ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
センターレポート・猫編
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


4/17センターレポート 収容室②③  8頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。

営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。



4/19:2頭追加で紹介しています。



引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田



収容室③ 以下2頭追加・合計5頭


※4/17レポート初登場 (4/5収容)

▽5158 茶黒 長毛 メス 1歳程度 7キロ

少しだけシャイですが、穏やかで可愛らしい女の子です。
下の(5159)よく似た男の子と血縁だと思われます。
ケージの柵越しだとパタパタと尻尾を良く振っていましたが
扉を開けた途端、尻込みしてしまって
不安半分、興味半分と言った様子でした。
怯えてお口が出るなどの様子は見られません。
安心だとわかればすぐにお転婆になりそうな子です。
f0078320_15270079.jpg
f0078320_15270582.jpg
f0078320_15270922.jpg
f0078320_15271447.jpg



4/17レポート初登場 (4/5収容)

▽5159 薄茶黒 長毛 オス 2歳程度 5キロくらい

上の良く似た(5158)の女の子と血縁だと思われます。
2頭ともまだ子犬で姉弟かと思いましたが
実際にはこの子の方が年上で成犬であろうとのことでした。
この子の方が身体が小さく、よりシャイな感じです。
でも人慣れしていないわけではなく
まだ何を、誰を頼りにしてよいかわからず
ただどう反応して良いか分からないと言った様子でした。
触れられ慣れていないわけでもありません。
なので環境が変わればすぐに馴れて、ヤンチャな面も見られそうな気がします。
f0078320_15302318.jpg
f0078320_15302848.jpg
f0078320_15303349.jpg
f0078320_15303854.jpg






※4/17レポート初登場(4/4収容)
▽5160 白黒茶 オス 5歳ぐらい 16キロ程度(太り気味)


天真爛漫な男の子です。
パッと見ではまだ1-2歳かと思いましたが
意外にも推定年齢は5歳ほどでした。
身体はコロコロしていて、少し太めです。
パワフルな子なので、ケージの中でジッとしているのが苦痛なのか
かなり激しく動いていました。
性格は素直そうですが、食べ物の絡むときは
夢中になりすぎてしまうためか、与える時は少し注意が必要なようです。
思うがままに行動するような感じのところもあり
これまであまり躾らしいものは受けてこなかったようです。

まだセンターに収容されて間もないですし
いきなり環境も変わったのでしょうから
落ち着きがなくても仕方がないのかもしれません。
また詳しく観察してきたいと思います。
f0078320_02270314.jpg

f0078320_02264737.jpg

f0078320_02265472.jpg

f0078320_02265882.jpg

f0078320_02271221.jpg

f0078320_02271852.jpg




※4/17レポート初登場
▽5164 薄茶グレー オス 1歳ぐらい 7キロ程度


ただ汚れているだけなのかもしれませんが
白い毛にグレーがかった色をしていて
不思議な雰囲気の子という印象です。

部屋の端っこで固まっていたので
どんなビビリっ子かと思いましたが
まったく抵抗することなく、パニックになることもなく
ただただ物静かで優しそうな印象の子です。

写真の表情通り、気の強さは微塵も感じませんでした。

こんなに穏やかそうな子が
どこでどんな風に生活していたのか全く想像が付きません。

今は環境がいきなり変わり、困惑していると思いますが
すぐにどんな環境にも馴染めそうな子です。
f0078320_02382081.jpg

f0078320_02393479.jpg

f0078320_02382569.jpg
f0078320_02382966.jpg
f0078320_02383439.jpg
f0078320_02384110.jpg







※4/10よりレポート登場(4/2収容)
▽5152 黒白 オス 7歳ぐらい 12-3キロ

コメントは、先週レポートのものを紹介します。
写真は最新です。

シニア期にさしかかっていると思われる子ですが
とても元気がよく活発な男の子です。
受け口で下の歯が出ているなあと思っていたのですが
よく見ると普通の受け口というだけでなく、
下の前歯が外側に倒れてしまっているような状態で
口を閉じても下の前歯が全部出たままになっていました。
それがこの子のチャームポイントともいえるぐらい
とても印象的な子です。

外に出られたのがとても嬉しかったようで
ケージから出てくるとまるでスキップしているかのように
飛んで喜んでいました。
人馴れも全く問題ありません。
部屋の入口に駆け寄り、必死に身体を伸ばして外を眺めて
何度も吠えていたのですが、
お散歩に行きたいんだろうなぁと思いました。
かなり痩せていますので、もう少しお肉をつけてあげたら
もっと立派な男の子になると思います。

体長はそこそこあるのですが、抱っこすると
前進の力を抜いて身体を預けてきて
抱っこされ慣れているのか、抱っこされて気持ちよかったのか
とてもいい表情をしていました。
おやつを差し出しても、外ばかり気にしていて
あまり興味を示さないなと思っていましたが
少し視力や嗅覚が衰えてきているのかもしれません。

f0078320_02490536.jpg
f0078320_02491117.jpg
f0078320_02491620.jpg
f0078320_02492655.jpg
f0078320_02493017.jpg
f0078320_02493526.jpg
↓先週レポートより
f0078320_02513484.jpg










収容室② 3頭

※4/17レポート初登場 (4/5収容)
▽5156 茶黒グレー メス 2歳ぐらい 8キロ前後


ケージから出してすぐに
ビビりションにしてはやけに多い量のオシッコをしていました。
自分の周りは汚したくないタイプなのか、かなり我慢していたようです。

ほっそりと痩せており、華奢な身体を小刻みに震わせていました。
女性が片手で持ち上げられてしまいそうなくらい
小ぶりで軽い子です。
お腹を見るとお乳が膨れており
直近まで子育てをしていたのかもしれないとのことでした。
どんないきさつでセンターに入ってくることになったのか・・。

攻撃性はなく、固まる系のビビリっ子です。
ロープを掛けるまでは壁に身体をピッタリ貼りつけて
無言の拒否をしていましたが
ロープを掛けると抵抗せずに外に出てきました。

人の手を避けるような仕草をしていましたので
あまり触れられ慣れていないのかもしれません。
かといって野良っ子という感じでもありませんので
人のもとで暮らしていたのだとすると
愛情を掛けられて育てられたのかと疑問に思ってしまいます。

幸い、かなり若い子ですし
まだ十分柔軟性もあると思います。
これから変わっていく可能性を沢山秘めた子だと思います。



f0078320_01410024.jpg

f0078320_01411084.jpg

f0078320_01411810.jpg

f0078320_01412458.jpg

f0078320_01441978.jpg

f0078320_01442719.jpg

f0078320_01443274.jpg

f0078320_01443916.jpg







※4/17レポート初登場 (4/6収容)
▽5157 薄茶 オス 1-2歳 10キロ程度


とても初々しく、幼げに見えて
てっきり子犬かと思いきや、1歳は超えているようです。
太いリードがまるで首輪のように巻かれていて
その先はほどけないよう固く結ばれていました。
このままどこかに繋留でもされていたのでしょうか。
それだけ見ても、愛情を深く掛けてもらえるような環境で
育てられたようには思えませんでした。
それでもこの子自身の性格なのか
人に対して攻撃的になる様子は全く見られず
極端に怯えることもなく、あまり感情を見せずに佇んでいるような子です。

歯茎が少し白く、貧血っぽいのかと思いましたが
食欲はあり、おやつも食べてくれました。

もう少し環境に慣れれば少しずつ元気も出てくると思います。

撮影の最後の方で、保定するメンバーの腕に顔を乗せて
ほんの少し甘えるような仕草も見せました。
すぐに甘えっ子に変身しそうな子です。

f0078320_02032076.jpg


f0078320_02032586.jpg


f0078320_02033030.jpg



f0078320_02111716.jpg

f0078320_02033561.jpg

f0078320_02033985.jpg

f0078320_02034398.jpg




※4/17レポート初登場 (4/9収容)
▽5163 白長毛 オス 1-2歳 8キロ程度


ロープを掛ける時も、ケージから出す時も
一切抵抗はせず、すんなりと出てきてくれましたが
出てきた途端にぺったりと床に張り付いてしまいました。

ものすごく怯えていると思いきや
そんな感じでもなく、手を差し出すとその上に顔をちょこんと乗せてきました。
心細いけれど、人への甘え方や接し方がいまいちわからない。
そんな様子でした。
攻撃的な面は見られず、されるがまま
人の手を怖がるような様子はありませんでした。
女の子のような優しいお顔をしているので
思わず腹部を触って性別を確認してしまいましたが
れっきとした男の子でした。

安全だと理解したら、ヤンチャな一面が見られそうな子です。
f0078320_02155924.jpg

f0078320_02160683.jpg

f0078320_02161124.jpg

f0078320_02161798.jpg

f0078320_02162181.jpg

f0078320_02163046.jpg

f0078320_02162649.jpg





by centre_report | 2018-04-19 15:47 | 愛護センターレポート
<< 4/17センターレポート A部... 4/17センターレポート 4日... >>