ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:高野 hinanon3322★yahoo.co.jp (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ

◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
センターレポート・猫編
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


9/18センターレポート 子犬舎3頭・旧子犬舎4頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


時々付き人さんのレポートです。
加筆・修正しています。


コメントは以前のレポートより転載しています。
写真はすべて最新です。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。




子犬舎 3頭

<2-6>2頭



f0078320_10160346.jpg
f0078320_10161667.jpg
f0078320_10162462.jpg

※9/18レポート初登場

▽18183 薄茶(半長毛)メス 1〜3歳 10きろていど( 6/16他抑留所より移送)

f0078320_16044438.jpg
f0078320_16052832.jpg
f0078320_16062569.jpg
f0078320_16071084.jpg
f0078320_16075537.jpg
f0078320_16084098.jpg
f0078320_16093447.jpg
f0078320_16102254.jpg
f0078320_16110775.jpg
f0078320_16124392.jpg
f0078320_16132766.jpg
f0078320_16193854.jpg

部屋に入ると同室の子にくっつき顔をしっかり隠していました。
まるで、コーギーのような胴が長めの女の子です。

個室の扉を開いても中々お顔を上げてくれず、しばらくして同室の子が個室から出るのに続いて慌てて付いて行きました。

常に同室の子にくっつき必死に隠れようとしていましたが、パニックになる程では無かったです。

ゆっくり触ると撫でる事もできましたし、攻撃的な様子もありませんでした。

まだ何が起こるのか分からず緊張していて触られている事にも気づいていなかったのかもしれません。

おやつを食べる事も匂いをかぐこともできず、置かれていたご飯も食べていませんでした。

その後、別の犬の引き出しで再び子犬舎に行った時にはほとんど食べ終わっていたので、食欲に問題は無さそうです。





※9/18レポート初登場


▽18182 茶白 メス 1〜3歳 10キロ程度 ( 6/16他抑留所より移送)

f0078320_20314155.jpg
f0078320_20315272.jpg
f0078320_20320550.jpg
f0078320_20321637.jpg
f0078320_20323135.jpg
f0078320_20324003.jpg
f0078320_20324732.jpg
f0078320_20325547.jpg
f0078320_20330402.jpg
f0078320_20331434.jpg
f0078320_20332354.jpg
f0078320_20333102.jpg

部屋に入ると真っ直ぐこちらを見つめ、何をされるのかわからない不安と戦っているような眼をしていました。

ゆっくり側に寄ると壁にくっついていましたが、必死に隠れたり避けたりする事はありませんでした。

少しして個室の外に飛び出し同室の子をまるで守るかのように盾となっていましたが、目線は人から外さずしっかり確認しているようにも感じました。

近くに寄っておやつを差し出すと壁にくっついたり目線を落としたりしていたのですが、攻撃的になる事はありませんでした。

そのうちウロウロ動き回り、窓の外を覗くように窓枠に手をかけていたかと思ったらそのまま飛び乗ってしまいました。

わずか10センチ程度の幅の窓枠で上手にバランスを取って座っていたのは驚きましたが、身体能力は高めなのかもしれません。



<2-8>1頭

※4/17よりレポートに登場(4/5他抑留所より移送)
▽5149 薄茶 メス 2歳ぐらい 10-11キロ

(9/18撮影)

f0078320_10075328.jpg
f0078320_10080485.jpg
f0078320_10081429.jpg
f0078320_10082275.jpg
f0078320_10083317.jpg
f0078320_10084111.jpg
f0078320_10084910.jpg
f0078320_10085816.jpg
f0078320_10091238.jpg
f0078320_10092688.jpg
f0078320_10093820.jpg
f0078320_10094520.jpg

相変わらず部屋の隅で伏せたままでいました。
身体をなでたり頭を撫でたりすることには
全く抵抗することはありません。
ただただひたすら気配を消している、という様子に
少しずつでも人が怖いものではないんだよ、と
なんとか伝えていきたいと思います。

とても美犬さんで、かわいいお顔をしていますので
正面からしっかりと撮影したいのですが
顔を少し持ち上げることはできるものの
その手を離してしまうとすぐにまた顔を隠してしまいます。
以前にかなり離れた位置から撮影した時に
本当にかわいい笑顔のような表情を撮ることができました。

人が近くにいなければ、こちらの様子を伺って
顔を上げてくれる瞬間はあるのですが
まだまだ人が何をするかわからないという不安が
きっと強いのだと思います。
もちろんまだ手からおやつを食べることもできません。
時間をかけてしっかりと向き合っていきたいと思います。





旧子犬舎 4頭




<1-1>2頭

f0078320_01212774.jpg
f0078320_01213862.jpg
f0078320_01214671.jpg
f0078320_01215446.jpg



※3/6よりレポートに登場 (3/1他抑留所より移送)
▽1536 茶 オス  1歳(8/9修正)  9-10キロ

(9/18撮影)
f0078320_01490442.jpg
f0078320_01491654.jpg
f0078320_01492645.jpg
f0078320_01493880.jpg
f0078320_01501579.jpg
f0078320_01505630.jpg
f0078320_01511322.jpg
f0078320_01512120.jpg
f0078320_01513263.jpg
f0078320_01514280.jpg
f0078320_01514924.jpg
f0078320_01545081.jpg

この日は外のスペースに出られるように
窓を大きく開いていたので、
私が小部屋に入ると真っ先に外に出ていきました。
収容当初の幼い顔つきが、大分お兄ちゃんぽくなってきました。
足が長くスタイル抜群です。
収容当初は近づこうとすると唸って警戒していましたが
ここ最近は近づいても唸ることはなくなっており
少しずつ不安感も薄れてきたのかと思っていました。

しかしながら、この日は久しぶりにまたこの子の唸る場面を
何度か見ることがありました。
しかもそれほど近くに寄っている時にではなく、
この子に注目した時に少し離れた位置にいた時に唸ったので
「ダメだよ。唸る必要ないでしょ」と声をかけると
私の顔をじっと見ながら唸るのをやめていました。
少しはこちらの意思が伝わるようになったのかなとも思いましたが
また唸るようになったのはあまり良い傾向ではありません。

おやつは近くに投げたものは
見ていても恐る恐るですが食べることができていました。
以前は見ていると食べられなかったことを思うと
少しずつですが警戒心も減ってきているのなら良いなと
思いました。
もっともっと毎週時間をかけて向き合っていきたい子です。





※29.8/29よりレポートに登場(29.8/22収容)
▽4950 茶白黒 オス 5歳ぐらい(8/9修正) 8キロ程度

(9/18撮影)
f0078320_02081802.jpg
f0078320_02082752.jpg
f0078320_02094842.jpg
f0078320_02100255.jpg
f0078320_02101645.jpg
f0078320_02102579.jpg
f0078320_02103438.jpg
f0078320_02104369.jpg
f0078320_02105227.jpg
f0078320_02110082.jpg
f0078320_02110740.jpg
f0078320_02111459.jpg

小部屋の窓が閉まっている状態だと
じっとしていることができるようになっていたのですが
この日は窓が開いていたので、すぐに飛び出していきました。
それでもその窓に私が腰掛けていると
その狭い隙間を通って部屋の中に入ってみたり
怖くて逃げ回っているというわりには
大胆な行動をとったりしていました。

ブラッシングをすることもできたぐらいなので
逃げ回るスペースがなければ身体を撫でたりすることは
問題なくできるようにはなっています。

この子もここでの生活が1年を経過してしまいました。
そんなに時間が経ったように思えないのですが
収容当初、とにかく人と距離をとりたくて逃げ回っていて
全く触らせてくれなかったことを思うと
少しずつでも変化は見せてくれていると思います。
これまでに一度だけですが、抱っこもすることができました。
素直な子なのだと思います。
人との接し方がよくわからないだけなのではないかと思います。
人と一緒に生活するようになれば
きっと変わっていくものと信じています。





<1-3>2頭

f0078320_02140064.jpg



※28/8/2よりレポートに登場(28.7/28他抑留所より移送)
▽4537 薄茶 メス  5歳くらい 12-3キロ

(9/18撮影)
f0078320_02464104.jpg
f0078320_02465059.jpg
f0078320_02470170.jpg
f0078320_02471000.jpg
f0078320_02472393.jpg
f0078320_02473232.jpg
f0078320_02474666.jpg
f0078320_02475424.jpg
f0078320_02480328.jpg
f0078320_02481417.jpg
f0078320_02482193.jpg
f0078320_02482828.jpg

この子は収容からすでに2年が経過しています。
人の手からおやつは食べられるのですが、
身体に触られたりすることには相当な恐怖感があるようで
身体を触ろうとするだけでお口が出てしまいます。
いつ見ても「人を信用しないぞ」というこの子の強い意思を
感じるような視線を向けてきます。

おやつを手のひらに乗せて与える時に
どさくさに紛れてそのままその手で胸のあたりを撫でることが
できた時期もありましたが
それも毎週続けていかなければ
またすぐに逆戻りになってしまいます。

自分が嫌と思うことをされたときに、咬めば逃れられるのだ、と
学習してもらいたくはないため、無理強いはしたくありません。
それでもこちらが諦めたら、そこから進歩は望めません。
2年も経ってしまいましたが、
いつかこの子が人を信用する日がやってくることを
願っています。





※3/20よりレポートに登場(3/9収容)
▽1547 白・薄茶 メス 1歳ぐらい 9-10キロ(8/9修正)

(9/18撮影)
f0078320_02563704.jpg
f0078320_02572842.jpg
f0078320_02573956.jpg
f0078320_02575051.jpg
f0078320_02580034.jpg
f0078320_02581587.jpg
f0078320_02570753.jpg
f0078320_02584381.jpg
f0078320_02590677.jpg
f0078320_02591847.jpg
f0078320_02593034.jpg
f0078320_02594423.jpg

まだ幼い子なのですが、
同室の子の影響も受けているのか、
触ろうとするとこの子もパクパクっとお口が出てしまいます。
ただ、手からおやつを食べることはできます。
こちらも咬ませたくはないので
遠くから撮影したり、おやつをあげることくらいしかできずにいますが
もう少し積極的に関わってみる必要があるかもしれません。

まだまだ若い子ですので柔軟な心を持っているのではないかと
思います。
人の手からおやつが食べられるのですから、
おやつを使ってもう少し何かできないかなと思ったりします。
本当は、家庭に入って人と一緒に生活する時間が長くなれば
人に対する恐怖感なども、もっともっと薄らいでいくのでしょう。
ここにいてはこれ以上の進歩は望めないと思います。
この子にも暖かい優しい手が差し伸べられますように。





レポートは続きます。


by centre_report | 2018-09-19 01:15 | 愛護センターレポート
<< 9/18センターレポート A部... 9/18センターレポート 譲渡... >>