ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


8/15センターレポート 4日目部屋 5頭

メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。


※先週レポートより転載します。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集中の子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)






5頭

f0078320_1955667.jpg

f0078320_196620.jpg







※28/2/16よりレポートに登場 (28.2/2収容)
▼薄茶白 オス 4-5歳? 11キロぐらい

f0078320_1982211.jpg

f0078320_1983390.jpg

f0078320_1984423.jpg

f0078320_1985943.jpg

f0078320_1991219.jpg

f0078320_1992288.jpg

f0078320_1993471.jpg

f0078320_1994512.jpg

f0078320_1995546.jpg
 ↓ コメントは以前の情報を転用します。

この部屋の中では一番触ることのできる子だと思います。
他の子も、ロープなどで逃げられないようにすれば触れますが
そうではなく、この子は拘束しなくても触れます。
今はビビリっ子の中で皆が同調し合っていますが
環境が変われば変化も見られると思います。

撮影者が一人だけで入ると、いつもよりも警戒心が薄くなり
そばに行っても逃げることもせずにその場に座って
大人しく撫でさせてくれました。
警戒心が薄れるだけでなく、おやつを期待するように舌をぺろぺろさせて
手元からおやつが出てくるのを待っているようで
差し出すと、手からは食べなかったものの
人がいる前でも置いたおやつはちゃんと食べていました。

リラックスしている様子が見られてとても嬉しかったです。

ゆっくりと撫でている時に、唸ったり鼻にシワを寄せたりなどの
行為は見受けられません。
基本は穏やかなタイプの子だと思います。

人への興味はある子ですから
家庭に入れば少しずつでも人との生活のひとつひとつを
好奇心の中で学び、変わっていくことができると思います。








※28/8/23よりレポートに登場 (8/8収容)
▽茶 オス 2歳ぐらい 13キロぐらい

f0078320_19113371.jpg

f0078320_19114793.jpg

f0078320_1912266.jpg

f0078320_1912954.jpg

f0078320_19121932.jpg

f0078320_19122913.jpg

f0078320_19124456.jpg

f0078320_1913062.jpg

f0078320_19131224.jpg

f0078320_19132136.jpg
撮影のために部屋に入ると、急にソワソワと落ち着きなく動き出し、
その内、排泄を両方済ませていました。
その後もしばらくは動いていないといられない様子で、
ジッとすることなくあっちウロウロ、
こっちウロウロと気を紛らわせているようにも感じました。

 ↓ 以下のコメントは、以前の情報を転用します。
仲間を頼りにする姿を見ることが多くなってきました。
同室の子は皆、あまり人馴れしていないので
今は同調し合っていますが
頼りにする犬が人懐っこい子であれば
良い影響を受けられるかもしれません。

この子もしきりに外(廊下)を気にしていて
落ち着かない様子でした。
丁度新たな収容犬たちがトラックで運ばれてきた後だったので
それが気になっていたのかもしれません。

この子も野良に近い生活を送っていたと思われ
そのあたりで同室の犬たちと気が合ったのか
群れにすんなり馴染みました。

この子が棲んでいた地域は、同じような
気が弱めで穏やかな野良っぽい子が時折捕獲されます。

同郷と思われる野良ちゃん達の中で
家庭に入ることができた子たちは
人との生活に慣れ、家庭犬として過ごすことができています。

攻撃性はなく、いたって穏やか
気が弱めで、人よりも犬を頼りにしますので
同居犬がいる環境もこの子には向いていると思います。









※5/30よりレポートに登場(5/25他抑留所より移送)
▽茶黒 オス 1歳ぐらい 11-12キロ

f0078320_19144854.jpg

f0078320_1915699.jpg

f0078320_19152469.jpg

f0078320_19153899.jpg

f0078320_19155395.jpg

f0078320_1916651.jpg
この子も↑上の茶の子につられるように、しきりに動きまわっていました。
周りの子達の影響もあるので、
この部屋で落ち着いていることは、
この子には厳しいのではないかと感じます。

以前見た時より、身体つきがしっかりし、
顔つきもおとなびて来たように見えました。

 ↓ 以下のコメントは、以前の情報を転用します。
この子はやはり数名でのこの部屋に入ると
落ち着きがなくなります。
逆に撮影者ひとりですと、好奇心の方が勝るのか
少しそばに寄ってきます。
とは言っても一定の距離は保とうとしますので
無理強いせずに自分から来てくれるのを待つのが
一番良い表情を見せてくれる方法だと思いまいた。

先週は興味深げにすぐそばまでこの子の方から近づいてきましたが
この日は外(廊下)に何か気になることがあったようで
しきりにそちらを見てウロウロし、落ち着かない様子でした。

いつも廊下からそっとこの部屋を覗き込むと
皆はスノコの上に固まって座っていますが
この子は皆から離れたところにひとりで丸まっています。

人が部屋に入ると、他の皆のところに駆け寄って行くので
頼りにはしているようですが
自分から積極的に群れに溶け込もうとはしていないようです。

捕獲される前に行動を共にしていた老犬のベレンくんは
一足先に家庭犬となり幸せを掴みました。

この子も家庭犬として再出発できる日が一日も早くやってきますように。









※28/8/2よりレポートに登場(28.7/28他抑留所より移送)
▼黒茶 オス 2-3歳? 10キロ前後

f0078320_19172959.jpg

f0078320_19174251.jpg

f0078320_19175133.jpg

f0078320_1918120.jpg

f0078320_19181443.jpg

f0078320_19182626.jpg
ここでの生活が、丸1年を過ぎてしまいました。

 ↓ コメントは以前の情報を転用します。
ハッとするほど表情が可愛らしくなりました。
蒸し暑い時期ですが、皮膚の状態が悪化した様子はありません。
この子が座っているところに
人が近づいても少し身は固くするものの
逃げようとはしません。
少なくとも、人は危険ではないと学んでいるようです。

人が近づいても積極的に逃げようとはしません。
いつも同郷と思われる黒くんにくっ付くように座っています。
ゆっくりであれば頭も撫でさせてくれて
人への警戒心は薄めです。
撫でられる以上のコミニュケーションはあまりとったことがなく
未知なことにはまだびびってしまうこともありますが
経験を積むことで少しずつ慣れてくれそうな子です。

人の手からもおやつを食べますし
知らん顔していると、この子の方から匂いを嗅ぎに来ます。
この部屋の中では、人に対して一番警戒心が少ない子だと思います。









※28/8/2よりレポートに登場 (7/28他抑留所より移送)
▼黒 オス 4-5歳 12-3キロ

f0078320_19213699.jpg

f0078320_19215477.jpg

f0078320_19221167.jpg

f0078320_19222929.jpg

f0078320_19224079.jpg

f0078320_19225498.jpg

f0078320_19231829.jpg
この子もここでの生活が丸1年を過ぎてしまいました。

 ↓ コメントは以前の情報を転用します。
この子は座り方が特徴的で
最近はいつもこの姿勢で座っています。
そーっと外から部屋を覗いた時は
足を投げ出して横になって寝ていて
リラックスすることもちゃんとあるようで安心しました。

黒い子なので、写真では表情があまりはっきりしませんが
目がクリッとしていて、マズルは短めで
実は少しベビーフェイスです。

多頭でほぼ野良に近い生活をしてきた子ではありますが
人から餌をもらっていた経緯がありますので
人を見てもパニックになって歩きまわる
なんてことはありません。

野良時代に行動を共にしていたであろう子たちは
一部を除き、新しい生活環境でゆっくりと慣れてきて
家庭犬として人との生活に馴染んできています。

5月まで同室だった茶白くんも、迎え入れてくれたご家族の愛情に
少しずつ答えるようになってきたようです。

家庭で人との生活の中に入ることができれば
歩みはゆっくりかもしれませんが
必ず変化は出てくると思います。





レポートは続きます。
# by centre_report | 2017-08-18 16:34 | 愛護センターレポート

8/15センターレポート D部屋   3頭

メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。


※先週レポートより転載します。



今週も、動物愛護センターにいる、
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)






3頭
f0078320_1733625.jpg








※4/18よりレポートに登場 (他抑留所より移送)
▽白茶 メス 6歳ぐらい 12キロぐらい(太りぎみ)

ペチャッと押したような鼻が、とても個性的で愛らしい表情の子です。
f0078320_17291950.jpg

f0078320_17293950.jpg

f0078320_17295788.jpg

f0078320_1730115.jpg

f0078320_17302465.jpg

f0078320_1730381.jpg

f0078320_1730522.jpg

f0078320_1731544.jpg

f0078320_17311954.jpg
部屋の入り口前に立つと、
この子だけが興味有り気に近寄って来てくれました。
部屋に入ると、最初は下がって行きますが、
直ぐに「オヤツ持ってますよね!」と言いたげに、
そばまで来てくれました。

人馴れは問題ないのですが、
それでもどこか恐々で、警戒しながらといった感じではあります。
きっと収容前は怖い思いをしたのだと想像できます。
こちらが急な動きをしなければ、
人が部屋にいても特に避けるような行動はありません。

人の手からオヤツを優しく食べることもできる子で、
それもオヤツにかなり執着しますから、
オヤツを上手く使うことで、人馴れも進むと思われます。
ただ、週1での仲良し作戦では、この状態が精いっぱいのように感じます。

収容中はできるだけ嫌われないように接してあげたいと思います。








※3/14よりレポートに登場(3/9他抑留所より移送)
▽茶白 メス 3ー4歳 12-13キロ

不安でたまらないと言った表情が切なくなる子です。
f0078320_17324638.jpg

f0078320_17342446.jpg

f0078320_17343838.jpg

f0078320_1735039.jpg

f0078320_1742205.jpg

f0078320_17352626.jpg

f0078320_17354210.jpg

f0078320_17355670.jpg
この日も、近寄らないでオーラを出しており、
終始変わらずの姿勢でジッと時間が過ぎるのを待っているようでした。

ゆっくりゆっくり撫でてあげることしかできませんが、
本犬は、撫でられるのも本当は嫌なのかもしれません。

オヤツを置いても食べてはくれませんから、
嫌でもせめて人の手に慣れて欲しい。
そう思い部屋にいる間は、そっと身体に触れていました。

何気に体格もチェックしてみましたが、
特に痩せてもいませんでしたから、
食事は摂れていて、ちゃんと身になっているようですので少し安心しました。

この子の表情が、明るくなる日が一日も早く来ることを祈りたいです。










※3/28よりレポートに登場 (3/16他抑留所より移送)
▽茶白 メス(不妊手術済) 3歳ぐらい 17-8キロ 20キロぐらい
*体重は、もしかしたらもう少しあるのではと感じました。(8/8)

f0078320_17371414.jpg

f0078320_17373114.jpg

f0078320_17374669.jpg

f0078320_17443942.jpg

f0078320_17381630.jpg

f0078320_17383178.jpg

f0078320_1745326.jpg

f0078320_1739165.jpg

f0078320_17391696.jpg

f0078320_1739317.jpg
身体が重そうでした。
こちらが動くと避けるように動くので、
その度に身体の重さと暑さも重なり、
息が上がり見ていて可哀そうになるほどでした。
心臓への負担が心配になります。

以下 ↓ 以前のコメントを転用します。
近づくと逃げる割に
知らん顔していると、けっこうそばにいたりします。
人と暮らしていた子のようですし
どこかに人を頼りにしたい気持ちが残っているのかもしれません。

とても特徴的な綺麗な巻き毛が印象的で
胴体だけでなく、尻尾まで綺麗な巻き毛になっていて
大変目を惹く子です。
おやつは離れたところであれば、私たちが見ている目の前でも
食べることができます。
離れたところから手を伸ばして顔を背けた状態で見せると
興味があるのでクンクンと少し匂いを嗅ぐ様子は見せますが
まだ直接手から受け取って食べる勇気が出ないようです。
それでも以前に比べれば匂いを嗅ぐような仕草もするように
なりましたので、焦らずゆっくりと接してあげたいと思います。





レポートは続きます。
# by centre_report | 2017-08-18 16:33 | 愛護センターレポート

8/15センターレポート 収容室①② 2頭




姫菜ママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)




(収容室① 1頭)


※7/11よりレポートに登場 (7/4収容)
▽茶 オス 1歳ぐらい 12-3キロ 13-4キロ

ロープも怖い、環境も怖いのでしょう、
ケージから出ると狭いところに逃げ込もうと必死になっていました。
とにかく隠れたいようでした。

触ったりすることはたいして気にならないようでしたが、
たまたま部屋の外が賑やかだったこともあり、落ち着きませんでした。

不安だらけなのでしょう、心ここにあらず 
といった感じで、そばにいる人を見ることもしませんでした。
もう少し時間をかけて見ていく必要があると思います。
f0078320_14000808.jpg

f0078320_14003147.jpg

f0078320_14005281.jpg

f0078320_14011377.jpg

f0078320_14013450.jpg

f0078320_14015719.jpg




(収容室② 2頭)

※8/8よりレポート登場 (7/25収容)
▽茶 メス 7-8ヵ月 8-9キロ

全てが怖いです といっているようです。
何をされるのか不安でいっぱいです。
ロープも怖くて可愛そうでしたが出て来てもらいました。
バタバタとどこかに隠れようと必死になっていました。
なるべく体制を低くして抵抗していました。
この環境では無理もないです。

収容室の外廊下が賑やかで色んな声が聞こえていたので、
怖かったらしくプチパニックといった感じでした。
少し時間がたつと落ち着いて様子を伺っていましたので、
観察力のある賢い子だろうと思います。

まだ子犬です。
置かれている環境や経験で大きく変わります。
大切なこの時期を優しい人と過ごしてもらいたいと願っています。
f0078320_14043535.jpg

f0078320_14045559.jpg

f0078320_14051329.jpg

f0078320_14053610.jpg

f0078320_14055614.jpg

f0078320_14061690.jpg

先週レポートより転載 ↓
f0078320_00391661.jpg


レポートは続きます














# by centre_report | 2017-08-16 14:12 | 愛護センターレポート

8/15センターレポート E部屋   6頭




姫菜ママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)





<E-1>

※8/8よりレポートに登場 (7/27収容)
▽茶白黒 メス 10歳くらい 7キロ程度(痩せすぎ)後右肢骨折歴あり?

とても嬉しそうに尻尾を振って待っていました。
初めて会ったメンバーにも大喜びで甘える可愛らしい子です。
食べるのも大好きです。
ちょっと見えにくいのか、持っているオヤツを探しているような素振りもありました。

先週レポートより転載します ↓
物静かで気持ちの優しいお婆ちゃんワンコです。
歯がとてもきれいなので、若い子なのかと思っていたのですが
目はうっすら白濁していて、この子の生きてきた年月を表していました。
しばらくの間放浪していたのでしょうか?
身体には無駄なお肉はなく、痩せぎみで+2~3キロあっても良さそうです。

右の後ろ肢が外側に不自然に向いていて
良く見ると足首から下はプレスされたように平べったくなっています。
小動物用の罠に掛かったのかもしれません。
現在は痛みはあまりないようですが
歩き方はすこしぎこちなさが残っています。

この穏やかな子に過去どんな試練があったのか
想像すると胸がいたくなりますが
この子自身はふんわり優しい性格のまま今に至っているようです。
f0078320_11594852.jpg

f0078320_12005642.jpg

f0078320_12012053.jpg

f0078320_12013848.jpg

f0078320_12022444.jpg

f0078320_12001195.jpg


先週レポートより転載 ↓
f0078320_01462736.jpg

<E-2>

☆あぐちゃん

※10/4よりレポートに登場(2016/6/13他抑留所からの移送)
▽薄茶足先白 メス 4-5歳  7-8キロ 9-10キロ?

自分の順番が待ち遠しくて目を輝かせて待っています。
とにかく人は大好きです。
甘えたくて仕方がない子ですので、ココでの生活は寂しいだろうと思います。
尻尾をブンブン振ってお座りを見せてくれたり、
立ち上がって人に手をかけて見たり、
触れ合っている時の幸せそうなお顔は本当に可愛いです。
人の言うことを良く聞いていて
会話の中に参加しているように耳を立てています。

先週レポートより転載します ↓

どうしても他犬との関わり方がへたくそで、
他犬との相性があるためになかなかご縁が繋がりませんが
人には本当に従順で、とてもかわいい甘えん坊さんです。
1頭飼いで接していただけるなら、とてもいいパートナーになることは
間違いないと思います。
人のそばにいることがあぐちゃんにとって一番幸せなことです。
たっぷりあぐちゃんをかわいがってくださる方に
迎えていただけますように。

f0078320_12044950.jpg

f0078320_12052381.jpg

f0078320_12054595.jpg

f0078320_12060888.jpg

f0078320_12063127.jpg

耳の皮膚の状態が悪くなってきているようでした ↓
f0078320_12065612.jpg


<E-3>

※5/2よりレポートに登場(4/20他抑留所より移送)
▽薄茶黒 オス 7-8歳 10キロ未満

この子もシニアです。人が大好きで、甘えたくて構って欲しくて、ケージの中で大きな声で吠えています。シニアとは思えない元気さです。

皮膚の状態は良くないです。センターでも対応して下さっていますが暑さと湿度は良くないです。個別にケアが必要ですがセンターでは限界があります。背中の方まで脱毛が進んでいるようです。早くセンターを出られることを願っています。

性格がとても明るく元気いっぱいで見ていると救われる思いです。
抱かれてお耳をペタンとしている姿は愛らしいです。
皮膚の状態が良くなって、被毛が生え揃えば美しい愛らしい子になるはずです。

人馴れ抜群のこの子にどうか穏やかな暮らしが訪れますように願っています。
f0078320_13333161.jpg
f0078320_13330821.jpg
f0078320_13335750.jpg
f0078320_13342108.jpg
f0078320_13345090.jpg


<E-4>

※5/23よりレポート登場(3/31収容)
▽白黒ブチ メス 10歳もしくはそれ以上 13-4キロ

とても嬉しそうにケージから出て来ました。日によって体調が違うようですがとても元気そうに見えました。今年は寒暖のさが激しくシニアにとっては厳しい夏です。食欲はあってオヤツも良く食べていました。抱っこも嫌がらずにさせてくれました。人と同じように足腰が痛かったりする事も多いのではと思うとコンクリートに新聞紙の生活は過酷だろうと思います。

シニアならではの穏やかな落ち着きと優しさの魅力を分かって下さる方がどうか早く現れてくれますように願うばかりです。
f0078320_13374049.jpg
f0078320_13380234.jpg
f0078320_13382457.jpg
f0078320_13384765.jpg
f0078320_13391236.jpg

<E-5>

※7/4よりレポートに登場(6/21収容)
▽茶・白 メス 9-10歳 12-13キロ

とても落ち着いた穏やかな優しい子です。ゆったりとケージから出て来て優しくオヤツをもらっていました。この子もシニアの魅力満載な子です

先週レポートより転載します ↓

これぞシニアの魅力といった穏やかさをもった
かわいいおばあちゃんです。
ケージから完全に外に出てきたところで止まってしまい
ずっとその場でニコニコと笑顔をふりまいていました。
顔をわしゃわしゃと触っても、体をぎゅーっと抱きしめても
嫌な顔一つせず、ずっとニコニコしていました。
一緒にそばで添い寝したくなるほどかわいい子です。
f0078320_13404845.jpg
f0078320_13411413.jpg
f0078320_13413918.jpg
f0078320_13420874.jpg
f0078320_13423553.jpg



<E-6>

※2/14よりレポートに登場(2/2他抑留所より移送)
▽白薄茶・左目茶のブチ メス 3歳ぐらい 16-17キロ

この子は自分の番が来ることを大人しく待っていました。
とても穏やかで人が大好きな女の子です。人に対しての問題は全くなくてアイコンタクトも取れる賢い子たと思います。

ただ他の犬には相性があるのか、やきもち焼きなのか吠えかかることがあるそうです。私が見ている時には他犬に強く出たことはありませんが注意は必要です。

穏やかな愛らしい目で見つめられると抱きしめたくなる魅力的な子です。

子育てをして苦労してきたのでしょうか、これからはたくさん甘えてゆったりと生きて行って欲しいと思います。
f0078320_13440740.jpg
f0078320_13452217.jpg
f0078320_13445826.jpg
f0078320_13460784.jpg
f0078320_13463012.jpg

レポートは続きます









# by centre_report | 2017-08-16 12:08 | 愛護センターレポート

8/15センターレポート 子犬舎    8頭



姫菜ママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)




<2-5>3頭

f0078320_11082027.jpg




※7/11よりレポートに登場 (6/27収容)
▽茶 オス 7ヵ月程度 7-8   8-9キロ


この日は逃げるタイミングをなくしてしまい
小部屋の中で小さくなっていました。
体を触っても抱っこをしても、攻撃的なところは全くありません。
怖がっていますが、パニックになるほどではなくて、
人の様子を落ち着いて見ています。
声を出すこともなく、どこを触られてもジッと固まって我慢していました。
人と目が合うことも多いので、家庭に入れば学習のスピードも速いと思います。

緊張しているため、オヤツを食べることはできませんが、
小部屋のカギを閉めて人が見ていなければ、食べられます。
食べている所を撮影しようかと思いカメラを向けていると
すぐ気づいてピタッと食べるのを止めてしまいました。

まだ子犬ですので、環境が整えば人馴れは早いと思います。
ビビりっ子同士で固まっているこの環境では、なかなか人馴れは進みません。
少しでも早く家庭に入って人との関りを経験させてあげたい子です。
f0078320_11144703.jpg

f0078320_11165936.jpg

f0078320_11164069.jpg

f0078320_11162317.jpg

f0078320_11154273.jpg





※2/7よりレポートに登場(1/30収容)
▽茶 オス 9-10ヵ月 8-9キロ? 9-10キロ

以前のように、扉を開けた途端に柵を登る、ことはありませんでした。
人の様子を見ていて、小部屋の扉を開けるとサササッと飛び出して
端っこでウンチとオシッコをしていました。
ビビションという感じではないような気もしました。
逃げ回っている所をパッと抱っこすると、やっぱりビビウン!
しばらく抱っこしていると以前より早く力が抜けていました。
膝の上に乗せて頭から背中を撫でながら声をかけている間、
飛び降りようともしないで抱かれていました。
撮影するために一緒にいたメンバーに抱いてもらうと、またビビウン!
それでも抵抗することなく抱かれていました。

少しづつ人に対する気持ちが変わって来ていると思いますが、
やはりセンターに居るままでは限界があります。
家庭に入れて、怖くない、人は優しいと教えてあげられればと思います。
f0078320_11185881.jpg

f0078320_11191720.jpg

f0078320_11194191.jpg

f0078320_11202431.jpg

f0078320_11200057.jpg




※6/20よりレポートに登場 (6/8収容)
▽茶黒 オス 7-8ヵ月 10キロ~?

小部屋の扉を開けるとバタバタと出て来て隅でオシッコをしていました。
こちらの動きを良く見ていて、素早く交わして逃げ回っています。
小部屋の隅に追い詰めるようにして、体を撫でてみました。
はじめは「やめて」とお口をパクパクさせていましたが、
しつこく撫でていると半分諦めたかのようにジッとしていました。
頭も撫でることができましたが、体が大きいので抱っこまではできませんでした。
あまり怖がらせても可愛そうなので止めておきました。

人の目を見て話を聞いているようにも見えます。
人との距離をちゃんと計って逃げているようです。
怯えているようには見えませんので、家庭に入れば学習は早いのではないかと思います。
吠えることもありません。
人は優しいよ、逃げなくてもいいんだよと、教えてあげて欲しいなと思います。
f0078320_11221727.jpg

f0078320_11223586.jpg

f0078320_11230550.jpg

f0078320_11232601.jpg

f0078320_11234602.jpg

f0078320_11240429.jpg





<2-6> 3頭

f0078320_11255493.jpg



※8/1よりレポート登場 (7/27他抑留所より移送)
▽茶鼻黒 オス 生後4ヵ月ほど 4キロ程度

小部屋の扉を開けると一目散に逃げていきました。
あまりジッとしていません。
何とかして逃げようとちょろちょろしていました。
触ろうとするとお口をパクパクしていました。
声は出しませんでした。
大丈夫、怖くない、と話しかけながら近づいて撫でていると、
少し落ち着いて来て我慢できていました。

まだ幼い子です。
経験不足からくる恐怖なのだろうと思います。
他のオトナの犬が吠えている声だけ聴いていれば、
全てが怖くなってしまうと思います。
本来はまだ、親犬に守ってもらっている月齢です。
早く、安心して寝たり食べたりできる環境で、
子犬らしい好奇心全開の遊びをさせてあげたい子です。
少しでも早く、人は怖くないと教えてあげて欲しいなと思います。
f0078320_11272133.jpg

f0078320_11274402.jpg

f0078320_11280421.jpg

f0078320_11284872.jpg

f0078320_11293521.jpg



※8/1よりレポート登場 (7/27他抑留所より移送)
▽薄茶 オス 生後4ヵ月ほど 4-5キロ

他の子が小部屋から飛び出して行っても、ヒトリ隅っこで固まっていました。
ジッと動かず、目だけを動かして、怖いですと訴えていました。
攻撃性はなく、触っても動きません。
震えるようなことはなかったので、家庭に入れば
人馴れはそれほど時間はかからないのではないかと思いました。

抱っこすると、緊張はしていましたが、暴れもせずチンマリとしていました。
この子も人を良く見ています。
話を聴いているようです。
まだまだ幼犬です。
少しでも早く人とふれあって、色々な経験をして、学習して欲しいと思います。
今が大切な時期だと思います。
できるだけ早く家庭に入れることを願っています。
f0078320_11312827.jpg

f0078320_11320764.jpg

f0078320_11314976.jpg

f0078320_11324760.jpg

f0078320_11323040.jpg



※6/13よりレポートに登場 (6/2収容)
▽茶 オス 1歳ぐらい 11-12キロ 

オヤツをもらえると知っていて、そっと近くへ寄って来ます。
ちょっと怖いのである程度の距離を保ってこちらを常に見ています。
男の子らしいイケメン君です。
お座りも覚えていて、すぐに座って見せてくれました。
触ろうとするとスルっと逃げて行ってしまいます。
同室の子犬がバタバタしていても怒るようなことなく穏やかな子です。

食べるのが好きなので、躾も入りやすいのではないかと思いました。
センターの環境では、人との関りが少ないので進歩は遅いですが、
家庭に入って密に接していけばどんどん吸収する子だろうと思います。

体つきを見ても、運動能力が高そうです。
たくさんお散歩して元気に明るく
楽しい毎日を過ごさせてあげたい男の子です。
f0078320_11343107.jpg

f0078320_11345086.jpg

f0078320_11350765.jpg

f0078320_11352645.jpg

f0078320_11354520.jpg



<2-7> 1頭

※2/14よりレポートに登場(2/3収容)
▽黒 オス 1歳前後 14-15キロ
 

私たちが子犬舎に入る前から吠えていました。
自分の順番が来るまで吠えています。
小部屋の扉を開けると吠えは止みます。
扉の外へ直ぐに飛び出して、ピシッとお座りを披露してくれました。
オヤツを手から上手に受け取って食べてくれます。

触ろうとするとスルスルと逃げてしまい、触らせてくれません。
小部屋の扉を閉めて隅の方で撫でてみました。
すごく嫌そうにしていましたが
お口が出るようなことはありませんでした。
しつこく撫でていると、もう止めてと「ウ~」と声を出したので
撫でるのは止めておきました。
意思表示はしっかりできるようです。

思いっきりお散歩をして運動をたくさんして、
もっと人と触れ合って、
今以上にカッコよくビシッとお座りをして、
目を輝かせている姿を想像できるようです。
少しでも早く家庭に入って欲しいと願っています。
f0078320_11384988.jpg

f0078320_11383132.jpg

f0078320_11375480.jpg

f0078320_11371630.jpg

f0078320_11381394.jpg

f0078320_11390686.jpg





<2-8> 1頭

※10/25よりレポートに登場 (10/12収容)
▽薄茶 メス 2-3歳 12-13キロ?

この子に初めて会った時よりも、
顔を上げている時間が長くなったとおもいます。
立って歩いている姿も見られるようになりました。
少しは進歩しているということですね。
体を触っても怒りません。
この日は何故か頭から背中までびしょ濡れでした。
ペーパーを持って来てワシャワシャ拭いてあげると、
「やめて」と立ち上がって逃げていきました。

オヤツを床に置くと匂いを嗅いでいたので
お口の中へ入れてあげるとモグモグ食べて、気に入ったらしく、
すぐ隣にしゃがんでいるのに床のオヤツを食べていました。
これも進歩だと思います。
人のそばで食べることができたんですから。

大人しい子ですから、落ち着いた環境にいられれば
もう少し穏やかに過ごせると思います。
人馴れも環境が大きく影響しますので
早く人との暮らしをさせてあげたいと思います。
温かい家庭に迎えられますように願います。
f0078320_11411932.jpg

f0078320_11413825.jpg

f0078320_11415739.jpg

f0078320_11422162.jpg

f0078320_11424015.jpg

f0078320_11425879.jpg


レポートは続きます







# by centre_report | 2017-08-16 11:44 | 愛護センターレポート