ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:高野 hinanon3322★yahoo.co.jp (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ

◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
センターレポート・猫編
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


8/22センターレポート A部屋   5頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。



今週も、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)





No.I

※7/18よりレポートに登場 (6/27収容)
▽薄茶 秋田犬 メス 4-6歳 20キロ程度


ケージの中でそれほど騒ぐことはありませんが、
ドアを開けてあげると嬉しそうにすぐに出て来ました。
秋田犬としては小柄な方だと思いますが、
それでも20キロはありますので存在感はあります。

人馴れは全く問題なく、誰にでも近づいてきます。
体を触っていると「なに?なに~??」と言っている様に
じゃれついてきて軽く甘噛みしてきますが、
甘噛みの加減もそれほど強くありません。
こちらもそれを心得た上で接していますので
それほど気になる感じはありません。
f0078320_12253137.jpg

f0078320_12254554.jpg

f0078320_12255474.jpg

f0078320_12260667.jpg

嬉しすぎて大はしゃぎするようなこともありませんし、
秋田犬などの大型の和犬気質を理解されている方であれば
扱い易い子のような気がします。
お座りなどのコマンドは入っていないようなので、
これからいろいろなことを教えてあげることで
この子ももう少し落ち着いて過ごせるようになるのではと
思います。
とてもかわいい笑顔の女の子です。
秋田犬などの大型犬の飼育経験がある方の目に
是非留まって欲しいと思います。
f0078320_12320531.jpg

f0078320_12321681.jpg

f0078320_12322612.jpg

f0078320_12323445.jpg




No. II
☆タナカくん

※2016/7/19 よりレポートに登場(2016/7/6収容)
▽黒茶 オス 4-5歳 11-12キロ 
少し太り気味 12-3キロ

いつも聞き分けのいいタナカくんです。
この日もケージを開けてあげるとゆっくりと出てきて
撮影することをちゃんと理解していて
こちらを向いてポーズを取ってくれる、
本当にいい子です。
運動不足なのもあって、どんどん背中が平らになって
体重オーバーになっていくのが気になります。
f0078320_12360490.jpg

f0078320_12361364.jpg

f0078320_12364637.jpg

f0078320_12362972.jpg

表情があまりないように見えますが、
撫でてあげたりすると嬉しそうにしている姿も
見ることが出来ます。
ただ、タナカくん自体それほど人にベタベタしたい子ではないので
撫でやりするのは嬉しそうですが、
自分から近づいてくることはあまりありません。
それでもこちらの言うことはしっかり聞いていますし、
飼い主には従順な子になると思います。

最近、他犬に吠え掛かることが少なかったのですが、
この日は初めて紹介するNo.Ⅴにいる男の子に対して
ケージの中から大騒ぎしていました。
今迄の経験からして、大人しい子は大丈夫でも
元気良く人懐こい子が苦手のようです。
一頭で飼ってもらえれば全く問題のない子だと思います。
ここでの生活が1年になってしまったタナカくんにも
暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_12432327.jpg

f0078320_12433229.jpg

f0078320_12433902.jpg

f0078320_12434807.jpg




No. Ⅳ

☆コンくん

※2016/9/6 よりレポートに登場(引取り)
▽茶白 オス 5-6歳 14-15キロ(やせぎみ)


一時期の異常なほどの痩せ方からは完全に脱したコンくんです。
体がふっくらとしてきたのと同じくらいから、
ケージの外に出てきた時の落ち着きのなさが改善されてきました。
相変わらずケージの中では飛び跳ねて「出して!出して!」と
騒いではいますが、それすらも以前に比べれば、
天井に頭突きする激しさもかなり落ち着いてきています。
おやつの食べ方も、手ごと食いつくような状態だったのも
大分落ち着いて食べることもできるようになってきました。
f0078320_12540701.jpg

f0078320_12542361.jpg

f0078320_12543531.jpg

f0078320_12545191.jpg

コンくんは人と一緒に生活していた子ですので、
人が大好きで人と接する時間が楽しみで仕方がないのだと思います。
とても甘えん坊ですし、人と一緒にいることがコンくんの幸せなのだと
思うと、もうすぐ1年を経過してしまうコンくんを
もっともっとアピールしてあげられていないことに
申し訳ない気持ちで一杯になってしまいます。
お座りも上手にできますし、アイコンタクトも取れる子です。
たくさん触ってあげると本当に嬉しそうな笑顔を見せてくれます。
家庭に入ればもっと落ち着いてくると思います。
どうぞコンくんにも目を向けてあげてください。
f0078320_13011787.jpg

f0078320_13012817.jpg

f0078320_13013610.jpg

f0078320_13014321.jpg




No.V

※8/22レポート初登場 (6/27収容)
▽薄茶白 オス 3歳ぐらい 13-14キロ(痩せぎみ)


今回初めて紹介する子ですが、
人馴れも抜群で甘えん坊な男の子です。
ケージから外に出してあげると嬉しくてはしゃぎ回り
なかなか撮影が出来ませんでしたので
抱っこしてみましたが、問題なく抱っこすることができました。
常に笑顔を見せてくれて、人と触れ合っているのが
嬉しくて仕方がないというのがよくわかりました。

おやつを見せても、それよりも人にくっついていたいようでした。
こんなに人懐こい子が収容されているというのは、
雷や花火などに驚いて逃げ出してしまったのでしょうか。
もし飼い主が捨ててしまうようなことがあったのだとしたら
どれだけ寂しい思いをしたのか・・と思ってしまいます。
こうして個別に見る機会が初めてでしたので、
翌週以降も何か変化があるかもしれません。
またよく様子を見てきたいと思います。
f0078320_13480583.jpg

f0078320_13484077.jpg

f0078320_13491014.jpg

f0078320_13492018.jpg

f0078320_13493248.jpg

f0078320_13494182.jpg

f0078320_13495040.jpg

f0078320_13495834.jpg




No.VIII

※8/8よりレポートに登場 (6/2収容)
▽茶黒長毛 オス(去勢済) 5-6歳 11-2キロ(やせぎみ)


収容室にいる頃からケージの中でいつも私たちを呼んで
元気に騒いでいる子でしたので、
外にだしてあげたらどれだけ騒ぐのだろうと思っていましたが、
単純に人恋しくて騒いでいただけだとわかりました。
こちらの部屋に移動してきてからも同じように
ケージの中でも騒いでいますが、出してあげると
とにかく人にくっついて回り、嬉しそうにしている姿は
見ていてとても微笑ましいものがあります。
人のそばにいて、撫でられている間はずっとお耳がぺったんこで
「嬉しい」を表現してくれていました。
満面の笑顔が本当にかわいい男の子です。
f0078320_23182908.jpg

f0078320_23191843.jpg

f0078320_23193206.jpg

f0078320_23194471.jpg

先週のレポートでも紹介したように、
フィラリアの症状と思われる血尿により
治療して経過観察となっていましたが、
体調が落ち着いてきたために譲渡対象として
紹介できるようになりました。

元気一杯で体調は悪くなさそうに見えますが、
やはりフィラリアの影響と思われる特徴的な咳が出ています。
この暑さで心臓にも負担がかかりますので心配ですが
幸いなことにこの部屋にはエアコンがついているので
負担は最小限に抑えることができていると思います。
それでもフィラリアの積極的な治療も施してあげたいです。
一日も早く個別にケアしてあげられる家庭に
入れてあげたいと思わずにはいられません。
f0078320_23300054.jpg

f0078320_23301265.jpg

f0078320_23302236.jpg

f0078320_23303154.jpg






レポートは続きます。




by centre_report | 2017-08-24 13:07 | 愛護センターレポート
<< 8/22センターレポート B部... 8/15引き出し編 レポート紹... >>