ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:高野 hinanon3322★yahoo.co.jp (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ

◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
センターレポート・猫編
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


6/26センターレポート 4日目部屋  3頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。




引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田



★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)





※28/8/2よりレポートに登場 (28/7/28他抑留所より移送)
▼4535 黒 オス(去勢済) 4-5歳 2-3歳 16キロ

この日もいつものように部屋の一番奥で
黒茶の子に寄りかかられながら伏せていました。
またこの日もこの子のお尻にべったりとくっついて
座りましたが、唸ったり嫌がって逃げたりするようなことは
ありませんでした。

これだけでも大分進歩したなぁと思うことができます。
たいした変化ではないように思われると思いますが
とにかく人を寄せ付けないオーラを出しているこの子に
なんとか怖くないんだと感じてもらえるように
身体を触ったりすることよりも
まずはくっついていても何もされないということを
覚えてもらいたいと思っています。

なかなかわかり辛いとは思いますが
これでも顔つき、人を見る眼差しは
大分優しくなってきたと感じることができます。
この日も黒茶の子におやつをあげていると
後にいるこの子が下をペロペロさせていたので
「おやつ食べたいんでしょ?」とおやつを差し出しましたが
結局食べてくれませんでした。
それでも唸ったり空噛みしたりすることもなくなってきました。
辛抱強くこの子と向き合っていきたいと思います。
f0078320_00462192.jpg
f0078320_00463623.jpg
f0078320_00465158.jpg
↓↓先週レポートより
f0078320_23223297.jpg
f0078320_00542903.jpg





※28/8/2よりレポートに登場(28/7/28他抑留所より移送)
▼4536 黒茶 オス(去勢済) 2-3歳 5歳ぐらい 12キロ

近づくことも、身体を触ることも
この子は大分普通にできるようになってきました。
おやつが大好きなこの子は、私たちが来ると
おやつがもらえると学習しているのでしょう。
それ以上、この子が嫌がるようなことはしていないので
おやつもらえるなら、身体触るのはいいよ、と思っている
のでしょうか。

いつも同じ体勢でお座りしていることが多いので
この子が立ち上がった姿勢を見たことがありません。
痩せている様子もありませんし、ご飯もしっかり食べられて
いるのだと思います。
抱き上げてみたり、ロープをかけて引いてみたり、
ということはまだこの子にもハードルが高いことかとは
思いますが、このままでは進歩がありませんので
ゆっくり時間をかけながら
少しずつチャレンジしていきたいと思っています。
f0078320_00520320.jpg
f0078320_00514824.jpg
f0078320_00522233.jpg
f0078320_00523803.jpg
f0078320_00525570.jpg
f0078320_00531166.jpg




※29/5/30よりレポートに登場(29/5/25他抑留所より移送)
▽4868 茶黒 オス(去勢済) 2歳ぐらい(6/19修正) 10.8キロ

逃げ回ることがクセになってしまっているこの子も
攻撃性は見られませんし、このようにフリーで逃げ回れる
環境ではなかなか距離を縮めることができずにいます。
ただ、一度ゆっくり時間をかけてこの子に近づき
身体を触ることができたときがありましたが
ビクっとするものの、お口が出るようなこともありませんでした。

なので、もっと触れ合う時間を持ちたいと思うのですが
少しでも近づこうとするだけで、相当距離は離れていても
逃げて行ってしまいます。
それでもじっと座っているとすぐ近くを通っていったり
人の回りをグルグルと回ったりするので
何をされるかわからなくて、なんとなく怖いような気が
しているだけなのではないかと思います。
なんとかこの子にも家庭に入って、
人の優しさや暖かさを知ってもらいたいです。
f0078320_00555533.jpg
f0078320_00560862.jpg
f0078320_00563215.jpg
f0078320_00564386.jpg
f0078320_00565548.jpg
f0078320_00571243.jpg
f0078320_00581912.jpg
f0078320_00583483.jpg



レポートは続きます。




by centre_report | 2018-06-28 01:00 | 愛護センターレポート
<< 6/26センターレポート 収容... 6/26センターレポート D部... >>