ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
センターレポート・猫編
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


10/23センターレポート E部屋    6頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。

営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。





引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

★「あの子はどうなりましたか?」との安否確認のみの問い合わせは、
どうかご遠慮ください。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。






<E-1>

☆ベーコン
※9/18よりレポートに登場(9/4収容)
▽18174 茶 オス(去勢済み) 4歳ぐらい 12.4キロ
(痩せ過ぎ・適正14-15キロ)

厳つい顔をしていますが、とても気のいい男の子です。
見た目とは正反対のような甘えん坊でもあります。
人が部屋に入ってくると早く出して欲しくて
必死に吠えてアピールしていましたが、
ケージから出てくるとぴたっと吠えは止まります。
そしてメンバーにかわるがわる甘えにきていました。

おやつは手まで食べる勢いで食いついてきます。
それでも以前の異常な痩せ方から見れば
かなりお肉がついてきたように思いました。
まだまだ痩せてはいますが、このままふっくらしていけば
立派な男の子になることと思います。
お座りもとても姿勢がよく、間違いなく以前の飼い主に
教えてもらっていたのでしょう。
ベーコンにも暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_10554071.jpg

f0078320_10552111.jpg

f0078320_10555018.jpg

f0078320_10560141.jpg

f0078320_10561123.jpg

f0078320_10562143.jpg

f0078320_10562993.jpg

f0078320_10563743.jpg






<E-2>

※9/25よりレポートに登場  (9/11収容)
▽18188 薄茶白 オス(去勢済) 7歳ぐらい 13キロ程度

この日去勢手術を受けてから、A部屋に移動になりました。
訪問時は手術前でしたので朝ごはん抜きだったこともあってか、
いつも以上にケージの中からワンワンと威勢よく吠えていました。
ただ、ケージから出てしまえば吠えることはありません。
人馴れは全く問題なく、誰にでも甘えてくることもできますし
身体のどこを触っても嫌がることもありません。

アーモンド型の瞳は狼や狐に似ているように見えます。
先週ボラトリさんに綺麗にシャンプーしてもらったので
白くてもこもこした毛も触り心地がよかったです。
シニアの域に入りかけている年頃ではありますが
とても元気一杯ですし、お散歩も上手に歩けそうです。
一緒に生活したら良い相棒になってくれそうだと思います。
f0078320_10585325.jpg
f0078320_10592255.jpg
f0078320_10594749.jpg
f0078320_11000126.jpg
f0078320_11002252.jpg
f0078320_11003734.jpg
f0078320_11005137.jpg
f0078320_11010570.jpg




<E-3>

☆アサヒ
※10/2よりレポートに登場 (9/18収容
▽18193 柴 オス(去勢済み) 6歳ぐらい 8キロ
飼い主募集中!!No.18193

言葉では言い表せないような不思議な声でずっと鳴いており、
その声を聞いているだけで
こちらが笑いが止まらなくなるほどでした。
小柄でコロコロとしたアサヒは、
まるで何かのキャラクターのようにかわいくて
ちょこまかと部屋の中を歩き回り、落ち着きがありません。

人が大好きなようで、かわるがわるメンバーに甘えて
擦り寄ってきていました。
動きが早くてなかなか撮影できなかったので
抱っこしてもらうとおとなしくなっていました。
体格も小柄なので集合住宅での飼育も可能だと思います。
また、女性でもひょいっと抱き上げることもできますので
飼い易い子だと思います。
身体のどこを触ってもお口が出るようなこともありませんでした。
柴特有の頑固さはあまり感じられません。
f0078320_11034524.jpg
f0078320_11040377.jpg
f0078320_11041402.jpg
f0078320_11042451.jpg
f0078320_11043478.jpg
f0078320_11044590.jpg
f0078320_11045375.jpg
f0078320_11050320.jpg




<E-5>

※10/9よりレポートに登場 (10/4他抑留所より移送)
▽18205 薄茶 半長毛 オス(去勢済み、もしくは陰睾) 
1歳弱 12キロ程度

シャイな男の子といった印象です。
まだ幼いということもあり、今の自分の置かれている状況が
なかなか理解できずにいるといったようにも見えました。
極端にロープも怖がるわけではありませんが、
誘導して外に出すと、腰が引けた状態になっていました。
まだまだ何をされるかわからず困惑しているのでしょうか。

おやつは手からは食べられなかったものの、
床に置いたおやつはすぐに食べることができていました。
身体や頭などを撫でることには抵抗することはありません。
そこまで臆病という感じではないので、
家庭に入って人と一緒に生活していくことで
わりとすんなり人間と馴染んでいくことができそうな予感がします。
f0078320_11083985.jpg

f0078320_11085866.jpg

f0078320_11090955.jpg

f0078320_11092362.jpg

f0078320_11094587.jpg

f0078320_11095943.jpg

f0078320_11101021.jpg

f0078320_11102748.jpg






<E-6>

※5/1よりレポートに登場 (4/26他抑留所より移送)
▽5178 白薄茶 メス 4歳ぐらい 13キロ程度 14キロ程度

少し前にはこの子のケージを覗くと
横たわった状態でブルブルと小刻みに震えていて
人は何か怖いことをすると思ってしまっている様子が見えました。
しかしながら、この日はそこまで震えておらず、
少しは人への恐怖感が薄らいできていてくれたらいいなと思いました。
収容当初はロープをかけようとすると唸ったり
触ろうとするとお口が出そうになったりしていましたが
今ではそういった様子は全く見られません。

ロープをかけて、外に誘導すると
ケージの中で多少踏ん張りますが、以前に比べれば
外に出て来られるまでの時間も短くなってきたと思います。
かつては、ケージ外に出てくるとあたふたして
狭いところに潜りこもうとしていましたが、
今は少しおどおどはするものの
慌てて狭いところに行こうとすることはなくなりました。

ベーコンのケージのそばに行った時には
お互い鼻を突き合わせていましたが、喧嘩になることもなく
他犬との相性も悪くなさそうでした。
おやつはまだ手から食べることはできませんが
床に置いたものは、人が見ていても食べられるようになりました。
人の優しさや暖かさを是非この子にも知ってもらいたいです。
f0078320_11123179.jpg
f0078320_11125017.jpg
f0078320_11125951.jpg
f0078320_11131231.jpg
f0078320_11132651.jpg
f0078320_11133864.jpg
f0078320_11134752.jpg
f0078320_11135835.jpg




<E-7>

※9/18よりレポートに登場 (6/27引き取り収容)
▽18192  白黒 オス 3歳ぐらい 10キロ程度 疥癬治療

先週のレポートではケージの外にも出られ、
抱っこもできるようになっていました。
収容当初の皮膚の悪かった状態からは見違えるほど
綺麗になってきました。
もうはげていた頃の様子が思い出せないほどです。

この日も外に出してみようと思ったのですが
よく足を見てみると、爪がかなり伸びきってしまっていて
もう少ししたら爪が丸まってきてしまいそうなほどでしたので
コンクリートの滑る床で抵抗してパニックにさせては
かわいそうだと思い、この日は出すのをやめました。

それでも私自身がケージの中に入り、
この子のすぐ横にぴったりとくっついて身体を撫でても
抵抗することもありませんでした。
おやつも手からもらうこともできます。
家庭に入って人と一緒に生活するようになれば
すぐに甘えん坊に変身しそうな子です。
f0078320_11155787.jpg
f0078320_11161420.jpg
f0078320_11162746.jpg
f0078320_11164368.jpg
f0078320_11165552.jpg
f0078320_11170788.jpg
f0078320_11172376.jpg
f0078320_11173835.jpg



レポートは続きます。





by centre_report | 2018-10-24 11:19 | 愛護センターレポート
<< 10/23センターレポート A... 10/23センターレポート 別... >>