ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
センターレポート・猫編
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


2017年 12月 21日 ( 3 )

12/19センターレポート 収容室①②③   8頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。






動物愛護センターにて譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。
お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえてください)
ちばわん 吉田



★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規預かりボランティアを希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)







収容室① 4頭


※12/12よりレポートに登場 (11/30収容)

▽茶 オス 5-6歳 11-2キロ
 
あどけない目をしていて、小ぶりな体型からも
幼さを感じる子ですが、立派な成犬でした。
可愛がられて育てられたのだろうと思います。
人への甘え方がとても上手で、放っておけないような
思わず手を差し伸べて抱き上げてしまいたくなるような
独特の可愛らしさがこの子のはあります。
人の目を見て、こちらが発する言葉もよく聞いており
チャカチャカしたりテンションが高すぎるようなことはありませんでした。

見ている限りには人馴れは問題なさそうです。
ロープで引かれても抵抗しませんでしたので
散歩もすぐできるだろうと思います。

12/19:時間が経過し、慣れてきたところで
やんちゃな面がみられるかと思いましたが
人に対する態度や様子は変わらず
明るくて程よいテンションで接してくれました。

f0078320_02264649.jpg


f0078320_02265035.jpg


f0078320_02265560.jpg






12/19レポート初登場 (12/7収容)
▽茶白 メス 3歳ぐらい 12-3キロ

まだ状況に慣れていないようで、困惑しているかのような
不安げな表情で、人への態度も少し慎重にしていましたが
人馴れ自体はしているようです。
緊張はしていましたが、ビクつくわけでもなく興味はありそうで
まだ様子をうかがっている最中なのだと思います。

放浪時は雄犬と行動していたそうなので
一緒に放棄されたか、もしくはどこかで出会って意気投合したか
推測の域を出ませんが、行動を共にしていた子がいたことは事実のようで
この子自身は飼い犬であっただろうと思われますし
野性味は感じられませんでしたので、放浪期間は短いのだろうと思います。

身体に触っても緊張はしていましたが無抵抗で怒ることはありませんでした。

隣のピットブルがこの子の部屋を覗き込んだ時は
少し怖かったのか、低く唸っていました。

f0078320_02291021.jpg


f0078320_02291626.jpg


f0078320_02292215.jpg


f0078320_02292705.jpg


f0078320_02295922.jpg


f0078320_02304342.jpg






12/19レポート初登場 (12/4収容)

▽ピットブル雑? 黒白 メス 2-3歳 21.45キロ

人懐っこい女の子です。
外に出してもらって嬉しかったのか
一番そばにいたメンバーに駆け寄って顔をぺろぺろ舐めていました。
まだ若い子らしく明るさと無邪気さがあります。
痩せているためか、パワフルさはあまり感じませんでした。
身体のあちこちに触れましたが、嫌がって攻撃的になる様子は
見受けられませんでした。


他の犬には興味があるようで、ケージ越しにのぞき込んだりしていましたが
その時も見ている限りでは威嚇行為などもありませんでした。
4キロ程度の小型犬がちょこまか走り回っていた時は表情が変わり
獲物を狙うような顔つきになっていましたので
小動物は本能的に襲ってしまう可能性があります。
この子自体の性格はとても良いですが
ピットブルの性質をよく知っている方とのご縁が望ましく思います。

f0078320_02342482.jpg


f0078320_02342984.jpg


f0078320_02343637.jpg


f0078320_02344187.jpg


f0078320_02344747.jpg


f0078320_02345285.jpg









12/12よりレポートに登場 (10/19収容)

茶黒長毛 オス 4歳ぐらい 13-4キロ

収容当時は威嚇などの行動があり、長らく保留の状態でしたが
センターの選定に合格し、譲渡対象として紹介できることとなりました。
シェルティーを一回り小さくしたような美しい姿に
思わず目を奪われそうになり、何とも魅力的な子です。

先日ちばわんが引き出したテリア親子のそばにいたそうで
子犬達の父親かと思われるそうですが
テリア親子の元飼い主が飼っていた子ではないとのことです。

ロープで引かれることに慣れておらず
触れられることも得意ではない、でも手から食べ物は受け取る様子から
人に関わり合いながらも半野良状態で過ごしてきたのだろうと推測されます。

おやつはよく食べましたので、今回はそれだけに留め
無理に身体に触れることは避けました。
抱き上げたりするのはしばらくは難しいだろうと思います。

やっと紹介できるようになりましたので
しばらくは警戒心を解いてもらうことに集中し
食べ物を糸口に距離を縮めていこうと思います。

12/19:今回はゆっくりと身体を撫でることができました。
おやつは躊躇なく人の手から受け取り食べることができます。

f0078320_02401676.jpg


f0078320_02402268.jpg


f0078320_02402984.jpg


f0078320_02403691.jpg


f0078320_02404484.jpg






収容室② 2頭



※12/12よりレポートに登場 (11/30収容)

▽ビーグル風雑 茶白 オス 8-9歳 13-4キロ

おっとり物静かなシニアの男の子です。
人馴れも問題なく、人の手を怖がることもありません。
チャカチャカ動き回ることもなく、かといって大人し過ぎる訳でもなく
一言で言うならば落ち着きがある子といった印象です。

ケージ前に他の犬が近づいて来ても
怒ることはなく、穏やかにクンクンと匂いを嗅ぐだけの反応でした。

食べ物には関心が高く
期待に満ちた表情をしていましたが
でも吠えて要求することはなくて、物静かにジッと待っていた姿が印象的です。

左耳は耳血腫の痕のようで
くしゅっと縮んでいましたが、古い痕のようです。

穏やかで優しい目をしたシニア犬の
残りの犬生を一緒に過ごしてくださる方と一日も早く巡り会えますように。

12/19:ビーグルと紹介していましたが
血は入っていると思いますが雑種に訂正いたしました。
穏やかさがあり、とても落ち着いた子です。
前足を伸ばしてお手をしようとしていた姿が可愛らしかったです。

f0078320_02445378.jpg


f0078320_02450169.jpg


f0078320_02450704.jpg


f0078320_02451890.jpg


f0078320_02452733.jpg


f0078320_02462185.jpg









※8/29よりレポートに登場(6/15収容)
▽ビーグル雑? メス 4−5歳 12-3キロ

最近はロープを首に掛けると
自分から出ようとするようになりました。
でもまだ今一歩のところで足がすくんでしまうようですが
こちらで少し促すと素直に出てきてくれます。

落ち着くまでに時間はそう掛からず
差し出したおやつに一瞬躊躇したものの
恐る恐るパクッと口にして
ひと口食べてしまえばもう止まらずにパクパク食べていました。

手からおやつを食べられるようになってから
少し態度も柔らかくなったように感じますし
周りを見渡す余裕も出てきたと思います。

まだまだ人馴れさせるには時間が必要かもしれませんが
少し心が開き始めた今、家庭に入ることができればと強く願っています。
もっと人と一緒に過ごす時間がこの子には必要です。

6月より収容室のケージで騒ぐこともなく
物静かに一日の大半の時間を過ごしています。

この子の今過ごしている小さな環境と比較するならば
家庭の中の空間は世界に通じるほど広く
劇的に良い影響をこの子に与えるだろうと思います。
どうかお気に留めていただければと思います。


12/19:表情が少しずつ明るくなってきたように感じます。
今回も動画を撮ってきました。
もうおやつは躊躇せず食べることができます。


f0078320_02490457.jpg


f0078320_02492186.jpg


f0078320_02492618.jpg


f0078320_02493860.jpg


f0078320_02494420.jpg






収容室③ 2頭


※12/5よりレポートに登場 (11/24収容)

▽薄茶テリア雑 オス 1-2歳 10キロ程度
(片側陰睾丸)

推定年齢1-2歳と大変若い子ですが
パワフル過ぎりたり騒ぎまくったりする様子は
前回も今回も見られずに落ち着きもある子です。

テリア独特の気の強い感じは見受けられず
お腹やお尻や手足先に触れても怒る様子はなく
抱き上げることも問題なくできます。

他の子がけたたましく鳴く中
この子は気になるほど鳴いて騒ぐような様子も見られません。

扱いやすい子だという印象ですが
これから時間の経過と共に変化してくる可能性もありますので
またよく観察してきたいと思います。

12/19:時間の経過とともに慣れて騒がしい一面も見られるかと思いましたが
今回も変わらず落ち着いた様子でした。


f0078320_02521610.jpg


f0078320_02522155.jpg


f0078320_02523976.jpg


f0078320_02524602.jpg


f0078320_02533014.jpg





12/19レポート初登場 (1215収容)

▽薄茶 メス 6-7歳 8-9キロ

幼い子かと思いましたが目は若干白くなりつつあり
シニア期に差しかかるくらいの子であることがわかりました。
不安げで最初は泣きそうな表情をしていましたが
少し話しかけたり撫でたりしていると落ち着いてきたようで
鼻をスンスンと匂いを嗅いできました。
野良っこなどではなく、最近まで人に守られながら暮らしていたのだろうと思います。
儚げで、思わず守ってあげたくなるような女の子です。

シニアといってもまだ犬生の折り返し地点に立ったばかりのようなので
大切にお世話をすればまだまだ一緒に過ごす時間は長くあろうかと思います。
家の窓辺の温かい日差しの中
日向ぼっこしているような姿が目に浮かぶような子です。
一日も早く新しい環境で再出発できますように。

f0078320_02135840.jpg
f0078320_02141591.jpg
f0078320_02142778.jpg


f0078320_02131141.jpg
f0078320_02131683.jpg
f0078320_02132137.jpg
f0078320_02132778.jpg
f0078320_02133225.jpg





レポートは続きます。





by centre_report | 2017-12-21 02:54 | 愛護センターレポート

12/19センターレポート E部屋      6頭


※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ぐーちゃんママさん&時々付き人さんのレポートです。
加筆・修正しています。




動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。



お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)





<プール内>

収容室①より移動
※11/14よりレポートに登場(10/31収容)
▽茶黒 メス 4歳ぐらい 10-11キロ(痩せ過ぎ)

とても痩せており、抱き上げた時の軽さに驚愕してしまいました。
ケージの中を覗いたら、形の良い便はしていたので
少しずつ身体の調子は整ってきているのかもしれませんが
骨格標本のような身体を見るとどうしても痛々しさを感じてしまいます。
(センターでケアを受けています)
それでも元気はあり、おやつもよく食べます。
体重が戻ったら、コーギーっぽい見た目で可愛らしくなるのだろうと思います。

他の犬にケージ越しに吠えられても吠え返すことはせず
キョトンと不思議そうに見つめていた姿が可愛らしかったです。

12/19:足の短い子なので、高さがあまりないプール内でも
出られないようです。
少しよじ登ろうとして諦めてしまうところを見ると
痩せているせいで力があまり入らないのかもしれません。
おやつはよく食べ、食欲と元気はありました。
他の犬と会わせて見ましたが、怒ったり攻撃的になる様子はなく
それほど強い関心もないようです。

f0078320_02213688.jpg


f0078320_02214757.jpg


f0078320_02215418.jpg


f0078320_02222071.jpg


f0078320_02221525.jpg


f0078320_02222501.jpg


f0078320_02220019.jpg


f0078320_02220680.jpg


f0078320_02223168.jpg







<E-1>

※8/8よりレポートに登場 (7/27収容)
▽茶白黒 メス 10歳ぐらい 7キロ程度(痩せすぎ)
後左肢骨折歴あり?

ロープをかけケージから出てもらうと、
素早くケージ内に戻ってお皿におやつがないか
確認していました。
ケージを出ると食べ物がもらえることをよく理解していました。

ドッグランに連れ出してため撮影しました。
ハーネス、首輪、リードを着けるためのサイズ調整に
手間取り少々時間がかかってしまったのですが、
その間もおとなしく待っていてくれました。


おやつを見つけると目はおやつに釘付けでしたが、
飛びついて奪うようなことはせず、
わくわくしている気持ちをアピールしていました。
お座りのコマンドはわからないようでしたが、
おやつで誘導したときに一回だけ座ることができました。
抱っこする時も抵抗することはなく、
腕の中にちんまり収まっている姿が可愛らしかったです。
f0078320_23105916.jpg


f0078320_23111607.jpg


f0078320_23112978.jpg


f0078320_23114223.jpg



動画も撮影しました。
嬉しそうに歩く姿をどうぞご覧下さい。

散歩のように一定のペースで歩いてみると同じペースで歩き、
リードの引きはほとんどありませんでした。
人間の少し後ろをリードをたるませた状態で
上手に歩けていました。

リードを外してみましたが、人間のそばから遠く離れることはなく、
あたりにいる人間に挨拶に回っていました。
離れて歩くと同じペースでニコニコしながら
付いてきました。
「おいで」と声をかけると反応しているのか
そばに来ることもできていたように感じました。
全力でダッシュするような場面はなく、
常に穏やかに寄り添っていてくれました。

わずかな時間のうちにおしっこをする姿勢になることが
10回以上あり、後足についてしまったと思われるおしっこが
赤くなっていたため、膀胱炎の疑いもありそうでしたので
職員さんに様子をお伝えしたところ、
必要な処置をしてくださるとのことでした。
この寒さの中、膀胱炎の疑いもあればなおのこと
シニアのこの子には厳しい環境です。
一日も早く暖かいお布団の上で寝させてあげたいです。
f0078320_23320457.jpg


f0078320_23325523.jpg


f0078320_23333477.jpg


f0078320_23332022.jpg






↓↓先週レポートより転載します。
<E-2>


☆あぐちゃん

※10/4よりレポートに登場(2016/6/13他抑留所からの移送)
▽薄茶足先白 メス 4-5歳  7-8キロ 10キロぐらい


この日はとてもご機嫌なあぐちゃんで
終始ニコニコしていました。
テンションは高めですが、おやつのためなら
ビシッとお座りしてジッと待つこともできます。

無理に何かをすると怒りのスイッチが入ってしまうので
あぐちゃんの嫌がることを避け
良いイメージのままクレートに戻すことが重要なのだと思います。
その経験を積み重ねていって
信頼してもらえるように、こちらも努力したいと思います。
あぐちゃんのことをもっと理解したいです。

f0078320_13033480.jpg


f0078320_13034346.jpg


f0078320_13035046.jpg


f0078320_13035858.jpg


f0078320_13040506.jpg






<E-3>

※11/7よりレポート登場(10/26収容)
▽黒灰 メス(不妊手術済か?) 7-8歳 14キロぐらい

寒冷地にいる犬種のようなしっかりとしたダブルコートの
見た目は四国犬のような女の子です。
体格は適正のように感じます。
甘えん坊という感じではありませんが、
人馴れは全く問題ありません。
芯が通っっていて人に媚びるようなこともなく
和犬らしく堂々としていました。


抱っこは苦手なようで体を持ち上げようとすると
「それはダメ」と言わんばかりに体をよじって
避けていきます。
おやつは好きなようですが、差し出してもすぐに気づかず
目が少し見えにくいのではないかと思いました。
収容室にいた頃に初めて紹介した時には
おやつを食べる時にパクっと手ごと食べそうな勢いでしたが
この日はそこまで勢いはありませんでした。
収容室は少し暗く、この部屋は陽が入って明るいので
少しは見え易いのかなと思いました。
少しずつこの環境にも馴れてきたようですが
一日も早く本当のご家族のもとで
再スタートをきることができますように。

f0078320_23512490.jpg


f0078320_23525383.jpg


f0078320_23532580.jpg


f0078320_23535597.jpg


f0078320_23542510.jpg


f0078320_23545526.jpg


f0078320_23552590.jpg







<E-5>

※7/4よりレポートに登場(6/21収容)
▽茶・白 メス 9-10歳 14-15キロ(太り気味)


12/19:メイマミさん撮影

f0078320_23360600.jpg
f0078320_23362695.jpg
f0078320_23363764.jpg
少しストレスがたまり出して来たのか気になったので、
ランに出してあげたら、
気持ちよさそうに排泄をすぐにしていました。
少しの時間でしたが、あっちへこっちへと動き回り、
表情は余り変わりませんが、呼ぶとトコトコと走って来る姿は、
イキイキとしていました。
すぐにでも家庭犬として生活できるのではと思うほど、
何ら変わりのない子です。



↓以下、先週レポートより転載します。

とても穏やかなおばあちゃんなのですが、
最近は他の子が出ている時に鼻にしわをよせて
吠えたり唸ったりすることがあります。
誰にでも吠え掛かるということはありませんので
相性があるのだと思います。

自分が外に出てきてしまえば吠えるようなことは
全くありません。

人馴れも全く問題ありませんし、とても穏やかな子です。
犬と一緒にのんびり暮らしたいという方には
ぴったりな子だと思います。
運動不足なのもあるとは思いますが、
見る度にぽっちゃり体型が進んできているように思えます。
体重管理もしてくださるご家族に
ぜひ迎えていただければと思います。
f0078320_00051344.jpg


f0078320_00054825.jpg


f0078320_00061647.jpg


f0078320_00063520.jpg


f0078320_00065303.jpg


f0078320_00071036.jpg


f0078320_00073598.jpg








<E-6>

※9/19よりレポートに登場 (9/8収容)
▽薄茶 オス 6-7歳 11-2キロ




↓12/19:tokidokitukibitoさん撮影

●首輪、ハーフチョークを着ける間は
かまってもらうことが嬉しいのか楽しそうに動いていました。

今まで肛門周りは固まった便が付いて汚れが目立っていましたが
便の状態が落ち着いたのか、汚れは見られませんでした。

ランの中で走っている時、少し左後ろ足を上げて走っていました。
常に上げている訳ではなく、走っている時だけで
ゆっくり歩いている時は地面につけて歩けていました。

痛がったり気にしている素振りは無かったように感じます。
ただ単に癖なのかもしれませんが、またよく見てきたいと思います。

声をかけるとニコニコ笑顔でそばに来てくれました。
f0078320_14341314.jpg



以下、先週レポートより↓
この日もケージから出すと
真っ先に部屋のドアに近づいていって
外に行きたい!とアピールしているようでした。
ぎゅっと抱きしめて
「ごめんね、今日はお外には連れていってあげられないの」
と言うとしばらくは落ち着いていましたが
またすぐにドアの方へ向かって行きます。
本当にお外が好きな子で、この環境はとても辛いのでしょう。
年齢相応の落ち着きもあり、とても飼い易そうな子です。
撫でられたり、体を抱きしめたりしても
一切嫌がることはなく、おとなしく身をまかせてくれます。

大きな瞳と大きなお耳が特徴的で
ぱっと見た感じでは女の子かと思うくらい
優しい表情をしています。
おやつもこちらの指示でお座りをして、
とても優しくゆっくりと食べることができます。
たくさんお散歩に連れていってくれて
たくさん甘えさせてくださるご家族とのご縁が
ありますように。
f0078320_00210074.jpg


f0078320_00214760.jpg



f0078320_00220691.jpg


f0078320_00222207.jpg


f0078320_00223989.jpg


f0078320_00225526.jpg


f0078320_00231071.jpg


f0078320_00232431.jpg





レポートは続きます。





by centre_report | 2017-12-21 02:24 | 愛護センターレポート

12/19センターレポート B・C部屋    5頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


tokidokitukibitoさんひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。



引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)


※12/19レポート初登場 (12/7収容)

▽黒茶 メス 生後4ヵ月ほど 4-5キロ

人馴れした子犬ちゃんです。
特別おびえた様子もなく、つい最近まで
人のそばで暮らしていたような子です。
少し大人しい様子でしたが、すぐにヤンチャ娘になりそうです。

手足が大きく、成長後は結構な大きさになりそうな子です。
f0078320_02125931.jpg


f0078320_02131435.jpg


f0078320_02132879.jpg


f0078320_02132191.jpg








先週レポートより転載しています。
※11/7よりレポートに登場(10/30収容)
▽白柴? オス 4歳ぐらい 10キロ前後

収容室②から移動になりました。
前回見た時よりも痩せてしまったように思えました。
人馴れは問題なく、甘えん坊な男の子です。
べたべた甘えてくるという感じではありませんが
撫でられたりかまわれたりすることは嬉しいようです。


以前から紹介していますように、
お尻から後足の内股のあたりまで脱毛しており
皮膚病なのだと思いますが、進行している様子はありません。
お顔は純粋な柴犬ですが、
少し手足も長く、他の犬種も混ざっているようにも
見えます。

おやつをあげる時にお座りや待てもできて
おそらく前の飼い主から教えてもらっていたのだと思います。
おやつの受け取り方もとても優しく
歯が当たらないように食べてくれます。
皮膚病のケアもそうですが、栄養のある食事もさせてあげられるよう
個別にケアしてあげたい子です。
f0078320_02161042.jpg


f0078320_02161778.jpg


f0078320_02162210.jpg


f0078320_02162835.jpg







※10/10よりレポートに登場 (9/28収容)
▽茶白 オス 7歳程度 13キロぐらい(痩せています)

●首輪、ハーフチョークなどを着ける時は比較的落ち着いていたように感じます。

ドッグランの中ではまるで馬のような
とにかく体全体で嬉しさを表現している、そんな印象を受けました。
長い手足を思いっきり動かして走る姿がとてもかっこ良かったです。
人間に体当たりすることはありませんでした。

どんなに興奮していても
お座りを披露してくれる真面目な部分もあるように感じました。


f0078320_15080887.jpg


f0078320_15081375.jpg


f0078320_15081716.jpg


f0078320_15082363.jpg











先週レポートより転載しています。
※11/7よりレポート登場(10/27収容)
▽茶 オス 6歳ぐらい 9-10キロ

外のドッグランへ出すためにハーネス、首輪、リードを装着する時
リードをおやつと勘違いしたのか、逃すまい!と咥える素振りが1回だけありました。
サイズ調整などしている間は比較的大人しく待てていたと思います。

外に出るまでの引きは少し強かったのですが
オシッコを済ませると落ち着いて歩いていました。

おやつを見せなくても『おすわり』『まて』の指示にもしっかり従い
アイコンタクトもできていました。
強引に飛び付くことはなかったですが
『早くちょーだい!』と元気に吠える場面はありました。



吠えるのは指示を出している時だけで、それ以外に外で吠えることはなかったです。

リードで引かれることに抵抗はせず
フラフラ行きたい方向へ歩きますが、強引に引っ張ったりもありませんでした。

人間より少し前に出て歩いていましたが
歩調を合わせて歩いているように見えました。

早歩きをしている時に後ろ足をスキップするように動かしている時がありました。
動き回った後に気づいたので、たまたまかもしれません。



おやつへの執着が強いと聞いていたので前半はおやつ抜きで接していましたが
とにかく人間のそばにいたいと身体中で表現していたように見えました。

手のひらに乗せたおやつを食べるときに
勢い余って手袋も咥えていましたが
強引に奪い取るような動きではなかったと思います。

常に人の目を見るのを意識しているような
指示を待っているような、健気な行動を繰り返していました。


f0078320_01150100.jpg


f0078320_01140085.jpg

f0078320_01132122.jpg

f0078320_01130692.jpg

f0078320_01131513.jpg

f0078320_01135027.jpg


前足の両方、同じ高さに1センチほどの穴が空いていました。
痩せているのでどうしても長い時間床につける箇所には
褥瘡のようなものができてしまうのだと思います。









先週レポートより転載しています。
※8/22よりレポート登場 (8/14他抑留所より移送)
▽茶 メス 78歳 13-4キロ


いつものようにケージの中で
自分の順番が今か今かと待ちわびているようでした。
収容当初、収容室にいた頃はなんとも表現できない奇声をあげ
物凄くうるさい子、という印象でしたが、
だいぶ落ち着いてきたのか、そこまで吠えることはなくなりました。
ただ、やはり外に出たいのはどの子も同じで
この子も他の子と同じくらい吠えていますが
外に出てくれば吠えはやみます。

お座りも待てもできるのですが、
我慢できる時間が短いので
お座りして待っている間にすぐに「ワンワン」と
吠えてしまいます。でも、「早くしてよ!」と言っているだけだと
思います。
シニアの落ち着きもありますので飼い易い子だと思います。
人が一緒にいてくれればきっとこの子も
もっと安心して暮らせると思います。
最期まで一緒に過ごしてくれる優しいご家族に
迎えてもらえますように。
f0078320_00325149.jpg


f0078320_00325692.jpg


f0078320_00330106.jpg


レポートは続きます。


by centre_report | 2017-12-21 02:16 | 愛護センターレポート