ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


9/19センターレポート 子犬舎     9頭 

メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)








<2-5 3頭>



※7/11よりレポートに登場 (6/27収容)
▽茶 オス 7-8ヵ月程度   8-9キロ  9-10キロ(9/19修正)

f0078320_205725.jpg

f0078320_211012.jpg

f0078320_213555.jpg

f0078320_22177.jpg

f0078320_222327.jpg
ビビリはビビリですが、
慎重な子だと感じます。


f0078320_22417.jpg

f0078320_225483.jpg

f0078320_23735.jpg
私達が入るとしばらくは、小部屋を出てみたり、
戻っては固まってみたりを繰り返しており、
人を避けているような動きをしていましたが、
他の子を観察してる間、
自分が見られているのではなと感じると、
平気で人のそばに寄って来たりしていたので、
その様子を見て、
今回は大きな動きをせず、抱くのをやめて自由にさせて見ていました。

触ることもできますが、まだオヤツを食べる余裕はありません。




 ↓ 以前、抱っこをしてる写真転用します。
f0078320_242648.jpg


 以前のコメントも転用します。
毎週メンバーが抱っこをしているので
抱っこされることには慣れて来ています。
抱かれてす直ぐは緊張していますが、
だんだん力が抜けて来て可愛いお顔の写真が撮れました。

まだ子犬ですので、環境が整えば人馴れは早いと思います。
ビビりっ子同士で固まっているこの環境では、
なかなか人馴れは進みません。
少しでも早く家庭に入れて人との関りを経験させてあげたい子です。








※6/20よりレポートに登場 (6/8収容)
▽茶黒 オス 7- 8-9ヵ月(9/19修正) 10キロ~?

f0078320_2333235.jpg

f0078320_2335950.jpg

f0078320_2344339.jpg

f0078320_235323.jpg

f0078320_2351779.jpg
身体つきと言い毛艶と言い、
健康状態はとても良さそうです。
随分と大人びた雰囲気になって来たように感じます。

自由に逃げ回れる分、
やはりしばらくは、私達から常に避けるよう動き回っていました。
時間をかけてあげると動きも落ち着いて来ますし、
何より目を離さず私達の行動をしっかり見られる子です。
この子なりに一生懸命考えているのだと思います。

以前、慣れたメンバーがこの子にロープをかけて、
上手に対応をしています。
以下↓その時の写真とコメント転用します。

f0078320_3143094.jpg
予想よりも早く我慢できて落ち着いていました。
ゆっくり落ち着かせて、声をかけながら触ると
ちょっと困ったようなお顔になっていました。

緊張してたまに「いや」とお口をパクパクしていましたが、
接し方次第で馴れてくれると確信できました。

吠えることはありませんし、アイコンタクトもできます。
人の言っていることをよく聞いています。

家庭に入って色々な経験をさせてあげれば、
良いパートナーになる子だと思います。





※2/7よりレポートに登場(1/30収容)
▽茶 オス 9-10ヵ月 8-9キロ 9-10キロ

f0078320_319167.jpg

f0078320_3194435.jpg

f0078320_3195628.jpg

f0078320_320597.jpg

f0078320_3201926.jpg
小部屋の前に立つだけでいれば、
チラッと私達を確認後、顔を伏せてジッと固まっているのですが、
入り口を開けた途端、
他の子達が動き出すと、もうジッとができないようで、
ワタワタと反射的によじ登ろうとする行動は今もあります。
他の子達の影響もあるので、
今の環境でよじ登らせるタイミングをはぐらかすのは、
とても難しいなと感じます。

それでも落ち着かせるようにはできるようになって来ました。
以前よりは、抱っこするのも簡単にできるようになっています。



f0078320_332628.jpg

f0078320_333119.jpg

f0078320_3322258.jpg

一緒に部屋に入ったメンバーに、
時間をかけて抱いてもらっていました。

最後の方は、
しっかり両手で抑えていなくても、
飛び降りたりせず、こちらで降ろすまで頑張っていましたが、
今の環境でこれ以上の進歩は難しいように感じます。

人馴れした犬の行動を見せて、
人と過ごす時間を持てる環境の中で生活させてあげたいです。









<2-6 2頭>


※6/13よりレポートに登場 (6/2収容)
▽茶 オス 1歳ぐらい 11-12キロ 

f0078320_346885.jpg

f0078320_346248.jpg

f0078320_3463655.jpg

f0078320_3465329.jpg

f0078320_347614.jpg

f0078320_3471878.jpg

f0078320_3473390.jpg

f0078320_3474621.jpg
最初は緊張して、そばによって来ませんでしたが、
直ぐに理解し、オヤツも手から優しく食べてくれましたから、
家庭に入ったら、仲良くなるまでにはそう時間はかからず、
本来の姿を出し始めるだろうと感じます。

まだまだ若い子ですから、
タップリ時間をもって下さるお家で生活できたら、
とても魅力的な犬に成長しそうで楽しみな子です。






※8/1よりレポート登場 (7/27他抑留所より移送)
▽薄茶 オス 5-6ヵ月くらい?(9/19修正) 8キロくらい(9/19修正)
f0078320_432388.jpg

f0078320_433667.jpg

f0078320_43494.jpg

f0078320_44152.jpg

f0078320_441645.jpg

f0078320_443166.jpg
終始緊張していて、触らないのにビビリションが出てしまいました。
全く抵抗せず、怖さからのお口も出ません。

ビビリウンで汚れたお尻をメンバーが拭いてくれてた時も、
されるがままでしたので、
扱いやすく臆病も余り深刻でないように感じます。
今の月齢なら、この程度の臆病は環境次第で、
そう時間はかからずに変化するように思います。

臆病に拍車がかかる前に、
どうか一日も早く移動できますよう祈っています。











<2-7 2頭>

f0078320_4194273.jpg

f0078320_420062.jpg





※2/14よりレポートに登場(2/3収容)
▽黒 オス(去勢済) 1歳前後 16.5キロ 

f0078320_4192868.jpg

f0078320_4202193.jpg

f0078320_420389.jpg

f0078320_4205239.jpg

f0078320_421863.jpg

f0078320_4212255.jpg

f0078320_4231837.jpg
みんなの分も僕がと言わんばかりに、良く吠えていました。
若いオスですから、体力も有り余っているのだと思います。
人が相手をしている時は全く要求吠えもなく良い子です。

耳も大きく、角度によったら黒シェパードのように良いお顔をしてますが、
後ろ足を目一杯残して慎重にオヤツを手から受け取り食べる姿とのギャップが、
とても可愛い子です。
オヤツを使えばお座りもできます。

身体に触ろうとすると、上手く逃げますが、
人には興味があるようで、自ら近くに来ます。
この行動は、以前とあまり変わってはいませんから、
今の生活ではこれ以上は望めないように感じます。

思いっきり体力を発散出来る環境で過ごさせてあげたいなと、
この子を見るといつもそう感じます。









☆ライアン



※7/11よりレポートに登場 (7/4収容)
▽茶 オス(去勢済) 1歳ぐらい 12.85キロ

f0078320_4453238.jpg

f0078320_4454617.jpg

f0078320_44631.jpg

f0078320_4462057.jpg

f0078320_4463472.jpg

f0078320_4465636.jpg

f0078320_4471086.jpg

f0078320_4472847.jpg

f0078320_4474474.jpg

f0078320_448113.jpg
頑張っている様子が見て取れるほど、変わって来ています。
当初は震えていたようですが、今は自ら人のそばに来られるようになっています。
オヤツも人の手から優しく受け取り食べることができ、
慌てて逃げる様子もありません。

成犬になっているようですが、ヒョロヒョロなので、
しっかり散歩ができる環境になれば、
筋肉もつき、もう一回り大きくなりそうな骨格です。

まだ表情は乏しいですが、
自信がつけば目を引くような風貌の子です。
その魅力を出してあげるためにも、
人と一緒に過ごす時間をかけられる、
一般の家庭に早く入れてあげたいと願ってやみません。

こんなに頑張っている子ですから、
センターを後に出来る日まで、
後退しないよう今後も接して行きたいと思います。







<2-8 2頭>



※6/13よりレポートに登場 (6/1収容)
▽茶 メス(不妊手術済) 4-5歳 14キロ
f0078320_573252.jpg

f0078320_575064.jpg

f0078320_5875.jpg

f0078320_582488.jpg

f0078320_58439.jpg

f0078320_585519.jpg

f0078320_591120.jpg

f0078320_593529.jpg
とても臆病な子ですが、とても優しい子でもあると思います。
どれだけ自信がないのだろうかと感じてしまうほど、
目線を合わせようとはしません。

触ることはできますが、
オヤツは置いても食べたのを見たことがありません。
人に対して攻撃するような様子は微塵も感ない子です。

何度も子育てしてきたようなお乳をしており、
顔には無数の古傷痕があります。
子供を守りながら、
怖い思いを何度もして来たのだろうと想像できます。

少し時間はかかりそうですが、
今の優しさをそのまま変えずに育てていただける方の目に止まって欲しいです。
この子の明るくなった表情がみてみたいです。









※10/25よりレポートに登場 (10/12収容)
▽薄茶 メス 2-3歳 12-13キロ?

f0078320_5175920.jpg

f0078320_5181285.jpg

f0078320_5183535.jpg

f0078320_5185313.jpg

f0078320_5191553.jpg

f0078320_5193735.jpg

f0078320_520311.jpg
人のことをジッと見ている目が、
とても綺麗な子です。
頑張りきれなくなると、
そばにいる子にそっと顔を埋めてしまいます。

今まで何頭もの子達がこの部屋に入れ替わっていますが、
上手に共存できる優しい子です。

ここでの生活が間もなく1年になろうとしています。
ゆっくりではありますが、
人に対する意識が変わって来ているようには感じます。
この子にも、これ以上の進歩はここでは無理があるのかなと、
感じてしまいます。

同室だった子が次々とセンターを後にし、
家庭犬としてスタートしています。
この子にもどうか目を止めて欲しいと思います。







レポートは続きます。
# by centre_report | 2017-09-22 04:04 | 愛護センターレポート

9/19センターレポート E部屋     7頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


※No.VIの子以外は先週レポートより転載します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)




<E-4>

※5/23よりレポート登場(3/31収容)
▽白黒ブチ メス 10歳もしくはそれ以上 13-4キロ

こちらでの生活も半年を迎えようとしています。
シニアの子の場合、大人しいために撮影して紹介するのみで
どの程度歩けるのか、お散歩の経験があるのか、などは
未知数なままです。
この子もこちらの部屋の中で歩かせる距離は限られており
どの程度歩けるものなのかわからなかったのと、
とても大人しく、ついつい他の子たちに埋もれがちになって
しまうこともあり、この日はドッグランに出してみました。
f0078320_15274408.jpg
f0078320_15282569.jpg
f0078320_15285519.jpg
f0078320_15293332.jpg
とても嬉しそうにゆっくりとした足取りで
ドッグランを歩いていました。
最初は少しおぼつかない足取りでしたが、
段々と調子が出てきて、スムーズにゆっくりと歩くことが出来ました。
ずっと運動していないのもあり、後ろ脚の筋肉が衰えていて
前脚はしっかりと早く動かして前に進もうとするのですが
後脚の動きが遅く、前脚と後脚の回転数が違うために
とてもかわいい足取りになっていて、見ているメンバー全員で
思わず「かわいい~~!!」と叫んでしまっていました。
動画もご紹介しますので、是非ご覧ください。


10歳を超えていると思われるこの子は、
体重も13-4キロぐらいはあると思われますので、
今後介護になった場合のことを考えますと、
この子を抱っこ出来る力も必要になってきますし、
時間や治療費なども必要になってきます。
「かわいそうだから」という一時の感情だけで受け入れることは
厳しい結果を招きかねません。
それでもいろいろなことを理解した上で
是非うちで一緒にのんびり過ごそうよ!
と迎えてくださる方の目にとまりますように。
訪問メンバー全員がそう願ってやみません。
f0078320_11262878.jpg
↑↑先週レポートより






※以下は先週レポートより転載します。
E-6の子を含めて元気にしていることは確認できています。


<E-1>

※8/8よりレポートに登場 (7/27収容)
▽茶白黒 メス 10歳ぐらい 7キロ程度(痩せすぎ)
後右肢骨折歴あり?

シニアではありますが、ケージの中でもとても元気で
早く出して!とアピールしていました。
とても笑顔がかわいいおばあちゃんです。
ケージから出てきても嬉しそうにウロウロと動き回り
写真がブレブレになってしまうほどでした。

先週までのレポートでは、とても穏やかな子だと紹介
していましたが、大分この環境にも慣れてきて
本来の明るい性格が出てきたのではないでしょうか。
ただ、はっちゃけているというほどではなく、
外に出られた嬉しさでついついはしゃいでしまった、と
いう感じなのではないかと思います。
f0078320_10255928.jpg
f0078320_10262700.jpg
f0078320_10263872.jpg
後ろ脚が変形している部分があるのですが、
この日見た限りではそれを気にしている様子はほとんどなく、
普通に嬉しそうに歩き回り、
悲壮感が漂っているような子ではありません。
抱っこしてあげると嬉しそうな笑顔を見せて
足を触っても嫌がることもありませんでした。
もちろん人馴れは全く問題なく、人と一緒にいられるのが
本当に嬉しいようですので、残りの犬生を一緒に穏やかに
過ごしてくださるご家族とのご縁が繋がりますように。
f0078320_10305244.jpg
f0078320_10310579.jpg
f0078320_10311600.jpg




<E-2>

☆あぐちゃん

※10/4よりレポートに登場(2016/6/13他抑留所からの移送)
▽薄茶足先白 メス 4-5歳  7-8キロ 10キロぐらい

この部屋の撮影が久しぶりで、あぐちゃんに会うのも
久しぶりでしたが、体がかなりぽっちゃりしてきて
驚きました。
一時期ガリガリに痩せていておやつをあげても手ごと食いつきそうな
勢いを見せていたあぐちゃんが、まだ勢いはあるものの、
以前のようにすごい形相で飛びつくようなことはありませんでした。
大分体力的にも精神的にも落ち着いてきたのでしょうか。
人が大好きなあぐちゃんは、ケージから出してあげると
頭を低くして私の足元につっこんでくる、甘えん坊さんです。
f0078320_10400990.jpg
f0078320_10402582.jpg
f0078320_10403315.jpg
f0078320_10404292.jpg
相変わらず他犬には厳しいあぐちゃんでしたが、
何度もご紹介していますように、一頭で飼っていただければ
飼い主には従順な子になると思います。
とにかく人にくっついていたい子なので、ここでの生活が長く
なっている今は、あぐちゃんにとって辛い日々だと思います。
A部屋にいる田中くん(一般譲渡対象になりました!)と
同じような性格で、他犬がダメというところ以外は
人の話もしっかり耳を傾けていますし、
指示も入りやすいと思います。
どうぞかわいいあぐちゃんにも目を向けてあげてください。
f0078320_10444547.jpg
f0078320_10445659.jpg
f0078320_10494797.jpg
f0078320_10500056.jpg





<E-3>

※5/2よりレポートに登場(4/20他抑留所より移送)
▽薄茶黒 オス 7-8歳 7キロぐらい(8/22修正)

この子に会うのも久しぶりでしたが、
収容当初に撮影した時には、上から見ていたら
お腹のほうがこんなにアカラスのような状態になっているとは
わからないほど、毛がふさふさとしていましたが、
この暑さと湿度もあって、センターの方々もケアしてくれては
いますが、背中も脱毛が進んでしまってきています。
やはり投薬だけでなく、こまめな薬浴など、
個別のケアが必要な子です。
この子には何の罪もありません。
皮膚病になってしまってから、きちんとお世話してくれなかった
以前の飼い主の責任です。
f0078320_10555016.jpg

f0078320_10561143.jpg

f0078320_10562234.jpg

f0078320_10563498.jpg

シニアになっていてなかなか太れず、しかも全身が痒くて
仕方ないような状況に追い込んだ元飼い主を恨んでも
この子の状態が良くなるわけではありません。
とても人懐こくて、人が大好きなこの子が体を掻き毟って
それでも週に一度のふれあいの時間を楽しみにしていて
くれるこの子にも幸せになる権利はあります。
もちろん皮膚病を治すには根気が必要です。
時間もお金もかかると思います。
かわいそう、という一時の同情心だけでは
一生お世話することは難しいと思います。
それでもこんなに人を信頼して甘えてくれるこの子に
手を差し伸べてくださる方はいらっしゃいませんか。
f0078320_11101172.jpg

f0078320_11102286.jpg

f0078320_11104060.jpg

f0078320_11104906.jpg




※7/4よりレポートに登場(6/21収容)
▽茶・白 メス 9-10歳 14-15キロ(太り気味)

相変わらず今日もゆったりとしていて、
ケージをあけるとゆっくりと途中まで出てきて
ニコニコ笑顔を見せていました。
本当にいつも穏やかで、シニアの魅力たっぷりな子です。
少しぽっちゃりしていますが、そこもかわいいおばあちゃんです。
おやつにはあまり興味を示しませんが、
人のそばにいられることが幸せだということが
この子のお顔を見ていると本当によくわかります。
f0078320_12292584.jpg

f0078320_12295609.jpg

f0078320_12302517.jpg

f0078320_12305535.jpg

f0078320_12312596.jpg

先週レポートで、ドッグランにてフリーにしたところを
ご紹介しました。
あまり動かずじっとしているかと思いきや、
とても楽しそうに走り回る姿を見て、
こちらもとても嬉しく思いました。
再度その時の様子を掲載します。
f0078320_18173809.jpg





<E-6>

※9/12レポート初登場(8/30収容)
▽茶 メス 4歳ぐらい 11-12キロ

ケージの奥で申し訳なさそうなお顔をしてじっとして
いましたが、ロープをかけてあげると自分から外に出て来ました。
調子が良くないのか、食べたフードをほとんど吐いてしまっていました。
ただ、具合が悪そうという感じでもなく、ただただ「すみません」
とでも言っているかのように頭を低くして出て来ました。


とても穏やかでされるがままで、抱っこもできましたが
抱っこをしてもずっと下を向いているような状態で
とても控えめな子のように感じました。
どこを触っても嫌がることもなく、人馴れは問題ありません。
ヒートがきているようで、部屋の中に点々と血がついていました。
おやつをあげても食べませんでした。

少しムカムカしていたのかもしれません。
痩せていて、体が大きい割には抱っこしても軽かったです。
まだ環境に慣れていないだけかもしれませんので、
来週以降もう少しよく様子を見てみたいと思います。

f0078320_12473456.jpg

f0078320_12480461.jpg

f0078320_12483462.jpg

f0078320_12490414.jpg

f0078320_12503728.jpg

f0078320_12510788.jpg

f0078320_12513735.jpg

f0078320_12520760.jpg





<E-7>

☆中丸君

※8/22よりレポートに登場(8/2収容)
▽茶・白・黒 オス(去勢済) 6-7歳 12.5キロ
「飼い主募集中No.4922」

とてもはっきりとした顔立ちの美男犬くんです。
アイラインがばっちり入っているために、少しきつめに見えますが
本犬はとても穏やかで大人しい子です。
長毛でふわふわした毛質のためか、少しぽっちゃりしているように
思いますが、抱っこをしてみるとそれほど体重もなく、
ふわふわした毛の下は適正な体格のようです。

人馴れも全く問題なく、どこを触っても嫌がることもありません。
こんな穏やかな子がなぜここにいるのか、
雷や花火などに驚いて逃げてしまったのでしょうか。
f0078320_13074106.jpg

f0078320_13081264.jpg

f0078320_13091124.jpg

f0078320_13084117.jpg

抱っこもおとなしくされていて、
抱っこされている時に足を握ってみても無反応でした。
お座りもできましたし、おやつも優しく食べてくれました。
今すぐにでも家庭に入って生活できそうな子です。
一般譲渡対象としても選定されていますので、
たくさんかわいがってくださるご家庭に
迎えていただけたらと願っています。
f0078320_13123473.jpg

f0078320_13130411.jpg

f0078320_13133430.jpg

f0078320_13140491.jpg





レポートは続きます。





# by centre_report | 2017-09-21 15:45 | 愛護センターレポート

9/19センターレポート 旧子犬舎    8頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。


※先週レポートより転載しています。


センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。
お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)




<1-1> 2頭 


☆カブ壱くん

※11/22よりレポートに登場(11/10収容)
▽茶 オス 3ー4歳 15-6キロ (左耳先欠損)


おっとりした表情を見せてくれるカブ壱くんは
座ったまま小さく尾を振ってくれていましたが
今はそれもあまり見せてくれなくなってしました。

個別ケージからこちらの部屋にカブ二郎君と共に移ってきて
心境的に良い変化がでてくればと思いましたが
大きな変化は正直見られていないと思います。

おっとり穏やかなカブ壱くんですので
ゆっくりと焦らずに心を開かせてくださる方とご縁がありますように。
f0078320_21434835.jpg
f0078320_21435433.jpg
f0078320_21440067.jpg
f0078320_21440686.jpg




☆カブ二郎くん

※11/29よりレポートに登場 (11/15収容)
▽茶 オス 2ー3歳 17-8キロ

一時期かなり進みそうだった人馴れも
最近は停滞しつつあります。
大好きなおやつを差し出しても
食べるまでに少し考え込むようになりました。

以前は部屋を覗くと尾を振って出迎えてくれていたのですが・・。
どんな変化があったのかはわかりませんが
一時見せてくれたハツラツとした明るさが
この子の中には本当はあるはずです。

カブ壱くんもそうですが、犬らしい無邪気さや
楽しい嬉しいと感じられる、そんな家庭環境がやはり必要なのだと思います。
f0078320_21485550.jpg
f0078320_21490196.jpg
f0078320_21490706.jpg
f0078320_21491345.jpg
f0078320_21491948.jpg






<1-2> 2頭

※5/2よりレポート登場(4/17収容)
▽茶黒 オス 8-9ヵ月 12-13キロ

そばに行くと、いつものように
同室の小さな子と一緒に端っこに固まりますが
この子はおやつには気が向くようで
差し出したおやつは食べることができます。

あまり触れられ慣れてはいませんが
無理に触ったからといって攻撃的になることはありません。

脱毛具合を見ましたが、やはり何かしらの皮膚疾患のようです。
ただ、同室の子は全く症状は出ていませんので
伝染性のものではなさそうです。
f0078320_21584314.jpg
f0078320_21585695.jpg
f0078320_21585178.jpg
f0078320_21590031.jpg
f0078320_21590612.jpg





※3/28よりレポートに登場 (3/23他抑留所より移送)
▽茶白 オス 3-4歳 5-6キロ?


この子は最初の頃は、他の子を押しのけてでもおやつを食べに来ていたのですが
最近は人前ではおやつを貰いに来るどころか
口元に持って行っても食べることもできなくなってしまいました。
体調が悪いなどではないようです。

自分よりも大きな男の子の下に隠れるように身を潜ませ
その姿はとても可愛らしいのですが
もう少し安心して人と接することができれば
精神的にも安定できるのにと、歯がゆく思うこともあります。
ビビリちゃん同士で同調し合っている環境ですので
仕方のない事ですが・・。
まずはこの子を理解してあげるのが一番良いと思います。
また会い方なども工夫してみたいと思います。
f0078320_22024419.jpg
f0078320_22025195.jpg
f0078320_22025689.jpg
f0078320_22030246.jpg





<1-3> 2頭

※28/8/9よりレポートに登場 (28/7/27収容)
▽白黒 メス 3-4歳 15キロ

目が合うだけでビビリウンを今でもしてしまう
ビビリっ子ですが、抱き上げても
決して逃れるために歯を当てたりはしない子です。
基本的な性格も平和主義の大人しい子なのだと思います。

とてもとても小さな変化ですが
ドアを開ける前に覗き込むと
割と落ち着いていて、私たちが部屋のドアを開けるまでは
リラックスしている表情を見ることができる時があります。

他の犬とも一切争っている様子は見たことがなく
多頭でもうまくやっていける子だろうと思います。
f0078320_22115988.jpg
f0078320_22115476.jpg
f0078320_22120531.jpg
f0078320_22121072.jpg
f0078320_22121651.jpg
f0078320_22122129.jpg
f0078320_22144939.jpg




※28/8/2よりレポートに登場(28.7/28他抑留所より移送)
▽薄茶 メス  2ー4歳? 11-12キロ

扉を開けるといつものように
棚の下にピューッと走ってもぐりこんでしまいました。
それでも棚から顔を出し、差し出したおやつはしっかり食べていました。

触られずにおやつをゲットする方法を彼女なりに覚えたのかもしれません。

触ろうとすると空噛みしてきますので
そうすることで触られるのを回避できると学んでしまったのかもしれません。
どんな方法で接していったらよいか
メンバーと共によく考えてみたいと思います。
f0078320_22154743.jpg
f0078320_22150669.jpg
f0078320_22151227.jpg
f0078320_22151776.jpg

<1-4> 2頭


※2016/2/16よりレポートに登場 (2/1収容)
▽黒白 メス 8-9歳? 13-4キロ

以下コメント先週レポートより転載します。
この子も1年半が過ぎてしまいました。
おやつをもらおうと近づいてきても、
またすぐに後ろに下がって行くことが多かったのですが
最近ではおやつをあげたあとでもすぐに下がって行かず
その場に留まっておやつをもぐもぐと食べていられるように
なってきました。
元々触られたりすることは苦手な子ではありましたが
今でも触ろうとすると逃げていきます。
人を怖がって逃げるという感じではなく、
ただ単にスキンシップが苦手なだけなのだと思います。
f0078320_22164985.jpg
f0078320_22165400.jpg


※8/8よりレポート登場 (7/25収容)
▽茶 メス 7-8ヵ月 8-9キロ

9/12:人が近づくと少し不安そうで
落ち着きがなくなりますが
顔を隠して身を縮めてしまうことはなく
しっかり人の様子は見ていたいようです。
しっかり顔を上げ、人の動きをよく観察していました。

何もかもまだ経験不足で見るもの触れるもの全て
不安の対象でしかなと思いますが
柔軟性のある若いうちに様々なことに触れ
経験を積んでいくことで家庭犬として変わっていく可能性は
無限にあると思います。

成長期の今、一日一日の積み重ねがとても大切になります。
どうかこの子のことをお気に留めていただければと思います。
f0078320_22244798.jpg
f0078320_22251654.jpg
f0078320_22245334.jpg
f0078320_22245930.jpg
f0078320_22252347.jpg
f0078320_22252901.jpg




レポートは続きます。

# by centre_report | 2017-09-21 15:23 | 愛護センターレポート

9/19センターレポート D部屋     5頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。




※先週レポートより転載しています。


譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)






f0078320_13401337.jpg

※8/15よりレポート登場 (8/10他抑留所より移送)
▽薄茶黒 メス 1歳前後 9-10キロ

とても綺麗なお顔をしたスタイル抜群の女の子です。
前回会った時とあまり印象は変わらず、
近づくと避けていくのは相変わらずですが、
おやつを差し出すと近づいてくるのも前回と一緒でした。
人のことが怖くて仕方がないということはないようですが
人馴れしているかといわれるとそこまでではない、
といった感じです。
ただ、おやつで寄ってきてくれるのでおやつで仲良く
なることが出来そうです。
同室の茶白垂れ耳ちゃんが食いしん坊で、
おやつを差し出すと横取りされてしまうのが残念です。
それでもこの子は争うこともなく、きちんと引くことが
でき来ます。
f0078320_14233094.jpg
f0078320_14240312.jpg
f0078320_14243267.jpg
f0078320_14250290.jpg
アイラインがはっきりしていて、琥珀色の瞳も
少しきつい印象があるかもしれませんが、
気が強そうな感じは一切受けません。
他犬と争うようなことも現時点ではありませんし、
一緒にいるのが安心できるように見えます。
人を怖いものだと思ってしまわない今のうちに
家庭に入って人との生活を味合わせてあげたい子です。
f0078320_14283980.jpg
f0078320_14285039.jpg
f0078320_14290444.jpg




※8/22よりレポート登場 (8/10他抑留所より移送)
▼茶(背中などに黒の差し毛) メス 2歳ぐらい 10-11キロ

こちらの子も前回とあまり変わった様子はありませんでしたが、
前回見た時よりも積極的に人から逃げ歩くというほどでは
なくなっているようにも思えました。
もちろん自ら人に近づいてくることもありませんし、
おやつを差し出しても全く見向きもしません。
ただ、遠くから様子を伺っている姿は変わりありません。
なんとなく興味はあるけれど、近づいていく勇気はない
といった状態なのでしょうか。
f0078320_14583663.jpg
f0078320_14581507.jpg
f0078320_14584499.jpg
f0078320_14585818.jpg
気がつくとかなりそばにいたりすることもありました。
↑の子と同郷と思われるだけあって、
目つきがそっくりです。
↑の子がおやつに誘われて私たちに近づいてきているのを
しっかりと見ていますので、良い影響を受けてくれると
いいなと思います。
ただ、この日すぐそばを通っていった時に体に触れてみましたが
びっくりして走って逃げるようなこともありませんでした。
家庭に入って人との生活をしていく中で
人に対する恐怖感も薄れていくものと思われます。
一日も早く家庭に入れてあげたい子です。
f0078320_15045248.jpg
f0078320_15050259.jpg
f0078320_15051316.jpg
f0078320_15052389.jpg




※4/18よりレポートに登場 (他抑留所より移送)
▽白茶 メス 6歳ぐらい 12キロぐらい(太りぎみ)

この日も最前線に出てきて、ニコニコ笑顔を見せてくれました。
人に甘えたくて寄って来るわけではなく、
私たちが持っているおやつが目的です。
とても食いしん坊で、他の子にあげようと差し出していると
横からそっと寄って来て取っていってしまいます。
近くに寄ってきてくれた時にそっと触ることは出来ますが
あまり嬉しそうではなく、やめて~と逃げていきます。
唯一この部屋の中でおやつにつられてはいるものの
人に近づいて来られる子です。
f0078320_15153268.jpg
f0078320_15151258.jpg
f0078320_15154756.jpg
f0078320_15160173.jpg
収容当初からそれは変わらないのですが、
その後大きく人馴れが進んでは来ておらず
やはり人と一緒にいる時間がもっともっと必要なんだと
思い知らされます。
シニアにさしかかっているこの子にも暖かい手が
差し伸べられますように。
f0078320_16395057.jpg
f0078320_16385749.jpg
f0078320_16402036.jpg
f0078320_16405014.jpg




※3/14よりレポートに登場(3/9他抑留所より移送)
▽茶白 メス 3ー4歳 12-13キロ

いつもこの部屋の左奥隅でじっとしています。
この日もいつものように同じ場所でじっとしていました。
どこを触っても嫌がることもなくじっとしていますが、
平気なわけではなく、その瞬間をなんとかやり過ごそうと
しているのでしょうか。
撫でてあげても表情が全く変わりません。
感情をどこかに忘れてきてしまったようでかわいそうになります。
f0078320_17013128.jpg
f0078320_17005832.jpg
f0078320_17011296.jpg
f0078320_17012036.jpg
よく見ると何度もおっぱいをあげたような大きな乳首が
この子がお母さんだったことを証明しています。
顔にもあちこち傷痕のような箇所もあり、
過酷な環境で子供たちを守りながら放浪していたのかと
思うとこみ上げてくるものがあります。
なんとか同じ格好から動かそうと思い、
この子の体を抱き起こそうとしてみましたが、
やはり抵抗することはないものの、体を硬くして
少し体を起こしたものの動くことはありませんでした。
次回こそなんとかこの子が動く姿を見てみたいです。
f0078320_17065715.jpg
f0078320_17071125.jpg
f0078320_17074668.jpg
f0078320_17075574.jpg




※3/28よりレポートに登場 (3/16他抑留所より移送)
▽茶白 メス(不妊手術済) 3歳ぐらい 17-8キロ 20キロぐらい

収容当初、とてもきつい顔をしていたように記憶していますが
最近大分表情が柔らかくなってきたように思います。
トレードマークだった綺麗な巻き毛はほとんどが抜け落ち
また違った直毛の被毛が見えてきましたが、
ブラッシングしてあげられるわけでもないので、
この子が動くところでバサバサと毛が舞っていました。
また冬毛になるときには綺麗な巻き毛が復活するのでしょうか。
直毛の被毛で覆われた体はラブのように見えてきました。
f0078320_17155660.jpg
f0078320_17161617.jpg
f0078320_17164605.jpg
f0078320_17162602.jpg
やはり少し太りすぎで体が重そうです。
動きもとてもスローで、立ち上がったり座ったりするたびに
「よっこいしょ」というこの子の声が聞こえてきそうです。
この日はまだ少し浮いている毛を取ってあげようと
同行したメンバーがチャレンジしていましたが、
やはり触られるのはあまり好きではないようで
ゆっくりと空噛みするような素振りを見せていました。
大分近くに寄っても逃げなくなってきましたが、
動くのがしんどいだけなのかもしれません。
体重管理をしてあげられる家庭で個別にケアして
あげたい子です。
f0078320_17211530.jpg
f0078320_17213860.jpg
f0078320_17220028.jpg






レポートは続きます。



# by centre_report | 2017-09-21 15:22 | 愛護センターレポート

9/19センターレポート B部屋     2頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。



譲渡先・預かり先を募集中の子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)








※4/11よりレポートに登場 (3/30収容)
▽薄茶白 長毛 メス 7-8歳 10-11キロ

この日も元気に私たちを待っていてくれました。
ケージの中では早く出して欲しくて吠えていましたが、
外に出てしまえば吠えることはやめます。
人が大好きで撫でてあげると嬉しそうにしていました。
耳の後ろを撫でてあげると更にうっとりしていました。
いつも満面の笑みを見せてくれるこの子は
とてもまだシニアだとは思えないくらいハツラツとしています。
運動不足なのもあり、少し太りつつあります。
シニアですから運動しないことで筋力も衰えてきます。
f0078320_14242533.jpg
f0078320_14245665.jpg
f0078320_14252613.jpg
f0078320_14255697.jpg
先日ドッグランで自由に走らせてみましたが、
人のあとをトコトコついて歩いてみたり、
一人でゆっくり周りを散策してみたり、と
きっとこの子もこうして大好きな飼い主さんと
ゆっくり楽しくお散歩したいのだろうなぁと思いました。
まだまだこの子にもいろいろな経験をさせてあげたいです。
白くてふわふわな被毛はぬいぐるみのようです。
どうぞこの子にも目を向けてあげてください。
f0078320_14300477.jpg
f0078320_14301494.jpg
f0078320_14302852.jpg
f0078320_14302128.jpg








※8/15よりレポートに登場 (8/14他抑留所より移送)
▽茶 メス 2歳程度 10-11キロ


とても大人しい女の子です。
まだこちらでの環境に馴れていないのか、
元々のこの子の性格なのか、年齢のわりには落ち着きがあります。
ケージの中はいつもとても綺麗なままで、
外に出てくるとウロウロと排泄場所を探して歩き、
場所が決まるまで少し時間がかかりますが、外で排泄します。
とても綺麗好きな子なのだと思います。
見たからにシャイで少し控えめな感じが伺えます。
f0078320_14395621.jpg
f0078320_14400775.jpg
f0078320_14401574.jpg
f0078320_14403037.jpg
少し口角のあがったお口がかわいらしく、
いつもにっこりしているように見えますが
本犬は少し緊張感があるのか、なかなか笑顔とまではいきません。
それでもメンバーに一生懸命おだてられて顔をあげて
こちらを見上げる様子はとてもかわいかったです。
おやつもとてもゆっくりと優しく手から食べてくれました。
かなり柴犬の血が強そうな顔立ちではありますが、
頑固そうな面は今のところ見られません。
年齢相応に元気な様子を見せてくれることを願っています。
f0078320_14445607.jpg
f0078320_14450889.jpg
f0078320_14452035.jpg
f0078320_14452794.jpg



レポートは続きます。




# by centre_report | 2017-09-21 14:46 | 愛護センターレポート