ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
センターレポート・猫編
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


2017年 12月 15日 ( 3 )

12/12引き出し編・レポート紹介 全 69頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。



※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。





お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)



12/12に成犬4頭と猫5頭を引き出しました。

犬・問い合わせ先
korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田
お名前のないメールには返信できません
f0078320_14262198.jpg
f0078320_14271164.jpg
f0078320_14272112.jpg
f0078320_14285134.jpg



猫・問い合わせ先
yukichov716★yahoo.co.jp (★を@に変えてください) ちばわん 幸丸
お名前のないメールには返信できません


f0078320_14163111.jpg
f0078320_14163608.jpg
f0078320_14164274.jpg

↑こちらの子猫にはすでにねこ親希望をいただいています。





いぬ親会場に皆さんにお持ちいただきました古新聞紙を
お届けいたしました。
いつもご協力いただきましてありがとうございます。

f0078320_14172352.jpg
f0078320_14335622.jpg







~お知らせ~

ちばわんでは、本当の家族を待つ犬達や猫達と
新たに犬や猫を家族の一員として迎えたいご家族との
出会いの場である「いぬ親会、ねこ親会」を開催しています。




「イベント情報」詳しくはコチラ。




f0078320_12461531.jpg


f0078320_14481356.jpg
f0078320_14400554.jpg
f0078320_14394753.jpg





「イベント情報」開催場所などの詳細につきましては
↑↑↑こちらをご覧ください。


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、まずちばわんにお願いします。

問合せ先 korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)
(※上記アドレスへのいぬ親会に関するお問い合わせはご遠慮ください。
必ず詳細ページにてご確認をお願い致します。)

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。

★新規の預かりボランティアご希望下さる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

※大変申し訳ありませんが
小型犬のみの新規預かり希望は受け付けておりません。

お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
(審査の上、判断させていただきます。)





by centre_report | 2017-12-15 14:51 | 愛護センターレポート

12/12センターレポート 収容室①②③   9頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。






センターにて譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。
お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえてください)
ちばわん 吉田



★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規預かりボランティアを希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)







収容室① 4頭



※12/12レポート初登場 (11/30収容)

▽茶 オス 5-6歳 11-2キロ
 
あどけない目をしていて、小ぶりな体型からも
幼さを感じる子ですが、立派な成犬でした。
可愛がられて育てられたのだろうと思います。
人への甘え方がとても上手で、放っておけないような
思わず手を差し伸べて抱き上げてしまいたくなるような
独特の可愛らしさがこの子のはあります。
人の目を見て、こちらが発する言葉もよく聞いており
チャカチャカしたりテンションが高すぎるようなことはありませんでした。

見ている限りには人馴れは問題なさそうです。
ロープで引かれても抵抗しませんでしたので
散歩もすぐできるだろうと思います。

f0078320_00411188.jpg


f0078320_00411698.jpg


f0078320_00412827.jpg


f0078320_00413363.jpg


f0078320_00412285.jpg







※11/14よりレポートに登場(10/31収容)
▽茶黒 メス 4歳ぐらい 10-11キロ(痩せ過ぎ)

とても痩せているので、抱き上げた時の軽さに驚愕してしまいました。
ケージの中を覗いたら、形の良い便はしていたので
少しずつ身体の調子は整ってきているのかもしれませんが
骨格標本のような身体を見るとどうしても痛々しさを感じてしまいます。
(センターでケアを受けています)
それでも元気はあり、おやつもよく食べます。
体重が戻ったら、コーギーっぽい見た目で可愛らしくなるのだろうと思います。

他の犬にケージ越しに吠えられても吠え返すことはせず
キョトンと不思議そうに見つめていた姿が可愛らしかったです。

f0078320_00462146.jpg


f0078320_00463602.jpg


f0078320_00464182.jpg


f0078320_00464630.jpg


f0078320_00465143.jpg






12/12レポート初登場 (10/19収容)

茶黒長毛 オス 4歳ぐらい 13-4キロ

収容当時は威嚇などの行動があり、長らく保留の状態でしたが
センターの選定に合格し、譲渡対象として紹介できることとなりました。
シェルティーを一回り小さくしたような美しい姿に
思わず目を奪われそうになり、何とも魅力的な子です。

先日ちばわんで引き出したテリア親子のそばにいたそうで
子犬達の父親かと思われるそうですが
テリア親子の元飼い主が飼っていた子ではないとのことです。

ロープで引かれることに慣れておらず
触れられることも得意ではない、でも手から食べ物は受け取る様子から
人に関わり合いながらも半野良状態で過ごしてきた子だろうと推測されます。

おやつはよく食べましたので、今回はそれだけに留め
無理に身体に触れることは避けました。
抱き上げたりするのはしばらくは難しいだろうと思います。

やっと紹介できるようになりましたので
しばらくは警戒心を解いてもらうことに集中し
食べ物を糸口に距離を縮めていこうと思います。

f0078320_00484850.jpg


f0078320_00485390.jpg


f0078320_00485871.jpg


f0078320_00490352.jpg


f0078320_00490998.jpg








※11/28よりレポートに登場 (11/20収容)
▽黒茶 メス 2-3歳 14キロ程度

今日も元気いっぱい!!
ヤンチャ女子はこの日もパワフルでした。
チャカチャカ良く動くので、ホールドしてもらわないと
写真はなかなか撮れません。
ホールドも抱き上げるのも、この子が我慢できるのは3秒まで。
「アタチを解放せよ~!!」とものすごい力で腕から逃れようとします。

f0078320_18295851.jpg

写真を撮るという目的がなければ
思いっきりプロレスして一緒に遊びたい感じです。
パワフルですが攻撃性は皆無で、身体のどこに触れても
大喜びはしても怒ることはありません。

一日の大半をケージの中で過ごしているので
元気で活発な子には少々辛かろうと思います。
なので出した時に落ち着きがないのは仕方のないことなので
来週はドッグランで思い切り走らせ、その様子をお伝えしたいと思います。

f0078320_00380940.jpg


f0078320_18293668.jpg

f0078320_00381946.jpg






収容室② 4頭


※12/12レポート初登場 (11/30収容)

▽白茶 オス 2歳ぐらい 14キロ程度

この日、ボラトリさん達が作業されており
この子もシャンプーしてもらっていました。

部屋から連れ出す時に、少し腰が引けてしまっていて
それを無理矢理出すのではなく、ボラトリのNさんが
おやつで誘導しながら連れ出していました。
人馴れしているのですが、少し怖がりなところもあり
経験したことがないことには腰が引けてしまうのだと思います。

シャンプー後は抱っこされたまま部屋に戻され
逃げもせず大人しく抱っこされるままに帰ってきていました。

心を開いた人には甘えん坊だったりヤンチャっ子だったり
色んな表情を見せそうな子です。

また次週よく観察してきたいと思います。

f0078320_01165604.jpg


f0078320_01170594.jpg


f0078320_01171311.jpg


f0078320_01171809.jpg


f0078320_01240971.jpg



f0078320_01172473.jpg


f0078320_01173007.jpg


f0078320_01173517.jpg



※12/12レポート初登場 (12/4収容)

▽白茶鼻黒 メス 2-3歳 11キロ程度

無邪気で純粋で、ヤンチャ坊主のような女の子です。
心の中に人への不信感は微塵も持ち合わせておらず
愛嬌がありフレンドリーで
ヤンチャなんですけど扱いやすい性格の子だと思います。

元気いっぱいに動いていたので
写真を撮るために抱き上げてみると
とたんに石のように動かなくなり、大人しくなったのが可笑しくて
思わず笑ってしまいました。

人のそばにいることや遊んでもらうことが好きそうですし
構ってあげられる時間が多いお家に迎えていただくことが理想的に思います。
f0078320_00583944.jpg


f0078320_00584448.jpg


f0078320_00585093.jpg


f0078320_00593693.jpg


f0078320_00585487.jpg


f0078320_00590092.jpg


f0078320_00590581.jpg








※8/29よりレポートに登場(6/15収容)
▽ビーグル雑? メス 4−5歳 12-3キロ

最近はロープを首に掛けると
自分から出ようとするようになりました。
でもまだ今一歩のところで足がすくんでしまうようですが
こちらで少し促すと素直に出てきてくれます。

出てくると不安になるのか、この子の方から
人に頼るような仕草も見せるようになりました。

f0078320_01015551.jpg


f0078320_01020254.jpg


f0078320_01020825.jpg


落ち着くまでに時間はそう掛からず
差し出したおやつに一瞬躊躇したものの
恐る恐るパクッと口にして
ひと口食べてしまえばもう止まらずにパクパク食べていました。

f0078320_01021367.jpg


f0078320_01021864.jpg


手からおやつを食べられるようになってから
少し態度も柔らかくなったように感じますし
周りを見渡す余裕も出てきたと思います。



まだまだ人馴れさせるには時間が必要かもしれませんが
少し心が開き始めた今、家庭に入ることができればと強く願っています。
もっと人と一緒に過ごす時間がこの子には必要です。

6月より収容室のケージで騒ぐこともなく
物静かに大半の時間をケージの中で過ごしています。

この子の今過ごしている小さな環境と比較するならば
家庭の中の空間は世界に通じるほど広く
劇的に良い影響をこの子に与えるだろうと思います。
どうかお気に留めていただければと思います。

f0078320_01022441.jpg


f0078320_01022993.jpg







※12/12レポート初登場 (11/30収容)

▽ビーグル レモンカラー オス 8-9歳 13-4キロ

おっとり物静かなシニアのビーグルの男の子です。
人馴れも問題なく、人の手を怖がることもありません。
チャカチャカ動き回ることもなく、かといって大人し過ぎる訳でもなく
一言で言うならば落ち着きがある子といった印象です。

ケージ前に他の犬が近づいて来ても
怒ることは無く、穏やかにクンクンと匂いを嗅ぐだけの反応でした。

ビーグル犬らしく食べ物には関心が高く
期待に満ちた表情をしてしましたが
でも吠えて要求することはなくて、物静かにジッと待っていた姿が印象的です。

左耳は耳血腫の痕のようで
くしゅっと縮んでいましたが、古い痕のようです。

穏やかで優しい目をしたシニアビーグルの
残りの犬生を一緒に過ごしてくださる方と一日も早く巡り会えますように。

f0078320_01120401.jpg


f0078320_01120963.jpg


f0078320_01122143.jpg


f0078320_01131089.jpg


f0078320_01121535.jpg


f0078320_01123152.jpg


f0078320_01122690.jpg










収容室③ 1頭


※12/5レポート初登場 (11/24収容)

▽薄茶テリア雑 オス 1-2歳 10キロ程度
(片側陰睾丸)

推定年齢1-2歳と大変若い子ですが
パワフル過ぎりたり騒ぎまくったりする様子は
前回も今回も見られずに落ち着きもある子です。

テリア独特の気の強い感じは見受けられず
お腹やお尻や手足先に触れても怒る様子はなく
抱き上げることも問題なくできます。

他の子がけたたましく鳴く中
この子は気になるほど鳴いて騒ぐような様子も見られません。

扱いやすい子だという印象ですが
これから時間の経過と共に変化してくる可能性もありますので
またよく観察してきたいと思います。

f0078320_01200472.jpg


f0078320_01201150.jpg


f0078320_01201606.jpg

f0078320_01202210.jpg

レポートは続きます。


by centre_report | 2017-12-15 14:07 | 愛護センターレポート

12/12センターレポート 旧子犬舎     9頭


※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。




メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。

今週も、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。



※1-2に移動してきた子のみ情報更新しています。

その他は先週レポートより転載しています。





お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)








<1-1> 2頭


☆カブ壱くん
※28.11/22よりレポートに登場(28.11/10収容)
▽茶 オス 3ー4歳 15-6キロ (左耳先欠損)

ここでの生活もついに1年過ぎてしまいました。
話しかけていると、ドンドン頭が下がっていってしまいます。
見ていてどうしてあげれば良いのかと、切なくなります。

以前のコメントを引き継ぎます↓
最初は時間が経過すれば落ち着いて人馴れが進むと思っていたカブ壱くんですが
正直、あまり大きな変化は見られません。
人を極端に怖がっているかといえばそうではありませんが
今一歩、距離が縮まっていないように感じます。
もともと感情を表すのが上手ではないだけかもしれませんが
まだ若い子ですし、はつらつとした表情を見せても良いと思います。
精神的なものが表情に表れているのだと思いますが
カブ壱くんの笑顔をいつか見てみたいです。
今年はどこかの家庭で年越しできるよう祈るばかりです。

f0078320_22351390.jpg
f0078320_22353258.jpg
f0078320_22354272.jpg
f0078320_22355152.jpg
f0078320_22360113.jpg
f0078320_22361620.jpg
f0078320_22362768.jpg






☆カブ二郎くん

※28.11/29よりレポートに登場 (28.11/15収容)
▽茶 オス 2ー3歳 17-8キロ

一時期、人を避けるような行動も見受けられ、
元々静かに暮らしたい子なんだろうと様子を見ていましたが、
このところ、気持ちも安定しているように感じます。
この日もゆっくりとではありますが、
積極的に前に出て来てくれました。

以前のコメンをト引き継ぎます↓
最初の頃はカブ壱くんよりもシャイだという印象でしたが
最近はすっかりカブ二郎くんの方が人馴れが進んできました。
頭を撫でる程度であれば手を避けることもなくなってきて
カブ二郎くんの息遣いが肌に感じるほどすぐそばにもいられるようになりました。
手からおやつを喜んで食べ
もっとちょうだいと催促もしてきます。
身体を拘束されるようなことはまだ苦手だとは思いますが
カブ壱くんもカブ二郎くんも、収容室にいた頃から
軽くホールドしても決して口が出るようなことはありませんでした。
まだ若い子なので、一日も早く
人のそばで暮らすことができるよう心から祈っています。

f0078320_22370200.jpg

f0078320_22371270.jpg

f0078320_22372295.jpg

f0078320_22373180.jpg







<1-2> 3頭



子犬舎2-8より移動

※12/5よりレポート登場(12/4他抑留所より移送)
▽薄茶白 オス 1-2歳 8-10キロ(痩せ気味)

先週見た時よりはだいぶ落ち着きが出てきまして
自分の足で立ち上がり人の動きを見ていました。
しばらくするとまた壁際に戻ってしまいましたが
それでも先週の怯え方とは全く様子が違っていました。
おそらく時間の経過とともにもっと変化が見られてくると思います。

顔に傷が多いので、犬同士ではやり合うこともあるのかと思いましたが
この部屋に移動し、他の子と争う様子は無いようです。

f0078320_13543380.jpg
f0078320_13544390.jpg
f0078320_13545396.jpg
f0078320_13550291.jpg






※3/28よりレポートに登場 (3/23他抑留所より移送)
▽茶白 オス 3-4歳 5- 6キロ強?(10/24訂正)

先週までは、同室にいた大きい子の陰に隠れるようにしていましたが、
その子を引き出したことで、隠れる犬がいなくなり、
この子にとっては、むしろ良い影響が及んだように感じました。
当初はそんなに隠れる子ではなく、
どちらかと言うと、他の子より前に出ていたように記憶しています。

他のビビリの子の影響を受け、
当初手から食べていたオヤツも、
置いても食べられなくなった時期もありましたが、
この日は、警戒をしながらもしっかり食べていました。
ここから仕切り直しです。
この子は他の犬の影響をとても敏感に受ける子なのかもしれません。

以前のコメントを引き継ぎます↓
この子も野良っ子ではないと思うので
飼い犬としてどんな生活を送ってきたのか
この小さく可愛らしい子がどう人と関わってきたのか
想像がつきません。
他犬を頼りにする子のようなので
この子にとって良い影響を及ぼしてくれる
フレンドリーな先住犬のいるお家に迎えていただくこと
そして焦らずにゆっくり向き合ってくださる方に巡り会えることが
理想だと思います。

f0078320_22471951.jpg

f0078320_22473072.jpg

f0078320_22474629.jpg

f0078320_22475607.jpg

f0078320_22480920.jpg

f0078320_22482074.jpg









※8/29よりレポートに登場(8/22収容)
▽茶白黒 オス 4歳ぐらい 7- 8キロぐらい(10/24訂正)

まだまだ頑なで、置いたオヤツも食べてはくれませんでした。
この日は、小さな変化も見付けてあげることができませんでしたが、
気のせいか表情は少し、ほんの少しだけ変わったのではと、
思いたいです。
可愛いお顔をした子です。

以前のコメントを引き継ぎます↓
この子にとって人は未知なものなのか
頑なになっているように感じます。
もちろんこれから変化していく可能性は大いにありますが
現時点では、まだまだ距離を感じます。
足元に置いたおやつも人が見ているうちはまだ食べようとはしません。
捕獲時首輪がついていたので飼い犬だっただろうとは思いますが
心を閉ざしている様子から
どんな生活をしてきたのか想像もつきません。
犬同士では小さな子とも、大きな子とも争う様子は見られません。

f0078320_22511794.jpg

f0078320_22512376.jpg

f0078320_22513212.jpg

f0078320_22514376.jpg

f0078320_22515659.jpg

f0078320_22520712.jpg







<1-3> 2頭


※28/8/2よりレポートに登場(28.7/28他抑留所より移送)
▽薄茶 メス  2ー4歳? 11-12キロ

小部屋扉を開けたら急いで出て来て、棚の下に隠れました。
それでも以前のように頑なにその場所に踏ん張らず、
上手に対応をすれば、バタバタせずに部屋に戻るようになっています。

表情にトゲがなくなり、オンナの子らしく、
優しくなったように感じます。
そっと横に座り込んでいても、
逃げ回ることなく、大きなお目目でこちらの様子を見られる子です。

ここでの生活も1年4ヵ月を経過してしまい、
次々と新しい子が入って来ても、
上手に付き合うことができるコのようですので、
性格も優しい子だと感じます。

人馴れした子のようにはいきませんが、
人の手からもオヤツを食べてくれる子ですから、
この子のペースに合わせてあげることで、
多少時間はかかっても、
変化はしてくれると思います。
やはりこの子もここでの生活のままでは限界があるかもしれません。
無理強いせず・焦らずに変化を楽しめる方の目に止まって欲しいです。

以前のコメントも引き継ぎます↓
表情は落ち着いていますが、触れようとすると
まだ口でやめてと意思表示することがあります。
怖さゆえだと思いますが、慎重に対応する必要があります。
自分から向かってくるようなことはありません。

f0078320_22531470.jpg

f0078320_22532721.jpg

f0078320_22534131.jpg

f0078320_22535299.jpg

f0078320_22540107.jpg










※10/10よりレポートに登場(9/7収容)
▽薄茶 メス 2-3歳  8-9キロ(痩せすぎ)

仔犬のようなあどけなさを感じる子です。
痩せすぎているせいか、異常に足が長く、
もしかしたら成長したのかとさえ感じるほどの体型です。

まだまだ不安でいっぱいの様子で、
そばに行くと低い声でずっと唸っていました。
それ以上のことはして来ません。
ただただ「怖いから来ないで!」と、
言っているかのようでした。

そんなに緊張しているならオヤツは無理かなと差し出すと、
躊躇なく食べてくれました。
下に降りないかと、少し遠くでオヤツをだしてみたら、
食べたい一心でうっかり降りてしまったのですが、
意外と慌てる様子もなく、ゆっくりとまた登りなおしていました。
そんな様子を見た時、
唸ってはいても少しずづ理解しているのではないかと感じました。

この子に、唸る必要はないのだと、
気づかせてあげられる環境に入れてあげたいです。
f0078320_23021277.jpg

f0078320_23022425.jpg

f0078320_23023603.jpg

f0078320_23024613.jpg

f0078320_23030499.jpg

f0078320_23031796.jpg

f0078320_23033373.jpg

f0078320_23034247.jpg

f0078320_23035359.jpg







<1-4> 2頭



※2016/2/16よりレポートに登場 (2/1収容)
▽黒白 メス 8-9歳? 13-4キロ


この日最期の撮影になってしまったのですが、
変わらず元気に吠えて呼んでいました。

センターでの生活が、随分長くなってしまいました。
その割には被毛が汚れておらず、反対にツヤツヤとしているところを見ると、
ここでの生活に慣れてしまい、精神状態が安定しているのかも知れません。
しかし、この子の最期のお家は決してここではありません。

私達の訪問を喜んでいるようには感じ、
自ら人のそばに寄ってくることもできます。
オヤツも手から食べることができるのですが、
ある一定の距離を縮めることができず、今に至っています。
今の生活では、
これ以上の人馴れは望めそうもないように感じます。

とても元気で私達を避けるよう軽快な動きをしていますし、
見た目若く見えますが、
シニアの域に入っていることは間違い無いようです。

この子の様子を理解し、
しっかりと向き合って下さる方の目に止まりますよう祈っています。
f0078320_23044168.jpg

f0078320_23045012.jpg
f0078320_23045947.jpg
f0078320_23050977.jpg
f0078320_23052132.jpg
f0078320_23053575.jpg







※11/28よりレポート初登場(11/27他抑留所より移送)
▽薄茶鼻黒 メス 4歳ぐらい 13キロくらい

子犬4頭と一緒に収容されました。
子犬たちは先週引き出しました。


人が大好きで甘ったれ。とても可愛い子です。
角度によって色んな表情に写る子で、
同じ子?と思えるぐらい表情豊かな子です。

早く人のそばに行きたくて、
出してしばらくは落ち着きなく動いていましたが、
ほどなくして理解し、
それからは人の声にしっかりと反応していました。
同室の子が吠えていても、
一切つられることなく、全く吠えずに待っていました。
この日見る限りでは、あまり他犬には興味はなく、
それより人が好き、という感じでした。

仔犬達に母乳をあげていた割には、
しっかりとした身体つきをしていて、見る限り健康そうです。
お乳のほうも先週より張りもひいて来たように感じます。

ギュっとお肉がつまっていて、筋肉質。
運動機能も優れていて、隣の部屋の子の撮影をしていると、
軽快によじ登り眺めていました。とても良い動きをします。

育て上げた子どもたちは、一足先に家庭生活を送っています。
今度はこの子の番。
大好きな人のそばで、安心させてあげたい。
頑張ったご褒美をあげたい。そう願ってやみません。
f0078320_23061037.jpg
f0078320_23062033.jpg
f0078320_23063126.jpg
f0078320_23064089.jpg
f0078320_23065145.jpg
f0078320_23070256.jpg
f0078320_23071572.jpg
f0078320_23073144.jpg
f0078320_23074149.jpg





レポートは続きます。

by centre_report | 2017-12-15 13:49 | 愛護センターレポート