ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:高野 hinanon3322★yahoo.co.jp (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ

◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
センターレポート・猫編
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


12/28センターレポート 旧子犬舎    7頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。

引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。



お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)




<1-4> 2頭

※2016/2/16よりレポートに登場 (2/1収容)
▽黒白 メス 10歳~? 13-4キロ

f0078320_23374308.jpg
f0078320_23375304.jpg
f0078320_23380563.jpg
f0078320_23381719.jpg
f0078320_23383127.jpg
新たに移動してきた子と一緒にいました。
収容期間が長くなり、色んな子とこの部屋で過ごしていますが、
どんな子が来てももめることもなく、
それに対しては関心してしまうほどです。

私たちが訪問する際の、この子の行動パターンがすっかりできてしまい、
順番を待っている時にはしきりに吠えて呼んで?いますが、
小部屋の入り口を開けた途端、
その吠えはピタッと止まります。

人に対してはまだ距離を持ちたがりますが、
オヤツは楽しみにしている様子で、
近寄って来て当たり前のように食べてくれます。
それでも体を触ろうとすると、察して下がってしまいます。
通りざまに触ることはできるようになり、
以前のような過剰反応もなくなって来たと感じます。

この子にとってはきっと、収容前の生活からすると、
今は安心できているのかもしれません。
しかし、センターはこの子の最期のお家ではありません。

もっともっと安心して暮らせるお家で、
年相応に静かにのんびり過ごさせてあげたいです。






※2017/12/28レポート初登場 (12/末引取り)
▽黒茶 メス 4歳 13キロぐらい

f0078320_01054634.jpg
f0078320_01055905.jpg
f0078320_23393888.jpg
f0078320_23402097.jpg
f0078320_23395111.jpg
f0078320_23400750.jpg
f0078320_23403232.jpg
f0078320_23404528.jpg
f0078320_23405745.jpg
人と生活していた子ですので、人馴れはしていますが、
少しシャイではあるみたいです。
今はまだ環境の変化に戸惑いがあるのか、
最初は人に対してビクビクしていましたが、
こちらの様子をよく見ており、
平気かな?と察すると、少しづつ寄って来てくれました。

触っても慌てて逃げる様子はありません。
かといって、まだ喜んでいる風でもなさそうでした。

この日見る限り、気の荒さは全く感じられず、
とても穏やかな子です。
同室のシニアの子とも、問題なく接していて、
その子の行動も良く見ていました。

極端に変わるとは思えませんでしたが、
次回、様子の変化も良く見て来たいと思います。







<1-3> 2頭


※28/8/2よりレポートに登場(28.7/28他抑留所より移送)
▽薄茶 メス  2ー4歳? 11-12キロ

f0078320_23430244.jpg
f0078320_23431223.jpg
f0078320_23432366.jpg
f0078320_23433478.jpg
この子なりに変化はあり、
以前のようにバタバタ動くようなことはなくなりましたが、
表情一つ変えず、まだまだ私達を観察しているかのようでした。
「怖くないよ!何もしないよ!」と声を掛けても、
そんな簡単なことではないのでしょう。
小さな頭で一生懸命に考えている様子は、
とても健気です。

そばに座り込みオヤツを差し出すと、
逃げることなく今は普通に食べてくれます。
オヤツをあげる際に、何気に口に触れることぐらいはできますが、
体を触ろうと更に近づいたら、
察して小部屋から出て行ってしまいました。
構えて触ることはまだできません。

少しでも変化して来ていることを大切にしたいと思いますので、
ここにいる間、この子の様子をよく見ながら関わりたい。
そうしてあげたいです。







※10/10よりレポートに登場(9/7収容)
▽薄茶 メス 2-3歳  8-9キロ(痩せすぎ)

f0078320_23445213.jpg
f0078320_23450315.jpg
f0078320_23451343.jpg
f0078320_23452731.jpg
f0078320_23453796.jpg
f0078320_23454830.jpg
f0078320_23455964.jpg
f0078320_23461288.jpg
前回この部屋を担当した時より、
唸ることが少なくなっていました。

しばらくはお約束の様に窓枠に上り、私達を見下ろしていましたが、
知らん顔していたら、いつの間にか降りていて、
その態勢は、いつでも逃げられるような恰好ではなく、
意外とリラックスしている風でした。
ほんの少し、理解し始めてくれたかもと嬉しくなりましたが、
焦らず様子を見て行きたいと思います。

オヤツは手から当たり前のように食べます。
触ろうとするとお口を出して脅かして来ますが、
本気で傷つけようとするような様子で無さそうです。
お口を出すのを癖にさせたくないので、
無理強いはしないようにしたいです。

体つきが少ししっかりして来たように思え、
同時に毛ぶきも良くなったように感じました。
お肉が付き始めましたから、
気持ちにも少しずつ余裕ができてくれると良いなと思います。







<1-2> 3頭


※3/28よりレポートに登場 (3/23他抑留所より移送)
▽茶白 オス 3-4歳 5- 6キロ強?(10/24訂正)

f0078320_23483861.jpg
f0078320_23484798.jpg
f0078320_23485611.jpg
f0078320_23490745.jpg
この子は誰かの後ろに隠れることが多いのですが、
この日は最初こそソワソワしていたものの、
ほどなくして座り込み、落ち着いていました。

オヤツにはかなり関心があり食べたい様子が伺えるのですが、
手から食べるには至りません。
置いたオヤツも他の子に食べられなければ、
ジックリ時間を掛ければ、私達がいても何とか食べることができます。

以前この部屋にこの子しかいない時があり、
その時は隠れられる子が誰もいなかったせいか、
ジタバタせず頑張って向き合ってくれたので、
この子には他犬が一緒にいない方がむしろ良いのかもと思ったりしています。




※12/5よりレポートに登場(12/4他抑留所より移送)
▽薄茶白 オス 1-2歳 8-10キロ(痩せ気味)

f0078320_23501369.jpg
f0078320_23502493.jpg
f0078320_23503680.jpg
f0078320_23504726.jpg
f0078320_23510239.jpg
f0078320_23511579.jpg
極端に人に怯える様子は伺えませんでしたが、
目まぐるしく環境が変わったことに、かなり戸惑いを感じており、
まだ不安で仕方ないと言った感じは受けました。
この子はこれまでも人との関りはあったように感じます。

物静かでオンナの子のように、優しい表情をしています。
半長毛の毛が美しい子で、少し不安が除け表情も変わりだしたら、
見違えるほど変わり、目を惹くような美しい子に変身しそうです。

この子が理解してくれるまで、
今後もゆっくり関わってあげたいと思います。





※8/29よりレポートに登場(8/22収容)
▽茶白黒 オス 4歳ぐらい 7- 8キロぐらい(10/24訂正)

f0078320_23531232.jpg
f0078320_23532197.jpg
f0078320_23533199.jpg
f0078320_23534011.jpg
f0078320_23534927.jpg
あどけなさの残る、幼げな雰囲気をもった子です。

こちらの動きに対し、頑張って移動せず踏ん張っていました。
怖くて顔を伏せる子もいれば、
この子のように、目を離さずジッと見つめて来る子もいます。
この子も、小さい頭で今の状況を一生懸命に考えているかのようでした。

攻撃してくるような様子は感じませんでしたから、
この子なりに向き合う姿勢はあると思います。
時間はかかっても、きっと気付いてくれると思いますので、
この子の気持ちにこたえて、
一緒に頑張って下さる方の目に、どうか止まって欲しいです。







レポートは続きます。



by centre_report | 2018-01-03 23:54 | 愛護センターレポート
<< 12/28センターレポート 新... 12/28センターレポート 子... >>