ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:高野 hinanon3322★yahoo.co.jp (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ

◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
センターレポート・猫編
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


9/26センターレポート 旧子犬舎    9頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。
お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)




<1-1> 2頭 

f0078320_08100769.jpg

☆カブ壱くん

※11/22よりレポートに登場(11/10収容)
▽茶 オス 3ー4歳 15-6キロ (左耳先欠損)

いつも部屋の奥でじっと固まっていますが、
部屋の前に私たちが来て、「壱!」と声をかけると
伏せたままの状態でしっぽをブンブン振ってくれる
かわいいカブ壱です。
大きな体を見ていると、これで激しく動かれたら
ちょっと怖いなと思われてしまいそうですが、
とんでもありません。とにかく穏やかで落ち着きのある
とてもいい子です。
f0078320_08145110.jpg
f0078320_08144395.jpg
f0078320_08150741.jpg
f0078320_08145913.jpg
ちょっと困り顔のカブ壱ですが、どこを触っても
嫌がることもなく、とても落ち着きがあります。
ただ、ほとんどここから動くことがないので、
なんとか動くようにさせたいと思いますが、
なかなか動いてくれません。
それでもこの日、気に入ってくれたおやつがあり
ドアの近くまで誘導したものの私たちがいる間は
寄って来てくれませんでしたが、
ドアの前にお気に入りのおやつを置いてドアを閉めると
トコトコとやってきておやつを食べていました。
手から直接おやつも食べられるのですが、
人がいるとそれにつられて寄って来るほどの勇気が
まだでないようです。
とても穏やかな子ですので、ぜひ目を向けてもらいたいと
思います。
f0078320_08200152.jpg
f0078320_08195380.jpg
f0078320_08201321.jpg
f0078320_08201906.jpg




☆カブ二郎くん

※11/29よりレポートに登場 (11/15収容)
▽茶 オス 2ー3歳 17-8キロ

収容当初はカブ壱と本当に良く似た兄弟だな、と
思っていましたが、大分性格の違いがわかるように
なってきました。
カブ二郎は慎重な性格はカブ壱と同じなのですが
とてもマイペースな子です。
日によってはおやつが欲しくて近づいてきたりも
しますが、近づくとスルスルっと逃げていくときも
あります。
この日はご機嫌だったのか、おやつちょうだい!と
近づいてくる場面もありました。
f0078320_08594515.jpg
f0078320_08595464.jpg
f0078320_09001536.jpg
f0078320_09000481.jpg
しつこく体を触ったりしていると
その後はあまり近寄ってこなくなったり
翌週も人を避けるように動いていたりして
とても繊細な部分も持ち合わせている子です。
ただ、カブ二郎も穏やかで落ち着きのある子です。
まだ人に対して完全に心を開いてくれているわけでは
ないのかもしれません。
それでも人に対しての攻撃性も全くありませんし、
人を怖がって逃げることもありません。
素直でいい子のカブ二郎にも暖かい手が
差し伸べられますように。
f0078320_09080757.jpg
f0078320_09083687.jpg
f0078320_09090795.jpg
f0078320_09093653.jpg





<1-2> 3頭

f0078320_09110757.jpg


※8/29よりレポート登場(8/22収容)
▽茶白黒 オス 4歳ぐらい 8-9キロ

収容室③より移動して来ました。
収容室にいた頃から少し頑なな様子を見せていましたが
こちらに移動してからもその様子はあまり変わりません。
ただ、フリーでいられる空間なので自由に動きまわれます。
私が近づくと一生懸命私から遠ざかるように
動き回っていました。
人に飼われていたはずの子なので、人が怖くて逃げている
というよりも、どうしていいかわからずにとにかく
人を避けているというように感じます。
f0078320_09381628.jpg
f0078320_09390271.jpg
f0078320_09392159.jpg
f0078320_09394061.jpg
逃げ回ってばかりいるように見えますが、
部屋のドアを閉めて外から覗いてみると
この子が常にドアの近くまで寄ってきていて
私たちの様子をじっと見つめています。
興味はあるけれど、何されるかわからないからなぁと
いったところでしょうか。
動き回っているときに体を触ってもそのままスタスタと
逃げていくだけでパニックになったりすることもありません。
おやつはまだ手からは食べられませんが、
床に置いたおやつはパクパクと食べていました。
家庭に入って人と接する時間が長くなれば
人が怖いものではないと学習してくれると思います。
f0078320_09435705.jpg
f0078320_09440744.jpg
f0078320_09443053.jpg
f0078320_09441622.jpg




※5/2よりレポート登場(4/17収容)
▽茶黒 オス 1歳ぐらい 12-13キロ 15-16キロ

収容当初の頃の予測月齢から考えると
そろそろ1歳ぐらいになっているかと思います。
体も大きくなりしっかりしてきました。
同室の2頭が小さい子なのでこの子の大きさが
目立ってしまいますが、とても穏やかな子です。
まだ人馴れしているわけではありませんので、
こちらが動くと人を避けて動き回りますが
端っこで落ち着くと体を触ったりしても問題は
ありません。
f0078320_13564875.jpg
f0078320_13571856.jpg
f0078320_13574805.jpg
f0078320_13581814.jpg
体の小さい子を守っているようにも見えるかもしれませんが
そうではなく、この子自身が小さい子にくっついていって
頼りにしているような様子が伺えます。
体のあちこちに毛が薄くなっている部分がありますが
それほど悪化しているようには見えません。
同室の子に移っていることもありませんので
伝染性のものではないと思われます。
犬の社会性を学ぶ大事な子犬の時期をここで過ごしていたので
一日も早く家庭に入って人との生活を味合わせてあげたいです。
f0078320_14025352.jpg
f0078320_14032398.jpg
f0078320_14035257.jpg
f0078320_14042250.jpg




※3/28よりレポートに登場 (3/23他抑留所より移送)
▽茶白 オス 3-4歳 5-6キロ?

この部屋でもとびきり体の小さい男の子です。
以前は積極的におやつをもらいに来ていましたが
最近では警戒心が強くなってしまったのか、
なかなか近づいてきてくれません。
人に触られるのを極端に嫌がり、逃げ惑っています。
それでも人には興味があるようで、
大きい子の下に潜り込んだものの、顔だけを出して
こちらの様子を伺っている姿はとてもかわいかったです。
f0078320_14083449.jpg
f0078320_14090831.jpg
f0078320_14093969.jpg
f0078320_14102624.jpg
いつも笑顔のように見えますが、
これはこの子がいっぱいいっぱいなお顔なのです。
この子も人に飼われていたはずなのですが、
どんな飼われ方をしていたんだろうと思ってしまいます。
人を避けて動き回ってはいるものの、
カメラを向ければカメラ目線をくれるのですから、
人には興味はあるのです。
人と一緒に生活していくことで、
人間は自分に害を与えるものではないと学んでくれると
思います。
f0078320_14144640.jpg
f0078320_14141792.jpg
f0078320_14151738.jpg
f0078320_14154623.jpg





<1-3> 2頭

f0078320_14172592.jpg

※28/8/9よりレポートに登場 (28/7/27収容)
▽白黒 メス 3-4歳 15キロ

ここでの生活が1年を経過してしまいましたが、
良くも悪くも状態がほとんど変化していません。
未だに部屋に入ると私たちを見ただけで
大小両方出てしまいます。
この日はゆっくり近づいたからか、
その場所から逃げていくこともなく、
その場でじっとしていました。
うんちを踏ませたくなかったので体を起こして
抱っこしようとしましたが、全くの無抵抗でした。
f0078320_14210385.jpg
f0078320_14213622.jpg
f0078320_14220693.jpg
f0078320_14223733.jpg
人に対しての攻撃性は全くありませんし、
どこを触られても嫌がることもありません。
大分体もぽっちゃりしてきてしまいました。
ほとんど運動することもないのですから仕方ありません。
それにしても、1年経過したこの子がここまで人を怖がるのは
何か相当怖い思いをしたトラウマなのでしょうか。
毎日関わってあげられるわけではありませんので、
とてもおとなしくかわいいこの子の変化が
なかなか見られないことが歯がゆくてなりません。
常に人が一緒にいる環境においてあげることで
人が怖いものではないと教えてあげたいです。
f0078320_14271960.jpg
f0078320_14264881.jpg
f0078320_14274927.jpg
f0078320_14281805.jpg




※28/8/2よりレポートに登場(28.7/28他抑留所より移送)
▽薄茶 メス  2ー4歳? 11-12キロ

この子もここでの生活が1年を経過してしまいました。
ドアを開けると廊下にある棚の下に潜り込んでしまうので
この日はドアをすぐに閉めて、この部屋の中だけで
撮影することにしました。
触ろうとすると空噛みをしてくる子なので、
慎重にいつも向き合っているのですが
この日、同室の子のうんちを片付けている時に
この子もウロウロと動き回ってうんちを踏みそうになったので
ついうっかり「こっちに来ちゃダメ!」と
この子の体を触ってどかそうとしたところ、
やはりカプっとお口が出ました。
ただ、本気ではなく軽く噛んだ程度で
全く痛くありませんでした。
f0078320_14371614.jpg
f0078320_14384647.jpg
f0078320_14374664.jpg
f0078320_14381748.jpg
急に手を出されてこの子も驚いたのでしょう。
それでもきちんと加減が出来る子なのだと思いました。
その後は「ごめんね、急に触られて驚いちゃったね」と
声をかけながらこの子を見ていると
少し落ち着いてきた様子でおやつも首を伸ばして
欲しがっていましたので、お詫びにたくさんあげました。
以前にも声をかけながらほんの少し触ることもできましたので
やはり少しずつでも人の手が怖いものではないと
教えていってあげないといけないと思いました。
f0078320_14420976.jpg
f0078320_14423823.jpg
f0078320_14430933.jpg
f0078320_14440864.jpg
f0078320_14433928.jpg





<1-4> 2頭

f0078320_14454615.jpg

※2016/2/16よりレポートに登場 (2/1収容)
▽黒白 メス 8-9歳? 13-4キロ

この子も既に1年半を超えてしまいました。
特にこの旧子犬舎は風が通り抜けないので、
夏場は本当に暑くて私たちもまいってしまうほどです。
それに加えてこの子は長毛で、
きっと夏はしんどかったことと思います。
それでもいつもこの部屋の中の誰よりも
一番警戒吠えをしています。
部屋に入ってしまえば吠えは全くなくなります。
人に対する恐怖心というのもそれほどないように
思います。
f0078320_14584481.jpg
f0078320_14591565.jpg
f0078320_14594419.jpg
f0078320_15001486.jpg
以前に比べれば、おやつを見せれば積極的に
寄って来るようになりました。
それでもやはり少し人との距離はとりたがります。
体を触ろうとするとスルスルっと逃げていってしまいますが
その時に体に触れてもパニックをおこすようなことは
ありません。
もう10歳近くになるこの子の終の棲家はここではありません。
どうぞこの子にも目を向けてあげてください。
f0078320_15130544.jpg
f0078320_15133321.jpg
f0078320_15134468.jpg
f0078320_15135618.jpg




※8/8よりレポート登場 (7/25収容)
▽茶 メス 7-8ヵ月 8-9キロ

収容室にいる頃には、体を触ろうとするだけで
キャーキャーと悲鳴をあげていた子ですが、
こちらでは自由に動けるので、ずっと逃げ回っていました。
それでも逃げられないとわかると諦めた様子で
部屋の隅でじっとしていました。
その状態の時に近づいてもじっとしているのみで
攻撃的になることもなく、逃げようとすることもなく
おとなしくなっていました。
f0078320_15194183.jpg
f0078320_15195036.jpg
f0078320_15200296.jpg
f0078320_15201196.jpg
まだ子犬ですので、順応する力は強いと思います。
手からまだおやつを食べることは出来ませんが、
床に置いてあげたおやつはおいしそうに食べていました。
手足も大きいので、もう少し大きくなると思います。
こちらを見る目は上目遣いで、
明らかに人間に対して猜疑心一杯の目つきです。
人の暖かさと優しさをこの子にもわかってもらいたいです。
人に怖い思いをさせられたのかもしれませんが、
この子に人の優しさを教えてあげられるのも
私たち人間でしかありません。
できるだけ早く家庭に入って、人の優しさを感じてもらいたいです。
f0078320_15274704.jpg
f0078320_15275528.jpg
f0078320_15280270.jpg
f0078320_15280999.jpg



レポートは続きます。





by centre_report | 2017-09-28 09:51 | 愛護センターレポート
<< 9/26センターレポート C部... 9/26センターレポート D部... >>