ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


6月10日(木)訪問レポート その2

小粒ままさんのレポートです。


6月10日、子犬を引き出すためにセンターを訪れました。
自身二度目の訪問です。
見学希望の友人二名と一緒に向かいました。

f0078320_21264110.jpg

田舎にあるからかセンターの周辺は緑が多く、のどかな空気に包まれています。
キレイな建物に手入れの行き届いた植木や芝生。
まるでどこかの公民館か保養所に来たよう…。
ただ一つ違うのは、奥の方から犬の激しい鳴き声が聞こえてくることでした。


まず子犬舎を見学して、引き出し作業を終えた後で抑留棟へ。
センターレポートを何度となく拝見し、センター内のことを分かったつもりでいても、実際に現地を訪れると独特の雰囲気に心が痛くなります。

におい、鳴き声、犬たちの視線。大きな犬、小ぶりなコ、子犬、老犬、負傷犬。。。
f0078320_2129226.jpg
f0078320_21291172.jpg
f0078320_21291829.jpg
f0078320_21293177.jpg
f0078320_21294923.jpg

優しい瞳で笑いかけてくれたコ。
f0078320_21274158.jpg

飼い主はこの笑顔を一生守ってあげようと思わなかったのでしょうか。
この犬たちがここに居る理由は何なのか、誰か納得のいく理由を教えて下さい。

そういえば、近所にも『手を噛んだから』という理由で愛犬を捨てたいと嘆いていた人がいたっけ…。
そんなことを思い出し暗い気持ちになりましたが、そんな中でも職員さんが懸命に犬たちのお世話をされている姿に逆に励まされる思いでした。


犬たちが抑留されている場所の奥には、言うまでもなく、殺処分機、焼却施設があり、そして今は骨だけになってしまった罪のない犬たちがいます…。
その入口に立つだけで、ここで行われていること一つ一つが生々しく目に浮かびました。
これら施設の全てが必要でなくなる日がいつか来ることを、切に願います。


帰り際、軽トラックで猫を持ち込んだオジサンに捨てる場所がどこか聞かれました。
どこにでも居そうな普通のオジサンだったことが残念でなりません。
オジサンの明るい声から少しの罪悪感も感じ取れなかったことが悔しくてなりませんでした。


この日は7頭の犬を引き出しました。
f0078320_21134721.jpg

f0078320_21205942.jpg

f0078320_21211537.jpg

f0078320_21212532.jpg

f0078320_21213795.jpg

f0078320_21384774.jpg

どのコにも、飛びっきりの幸せが見つかりますように。
そして今まだセンターに居るコたちにも、1頭でも多くのコに幸せな未来が与えられますように。

私も、自分なりに出来ることを頑張ろうと思います。
# by centre_report | 2010-06-14 22:02 | 愛護センターレポート

6月10日センターレポート その1

アトムミルクママさんのレポートです。

久しぶりにからりと晴れた本日、見学と犬引き出しのため、センターに行ってきました。
総勢7名です。

まずは子犬舎です。
体調の悪そうな子はいませんでした。
f0078320_200971.jpg

f0078320_2002232.jpg

f0078320_2004055.jpg

f0078320_20168.jpg

f0078320_2012327.jpg

↓この2頭はびびりチャンです。二頭ともオスです。
f0078320_2013993.jpg

f0078320_202125.jpg

f0078320_2022692.jpg

15頭くらいの子犬がいたと思います。
今日は子犬舎から4頭引き出しました。


収容棟です。
1日目の部屋
こちらはみんな検疫中の子ばかりです。
昨日持ち込まれた子犬3頭、セッターの2頭、最終部屋にいた2頭の子犬も検疫を
お願いしましたので、こちらに入っています。

子犬の預かり先を急募します!
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)


セッター2頭は首に検疫中の赤い紐がついていましたが、引き受け先は決まっていないそうです。
2頭ともオスで、性格が良いそうです。
f0078320_20113292.jpg

f0078320_20115673.jpg

f0078320_20125196.jpg

f0078320_2013338.jpg
f0078320_2014338.jpg

f0078320_20151260.jpg

f0078320_20153699.jpg

f0078320_20191772.jpg


2日目の部屋だと思います
f0078320_20181086.jpg

f0078320_2020594.jpg

f0078320_2020482.jpg

f0078320_20211326.jpg


4日目の部屋です
シェパードがいました。検疫にかけられる予定と聞きました。
f0078320_20238100.jpg

f0078320_20351540.jpg

シェルティミックスです。老犬に見えました。収容犬情報によるとメスだそうです。
f0078320_20371560.jpg


最終部屋です。明日の朝、処分が決まっている子たちです。
f0078320_20272925.jpg

8頭いたと思います。
午後には3つの抑留所から移送されてくる犬たちが来ますので、この部屋はもっといっぱいになるはずです。
8頭の中から子犬2頭と長毛の若そうな女の子を検疫にかけてもらいました。
白い子は足を損傷しているようでした。穏やかな子に見えました。
f0078320_20281599.jpg

f0078320_20284224.jpg

f0078320_2029526.jpg

f0078320_20321927.jpg


最終部屋にもシェパードがいました。この子は持ち込みだということです。
秋田犬もいました。秋田犬は若いオスだそうです。
顔が撮れませんでした。
f0078320_20313454.jpg


やっぱりおかしいですよね。
飼い主によって、幸せになるか不幸せになるか決まってしまいます。
生きたくても生きられない子たちがいっぱいいます。
家族に迎えたら最期まで一緒に暮らす。
これが出来ないのなら、犬猫たちと暮らすということはやってはいけないですね。
みんな幸せになるために生まれてきたんですよね。
こんなこと、やっぱりおかしいです。

そして、不幸な子たちを減らすために、避妊、去勢もお願いしたいと思います。


検疫室です
f0078320_20453231.jpg
 △13~5キロクラスと大きめサイズの柴犬♂ 預かり先募集中です!

▽写真が撮れていなかったのですが、この子も検疫にかけられていました(2日に撮った写真を転載します)
小ぶり(7~8キロ?)で短足のユニークな感じの男の子です。
歯は真っ白なのでまだ若いと思われ、元気いっぱい、人のそばに来たくて吠えていました。
行き先未定とのことで、 預かり先募集中です!
f0078320_5484927.jpg


f0078320_20455430.jpg
 △こちらは行き先が決まっているそうです。

▽ちばわんで引き出し予定です。元気でした。
f0078320_20471524.jpg


▽こちらもちばわんで引き出し予定、元気でした。
f0078320_2048484.jpg


猫ちゃんたち
f0078320_2050728.jpg

f0078320_20503721.jpg

f0078320_20505534.jpg

f0078320_20511285.jpg

f0078320_20515755.jpg


きょうは子犬舎から4頭、収容棟から3頭引き出しました。
f0078320_2055251.jpg

f0078320_717675.jpg

f0078320_20554217.jpg

f0078320_20561046.jpg

f0078320_20565157.jpg

f0078320_20574828.jpg

体調が整い次第、募集開始したいと思います。
応援よろしくお願いします。


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。

譲渡先・預かり先は、関東圏内限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。

# by centre_report | 2010-06-10 20:58 | 愛護センターレポート

6月3日訪問レポート

mikiさんのレポートです。


本日検疫明けの成犬のうち2頭の引き出し・運搬等担当するために、センターを訪問しました。

収容棟へ入る前にまずは仔犬舎へ行きました。

人が来たのが嬉しくて寄ってくる仔犬たち。
f0078320_9445772.jpg

f0078320_945830.jpg

f0078320_9455521.jpg

f0078320_9503994.jpg
 △この2匹は、とても怖がりのようです。2匹ともオスです。

f0078320_22251634.jpg

f0078320_9522532.jpg

△仔犬舎にいた7ヵ月齢程度の3姉妹、昨日の1頭に続いて残りの2頭も引き出しました。


【鑑定室】

f0078320_9545061.jpg

f0078320_9571373.jpg

入ってすぐのお部屋に、やせて皮膚病の老犬がいました。
今までセンター・レポートは何度も何度もみてきました。
必ずと言っていいほど、病気になったから、歳をとったからという
理由で持ち込まれた子たちが写っていました。
実際に、彼らをこの目でみて本当に現実なんだと、命をゴミのように捨てる
人間がいるのだと・・・心底恐ろしくなりました。
f0078320_100194.jpg

f0078320_1001157.jpg

同じ部屋には仔猫がたくさんいました。
ペットショップのガラスケースの中にいる子たちと何が違うのでしょうか・・・。

【検疫室】

検疫中の子たちです。
どうかもう一度太陽の下に出れますように。
f0078320_1075229.jpg

f0078320_1081082.jpg

f0078320_1082353.jpg

f0078320_1083358.jpg

【収容棟】

<1日目>

収容されている仔はいませんでした。

<2日目> 1頭のみ
f0078320_21461666.jpg

f0078320_1010562.jpg


<3日目>
f0078320_10193166.jpg

f0078320_21492976.jpg

f0078320_21495283.jpg

f0078320_21501460.jpg
△この子は今日検疫明け=引き出しです。

<4日目>
f0078320_1013170.jpg

f0078320_21595312.jpg


<最終部屋>
f0078320_10141392.jpg
 △6/3のレポートにも載っていた子です。

f0078320_10291738.jpg

※複数お問い合わせいただきましたので、
とりあえず最終部屋からは出してもらい隔離していただきました。


他の子たちは声がかかっていない子です。
f0078320_2214644.jpg

f0078320_222572.jpg

f0078320_2224678.jpg

f0078320_223569.jpg


f0078320_10242416.jpg
 △少し警戒しているところがありますが小ぶりで可愛い子です。
f0078320_10254245.jpg
 △とても人懐こい子です。検疫をお願いしました。
f0078320_10264248.jpg

f0078320_1028023.jpg
 △穏やかな優しい顔をしています。

何の罪もないのに死と隣り合わせにいる子たちにカメラを向けるのはとても辛かったです。
実際に、この子たちの目をみて声を聞いて匂いを感じて・・・色んな思いで心がぐちゃぐちゃな時に、1匹の老犬が職員さんに連れられやってきました。
f0078320_10341842.jpg

精一杯抵抗し、精一杯助けを求めて・・・
f0078320_1034571.jpg

そして最終部屋に入れられました。
飼い主の持ち込みです・・・。
そして最終部屋に入れられたその子を、涙を流してみていました。
泣きたいのはあたなじゃないでしょう。
訳も分からずここに連れて来られたこの子でしょう。
f0078320_10381542.jpg


f0078320_2295399.jpg
飼い主が立ち去った後も、この子は遠目にもわかるほど足をガタガタと震わせながら、ただ立ち尽くしていました。

f0078320_10461199.jpg
 △この子も飼い主の持ち込み(アフガン 7歳)だそうです。
歩けなくなったからだそうです。

どんな理由も、この子たちにとったらそんなのは人間の勝手ないい訳でしかない。

どうして、どうして、どうして・・・・・。
何をどう考えても理解できない。



大部屋から、検疫明けのGRの女の子とGRmixの男の子を引き出しました。
f0078320_10514316.jpg

f0078320_10521647.jpg

生きてセンターを出れなかった子たちの分まで幸せをつかもうね。

こちらの2頭も、無事検疫が明けて大部屋から引き出しました。
f0078320_2140417.jpg


f0078320_2141792.jpg

抑留棟から成犬5頭と子犬2頭、そして子犬舎からは7ヵ月齢姉妹2頭、合計9頭の引き出しでした。

準備が整いましたら募集を開始致します。


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、
ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、
何卒ご了承下さい。


譲渡先・預かり先は、関東圏内限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。

# by centre_report | 2010-06-04 10:57 | 愛護センターレポート

6月2日訪問レポート

運搬Fさんのレポートです。


よく晴れた水曜日。
センターを訪れたのは3月の預かりっこの引き出し以来です。

今日は初めて小学3年生の息子を連れての訪問。
横浜は開港記念日で学校はおやすみ。
夏休みに清掃ボラに参加してくれる約束をしていますが、その前にどうしても一度見てもらいたかったのです。
いつも犬親会のお手伝いも文句ひとつ言わずにやってくれて預かりっこの面倒もみてくれる息子、せっかくの貴重な平日休みをつぶしてのセンター見学も、息子にとってきっとプラスになってくれると信じています。

ここには載せきれていませんが、ほぼすべての仔の写真を撮ってきたつもりです。
できるだけ多くの人の目にこの仔たちが留まりますように。
できるだけ多くの人の心にこの仔たちの思いが届きますように。


最初に仔犬舎へ。
仔犬舎の仔たちは概ね元気にしているようでした。

f0078320_16212619.jpg


f0078320_16234097.jpg


f0078320_1624881.jpg

△ちょっと怖がりな仔犬、後ろに下がって吠えていました。

f0078320_16251078.jpg


f0078320_16254079.jpg


f0078320_16261399.jpg


f0078320_1652832.jpg

△仔犬舎の中でこの2頭だけはとても怖がりのようでお顔をよく見せてくれませんでした。3月に初めて預かった仔にお顔が少し似ています。
どちらもオスだそうです。


仔犬舎から収容棟へ移動するとき、お外の犬舎にこんな仔たちが。

f0078320_21373321.jpg


f0078320_21402862.jpg

いままでお外に成犬がいるのをわたしは見たことがないのですが、センターのデモ犬だそうです。蚊取り線香まできちんとぶらさげてもらっています。


【収容棟】

[1日目]収容されている仔はいませんでした。

[2日目]10頭の仔が収容されていました。目印の赤い紐を着けた検疫中の子たちと、昨日の捕獲収容犬とが混在しています。どの子もみな穏やかで、見学中に鳴き声が響き渡るようなことはありませんでした。

f0078320_1614312.jpg


f0078320_16143998.jpg


f0078320_21294466.jpg


f0078320_16151415.jpg


f0078320_21273819.jpg
△柴のような仔はひっきりなしによだれをたらしていました。




[3日目]3頭の仔が収容されていました。

f0078320_1630210.jpg


f0078320_16302948.jpg


f0078320_2127113.jpg


[4日目]2頭の仔が収容されていました。

f0078320_16335152.jpg


[5日目]★最終日の部屋・・・・

f0078320_16314068.jpg
△一見人懐っこそうでしたが、かなり警戒心の強い仔でした。

f0078320_16321781.jpg


f0078320_16324657.jpg


f0078320_16332141.jpg

△下の2枚の写真の黒い仔・・どうしてもお顔をしっかり撮ってあげたかったのですが、黒いのでよく見えません。
この仔は見た目体重10キロはないぐらいの子で、人馴れ問題なく自分から近寄って来ました。
歯もちゃんと見せてくれて、推定3~5歳だと思われます。




【鑑定室】

f0078320_16574352.jpg

△子猫が7~8、成猫が2匹いました。

f0078320_1658188.jpg

△とっても人懐っこい仔。
f0078320_16585665.jpg

△老犬・・


【検疫室】
みな、きれいに清掃されたお部屋で元気にしていました。
T先生がちょうどお世話をしてくださっているところでした。

f0078320_1702921.jpg


f0078320_1711746.jpg

△あいーんの受け口の仔。

f0078320_172723.jpg

△このシェルティーは一般の方からお声がかかっているそうです。

f0078320_21303288.jpg

O先生の頃に作り始めたボードですが、模様替え後の仕様にまだ変えていません^^;
今度お手伝いして来ようと思います



ステンレスケージのお部屋。



f0078320_1731889.jpg


f0078320_1734432.jpg


f0078320_1741275.jpg


f0078320_1745918.jpg


f0078320_1752845.jpg


f0078320_1755252.jpg


f0078320_1762182.jpg
△この仔は具合が悪そうでした。そしてとても怯えた目をしていました・・

f0078320_1771747.jpg


f0078320_1774471.jpg


f0078320_1783051.jpg


f0078320_1785340.jpg


f0078320_1791851.jpg




今日は、収容棟から成犬1頭、仔犬舎からは生後7ヵ月くらいの女の仔を1頭引き出しました。
f0078320_22222583.jpg
前々回のレポートで、軽々と犬舎の敷居に飛び乗って、隣の子犬を見に来た人にアピールしていた子です。
今日もやっぱり、塀の上にいました。

この子は預かり家庭で医療処置を済ませたら、いぬ親様募集を開始いたします。
f0078320_16393514.jpg



うれしい出会いもありました。
以前、センターを訪れたときにセンターから直接成犬の男の仔を迎え入れてくださったご夫婦が、2頭目を迎えるべくちばわんに声をかけて下さり、最終日の部屋から検疫にかけた男の仔を引き出してくださいました。
f0078320_22215229.jpg

すでに家族としてしあわせに暮らしている1頭目の仔は、ご近所でもなぜこんないい仔がセンターにいたのかわからないといわれるほどいい仔だそうです。
しあわせになれてよかったね。
今日行く仔をどうぞよろしくね。



どの子にももう一度生きる機会が与えられるよう
 ちばわんでは随時預かりボランティアさんを募集しています。

 一軒でも多くの預かり家庭があれば
 一匹でも多くの命を助けることが出来ます。

 そしてどうか見て見ぬふりをしないでほしいです。



 殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します。


                   *    *    *


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。


譲渡先・預かり先は、関東圏内限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。

# by centre_report | 2010-06-02 18:01 | 愛護センターレポート

5月31日センターレポート

モカママさんのレポートです。


成犬2匹の引き出しのため、新規預かりボランティアのIさんとふたりで訪問しました。
受付を済ませ、収容棟へ入る前にまずは仔犬舎へ。
向かって右の仔犬舎には8匹の仔犬。
みな元気で私達を見て寄って来てくれました。
f0078320_550319.jpg

f0078320_5501829.jpg
f0078320_5502898.jpg


↓は前回のレポートでも紹介した6~7キロ程度の仔犬達4匹。
うち3頭は、生後6~7ヶ月の小ぶりな女の子達です。
仔犬舎に居てもこの月齢になると譲渡会でお家を見つけることは難しくなってしまうので
譲渡先・預かり先募集しています。
※お問合せはセンターではなくちばわんまでお願いします。
f0078320_5511019.jpg
4頭のうち1頭だけが男の子だそうで(おそらく、上の写真向かって左側の子)、ここまで成長してからの持ち込みだったそうです。
f0078320_5512013.jpg
f0078320_5513086.jpg
 
向かって左の仔犬舎には幼い子が4匹。
こちらも元気でした!
早く良いお家に行けるといいね。
f0078320_555215.jpg

f0078320_5554435.jpg

f0078320_5555913.jpg


この後、収容棟に向かうと、ちょうど検疫室から仔犬舎へ移る仔犬達が
通路に待機していました。
君達もはやく優しい飼い主さんのところへ行くんだよ!
f0078320_557341.jpg


収容棟です。
早めの時間だったので1日目のお部屋は空でした。

2日目のお部屋には2匹の犬たち。
2匹とも金曜日の収容犬です。
(詳細は収容犬情報に載っています)
お部屋の両隅に分かれてとても不安そうでした。
f0078320_5575285.jpg
f0078320_558547.jpg


3日目のお部屋。
検疫中の秋田犬(本日引き出しました)と
2匹の犬が居ました。
2匹とも検疫の印の赤いヒモはついていませんでした。
この子達は木曜日の収容犬と思われます。
f0078320_5583244.jpg


4日目のお部屋。
ちばわんで検疫をお願いしている子達8匹と水曜日の収容犬達で
このお部屋は満杯でした。
検疫の印の赤いひもが取れてしまっている子もいますが
水曜日の収容犬の子達には声がかかっていないようです。
f0078320_5585529.jpg
f0078320_5591065.jpg
f0078320_5592325.jpg
f0078320_559409.jpg


5日目(最終日)のお部屋。
3匹の犬達が顔をあげることもなく静かに寝ていました。
今は3匹だけですが、夕方には他支所から搬送された
犬たちでいっぱいになるのでしょう。
明日の朝早くは殺処分になっていまう子達。
心の中で静かにごめんね・・・と謝って
起こさないようにそっと前を離れることしかできませんでした。
f0078320_614715.jpg


検疫中の犬たちです。
【鑑定室】
もう数週間ここで過ごしている子猫たち3匹。
f0078320_6164472.jpg
f0078320_6165367.jpg

この子猫はとても具合が悪そうでした。
f0078320_617944.jpg

他の2匹の子猫も以前に比べて元気がなさそうでした。
週末寒かったからかも知れません・・がんばって欲しいです。
犬たちは元気そうでした。
f0078320_6175668.jpg

f0078320_61818100.jpg



【検疫室】
みな、きれいに清掃されたお部屋で元気にしていました。
T先生、いつもきれいにしていただいてありがとうございます。
皆、元気に検疫を乗り越えるんだよ!!
f0078320_6204110.jpg
f0078320_6205344.jpg

f0078320_6224194.jpg
f0078320_6225015.jpg
f0078320_623021.jpg
f0078320_623917.jpg
f0078320_6231989.jpg


ステンレスケージのあるお部屋は
ちばわんのボランティア3名がお掃除の真っ最中でした。
ひとりは学生の男の子・・・いつもありがとうね!!
f0078320_6312836.jpg

ケージの中は全て仔犬でした。
きれいにしてもらって気持良さそうな仔犬達。
がんばって仔犬舎に移ろうね!!
f0078320_631431.jpg
f0078320_6315319.jpg
f0078320_6321148.jpg
f0078320_6322051.jpg
f0078320_6322947.jpg
f0078320_6324069.jpg
f0078320_6325041.jpg
f0078320_633097.jpg


そしてここには当日持ち込まれたダックスがいました。
12~13歳になるおとなしいこの子を
飼い主は「噛む」と言って持ち込んだそうです。
見た目はそれほど高齢に見えない静かな子でした。
f0078320_6331876.jpg

しかし、お掃除の際、抱っこはできたということで
清掃ボランティアさん曰く「臆病なだけではないか?」と感じたとそうです。
f0078320_6342378.jpg

どなたかこの子を迎えてくださる方、お預かりくださる方はいらっしゃいませんか?
お問合せはちばわんまでお願いします。

本日引き出した犬たちです。
f0078320_7101863.jpg

短毛虎毛のこの女の子は怖いのか固まっていましたが
お外に出ると気持良さそうに尻尾を振ってくれました。
f0078320_7111533.jpg

とっても人懐こい小柄な秋田くんは、
我家の卒業犬のいぬ親さんが預かってくれます。
f0078320_7114579.jpg

2週間前、この虎毛の秋田くんと同時期に白い長毛秋田犬が収容されていました。
我家で幸せ探しをしてもらおうと思っていた白いほうの男の子は
残念ながらすぐに亡くなってしまいました。
生きることが叶わなかった多くの子達の分も幸せになってほしいと
心から思います。

引き出しの後、優しい預かりさんのもとへお届けしました。
f0078320_7124377.jpg

ケアが終ればいぬ親さん募集を開始します。
応援よろしくお願いいたします。

当レポートをご覧になってのお問い合わせは、
センターではなく、“ちばわん”までお願いいたします。

問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。

譲渡先・預かり先は、関東圏内限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。

# by centre_report | 2010-06-01 00:15 | 愛護センターレポート