ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


6/19引き出し編・レポート紹介 全 49頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。




お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。




6/19に犬4頭を引き出しました。

f0078320_15454899.jpg
f0078320_15455314.jpg
f0078320_15460026.jpg
f0078320_15461032.jpeg

準備が整い次第、いぬ親さん募集開始いたします。
応援の程よろしくお願いいたします。





~お知らせ~

ちばわんでは、本当の家族を待つ犬達や猫達と
新たに犬や猫を家族の一員として迎えたいご家族との
出会いの場である「いぬ親会、ねこ親会」をほぼ毎週各地で開催しています。




「イベント情報」詳しくはコチラ。





f0078320_02414311.jpg


f0078320_20190559.jpg


f0078320_02304631.jpg


f0078320_02302415.jpg

f0078320_15512352.jpg

f0078320_02303879.jpg

f0078320_15524311.jpg





「イベント情報」開催場所などの詳細につきましては
↑↑↑こちらをご覧ください。


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、まずちばわんにお願いします。

問合せ先 korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)
(※上記アドレスへのいぬ親会に関するお問い合わせはご遠慮ください。
必ず詳細ページにてご確認をお願い致します。)

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。

★新規の預かりボランティアご希望下さる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

※大変申し訳ありませんが
小型犬のみの新規預かり希望は受け付けておりません。

お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
(審査の上、判断させていただきます。)











# by centre_report | 2018-06-21 15:54 | 愛護センターレポート

6/19センターレポート 収容室①②③ 8頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田



★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)



収容室① 1頭



※6/19レポート初登場 (6/8収容)
▽18084 茶黒 メス 8ヵ月ぐらい 7-8キロ

野良の子供だそうで、人に触れられることや
ロープで引かれることに全く慣れていない様子でした。
抱き上げる時には精いっぱい抵抗していましたが
抱き上げてしまうと観念して大人しくなっていました。

歯を見たら、抜けかわっていくらも日が経っていないような
きれいで小さな歯をしていました。
小ぶりな体型で、成長後も10キロ超えることはなさそうです。

まだ人との関わり合い方や触れい方など何も知らないので
最初は大げさとも思えるほど怖がって見せますが
幼さゆえに、好奇心も持ち合わせているようで
抱き上げられている時に、周りを興味深げに見渡すような仕草も見られます。
家庭で人との関わり合い方などを教えてくださる方と
ご縁がありますように。
f0078320_14281626.jpg
f0078320_14282171.jpg
f0078320_14282679.jpg
f0078320_14283169.jpg





収容室② 4頭



※6/19レポート初登場(6/7収容)
▽18085 茶黒 メス 1歳ぐらい 10キロ程度


収容室①のメスにとても良く似ています。
それぞれの捕獲場所は比較的近い地域なので、もしかすると
どこかで血が繋がっているのかもしれません。

この子も野良っ子のようで、人馴れはまだまだこれからといった感じです。
ロープを掛けて外に出した時に、身体を突っぱねてはいましたが
それほど抵抗はせずに、その後触ってもお口が出る様子はなく
固まる系のビビリのようです。

歯がとてもきれいで、もしかするとまだ1歳にもならないのかもしれません。
なにもかもまだまだこれからといった感じです。
あせらずゆっくりと向き合ってくださる方と
ご縁がありますように。
f0078320_14355152.jpg
f0078320_14355792.jpg
f0078320_14360282.jpg
f0078320_14360721.jpg
f0078320_14361309.jpg
f0078320_14362112.jpg
f0078320_14362767.jpg





※6/12よりレポートに登場(6/11他抑留所より移送)
▽18076 薄茶長毛 オス 2歳ぐらい 7キロ程度

先週レポートより転載しています。
多頭飼育の現場から来た子ですが
人とはあまり接したことがないまま育ってきたようで
撫でられてもどんな反応したらよいか
全くわからないような様子でした。
人の手を振り切るほどのパワーは今はないようです。
抱き上げても、ただされるがまま大人しくしていました。
人には馴れておらず、かなり怯えてはいましたが
攻撃的な面はないようです。

最低でも2年間、もしくはそれ以上
人と触れ合うことなく暮らしてきた子なので
すぐに人に心を開くということはないかもしれませんが
まだ若い子なので、これからいろんな経験を積んで
家庭犬として再出発できると思います。
焦らず向き合ってくださる方と巡り合えますように。
f0078320_01444845.jpg


f0078320_01445333.jpg


f0078320_01445714.jpg


f0078320_01450231.jpg


f0078320_01450752.jpg






※6/12よりレポート登場(5/31収容)
▽18072 白黒 オス 3歳ぐらい 10キロ程度

先週レポートより転載しています。
少しシャイな性格のようで
最初だけ震えて戸惑ったような様子を見せていましたが
パニックになることはなく、大人しい印象の男の子です。
触れられ慣れていないのか、触ろうとすると器用に避けて
何度も逃げようとしていましたので
手にはあまり良い印象がないのか、慣れていないだけなのか
近い距離にいるのに殆ど触れられなかったと思います。

同じ地域をずっとウロウロしていたとのことで
人から餌はもらっていたものの
一方では煙たがられ、追い払われてきたのかもしれません。
攻撃性は見られませんが
今後またよく観察してきたいと思います。
f0078320_01470463.jpg


f0078320_01471030.jpg


f0078320_01471692.jpg


f0078320_01472218.jpg

f0078320_01473528.jpg






※6/5よりレポートに登場 (5/25収容)
▽18065 柴 オス 1歳 10キロ程度


抜けかけた毛がかなり重そうで
まるで着ぐるみを脱ぎ掛けているようにも見えました。
先週見た感じとあまり変わらず、同じようにシャイな反応を
見せていましたが、今回は人の背中などに隠れようとしていたので
若干人を頼りにする感じもあるのかなと思いました。

あまり様子が変わっていなかったので
先週レポートを引き継ぎます。
野良っ子のような怯え方ではなく、人には飼われていた子のようなので
接し方次第では早く馴れてくれそうです。
表情は幼く、推定1歳とのことですが
見た感じではもしかするとまだ1歳にもなっていないかもしれません。

撫でたり、抜けかけの毛を抜いたりしましたが
怒ったり唸ったりすることはなく
ただひたすら大人しく固まっていました。
時間の経過と共に変化も見られるかもしれないので
また詳しく観察してきたいと思います。

f0078320_01504630.jpg


f0078320_01505675.jpg


f0078320_01510360.jpg


f0078320_01510982.jpg


f0078320_01511619.jpg

来週はブラッシングを念入りに行いたいと思うので
もう少しスッキリした姿を紹介できると思います。





収容室③ 3頭



※6/19レポート初登場
▽柴 メス 10歳以上 7キロ程度(体重は再度確認)


シニアらしい優しいお顔の女の子です。
落ち着きもありリードを引くと同じペースで後ろをトコトコついてきてくれました。
過去、元飼い主の後を嬉しそうについて歩く姿をつい想像してしまいます。

撮影開始時はあまり表情の変化がみられず
それは年齢によるものなのか、終始うつむきがちでしたが
おやつには反応してくれたので安心しました。

受け取りはするものの、口から出したり咥えたりしてすぐには食べず
好みがあるのかと思いましたが
入念に確認した後は美味しそうに食べていました。

触ったり抱き上げる事は嫌がらず、身体を固くすることもありませんでした。

前足の肘には大きめのタコがあります。
昨日今日できたようなものではないので
同じ姿勢で長い時間を過ごしていたことがうかがい知れます。

何度も出産、子育てしたようなオッパイをしていました。
繁殖に使われていた過去があるのでしょうか。

全ての足先が赤くなっていたので
皮膚が少し弱いのか、もしくはストレスから指先を
しきりに舐めていた時期があったのかもしれません。

f0078320_23014335.jpg


f0078320_23025599.jpg


f0078320_23030984.jpg


f0078320_23034465.jpg


f0078320_23051096.jpg


f0078320_23052641.jpg


f0078320_23042872.jpg


f0078320_23041107.jpg


f0078320_23061404.jpg


f0078320_23062729.jpg


f0078320_23064011.jpg









※5/22よりレポートに登場 (5/11収容)
▽18049 茶黒 メス 3歳ぐらい 
10キロ11-12程度(痩せ過ぎ) 適正13-14キロ


先週レポートより転載しています。

f0078320_23242389.jpg

f0078320_23244831.jpg

f0078320_23251872.jpg

f0078320_23254473.jpg

f0078320_23261280.jpg

f0078320_23263488.jpg

f0078320_23270197.jpg

f0078320_23273145.jpg

f0078320_23275238.jpg

f0078320_23281243.jpg



まだまだ痩せた身体ではありますが、手足がスラッと長いスタイル抜群の女の子です。

あまりじっとしてくれず、常に動いていました。

おやつは大好きなようで、勢いあまって指まで咥えてしまう事がありましたが、痛みは無いので力の加減はできているように感じました。

外に出してもらい、とても嬉しそうにイキイキした表情をたくさん見せてくれました。

他の犬の側を通りましたが、特別反応する場面はありませんでした。


(以外コメントは先週レポートより転載しています。)

最初の頃に比べると、ほんの少し身体にお肉が付いてきたように見えました。
と、言ってもまだまだ痩せ気味です。
それでも毛艶が良くなってきてハンサム女子っぷりに磨きが掛かってきました。

見た目からもわかるように、猟犬系の犬種の血が入っているようで
あまり同じところでジッとしているのは好きではないようです。
でもケージの中でけたたましく吠えるような様子は見られません。
外に出すと、絶えずあちこち動き、その動きが止まりませんので
やはり身体を動かすことが好きなタイプの子には
今の状況はストレスが掛かってしまうのだと思いました。

それでもイライラすることなく
人に対してはソフトに接することができると思います。
抱き上げられたり、身体を拘束されたりというのは
嫌がるというか、経験がないようで、困惑してしまうようでした。

お散歩は好きなようなので
外で思い切り身体を動かしたり、散歩に沢山行ったりと
そういうことからコミュニケーションを取っていくと良いのかもし入れません。
あと、おやつも大好きなので、それも上手く使えば
仲良くなるきっかけはとても掴みやすいと思います。






※6/12よりレポートに登場(5/31収容)
▽18073 茶白 オス 4歳ぐらい 14キロ程度
先週レポートより転載しています。
元気いっぱいで人懐っこく
明るい性格の男の子です。
収容当時はなんだかぼーっとしていて、具合が悪いのか
もしくはよほどショックだったのか、感情も表情も良く分からなかったようです。

今はその様子は全く見られず、元気いっぱいで健康的に見えます。
最初シニアかなと思いましたが、まだ若い子のようでした。
おやつを見せるとお座りできることからしても
飼い犬であったことは間違いないですが
空気を読まずに思うままに身体をぶつけながら
興味惹かれるものに向かって行こうとする姿を見ていると
何もかも見たこと経験したことのないものだらけで
同じ景色しか見えないような、変化のない毎日を
ただ過ごしてきたのかもしれないなと思いました。

ある意味ピュアな子犬のようで
これから人との暮らしの様々な事を教えて行く必要があると思います。
身体のどこを触っても怒りはしませんが
撫でられ慣れていないような反応はしていました。
f0078320_01352482.jpg


f0078320_01352917.jpg


f0078320_01353586.jpg


f0078320_01354203.jpg


f0078320_01354738.jpg


f0078320_01355351.jpg


f0078320_01363364.jpg



レポートは以上です。




# by centre_report | 2018-06-21 15:35 | 愛護センターレポート

6/19センターレポート 別室     5頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。

先週レポートより転載しています。

引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田



★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)






※5/29よりレポートに登場 (5/28他抑留所より移送)
▽18059 茶 オス(去勢済み) 3-4歳 12キロぐらい


丁度、夕方の排泄のために外に出してもらうところを
撮影することができました。
まだ自分からはクレートから出てこようとせず
職員さんに促されて出てきたのですが
パニックになることはなく、部屋にいつもより人が多くて
困惑したような表情をしていました。
でも職員さんの横に付き、自分の足で外に向かって歩いていました。
リードにも抵抗はなさそうです。
前脚を持ってみたり頭や腹部を撫でたりしても
怒ったり唸ったり、歯を当てるなどの行為は一切見られなかったです。
f0078320_02085951.jpg


f0078320_02090757.jpg


f0078320_02091456.jpg


f0078320_02092102.jpg


f0078320_02092854.jpg


f0078320_20204168.jpg
攻撃性なく、素直に人に従い
促されるままに思った通りの行動ができる子ですが
それでも人とは一定の距離を取りたがりました。


木陰に隠れながらこちらの様子をチラチラと見る姿に
この穏やかで小さな男の子が
放浪時代にどんな怖い目に遭ってきたのか
容易に想像することができました。
f0078320_20213765.jpg

f0078320_02093588.jpg

首の傷も順調に回復してきてるようでした。
ジュクジュクしている感じはもう見られませんでした。
あとは傷がゆっくり塞がってくるの待つばかりです。

f0078320_02150080.jpg







☆ビリー

※2/20よりレポートに登場 (1/29他抑留所より移送)
▽5103 茶黒白 長毛 オス(去勢済み) 1-2歳 14キロぐらい

首輪にチェーンのリードを付けると
素直にクレートから出てきて、促されずとも一緒に歩き
外に出ていきました。
外でゆっくり寛いでいるところごめんねと
おやつを差し出しましたが、いつものようには食べようとはせず
少し緊張していたようなので、必要以上に近づくのはやめておきました。

でも何時も最初だけ少し考えて
ひと口食べるのに時間が掛かるのだと後で思い出しました。

何事も少し考えて慎重に行動するところがあるビリー君です。
この子も来週はストレスにならない程度に
ブラッシングしてみたいと思います。
6/19:職員さん達が、毎日少しずつ不要な毛を抜いたそうで
この日見た時は綺麗になっていました。

f0078320_02111870.jpg


f0078320_02112436.jpg


f0078320_02113004.jpg


以下、以前のレポートのビリー君が可愛らしいので
写真を貼っておきます。

f0078320_02485386.jpg


f0078320_02492412.jpg


f0078320_02493794.jpg


f0078320_02494900.jpg



f0078320_02503265.jpg


f0078320_02504747.jpg


f0078320_02510469.jpg


f0078320_02511647.jpg


f0078320_02512754.jpg





☆べん

1/9よりレポートに登場 (12/15引き取り収容)
▽5062 茶 オス(去勢済) 8歳 13.55キロ
飼い主募集中!!No.5062

他の子におやつを与えていたところ
後で吠えてアピールする子がいるなと思ったら
ベンくんが吠えて「こっちにも~」と主張していて
ただそれだけなのに、なんだか嬉しくなってしまいました。
ほんの数か月前まで、ただ怯えていただけの子が
おやつをねだるまでになったのだなと
嬉しくなり、差し出したおやつを躊躇なくパクッと頬張る様子が
なんとも可愛らしかったです。

まだハグのような濃厚な触れ合いはできませんが
この短期間でこれだけ変化の大きいベンくんですので
もっと人を信じて安心して身を任せてくれる時が
近いうちにやってきそうな気がします。

f0078320_02133185.jpg


f0078320_02134419.jpg


f0078320_02135078.jpg


以下、おやつを待つ可愛らしい姿のベンくんの様子を
以前のレポートから転載しています。

f0078320_02430499.jpg


f0078320_02432328.jpg


f0078320_02435036.jpg





☆サリー
※3/27よりレポート登場(3/22引き取り移送)
▽5136 茶 メス(不妊手術済)  3歳ぐらい 18.75キロ

身体の割に、小粒で優しい目が印象に残るサリーちゃんです。
排泄のために出してもらっている最中でしたので
ナイーブなサリーちゃんをあまり緊張させてもいけないと思い
しつこく写真を撮るのはやめておきましたが
おやつは食べてくれました。

職員さんのお話ですと
おやつを手から食べてくれるようになったものの
そこからの人馴れがなかなか進まないとのことでした。

でも、人を目の前にして
お座りした姿勢のまま逃げるでもなく
おやつを待っていられるだけでも、この子なりに
本当に少しずつですが進歩しているうような感じはします。
f0078320_02162847.jpg


f0078320_02163249.jpg


以下、サリーちゃんの可愛い表情を
以前のレポートの写真から転載しています。
f0078320_03050356.jpg



f0078320_03053647.jpg


f0078320_03060371.jpg



f0078320_03062672.jpg





☆リッキー

※5/22よりレポートに登場 (5/17他抑留所より移送)
▽18051 茶 オス 6歳ぐらい 15キロ

リッキーくんは外に出す時
まだ少し抵抗があるためか、他の子達を外に出した一番後に
職員さん何人かで時間を掛けてなだめたり、落ち着かせたりしながら
ゆっくり外に出していました。
人に対してというよりは、まだリードなどで引かれることに
抵抗があるようです。

6歳ぐらいになるまで、そんな経験もなく育ってきたのでしょうから
困惑したり抵抗したりしても仕方がありません。
ゆっくり経験を積んで少しでも慣れていってくれればと思います。
f0078320_02181351.jpg


f0078320_02181872.jpg


f0078320_02182271.jpg

外にいる時の様子を
以前のレポートの写真から転載して紹介しておきます。

f0078320_00324662.jpg



f0078320_00331484.jpg



f0078320_00333481.jpg



f0078320_00335391.jpg



f0078320_00341762.jpg



f0078320_00343826.jpg



f0078320_00345857.jpg



f0078320_00352436.jpg



f0078320_00354407.jpg



f0078320_00360227.jpg


レポートは続きます。






# by centre_report | 2018-06-21 15:35 | 愛護センターレポート

6/19センターレポート 旧子犬舎   6頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。

営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ぐーちゃんママさん・時々付き人さんのレポートです。
加筆・修正しています。


コメントは先週レポートより転載しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田




<1-1>2頭

※3/6よりレポート登場 (3/1他抑留所より移送)
▽1536 茶 オス  9ヵ月  9-10キロ(6/12修正)

(6/12撮影)

f0078320_21453532.jpg
f0078320_21455280.jpg
f0078320_21460821.jpg
f0078320_21462022.jpg
f0078320_21463377.jpg
f0078320_21464255.jpg


収容当初に比べると大分大人びた顔つきになってきました。
体つきも大分しっかりしてきました。
以前は近寄るだけで唸っていましたが、
最近は近づくだけで唸るようなことはありません。
それでもやはり身体を触られることは、何をされるかわからずに
怖いのだと思います。

おやつを手から食べられるようになってくれれば
もう少し仲良くなることができそうなのですが、
まだおやつにも興味を示してくれることはありません。
正面から近づくと怖いと思うので、横から近づいて
この子の身体に触れるように横に座ることはできます。
この日、同室の子のブラッシングをしてみたのですが、
この子も近くにいる時に「ボクもやってみる?」と
ブラシを身体につけて動かした瞬間に「やめろ!」と
意思表示してきました。

この子にはまだハードルが高かったようです。
こちらに収容されてから3ヶ月が経過しました。
唸る必要がないことは理解しつつあるようですので
もう一歩進歩できるように考えていきたいです。
何よりも一日も早く人と一緒に生活することが
この子にとっては一番いいことであることは間違いありません。
※以下6/5撮影



f0078320_11354484.jpg

f0078320_11360552.jpg

f0078320_11365175.jpg

f0078320_11371440.jpg

f0078320_11380797.jpg

f0078320_11382266.jpg

f0078320_11383411.jpg




※29.8/29よりレポートに登場(29.8/22収容)
▽4950 茶白黒 オス 4歳ぐらい 8キロ程度

(6/12撮影)

f0078320_21582779.jpg
f0078320_21593921.jpg
f0078320_22000784.jpg
f0078320_22002936.jpg
f0078320_22004156.jpg
f0078320_22005462.jpg

以前は常に人と距離を取りたがって逃げ回っていましたが
最近は部屋に入ると、その場に留まっていることが
できるようになってきました。
長くここにいるとは思っていましたが、もうすぐ10ヶ月が
経過しようとしています。

収容当初に比べれば大分落ち着いてきていると思います。
身体や頭を触っても抵抗することもなくなってきたので
思い切ってこの日はブラッシングしてみることにしました。
最初こそビクっとしていましたが、
緊張はしているものの、抵抗もせずにしばらくの間
ブラッシングさせてくれました。
かなりアンダーコートがあり、ブラッシングでたくさん抜くことが
できました。だいぶすっきりしたのではないでしょうか。

大分人への恐怖心や警戒心は薄らいできていると思います。
もっともっと人と接する時間が長くなれば
人馴れも進んでいくものと思います。
ブラッシングしたときの動画を撮影しましたので
合わせてご覧いただければと思います。
※以下6/5撮影





f0078320_11414619.jpg

f0078320_11411112.jpg

f0078320_11412651.jpg

f0078320_11413618.jpg

f0078320_11415369.jpg

f0078320_11420409.jpg

f0078320_11421199.jpg

f0078320_11422326.jpg






<1-3>2頭

f0078320_22034146.jpg
f0078320_22255219.jpg
f0078320_22262647.jpg

※28/8/2よりレポートに登場(28.7/28他抑留所より移送)
▽4537 薄茶 メス  3-5歳? 12-3キロ

(6/12撮影)
f0078320_22142829.jpg
f0078320_22152935.jpg
f0078320_22150708.jpg
f0078320_22155603.jpg
f0078320_22160673.jpg

こちらの小部屋に入るといつも奥でゆったりとしていますが
同室の子が人を怖がり逃げ回ろうとウロウロしていたので
それに同調するように珍しくいつもの場所から移動しました。
久しぶりにこの子が動く姿を目にしました。
それでも必死に動き回るということはなく、
閉めたドア側で落ち着き、こちらを見ていました。

おやつを差し出すと、いつものように躊躇なく首を伸ばして
ゆっくりとおやつを食べてくれました。
ここまでは全く問題なくできるのですが
そこからがなかなか進歩が見られません。
身体を触られることにはまだ抵抗が強く、
人への警戒心がまだまだ解けていないことが伺えます。

センターの方々もお世話してくださっていますが
やはり常に人と一緒にいる環境で
人が怖いことをするものではないとしっかりと教えてあげなければ
この子の警戒心を解いてあげることは難しいのではないかと
思います。
※以下6/5撮影

f0078320_11455490.jpg

f0078320_11460486.jpg

f0078320_11461709.jpg

f0078320_11462729.jpg

f0078320_11463845.jpg

f0078320_11464891.jpg

f0078320_11465864.jpg

f0078320_11470898.jpg




※3/20よりレポートに登場(3/9収容)
▽1547 白・薄茶 メス 1歳ぐらい(6/19修正) 8キロぐらい(5/29修正)

(6/12撮影)

f0078320_22290183.jpg
f0078320_22310065.jpg
f0078320_22311131.jpg
f0078320_22312179.jpg
f0078320_22313387.jpg
f0078320_22302411.jpg

この子も少し不思議な子です。
近づくと唸ったりすることがあり、
人への警戒心はかなり伝わってきますが
おやつだけは別です。
さっきまで唸っていたかと思えば
おやつを差し出すと唸りは止まり、首を伸ばして
おやつを食べてくれます。

臆病な子は長い形状のおやつを差し出してようやくそれを食べられる
といったことが多く、手のひらに乗せてあげたものは食べられない
という子が多いのですが、この子は手のひらに乗せたおやつも
難なく食べることができるのです。
それでもその延長で身体を触ろうとすると
また唸って逃げていこうとしたり、空噛みをしようとしたり
してしまいます。
同室の子の様子も見ているので、あまりよい影響を受けていない
ように感じます。
それでもおやつはこうして食べることができますので
それをうまく使って、この子の警戒心を取り除いていってあげたいです。
※以下6/5撮影

f0078320_11484711.jpg

f0078320_11490014.jpg

f0078320_11491192.jpg

f0078320_11492015.jpg

f0078320_11492969.jpg

f0078320_11493926.jpg

f0078320_11494996.jpg

f0078320_11495996.jpg







<1-4> 2頭


子犬舎2-5より移動
※6/12よりレポート初場 (6/11収容)
▽18082 茶白 オス 8ヵ月ぐらい 7キロ程度


産毛のようなホワホワとした毛が可愛い男の子です。

抱き上げる時は、パクパクして必死に抵抗していました。
身体の力がなかなか抜けずに
この日引き出したきょうだい犬の2頭の姉妹よりも
警戒心が少し強めかもしれません。
とは言ってもまだ乳歯が抜け替わってさほど経過していないくらいの
幼い子なので、これから人との関わり合い方で
家庭犬として育つことができると思います。
f0078320_15225739.jpg


f0078320_19181679.jpg

訪問メンバーが近づくと慌てて隠れる場所を探し同室の子の身体の下に必死に潜り込もうとしていました。

f0078320_19191305.jpg
f0078320_19200487.jpg
f0078320_19205241.jpg
f0078320_19213764.jpg
f0078320_19222205.jpg
f0078320_19225228.jpg
f0078320_19230832.jpg
f0078320_19233618.jpg










※5/15 よりレポート登場(5/14他抑留所より移送)
▽18047 薄茶白 オス  10ヵ月 8ー9キロ(5/29修正)

(6/12撮影)

f0078320_22435194.jpg
f0078320_22440858.jpg
f0078320_22442673.jpg
f0078320_22443785.jpg
f0078320_22444746.jpg
f0078320_22445769.jpg


まだこちらに来てから1ヶ月程度しか経過していないためか、
環境に馴れていないような感じを受けます。
収容当初は固まっていることが多かったようですが
少なからずこの日はずっと人を避けるように逃げ回り
落ち着いていることはありませんでした。
逃げ回る様子も腰が引けて動き回る感じで
少しでもこちらが近づこうとすると、
こちらを一切見ずに猛ダッシュで逃げて行ってしまいます。
もちろん、おやつもまだ全く興味を示すことはありません。
こちらが立っていると余計に怖いのだろうと思い、
しゃがんで少し離れたところからそっと手を差し出してみましたが
「こっちに来るな!!」と意思表示してきました。

まだ幼い子ですから、これ以上警戒心や恐怖心を助長しないように
まずは人が近くにいても怖いことはしないんだよ、と
教えてあげなければいけません。
ただ、ここにいてはなかなか人が密に関わることができません。
一日も早く家庭に入って人が常に一緒にいる環境に
おいてあげたいと願わずにはいられません。
※以下6/5撮影

f0078320_12034953.jpg

f0078320_12040513.jpg

f0078320_12041603.jpg

f0078320_12042667.jpg

f0078320_12044491.jpg

f0078320_12043642.jpg

f0078320_12045685.jpg

f0078320_12051037.jpg



レポートは続きます。



# by centre_report | 2018-06-21 15:31 | 愛護センターレポート

6/19センターレポート 子犬舎    3頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ぐーちゃんママさん・時々付き人さんのレポートです。
加筆・修正しています。

先週レポートより転載しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田



★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)







<2ー7>1頭

☆ナイト
※29.2/14よりレポートに登場(29/2/3収容)
▽4709 黒(茶) オス(去勢済) 1歳 16.5キロ 

(6/12撮影)

f0078320_20493215.jpg
f0078320_20502195.jpg
f0078320_20514667.jpg
f0078320_20521657.jpg
f0078320_20523577.jpg
f0078320_20525712.jpg

※以下6/5レポより

ここ最近のナイトは表情が本当に柔らかくなったと思います。
センターの職員さんがこの部屋を掃除するときに
2-6にいる茶色の子と一緒にすると、一緒に遊んでいる
と聞いていたので、2-6と2-7の小部屋を同時に
扉を開けたままにしてみました。
2-6では茶色の子のブラッシングをしていたのですが
ナイトはしきりに気にして様子を覗きに来ていました。
お互い特に反応することもなかったので、
どちらの子も他犬とはうまくやれそうな子だと思います。

その後、またナイトもブラッシングしてみましたが
ここ数週間、来る度にやっていたからか、
ほとんど毛は抜けなくなっていました。
以前は触ろうとすると空噛みをしようとしていたナイトが
ブラッシングするようになってからは警戒心も薄れたのか
前足を持ったりすることもできるようになりました!

どんどん成長を見せるナイトですので
家庭に入ればもっともっと人馴れは進んでいくものと
思います。
ナイトにも暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_10212321.jpg


f0078320_10214585.jpg

f0078320_10220092.jpg

f0078320_10221379.jpg

f0078320_10222522.jpg

f0078320_10223771.jpg

f0078320_10224653.jpg

f0078320_10225869.jpg

f0078320_10231121.jpg





<2ー8>2頭



圧倒的な体格の差からか
どうしてもゴーヤがナイトに対して萎縮してしまうようで
隣の小部屋に移動してもらっていました。

同じくらいの大きさのメスと
ビビリちゃん同士安心したのか
身を寄せ合い、お互いを頼りにしているようでした。
(ゴーヤは去勢済です)
f0078320_15390609.jpg


☆ゴーヤ 
※29/10/24よりレポートに登場(29/10/10収容 )
▽5001 茶白 オス(去勢済) 1-2歳 8.25キロ

(6/12撮影)

f0078320_20535160.jpg
f0078320_20541556.jpg
f0078320_20545533.jpg
f0078320_20553470.jpg
f0078320_20560988.jpg

※以下6/5レポより

隣の小部屋の子と遊ぶ様子が見られるかと思い、
両方の小部屋の扉をあけたままにしておきましたが、
結局ゴーヤは出てきませんでした。
ただ、こちらの様子は気になるようで
常に顔はこちらを向けている状態が多いです。

近づいていくと緊張感が高まるようで顔を隠してしまいますが
顔や身体のどこを触っても攻撃的になることはありません。
ただ、身体を包み込むようにしようとすると
さっと移動してかわしてしまいます。
おやつも未だに食べることができません。

ここにいるままではなかなか人馴れが進みませんので
やはり常に人と一緒にいられる環境に
一日も早く置いてあげたいと願わずにはいられません。

f0078320_10152143.jpg

f0078320_10153903.jpg

f0078320_10155249.jpg

f0078320_10160343.jpg

f0078320_10161324.jpg

f0078320_10162375.jpg

f0078320_10163344.jpg

f0078320_10164436.jpg







※4/17よりレポートに登場(4/5他抑留所より移送)
▽5149 薄茶 メス 2歳ぐらい 10-11キロ

(6/12撮影)

f0078320_21114645.jpg
f0078320_21120407.jpg
f0078320_21123096.jpg
f0078320_21124117.jpg
f0078320_21125807.jpg
f0078320_21130993.jpg
6/12 個室の扉を開けると足早に出て、廊下を往復し必ず個室の扉と壁の間に入る、
この動きを繰り返していました。

※以下6/5レポより

この子もゴーヤと同じように、近づくと顔を隠して
気配を消そうと必死になってしまいますが、
遠くから見ている分にはこちらを気にしているようで
こちらをずっと見ています。
固まっている時に身体や頭を撫でても
抵抗することはありません。

小部屋の扉を空けてあげると素早く外に出てきて、
どこへ行ってしまったのかと思ってよく見ると
壁とこの部屋の扉の間に挟まるように隠れていました。
それでも少し離れたところから撮影すると
こちらを見ているので、人には興味がないわけではなさそうです。

とても綺麗なお顔をしているかわいい子です。
以前まで同じ子犬舎の一番手前の部屋に
母子が一緒にいたのですが、移動してしまったので
そちらの小部屋を覗きに行きましたが
いないとわかるとすぐに自分の小部屋に戻っていました。
以前、子犬たちを気にする様子が見られ
自分が産んだ子犬たちのことを思い出しているのかと
切なくなりました。
まだまだ若い子ですので、なんとか人を信用してもらえるように
優しく暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_10361949.jpg

f0078320_10365059.jpg

f0078320_10370663.jpg

f0078320_10372601.jpg

f0078320_10373641.jpg

f0078320_10374540.jpg

f0078320_10375521.jpg

f0078320_10380510.jpg


レポートは続きます。





# by centre_report | 2018-06-21 15:18 | 愛護センターレポート