ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
センターレポート・猫編
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


11/13引き出し編・レポート紹介 全 54頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。





★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。




お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田



11/13犬を2頭、猫を1頭引き出しました。
f0078320_03592164.jpeg
f0078320_03592695.jpg



猫:問い合わせ先
yukichov716★yahoo.co.jp (★を@に変えてください) 幸丸
お名前のないメールには返信できません。
f0078320_03593199.jpeg





~お知らせ~

ちばわんでは、本当の家族を待つ犬達や猫達と
新たに犬や猫を家族の一員として迎えたいご家族との
出会いの場である「いぬ親会、ねこ親会」をほぼ毎週各地で開催しています。





「イベント情報」詳しくはコチラ。






f0078320_02204983.jpg
f0078320_04060105.jpg

f0078320_04060679.jpg
f0078320_04061114.jpg

f0078320_16044911.jpg

f0078320_16043782.jpg


f0078320_16044279.jpg

f0078320_04065056.jpg





「イベント情報」開催場所などの詳細につきましては
↑↑↑こちらをご覧ください。



当レポートをご覧になってのお問い合わせは、まずちばわんにお願いします。

問合せ先 korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)
(※上記アドレスへのいぬ親会に関するお問い合わせはご遠慮ください。
必ず詳細ページにてご確認をお願い致します。)

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。

★新規の預かりボランティアご希望下さる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

※大変申し訳ありませんが
小型犬のみの新規預かり希望は受け付けておりません。

お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
(審査の上、判断させていただきます。)





# by centre_report | 2018-11-16 04:09 | 愛護センターレポート

11/13センターレポート B部屋3頭・C部屋1頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。




ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。





★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。



お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田




B部屋 3頭 

<B-8>

※11/13レポート初登場 (11/5他抑留所から移送)
▼18247 茶テリア風 オス 3歳ぐらい 16キロ程度


最近、テリア風というと初対面ではシャイな反応をする子が多い中
最初からフレンドリーで、陽気に接してきてくれて
人に飼われていたのかと思いました。
重くて持ち上げるまではしませんでしたが
身体を半分持ち上げても怒ることはなく
人と触れ合うことに慣れている様子でした。

この子のケージ前に他の子が近づいた時
怒ったように見えたのですが
どうやら特定の子に怒ったわけではなく
他の子が構ってもらっていることに焼きもちを焼いてしまったようです。
推定3歳程度とのことですが、仕草や態度は
もう少し幼い印象です。
これから時間の経過と共に変化は見られるかと思いますが
今のところ大きな問題点などは見受けられませんでした。
またよく観察してきたいと思います。
f0078320_03190619.jpg
f0078320_03191197.jpg
f0078320_03191677.jpg
f0078320_03193333.jpg
f0078320_03193859.jpg



<B-9>
※9/18よりレポートに登場 (8/16収容)
▽18178 黒白 オス 9歳 17キロ

収容室にいた時はツンとオシッコが匂っていましたが
獣医さんに報告したところ、すぐに投薬してくださり
今は酸っぱいオシッコ臭はしなくなりました。

いつにも増して元気いっぱいで
シニアの域に達しているとはとても思えないほど
活発で明るい性格の子です。
目は少し白濁していて、そのせいかおやつの食べ方が上手ではありません。
でも普段の生活には全く支障はなく
まだまだこれから新たな飼い主さんとの生活を楽しめるはずです。
抱っこなどはあまり得意ではなさそうですが
だからと言ってお口が出るような様子は見られません。
ただ単に慣れていないようです。
身体を動かすことが大好きなこの子に
お散歩沢山連れて行ってくださる方とのご縁が巡ってきますように。

f0078320_03225179.jpg
f0078320_03225708.jpg
f0078320_03230488.jpg
f0078320_03230997.jpg



<B-10>

収容室②より移動
※10/23よりレポートに登場 (10/9収容)

▽18223 オス 薄茶長毛 7歳程度 14キロぐらい

以前よりも動き回れるくらいの大きさのケージに移動になりましたが
相変わらず、出してほしいと猛アピールしていました。
ガチャガチャしていた前歯は、ここ数日で何本か抜けたようで
完全に好きっ歯になっていました。


この日も元気いっぱいで
外に出して抱き上げると、嬉しかったのか
自分からは降りようとはせずに、そのままおやつを受け取って食べていました。
人を見上げる表情は抜群に可愛らしく
ウルウルした黒い目に吸い込まれそうになります。
お手入れしたらもっと美しく、沢山の人の目を引くと思います。
とても懐っこくて活発なこの子に
常に寄り添ってくださるような方とのご縁が巡ってきますように。

f0078320_03252989.jpg
f0078320_03253856.jpg
f0078320_03254471.jpg
f0078320_03255076.jpg
f0078320_03255832.jpg
f0078320_03260413.jpg
f0078320_03261183.jpg




↓↓先週レポートより転載します。

【C部屋】1頭

※7/10よりレポートに登場 7/6引き取り収容)

▽18120 Aコッカースパニエル オス 9歳 11-12キロ(見た目より重いです)

f0078320_23145026.jpg
f0078320_23145896.jpg
f0078320_23150800.jpg
f0078320_23151723.jpg
f0078320_23152658.jpg
f0078320_23153599.jpg
f0078320_23154473.jpg
f0078320_23155405.jpg
f0078320_23160485.jpg
f0078320_23161417.jpg


人が大好きで、とても甘えん坊なコです。

人恋しくて仕方がないようで、
毎回部屋に入って行くと全身で嬉しさを表してくれ、
ケージから出してやると、
他には目もくれずに、人にビトッとくっ付いて来ます。
こんなに人が好きな子ですから、
人と触れ合う時間がわずかしかない現状で、
この子にとっては大変辛い毎日だと思います。

少しの時間ではありますが、
ドックランにいた子達が部屋に戻ったあと、
外に出して少し気分転換をさせてみました。
チョコチョコと人の後を着いて歩いてみたり、
臭いを嗅ぎ、手当たり次第にマーキングをしてみたり、
このひと時を、目一杯楽しんでいました。

そんな姿を見ていると、
人と生活をしてきてたこの子に、
この年齢になって寂しい思いをさせた人間と、
自分も同じ人間であることが申し訳ない気持ちで一杯になりました。

今度こそは、この純真な心を二度と踏みにじることなく、
大好きな人のそばで、1日も早く安心して毎日を過ごしてもらいたい。
そう願ってやみません。

右目がチェリーアイになっているようです。
左目にも、年齢を重ねるとできるようなイボが現れています。




以下↓以前のコメントを引き継ぎます。

かつてこの子と一緒に収容された女の子は、すでにいぬ親さんが決まり

終生幸せな生活を送れることになりました。
この子にも、最期まで一緒にのんびり暮らしてくださる方との出会いが
1日でも早く訪れますようにと心から願っています。




レポートは続きます。


# by centre_report | 2018-11-16 03:46 | 愛護センターレポート

11/13センターレポート E部屋    6頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。



<E-1>

収容室③より移動
※10/16よりレポートに登場 (10/2収容)
▽18213 茶黒 メス 2歳 11キロ程度

ロープを掛けるとこちらがさほど引かなくても
自分から出てくることができました。
端っこで隠れるところを探していましたが
ないとわかると人のそばにピッタリくっついてきました。
人を頼ることもできる子のようです。

緊張してるかと思えば、おやつは手からも食べることができ
人に触れられてもビクつく感じでもありません。
ロープで引かれることにはまだ慣れておらず
少しワタワタします。

この子はもう少し人と一緒に過ごすことができれば
そう時間を要さずに心を開いてくれそうです。

f0078320_00302181.jpg


f0078320_00302619.jpg


f0078320_00303216.jpg


f0078320_00304494.jpg


f0078320_00305049.jpg


f0078320_00305714.jpg




<E-2>

※10/30よりレポートに登場(10/17収容)
▽18230 茶黒 オス 3歳程度 16キロぐらい


外に出すと嬉しすぎてなかなかジッとできないくらい
人が好きで構ってほしい子犬のような男の子です。
誰かれ構わず甘えるところは、この子の元々のフレンドリーさと
人への不信感のなさの表れかと思います。

身体のどこに触れても怒ることはありません。
むしろ喜んでいるようでいるようでした。

以前のレポートを見ると、お座りができるとのことでしたが
この日は少し落ち着かず、すぐ腰が浮いていました。

今は落ち着きがありませんが
もう少し身体を動かせる環境に入ることができれば
落ち着きも出てきて、この可愛さなので
家族に愛される子になると思います。

f0078320_00452941.jpg


f0078320_00453615.jpg


f0078320_00454281.jpg


f0078320_00454809.jpg


f0078320_00455304.jpg






<E-3>

※10/30よりレポートに場(10/27他抑留所より移送)
▽18237 薄茶鼻黒 オス 3歳程度 14-15キロ

ケージの中を覗くと、ぐったりと横たわっていて
具合が悪いのかと思っていつも焦るのですが
ただ横になっていただけのようで
扉を開けるとゆっくり体を起こして、自ら出て来てくれました。
職員さんからも、最近は尾を振りながら
出てくるようになったと聞いています。

身体はそこそこ大きく、まだ未去勢のオスで
本気を出したら結構強いと思うのですが
人に対して威勢を張るようなこともなく
ただひたすら穏やかな印象です。
動きもゆったりしていて
チャカチャカするような性格ではないようなので
落ち着いた犬との生活を求める方にはピッタリの子ではないかと思います。

f0078320_00513350.jpg


f0078320_00513849.jpg


f0078320_00514326.jpg


f0078320_00514897.jpg


f0078320_00515469.jpg







<E-5>

※10/30よりレポートに登場(10/29他抑留所より移送)
▽18238 茶 オス 5歳程度 14キロぐらい



以前のレポートで、ケージ内でかなり鳴いていたとお伝えしていましたが
今回も以前ほどではありませんがかなり鳴いていて
撮影するにも頭が痛くなりそうだったので
先にこの子を出して他のメンバーにずっと対応していてもらいました。
ケージの外で人といる分には騒がずに、ただそばでニコニコしていて
構ってもらえて少し気持ちが満たされると
落ち着いていられる子なのだとわかりました。

見た目がコーギーっぽく
おそらく活発な犬種が混じっているものと思われます。
沢山構ってあげられる方とのご縁がありますように。

f0078320_00554001.jpg


f0078320_00554866.jpg


f0078320_00555345.jpg


f0078320_00555961.jpg
f0078320_01050047.jpg





<E-6> 
11/13レポート初登場 
10/31収容)

18243 黒白 オス 5歳程度 14キロぐらい 

顔が少し厳つく見えて、性格もきついのかななどと
ほんの少し心配したのですが
外に出して見たら、甘々の超超フレンドリーな男の子でした。
女性だけでなく一緒に同行した男性メンバーにも
あっさりと懐いてしまうほど、人への不信感は
微塵も持ち合わせていないようです。


この子の目線に合せて座ると、方に前あしを掛けて
ぎゅっと抱き付くように甘えてきて
その甘え方は見ていて切なくなるほどでした。
身体のどこに触れても怒ることは皆無で
人のそばにいてこそ輝けるのだと思います。
沢山甘えさせてくれる方とご縁がありますように。

f0078320_01014133.jpg


f0078320_01014704.jpg


f0078320_01015162.jpg


f0078320_01015666.jpg


f0078320_01020068.jpg


f0078320_01020559.jpg





<No.7>

※11/13レポート初登場
 11/8他抑留所より移送)

18244 薄茶 メス 6歳程度 12キロぐらい 


大人しくてややシャイながら人馴れも
特に問題なさそうです。
お顔の傷は移送前に収容された当時からあったそうで
この子に何があったのか、何かに咬まれたような傷です。
まだ完全に癒えてはいないようでした。
8月下旬に出産したらしく、10月下旬に抑留所に収容された時は
子供を連れていたそうです。
仔犬たちは他団体さんに引き取られました。
つい先ほどまで授乳していたようなお乳で
頑張って子育てしていたことを物語っていました。

今回、無理にケージからは出さなかったのですが
ケージの中でも極端におびえてはおらず
比較的落ち着いていて、おやつも手から食べてくれました。
時間の経過と共にまた変化もあるかと思うので
またよく観察してきたいと思います。

f0078320_01083859.jpg
f0078320_01084924.jpg
f0078320_01085477.jpg
f0078320_01090379.jpg
f0078320_01090822.jpg
f0078320_01091340.jpg


レポートは続きます。



# by centre_report | 2018-11-16 03:13 | 愛護センターレポート

11/13センターレポート A部屋    5頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。



引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。



<No.III>
※10/16よりレポートに登場(10/9収容)
▽18219 茶 オス 3歳 20キロ~(太り過ぎ;適正15キロぐらい)


部屋から出てくるなり、ぜへぜへとこもった咳をしていました。
体型のせいか動きはゆっくりめで、一見すると落ち着きがあるように見えます。
体型の割に小さいお耳とつぶらな瞳が可愛らしく
友好的なオーラを放っていて
穏やかな性格なのだろうということが伝わってきます。
人に触れられることにも慣れています。

一見健康に見えましたが、呼吸する時に音が出る感じで
かなり太っていることも原因のひとつなのかもしれないと思いました。
こんなにぽっちゃりするくらいですから
美味しい物をたくさんもらい、可愛がられてはいたのだろうと思います。
まだ3歳くらいと若く、これから健康にも気を使ってくれるような
飼い主さんの元で暮らせることができますように。
f0078320_23234965.jpg


f0078320_23235479.jpg


f0078320_23241948.jpg


f0078320_23242529.jpg





<No.IV>

※10/30よりレポートに登場(10/22収容)
▽18236 薄茶長毛 オス 4歳ぐらい 13キロ程度

写真の笑顔がこの子の性格すべてを物語っていて
とてもフレンドリーで人が大好きな子です。
以前のレポートにもありましたが
足が短めで、これぞオンリーワンなMIX犬!で
一度見たら忘れられない、誰にでも可愛がられる子だと思います。

どの子もそうですが、特に「なぜ君はここに行きついたの?」
そう訊いてしまいたくなってしまうほど
人のそばにいることがしっくりとくる子です。
犬と密にコミュニケーションをはかりたい人には
ピッタリの子ではなかろうかと思います。

f0078320_23294350.jpg


f0078320_23294912.jpg


f0078320_23295316.jpg


f0078320_23295987.jpg


f0078320_23300507.jpg




f0078320_23312628.jpg








<No.V>

※11/6より レポート登場  (11/5他抑留所より移送
▽18242 茶黒 オス 3歳程度 11キロぐらい

見るからに活発そうで、身体を動かすことが好きそうな見た目ですが
ケージの半分の高さを乗り越えられずに
身体を持ち上げてもらってようやく出てきました。

フレンドリーで陽気で、とても愛嬌のある子です。
人には不信感は持っていない様で
今までも人と良い関係を保ってきた子なのではと思います。

身体のどこに触れても怒ることはなく
抱き上げることも容易にできます。
少し落ち着きがなく、ジッと人を見る余裕がないようで
お顔を正面から撮影することがとても難しかったです。
人に構ってもらって嬉しくて仕方がないのだと思います。

一緒に沢山遊んでくださる方とご縁が繋がればよいなと思います。

f0078320_23400923.jpg


f0078320_23401585.jpg


f0078320_23402113.jpg


f0078320_23402852.jpg





<No.Ⅶ>

収容室③より移動

※10/16よりレポートに登場 (10/2収容)
▽18214 白 オス 5歳程度 11キロぐらい

ケージが少し広くなって、吠えるのが止んでいるかと思いきや
この日も結構な大音量で鳴いていました。
ただ、ケージの外に出すと全然様子が違い決して騒ぎません。
ケージに戻る時に少し抵抗していましたので
狭いところにいるのは苦手なのかもしれません。

撮影時に抱き上げても無抵抗なのですが
ケージに戻そうとした時だけ、少し唸っていました。
だからと言ってお口が出る訳ではありませんが
いつまでもある程度自由になる場所にいたいのだと思います。
それは当然の想いかと思います。

部屋から出すと真っ先に出入口に向かい
外に行きたがりますので
来週はドッグランなどで様子を見たいと思います。

f0078320_23413622.jpg


f0078320_23414937.jpg


f0078320_23415519.jpg






<No.VIII>

※10/23よりレポートに登場(10/18他抑留所より移送)
▽18225 オス(去勢済?陰睾?) 6歳 14-15キロ

ホワンとした印象の穏やかな男の子です。
ケージ内で少し鳴くようになったとレポートにありましたが
隣の子がにぎやかだったので、今回はその様子には気が付きませんでした。
以前は大人しくあまり動かなかったようですが

この日は積極的に手からおやつを食べ
人にも環境にもだいぶ慣れたような感じを受けました。
少し頼りなげな表情が可愛く、あまり賑やか過ぎない犬を
求めている方にはピッタリな子だと思います。
去勢済みなのか、陰睾なのか睾丸が確認できなかったようなので
来週良く確かめてきたいと思います。

f0078320_00424256.jpg


f0078320_00425747.jpg


f0078320_00425201.jpg


f0078320_00424701.jpg
レポートは続きます。


# by centre_report | 2018-11-16 03:05 | 愛護センターレポート

11/13センターレポート 収容室①②③ 7頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんさんとぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。
収容室②の新たに紹介の子のみ情報更新しており
他の子達は先週レポートより転載しています。



引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。





収容室② 2頭



※11/13レポート初登場 (11/5収容)
▼18246 薄茶白長毛 メス 5歳ぐらい 9キロ程度

ケージを覗き込むと端っこで小さくなっていて
抱き上げて出そうと身体に触れると
降伏のつもりなのか、お腹を見せたそうです。
まだ不安気で、何をされるのかオドオドしていましたが
抱き上げても口が出る様子はなく
ただひたすらその場で固まっていました。
野良っ子という感じでもありません。
経験不足からくるビビリかと思います。

収容時は幼犬と共に来たそうで
子犬達は別団体さんが引き受けてくださったそうです。

鼻先にチュールを持って行くと鼻をヒクヒクさせていたので
もう少し状況に慣れたら手からおやつも食べられそうです。

どの子もそうですが、センター環境に馴染むのに
少し時間のかかりそうな子は
一時も早く家庭でじっくりケアできる環境に入れることを
どうしても願ってしまいます。
どなたかの目に留まりますように。
f0078320_00502917.jpg
f0078320_00503556.jpg
f0078320_00504009.jpg
f0078320_00504472.jpg
f0078320_00505105.jpg
f0078320_00505624.jpg


※10/30よりレポートに登場(10/23収容)
▽18235 茶 オス 5ヵ月ぐらい 8-9キロ
収容室①の18233、18234と18235は兄弟。

兄弟と思われる子たちと一緒に収容されました。
眉間にしわがあり、少し怒っているような表情に見えますが
臆病な男の子です。
ケージの中ではできるだけ身体を縮めて小さくなり
気配を消していました。

ロープで誘導して外に出てきてもらうとあたふたしていたので
身体を抱きしめるとあまり震えてはいませんでした。
それほど怖いという感覚はないのかな、と思いましたが
しばらくしてから震え出して、最初は何がなんだかわからなかった
だけだったのだなと思いました。

それでもしばらく抱きしめていると少し落ち着いてきました。
何をしても怒ることもなく、抵抗することもありませんでした。
まだ何をされているかよくわかっていないのかもしれませんが
まだまだ幼いので、どんどん変化を見せてくれると思います。
兄弟どの子も皆、今度こそ幸せになれますように。
f0078320_13185137.jpg
f0078320_13190310.jpg
f0078320_13191299.jpg
f0078320_13192136.jpg
f0078320_13193078.jpg
f0078320_13193959.jpg
f0078320_13194882.jpg
f0078320_13195758.jpg





収容室③ 2頭




※11/6よりレポート登場 (10/24収容)
▽18240 茶 メス 2歳程度 11キロぐらい(痩せすぎ)

ケージから出すと同じ姿勢のまま固まってしまいました。
何をされるかわからなくて、今は恐怖感しかないのでは
ないでしょうか。
それでも身体のどこを触っても攻撃的になることはありません。
あばら骨や腰骨がくっきりとわかるほど
かなり痩せています。
お乳を見ると出産経験があるようです。

ケージから出す時はロープで誘導しましたが
自分の意思では出て来られませんでした。
ロープで首にテンションがかかるとパニックになってしまいそう
でしたので、手で身体を引き寄せてみましたが
それでもお口が出るようなこともありませんでした。
まだ収容されてから間もないので、今後も様子を見て
いきたいと思います。
f0078320_13030336.jpg
f0078320_13031638.jpg
f0078320_13032678.jpg
f0078320_13033531.jpg
f0078320_13034447.jpg
f0078320_13035416.jpg
f0078320_13040333.jpg
f0078320_13041338.jpg





※10/23よりレポートに登場 (10/16収容)
▽18227 テリア系 茶 オス 生後6ヵ月程度 7キロぐらい

表情は幼いものの、身体が大きいので
1歳近い子犬かと思いましたが、歯を見てみるとまだ乳歯があり
生後半年程度の子犬だとわかりました。
足も大きく、まだまだ大きくなりそうです。
臆病な部分もありますが、収容当初に比べれば
大分落ち着いてきたと思います。

足が長くスタイルがいいので、成長してくれば
立派な男の子になることと思います。
臆病でも幼ければ幼いほど、順応性が高いので
一日も早く家庭に入って一緒に生活していけば
人馴れもどんどん進んでいきます。
この子にも優しい本当の家族がみつかりますように。
f0078320_13060331.jpg
f0078320_13061648.jpg
f0078320_13062449.jpg
f0078320_13063917.jpg
f0078320_13070435.jpg
f0078320_13071342.jpg
f0078320_13072929.jpg
f0078320_13074200.jpg
f0078320_13075989.jpg





収容室① 3頭



※10/16よりレポートに登場 (8/21収容)
▽18220 茶 メス 3歳ぐらい 12キロ(やせぎみ)

外に出す時だけワタワタしてあちこち身体をぶつけそうになりますが
それだけ気を付ければすぐに大人しくなります。
ロープで引かれることに全く慣れておらず
プチパニックを起こしますが、落ち着くまでの時間は短くなっています。
その際、口が出る様子はありません。
(落ち着くまでは不意に触らないようにはしています)
明るいところでじっくり見ると、目が大きく
なかなか可愛いお顔をしています。

子育てを頑張ったお母さん犬で
子犬達は他の登録ボランティア団体さんが引き受けてくださいました。
今度はこの子が家庭犬として幸せになる番です。

人とは関わり合いにならずに過ごしてきた子のようなので
心開くまでには時間は要するかもしれませんが
まだ3歳程度と若い子なので
一日でも早く人との暮らしに触れらせることが重要と思います。
f0078320_15360108.jpg
f0078320_15360667.jpg
f0078320_15363951.jpg
f0078320_15363419.jpg



※10/30よりレポート登場(10/23収容)
▽18233 茶 オス 5ヵ月ぐらい 8-9キロ
18233、18234、収容室②の18235は兄弟。


半野良のような子犬がこれまでも多く捕獲されている地域で
また容姿の良く似た子達が3頭まとめて捕獲・収容されていました。
そのうちの1頭です。
今はまだ身体は小さいですが、皆足先が大きめで
成長後はそこそこの大きさの中型犬になりそうです。



メンバーが持っていたチュールを
鼻先に近づけると、緊張しながらも少しクンクンしました。
まだ自分から舐めるまでにはいたりませんでしたが
歯茎に擦り付けると不思議そうな顔をしながら口をもぐもぐしていて
緊張していただけなのが、少し口の中の美味しい物に
気を取られている感じで
そのためか、先週より身体から力が抜けていました。

まだ乳歯が残る幼い子です。
一日も早く家庭で人との生活に触れさせてあげることが
とても重要と思われます。
f0078320_15415153.jpg
f0078320_15415769.jpg
f0078320_15430867.jpg
f0078320_15420835.jpg
f0078320_15420227.jpg






※10/30よりレポート登場(10/23収容)
▽18234 茶黒 オス 5ヵ月ぐらい 8-9キロ

18233、18234、収容室②の18235は兄弟。


同室の兄弟犬のテリア風の子よりもビビリのようで
ワタワタから落ち着くまで、この子の方が少し時間が掛かります。
でもテリアくん同様に口が出る様子はありません。
お腹などを触るとかなり力が入っていて
緊張はなかなか解けないようでした。

マズルが長いのでこの子の方が大人っぽく見えますが
まだ乳歯の残る幼い子です。
何が何だか分からずに、不安で仕方がないのだと思います。
兄弟と一緒にしてみたらまた少し違った表情が見られるかもしれませんので
来週会わせてみたいと思います。

f0078320_17022047.jpg
f0078320_17022506.jpg
f0078320_17023112.jpg
f0078320_17024058.jpg
f0078320_17024635.jpg
レポートは続きます。


# by centre_report | 2018-11-16 00:04 | 愛護センターレポート