ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
センターレポート・猫編
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


2017年 12月 22日 ( 2 )

12/19センターレポート D部屋      5頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


先週レポートより転載しています。



引き続き動物愛護センターにいる、

譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。




お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)






※3/14よりレポートに登場(3/9他抑留所より移送)
▽茶白 メス 3ー4歳 12-13キロ

あっという間にこの子もここで10ヶ月が経過してしまいました。
本当におとなしい子で、この部屋の隅が定位置になっており
ここから動いているのを見たことがありません。
どこを触っても嫌がることもなく、
されるがままといった様子ではありますが、
少し震えていたりすることもあり、
本犬は必死に耐えているというところなのかもしれません。
それでも以前には爪切りもさせてくれましたし、
人への攻撃性は皆無です。

この日、少しこの子を動かしてみたいと思い、
体を少し抱き上げようとしてみましたが、
それはやはり少し不安なのか、
かなり体を硬直させていたので無理はしませんでした。
この部屋の子たちは臆病な子が多いので
ロープをかけて様子を見てみたいと思っても
怖がって暴れたりしてしまうと他の子たちにも
影響してしまうのでなかなか挑戦できません。

表情があまり変わらないですし
体勢もほとんど同じなのでわかりずらいですが
収容当初に比べれば大分優しい表情になってきたと思います。
どうぞ穏やかなこの子にも目を向けてあげてください。
f0078320_02161618.jpg



f0078320_02163245.jpg



f0078320_02164825.jpg



f0078320_02170164.jpg



f0078320_02172588.jpg



f0078320_02173730.jpg



f0078320_02175228.jpg







※3/28よりレポートに登場 (3/16他抑留所より移送)
▽茶白 メス(不妊手術済) 3歳ぐらい 20キロぐらい

本当にここ最近この子の穏やかさが
とても嬉しく感じます。
以前は近づくだけで唸っていたこの子が
手から直接おやつを食べることが当たり前になり
近くに座っても我慢できるようになり
体を撫でられることにも抵抗がなくなってきました。

相変わらず体重増加が気になるところではありますが
個別にフードを与えることができないため
体重管理は難しい環境です。
ただ、太りすぎなのは見ても明らかで
太りすぎはこの子にとっても決していいことではありません。
なんとか個別にケアしてあげたい子です。

冬毛が抜け夏毛になったときには
この子の特徴でもあった綺麗なカールした被毛が
いまでは直毛になっていますが、
この日、背中の方を見てみると、またカールした毛が
生えてきていました。
表情もとても穏やかなかわいい女の子のお顔になってきました。
体重管理と適度な運動をしてくださる
優しいご家族に迎えてもらえますように。
f0078320_02265012.jpg



f0078320_02272151.jpg



f0078320_02275903.jpg



f0078320_02284093.jpg



f0078320_02291186.jpg



f0078320_02294117.jpg



f0078320_02302318.jpg







※4/18よりレポートに登場 (他抑留所より移送)
▽白茶 メス 6歳ぐらい 12キロぐらい(太りぎみ)

おやつが大好きで、私たちが来るとおやつをもらえると
しっかり学習できているので、
廊下を人が歩いているのを見つけると
すぐにドアのすぐそばまでやってきて期待している眼差しで
じっと見つめています。
部屋に入っておやつを見せるとゆっくり近づいてきて
しっかりとおやつをゲットしていきます。
他の子にあげようとしても、他の子たちはゆっくり恐々近づいてくるので
この子も素早くやって来るわけではないのですが
他の子が近づくよりも少し早くやってきて
全部持っていってしまいます。

この子も段々太り気味になってきていますので
個別に体重管理してあげたいところです。
そろそろシニア期にさしかかるこの子にも
この寒さは堪えると思います。
暖かいお布団の上で新年を迎えられることを
願ってやみません。
f0078320_02421973.jpg



f0078320_02423660.jpg



f0078320_02425300.jpg



f0078320_02430868.jpg



f0078320_02432420.jpg



f0078320_02434219.jpg



f0078320_02442110.jpg







※8/15よりレポート登場 (8/10他抑留所より移送)
▽薄茶黒 メス 1歳前後 9-10キロ

最近はとにかく人から逃げ回ろうとしてばかりでしたが
この日は今までの中では一番落ち着いていたように思いました。
人から距離を取ろうとするのは相変わらずでしたが
そのスピードが今までとは違い、ゆっくり移動していました。

以前訪問してくれたメンバーがゆっくり時間をかけて
この部屋の子たちと触れ合ってくれたので
良い影響があったのではないかと思いました。
おやつも先週は時間をかけたところ食べられたようなので
この日もおやつを差し出してみましたが
一生懸命勇気を振り絞って近づこうと鼻先を近づけますが
白茶の子にゆっくりと奪われてしまい
手から食べることはできなかったのが残念です。

こういった臆病な子たちには、人間がじっとしていて
何もしないでいるだけで十分なのです。
人は怖いことをするものではないと理解してもらうには
やはり時間をかけて一緒にいることがとても大事です。
この子たちに人の優しさ、暖かさを教えてあげるためにも
センター訪問に参加してくださる方をお待ちしています。
f0078320_02563862.jpg



f0078320_02565905.jpg



f0078320_02571288.jpg



f0078320_02575360.jpg



f0078320_02573580.jpg



f0078320_02584464.jpg



f0078320_02582069.jpg







※8/22よりレポート登場 (8/10他抑留所より移送)
▼茶(背中などに黒の差し毛) メス 2歳ぐらい 10-11キロ

この日も元気良く入口のドアの最前列に出て
ワンワンと警戒吠えを繰り返していました。
私たちが部屋に入ると真っ先に私たちから遠ざかり
こちらの様子を伺いながらまた少し吠えてみたり
していました。

それでも怖いながらもおやつは手から食べることが
普通にできるようになってきました。
自分に差し出されたおやつを白茶の子に横取りされると
「私にもちゃんとちょうだいよ!」と言わんばかりに
またワンワンと催促してきます。
まだまだ人は怖いのでしょうが、おやつは欲しい
精一杯の勇気を振り絞って近づいてくるのだと思います。
じっと見つめていると、それもやはり不安感が増すのか
また警戒吠えをしてしまいますが、
吠える必要はないんだよ、怖いことはしないよ、と
何度も何度もこの子に伝えました。

やはりこの子も時間をかけてゆっくり接してあげることが
とても大事なのだと思います。
薄茶黒の子と血縁関係があると思われるのですが
並んでいるところを撮影したものを見ると
本当に似ていて美人姉妹です。
人への不安感、恐怖感をなんとか払拭させてあげたいと
願わずにはいられません。
f0078320_03143065.jpg



f0078320_03144798.jpg



f0078320_03150283.jpg



f0078320_03151604.jpg



f0078320_03160109.jpg



f0078320_03161343.jpg



f0078320_03172250.jpg



f0078320_03164945.jpg






レポートは続きます。



by centre_report | 2017-12-22 03:43 | 愛護センターレポート

12/19センターレポート 4日目部屋    4頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


※先週レポートから転載しています。



引き続き動物愛護センターにいる、

譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)





※28/8/23よりレポートに登場 (8/8収容)
▽茶 オス(去勢済) 2歳ぐらい 15.05キロ

この日もいつもと同じように静かに伏せていました。
私たちが部屋に入ると少し体を起こして
こちらの様子を伺いながら歩き出しました。
必死になって逃げ回るということはもうなくなりましたが
おやつを見せても近づいて来られないのは変わりません。

マズルに傷のようなものが見えました。
今までは気づかなかったので最近できたものかもしれません。
以前、こちらがじっと座って動かずにいると
少し近づいてきて、すぐそばで伏せることあったのですが、
またそれもできなくなっています。
人が怖くて仕方がない、という時期はもう過ぎたと思いますが
ここの部屋では自由に動き回れる分、
人を避けることが当たり前になってしまっていて
このままでは人馴れは進みません。

家庭に入って一緒にいられる時間が増えれば
人と一緒にいることが普通になり、
人の暖かさや優しさに触れ、少しずつでも
心を開いていくことができるものと思います。
1年4ヶ月もの間、こちらでいろいろな子たちとうまくやって
こられた優しいこの子にも暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_01163490.jpg



f0078320_01173278.jpg



f0078320_01180263.jpg



f0078320_01183278.jpg



f0078320_01190606.jpg



f0078320_01193743.jpg



f0078320_01201735.jpg







※5/30よりレポートに登場(5/25他抑留所より移送)
▽茶黒 オス(去勢済) 1歳ぐらい 10.8キロ

私たちが部屋に入ると真っ先に動き出すのはこの子です。
できるだけ人との距離を保ちたがるので
近づけば遠ざかるを繰り返しています。
それでもカメラを向けるとこちらを見ているので
人に興味はあるようです。
人に何かされると思っているのでしょうか、
それとも人とどう接していいのかわからないのでしょうか。

まだまだ幼く、いろいろなことを吸収できる年齢ですので
本来ならば人と一緒に生活して、
人との信頼関係を築いていく頃なのに
この子にはそのチャンスがまだ与えられていません。

人に対して攻撃的になるところは見られませんし、
同室の子たちともうまく過ごせていますので
家庭に入って人と一緒に生活していく中で
どんどん変化を見せてくれそうな気がしています。
この子の心の成長に手を差し伸べてくださる方は
いらっしゃいませんか。
f0078320_01310768.jpg



f0078320_01313321.jpg



f0078320_01315166.jpg



f0078320_01320487.jpg



f0078320_01322632.jpg



f0078320_01325941.jpg



f0078320_01324394.jpg







※28/8/2よりレポートに登場 (7/28他抑留所より移送)
▼黒 オス 4-5歳 2-3歳 16キロ

この子もすでに1年4ヶ月を経過しています。
この部屋の中でも一番頑なになってしまっています。
常に同郷の黒茶白の子とくっついていて
この定位置から動いたところを見た記憶がありません。
以前は近づくだけでも唸っていたことを思うと
今ではすぐそばまで行っても唸ることはほとんど
なくなってきました。
ただ、まだこの子をいつも撫でてあげることはできません。
体を触ろうとするとやはり唸ったり空噛みしたり
してきます。

ここまでこの子の心を頑なにしてしまったのは
やはり人間なのでしょうか。
以前はどういう飼われ方をしていたかは不明ですが
一応人に飼われていた子です。
恐らくほとんど構ってもらうことがなかったのでしょう。
人への不信感を払拭させてあげられるのも
やはり人でしかありません。
この子と共に楽しいこと、嬉しいことを
共有してくださる方の目に留まりますように。
f0078320_01431055.jpg



f0078320_01432930.jpg



f0078320_01434960.jpg



f0078320_01440483.jpg



f0078320_01442070.jpg







※28/8/2よりレポートに登場(28.7/28他抑留所より移送)
▼黒茶 オス 2-3歳 5歳位 12キロ

この日もまたおかしな格好で座っていました。
以前は黒い子のトレードマークのようなお座り姿勢でしたが
最近ではこの子の方がよくこの格好をしているようになりました。
唯一この部屋の中で手からおやつを食べられるこの子は
人への恐怖心はそれほどではないものと思われますが
このままではこれ以上の人馴れは難しいと思います。

ただ、体を触ったりすることには抵抗もなくなってきましたので
もう一歩のような気もしています。
常に黒い子にくっついているので
他犬とうまく過ごせる子だと思いますが
この子の場合、他犬を頼ることで人との関わりを
必要としなくなっているようにも思えます。
一頭だけで人と一緒に生活していけば
人を頼るということを覚えていってくれるのではないかと
期待しています。

この子にも暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_01564305.jpg



f0078320_01565710.jpg



↓↓以前のレポートより
f0078320_17030578.jpg


f0078320_23000634.jpg
f0078320_23010642.jpg


f0078320_23020582.jpg





レポートは続きます。





by centre_report | 2017-12-22 03:42 | 愛護センターレポート