ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:高野 hinanon3322★yahoo.co.jp (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ

◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
センターレポート・猫編
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


4/23センターレポート 子犬舎2頭・旧子犬舎1頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


※先週レポートより転載しています。




引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田





子犬舎 2頭

<2-6> 

☆デーブ
※2018/10/16よりレポートに登場(2018/10/9収容)
▽8219 茶 オス 3歳 4-5歳 20キロ 18キロぐらい

かなりぼっちゃり体型だったデーブも
毎日しっかりお散歩してもらっていることで
すっかり身体も絞れて適正体重に近づいています。
元々の性格がとても穏やかな子なのだと思います。
こちらの指示もしっかり聞くことができますし、
人馴れも抜群です。

以前からゼイゼイしてしまうのは相変わらずで
気管支が悪いのか、フィラリアの影響なのかは
わかりませんが、現在はフィラリアも積極的な投薬療法も
してもらっています。
本犬は気にしている様子はありませんが、
やはり一日も早く家庭に入ってきっちりと管理してもらえる環境に
入ってもらいたいと思わずにはいられません。
f0078320_13040500.jpg

f0078320_13042456.jpg

f0078320_13043893.jpg

f0078320_13045345.jpg

f0078320_13050792.jpg

f0078320_13051605.jpg

f0078320_13052764.jpg







<2-8>

☆じぞう
※3/12よりレポートに登場 (3/4収容)
▽18365 黒茶 オス 8歳程度 12.8キロ
飼い主募集中!!No.18365

少しシャイな男の子です。
お顔の黒い毛の部分に白い毛が混ざっているので
推定の年齢よりもシニアに見えるかもしれません。
グイグイ近づいてくるような様子はなく、
こちらからも急に近づいたりすると
少し後退りしてしまうこともありますが
人馴れについては問題ありません。
抱っこも問題なくできますし、飼い易そうな子です。

じぞうは元々隣の小部屋にいたのですが
外のスペースに出られる窓に激突したようで
窓ガラスを割ってしまったので
ひとつ隣の小部屋に移動になっていました。
逃げようとしたというよりも、おそらく窓が閉まっているのに
気付かないまま勢いよく飛び出そうとしただけだと
思います。
その際にも特にケガもなかったようで安心しました。
おやつは大好きですが、指まで食いつきそうな勢いです。
おやつを使ってもっと仲良くなれそうです。
f0078320_13120073.jpg

f0078320_13123832.jpg

f0078320_13125734.jpg

f0078320_13131516.jpg

f0078320_13132811.jpg

f0078320_13133981.jpg

f0078320_13135320.jpg

f0078320_13140499.jpg



旧子犬舎 1頭


<1-3> 

☆ギョウザ
※2018/3/20よりレポートに登場(2018/3/9収容)
▽1547 白・薄茶 メス 1歳ぐらい 10キロ程度

ここでの生活が1年を超えてしまいました。
収容当初から、おやつは手から食べることができていますが
人に触られることにはとても警戒してしまいます。
ギョウザの過去がどんなものだったのかはわかりませんが
ここまで人を拒絶してしまうのには
きっとかなり嫌な思い出があるのでしょう。

おやつをあげる手と、撫でてあげる手が同じものだと
なんとか伝えていきたいと思うのですが
頑ななギョウザの気持ちをなかなか溶かしてあげることが出来ず
とても歯がゆい思いです。
ギョウザの眼差しだけでなく、耳の動きからも
一生懸命現状を受け入れようとしている様子は伺えます。
やはり毎日人と一緒に生活していく中で
人に対する恐怖心や警戒心を軽減していくしかないのだと
思います。
ギョウザにも暖かい手が差し伸べられますように。

f0078320_12561915.jpg

f0078320_12553115.jpg

f0078320_12555379.jpg

f0078320_12560634.jpg

f0078320_12563993.jpg

f0078320_12565383.jpg

f0078320_12571110.jpg

f0078320_12572511.jpg





レポートは続きます。





by centre_report | 2019-04-24 00:20 | 愛護センターレポート
<< 4/23センターレポート E部... 4/23センターレポート 別室... >>