思います。

こういう子こそ、一緒に暮らすことでしか心情をキャッチできない
家族だからこその微妙な気持ちの変化が見える、
というタイプの子ではないかと思います。

そっと抱きしめたくなるような可愛らしい男の子です。
f0078320_23375401.jpg

f0078320_23374757.jpg

お尻側から見ると、右側が少しやせているように見え
骨格に多少の偏りがあるのかな?という気がしました。
また右後ろ足が少し震えてもいるようでした。

生活には全く支障がなさそうですし、
本犬も痛がっているようには見えません。
以前の怪我などが原因なのかもしれず、
いますぐどうこうしなければならないという感じではありませんが
今後も様子を見ていきたいと思います。

血性のものではありませんが
オシッコがとても濃かったのが気になりました。
室内で排泄したくなくて、我慢していたからかもしれません。







<Eー7>

※1/30レポート初登場 (1/12収容)

▽茶白 オス 5歳ぐらい 10-11キロ(やせぎみ)

ほんのりビーグル風で、可愛らしいお顔をしています。
ニコニコ笑顔で、はやくはやくと嬉しそうにケージの中を
動き回っていました。
身体のどこを触っても嫌がる様子もなく
抱っこも嫌がらずにさせてくれました。
抱っこされ慣れているのか暴れずにいられました。
おやつは手から受け取れます。
嬉しくてはしゃいでも、歯を当てることなく優しく受け取ってくれました。

お顔に傷がいくつか見られ、過去に喧嘩などを頻繁にしたのかと思いましたが
職員さんのお話では、穏やかなタイプの子なので
他の子に攻撃された時の傷という可能性もある、
とのことでした。
f0078320_21365831.jpg
f0078320_21380679.jpg
f0078320_21372298.jpg
f0078320_21374458.jpg
レポートは続きます。



by centre_report | 2018-02-01 07:36 | 愛護センターレポート