ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
センターレポート・猫編
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


11/13センターレポート 別室     5頭



※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。




今週も引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。







バズ

※5/15よりレポートに登場 (5/14他抑留所より移送)
▽18047 薄茶白 オス 1歳 10キロ~?

f0078320_01262159.jpg

f0078320_01263126.jpg

f0078320_01263795.jpg

f0078320_01264650.jpg

f0078320_01265362.jpg

f0078320_01270133.jpg

f0078320_01270901.jpg

f0078320_01272416.jpg

f0078320_01273379.jpg

f0078320_01274343.jpg
センター職員さんの配慮で、人馴れを進めるため、
より人との関わりを多く持てるこちらの部屋へ移動して早3ヵ月。
まだまだ人が近寄ると慌てふためく行動はしますが、
この子なりにゆっくりではありますが、
変化は出ていると感じ取れます。

毎週、私達が近くに荷物を置き、
引き出しの準備や撮影の作業をしている姿を、
ジッと見ていられるようにもなって来ています。
ただ、自分に意識が向けられると、
まだ一気に緊張が走る様子で、どうして良いのかわからず、
右往左往が始まってしまいます。

2週間ほど前の訪問の時から、下に置いたオヤツを食べてくれ始めたので、
この日も無理に距離を縮めずに、
動きが止まり落ち着いたのを見計らって、オヤツを幾つか投げてあげたら、
人の方に数歩近づいて来て、食べていました。
今後も焦らず、下に置いたオヤツの食べ方で変化を見て行きたいと思います。

毛艶も良く、良い感じにお肉もついていて、
食事はしっかりと食べられているのでしょう。
見た目には健康そのものといったバズ君です。
上記体重より、もう少し重いと思います(実測は一度もしていません)。

*向かって右側前足の付け根辺り。
写真でもわかるように、
先天性のものなのか、事故によるものなのか、
少し変形しています。
痛がる様子も、気にしてる様子も見受けられません。
生活する上で、特に問題はなさそうです。






※11/13レポート初登場 (10/18収容)
▽18229 こげ茶 テリア風 オス(去勢済) 1歳 17キロ

f0078320_01284236.jpg

f0078320_01285033.jpg

f0078320_01285812.jpg

f0078320_01290934.jpg

f0078320_01292041.jpg

f0078320_01293022.jpg

f0078320_01294093.jpg

f0078320_01295046.jpg

f0078320_01295875.jpg

f0078320_01300871.jpg
小顔で足が長く、目を惹きそうな子です。

少々シャイなのか慎重なのか、人に対して最初はかなり警戒していて、
常に距離をとっていましたが、少し時間をかけてみたら、
恐る恐るながらも自ら近づいてきてくれました。

表情も変えずにくるうえ、そこそこの体格でもあるので、
攻撃的な面はないのか、職員さんの方でも慎重に対応して下さっており、
しばらく様子を観察していたため、レポート紹介が多少遅れていました。

片耳が垂れていて、立ち耳の方は先が千切れています。
争いに巻き込まれたような古傷があります。

この日見た限りでは、変貌しそうな感じは受けませんでしたが、
体を触るのはやめておきました。
直ぐにオヤツを食べることもなく、しばらくこちらの様子を伺っていました。
その内、大丈夫かなと思ったのか、
ゆっくり優しく、手から受け取り何度も食べてくれました。

とても優しいというか寂し気な目をした子です。
今は、1歳とは思えないほど落ち着いています。
もう少し馴れてくれたら、明るくなるのではと感じますから、
今後も良く見ていきたいと思います。








☆ミキちゃん

※9/25よりレポートに登場(9/11収容)
▽18187 茶黒 メス(不妊手術済) 2歳ぐらい 12.45キロ

f0078320_01303959.jpg

f0078320_01304894.jpg

f0078320_01305817.jpg

f0078320_01310718.jpg

f0078320_01311605.jpg

f0078320_01312782.jpg

f0078320_01313789.jpg

f0078320_01314727.jpg

f0078320_01315799.jpg
写真は全て、少し離れた位置から撮りました。
少しでもそばに行くと、首輪を抜こうとするような動きをします。
ミキちゃんにとって安心できる距離を保てていれば、
私達が同じランにいても、横になることができます。
それでも、そばに置いたオヤツを食べる余裕はありません。

この日、少し気になったのですが、
以前より痩せて来てるように感じました。

私達が少しでも近づこうとするとパニックになるのに、
毎日お世話をする職員さんには、そこまで大きな動きはしません。
部屋に戻る時も、職員さんにリードで促されると、
後ろをトコトコと自らの足でついて行き、
決して引きずられるようなこともなく、歩いていました。
毎日の繰り返しを、この子なりに学習できています。
お世話する人には、ちゃんと馴れるんだということがわかります。


じっくりと時間をかけて向き合う必要がありますが、
まだまだ若いですから、これからが大変楽しみな子です。
小さな変化を喜べる、そんな人のそばで、
一日も早く生活できますよう、
心から祈っています。

*ミキちゃんの娘たちかと思われる2頭は、
すでに預かりボランティア家庭で人との生活を始めています。









マスク

※10/23よりレポートに登場 (10/15収容)
▽18226 白 オス 2歳程度 14キロぐらい
*収容室②から移動して来ました。
f0078320_01322230.jpg

f0078320_01323199.jpg

f0078320_01324000.jpg

f0078320_01325134.jpg

f0078320_01330175.jpg

f0078320_01331333.jpg

f0078320_01332470.jpg

f0078320_01333519.jpg

f0078320_01334626.jpg

f0078320_01335675.jpg
この子もこの部屋に移動してもらったことが功を奏し、
変わって来ています。
最初は引き気味でしたが、
身体を触ると、満更でもないといった感じで、
緊張しながらでも、どこか安心もしているように感じました。
どこを触っても嫌がる素振りはありませんでした。

一緒に過ごす時間が増えれば、
人馴れもグンと進みそうな感じがします。

先週まで出ていたビビりションは、
全く出ませんでした。

フワフワの白い毛に覆われていて、とても綺麗な子です。
程よくお肉もついており、体調も良さそうでした。
収容される寸前まで、人に飼われていたのだと思います。








※5/1よりレポートに登場 (4/26他抑留所より移送)
▽5178 白薄茶 メス 4歳ぐらい 13キロ程度 14キロ程度

f0078320_01343118.jpg

f0078320_01344318.jpg

f0078320_01345568.jpg

f0078320_01350629.jpg

f0078320_01352202.jpg

f0078320_01353591.jpg

f0078320_01354661.jpg

f0078320_01355769.jpg

f0078320_01360766.jpg

f0078320_01361799.jpg
少しずつですが、人馴れは進んでいます。

かつては人の気配だけで小刻みに震えていた子でしたが、
恐怖心は薄らいできたように感じます。
ゆっくり体を触ってみたのですが、
当初見られたお口も出ませんでした。
そんな時も震えることなく、しかし喜んでもおらず、
まだジッと我慢の時間だったのかもしれません。

オヤツは食べる余裕もありませんでしたが、
下において、意識を向けないでいたら、
食べていました。
少しずつ変化を感じることができて、今後が楽しみです。

優しい目をした可愛い子です。
時間をかけ向き合って下さる方の目にとまりますよう、
祈らずにはいられません。






レポートは続きます。



by centre_report | 2018-11-14 01:37 | 愛護センターレポート
<< 11/13センターレポート 譲... 11/6引き出し編・レポート紹... >>