ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


3/21センターレポート B部屋    3頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。


センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)




☆みすずちゃん

※12/13よりレポートに登場 (12/1収容)
∇薄茶 メス 7-8歳 10キロくらい(腹部脂肪腫?あり)

元気があり食欲もありますが
体調面で気になることがあり
センターの方に報告しました。
乳腺腫瘍と思われる膨らみも大きくなってきていて
とても気になります。
みすずちゃん本犬はいつも通りに大きな目を輝かせながら
おやつをねだっていました。


以下先週レポートの詳細コメント紹介します。
写真は最新です。
↓↓↓

とても大きな目が印象的な女の子です。
シニアになっていると思われますが元気一杯です。
ケージの中では外に出たい!と猛アピールしていました。
外に出てくると先程までの大騒ぎが嘘のように静かになり、
食いしん坊のようでメンバーの持っているおやつを狙っていました。
人馴れ抜群とはいきませんが、少し慎重なだけだと思います。


抱っこも大人しくさせてくれました。
少しヨソ行きの顔をしているのがかわいかったです。
収容当初からあるお腹の脂肪腫ですが、
少し大きくなっているような気がしました。
それでも本犬は特に気にしている様子はありません。
目立つ大きさではありますが、良性であれば切除してしまえば
何ら問題はありません。
一日も早く個別にケアしてあげられるよう、
暖かい家庭に迎えてもらえますように。


f0078320_11360689.jpg

f0078320_11361440.jpg

f0078320_11363153.jpg

f0078320_11364453.jpg






☆りく君

※1/24よりレポートに登場 (1/下旬引取)
▽柴 オス(去勢済) 10歳 11.65キロ
飼い主募集中!!No.4698

クールに見えるりく君ですが
最近はちゃんと自分の感情をアピールできるようにもなってきました。
いつも聞き分けが良く
ケージ内の戻す時もすんなり入ってくれます。
見た目だけではシニアには見えないほど若々しいですが
落ち着きのある行動で、歳相応なのだなと
いつも気づかされます。



以下先週レポートの詳細コメント紹介します。
写真は最新です。
↓↓↓

とても穏やかで落ち着きがあるおじぃちゃんのりく君です。
収容当初は、以前の飼い主と別れた寂しさもあったのか
どことなく元気がないように思えましたが、
大分表情が豊かになってきたように思います。

もちろん身体のどこを触っても嫌がることもありませんし、
強めに撫でてみても全く問題はありません。
お座りも上手に出来ますし、おやつもゆっくりと受け取って食べてくれます。
そっと人に寄り添っているのが幸せな子なのだと思います。

f0078320_11403080.jpg

f0078320_11395879.jpg

f0078320_11411269.jpg

f0078320_11410716.jpg

f0078320_11411816.jpg




☆おもち
ウエストにくびれが出てきたおもち譲です。
ロープを嫌がっていた首回りも
触ってもらうことは大好きなようです。
少し聞き分けが良くなってきて
自己主張するばかりではなくなってきました。
おもちの性格をよく理解してくださる方とのご縁が巡ってきますように。


以下先週レポートの詳細コメント紹介します。
写真は最新です。
↓↓↓


※10/4よりレポートに登場 (6/24引き取り)
▽柴 茶白 メス 5歳 15-6キロ(適正10キロくらい)
以前は部屋に入るととにかくギャーギャー騒いで
「早くだしなさいよ!」と女王様のような雰囲気を醸し出していましたが
最近は大分理解してきたのか、
私たちが部屋に入ってくるとモゴモゴと何か訴えています。
相変わらずぽっちゃりした身体は健在ですが、
動きはとても機敏です。

今日はロープをかけてみようと挑戦してみましたが、
イヤイヤと拒否していて、しつこくやろうとすると
「何すんのよ!」と空噛みをしてきたので、
いつも通り部屋を施錠してフリーで出てきてもらいました。

f0078320_11475346.jpg


他犬が苦手で、他の子が外にだしてもらっていると
悲鳴に近いような声で泣き叫ぶことが多かったおもちですが、
最近はギャゥっと一喝するものの、
ずっと吠え続けることは少なくなりました。
「おもち、ちゃんとゆっくりあとで出してあげるから待っててね」
と声をかけてあげると、少し理解してくれているようで
大分我慢してくれるようになってきました。

コロコロとした身体を揺らして、テチテチと歩く姿は
本当に憎めないかわいさがあります。
人馴れは抜群ですし、飼い主には従順な子だと思います。
一頭で飼ってくださる方の暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_11480580.jpg

f0078320_11481356.jpg

f0078320_11482061.jpg


レポートは続きます。


# by centre_report | 2017-03-23 11:48 | 愛護センターレポート

3/21センターレポート A部屋    5頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。

※先週レポートより転用します。

引き続き、センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)





No.II

☆タナカくん


※7/19よりレポートに登場(7/6収容)
▽黒茶 オス 4-5歳 11-2キロ
本当にとても落ち着いていていい子です。
毎度紹介しているように他犬に対しての威嚇行動があり、
一頭飼いが出来るご家庭に迎えていただきたいのですが、
全ての犬が苦手なわけではなさそうです。
少なからず、この日こちらの部屋にいる他犬を出した時に
多少ウ~~と唸る子もいましたが、
すごい形相で威嚇する姿は一度もありませんでした。
他犬との相性の問題さえなければ
人の声もしっかり届き、指示に従える子です。
f0078320_22185342.jpg



f0078320_22190420.jpg



f0078320_22191799.jpg



f0078320_22194146.jpg



人にはとても従順で、かまってあげるとうっとりして
とてもかわいい表情をしてくれます。
とても聞き分けもよく、ケージから出してあげる時も慌てることもなく、
戻す時にもこちらの指示ですんなりと入ってくれます。
どこか遠慮しているのではないかと思うくらいです。
一頭で飼ってくださればきっと素敵なパートナーになるはずです。
お散歩で他犬と遭遇した時のコントロールが出来る方に
是非迎えて欲しいと思います。
f0078320_22332778.jpg



f0078320_22333546.jpg



f0078320_22334597.jpg



f0078320_22335295.jpg






No.III

※3/7よりレポートに登場(3/2他抑留所より移送)
▽白薄茶 メス 1-2歳 12-13キロ
少し臆病ですが、人を警戒したり怖がったりすることはなく
人に対しては興味があるようです。
ロープをかけようとする時に少し抵抗しましたが、
その時にもお口が出るようなことはありませんでした。
外に出てきてしまえば身体を触ったりホールドすることも
特に嫌がる様子もありませんでした。
おやつも優しく食べることができました。
まだ若いだけあって部屋の中をうろうろと動き回り、
元気一杯な子です。
f0078320_23031490.jpg



f0078320_23045421.jpg



f0078320_23050718.jpg



f0078320_23052079.jpg



抱っこも大人しくさせてくれました。
ちょっとキョトンとした表情がかわいかったです。
あまり抱っこはされたことがなかったのかもしれません。
少し寄ったお目目がチャーミングな女の子です。
歯がとても綺麗で、犬歯もあまり大きくなく、
もしかすると1歳に満たないかもしれません。

ヒトリで外に出ている時には大丈夫でしたが、
他の子をケージ外に出した時に少し威嚇することがありましたので
他犬との相性がある子かもしれません。
来週以降もう少し様子を見てみたいと思います。
f0078320_23112715.jpg



f0078320_23113561.jpg



f0078320_23114336.jpg



f0078320_23115284.jpg







No.IV

☆コンくん
※9/6よりレポートに登場 (引取)
▽茶白 オス 5-6歳 17ー18キロ
いつも元気一杯なコンくんです。
部屋に入ると真っ先にコンくんが元気にケージの中で
ぴょんぴょん飛び跳ねている姿が目に入ります。
人が大好きなコンくんは、扉をあけると一目散に外に出てきて
とにかく私たちに甘えてきます。
甘えたいのと遊びたいのが一辺にやってきますので
とにかく落ち着きがないのですが、これもコンくんのいいところです。
f0078320_23262628.jpg



f0078320_23264121.jpg



f0078320_23265480.jpg



f0078320_23271237.jpg



常に人と一緒にいたい子ですので
一人ぼっちでここにいることはかなり辛いと思います。
なかなか太れないのも体調に問題があるのかもしれませんが、
そういうストレスもあるのではないかと思ってしまいます。
人と触れ合っている時のコンくんは本当にいい笑顔です。
思いっきり甘えさせてくれて、たくさん遊んでくださる
ご家庭に迎えてもらえますように。
f0078320_23320718.jpg



f0078320_23321997.jpg



f0078320_23322556.jpg






No.V

※2/14よりレポートに登場(2/9他抑留所より移送)
▽薄茶 オス 4歳くらい 14キロ程度
ケージに閉じ込められているのが苦手なのか、
外に出たくて仕方がないからなのか、
その両方なのかもしれませんが
ずっとケージのドアをガチガチとかじっていました。
ステンレス製のケージですが、すごい勢いでかじっているので
ずっと部屋の中ではこの子のケージをかじるキーキーという音が
鳴り響いていました。
ケージを開けてあげると勢いよく飛び出そうとするのですが
少し身体が重いのか、足がひっかかり自力では出れず
その姿はちょっとドンくさい感じでかわいかったです。
f0078320_23490452.jpg



f0078320_23491304.jpg



f0078320_23492337.jpg



f0078320_23493270.jpg



しかしながら、外に出してあげると様子は一変します。
さっきまで騒いでいた子と同じ子だとは思えないくらい
とても落ち着いてこちらの様子を伺っていました。
お座りも出来ましたし、おやつも優しく食べてくれました。
これだけ穏やかな子があれほど騒ぐというのは
単純に外に出たいというだけではないと思いました。
間違いなく人と生活したことがある子だと思います。
家庭に入って自由に動き回り、
かわるがわる家族に甘えて歩けるようになれますように。
一日も早くこの子のストレスを取り除いてあげたいです。
f0078320_00025675.jpg



f0078320_00032740.jpg



f0078320_00035918.jpg






No.VII

※2/28よりレポートに登場 (2/23他抑留所より移送)
▽茶黒 メス 2-3歳 8-9キロ
まるで子犬ちゃんなのかと思うくらい幼い顔の女の子です。
体格も小ぶりなので尚更そういう印象を受けてしまいます。
ケージ内では「早く出して!」と大騒ぎしていましたが、
外に出てくるととにかく人に甘えまくっていました。
これだけ人を信頼している姿を見ると
なぜいなくなってしまったこの子を探してあげなかったのかと
疑問を持たざるをえません。
f0078320_00163491.jpg



f0078320_00164636.jpg



f0078320_00165877.jpg



f0078320_00170927.jpg



抱っこも全く問題なくおとなしくさせてくれました。
抱っこはされ慣れているようです。
まだ若く、とても元気一杯な子ですので
これからいろいろと教えてあげなければいけないことも
多々あるかと思いますが、
人を見てはしっぽをブンブンふって近寄ってくるこの子を見ると
ついつい甘やかしてしまいそうだなと思いました。
身体も小さめですので集合住宅での飼育も可能だと思います。
一日も早く目一杯甘えさせてくれるご家庭に迎えてもらえますように。
f0078320_00245144.jpg



f0078320_00250033.jpg



f0078320_00251184.jpg


f0078320_00251554.jpg



レポートは続きます。



# by centre_report | 2017-03-23 11:05 | 愛護センターレポート

3/21センターレポート 収容室②③  8頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。



お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)






【収容室②】4頭

☆アサヒくん

※3/7よりレポートに登場 (2/20収容)
オス 7-8歳 78キロ 
センターの収容棟に入ると、悲鳴に近いような声が聞こえてきて
アサヒが叫んでいるのがすぐにわかります。
収容されてから1ヵ月近く経過しましたので
少しは諦めているかと思いきや、まだまだ外に出たい!という欲求は
収まらないようです。
あまりにもずっと叫び続けているからか
声がすっかりかすれてしまっており、
また必死に訴えているのもあってかなりゼイゼイしていました。
ケージ外に出してしまえばピタッと声は止みます。
小柄で人馴れも抜群な子で、人に甘えたいのと外に出たいのとで
彼なりに必死なのでしょう。
f0078320_15283041.jpg
f0078320_15284247.jpg
f0078320_15285356.jpg
f0078320_15290563.jpg
とても甘えん坊ではありますが、
前脚を触られたり、抱っこについては苦手なようで
身をよじって拒否してきます。
しかし、その際にでも決してお口が出ることはありません。
お座りも出来ますし、おやつも普通に受け取って食べることが出来ます。
恐らく人に飼われていたことは間違いないと思われます。
今までケージなどに入れられていたことがなく、
拘束されることなく自由に動いていたために
今の状況にはなかなか慣れないだけなのだと思います。
今度こそ本当のご家族と巡り合えますように。
f0078320_15433914.jpg
f0078320_15434735.jpg
f0078320_15440597.jpg
f0078320_15441391.jpg




※3/21レポート初登場 (3/7収容)
▽黒茶白 メス 2-3歳 10-11キロ
ケージを開けてみると顔を隠して小さくなっていました。
ロープをかけて外に出てくるように誘導してみましたところ、
少し踏ん張っていたものの、なんとか外に出て来ました。
元々とても大きな目でアイラインもばっちり入ってる上に
目の周りに黒い毛が更にあるせいで、物凄く大きな目のように見えて
とても目を惹く女の子です。

人との関わりはほとんどなかったと思われ、
リードで引かれるという経験がないのでしょう。
軽くロープを引くだけでかなりパニックになります。
それでも狭いところに隠れようとするよりも、
なんとか壁際に行こうとするところを見ると
何度か繰り返せば引かれることは克服できそうだと思いました。
f0078320_15570409.jpg
f0078320_15572583.jpg
f0078320_15573673.jpg
f0078320_15571753.jpg
ビビリちゃんであることには違いありませんが、
身体を触ったり、顔を触ったりしても
ただひたすら我慢しているようでした。
その間にもお口が出るようなこともありません。
イヤだ!と思うことをされて我慢できるうちに
もっと人と接する時間を増やしてあげることが
この子の恐怖心を増長させない方法かと思います。
元々穏やかな子なのかもしれません。
まだまだ若いこの子にも暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_16052423.jpg
f0078320_16053843.jpg
f0078320_16055175.jpg
f0078320_16055986.jpg




※2/14よりレポートに登場 (2/13他抑留所より移送)
▽薄茶 オス 6-8歳 7-8キロ
一度見たら忘れられないような愛嬌のあるお顔の男の子です。
ケージの中では早く出して欲しくて、
もじもじしながらブンブンしっぽを振って待っていました。

ケージ外に出してあげるとすぐにメンバーに甘えに寄ってきて
撫でられると嬉しそうにしていました。
抱っこもされ慣れているようで、おとなしくしていました。
人馴れは全く問題ありません。
シニアの域に入っているせいか、元々の性格なのか
落ち着きもあり、とても飼い易そうな子です。
f0078320_16193141.jpg
f0078320_16200389.jpg
f0078320_16203340.jpg
f0078320_16210361.jpg
他犬との相性はどうなのだろうと思っていましたが、
この子を外に出している時に、
とても元気の良い子犬を一緒に出してみたところ
「カチャカチャしてうるさい~!あの子やだ~!」と
私に前脚をかけて必死にアピールしていました。
自分から他犬に向かっていくようなところはないようです。
その必死な姿を撮影できなかったのが残念ですが
何度も何度も同じような行動をしていました。
元々とても優しい子なのだと思います。
身体も小ぶりですし、女性でも十分コントロールできます。
一緒に暮らしたらとても良いパートナーになり、
毎日癒される生活が送れそうだなぁと思いました。
f0078320_16271205.jpg
f0078320_16272283.jpg
f0078320_16273145.jpg




※3/21レポート初登場 (3/2収容)
▽茶黒 テリアMIX メス 2歳くらい 10-11キロ
ケージ扉を開けるととても不安そうにこちらを見つめてきました。
ロープをかけケージから少し離れて
ゆっくりと誘導してあげるとそ~っと自ら出て来ましたが、
出てしまうととたんにハッと我に返った様子で
慌ててケージに戻ろうとしていました。
なんとか外に留まってもらうようにしました。

やはりこの子もリードで引かれる経験がないのか、
引かれるという行為にとても拒否反応を示します。
それでもパニックになるほどではなく、
臆病ではありますがこちらの様子も見ながらの反応ですので
家庭に入ってしまえば、
人馴れするのにあまり時間がかからないかもしれません。
f0078320_16380750.jpg
f0078320_16382193.jpg
f0078320_16383343.jpg
f0078320_16384441.jpg
身体を触っても顔を触っても抵抗することもありません。
ビビリちゃんのようではありますが、
体重を確認したくて抱っこしても暴れることもありませんでした。
身体のわりにとても大きな足をしていて
片親は少し体格の良い子だったのかと想像できます。
歯もとてもきれいで、2歳まで達していないかもしれません。
自らケージから出て来れたりできるうちに
一日も早く人との生活を味合わせてあげたい子です。
f0078320_16472438.jpg
f0078320_16473637.jpg
f0078320_16474438.jpg






【収容室③】4頭


※3/21レポート初登場(3/10収容)
▽茶柴 オス 6ー7歳  8-9キロ
こちらの部屋に入ったばかりの時にはそれほど感じませんでしたが
いろいろな子を見ている中で、段々と慣れてきたようで
「出して!出して!」とよく通る大きな声で呼んでいました。
身体に似合わずとても大きな声だったので驚きましたが
ケージから出してあげるとそれもピタッと止まりました。
シニアになっているようですので、それもあってか
とても落ち着きがあり、がちゃがちゃ動きまわることもなく
大人しくしていました。
おやつも優しく上手に食べることができました。
f0078320_19075345.jpg
f0078320_19080253.jpg
f0078320_19081679.jpg
f0078320_19082595.jpg
べたべた甘えてくるという感じではありませんが
身体のどこを触っても嫌がることもなく、
人馴れには全く問題はありません。
抱っこも問題なくさせてくれました。
ただ、少し感情が表れない子のようにも感じました。
何をしてもあまり表情が変わらず、
遠くを見ているような様子が気になりました。
収容されてあまり日数が経っていないので、
今後変化も見られるかもしれません。
来週以降またよく様子を見てきたいと思います。
f0078320_19155771.jpg
f0078320_19165569.jpg
f0078320_19161694.jpg
f0078320_19162827.jpg



※2/14よりレポートに登場 (2/3収容)
▽黒 オス 1歳前後 14-15キロ
ケージの中で出てくるのを少し踏ん張っていましたが、
ロープをかけて少しずつ誘導してあげると
なんとか外に出てくることができました。
この子も他のビビリちゃんたちと同様に
リードで引かれるという経験がないのか
引っ張られることには抵抗しますが
テンションをかけないでいると、自ら歩くことは出来ました。
まだまだ子犬から成犬になる境界線くらいの年齢かと思われますので
いろいろと教えてあげれば吸収も早そうな気がします。
f0078320_19252295.jpg
f0078320_19253604.jpg
f0078320_19260946.jpg
f0078320_19262016.jpg
ロープで引かれると狭いところに隠れようとするので
なんとか狭いところに行かないように部屋の端に連れていくと
メンバーの後ろに隠れているのが少し安心するようでした。
それでも、何やってるのかな~とカメラを覗こうと
こちらに寄ってくることもあり、
単純に経験不足で、人とどう接したらいいのかわからないだけ
なのかもしれません。
身体を触ったりも拒否することもありませんし、
まだまだ好奇心旺盛なこの子にも
いろいろと教えてくださる優しいご家族が見つかりますように。
f0078320_19332020.jpg
f0078320_19333793.jpg
f0078320_19335912.jpg
f0078320_19334959.jpg



※3/21レポート初登場 (3/6収容)
▽茶 オス 1ー2歳 11-12キロ
まだあどけない表情をした元気一杯の男の子です。
ケージから出してあげると途端にプレイバウしてきました。
まるで子犬のような激しい動きで、
写真もブレブレのものばかりになってしまいました。
人馴れは抜群のようではありますが、
あまり身体を触られるのは好きではないのか、
飛び跳ねて逃げ回っていました。
でもそれも遊びの一環だったようにも感じます。
真っ先に遊びに転じていましたが、
ふと思い出したかのようにウロウロしだして、
うんちをした後に、とても長いおしっこもしました。
ケージの中を見るととても綺麗で
ずっと我慢していたのかもしれません。
f0078320_19432083.jpg
f0078320_19433808.jpg
f0078320_19440075.jpg
f0078320_19441204.jpg
他犬のご飯やおやつが気になるようで
しきりにいろいろなケージを覗いていましたが
特に吠え掛かるようなことはありませんでした。
とにかく元気で動き回ってばかりいるので
ロープで引いて身体を拘束すると
それも遊びと思っているのか身体をよじらせ逃げていきます。
そのくせ、顔を近づけるとペロペロと舐めてきたりして
ツンデレなところもこの子の魅力だと思います。
抱っこはやはり嫌なようでできませんでした。
とても元気なこの子とたくさんお散歩をしてくれて
一緒に遊んでくださるご家族の目に留まりますように。
f0078320_19490666.jpg
f0078320_19491539.jpg
f0078320_19492557.jpg
f0078320_19493264.jpg



※1/31よりレポートに登場 (1/16収容)
▽白茶 メス 1-2歳 12-13キロ
この子はロープが苦手とのことでしたので
ゆっくりとロープをかけてあげた後、
こちらで誘導せずに様子を見ていたところ
自分のタイミングでゆっくりと外に出て来ました。
お~~!自分で出て来れたね!!と喜んでいたら
あっという間にまたケージに戻ってしまい
外にいるところを撮影出来ずに残念でした。
その後、少しロープで誘導して外に出てもらいましたが
どうしても「引かれる」ことに抵抗があるようで
ロープを噛みきろうとガチガチしてきたので
ケージに戻しました。
f0078320_19592729.jpg
f0078320_19593886.jpg
f0078320_19595320.jpg
f0078320_20002222.jpg
いつも不安げなお顔をした子ですが、
ロープを噛みだした後にケージに戻すと
緊張からか耳が後に垂れて、
益々不安そうなお顔になっていました。
ごめんね、怖かったね、と声をかけましたが
しばらくすると少し落ち着いてきたので
ゆっくりとロープを外して、身体を撫でてあげました。
お顔や頭を撫でてもビクッとすることはあっても
お口が出たり、抵抗したりすることもありませんでした。
ロープには必死にこの子が噛んだときの血がついていました。
おとなしいこの子にもお散歩の楽しさを教えてあげられればと
願わずにはいられません。
f0078320_20161587.jpg
f0078320_20154612.jpg
f0078320_20164647.jpg
f0078320_20171555.jpg




レポートは続きます。





# by centre_report | 2017-03-23 11:03 | 愛護センターレポート

3/21センターレポート 子犬舎     9頭

メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。



引き続き、センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)



<2-5> 3頭

※2/7よりレポートに登場(1/30収容)
▽茶 オス 7-8ヵ月 6-7キロ?8-9キロ
f0078320_13491016.jpg

f0078320_13492944.jpg

f0078320_13494636.jpg

f0078320_13495956.jpg

f0078320_13501135.jpg
このひと月半の間で、臆病さに加速がかかってしまったように感じます。

小部屋の外で覗いている時は、何とかその場に踏ん張れていたのですが、
扉を開けた瞬間、慌ただしい動きになり窓によじ登ってしまいました。
窓が開いているのを知らずなのか、広い外はもっと怖いと感じてるのか、
狭い所に身体をねじ込むようにしてとどまっていました。

食事はしっかり摂れてるのでしょう。
身体には程よくお肉もついてて毛艶もとても良いです。
健康そのものという様子には安心しました。





f0078320_13502588.jpg

f0078320_13503783.jpg

f0078320_13504632.jpg
何もしないで良いことはないと思い、
背中をずっと撫でていたら、動き出していったん落ちてしまい、
今度は小部屋の入り口の柵に上り始めました。
とにかく、人から離れたくて仕方がない様子を見ていると辛くなります。
今後どう対応してあげれば良いのか、私達の課題です。







※2/14よりレポートに登場 (2/9他抑留所からの移送)
▽白 薄茶あり 先折れ耳 オス 6-7ヵ月  5-6キロ?7-8キロ
(↓ 下の子と兄弟です)
f0078320_1351302.jpg

f0078320_13514190.jpg

f0078320_13515891.jpg
小部屋の扉を開けた瞬間、
とても軽快な動きで、開いていた窓を一度クッションにして、
外側スペースに飛び出て行きました。

出たら出たで、いつものようにひたすら固まっていましたが、
私も窓から外に出て行ったところやはり逃げ惑い、反対にまた部屋に戻りました。
逃げるスペースができると、動き回ることもしますから、
それもとてもすばしっこいので、
家庭に迎え入れた後は脱走対策に充分注意する必要があります。



f0078320_13525236.jpg

f0078320_13523187.jpg
この子は、もう1頭の兄弟のように誰かを頼るような動きはせず、
今のところ、単独で動き回ります。

この子も、当初からするとビビリが後退しているように感じるので、
心配です。

ただ触っていても、攻撃することは覚えずに成長してくれていますから、
早い時期に家庭に入ることができれば、このまま成長してくれるように思います。






※2/14よりレポートに登場 (2/9他抑留所からの移送)
▽白 背中・耳・頭に薄茶のブチ オス 6-7ヵ月 5-6キロ?7-8キロ

(↑ 上の子と兄弟です)
f0078320_13531083.jpg

f0078320_13532590.jpg

f0078320_13533935.jpg

f0078320_13535170.jpg
この子は、常に誰かにくっ付いていることで不安が軽減できるのでしょう。
最初は茶の子に着いて歩いてました。
登られて離れると、今度は兄弟を頼り、
身体に頭を隠しじっとしていました。

この部屋の子達は、お互いがビビリを刺激し増幅しているような感じを受けます。

今の様子は、目線に私達が入るだけで一瞬にして部屋の空気が変わります。
収容されている間の、私達の対応をどうしてあげたら良いのか、
真剣に考えなくてはいけないと感じます。

せめて後退はしないよう、特にこの部屋の子達は、
家庭に入れて様子を良く見てあげたい子だなと感じますので、
どうか受け入れてくれる方の目にとまりますように祈っています。





<2-6> 2頭

※12/13よりレポートに登場 (11/28収容)
∇茶白黒 オス 1-2歳 12-3キロ
f0078320_1354368.jpg

f0078320_13541466.jpg

f0078320_13542490.jpg

f0078320_13543620.jpg
この日は窓が開けられており、
自由に部屋を行き来できるようになっていて、
この子も外側スペースに出ていました。

誰よりも威勢よく吠えていたのがこの子で、
その声はなかなか迫力のある声でした。
この子が私と目線を合わせてくれたのは初めてで、
それも吠えながらでしたから、変化に嬉しくなりましたが、
この様子は外で柵越し限定の行動だとわかりました。




f0078320_1354529.jpg

f0078320_1355471.jpg

f0078320_1355155.jpg

f0078320_13552640.jpg
部屋に入ると、途端にいつものように壁にへばり付き、
同時に目線は空を切り、全く合わせることはありませんでした。

側にいても、震えたり怯える様子も特にない子で、
攻撃することもありません。

外で吠えていた時の姿は、尻尾もしっかり上げ、
決してその時も威嚇しているようには感じませんでしたから、
何かをきっかけに、普通に家庭犬になりそうな要素を、
たっぷり持っていそうな、そんな気さえしてしまいます。

今日外で見た時、しっかりした体格に見えました。
もしかしたら、上記体重よりもう少しあるかもしれません。





※10/11よりレポートに登場 (9/30収容)
▼黒・こげ茶 オス 1-2歳 14キロ程度15-16キロ
f0078320_1356011.jpg

f0078320_13561410.jpg

f0078320_13562571.jpg

f0078320_13572143.jpg
この日も、最初は引き気味のへっぴり腰で様子を伺っていました。
急な動きをすると、下がってしまいますが、
決して人馴れしてない子ではありません。
ただ、大きな変化は見受けられません。

人への興味はとてもあり、
こちらが知らん顔していると、自分から寄って来てツンと鼻でやって下がってみたり、
接し方が不器用で可愛い子です。




f0078320_1356394.jpg

f0078320_13574183.jpg

f0078320_13575291.jpg

f0078320_1358639.jpg

f0078320_1358249.jpg
ゆっくり動いてあげたら、ずっと側に居て、
少々乱暴に触っていても、満更でもない様子でジッとしています。

いつも同じ表情で、クールボーイを気取っていますが、
本来は年相応にヤンチャそうな雰囲気もありますので、
楽しみな子です。

オヤツには積極的に寄って来て手から食べてくれますが、
どんなに小さくしても手に歯を当てるようなことは全くせず、
上手に優しく食べてくれます。

この子の明るい表情が一日も早く見たいと思ってしまいます。
家庭犬としてスタートできる日が、早く訪れますように。







<2-7> 1頭

※11/29よりレポートに登場 (11/21収容)
▽薄茶 メス 2歳ぐらい 13ー14キロ
収容中に、7頭の子犬をしっかり育てあげたお母さんです。
f0078320_13584597.jpg

f0078320_13585896.jpg

f0078320_13591226.jpg

f0078320_13592424.jpg

f0078320_13593574.jpg
子犬達は、全員センターを後にし、
先週やっと子育てから解放されました。

とても母性愛の強い子のように感じましたので、
子犬達が一緒の時は、
人の側に居る仔犬たちのお陰で、
もう少し近い位置で人の側に居たように感じましたが、
ヒトリになった今回は、やたらと逃げ回り、
距離を多く取っていたように思いました。

子供を取られたと思っていたとしたら、何とも切ない気持ちです。

人が見ていても置いたオヤツを食べることはできますが、
人馴れしているとまでは、正直言える子ではありません。
近づいてもただ距離を持ちたがるだけで、
何かしてくるような行動はありませんから、
必要な時間をかけてあげることで、変わっていくように感じます。

この日は、外側スペースの柵を噛んで外に出たがるような行動もありましたので、
家庭に迎え入れた後も逸走対策には充分気を付ける必要があると思います。

半長毛で足長体格の綺麗な子です。
今はまだ、子供達に栄養を取られて、毛がボソボソですが、
これから栄養が身に付いたら、美しい子になると思います。

頑張って来たこの子にも、
大きなご褒美がありますように祈っています。







※2/21よりレポートに登場(2/16引き取り)
▽茶白(鼻ピンク) メス 1歳弱 11-12キロ(↓下の子と姉妹?です)
f0078320_140950.jpg

f0078320_1402461.jpg

f0078320_1403661.jpg
あどけなさの残る、可愛いお顔をした子です。

泣きそうなお顔で、他の子に置いてあげたオヤツを、
シラァ~ッと悪びれもせず横取りする様子が、
見ていて可愛くてたまらない子です。

この子は普通に人の手からオヤツを食べてくれます。
まだオドオドはしていますが、
元は人からご飯をもらい、人との暮らしを知っている子ですから、
家庭に入れたら、人馴れはグンと進むように思えます。


f0078320_14054100.jpg

f0078320_1411383.jpg

f0078320_1412742.jpg





※2/21よりレポートに登場(2/16引き取り)
▽茶白(鼻黒) メス 1歳弱 11-12キロ(↑上の子と姉妹?)
f0078320_141573.jpg

f0078320_1421187.jpg

f0078320_1422650.jpg
この子も可愛いお顔をしています。
鼻が黒いせいか、しっかりした顔だちに見えますが、
よく似た姉妹です。
↑上の子より控えめです。

オヤツに興味があるのになかなか食べられず、
置いてあげても考えている内に姉妹に横取りされてしまうのを繰り返してましたが、
学習したようで、置いたら即食べることを覚え、
いい感じに変わって来ています。



f0078320_142447.jpg

f0078320_143627.jpg

f0078320_1432462.jpg

f0078320_1434244.jpg

f0078320_1435351.jpg
この日は、手から食べる姿も見せてくれました。

触っても怖さから転じての攻撃もなく優しい子ですし、
この子も、人は間近で見ています。
ただ、放置されていたのか関りがうすく、
どうして良いのかわからないだけだと思いますので、
人と一緒に居られる時間が増えることで、
人馴れは回復できる程度だと思います。

自信を持つことができれば表情も変わり、
更に魅力ある子になりそうです。

今度こそは、沢山の愛情の中で暮らせますように願っています。










※10/25よりレポートに登場 (10/12収容)
▽薄茶 メス 2-3歳 12-13キロ?
f0078320_1441248.jpg

f0078320_1443120.jpg

f0078320_1445982.jpg

f0078320_1451241.jpg

f0078320_1452993.jpg

f0078320_146554.jpg

この子も、はっきりとした良いお顔をした子です。

時々顔を隠すも、怖い物見たさでまた顔を上げて見たりを繰り返していました。

この子は、人が来たらこうしていると安心なんだと、
変な学習をしてしまったように感じます。
この部屋に移動する前は、抱くことが出来ていたと、
以前のレポートで書かれていました。

どんな生活をして来たかは知りませんが、
決して生粋の野良ではないように思いますし、
人の全てが怖いとは思ってないように感じますので、
この子に必要な時間さえかけてあげたら、
人馴れについてはさほど深刻ではないように思います。

人の目を見ることが出来る子ですから、
家庭に入れば色々と学習してくれるように感じます。

心から安心できる日が、一日も早く来るよう祈っています。





レポートは続きます。



# by centre_report | 2017-03-22 14:11 | 愛護センターレポート

3/14引き出し編 レポート紹介  全73頭


ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。


3/14に引き出した成犬1頭と幼犬4頭を紹介します。



お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田
f0078320_19070021.jpg
f0078320_19071732.jpg
f0078320_19072048.jpg
f0078320_19072781.jpg
f0078320_19073288.jpg



準備が整い次第
いぬ親さん募集開始いたします。

応援の程よろしくお願いいたします。



ご郵送いただいたり
いぬ親会で持ちよりいただいた新聞などを
センターへお届けしました。

いつもご協力ありがとうございます。
f0078320_19075625.jpg



~お知らせ~

ちばわんでは、本当の家族を待つ犬達や猫達と
新たに犬や猫を家族の一員として迎えたいご家族との
出会いの場である「いぬ親会、ねこ親会」を開催しています。




f0078320_23202675.jpg


f0078320_00171867.jpg
f0078320_23211104.jpg
f0078320_19153360.jpg


f0078320_00175705.jpg


「イベント情報」詳しくはコチラ。



当レポートをご覧になってのお問い合わせは、まずちばわんにお願いします。

問合せ先 korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)
(※上記アドレスへのいぬ親会に関するお問い合わせはご遠慮ください。
必ず詳細ページにてご確認をお願い致します。)

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。

★新規の預かりボランティアご希望下さる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

※大変申し訳ありませんが
小型犬のみの新規預かり希望は受け付けておりません。

お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
(審査の上、判断させていただきます。)







# by centre_report | 2017-03-17 19:17 | 愛護センターレポート