ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


5/22引き出し編・レポート紹介 全 47頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。




お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。



5/22幼犬2頭含む、全6頭を引き出しました。
f0078320_02330562.jpg
f0078320_02331402.jpg
f0078320_02331800.jpg
f0078320_02332367.jpg
f0078320_02353329.jpg

準備が整い次第いぬ親さん募集開始いたします。



いぬ親会でお持ちいただき、またご郵送いただきました
古新聞をお届けいたしました。

いつもご協力ありがとうございます!

f0078320_02384359.jpg






~お知らせ~

ちばわんでは、本当の家族を待つ犬達や猫達と
新たに犬や猫を家族の一員として迎えたいご家族との
出会いの場である「いぬ親会、ねこ親会」をほぼ毎週各地で開催しています。




「イベント情報」詳しくはコチラ。




f0078320_02501255.jpg
f0078320_21222360.jpg
f0078320_02505855.jpg
f0078320_21502686.jpg
f0078320_02430676.jpg
f0078320_14561551.jpg
f0078320_14560617.jpg
f0078320_02414311.jpg
f0078320_20190559.jpg







「イベント情報」開催場所などの詳細につきましては
↑↑↑こちらをご覧ください。


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、まずちばわんにお願いします。

問合せ先 korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)
(※上記アドレスへのいぬ親会に関するお問い合わせはご遠慮ください。
必ず詳細ページにてご確認をお願い致します。)

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。

★新規の預かりボランティアご希望下さる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

※大変申し訳ありませんが
小型犬のみの新規預かり希望は受け付けておりません。

お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
(審査の上、判断させていただきます。)







# by centre_report | 2018-05-25 02:52 | 愛護センターレポート

5/22センターレポート C部屋    1頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。

営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



ひなのんさん&ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。




引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田







【C部屋】1頭


※3/22よりレポートに登場 (3/12収容)
▽5132 柴 10歳以上 6キロ程度

とても小ぶりなかわいいおばあちゃんです。
とても10歳とは思えないくらい元気一杯です。
ケージから出してあげると嬉しいのでしょう、
部屋の中をせわしなく動き回ります。
時にはまるでスキップでもしているかのように
軽く飛びながら走り回ったりするので

ぱっと見た目ではとてもシニアとは思えないほどです。
顔をよく見ると目が白くなってきていて
おやつなどへの反応も若干違うところを食べようとしたりしますが
それも見ていて微笑ましい程度です。
ケージの中に入ると何かいいことがある、と
教えられたのかと思うぐらい、
少し外を走り回るとすぐにケージに戻りニコニコしながら
こちらの様子を伺っていました。

おやつは、かつてもケージに入るともらえていたのかもしれません。
センター訪問メンバーの間では愛情をこめて
この子を「しばぁば」と呼んで皆でかわいがっています。
この年齢になってから独りぼっちになってしまったのは
本当に気の毒でなりません。
人は大好きで一緒に遊んで欲しくて仕方がない子です。
残りの犬生、楽しく一緒に過ごしてくださる方に
どうか早く巡り会えますように。
f0078320_00300418.jpg

f0078320_00303559.jpg

f0078320_00310446.jpg

f0078320_00313400.jpg

f0078320_00320579.jpg

f0078320_00323573.jpg

f0078320_00330553.jpg

f0078320_00333539.jpg

以前にも紹介しましたお散歩の様子の動画を再度掲載します。
シニアの魅力たっぷりの「しばぁば」をどうぞご覧ください。









レポートは続きます。




# by centre_report | 2018-05-25 01:36 | 愛護センターレポート

5/22センターレポート 4日目部屋  3頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。




引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田



★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)




f0078320_01302138.jpg



※28/8/2よりレポートに登場(28.7/28他抑留所より移送)
▼4536 黒茶 オス(去勢済) 2-3歳 5歳ぐらい 12キロ

この日はこの子が前にいて、
いつもどおりの後足をあげてお座りしているポーズでした。
この子の身体の横から黒い子が顔を出していたので
撫でてあげることはできませんでしたが、
おやつはいつものように手から直接何度ももらって
食べていました。
顔なじみのメンバーからでなくても躊躇なく
食べることができます。

以前にもお伝えしているように、
この子は人の手からおやつは食べられるものの、
まだまだ人への警戒心は解けているわけではなく、
特に身体を拘束されるようなことには抵抗があります。
おやつをあげながら身体を触ることには
ほとんど抵抗することもなくなりましたので
大分触られることには慣れてきてくれたと思います。
あとはやはり人と一緒にいる時間がもっと長く取れて
人が一緒にいることが当たり前になることが
この子の警戒心を解く唯一の方法なのではないかと
思っています。
f0078320_00363378.jpg

f0078320_00365098.jpg

f0078320_00365870.jpg

f0078320_00405866.jpg

f0078320_00371487.jpg

f0078320_00372328.jpg

f0078320_00373364.jpg

f0078320_00382185.jpg





※2017/5/30よりレポートに登場(2017/5/25他抑留所より移送)
▽4868 茶黒 オス(去勢済) 1歳ぐらい 10.8キロ

この部屋を覗くと3頭一緒にいる姿を見ることもありますが、
基本的にこの子は他の子とは群れない傾向にあります。
だからといって他犬との相性がよくないわけではないようです。
人がこの部屋に入ってくると我慢しきれずに
すぐ動き回ってしまいますが、それもクセのようになって
いるだけなのだと思います。

こちらがしばらくじっと座り込んでいると、すぐ近くを通ったりして
私の周りをぐるぐると何度も何度も通っていきます。
触ろうと手を出すと逃げるスピードが速まりますが
近くを通った時に少し触ったりしても
お口が出たりするようなことはありません。
人は怖いことをするものではない、
人は優しいんだよと教えてあげたいです。
f0078320_01215015.jpg

f0078320_01221983.jpg

f0078320_01224983.jpg

f0078320_01232021.jpg

f0078320_01235032.jpg

f0078320_01242055.jpg

f0078320_01245004.jpg

f0078320_01251937.jpg





※28/8/2よりレポートに登場 (7/28他抑留所より移送)
▼4535 黒 オス(去勢済) 4-5歳 2-3歳 16キロ

いつもと同じ部屋の奥に置かれたすのこの上で
黒茶の子にべったりとくっついていました。
この2頭は同郷なので
一緒にくっついていれば安心なのでしょう。
ただ、人に飼われていた経験があるにしては
どうしてここまで頑なになってしまったのか
一体どういう飼われ方をしていたのだろうと思ってしまいます。

この日もおやつを差し出してみましたが、
いらない、とそっぽをむかれてしまいました。
あまりしつこくやるとお口が出そうになるので
途中でやめることにしました。
一時期床に置いたおやつを食べてくれるようになったのですが
最近では黒茶の子の後に隠れていることが多く
なかなかあげるチャンスがありません。

それでも、触れなくてもべったりこの子のお尻に
身体をくっつけて座り込み、この部屋にいる間は
ずっとこの子にくっついたままの状態で過ごすようにしています。
触れなくてもくっついていることで、
少しでも人がそばにいることに慣れてもらいたいと思っています。
f0078320_01272106.jpg

f0078320_01273450.jpg

f0078320_01274704.jpg

f0078320_01280635.jpg

f0078320_01281620.jpg

f0078320_01284347.jpg

f0078320_01285352.jpg



レポートは続きます。




# by centre_report | 2018-05-24 23:44 | 愛護センターレポート

5/22センターレポート D部屋    4頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。



引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)



f0078320_17053688.jpg


f0078320_17052961.jpg


*今回は全て写真が良くなくてすみません。





3/6よりレポートに登場(1/25収容)
▽5108 茶 メス(不妊済)1歳ぐらい 12キロ程度(痩せ過ぎ)
f0078320_17074552.jpg


f0078320_17075293.jpg


f0078320_17080145.jpg


f0078320_17080982.jpg


f0078320_17081846.jpg


f0078320_17084521.jpg


f0078320_17085542.jpg


f0078320_17082674.jpg


f0078320_17090775.jpg

穏やかで優しい子だと感じます。

今までどのように生きて来たのか、
とても臆病になっています。
それでも顔を埋めて時間が過ぎるのを待つのではなく、
しっかり私達の様子を見ることができる子です、

まだまだ人の手からオヤツを受け取ることも、
置いたものを食べることもできません

表情一つ変えることなく頑なな様子は伺えます。
しかし、暫くそばに座り込んだのち、
ゆっくりと触ってみると、受け入れてくれる子ですから、
この子には、もっと一緒にいる時間を持つことで、
変わってくれるのではないかと、そう思えました。





※29.3/28よりレポートに登場(29/3/16他抑留所より移送)
▽4808 茶白 メス(不妊手術済) 4-5歳 20キロ以上
f0078320_17144688.jpg


f0078320_17145974.jpg


f0078320_17150824.jpg


f0078320_17151904.jpg


f0078320_17153160.jpg


f0078320_17154130.jpg


f0078320_17155382.jpg
滞在が長くなっていますが、
その間、ここは安全な場所だと、
この子なりに理解したのでしょう、
表情が本当に穏やかになったように感じます。

それでも人に対しての距離はなかなか縮まらずで、
スッと離れてしまいます。
週1会う程度では、これ以上のことは望めないように感じます。

今はオヤツは当たり前のように手から食べてくれます。
食べ方もとても優しいです。

現状ではどうしても仲良くするための手段として、
オヤツを使ってしまうのですが、
体重オーバーは深刻なほどになっています。

食事をしっかり摂れている証拠で安心ではありますが、
体格に合った運動がこの子達には必要です。
これから来る夏が、この子にはとても厳しい状況になりそうで心配です。
できれば個別に対応できる望ましい環境に、
一日も早く移動できますよう祈っています。





とてもよく似た、綺麗なお顔の姉妹です。
不思議な目をしていて、吸い込まれそうな魅力がある子達です。
f0078320_17162367.jpg










※29.8/22よりレポートに登場(8/10他抑留所より移送)
▼4941 茶黒 メス 2歳ぐらい 10-11キロ
f0078320_17163102.jpg

f0078320_17163989.jpg

f0078320_17164970.jpg

f0078320_17170147.jpg

f0078320_17171375.jpg

f0078320_17172397.jpg
大部屋にいることで、自由に動き回れるので、
とてもすばしっこく人を交わします。
運動機能が発達していて、活発な子だと思われます。

ただただ逃げ回っていた当初とは変わり、
今はオヤツが出てくるのを学習しており、
オヤツタイムの時だけは、私達に集中してくれます。
今のメンバーの中では、
この子が一番人に興味を持っているように感じます。

最近は、オヤツ欲しさに、焦れて要求吠えが出て来ています。
空の手を差し出しても確認しにそばまで来てくれるようになりましたが、
私が少しでも動くと軽快な動きで下がってしまいます。

人馴れは深刻な程でもなさそうですが、
人との関わり方が全くわからないといった感じなので、
じっくり向き合う必要はあるかなと思います。
今のところ、見ている限り攻撃的な様子は見受けられず、
素直な子だと感じます。






※29.8/15よりレポートに登場(29.8/10他抑留所より移送)
▽4926 薄茶黒 メス 1歳ぐらい 9-1011-12キロ(5/22修正)
f0078320_17181760.jpg

f0078320_17182561.jpg

f0078320_17183610.jpg

f0078320_17185112.jpg

f0078320_17190427.jpg

この子は、収容されてから一回り大きくなったように感じます。
姉妹?の子より少し体格がよくなりました。
常に後ろに隠れていた子でしたが、
人がいない時はちゃんと食らべれる子で、
犬社会では上手にこなすことができるのだろうと思います。

この子なりに学習して前に出られるようになって来ています。
もう1頭の子より警戒心が強いのか、
慎重にオヤツを食べに来るので他の子に取られてしまうことが多く、
仲良くなるための作戦も思うようには行かずで歯がゆい限りです。
それでも決して後退はしていません。
この子に必要な時間を掛けてあげたら、
きっと変わってくれるように思います。



レポートは続きます。


# by centre_report | 2018-05-24 18:22 | 愛護センターレポート

5/22センターレポート 別室     6頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。

営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



時々付き人さんのレポートです。
加筆・修正しています。






引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田




※5/22レポート初登場 (5/17他抑留所より移送)
▽18051 茶 オス 6歳ぐらい 14キロ


f0078320_00324662.jpg
f0078320_00331484.jpg
f0078320_00333481.jpg
f0078320_00335391.jpg
f0078320_00341762.jpg
f0078320_00343826.jpg
f0078320_00345857.jpg
f0078320_00352436.jpg
f0078320_00354407.jpg
f0078320_00360227.jpg
ゆっくりした動きではありましたが、気配を消しつつ人から離れようとする素振りがありました。
近づいてもパニックになることはなく、伏せた姿勢で上目遣いにこちらの様子を見ていました。
声をかけながら身体を撫でるとガタガタと震え、撫でる手を止めると震えが止まる、その繰り返しでした。
唸ったり攻撃的な素振りはなく、時間が過ぎるのを我慢しているようにも感じました。
オヤツは気にする余裕がなく、最後まで食べることはできませんでした。
右の耳には大きな裂け目がありました。
過去の古傷と思われます。









☆小吉


※5/1よりレポートに登場 (4/26他抑留所より移送)
▽5177 茶 オス(去勢済) 2歳ぐらい 7キロ程度


f0078320_01363578.jpg
環境に慣れてきたのか、見た目の可愛さとかけ離れた元気な声で周りの犬達と一緒に元気に吠える姿がありました。
f0078320_01381174.jpg
f0078320_01383338.jpg
f0078320_01385911.jpg
f0078320_01391925.jpg
表情が穏やかになったように感じました。
人がそばにいても他のことを気にしたりできていました。
ドッグランの中で日向へ移動する際、素直に後ろを歩いていました。
f0078320_01391184.jpg
f0078320_01372074.jpg
f0078320_01375039.jpg
f0078320_01392967.jpg
オヤツはすんなりと、優しく受けとることができていました。
お口周り、お口の中、嫌がることなく素直に触らせてくれました。
上の犬歯は2本とも先端が丸くなっていました。

↓以下先週レポートから転載しています。
撫でることも、抱き上げることも、お散歩もすべてできて
時には尾を振ることもあるのですが
それでもまだ人への信頼感は芽生えていないようです。
野良っ子のように人を知らないことからくる怯えではなく
人を知っているからこそ、まだ誰も信用したくない。
そんな感じを受けます。
小さく可愛らしいこの子の過去に何があったのか
語ってくれるのであれば聞いてみたい気持ちになります。
見た目の可愛さだけで、この子を迎え入れて
人を信頼する気持ちを育てることに重きを置かず
そのままただ一緒に過ごすだけでは
ちょっとした油断で逃がしてしまいそうな、そんな危うさも感じます。

あと気になるのが皮膚の荒れです。
被毛もところどころ脱毛があり
アレルギーか、以前の環境で不衛生な場所にいたのかのいずれかだと思われます。
現在痒がってはいないようです。

何かが原因で壊れてしまった人への信頼関係を
一から築き直してくださる方とのご縁がありますように。







☆べん

1/9よりレポートに登場 (12/15引き取り収容)
▽5062 茶 オス(去勢済) 8歳 13.55キロ

f0078320_02423476.jpg

ちびたろうの父親です。

父親のべんは、食べ物への関心がとても高く、オヤツの気配に気づくとお座りしてオヤツを持っている人がくれるのを静かに待っていました。

f0078320_02430499.jpg
f0078320_02432328.jpg
f0078320_02435036.jpg
f0078320_02440961.jpg

オヤツをもらえると分かると2本足で立ち上がり可愛くアピールを繰り返していました。

その際、前足を人に預けることなく上手にバランスを取っていました。

オヤツを受け取るお口は優しく、上手に食べていました。


f0078320_02505189.jpg
f0078320_02510455.jpg
f0078320_02512667.jpg

身体や頭を撫でる時、一瞬だけ腰が引けたように感じましたが、人のそばから極端に離れることはありませんでした。


床に置いていたオヤツの袋にも、自ら頭を入れそうな食いしん坊さんです。

すぐ近くに繋がれている息子のちびたろうを気にする時もありましたが
この日はオヤツをもらうことに夢中になっていました。


職員さんのお話しでは、父親であるべんの方が
ちびたろうを頼りにしているようで
ちびたろうが離れると、ヒンヒン鳴き寂しがる様子もあるそうです。




☆ちびたろう


※12/28よりレポートに登場 (12/18引き取り収容)
▽5063 茶白 オス(去勢済) 1歳ぐらい 13-4 14.8キロ 



f0078320_23441563.jpg

べんの息子です。

この日は先週同様に外のドッグランスペースに出ていました。

その場所は、たまたま私たち訪問メンバーが引き出し準備をする場所の近くだったこともあり、ドキドキしつつも作業中のメンバーを後ろからコッソリ匂いチェックを繰り返していました。


f0078320_01314146.jpg
f0078320_01322699.jpg
f0078320_01305642.jpg

周りを人に囲まれていても怖がると言うよりは「どーしよう、どうしたら良いのだろう?」と、困ったような表情をしながらオロオロする様子は小さな子供のように見えました。
それでも人のそばから離れようとはせず
知らん顔していると、真横にいたりして、私たちの作業の様子を
かなり興味深げに見ていました。

f0078320_01332963.jpg
f0078320_01341575.jpg
f0078320_01350209.jpg
f0078320_01355212.jpg

f0078320_01381790.jpg
差し出したオヤツは最初だけ躊躇しましたが、1度食べると次は躊躇せず優しく上手に受け取り食べていました。

身体を触られるのも最初は後退りする様子がありましたが、暴れたり震えることはなく、少し迷惑そうな顔をしながらも受け入れてくれました。


f0078320_01363440.jpg
撮影終了の頃には、それまでより自信がついたような一歩勇気が出せたような、少し大人な表情をしていたように見えました。




※2/20よりレポートに登場 (1/29他抑留所より移送)
▽5103 茶黒白 長毛 オス 1-2歳 14キロぐらい

f0078320_02475228.jpg
人の動きをよく見ていて、ある程度の距離より近づくとリードの長さいっぱいに離れたがる素振りはありました。

f0078320_02485386.jpg
f0078320_02492412.jpg
f0078320_02493794.jpg
f0078320_02494900.jpg

オヤツは最初の一口を食べた後は、差し出せば遠慮がちに優しく受け取ってくれます。

指先に持つ方が食べやすいのか、手の平に乗せたオヤツは受け取るまでに少し時間がかかりました。

f0078320_02503265.jpg
f0078320_02504747.jpg
f0078320_02510469.jpg
f0078320_02511647.jpg
f0078320_02512754.jpg

自分に伸びてくる手を完全に受け入れている訳では無さそうですが、身体に触れても震えたり逃げたりすることはありませんでした。


人との距離がある程度離れてしまえば、緊張が解けてリラックスする様子もありました。



↓以下先週レポートから転載しています。
職員さんがこの子の毛束を優しく抜いていました。
抵抗も怒ることもせず、ジッとされるがままになっていましたが
いつものヨガのポーズのまま固まっていました。

身体に触れても怒ったりはしませんか?と尋ねたところ
だいぶ触られることには慣れてきたようだとのことです。

リードで誘導されてお散歩することにもだいぶ慣れてきたようです。
まだ表情が固いですが、変化も少しずつですが出てきました。
皮膚はまだ荒れているところもありますが
改善した部分もあります。
引き続きよく観察したいと思います。





☆サリー
※3/27よりレポート登場(3/22引き取り移送)
▽5136 茶 メス(不妊手術済)  3歳ぐらい 18.75キロ


f0078320_03042180.jpg
自ら人のそばには来ませんが、オヤツを持っていることに気づくとそれなりに「何を持っている?」と興味を示してくれるようになったような気がします。

f0078320_03050356.jpg
f0078320_03053647.jpg
f0078320_03060371.jpg
f0078320_03062672.jpg


少し前は好みでは無いオヤツも律儀に受け取り床に並べていましたが、この日は床に並べた後で人が離れた後にゆっくり食べていました。


受け取る瞬間だけ鼻にシワが寄り怒っているようにも見えますが、サリーちゃんの癖のようで攻撃的になることはありません。


f0078320_03065976.jpg
f0078320_03072027.jpg
f0078320_03073727.jpg
f0078320_03075716.jpg


身体に触れることもできるのですが、緊張からか目が必ず泳いでしまいます。

さりげなく避けようとする場面もありました。

職員さんのお話しでは、他のビビリっ子よりも
人馴れの進みが少しゆっくりなようです。


↓以下先週レポートから転載しています。

サリーちゃんと仲良くなりたくて

おやつで気を引こうとするのですが
結構好みが色々あり、好きなおやつでないとシラ~っとそっぽ向いたりします。
なのでこちらもサリーちゃんが好むおやつをあれこれと
これはどう?あれはどう?などと言いながら与えるのですが
お目にかなってパクッと食べてくれるとつい嬉しくなってしまいます。

身体は優しく短時間であれば触らせてくれるようになりました。


まだ若いこの子の幸せな犬生はまだまだこれからです。
今度こそ素敵なご縁がめぐってきますように。




レポートは続きます。


# by centre_report | 2018-05-24 16:36 | 愛護センターレポート