ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


5/15センターレポート 子犬舎  5頭+乳飲み子6頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


※幼犬たちの預かり先募集は終了しました。


今週も、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)





<2-5>1頭(+乳飲み子6頭)

f0078320_00432845.jpg

※3/20よりレポートに登場 (3/12収容)
▽5131 白茶 メス 1-2歳 12キロぐらい?

元気に外のスペースに出てきて、いつものように
私たちを出迎えてくれました。
相変わらず痩せていますが、
先週見た時よりも少しお肉がついてきたように感じました。
出産直後は子供を守るためだったのでしょう、しきりに吠えていましたが
最近ではそれもほとんどなくなってきました。
人馴れも収容当初よりも少し進んできたようで
近づいてもぱっと逃げることもなくなってきて
撫でるとうっとりするようになってきました。

子供たちは皆まるまるとしていて、
栄養がしっかりとれているのがはっきりとわかります。
お母さんであるこの子は自分の身を削って
しっかりと子育てをしてくれました。
子供たちは離乳食も食べるようになってきたようで
そろそろ離乳時期を迎えそうです。
本当に子育てが上手なお母さんでしたが、
今度は自分が幸せになる番です。
この子にもとびきりの幸せがやってきますように。
f0078320_00473584.jpg
f0078320_00475022.jpg
f0078320_00480292.jpg
f0078320_00481209.jpg
f0078320_00482289.jpg
f0078320_00483382.jpg
f0078320_00484796.jpg
↓↓ オス3頭
f0078320_00490174.jpg
f0078320_00491069.jpg
↓↓ メス3頭
f0078320_00491838.jpg
f0078320_00492790.jpg
生後40日を過ぎ、離乳し始めているようですが
それでも1頭がお母さんのお乳に吸い付くと
皆が一斉に近づいてきて必死にお乳をのんでいました。
乳歯も生えてきていますので、お母さんも痛いでしょうに
じっとして子供たちにお乳を飲ませていました。
6頭全頭がおなかポンポコりんの健康優良児です。
皆人馴れは問題なく、無邪気に走り回り
子供同士でじゃれあったり、喧嘩をしてみたり
それぞれの個性がはっきりとしてきました。
それでも散々おおはしゃぎした後、部屋に戻すと
コテっと寝てしまっていました。
f0078320_09542050.jpg
f0078320_09543579.jpg
f0078320_09544615.jpg
f0078320_00500516.jpg
f0078320_00501323.jpg





<2-6>1頭


※29.6/20よりレポートに登場 (29.6/8収容)
▽1437 茶白 オス 1歳 14.5キロ

あと半月ほどでこの子も収容されてから1年が経過します。
収容当初は今よりもまだ身体は小さく、
幼さが残る子でしたが、今では立派な男の子になりました。
人馴れという観点でみるとまだ警戒心があるとは思いますが
撫でられたりすることには抵抗することもなく、
最近ではようやく手からおやつを食べることが
できるようになりました。
毎日お世話してくださる職員さんの愛情が
この子の人への恐怖心を少しずつといてくれているのだと思います。
表情も以前に比べればかなり柔らかくなってきたと思います。

この日、同室の子を引き出したため、小部屋に独りぼっちになってしまいました。
今まで同室になった子に対しても強く出ることもなく、
怖がってこの子に乗っかってしまう子もいましたが
全く怒る様子もなく、他犬とは上手に付き合えそうな子です。
この子にも一日も早く暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_01030338.jpg
f0078320_01031617.jpg
f0078320_01032547.jpg
f0078320_01033353.jpg
f0078320_01034463.jpg
f0078320_01035545.jpg
f0078320_01040561.jpg
f0078320_01041561.jpg






<2-7>2頭

f0078320_01054752.jpg

☆ナイト
※29.2/14よりレポートに登場(29/2/3収容)
▽4709 黒(茶) オス(去勢済) 1歳 16.5キロ 

以前のようにずっと吠えているナイトではなくなってきました。
外に私たちがいると吠えていますが、
子犬舎の中に入ると吠える回数はかなり少なくなってきました。
最近のナイトはどことなく優しげな表情になったように
感じています。
数週間前にナイトにブラッシングをしてあげて
その後も身体を撫でることができるようになってから、
おやつをもらう時の腰の引け方が少なくなってきたようです。

人に撫でられたりしても、何も怖いことをされるわけではないと
理解しつつあるのではないかと思います。
こちらの指示でお座りもすることができます。
以前の威張りん坊のナイトではなくなってきているように
思います。
ナイトも1年3ヶ月をこちらで過ごしてきました。
臆病な子というよりも、警戒心が少し強いだけで
最初からおやつを食べることもできました。
ここにきてグッと距離が近づいてきた感があるナイトにも
素敵なご縁がめぐってきますように。
f0078320_01071281.jpg
f0078320_01072426.jpg
f0078320_01074282.jpg
f0078320_01075163.jpg
f0078320_01080134.jpg
f0078320_01081254.jpg
f0078320_01082136.jpg
以前にブラッシングさせてくれたナイトの動画を
再度掲載します。
本当にかわいくなってきたナイトをどうぞご覧ください。







☆ゴーヤ 
※29.10/24よりレポートに登場(29.10/10収容 )
▽5001 茶白 オス(去勢済) 1-2歳 8.25キロ

なかなか距離が縮まらないゴーヤですが、
人に攻撃的になったりすることはないようです。
どこを触ってもお口が出たりもしませんが
抱っこしようとしたり、身体を拘束されるようなことには
まだ恐怖心の方が勝ってしまうので逃げてしまいます。
人との関わりがほとんどないままここまできてしまったからか
人との接し方がよくわからないようです。

おそらくほぼ野良の状態で捕獲されたので
人は怖いことをするものだという気持ちが
なかなか拭えないのではないかと思います。
やはりここにいてはこれ以上の進歩は望めないのではないかと
思います。
人と毎日一緒にいる環境に入ることができれば
人への恐怖心も少しずつとけてくるのではないかと思います。
かわいいゴーヤにも笑顔が出る日がやってきますように。
f0078320_01100308.jpg
f0078320_01101529.jpg
f0078320_01102873.jpg
f0078320_01103838.jpg
f0078320_01104776.jpg
f0078320_01110915.jpg
f0078320_01105958.jpg






<2-8>1頭

※4/17よりレポートに登場(4/5他抑留所より移送)
▽5149 薄茶 メス 2歳ぐらい 10-11キロ

この子がいる小部屋に入ると、いつも顔を隠して
気配を消しており、なかなかいい表情を撮影することができませんが
小部屋の扉を開けると一目散に入口すぐの母子がいる小部屋前に行き、
子供たちの様子をずっと覗いて見ていて
離れた場所から声をかけると、とてもいい表情を見せてくれました。
こんなにかわいいお顔をしているのだと、
改めて知ることができました。

小部屋の中ではずっと固まって顔を隠していますが、
その状態であればどこを触ってもひたすら我慢しているようです。
子供たちを見ている表情はとても優しく、
ついこないだまで赤ちゃんを育てていたこの子の優しさが
伝わってくるようでした。
子供たちも柵越しに近づいて甘えようとしていると
子供を舐めようとするような素振りも見せていました。
お母さんもこの子が近くに来ても威嚇することもなく、
子供たちに何も危害を加えないと
感じていたからではないかと思います。

かなり離れた位置から撮影していましたので、
いい表情を見せてくれましたが、近づくと一目散にその場を離れ
自分の小部屋に入って、また縮こまってしまいました。
人は怖いものではないということを
これからもしっかり伝えていきたいと思います。
f0078320_01124565.jpg
f0078320_01125716.jpg
f0078320_01132703.jpg
f0078320_01133935.jpg
f0078320_01135469.jpg
f0078320_01140616.jpg
f0078320_01141927.jpg


レポートは続きます。




by centre_report | 2018-05-17 00:12 | 愛護センターレポート
<< 5/15センターレポート A部... 5/8引き出し編・レポート紹介... >>