ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


2月9日(水)愛護センターレポート その1

モカママさんのレポートです。

加筆修正しています。




冷たい雨が降る寒い日、途中から合流したスタッフを含め総勢8名で
検疫の明けた犬たちを引き出しました。

まずはいつものとおり子犬舎へ。
子犬舎横の慰霊碑には、いつもきれいなお花が供えられています。
f0121712_522762.jpg


向かって左の小さい子達が収容されている子犬舎には6匹の子達。
皆、とても元気にしていました。
f0121712_514384.jpg

f0121712_523555.jpg


向かって右の子犬舎には6匹の子達。
比較的月齢が高いとは言ってもこちらの子達もまだまだ幼い感じで、子犬らしい活発さでじゃれ合っていました。
ここから、先月からいた3匹の子達を引き出しました。
f0121712_5102435.jpg
f0121712_5103243.jpg



次に収容棟です。
【1日目の部屋】
早い時間だったので、まだ当日の捕獲犬は収容されておらず検疫中の子達が居ました。
ここから、右端のセッターの子を除く4頭全部を本日引き出しました。
セッターの子は寒さのせいかずっとガタガタ震えていましたが
ほかの子達が次々と部屋から出されるのを見て、自分も外に出たいと
一生懸命アピールしていました。
他団体さん引き出し予定だそうです。それまでどうか頑張って!!
f0121712_5195060.jpg


【2日目の部屋】
検疫中の子1匹と前日(8日)の捕獲犬3匹が収容されていました。
手前のリボンのついた子以外の3匹が前日の捕獲犬、収容期限は2月17日です。
・手前右 ラブラドール系雑種オス(in110208-03)←返還になったと思われます。
・奥左  コッカースパニエルオス(in110208-04)
・奥右  黒茶トラ雑種オス(yo110208-01)
※収容犬情報はこちらから見ることができます ⇒ 収容犬情報-本所
右端の黒茶トラの子は写真うつりが悪いのですが、
まだ若犬のような綺麗な子で、賢そうな目でじっと私たちを見つめていました。
以前私がお預かりしていた子にとてもよく似ていて、胸が締め付けられました。
f0121712_538294.jpg

f0078320_12514835.jpg


【3日目の部屋】
左手前の検疫中の1匹(セッター)と7日捕獲の3匹が収容されていました。
奥の2匹は臆病なのか丸まったまま動きませんでした。
(収容犬情報からお顔が確認できます)
収容期限は2月14日です。どうかみなお迎えが来ますように。
f0121712_552181.jpg

・左 黒雑種オス(yo110207-02)
・中 ダルメシアンオス(in110207-01
・右 白雑種メス(yo110207-01)
f0121712_1154471.jpg


【4日目の部屋】
検疫中の4匹と4日捕獲の2匹が収容されていました。
4日捕獲の2匹のうち、
テリアっぽい中型の子は高齢らしく、うずくまったままお顔を見せてくれませんでしたが
穏やかな感じでした。(収容犬情報からお顔が確認できます)
・テリア系雑メス(sa110204-01)
f0121712_617019.jpg

白っぽい薄茶短毛中型のもう1匹はとても人懐こくて若く、
出して~!!と盛んにアピールしていました。
鑑札や迷子札さえついていれば暖かいお家に帰れるのに。
この子の家族は探していないのでしょうか・・・収容期限は2月14日です。
・雑種オス(in110204-01)
f0121712_616534.jpg

f0121712_617956.jpg


【最終の部屋】
2日と3日の捕獲犬+持ち込みや期限切れ移送の子たちが7匹収容されていました。
(金曜日が祝日のため、収容用犬情報によると収容期限は2月14日となっています)
靴下と長靴を履いていても冷たいコンクリートの床で
さぞかし冷たく、怖く、寂しく、悲しいだろうと思いますが
私にはどうしてあげることもできません・・・。
f0121712_9521947.jpg
f0121712_9523041.jpg

この中から下の3匹を検疫にかけてもらいました。
f0121712_9572476.jpg
f0121712_9573837.jpg

f0121712_9575316.jpg


上のお部屋の写真の2枚目、餌箱の前で伏せている白茶の子(yo110203-01 オス)は
預かり希望を申し出たスタッフがいたため職員さんに検疫をお願いし、その準備をしていたまさにそのとき・・・・・目の前した便と、どうやら吐き気もありそうなその様子は、感染症の発症を強く疑わせるものでした。
その状態でワクチン接種するわけにもいかず、検疫を諦めるしかありませんでした。
この子1匹だけを別部屋で完全隔離するのが難しい以上
ほかの大勢の子への影響を考えるとやむを得ないことです。
もとの飼い主がワクチンをきちんと打っていれば、
この子は感染症を発症することもなく無事に検疫を終えることができたはずです。
犬猫収容数が多過ぎる現状のセンターでは、いくら職員さんやボランティアが努力しても
感染症のウィルス根絶は困難です。
もしも愛犬が迷子になって、このような施設に収容されたら、ワクチンが命綱になるのです。

残った子の情報です。
(1)茶(鼻黒)オス(ks110202-02)13~14キロくらい 
(2)黒茶メス(ks110202-01)12~13キロくらい 
どちらも穏やかそうな子です。
この2匹は捕獲日と捕獲場所が同じなので一緒に飼われていたかも知れません。
f0121712_10195746.jpg

↓部屋の左奥で丸まっていたこの茶色の子は、
一度こちらを振り返ってくれたのですが、
お顔の写真を撮ることができませんでした。
・茶メス(kt110202-01)の子だと思われます。
f0121712_1020840.jpg


そして、廊下の向かい側、検疫室で検疫明けを待っている子達のようすです。
この日はT先生が不在のため詳しいことは解りませんでしたが
おおむね元気にしているように見えました。
↓この若犬はとてもフレンドリーで「遊ぼう!」と何度も飛びついてきました。
f0121712_1123737.jpg
f0121712_11231560.jpg
f0121712_11232831.jpg
f0121712_11233913.jpg
f0121712_11234948.jpg

ステンレスケージの部屋(通称子犬室)は小型の成犬2匹と子犬6匹だけでした。
f0121712_11334331.jpg

f0121712_11332832.jpg

f0121712_11335723.jpg
f0121712_11341265.jpg

↓鑑定室にいたこの元気なビーグルは家族がお迎えに来てくれました!
f0121712_11115971.jpg


最後にこの日引き出した子達です。
子犬舎から↓の元気な3匹と
f0121712_11415575.jpg
f0121712_1142891.jpg

収容棟から↓の7匹、合計10匹を引き出しました。
f0121712_11511161.jpg
f0121712_11512292.jpg
f0121712_11513362.jpg
f0121712_11514354.jpg
f0121712_11515563.jpg
f0121712_1152518.jpg
f0121712_11521662.jpg

各預かり家庭で健康状態の確認を終え次第、いぬ親さまを募集いたします。
応援よろしくお願いいたします!


              *    *    *

当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

  『犬の預かりアンケートフォーム』 
  『猫の預かりアンケートフォーム』

お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら簡単な審査はさせていただきます。
なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。どうぞご理解下さい。 
# by centre_report | 2011-02-09 23:15 | 愛護センターレポート

2月3日(木)愛護センターレポート その2

アスカさんのレポートです。
加筆・修正しています。



子犬引き出し&運搬のため、センターへ行ってきました。

まず最初に子犬舎へ。
ちょうど譲渡会が行われていました。
f0078320_0282845.jpg
女性の方が子犬を抱きながら、「大切に育てます」と言って帰って行きました。
本当にお願いします・・・心の中でそう思いました。

ただ、よく吠えそうな番犬を探しに来たというような方もいて、
やっぱりまだまだ意識が違う人も多いんだな、と悲しくもなりました。

せっかくつながった命、幸せになって欲しい。


f0078320_0301435.jpg
この子は残ってしまいました。
垂れ耳が可愛い、とても元気な男の子です。



-子犬舎の中-
f0078320_0402479.jpg
どの子もみんな元気そうでした。


兄妹と思われる子達が何頭もいました。
見分けがつかないくらい、顔も色も本当にみんなよく似ていました。
f0078320_0412041.jpg
子犬舎には暖房もヒーターもあるので、まだ救われています。



その後収容棟へ
f0078320_0454899.jpg
 △この部屋は1日目の部屋で、本日捕獲収容されたばかりの犬たちと、検疫中の犬たちが入っていました。
f0078320_0463742.jpg
 △左にいる赤首輪の子はks110201-01旭市後草で捕獲、茶黒中型オス赤色の首輪+赤色のリード 2月7日期限です

右奥長毛の子はkt110201-01香取市中洲で捕獲、黒灰色中型オス青色の首輪 2月7日期限です

中央手前の子と一番奥の左側白い子は検疫中で、来週引き出し予定です。

どの子も吠えたり騒いだりすることもなく、穏やかに過ごしていました。
f0078320_047593.jpg
 △左手前の子は本日検疫明けで引き出しました。
右側の子はkt110201-04東庄町小南で捕獲、茶色中型メス、と思われます。
 
2月7日期限です


いつもいつ来ても、何でこんなにたくさんいるんだろうと思ってしまいます。


古くはなっていたけど、可愛らしい首輪を付けていた子がいました。
そんな首輪を買ってあげるなら、もっとちゃんと面倒見て欲しい。


f0078320_043490.jpg
ダルメシアンもいました。赤いひもが付いているので検疫中です。
もう少しがんばろうね!



最終日の部屋
f0078320_05385.jpg
f0078320_0532988.jpg
最終日の部屋にもたくさんいました。

f0078320_0504890.jpg
入口付近で身を寄り添いあっていた子たち
見るからに老犬、病気で苦しそうな子もいました。

こんな時にこそ飼い主の愛情が必要なのに、
どうして最期の時をここで迎えなきゃならないのか。
この子達が冷たいコンクリートの上で寒さに震えながら怯えていること、飼い主は知る由もないのでしょうか。

本当に不憫でなりません。




産まれたての子犬もいました。
f0078320_0542181.jpg
まだ目も開いていません。自力で生きていくのは不可能です。

みんな母犬を求め鳴き、おっぱいを探しています。
母犬の愛情を受けることも、外の世界を見ることも出来ないまま死んでいくこの子たちは、一体何のために産まれてきたのでしょう。



こちらにいる子達も厳しい状況です。
f0078320_0593361.jpg
f0078320_103695.jpg
この子は1頭離れていて、明らかに具合が悪そうでした。


他にも子犬は何頭も何頭もいました。
f0078320_17542.jpg
f0078320_18564.jpg

かわいそうな犬・猫たちを増やさないため、去勢・不妊手術の必要性を周知してください。
ご協力をお願いします。



気になる子がいましたらちばわんまでお問い合わせ下さい。


ちばわんでは随時預かりボランティアさんを募集しています。


殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します・・・。


                   *    *    *


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、
ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

  『犬の預かりアンケートフォーム』 
  『猫の預かりアンケートフォーム』

お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。


なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。 
# by centre_report | 2011-02-05 00:25 | 愛護センターレポート

2月3日(木)愛護センターレポート その1

tomotenkuriさんのレポートです。

青字で加筆・修正しています。




犬の引き出しの為、スタッフ6名でセンターを訪問しました。

子犬舎では譲渡会が開かれていて
f0078320_1482149.jpg
譲渡会で犬をもらっていく一般の方にはオス犬が人気があり、メスは不人気です。
譲渡の際、不妊・去勢の手術もお願いしているそうですが、お金がかかることはしたくないという飼い主さんもまだまだ多く、そうするとオスの方が、面倒がないという解釈でオスが人気があるようです。
(※もちろん、オスも去勢手術は必要です)


譲渡会後に残った9頭から2頭をちばわんのボランティがが引き出して、子犬舎に残ったのはこの6頭

生後3ヵ月ぐらい、元気のよい白いオスと茶色のメス
f0078320_149087.jpg


薄いベージュの兄弟4頭、体の一番小さい子がオス
f0078320_2385343.jpg
あと3頭はメスだそうです
f0078320_14947.jpg
子犬舎にはヒーターも入っていますが、まだまだ寒い日が続くので体調が心配です。
一日も早く、元気にセンターから出る日がきますように。


以下、収容棟の写真です。

皆様からいただいた毛布を本日センターの倉庫に運び入れました。
f0078320_2162430.jpg
これで当分の間は保護されている犬猫達に毛布を敷いてあげることができます。
たくさんの方のご協力、本当にありがとうございました。

間もなく検疫が終わる少しビビりの子犬ちゃん
f0078320_3481534.jpg
びびりちゃんなので譲渡会には向かないそうです。
預かり先・譲渡先を募集しています。

今日は一日目の部屋には12頭。そのうち検疫中の犬(首に赤いひもがついた)が4頭いました。
他は本日の捕獲収容犬です。
f0078320_1475040.jpg

f0078320_148353.jpg

f0078320_148847.jpg

検疫中以下3頭は預かり先募集中です
f0078320_1475815.jpg
f0078320_3554024.jpg
f0078320_355506.jpg
いずれも10キロ以下の小さめの子(メス)です。

2日目の部屋は7頭収容。そのうち検疫中の犬は3頭でした
他は昨日の捕獲収容犬です。
f0078320_223650.jpg

この子はちばわんで検疫中。来週引き出し予定です。
f0078320_3261449.jpg
元気そうでした。もう少し頑張って!


3日目の部屋は8頭収容。そのうち検疫中の犬は3頭でした。
他は2月1日捕獲収容犬、 2月7日収容期限です。
f0078320_2125037.jpg

▽このうす茶の立っている子と、奥の白い丸まっている子は来週検疫明けで引き出し予定です。
f0078320_1481673.jpg
もう少し頑張って!


▽左側の子は収容犬情報kt110201-02 2011年2月2日 香取市市和田で捕獲 雑種 茶色 オス、
右側の子は収容犬情報kt110201-03 2011年2月1日 香取市市和田で捕獲 雑種 茶色  メス、
2頭とも10キロちょっとの体格でおとなしくまだ若そうな犬達でした。
譲渡先・預かり先募中です。 2月7日収容期限です。 
f0078320_14813100.jpg

▽収容犬情報kt110201-01 2011年2月1日香取市中洲で捕獲 雑種 黒灰 オス
f0078320_2114174.jpg
15キロ未満でおとなしそうな子でした。
譲渡先・預かり先募中です。 2月7日収容期限です。 


▽収容犬情報in110201-01 2011年2月1日 八街市文違で捕獲 雑種 黒茶 オス
f0078320_2114925.jpg
体重は10キロ未満(6-7キロぐらい)、まだ子どもに見えるくらいのあどけないとても人懐っこい子でした。
譲渡先・預かり先募中です。 2月7日収容期限です。 


▽収容犬情報kt110201-04 2011年2月1日 東庄町小南で捕獲 雑種 茶色 メス
f0078320_2115519.jpg
体重は10キロくらい、おとなしそうな子でした。
譲渡先・預かり先募中です。 2月7日収容期限です。 


▽右側の子、収容犬情報ks110201-01 2011年2月1日 旭市後草で捕獲 雑種  茶黒 オス
f0078320_2115934.jpg
15キロ未満くらいの体格で、優しい目をしたおとなしそうな子でした。
譲渡先・預かり先募中です。 2月7日収容期限です。 



4日目の部屋は3頭収容。そのうち2頭は検疫中の赤いひもがついていました。
f0078320_2363254.jpg
この2頭はさ来週頭が検疫明けです。幸い体調は悪くなさそうでした。
もう少し頑張って!!

この子も引き取り先がなければ2月7日に処分となってしまいます
f0078320_224137.jpg
2011年1月31日 香取市中洲で捕獲 雑種 黒茶 オス 体重15キロ未満くらいの物静かな子でじっとこちらを見ていました。
譲渡先・預かり先募集中です。


そして最終日、5日目の部屋は・・・
訪問した3時半頃には11頭おり、その中からこの2頭を検疫にかけてもらいました
f0078320_333934.jpg
f0078320_3331834.jpg

その後、支所からの移送などで最終的には19頭の犬が収容されている状態になり
f0078320_3341996.jpg
f0078320_3343062.jpg
f0078320_3344090.jpg
コンクリートの床は掃除のため水が流されて冷たく、弱った犬は座ることも横になることもつらそうです。

また、狭い場所にたくさんの犬が収容されているため、犬達は精神的に極限状態です。
気が荒い子はぶつかっただけでも喧嘩になります。

収容犬情報に乗っていない犬たちもたくさんいます。
飼い主の持ち込みや定点収集といって、決まった場所・時間に飼い主が処分のためつれてきた犬です。

明日の早朝には殺されてしまう彼らにせめて、もう少し安らかな最後の場所を提供できないのか?
現状の施設とこの収容頭数の多さでは、職員・ボランティアがどんなに頑張っても限界があります。

この犬達にも、飼い主がいたはずなのに、どうしてこのように無責任に放棄できるのか?理解できません。

動物も一つの命、みな重さにかわりがない尊い命です。
飼育するのであれは、必ず最後まで責任をもって飼育してください。
こんな風に、飼い主の身勝手で何の罪もない、彼らの命を絶つ権利は誰にもありません。

そして今日はこんなに小さな小犬達も捨てられていました
f0078320_3433256.jpg
茶色の子は8頭、おそらく同腹の生後一週間に満たない目が開いていない子犬。
黒い2頭はもう少しおおきいけれど 離乳前の子犬です。

そしてこちらはもう少し大きくなった小犬達
f0078320_34959100.jpg
f0078320_3504422.jpg
f0078320_350552.jpg
f0078320_351581.jpg
別のボランティア団体が数頭引き出してくれたようですが・・・

愛護センターでは職員さんたちも保護された犬猫を生かす努力を最大限してくれていますが、このような離乳前の犬猫はとても面倒をみれる人手がないため、持ち込まれるとそのまま処分せざる終えません。

この子達は殺されるために生まれてきたのでしょうか?
そんなはずはありません。

身勝手で無責任な飼い主の都合で殺されるのです。

このような不幸な子犬や子猫をこれ以上増やさない為に、犬や猫を飼育したら必ず、不妊・去勢の手術を行ってください。



本日は、子犬舎から2頭、抑留棟からは成犬・子犬合わせて5頭、合計7頭を引き出しました。


ちばわんでは随時預かりボランティアさんを募集しています。


殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します・・・。


                   *    *    *


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

  『犬の預かりアンケートフォーム』 
  『猫の預かりアンケートフォーム』


お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。


なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。 
# by centre_report | 2011-02-04 02:14 | 愛護センターレポート

1月26日

う~さんのレポートです。

加筆・修正しています。





寒い朝の訪問でした。

小犬舎は、床にヒーターを敷いてもらって、小犬たちは元気でした。
性別は確認できませんでしたが、全ての小犬を撮ってきました。
f0078320_2351174.jpg
f0078320_23503315.jpg


この子は、少し大きめの子ですが、おとなしかったです。
f0078320_23535424.jpg


少し黒い子もおとなしかったです。
f0078320_23524241.jpg




ここからは、収容室です。


一日目の収容室

ここには、譲渡が決まっている子がいました。先週、最終部屋から引き出した小犬です。
検疫期間の2週間を待機中です。もう少しだから、がんばって。
f0078320_23573168.jpg



二日めの収容室

f0078320_23583537.jpg

ダルメシアンでしょうか・・・キレイな模様です。
窓の側まで来て、私たちの様子を静観していました。穏やかそうです。高齢かもしれません。

f0078320_001982.jpg


f0078320_01355.jpg




三日目の収容室 1月24日収容、31日期限です
f0078320_025231.jpg
 △sa110124-01東金市東金で捕獲、中型茶白のメス、赤色模様付きの首輪
子犬を産んだばかりのような大きなお乳でした。

人に近づいて来るものの、あきらめたように部屋の済みで丸くなってしまいました。

f0078320_033138.jpg
 △kt110124-01香取市岩部で捕獲、セッターメス赤色の布製首輪、鈴付き
この子も少しお乳が垂れているのがわかります。小犬たちはどこへいるのでしょう・・・。若くないかもしれません。


大きめの子ですが、穏やかに過ごしていました。
f0078320_054622.jpg
 △ks110124-02銚子市野尻町で捕獲、中型白長毛メス、首輪なし


この子を見たときに、息をのみました。私が預かった卒業犬にそっくりなのです・・・。
f0078320_065921.jpg

同じ飼い主が、飼育放棄したのでしょうか・・・そう思うと、胸が痛くなります。
大きめの子ですが、穏やかに過ごしていました。
△ks110124-01旭市三川で捕獲、中型茶長毛メス、茶色の首輪。


四日目の収容室  1月27日収容期限の犬たちが7頭いました。
28日早朝処分となってしまいます。



他の部屋に比べて、収容頭数が多かったです。
f0078320_0113063.jpg


f0078320_093680.jpg
 △一番左の茶黒の子のみ、声がかかりました!

f0078320_010413.jpg
 △中央:kt110121-01香取市大角で捕獲、中型12kgぐらい茶白のオス おとなしく穏やかそうな子で、まだ若いと思います。垂れ耳、とても美しい子です。

f0078320_0105561.jpg
 △sa110121-03九十九里町作田で捕獲、中型15kgぐらい茶色のメス、黒色の首輪  とてもおとなしい子ですが、人馴れ問題ありません。

f0078320_0121988.jpg
 △本日検疫が明けて引き出した子です。

f0078320_014126.jpg
 △左:sa110121-02芝山町小池で捕獲、とても小ぶり6kgぐらいの茶オス、茶色の首輪 人馴れ問題なしの若い子です。
右:sa110121-04山武市木原で捕獲、小ぶり中型9kgぐらいのメス この子も人馴れ問題なし、若くてとても美人さんです。


f0078320_0144428.jpg
 △in110121-03印西市草深で捕獲、小ぶりの中型7kgぐらい白メス まだまだ若く可愛らしい子です。
少しだけ警戒吠えをしていましたが、人馴れも問題なさそうです。



ずっと伏せていたこの子・・・・、やっと顔を見せてくれました。
f0078320_0151160.jpg
 △in110121-01成田市大室で捕獲、中型15kgぐらい黒柴風のオス、鎖の首輪  とても美しい子です。



最終部屋・・・金曜日の朝に殺処分となります。預かれる方、譲渡を希望される方はいませんか?今ならまだ、間に合います!
こちらも同じく、1月27日収容期限の犬たちが7頭いました。
28日早朝処分となってしまいます。



若いメスです。
f0078320_018553.jpg
 △sa110120-02九十九里町作田で捕獲、中型8kgぐらい茶色垂れ耳のメス
白い子は、この茶色の子に守ってもらうように側にいました。
f0078320_0203974.jpg
 △sa110120-01九十九里町作田で捕獲、とても小ぶりで5kgぐらい白いメス 下のsa110120-03の子と3頭一緒に暮らしていたのではないかと思われます。
特にこの2頭がビビリで、これまで人との関わりが希薄だったと推測されますが攻撃性はなくまだ若いです。



2頭とも首輪をつけていますが、何も役にはたちません。
飼い主の電話番号を書いた迷子札さえつけてもらえれば、すぐにでもお家に帰れるのに・・・・・・
九十九里町の3頭以外は収容犬情報に載っていないので、持ち込みまたは移送で来た子たちです。
f0078320_020599.jpg
 △左:中型16kgぐらい、甲斐犬でしょうか、オス 人馴れも性格的にも問題ないと思われます。
右:中型10kgぐらい、茶色のメス 人馴れ抜群でおとなしく性格の良さそうな子です。


小柄な女の子は、私たちにお座りお手 をして、挨拶をしてくれました。少し高齢かもしれません。
f0078320_0223441.jpg


大きめな男の子ですが、おだやかな子でした。窓際に足をかけずに、2本立ちをして甘えてきました。
f0078320_0233642.jpg


8kg程度の女の子です。まだ、とっても若いと思われます。
f0078320_0245375.jpg
 △sa110120-03九十九里町作田で捕獲、小ぶり中型茶色のメス 


ここからは、検疫室です。

検疫期間中の小犬がたくさんいました。
f0078320_0272949.jpg


f0078320_0281574.jpg


先週、耳が聞こえないという理由で、飼い主から持ち込まれたセッターです。預かり先が見つかりました。
f0078320_029431.jpg

もう少しだから、がんばって!!

狭い部屋です。がまんして、偉いね。
f0078320_0294074.jpg


f0078320_0303968.jpg


f0078320_0311084.jpg


f0078320_543784.jpg



そして、母子犬の様子です。

あと一週間くらいは、授乳が必要だそうです。
母犬の体調が気になります・・・・。
f0078320_0332277.jpg




今日、引き出した子たちの一部です。
成犬8頭を引き出しました。


f0078320_0362784.jpg

f0078320_038763.jpg
f0078320_0371249.jpg

f0078320_0395100.jpg

f0078320_040334.jpg

f0078320_0403134.jpg

f0078320_0412636.jpg

外に出た開放感♪
f0078320_0425894.jpg


各預かりボランティアの元で、体調を整えしだい、赤い糸をさがしを開始します。
宜しくお願いします。

ちばわんでは随時預かりボランティアさんを募集しています。
殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します・・・。


                   *    *    *

当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

  『犬の預かりアンケートフォーム』 
  『猫の預かりアンケートフォーム』

※大変申し訳ありませんが、小型犬のみの新規預かり希望および、子猫のみの預かり希望は受け付けておりません。
何卒ご了承下さい。


お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。


なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。 
# by centre_report | 2011-01-27 00:46 | 愛護センターレポート

1月25日センターレポート

Kさんのレポートです。



25日、初参加の方3名、経験者2名で掃除ボランティアに参加しました。
パルボ感染の疑いがある子もおり、その子は感染予防の為、私たちが触れる事はできません。
その為、今日私たちが掃除したのは5つのケージだけでした。

いつものように清掃、消毒、餌と水をあげるのですが、よく仔犬たちを観察していると、中には気の強い子もいて、その子だけが餌を独り占めしていました。
当然その子は食べ過ぎてしまい、他の子は食べる事ができず、結局全ての犬が体調を崩すおそれがあります。

今日のように掃除ボランティアが入ると、多くの目と手があるので個別に餌やりをするなど、細かなケアをすることできます。

普段職員さん達は、限られた人数で業務を行います。
私たち掃除ボラが入る事で、職員さん達の掃除負担が減り、医療処置や譲渡作業に取り組む時間が増えます。みなさま、ぜひ掃除ボランティアの参加をお願いします。

※ただ今、センター収容犬たちのための毛布を募集しています。
◆1頭またはひとつのケージにそのまま使えるよう、適当なサイズにカットしたもののみ
(薄手の物なら↓の新聞紙程度の大きさ、厚手ならこの半分の大きさが理想的です)

f0078320_1812219.jpg

◆使用後の処理の関係で、できれば綿毛布が理想的です。
◆1月30日(日)品川いぬねこ親会に持参いただけるとありがたいです。


トリミングボランティアの方達がいました。都内や遠く小田原から来ているそうです。
f0078320_21483438.jpg

フェルト状に固まった被毛を丁寧にトリミング、皮膚の状態の悪い子のケアもします。
きれいになった子達は気持ち良さそうに散歩もしていました。おつかれさまでした!



収容塔
1日目の部屋

2頭いました。左の白黒の子には検疫中(引き出し予定)の印の赤いリボンが付いていません。
f0078320_1810681.jpg


私たちがいる間、一度も吠えずにジッと見つめてきました。穏やかそうな子です。
f0078320_18115838.jpg
 ※1月26日追記;スプリンガーは返還になったそうです。



2日目の部屋

全部で4頭います。全て赤いリボンは付いていません。
f0078320_18153626.jpg



ks110124-02 銚子市野尻町で捕獲 メス 首輪なし
14~16キロ。 きれいにシャンプーすれば輝く子です。大人しく穏やかそうな子でした。
f0078320_18213429.jpg



kt110124-01 香取市岩部で捕獲 メスのセッター 
撮影後、おいでと声をかけると静かに近づいてきてくれました。
15キロくらいで小ぶりなのでお世話しやすいと思います。
f0078320_18262957.jpg




sa110124-01 東金市東金で捕獲 茶白のメス 赤色模様付きの首輪
とても人懐こい子です。吠えることもなく、一生懸命アピールしてくる若そうな子です。
f0078320_1833352.jpg




ks110124-01 旭市三川で捕獲 茶のメス 茶色の首輪
フサフサの毛が美しい子です。13~15キロぐらい。犬よりも人、人が大好きという感じで近づいてきました。
f0078320_1841881.jpg



3日目の部屋

全部で13頭いました。
f0078320_1853328.jpg



以下の子たちはリボンが付いていない子です。
sa110121-04 山武市木原で捕獲 薄茶 メス 
可愛らしい目で見つめてました。 人にも犬にも優しく接してくれます。
f0078320_18585443.jpg





奥の端にいるのがsa110121-03の子だと思います。
九十九里町作田で捕獲 茶のメス 黒色首輪

13~15キロくらい ラブミックスのような容姿。 少し息が荒く感じました。具合が悪いのかもしれません。
f0078320_1935664.jpg

↑の左の丸くなっている子はsa110121-02の子だと思います。芝山町小池で捕獲 茶のオス 茶色の首輪




in110121-03 印西市草深で捕獲 白のメス 人懐こく盛んにアピールしてきました。小ぶりの子です。
f0078320_1992326.jpg




kt110121-01 香取市大角で捕獲 茶のオス 赤色の布製首輪
じっとうずくまっていました。若そうな美しい子です。
f0078320_19134463.jpg




in110121-02 印西市大廻で捕獲 茶黒 メス 
優しい目をしています。動き方もゆっくりで見るからに穏やかな子です。
f0078320_1917923.jpg




4日目の部屋

5頭いました。以下の3頭にはリボンが付いていません。

sa110120-01 九十九里町作田で捕獲 白 メス
f0078320_19214136.jpg




sa110120-02 九十九里町作田で捕獲 茶 メス
f0078320_19215541.jpg




(右の子)sa110120-03 九十九里町作田で捕獲 茶 メス
f0078320_19221091.jpg

捕獲場所が同じなのでたぶん姉妹なのでしょう。3頭ともとても小さく子犬のように見えました。吠える事もなく、人慣れも大丈夫そうです。



5日目の部屋(最終部屋)  本日早朝処分だったので空でした



検疫部屋

預かり先、譲渡先の決まっていない子達です。

生後4か月のメス(聞き間違いでなければ..)
f0078320_1940359.jpg




前回のレポートにも登場した親子
f0078320_19425053.jpg

仔犬が2頭います。私たちが近づいても母犬は唸ることもなく、静かに親子の時間を過ごしていました。
(人慣れは問題ないそうです)母犬にも、どうか預かり先が見つかりますように。

   *  *  *

今日私たちは最終部屋の先の見学もさせていただきました。(撮影は無し)
5日を待たずに亡くなってしまった子達の遺体、動く壁、ガス室へつづく細い通路、
そして最期の時を迎える金属の箱、焼却。
職員さんの説明を、私たちは涙を流しながら聞きました。

その場にいた全員が同じおもいになりました。

生きていることを認められないことほど
命として
つらく悲しいことはない
生きているものを
認められないことほど
命として
愚かしいことはない



ちばわんでは随時預かりボランティアさんを募集しています。
殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します・・・。


                   *    *    *

当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

  『犬の預かりアンケートフォーム』 
  『猫の預かりアンケートフォーム』

※大変申し訳ありませんが、小型犬のみの新規預かり希望および、子猫のみの預かり希望は受け付けておりません。
何卒ご了承下さい。



お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。


なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。 
# by centre_report | 2011-01-25 18:33 | 愛護センターレポート