ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:高野 hinanon3322★yahoo.co.jp (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ

◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
センターレポート・猫編
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


4/17センターレポート A部屋    5頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。

営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



メイマミさんと時々付き人さんのレポートです。
加筆・修正しています。

一部先週レポートを転載しています。



引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)



<AーIV>


☆コンくん
※2016/9/6 よりレポートに登場(引き取り)
▽茶白 オス 5-6歳 13-4キロ (やせすぎ)12/12修正




この日の訪問時間の最後の方で会いに行ったためか、とても静かに過ごせているコンくんに会えました。
直ぐに気付きいつものハイパージャンプをケージの中で繰り返そうとしていたので、早々にケージから出し、素早くドッグランへ行く身支度をしました。

身支度するまでの時間が短すぎたのか、先週とは違い少し緊張感があるように感じました。

ドッグラン内は少し前まで他の犬達の撮影をしていたため、沢山の犬の匂いに加えおやつの匂いもあったのでしょう。
必死にマーキングを繰り返し、あわよくば残っているおやつは無いものか?と拾い食いする素振りがありました。
f0078320_23560352.jpg
f0078320_23562657.jpg
f0078320_23564730.jpg
ある程度マーキングが済めば、おやつを落ち着いて食べることができていました。
ドッグランの外に居る犬に気付き自ら近寄っていましたが、しっかり吠えていました。
喧嘩越しの吠え方とは違うように感じました。
f0078320_00035338.jpg
f0078320_00041181.jpg
f0078320_00042776.jpg
f0078320_00044594.jpg

リードを繋いでからもマーキングはしていましたが
この日はドッグランの外に停めている車から聞こえた音によく反応していました。
興味ありげに身をのりだし、何があるの?と何度も確認していました。

f0078320_00072145.jpg

ある程度落ち着けば、自ら人に近寄り甘えることもできます。



ドッグランと敷地内の散歩、落ち着くまでに必要な時間がかなり違うように感じます。
リードを引く力も、敷地内の散歩の時は常に引きが強く感じましたが
ドッグランではそれほど気になることはありませんでした。







他の犬に興味あり、若干の不安あり。
顔が正面見向くと少し唸りましたが制する声にちゃんと反応して止めていました。




<AーⅢ>


※2/20よりレポートに登場 (1/24収容)
▽5106 茶 オス 1-2歳 35-40キロ

f0078320_02253433.jpg

f0078320_02254262.jpg

f0078320_02255134.jpg

f0078320_02260241.jpg

f0078320_02261317.jpg

f0078320_02262122.jpg

f0078320_02262938.jpg

f0078320_02263905.jpg

f0078320_02265285.jpg

f0078320_02270820.jpg
人が大好きで甘えん坊さんです。
性格も花丸。

ケージの中で吠えている様子だけを見ると、
この体格に、この面構えですから、
一瞬引くぐらい迫力があります。
ケージから出すと、嬉しくて体当たりしてきます。
これだけの体格の子ですから、センターの生活では体力は余って当然。

まだ若い上、人が好きな子ですので、
その行動も無理はないかと思います。

しかし、そんな動きは最初だけで、
その後は写真のように落ち着き、
人の声にちゃんと耳を傾けられます。
この体格にあった運動量を思いっきり満たしてあげることで、
躾けも入りやすいのではないかと感じました。

年齢の割には落ち着きがあるように感じますが、
これだけの体格ですから、
大型の飼育経験がある方が望ましいだろうと思います。





※4/17レポート初登場

▽セッター 白茶 オス 3歳くらい 20キロ程度

最初見た時に、あまりにも深く眠っていて
全く動かず、呼びかけにも反応せず
思わずドキッとしましたが、ただ単に眠っていただけのようで
起き上がると、ぱあっと喜びの表情を見せて
思いっきり飛びついてきました。
底抜けに明るく、超フレンドリーで、少しお間抜けさんな子です。

細かいことは気にしないような子で、おおらかで
すぐお調子に乗っちゃうけれど、どこか憎めず
その場の皆が明るい気持になるような
セッターの良い部分が上手く育った子だと思います。

身体のどこを触っても怒ったりすることはなく
意外にもおやつを食べるお口がものすごくソフトで
パワフルさと相反するソフトさに思わず笑ってしまいました。

大きめな犬を迎え入れられる環境が整っていて
しっかり運動させられる時間や体力に余裕のある家庭環境であれば
セッターを飼った経験がない方でも迎え入れることが可能のように思います。

f0078320_15063879.jpg
f0078320_15064351.jpg
f0078320_15065584.jpg
f0078320_15070059.jpg
f0078320_15070637.jpg
f0078320_15071115.jpg
f0078320_15072206.jpg





<A-Ⅴ>


☆みつば

 4/10より レポート登場  (4/9他抑留所より移送)
▽5153 黒 メス(不妊済み) 7歳 10.35キロ

f0078320_03073368.jpg

f0078320_03074260.jpg

f0078320_03075284.jpg

f0078320_03080151.jpg

f0078320_03081291.jpg

f0078320_03082244.jpg

f0078320_03083207.jpg

f0078320_03084580.jpg

f0078320_03085517.jpg

f0078320_03135236.jpg

f0078320_03094723.jpg

人馴れに問題ありませんが、
ベタベタと寄って来るタイプではなさそうです。

とても穏やかな子で、どこを触っても、
抱っこなど拘束されることも問題なくできます。
黒い子の写真はとても難しく、
この子は実物のほうが遥かに可愛いです。

オヤツに興味はあるようで臭いは嗅ぐものの、
手からは食べてくれずでしたので下に置いたら食べ始めました。
お口の綺麗な子なのか、好みではなかったのか、
とても上品に、一度口に入れ小さくしてから、
改めて食べていました。

今は痩せていて、10キロも切っているような軽さでした。
毛もボソボソで、栄養状態が悪いです。
間違いなくシニアの域に入ってるであろうこの子も、
今度こそ、安心して暮らせるお家の子になれますよう、
心から祈っています。






<A-Ⅶ>

☆ナイン

※3/13よりレポートに登場 (3/12他抑留所より移送)
▽5128 白 オス(去勢済み) 8歳ぐらい 11.85キロ
f0078320_03305730.jpg

f0078320_03310752.jpg

f0078320_03311862.jpg

f0078320_03312899.jpg

f0078320_03313866.jpg

f0078320_03314821.jpg

f0078320_03315833.jpg

f0078320_03320764.jpg

f0078320_03321841.jpg

f0078320_03323233.jpg

人馴れは問題ありません。
扉を開け、ロープで促すと自ら軽快に出て来てくれました。

収容されて1ヵ月。
静かな印象は当初から余り変わりはないです。

しっかり尻尾をあげ、部屋中をウロウロしながら、
他の子のケージに何度かオシッコを掛けることもありましたので、
大人しいだけではないかもしれませんが、
荒々しい雰囲気は全く感じません。
オヤツの食べ方が優しく、手に歯が当たらないよう上手です。

表情が随分と明るくなり、若々しくなったように感じますが、

よく見ると、目が白くなりかかっていますので、
シニアの域に入ってることは間違いなさそうです。
この子の第二の犬生。
愛しんでそばから離さないで下さるお家の子になってもらいたいです。


以下↓以前のコメントを引き継ぎます。
獣医師のTさんのお話では
瞳孔が開きっぱなしなのが気になるとのことです。
今のところ目を気にしたり、何か痛がったりする様子は見られません。
視力には問題なさそうで、生活するうえでは支障などはなさそうです。



レポートは続きます。



by centre_report | 2018-04-19 15:50 | 愛護センターレポート
<< 4/17センターレポート C部... 4/17センターレポート 収容... >>