ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


<   2017年 10月 ( 48 )   > この月の画像一覧

10/27センターレポート【猫編】Part1

るんばさんのレポートです。
一部、過去レポートの写真と文章を転載しています。


動物愛護センターにいる、譲渡先・預かり先を募集中の子たちの情報です。

問い合わせ先
yukichov716★yahoo.co.jp (★を@に変えてください) 幸丸
お名前のないメールには返信できません。

猫の一時預かりボランティアさん大募集中!


【猫の一時預かりボランティア】 ←こちらをご覧ください

★一般譲渡対象と記載されている猫については、千葉県内にお住まいの成人の方は、センターへ直接譲渡をお申し込みいただくことが可能です。
「犬猫の譲渡会」 
をご覧ください。


★ねこ親希望の方は
「お申込みアンケート」
からアンケートをお願い致します。

・・・・・・・・・・・・・・・

※ ご紹介する猫は全頭ワクチン・駆虫済です。
※ 子猫は預かり先のみの募集です。

▼譲渡猫管理室A

(1) みっちゃん
三毛 メス 推定3~4歳 エイズ(-)白血病(-) 不妊済
センター収容から2年弱が経過し、猫のなかでは最も収容期間が長い子です。
警戒心が非常に強い子ですが、特定の職員さんには甘える姿も見せているそうで、信頼関係さえ築ければ甘えん坊に変化する子ではないかと感じます。少しでも早くこの子がセンターを出て、信頼できる人のもとで安心した暮らしができるように願っています。
f0078320_17210847.jpg

f0078320_17210147.jpg




(2) 白 オス 中齢
2017年2月のレポートから登場しています。
頭部に強い衝撃を受け、負傷猫として収容されました。収容当初は足元にふらつきがみられましたが、現在はしっかりと歩くことができています。平面の移動は問題なさそうですが、2段ケージの上段にジャンプして上がることができず、運動障害が残っているようです。現在体調は安定していますが、台風等による急激な気圧の変化で体調を崩す傾向があり、癲癇のような症状が稀にみられるとのことです。とても人が大好きな子で、職員さんに撫でてもらってとても嬉しそうにしていました。
f0078320_17243935.jpg

f0078320_17244673.jpg




(3) ムギワラ メス 推定2歳 エイズ(-)白血病(-)
2017年8月のレポートから登場しています。
大きな目をした美人さんです。環境に慣れてきたのか、人に甘える仕草をするようになりました。家庭に入って落ち着けば、ますます甘えん坊に変化するのではないかと感じます。
f0078320_23425221.jpg

f0078320_17330073.jpg




(4) ムギワラ メス 推定2歳 エイズ(-)白血病(-)
2017年8月のレポートから登場しています。(3)と同じ現場からの収容です。
センターで出産した4匹の子猫達も生後1ヶ月程度になり、健康にすくすくと成長していました。
f0078320_23425749.jpg

f0078320_17332114.jpg

f0078320_17325534.jpg

f0078320_17330566.jpg




(5) 黒 メス 推定5歳
2017年8月のレポートから登場しています。
人馴れには問題がない子です。訪問者である私達に対してゴロゴロと喉を鳴らしていたので、甘えん坊な子だと思います。
f0078320_17390206.jpg

f0078320_23531033.jpg




(6) 黒 メス 成猫
2017年8月のレポートから登場しています。
(5)と比較すると見知らぬ人に対して少しシャイな様子を見せていましたが、人馴れは問題ないそうです。家庭に入って落ち着けば、リラックスした姿を見せてくれるようになると思います。
f0078320_23532403.jpg




(7) 三毛(メス)×2 黒(オス)×1、黒白(オス)×1 推定5ヶ月齢 不妊去勢済 エイズ(-)白血病(-)
2017年8月のレポートから登場しています。
人馴れに問題はなく、好奇心旺盛で元気一杯やんちゃな子猫達です。5頭で収容されていましたが、1頭は一足先にセンターを出ることができたようです。黒と黒白は一般譲渡対象、三毛は近日中に一般募集を開始予定とのことです。
f0078320_23564806.jpg

f0078320_17452474.jpg

f0078320_17453191.jpg

f0078320_17454011.jpg




(8) キジ メス 若齢
2017年8月のレポートから登場しています。
超多頭飼育環境であまり人と接する機会がなかったようで、あまり人馴れしていませんが、少しずつ落ち着きが出てきたように感じます。まだ若く観察した限りでは攻撃性は見られないので、家庭に入れば慣れていくと思います。
f0078320_17560313.jpg

f0078320_00052344.jpg





▼譲渡猫管理室B

(9) キジ オス 推定6ヶ月齢
2017年8月のレポートから登場しています。(3)(4)と同じ現場からの収容です。警戒心が強い子で、人馴れが十分ではありませんが、少しずつ軟化してきているように感じます。子猫のうちに家庭に入れて、人との暮らしに早く慣らしてあげたいものです。
f0078320_17571584.jpg



(10)〜(15)は同じ飼い主からの引き取りです。2017年7月のレポートから登場しています。

(10) キジ白 オス 推定3〜5歳 去勢済
ビビリさんです。気の弱そうな困り顔が愛らしい男の子です。家庭に入って落ち着けば、徐々に人にも馴れてくるように感じます。
f0078320_18002158.jpg

f0078320_20155259.jpg




(11) 三毛 メス 推定2〜3歳
収容当初は人を警戒する様子も見られましたが、環境に慣れてきたようで、人に対して興味深げに近づいてきていました。家庭に入れば、すぐに馴れるのではないかと感じます。
f0078320_18012451.jpg




(12) 三毛 メス 推定2〜3歳
とても美人な女の子です。この子も落ち着いていますので、家庭に入ればすぐに人と問題なく暮らすことができるようになると感じます。
f0078320_18030628.jpg




(13) 三毛 メス 推定2〜3歳 不妊済 エイズ(-)白血病(-)
人懐っこく甘えん坊で、撫でてもらうことが大好きなんだそうです。一般募集対象になっています。
※ 飼い主募集中!!
f0078320_18044487.jpg

f0078320_22570088.jpg




(14) 三毛 メス 推定2〜3歳 不妊済 エイズ(-)白血病(-)
最初は少しシャイですが、人馴れに問題はなく、撫でてもらうことが好きな子だそうです。この子も一般募集対象になっています。
※ 飼い主募集中!!
f0078320_18074417.jpg

f0078320_22570631.jpg




(15) 白うす茶 メス 推定2〜3歳 不妊済
ブルーアイが綺麗な美猫です。人馴れは十分ではなさそうですが、環境が変われば落ち着いてくるのではないかと感じます。
f0078320_18082630.jpg

f0078320_20211584.jpg




2017年4月からレポートに登場している、一般譲渡対象の猫たちです。
猫の詳細は、飼い主募集中!!をご参照下さい。

f0078320_18092370.jpg

f0078320_00110761.jpg



f0078320_18093096.jpg

f0078320_00120681.jpg



f0078320_00161558.jpg



f0078320_18093536.jpg

f0078320_02541191.jpg



f0078320_18093982.jpg

f0078320_00113369.jpg



f0078320_18094521.jpg

f0078320_00161292.jpg



レポートはパート2に続きます。

by centre_report | 2017-10-28 20:39 | 愛護センターレポート

10/27センターレポート【猫編】Part2

るんばさんのレポートです。
一部、過去レポートの写真と文章を転載しています。


引き続き、譲渡先・預かり先募集中の子たちの情報です。

問い合わせ先
yukichov716★yahoo.co.jp (★を@に変えてください) 幸丸
お名前のないメールには返信できません。

★ねこ親希望の方は
「お申込みアンケート」
からアンケートをお願い致します。

・・・・・・・・・・・・・・・

※ ご紹介する猫は全頭ワクチン・駆虫済です。



▼譲渡猫管理室C
※ 子猫は預かり先のみの募集です。
秋に産まれた子猫達が沢山収容されています。冷え込みが厳しくなってきており、体力のない子猫達にとって過酷な季節になってきました。多くの子猫達に猫風邪の症状が出ており、少しでも早く暖かい家庭でケアすることによって体調を整えてあげたいと切に願います。


(1) シャム系 メス 推定5〜6ヶ月齢 不妊済 エイズ(-)白血病(-)
兄弟姉妹たちは一般譲渡対象として「猫の部屋」に移動しました。この子は少し人にシャイだそうで、人馴れのために1匹で隔離中になっていました。少しビビリさんなだけという印象ですので、家庭に入っておもちゃで遊んだりすればすぐに人に馴れると感じます。
f0078320_18302682.jpg

f0078320_18303022.jpg




(2) 三毛(メス)×1、茶白(オス・メス)×2、黒白(オス)×1 推定1.5ヶ月齢
冷え込みが厳しくなってきたため、猫風邪による結膜炎の症状が出てきています。5匹で収容されていましたが、残念ながら1匹は命を落としてしまったそうです。
f0078320_18381581.jpg

f0078320_18381154.jpg




(3) サバトラ(オス) 黒(オス) 推定2ヶ月齢
この兄弟も結膜炎の症状が出てきています。
f0078320_18464932.jpg

f0078320_18465220.jpg




(4) キジ(メス)×3 推定2ヶ月齢
f0078320_18525018.jpg

f0078320_18525545.jpg

f0078320_18525859.jpg




(5) キジ×3 推定1.5〜2ヶ月齢
異なる場所から収容されたそうで、2ヶ月齢程度の2匹と、1.5ヶ月齢程度の1匹の計3匹です。
f0078320_18551881.jpg

f0078320_18552313.jpg

f0078320_18553077.jpg

f0078320_18553337.jpg




(6) 白黒×1 キジ×1 推定1.5〜2ヶ月齢
f0078320_19000197.jpg




(7) 三毛(メス)×2 サビ(メス)×1 推定2ヶ月齢
f0078320_19012022.jpg

f0078320_19012614.jpg




(8) 黒白(オス)×1 茶白(オス)×2 推定2ヶ月齢
f0078320_19055325.jpg

f0078320_19055652.jpg

f0078320_19074921.jpg




(9) キジ メス 推定1歳未満
人馴れ抜群の甘えん坊な女の子です。負傷収容で収容当初は後ろ足が立たない状態でしたが、現在は特に問題はみられないようです。
f0078320_19085475.jpg

f0078320_21183584.jpg

f0078320_21183885.jpg





▼収容棟

(10) 白 オス 視力なし
2017年5月のレポートから登場しています。
両目が白濁しており、うっすら光を感じる程度しか見えていないようです。とても人馴れした甘えん坊な子で、猫にも興味があるようです。
f0078320_19114068.jpg

f0078320_19121037.jpg

f0078320_22371308.jpg

f0078320_22231004.jpg

f0078320_22232052.jpg




(11)白茶 メス 高齢
後脚を骨折した状態で収容されました。少し曲がった状態で癒着し痛みはないようで、歩行に問題はありません。
とても人馴れしており、長い年月を人と共に暮らしてきた子だと感じます。
f0078320_19135570.jpg

f0078320_19142597.jpg




(12)キジ白 オス 中齢 エイズ(-)白血病(-)
2017年8月のレポートから登場しています。
左目に瞳孔の開きがありますが、動きには問題は見られません。人にとても良く馴れていて、大柄な甘えん坊男子です。
f0078320_19151037.jpg

f0078320_22250225.jpg




(13)キジ白 オス 若齢
2017年2月のレポートから登場しています。
とても綺麗な顔立ちをしたイケメン君です。訪問者である私の手を警戒しながらも慎重にチョイチョイと触ってきました。収容当初と比較すると、随分と人馴れが進んできたと感じます。
f0078320_19181104.jpg

f0078320_22394792.jpg




(14)茶白 オス
2017年5月のレポートから登場しています。
この子も少しずつ人馴れが進んできています。センターの職員さんが手を出すと、慎重に慎重に手を伸ばして安全かどうかを確認するかのようにチョイチョイと触っていました。人に対する警戒心が徐々に薄れてきた証拠だと感じます。時間と愛情を掛ければ、更に人馴れは進んでいくと思います。
f0078320_19211879.jpg

f0078320_19251138.jpg




(15)アメショ柄 メス 高齢 エイズ(-)白血病(-)
2017年8月のレポートから登場しています。
抱っこは苦手なようですが、人にとても良く馴れています。
f0078320_19271843.jpg

f0078320_19272148.jpg

f0078320_22431866.jpg




(16)白茶 オス
2017年2月のレポートから登場しています。
収容当初は人に馴れていませんでしたが、人馴れも少しずつ進んできています。手を差し出すと嫌がるものの、触ることはできるようです。攻撃性はないので、落ち着いた環境で愛情を注げば、人馴れもより進むと思います。
f0078320_19262381.jpg

f0078320_19261969.jpg




(17)三毛 メス エイズ(-)白血病(-)
美しい三毛の女の子です。最初は少しシャイですが、人馴れに問題はありません。
f0078320_19285402.jpg

f0078320_19285845.jpg





▼猫の部屋
こちらは、センターから一般譲渡の対象となっている猫です。千葉県内にお住まいの成人の方は、センターへ直接譲渡をお申し込み頂くことが可能です。
猫の詳細は、飼い主募集中!!をご参照下さい。
f0078320_22563728.jpg

f0078320_22564518.jpg

f0078320_19323166.jpg

f0078320_19323709.jpg

f0078320_19324073.jpg






毎日の冷え込みが厳しくなってきました。小さな子猫だけでなく、大人の猫達にも厳しい季節です。センターに収容されている子達が少しでも早く家庭に入り、暖かいケアを受けられるように願ってやみません。


10/27訪問レポート【猫編】は以上になります。




☆次回、ねこ親会のご案内

来月11日(土)に赤坂ねこ親会を開催いたします。参加猫等の詳細はちばわんHPにてご確認下さい。
見学だけの方も大歓迎ですので、お気軽に足をお運び下さい。

f0078320_18160085.jpg



by centre_report | 2017-10-28 20:35 | 愛護センターレポート

10/24引き出し編・レポート紹介 全 66頭


ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)



10/24に引き出した犬3頭を紹介します。
f0078320_18073039.jpeg
f0078320_18021077.jpeg
f0078320_18073529.jpeg
準備が整い次第、いぬ親さん募集開始いたします。

応援のほどよろしくお願いいたします。






ご提供いただきました古新聞紙をお届けしました。
いつもご協力いただきましてありがとうございます。
f0078320_18074073.jpeg





~お知らせ~

ちばわんでは、本当の家族を待つ犬達や猫達と
新たに犬や猫を家族の一員として迎えたいご家族との
出会いの場である「いぬ親会、ねこ親会」を開催しています。




「イベント情報」詳しくはコチラ。






f0078320_19035694.jpg

f0078320_19014249.jpg
f0078320_18160085.jpg

f0078320_18112790.jpg


↓10/19開催
f0078320_18172264.jpg

f0078320_18153983.jpg

f0078320_18104626.jpg










「イベント情報」開催場所などの詳細につきましては
↑↑↑こちらをご覧ください。


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、まずちばわんにお願いします。

問合せ先 korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)
(※上記アドレスへのいぬ親会に関するお問い合わせはご遠慮ください。
必ず詳細ページにてご確認をお願い致します。)

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。

★新規の預かりボランティアご希望下さる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

※大変申し訳ありませんが
小型犬のみの新規預かり希望は受け付けておりません。

お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
(審査の上、判断させていただきます。)




by centre_report | 2017-10-27 17:57 | 愛護センターレポート

10/24センターレポート 収容室①②③ 10頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。





引き続き、センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。



お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)








収容室① 3頭



※10/24レポート初登場 (10/10収容)
▽茶白黒 オス 1歳位 8キロ程度

 何も指示していなくてもおやつを見ただけで
きちんとしたお座りを見せてくれました。
人とつい最近まで暮らしていたのは間違いないと思います。
甘えん坊そうに見えますが(実際そうかもしれませんが)
頭を撫でられる以外の触れ合いはまだ不安や恐怖の方が勝ってしまうみたいで
小さく唸ったり、ヤメテと弱々しく口で意思表示していましたので
今回無理に触れることは止めました。
そうかといって人のそばにいることが嫌なわけではないようで
横にちょこんと大人しく座っていました。
おそらくは何度か顔を合わせるうちに、この不安からくる空噛みのような行為や
唸るといった反応はなくなってくると思います。

お散歩の経験はあるようで
ロープで引かれることには抵抗はしませんでした。

コーギーやシェルティーに和犬を混ぜたような
独特の風貌で、まさにオンリーワン。
身体の割に頭が大きく
少しアンバランスな体型がなんとも可愛らしかったです。

f0078320_16395381.jpg


f0078320_16395870.jpg


f0078320_16400372.jpg


f0078320_16400849.jpg


f0078320_16401412.jpg


f0078320_16402067.jpg






※10/3よりレポート登場(9/22収容)
▽黒茶 オス 2−3歳 10キロぐらい

ロープで誘導されて外に出ることには慣れてきましたが
まだ緊張は解けていないようで、小さく震えながら
オドオドした態度と表情をしていて
お腹を出して、降参するようなポーズを見せます。
人の顔をうかがうようによく見ますし
保護前は人に頻繁に怒られていたりしたのかもしれません。

そんな中でも、差し出したおやつは喜んでよく食べてくれ
仲良くなるきっかけがあるのだと少しホッとしました。

怖がりな子ですが、状況によって大きく変化する可能性があります。
本来は活発で甘えん坊な男の子だと思います。

今のところ無理に触れたとしても
怒ったり攻撃的になったりするような面は見られません。


f0078320_16435638.jpg


f0078320_16440060.jpg



f0078320_16440621.jpg



f0078320_16441107.jpg




f0078320_16441578.jpg



f0078320_16442023.jpg



f0078320_15565603.jpg








先週レポートより転載。
元気にしている様子は確認しています。


※9/26よりレポート登場 (9/11収容)
▽薄茶 オス 5歳ぐらい 15−6キロ

ケージの中から切羽詰まったようにしきりに鳴くので
トイレがしたいのかと思い、早めに出してみたのですが
なかなかポジションが決まらず、オシッコをするのに
時間が掛かっていました。

おやつを見てお座りをしてくれますが
早く食べたくて、お座りの姿勢がなかなか持続しません。

でも、人の声はしっかり耳に届く子です。

f0078320_23323159.jpg



レポートに登場したばかりの時は
表情が暗く、大人しい印象が強かった子です。

f0078320_16461586.jpg

f0078320_16462121.jpg

身体を拘束しても反抗したり暴れたりすることはありません。
人に触れられること自体慣れているようです。


最近は随分と表情も変わり
「あれをしたい、これをしたい」と
自分の要求も素直に表現するようになりました。

f0078320_23323902.jpg


f0078320_23332854.jpg


f0078320_23333599.jpg

散歩が好きそうな子なので
沢山散歩させたり、旅行に連れて行ってくれるような方と
ご縁が結ばれますように。

※撮影の後、B部屋に移動となりました。




収容室② 4頭


※10/24レポート初登場 (10/16収容)
▽薄茶 メス 1歳ぐらい 9-10キロ

まだあどけなさの残る少しシャイな女の子です。
選定時に、首に掛けたロープを嫌がって少しワタワタしたそうですが
逃れられないとわかると、固まってひたすらジッとしていたそうです。
攻撃的な面は見受けられず、部屋移動する時も
大人しく抱き上げられていました。
まだじっくり観察出来ていないので、次週詳しく見てきたいと思います。
撮影後は子犬舎に移動しています。

f0078320_17353930.jpg



f0078320_17354523.jpg



f0078320_17355218.jpg



f0078320_17355797.jpg











※8/29よりレポートに登場(6/15収容)
▽ビーグル雑? メス 4−5歳 12-13キロ

外に出て、この定位置に行きつくまでの時間が
さらにさらに短くなりました。
不安でいっぱいでしょうに
それでも痛いことや怖いことをされるわけではないと
この子なりに理解しているようで、撮影中はじっと大人しくしています。
今までは伏目がちで、人と目を合わせることもありませんでしたが
少しずつ人の顔を見上げるようになりました。
小さな小さな変化ですが、それでもこの子にとったら
かなり勇気がいることだと思います。

抱き上げたりすることはまだハードルが高いので
今はとにかく撫でる手を受け入れてもらえるようにしている段階です。

f0078320_16470423.jpg



f0078320_16470969.jpg



f0078320_16471544.jpg



f0078320_16472008.jpg







※10/24レポート初登場 (10/17収容)
▽茶白黒 オス 3-4歳 13キロぐらい

写真の笑顔で想像できる通りの
無邪気で天真爛漫な男の子です。
人馴れも抜群です。
写真ではちょこんとお行儀よくお座りしていますが
決して大人しい子なわけではありません。
力任せに飛びついてきますし、テンションは高めの子です。
一日の殆どをケージの中で過ごしていますので
パワーが有り余っているだけかもしれませんが
元気のいい子なのは確かだと思います。

人の目を見てジッとすることはできますので
運動が十分できる環境であれば落ち着きも出てくるかもしれません。
愛嬌たっぷりで
その場の雰囲気がパッと明るくなったるような華のある子です。
f0078320_16500329.jpg



f0078320_16500840.jpg



f0078320_16501382.jpg



f0078320_16501756.jpg









※10/3よりレポート登場(9/25収容)
▽白茶 オス 3歳ぐらい 15キロぐらい(痩せ気味)

先に元気な男の子を見ていたからでしょうか。
やけにこの子が落ち着いて見えました。
きっと外で遊ぶ姿などはもっと違う面が見られるのだと思いますが
この限られた環境の中で見る限りには
推定年齢よりも落ち着いて見えます。

人馴れは問題がないようで
人を怖がる様子は微塵もなく
かといってテンション高く飛びつくほど夢中になる風でもありません。

座り方の不自然さがやはり気になりました。
でもどこかを痛がったり
歩き方が通常と違うというようなことはありません。

f0078320_16583472.jpg



f0078320_16583822.jpg



f0078320_16584300.jpg



f0078320_16584751.jpg



f0078320_16585290.jpg











収容室③ 3頭


※10/24レポート初登場 (10/11収容)
▽柴 メス 8歳位 8キロ程度

穏やかでとても朗らかなオーラを放っている
可愛らしい柴の女の子です。
まだ子犬のようにあどけない表情をしていますが
目は少し白くなっていて
シニアの域に差し掛かっていることが分かりました。

写真では撮れなかったのですが、人を見ると
目を細めて、笑顔のような表情を見せます。
ニコニコと「こんにちは」と言われているようで
ついこちらも笑顔になってしまいます。

性格花丸な子なので、大切にされてきた過去が
ちゃんとあったのではないかと思います。
どんな過去があるにしろ
この子はいずれ新しい環境で再出発せねばなりません。
でもどんな家庭にもすぐに馴染めそうな子です。
今度こそ、この可愛い子の手を離さない
愛情深い方とのご縁がありますように
f0078320_17025672.jpg



f0078320_17030261.jpg



f0078320_17030739.jpg



f0078320_17031315.jpg



f0078320_17032272.jpg



f0078320_17032789.jpg







※9/19よりレポートに登場 (9/8収容)
▽薄茶 オス 6-7歳 11-2キロ


排泄のためか、とにかく外に出たいようで
始終外に向かって行こうとし、ずっとソワソワしていました。
新聞を敷いたところに何度も排泄しようとしては止めて
なかなかポジションが決まらないようでした。

人に馴れている子で、どこに触れても
抱き上げたりしても怒ることはありません。
最初に見た時は感情がイマイチわかりずらく
ほわわんとしていただけでしたが
最近は随分と表情が出てきたと思います。
シニア期に差し掛かる頃ですが、まだまだ元気はあり
大人の犬の落ち着きもあり、扱いやすい子だと思います。
あまりに外に行きたがるので
次回はドッグランに連れて行って様子を見たいと思います。
f0078320_17054671.jpg



f0078320_17055062.jpg



f0078320_17055662.jpg



f0078320_17060083.jpg










撮影が押してしまい、時間切れとなってしまったので
先週の様子も合わせて紹介します。

※10/3よりレポートに登場(9/15収容)
▽茶 オス 3−4歳 11-12キロ

まだ人に心を開くまではいっていないと思うのですけど
食べ物にはとても感心が高いので
今はそれを利用して、出てきてもらっています。

良く良く見てみると、目がクリクリでこんなに可愛い顔をしていたのですね。
目もお鼻も艶があり黒々していて
まだまだ若さいっぱいです。

生き抜くことに必死な時期があったのだろうと思います。
もしかすると放浪中には怖い目にも遭っているのかもしれませんね。
一見すると人馴れしているようですが
まだまだ警戒心は解いておらず、人を観察している段階だと思います。

幸い、食べものに良く反応するので
それを利用して、少しでも警戒心を解いてもらえるようにしたいと思います。
f0078320_17071202.jpg



f0078320_17071787.jpg



f0078320_17072163.jpg




f0078320_17082333.jpg





by centre_report | 2017-10-27 17:07 | 愛護センターレポート

10/24センターレポート 譲渡管理室 13頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。


※一部先週レポートを転載しています。


センターにて譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。
お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえてください)
ちばわん 吉田



★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規預かりボランティアを希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)





☆金時
※8/29よりレポートに登場 (8/22収容)
▽茶 オス(去勢済) 2歳ぐらい 現在14,2キロやせぎみ
適正17-8キロ
飼い主募集中!!No.4947

人が大好きでとても甘えん坊さんです。
鼻鳴きして自分の番が来るのを待っていました。
ストレートに甘えて来る子で、
わかり易い子だと感じます。

若い子ですから当たり前のようにとても活発ですが、
そんな中に優しさも持ち合わせていて、
オヤツの食べ方はとても紳士的。
小さくして指の中に入れたオヤツは、
歯を当てないように首を左右に動かし苦戦しながらも、
最後まで優しく食べる、を貫きました。

今度こそ、
この子の屈託ない笑顔が曇ることが無いよう、
そばでずっと愛しんであげて欲しいと思います。


f0078320_15405724.jpg
f0078320_15410267.jpg
f0078320_15410901.jpg
f0078320_15411553.jpg
f0078320_15412091.jpg





☆アタック

※10/10よりレポートに登場 (9/28他抑留所からの移送)
▽薄茶 オス(去勢済) 2-3歳 9.85(やせぎみ)
「飼い主募集中No.4969」

いたずらっ子のような目を輝かせて
無邪気に飛び跳ねていました。
まだまだ痩せていて、長い手足がよりスリムな体型を際立たせています。
人馴れは問題なく、誰にでもすぐに心を開いてくれます。

犬とは相性があるのか
クルリと柵越しに喧嘩をしていました。
喧嘩と言っても口だけで言い合いしているような感じです。
売られた喧嘩を買っていただけなのかもしれません。
f0078320_15462262.jpg
f0078320_15462874.jpg
f0078320_15463378.jpg
f0078320_15463818.jpg






ポップ

※2/28 よりレポートに登場(2/20 他抑留所より移送)
▽薄茶 メス(不妊手術済) 8歳ぐらい 6.95キロ

飼い主募集中!!No.4730
相変わらず元気に吠えてはいますが、
収容棟にいた時よりは改善したように感じます。
とにかく元気いっぱいです。

人馴れは問題ありません。
抱っこも大好きです。
そばに行けば何かを訴えるように吠えますが、
少し離れると、まったりとしてる様子も目にしました。
思い切って横で座り込み視線を低くしてみたら、
意外にも無視するかのように、大きなアクションもなく、
周りをチョロチョロしているだけでした。

今は吠えることしかできないのでしょう。
生活が落ち着けば、その必要がないことを学習してくれるのでは。
と、期待したいです。

f0078320_15510861.jpg
f0078320_15511207.jpg
f0078320_15511796.jpg




※10/10よりレポートに登場 (9/28収容)
▽黒茶 メス 1-2歳 10キロ程度

初対面の人にも物怖じすることなく
懐っこく可愛い笑顔で接してくれます。
まだ若く、元気いっぱいなのと、構ってもらう嬉しさで
少しテンションが高めでした。
そばを離れると「まだ遊び足りないよー」と言いたげに
一生懸命アピールしていました。
構ってあげられる時間が多く取れるお家に
迎えていただけることが望ましく思います。
f0078320_15542809.jpg
f0078320_15543488.jpg
f0078320_15543843.jpg
f0078320_15544321.jpg






☆くまさん

※28/9/6よりレポートに登場 (28/8/29収容)  
▽黒茶 オス(去勢済み) 8-10歳 11.55キロ
飼い主募集中!!No.4554

くまさんもここでの生活が長くなっています。
体調は安定しているようで、毛艶も毛ぶきも良く、
心なしか若返ったように感じました。

終始、立派な尻尾を優雅にユサユサと振って、
気持ちを伝えてくれます。
この日もとてもご機嫌でした。

お目目は少し濁って来ており、
シニアであることは間違いないのですが、
シニアにしかない魅力を持ち合わせていて、
一緒に暮らす人とは、沢山の癒しと幸せな時間を共有できる子だと思います。

これからのくま爺さんの大切な時間を、
一緒に過ごして下さる方の目に止まりますよう、
願っています。

f0078320_16025563.jpg
f0078320_16030018.jpg
f0078320_16030559.jpg




☆よもぎちゃん

※2/28よりレポートに登場 (2/17収容)
▽白茶 メス(不妊手術済)3歳ぐらい 11.8キロ
飼い主募集中!!No.4735 【特殊事情(要相談)】
人馴れは進んでいます。

以前から人馴れはしていましたが、
恐々と近づいて来たり離れたりするようなところがあり、
関わり方や触り方によっては、奇声に近いような声をあげるなど、
とてもとても不思議なよもぎちゃんでした。

今回はかなり積極的に寄って来てくれて、
その時に手を出してみても下がることなくガンガンきてくれました。

そんな風に戯れている中、職員さんの姿を見つけると、
私にはもう興味なし。
職員さんを見失わないよう、必死に目で追っていました。
その姿はとても可愛らしく、
きっとご家族に一途になる子なんだろうなと思いました。

f0078320_16060296.jpg
f0078320_16060707.jpg
f0078320_16061209.jpg
f0078320_16061753.jpg




☆キララ

※2/21よりレポートに登場 (2/16引き取り)
▽茶白 1歳ぐらい メス(不妊手術済) 13.15キロ
とても慎重な子との印象がありましたが、
ランに出てくるようになってからメキメキと表情もあかるくなり、
綺麗なお顔に更に磨きがかかり、名前通りにキラキラとしてきました。
決まった人以外も受け入れ始めた様子も見て取れます。

外での緊張も和らいできて、
当たり前のように手からオヤツも食べるようになりました。
人にちゃんと寄り添える子だと思いますから、
様子を見ながら、焦らずに向き合って下さる方の目に、
どうか止まって欲しいです。
f0078320_16085644.jpg
f0078320_16090267.jpg
f0078320_16090739.jpg



☆クルリ
※9/19よりレポートに登場 (9/6収容)
▽茶黒 オス(去勢済) 1歳前後 14,4キロ
飼い主募集中!!No.4962
お顔は凛々しいものの、まだ幼さも残っていて
子犬の無邪気さで、力いっぱい甘えてきました。
でもそれほど興奮は続かずに、座って呼吸を整えたり
人の顔を見上げたり、他の犬に挨拶に行ったり
落ち着きとは違いますが
子犬独特のハチャメチャな行動をする時期は過ぎているようです。
力はそこそこありますし、運動量もありそうです。
アクティブに犬との生活を楽しみたい方にはピッタリの子だと思います。
f0078320_16132988.jpg
f0078320_16133549.jpg

f0078320_16141831.jpg
f0078320_16134040.jpg






☆ストック

※6/20よりレポートに登場
▽ビーグル オス(去勢済み)5歳ぐらい 13.6キロ

飼い主募集中No.4877
f0078320_16162315.jpg
f0078320_16162929.jpg
f0078320_16163385.jpg
f0078320_04303933.jpg

f0078320_04310967.jpg
安定感があり、
ビーグルらしく見た目よりしっかりとした体格の子です。

毛色や目の色が、よく見るビーグルとは違っていて、
人で言うと、日本人離れした雰囲気を持ったような子で、
目を引きます。

とってもフレンドリーで、程よい落ち着きもある子です。
とは言っても元気いっぱいの子ではあります。
時々吠える声は、これぞビーグルといった感じで、
野太く迫力のある吠えです。

オヤツも好きですが、それよりも人と戯れることのほうが好きで、
座り込むとそばから離れようとはしません。

この日は隣に係留されていた子と遊ぶ姿を目にしましたが、
とても上手に遊んでいました。
凄く楽しそうで、暫く眺めてしまいました。
陽気な子で、まだまだ遊ぶことも好きなようですから、
たっぷり散歩などで発散させてあげる必要があると思います。








☆マップ

※6/20よりレポートに登場(6/15他抑留所より移送)
▽ビーグル オス 9-10歳 19.45キロ
飼い主募集中!!4883

年齢的なこともあるのかもしれませんが、
ビーグルにしては、とても穏やかな子だと感じます。
時々吠える声は、ビーグル独特の迫力ある野太い声ですが、
無駄に吠えているということはなく、
自分の存在を時々アピールする程度で、
犬なのだから吠えて当たり前の域だと感じます。

ビーグルならではですが、
見た目よりズシッとしていて意外と体重はあります。

この子も人が大好きで疑うことを知りません。
一時は大切にされていたのでしょう。
人の愛情を知っています。

シニアですが、
シニアならではの良いところも沢山持ち合わせています。
犬とのんびり散歩を楽しみ、ゆっくり時間を過ごしたい方には、
幸せな時間が共有できると思います。
どうかそんな方の目に止まりますよう祈っています。
f0078320_16184975.jpg
f0078320_16185416.jpg
f0078320_16190004.jpg



☆ファンタジー

※28.6/21よりレポートに登場(28.6/9収容)
▽濃い茶黒 オス(去勢済) 6ー7歳 17-8キロ

一時期ガリガリに痩せてしまい心配しましたが、
嘘のようにしっかりとした体格になり、
気候も関係しているのか、
同時に興奮した時にあふれ出ていた、アワアワのヨダレもなくなり、
見た目には体調はとても落ち着いてるように見えますが、
健康面ではご理解をいただかないといけないことも出て来るかもしれません。

いつ会っても、全身で喜び迎えてくれるファンタジー。
人が大好きなこの子も、ここでの生活が1年を過ぎてしまいました。
犬の1年は、人間の何年に相当するのでしょう。

人のそばにいたいこの子も、
犬生の後半に差し掛かっています。
そこそこの体格の子ですから、
お世話にはそれなりの体力は必要になるかとは思いますが、
一日も早く大好きな人のそばで、
穏やかな時間を過ごさせてあげたいです。
f0078320_16215430.jpg
f0078320_16215991.jpg
f0078320_16220414.jpg
f0078320_16220956.jpg




☆サン太

※7/18よりレポートに登場 (7/10他抑留所より移送)
▽薄茶 オス(去勢済) 3歳ぐらい 13.6キロ(やせぎみ)
飼い主募集中No.4900

元気いっぱいで、底抜けに明るい子です。
人が大好きです。

今回は、隣に係留されていた子と意気投合して、
良く遊んでいました。
力任せに遊ぶのではなく、関心するほど上手に遊んでいました。
とても優しい子だと感じます。

この良い性格を、
引き続き思いっきり伸ばしてあげれたらなと思います。
人の話をジッと聞けるようですから、
良くも悪くも色々と吸収してくれると思いますので、
これから関わる人間次第で、更に魅力ある子に変身しそうで、
とても楽しみな子です。

まだ若いこの子にたっぷり時間を取ることができて、
しっかりリードできる方に迎えていただきたいです。

f0078320_16251415.jpg
f0078320_16251954.jpg
f0078320_16250911.jpg
f0078320_16252536.jpg
f0078320_04395686.jpg




☆おこめ

※8/22よりレポート登場(8/15収容)
▽薄茶白 オス(去勢済) 2-3歳 14.6キロ
飼い主募集中!!No.4931
人馴れ全く問題なく、
かなりの甘えん坊さんです。

以前に見た時は、
どんな悪戯をしようかといった目をしていたように記憶していますが、
垂れ目が目立つほど、穏やかな表情になって来ました。
少しの時間の戯れの中で感じただけですが、
性格は花丸くんです。

写真でもわかるように痩せていますが、
オヤツなどの食べ方はとても優しいです。
家庭に入り散歩で筋肉がついたり、
生活が安定し出すと、上記の体重より2キロは増えるかと思われます。

まだ若いこの子に、
たっぷり時間を作ってくれるご家族の一員になれると良いなと思っています。

f0078320_16274696.jpg
f0078320_16275171.jpg
f0078320_16275638.jpg


レポートは続きます。





by centre_report | 2017-10-27 16:30 | 愛護センターレポート

10/24センターレポート 子犬舎    8頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。



※先週レポートより転載しています。



引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)



<2-8 2頭>

※10/17よりレポートに登場 (10/12他抑留所より移送)
▽薄茶 メス 1-2歳 13-14キロ

とても人懐っこく、フレンドリーで
天真爛漫な女の子です。
扉を開けた途端に飛び出すように出てきて
すぐに人のそばに行って飛びついたり、身体を擦り付けるようにしたり
とにかく構ってもらえることが嬉しくて仕方がないといった様子でした。
身体のどこに触れても怒ることはなく
人に対して不信感などは微塵も持っていないようです。

性格も素直そうで、家庭犬としての躾なども入り易そうですが
まだなにも人から教わっていないような感じもします。
とても若い子なので、これから関わる人次第で
どれだけでも輝ける子だと思います。
f0078320_22422690.jpg

f0078320_22424013.jpg

f0078320_22442964.jpg

f0078320_22451804.jpg

f0078320_22440155.jpg

f0078320_22452742.jpg




※6/13よりレポートに登場 (6/1収容)
▽茶 メス(不妊手術済) 4-5歳 14キロ

いつも壁に顔を押し付けて
ただひたすら気配を消しているので
この日は抱き上げてみたのですが、そう抵抗することもなく
ひょいと抱き上げられていました。
力はなかなか抜けませんでしたが
降ろした後はしっかりおやつを食べることができていました。

センター収容から4ヵ月余り。
まだ痩せていますが、被毛は綺麗になってきました。
f0078320_22474743.jpg

f0078320_22475458.jpg

f0078320_22480000.jpg

一度食べ始めると、食欲が止まらないといった様子で
人が見ていてもパクパク食べていました。
f0078320_22480614.jpg

子犬のようにあどけないお顔をしていますが
何度も出産、子育てを繰り返したようなお乳をしています。
どれだけ過酷な過去を持っているのか・・。
誰にも頼れない、守られない、そんな状況下で
小さな身体で必死に生き抜いてきた子だと思います。
f0078320_13581197.jpg

↑以前のレポートより






<2-7 1頭>

※2/14よりレポートに登場(2/3収容)
▽黒 オス(去勢済) 1歳前後 16.5キロ 

同室のライアンが同等の大きさになり
立場が微妙に変わったのか、動こうとするその度にライアンの方を見て
どことなく遠慮するような様子を見せるようになりました。
と言っても、ライアンが威圧的なわけではありません。
(10/24:ライアンはこの日引き出しました)
今まで同室になる子に時に強めに接していたので
敵わない相手と争わずに共存する術を身に付けるのは
この子にとっては良い経験なのかもしれません。
f0078320_22492753.jpg

いつも人気を感じると元気に吠えてアピールするのですが
逆の順番で、部屋の奥から撮影していくと
不思議とあまり吠えません。
待ち時間が長いのがじれったくて仕方がないのかもしれません。
f0078320_22493475.jpg

f0078320_22501086.jpg

f0078320_22501746.jpg

まだ若い子です。
好奇心もありますし、沢山の可能性を秘めた子だと思います。
この子の良さを引き出してくださる方と巡り合えますように。











<2-6 2頭>


※6/13よりレポートに登場 (6/2収容)
▽茶 オス 1歳ぐらい 11-12キロ 

子犬舎に移ってきたばかりくらいの時はもう少し
人に寄ってくることができていたのですが
同室のビビリっ子ちゃんのウロウロと絶えず動き回る様子に
影響を受けてしまったのか
この子も扉を開けると、しばらく落ち着かずに出たり入ったり
良く動くようになっています。
落ち着くまでこちらも座って、しばらく知らん顔していると
必ずこの子の方から近づいて来てくれるので
人に興味は大いにあるのだと思います。

おやつは手から食べられますし
そう頑なに心を閉ざしているわけでもないの子ですが
センターにいるままではどうしてもこれ以上の人馴れは望めません。
f0078320_22562724.jpg

家庭に入るだけでも大きな変化は見られそうな子ですので
どうかお気に留めていただければと思います。
f0078320_22563273.jpg

f0078320_22563826.jpg

f0078320_22564933.jpg

f0078320_22564349.jpg

↓以前のレポートより
f0078320_14345144.jpg

↓6/27のレポートより

f0078320_14420155.jpg

攻撃性はないので、抱き上げても大人しくされるがままです。









※8/1よりレポート登場 (7/27他抑留所より移送)
▽薄茶 オス 6-7ヵ月(10/3修正) 9-10キロぐらい(10/3修正)


f0078320_14520905.jpg

8月初めに撮影された姿からは想像もつかないくらい
美しい子になりました。
成長期の体型のアンバランスさもなくなり
なかなかのハンサムくんになりました。

どんなにビビっていても
この子自身はきちんと成長しているのだと感じました。
f0078320_23015843.jpg


同室の鼻黒くんの動きに合わせ
後をくっ付いて歩く姿は可愛らしいですが
この子にとっては置いて行かれまいと必死なのだと思います。

最初の頃は動くこともなく、ただ気配を消しているだけでしたので
動くようになったことや、動き回った後に落ち着けるようになったのも
ここ最近見られた変化です。
同室の子と影響し合っているようですので
人にも犬にもフレンドリーな犬と一緒にいられる状況であれば
また違った良い影響を大いに受けて変化すると思います。
人馴れしている先住犬のいるお家に受け入れていただけますように。

f0078320_23020524.jpg


f0078320_23021390.jpg


f0078320_23022039.jpg




<2-5 3頭>

※2/7よりレポートに登場(1/30収容)
▽茶 オス 10-11ヵ月(10/3更新) 9-10キロ


いつも壁と壁の間に顔を入れて固まってしまうので
結局抱き上げないとこの可愛いお顔は撮ることができません。

この日は私の抱き上げ方が悪かったのか
肢の力がなかなか抜けませんでした。
「隙あらば逃げ出してやろう。」
そんなちょっとしたこの子の意思が感じられ
抱き上げられている時にそんなことを考えるようになったのかと
少し逞しくなった身体の重みと共に
この子なりの成長を腕に感じました。

f0078320_23065619.jpg


f0078320_23070969.jpg


この姿だけ見ると、捕獲した野生の小鹿
みたいな絵面です。

以前と違うのは、緊張感いっぱいで頭真っ白状態ではないということです。

逃げ出すことを冷静に考えているので
それだけの余裕・・とは言いすぎかもしれませんが
それに近いものはこの子の中で出てきたのだと思います。

f0078320_23070424.jpg

この子が人のそばでくつろいだり
お腹を出して寝る姿を、いつかこの目で見てみたいです。





※7/11よりレポートに登場 (6/27収容)
▽茶 オス 8-9ヵ月  9-10キロ(10/3修正)

この部屋の中にこちらから入ると
一瞬だけ外に出て行ってしまったものの、自分から戻ってきて
白衣についたいろんな子の匂いをしきりに嗅いでいました。

f0078320_23113569.jpg
最近は怖いという感情よりも
好奇心の方が勝っているようです。
f0078320_23115204.jpg


f0078320_23114257.jpg



触られたりすることは他の子ほど苦手ではないようです。
抱き上げたりされる時も、お口が出ることはなく
ほぼ無抵抗ですが、身体の力はなかなか抜けませんでした。

f0078320_23125240.jpg


f0078320_23124622.jpg

抱っこから解放し、おやつを与えると
人のすぐそばでも食べることができました。

f0078320_23130314.jpg


f0078320_23130928.jpg
最近、好奇心の芽が育ってきている子です。
今のこの時期にいろんな経験を人のそばでさせてあげることで
家庭にも早く馴染めるのではないでしょうか。





※6/20よりレポートに登場 (6/8収容)
▽茶黒 オス 9-10ヵ月(10/3修正) 12-3キロ 

同室2頭を先に撮影していても
その場から逃げるでもなく、至近距離から目をそらさず
ジッと見つめていました。

手を出さなければ、ものすごくそばに行っても
唸ったりせずに、背中を向けていれば匂いを嗅ぐような様子も見せます。

以前は落ち着きなく歩き回っていたようですが
この日は1、2回部屋の外に出ただけで
あとはこぼれそうな大きな瞳でジッと顔を見ていいることが多かったです。

この場所でこのまま成長すればするほど
家庭での通常の暮らしに馴染むまでの時間が長くなると思いますので
適切な対応ができる方の元で暮らせる日が来ることを祈っています。

f0078320_23232883.jpg


f0078320_23224560.jpg


f0078320_23222233.jpg


f0078320_23222918.jpg


レポートは続きます。



by centre_report | 2017-10-27 16:21 | 愛護センターレポート

10/24センターレポート B・C部屋  3頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)








【B部屋】2頭


※10/10よりレポートに登場 (9/28収容)
▽茶白 オス 7歳程度 13キロぐらい

先週は収容室③にいました。
こちらに移動してきてから初めて会いましたが
とても穏やかな雰囲気を持った男の子です。
ケージの中でもとても落ち着いてこちらをじっと見つめ、
「出してください」と言っているかのようでした。
ドアを開けてあげても飛び出してくるようなこともなく、
ゆっくりと外に出てきてお利口にお座りして見せてくれました。
間違いなく人に飼われていたことがわかります。
こんな穏やかな子がどうしてここにいるのでしょう。
シニア期にさしかかっているようではありますが
年齢相応の落ち着きがあり、とても飼い易そうな子です。
f0078320_12222197.jpg
f0078320_12225351.jpg
f0078320_12232232.jpg
f0078320_12235282.jpg
いつ怪我してしまったのかわかりませんが、
しっぽが途中でちぎれてしまっています。
少し気になるようで舐めたりしているのでしょう、
先っぽがうっすら血が滲んでいました。
まだ収容されてから日が経っていないので
これから少し変化が見られるかもしれませんが
この子の穏やかさは元々の性格なのではないかと
思われます。
アイコンタクトもしっかりできますし、
一緒にいたらとても癒される子だと思います。
ケージに戻す頃には少し笑顔も見せてくれました。
また来週もこの子と触れ合いたいなと思わせてくれるような
とてもかわいい子です。
f0078320_12305205.jpg
f0078320_12312379.jpg
f0078320_12315333.jpg
f0078320_12322334.jpg
f0078320_12325369.jpg




※撮影時、すでにB部屋に移動していましたが
撮りはぐれてしまったので先週レポートより転載します。


※8/22よりレポート登場 (8/14他抑留所より移送) 

▽茶 メス 78歳 13-4キロ

先週は収容室①にいました。
最初はこの部屋の誰よりも賑やかにアピールしていた子ですが
最近は自分の順番を大人しく待つことができるようになりました。

ケージ外に出してからの態度もとても落ち着いています。
身体のどこに触れられても全くへっちゃらで
人に対して強気になるような場面は見たことがありません。

シニア期に差し掛かってはいますが
足腰が弱っているようなことはなく、見た限りではとても健康そうです。
犬生の折り返し地点に立ったばかりで
散歩したり、旅行に連れて行ったり
犬とともに楽しむあれこれ、まだ十分一緒に経験できる子だと思います。

人のそばにいることが何より幸せと感じるこの子を
迎えてくださる温かいご家族とのご縁が見つかりますように。
f0078320_00080686.jpg


f0078320_00081462.jpg


f0078320_00082076.jpg


f0078320_00082649.jpg







【C部屋 1頭】



※8/22よりレポートに登場(8/21他抑留所より移送)
▽薄茶 メス 3-5歳 9-10キロ(9/26修正)


この部屋は小型犬部屋になっていて、
全員の大合唱で耳が痛くなるほどなのですが、
この子も負けじとケージの中で吠えて呼んでいました。
人馴れも全く問題なく、とても人懐こいのですが
落ち着きなくずっと動き回っているので
今回もまた抱っこした状態の写真ばかりになってしまいました。
抱っこしてしまえばおとなしくしています。

f0078320_13305355.jpg
f0078320_13321173.jpg
f0078320_13324263.jpg
先週もそうだったのですが、
この子の上の段に全盲のチワワがいて、
その子のことをとても気にしており、
しきりに体を伸ばしてのぞこうとしていました。
抱っこした状態で対面させてあげると、
ケージの中で吠えていた声とは明らかに違う甲高い声で
キャンキャンと鳴いて、チワワを呼んでいるようでした。
チワワのほうも怖がるようなこともありませんでした。
この子は出産経験はないようですが、
母性が働くのかなぁと思いました。
とても優しい子なのだと思います。
f0078320_13381285.jpg
f0078320_13384889.jpg
f0078320_13391871.jpg
f0078320_13394880.jpg

※盲目のチワワちゃんは他の登録ボランティアさんに引き出されたそうです。


レポートは続きます。



by centre_report | 2017-10-27 16:15 | 愛護センターレポート

10/24センターレポート A部屋    5頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。




※先週レポートより転載しています。



今週もセンターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)








No. II
☆タナカくん

※2016/7/19 よりレポートに登場(2016/7/6収容)
▽黒茶 オス 5歳くらい 13.6キロ
「飼い主募集中No.4500」

相変わらずケージの中でも大人しく待っていて
ケージを開けてあげてもすぐに飛び出すこともなく
こちらの指示で出てくることができます。
人の指示でケージの出入りも出来ますし、
お座りや待てもできる、本当にお利口さんです。
人馴れは全く問題ありませんが、
ベタベタと甘えてくるタイプではなさそうです。
それでも人の指示にしっかりと従えるというのは
本当に大事なことです。人を信頼している証拠です。
f0078320_00342151.jpg

f0078320_00354505.jpg

f0078320_00363102.jpg

f0078320_00364592.jpg

首を少しかしげてこちらをじっと見つめる姿は
すっかりお馴染みになりました。
こちらで撮影することをしっかりと理解しているのか、
暴れたり動き回ったりすることもなく
いつもカメラ目線をくれます。
最近とても太ってきて
背中が真平らになってしまっています。
明らかにウエイトオーバーです。
ただ、ここにいると運動不足になってしまうのは
致し方ありません。

気になっていた他犬との相性も、
メスばかりだけでなく、オスでも穏やかなエネルギーの子には
威嚇することがないようです。
1年以上もセンターでお利口に待っていた田中君にも
優しい手が差し伸べられますように。
f0078320_00421926.jpg

f0078320_00423842.jpg

f0078320_00425322.jpg

f0078320_00430720.jpg




№ Ⅲ

※8/29よりレポートに登場(8/28他抑留所より移送) 
▽薄茶 メス 5歳 10キロぐらい(痩せ気味)

とても穏やかな女の子です。
綺麗にウエーブがかかった被毛が目を惹きます。
長毛ではないのですが、短い毛が本当にクルクルとしていて
優しい女の子という印象をうけます。
積極的にベタベタ甘えてくる子ではなさそうですが
静かに寄り添っていてくれそうな感じがします。
まだまだとても痩せていて、もう少し太らせてあげたいです。
じっとこちらを見つめてくる瞳は
少し控えめなこの子の性格を表しているようでした。
f0078320_00554650.jpg

f0078320_00582933.jpg

f0078320_00591416.jpg

f0078320_00585961.jpg

とてもおとなしそうなこの子ですが、
全ての犬に対してではありませんが
ケージの中で吠え掛かる場面も見られました。
どういう子が苦手なのかまだ見極められないので
今後も様子を見ていこうと思います。
人に対しては一切そういった威嚇行動は見られません。
年齢的にも落ち着いてきた年頃ですから
一緒に生活していきやすそうな子です。
f0078320_01062451.jpg

f0078320_01064270.jpg

f0078320_01065668.jpg

f0078320_01070763.jpg




No. Ⅳ

☆コンくん

※2016/9/6 よりレポートに登場(引取り)
▽茶白 オス 5-6歳 14-15キロ(やせぎみ)

センターでの生活が1年を超えてしまったコンくんですが
いつも私たちが来るのをとても楽しみにしてくれています。
あまりにも嬉しすぎてケージの中でピョンピョン飛んで
頭に傷を作ってしまっていました。
出して欲しくていつも大騒ぎのコンくんはこんな感じです。

人が大好きなコンくんは、人がやってくると嬉しくて
出してあげると嬉しそうに動き回ります。
構ってあげると寄って来てペロペロ舐めてくれたりもします。
f0078320_01511892.jpg

f0078320_01515414.jpg

f0078320_01522653.jpg

落ち着きなく動き回っていることも多く、
特に部屋の出口に行きたがり、お散歩に行きたそうに
しています。
長い間こちらのケージにいるコンくんは
お外に出て気分転換することがきっと楽しみなんだと
思います。
人に飼われていたコンくんは、きっとお散歩が大好き
だったのではないでしょうか。
少し落ち着きがないところは玉に瑕ですが、
とても人懐こく、人を信頼してくれているコンくんにも
ぜひ目を向けてあげて欲しいと思います。
f0078320_02034342.jpg

f0078320_02041329.jpg

f0078320_02044331.jpg

f0078320_02051364.jpg




No.Ⅴ

※10/3よりレポートに登場 (10/2他抑留所より移送)
▽茶 オス 1-2歳 12-3キロ

この日はボラトリさんが来られていて、
この子が綺麗にシャンプーされていました。
普段はとても元気一杯なこの子が妙に大人しく
じっとしながらトリミングを受けていました。
いつも見ているこの子とはギャップがあり
とてもかわいかったです。
f0078320_15261305.jpg

f0078320_15254472.jpg

この部屋の撮影をしている時にちょうどこの子が戻ってきて
すぐに撮影することができました。
とても綺麗にしてもらい、シャンプーのいい匂いがしていました。
抱っこからおろしてあげると、とにかくウロウロと動き回り
落ち着きがありませんでした。
いたずらっ子のようなおちゃめな顔つきは
この子がまだ幼いことを表しているようでした。
全く撮影ができないほど元気よく動いていたので
足の間に挟んで動けないようにしてる隙に
撮影したような状態でした。
まだお子ちゃまですから、これだけ元気が良いのも
当然だと思います。
これからいろいろ教えてあげなければいけないことが
たくさんありそうです。
f0078320_11345661.jpg
f0078320_11354757.jpg
f0078320_11374107.jpg
f0078320_11365127.jpg
もちろん人馴れは全く問題ありません。
おやつをねだって手をかけてきたりもします。
抱っこをしようとすると、ちょっと抵抗したので
上半身だけ抱えるようにしてみましたが、
長い時間我慢することは出来ませんでした。
体はそれほど大きくないのですが
恐らく何も躾してもらっていないようですが
この子の天真爛漫な性格を上手に伸ばしてくれる方との
ご縁があるといいなと思いました。
f0078320_11415191.jpg

f0078320_11424990.jpg

f0078320_11435093.jpg

f0078320_11445979.jpg







No.VIII

※8/8よりレポートに登場 (6/2収容)
▽茶黒長毛 オス(去勢済) 5-6歳 11-2キロ(やせぎみ)

以前収容室に長期間いた頃は、
人の姿を見るとずっと吠えて騒いでいたのですが、
こちらの部屋に移ってきてからは吠えずに待つことが
できるようになりました。
じっと待っていれば出してもらえるのだと学習したのだと
思います。
ふわふわな被毛でまるでぬいぐるみのような子です。
人が大好きで抱きしめてあげると
本当に嬉しそうな満面の笑みをみせてくれます。
人懐こくて本当にかわいい子です。
f0078320_11275602.jpg

f0078320_11280625.jpg

f0078320_11282608.jpg

f0078320_11283890.jpg

フィラリアの影響か血尿が出ていた時期もありましたが
現在はその兆候も見られていないようなので
落ち着いてきているのだと思います。
それでも、個別にケアしてあげたい子です。
人が大好きなこの子は、人が常に近くにいてくれたら
それだけで幸せだと思ってくれるのではないでしょうか。
積極的なフィラリア治療も始めてあげて
リスクを軽減させてあげたいと思います。
とても素直なこの子と一緒に
憎きフィラリア退治を頑張ってくださる方は
いらっしゃいませんでしょうか。
f0078320_11331835.jpg

f0078320_11332829.jpg

f0078320_11333662.jpg

f0078320_11334376.jpg




レポートは続きます。




by centre_report | 2017-10-27 16:08 | 愛護センターレポート

10/24センターレポート D部屋    5頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。





引き続き動物愛護センターにいる、
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)






f0078320_12505497.jpg



※3/28よりレポートに登場 (3/16他抑留所より移送)
▽茶白 メス(不妊手術済) 3歳ぐらい 20キロぐらい


10/24撮影
この日もどっしりと落ち着いて伏せていました。
ある程度距離を近づけてもすぐに逃げるようなことは
あまりなくなってきたように思います。
体重オーバーで動くのがしんどいというのもあるかもしれませんが
収容当初は唸って近寄らせないオーラを出していたのを
考えれば、半年以上経過して大分落ち着いてきたのかなと
思うところはあります。
f0078320_13112551.jpg
f0078320_13113485.jpg
f0078320_13114397.jpg
↓↓ 以下、先週レポートより転載します。
この子も収容されてから半年経過しています。
収容当初からはかなり体重が増えてしまい、
体が重そうで見ていてもつらそうです。
この部屋ではフードはいくらでも食べられる環境なので
なかなか体重管理することができません。
それでも少しずつ人に対しての警戒感は軽減されてきて
いるように思います。
以前は体を触ろうとするだけで低く唸っていたりもしましたが
最近は太ってしまって思うように体を曲げられないというのも
あるものの、ほんの少しは触ることができます。
ただ、何度も触っていると嫌がって意思表示してきます。
f0078320_00431222.jpg
f0078320_00433070.jpg
f0078320_00434055.jpg
f0078320_00440101.jpg
この日は手から直接おやつも食べてくれました。
置いたおやつは食べてくれていましたが、
手から食べてくれたのを見たのは初めてかもしれません。
嫌なことははっきりと嫌だと意思表示してくる子なので
人を信用してくれるようになるまでは少し時間が
かかるかもしれませんが、少しずつでも変化は見せて
くれていますので、やはり常に人のいる環境にいさせて
あげることが大事なのだと思います。
この子にも暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_00472781.jpg
f0078320_00473679.jpg
f0078320_00475891.jpg
f0078320_00480951.jpg



※3/14よりレポートに登場(3/9他抑留所より移送)
▽茶白 メス 3ー4歳 12-13キロ

10/24撮影
ただただ壁にへばりついて顔を隠している状態からは
脱した感があります。
顔をあげ、こちらを見る余裕も出来てたようです。
ただ、いる場所はいつもの部屋の左奥隅です。
始めの頃の表情からはかなり変わってきたと思います。
どこを触っても拒否することもなく、
攻撃的になることも一切ないこの子にも
一日も早く暖かいご家庭で過ごせる日がやってきますように。
f0078320_13162203.jpg
f0078320_13163019.jpg
f0078320_13163902.jpg
↓↓ 以下、先週レポートより転載します。
こちらの子もすでに8ヶ月目に突入しています。
いつもの定位置、部屋の一番左奥の隅で
いつもじっとしています。
先週爪切りをしてもらいましたが、
大人しくやらせてくれたようでした。
収容されてからしばらくの間は顔も隠して
ずっとうつむいたままの状態だったことを考えると
今ではしっかりと前を見据えていられるように
なっただけでも進歩していると思います。
f0078320_00521857.jpg
f0078320_00522973.jpg
f0078320_00524201.jpg
f0078320_00525835.jpg
体のどこを触っても嫌がることもなく、
大人しくされるがままの状態でいます。
ただ、このままではあまり進歩は見られないでしょう。
もっと人と生活することで、人がそばにいることが当たり前になって
たくさんの愛情を注いでもらえれば、
この子も心を開いてくれていくと思います。
こちらの大部屋で問題なく他犬とも過ごせていますので
先住犬との同居も可能だと思います。
この子にもどうぞ目を向けてあげてください。
f0078320_01021079.jpg
f0078320_01022010.jpg
f0078320_01023034.jpg
f0078320_01024298.jpg





10/24撮影(姉妹?2頭)
本当に良く似た姉妹です。
一緒に行動することも多く、この日は特に一緒にいる時間が
多かったように感じました。
茶色の子の方が臆病度が高かったのですが、
部屋の外にいると、ドアに近づき威勢よく吠えていました。
今まではとにかく人との距離を取ろうとしていたのですが
少し行動が変わってきました。
自分を守ってもらえていると感じているのか、
薄茶黒の子の方がすっかり茶色の子を頼るようになっており、
以前とは立場が逆転してきているように感じました。
f0078320_13192823.jpg
f0078320_13163902.jpg
f0078320_13193786.jpg
f0078320_13194787.jpg
f0078320_13195437.jpg
f0078320_13200292.jpg
f0078320_13230215.jpg
f0078320_13231231.jpg
↓↓ 以下、先週レポートより転載します。
※8/15よりレポート登場 (8/10他抑留所より移送)
▽薄茶黒 メス 1歳前後 9-10キロ


収容当初はおやつを食べに近づいて来ていて、
手から直接おやつを食べることができていたのですが、
ここ最近はおやつにも寄って来なくなってしまいました。
周りのビビリっ子たちの影響を受けてしまっているのかも
しれません。
スタイルも抜群で、綺麗な琥珀色の瞳は
とても目を惹きます。
最初の頃にできていたことができなくなってしまったのは
本当に残念でなりません。
f0078320_10244407.jpg
f0078320_10255626.jpg
f0078320_10262762.jpg
f0078320_10270453.jpg
ただ、とても不思議な子で、怖いはずなのに
私たちの目の前を通っていったり、
わざわざ背中にぶつかりながら後を通っていったりします。
怖くて回りが見えてないだけとも言えますが
こちらのことはしっかりと見ながら動いているので
こちらの出方を試しているのかなと思ったりもします。
おやつに興味はあって近づくことは出来るので、
今はこれ以上怖がらせないようにしながらも
様子を見て関わるようにしていかないといけないと思います。
f0078320_10502898.jpg
f0078320_10513077.jpg
f0078320_10525120.jpg
f0078320_10532913.jpg



※8/22よりレポート登場 (8/10他抑留所より移送)
▼茶(背中などに黒の差し毛) メス 2歳ぐらい 10-11キロ

↑の子とおそらく血縁関係にあると思われる子ですが、
こちらの子は警戒心が強く、最初から近づいてくることが
ない子です。
1ヶ月以上経過してもまだ変化は見られません。
いつも人とかなり距離を置いた状態で
こちらの様子を伺っています。
↑の子同様、とても綺麗な瞳の女の子です。
それでも人を避けて逃げ回っている割には
距離を置いてこちらをしっかりと見ているので
そこまで人への恐怖心は強くないかもしれません。
f0078320_11034216.jpg
f0078320_11042793.jpg
f0078320_11045583.jpg
f0078320_11052641.jpg
とても目力が強い子で、この子の芯の強さを
感じます。
おやつには目もくれず、そんな簡単には触らせないよ、と
言われているような気持ちになります。
人との接し方がわからないだけなのかもしれません。
やはり人と接する時間を増やしてあげることが
人馴れへの方法なのだといつも思います。
家庭に入って常に人がいる環境の中にいることで
賢いこの子は人が怖いものではないと学習していくことが
できるのだと思います。
f0078320_11125517.jpg
f0078320_11132909.jpg
f0078320_11135803.jpg
f0078320_11143346.jpg




※4/18よりレポートに登場 (他抑留所より移送)
▽白茶 メス 6歳ぐらい 12キロぐらい(太りぎみ)

10/24撮影
相変わらず部屋のドアの前まで来て
誰かおやつ持って来てくれないかな~、と待っていました。
大分体を触ったりすることも拒否しなくなってきて
近づいてくるのもおやつ目当てではあるものの
人に対しての警戒心は大分和らいできたように感じます。
f0078320_12561374.jpg
f0078320_12564330.jpg
f0078320_12571338.jpg
f0078320_12574320.jpg
↓↓ 以下、先週レポートより転載します。
いつも部屋のドアからこちらを見つめていて
人に対して一番興味を示してくれる子です。
触ろうとするとひょいひょいと逃げていくのですが
この日はおやつをもらいに近づいてきた時に
しばらくそばにいて、体を撫でてもその場に留まっていました。
この部屋の中では一番人馴れが進んでいる子ではありますが
簡単に体を触れるときもあれば、逃げていくこともあり、
まだ完全に心を許してくれているとまでは言えないかも
しれません。
とにかくおやつも大好きで、最近少し太り気味なので
あまりあげすぎはいけないと思いながらも
近づいてきてくれるのでついついあげすぎてしまいます。
f0078320_00154765.jpg
f0078320_00162770.jpg
f0078320_00174555.jpg
f0078320_00170275.jpg
受け口で下の歯が出ていて、目が少し離れていて
一度見たら決して忘れることのない愛嬌のある顔を
しています。
この子もシニアにさしかかっている年齢です。
ここでの生活も半年を迎えようとしています。
これから寒くなってくるとシニアの子たちには
厳しい環境になってきます。
一日も早く暖かい家庭に迎えてもらえますように。
f0078320_00353901.jpg
f0078320_00350821.jpg
f0078320_00363625.jpg
f0078320_00370714.jpg
レポートは続きます。




by centre_report | 2017-10-26 13:25 | 愛護センターレポート

10/24センターレポート 4日目部屋  5頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。




引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集中の子たちを紹介します。




お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)





※28/8/2よりレポートに登場 (7/28他抑留所より移送)
▼黒 オス 4-5歳 12-3キロ

10/24撮影
この日はべったりと↓の子にくっついたまま
微動だにせず固まっていました。
↓の子が首を伸ばしておやつを催促するので
撫でてあげようと手を出したら、
また以前のように唸り始めました。
ここ最近リラックスした状態だと近づいても
唸らなくなっていたのですが
この日はかなり縮こまった状態で緊張していたように
見えましたので、警戒心が強かったのかもしれません。
なんとか触れ合いたいと思っているのですが
なかなかうまくいかずに歯がゆいです。
f0078320_12435778.jpg
f0078320_12442759.jpg
↓↓ 以下先週レポートより転載します。
くまのプーさんのようなお座りをして
またじっと部屋の片隅で座っていました。
同郷の↓の子がこの子と全く同じ格好で寄り添っており
とても微笑ましい光景でした。
この子はこの姿勢が楽なのだと思います。
近づいていってもこの姿勢を崩すことなく、
こちらを気にすることもなくそのままの姿勢でいます。
ずっと同じ姿勢で、お尻にタコができてしまわないか
心配してしまうほどです。
f0078320_17112449.jpg
f0078320_17122492.jpg
f0078320_17115534.jpg
以前は近づいただけでも唸ったりするくらいでしたから
今はすぐ横に座ったりしても
唸ることも威嚇することもしなくなっています。
それでもまだ体を簡単に触ることはできませんが、
人は自分に危害を与えないものだというのは
理解し始めているように思います。
なんとか体を撫でることに抵抗がなくなるように
もっと関わっていかないといけないと思います。
f0078320_17174328.jpg
f0078320_17175291.jpg
f0078320_17180249.jpg




※28/8/2よりレポートに登場(28.7/28他抑留所より移送)
▼黒茶 オス 2-3歳? 10キロ前後

10/24撮影

おやつを持っていなかったのですが
この子に手を伸ばすと首を伸ばしてきて
おやつを催促するような様子を見せていました。
今日はおやつ持ってないの、ごめんね、
と言っても、きっと持っているんだ!と思っているのか
何度も首を伸ばしてきてかわいそうなことをしました。
撫でてあげたかったのですが、一緒にいる黒い子が
唸っていたので手を出すことができませんでした。
f0078320_12224315.jpg

f0078320_12225230.jpg

↓↓ 以下先週レポートより転載します。
なんといってもおもしろかったのは、
ついにこの子も↑の黒い子のまねをして
同じようにお座りした状態で後脚をあげたおかしな座り方
をしていました。
↑の子にぴったりくっついて同じ格好をしているのを見て
思わず笑ってしまいました。
見ているとまるで親分と子分が一緒にいるかのようです。
この子はいつでもこの黒い子にくっついていて、
同郷なので一緒にいることで安心できているのかもしれません。
この子ももう1年を経過してしまいました。
f0078320_17011561.jpg
f0078320_17013985.jpg
f0078320_17012563.jpg
↓の子はこの格好が楽でそうしているのだと思いますが、
この子はまねしているだけだと思うので、
時々バランスを崩しそうになってグラグラしたりして
それでもまだ必死にこの姿勢を保とうとしていました。
おやつを手から食べるのはもう当たり前のようになって
体を撫でても空噛みもしなくなってきました。
ただ、そこからの変化はやはり見られません。
一日も早く家庭に入れる日がやってきますように。
f0078320_17055781.jpg
f0078320_17061646.jpg
f0078320_17060604.jpg




※10/3よりレポートに登場(9/21他抑留所より移送)
▽白茶黒 オス 2-3歳 10キロ未満

10/24撮影

この日も積極的に寄ってきては
なんとも表現しずらい小さい声でキャーキャー言いながら
近寄っては飛び上がって下がって行くという
おもしろい行動をしていました。
こちらがじっと座っていると何度も近づいてきて
しつこく匂いを嗅ぎ、手を出すとまた匂いを嗅ぎ
そしてまた下がって行くということを繰り返していました。
人にはとても興味があるのでしょう。
人と一緒にいる時間が長くなれば
馴れていくにもそれほど時間はかからないかもしれません。
f0078320_12064116.jpg
f0078320_12065851.jpg
f0078320_12070758.jpg
↓↓ 以下先週レポートより転載します。
今回は部屋に入って様子を見てみました。
部屋に入ると真っ先に近寄ってきて、
軽く吠えてから近づいたり退いたりを繰り返し、
人には興味があることは明確にわかりました。
その後どうするかと思って目線を合わせずにいると
へっぴり腰ながらも私に近づいてずっと匂いを嗅ぎ
その後、ウロウロしている同室の子やじっと固まっている子
全部の子たちのところに行って
まるで「大丈夫!オイラに任せとけ!」とでも言っているかの
ような行動を繰り返していました。
f0078320_16190383.jpg
f0078320_16191331.jpg
f0078320_16193100.jpg
小さい体のこの子がこの部屋でうまくやっていけるか
心配していましたが、その心配はなさそうです。
思った以上に自立心が強い子のようで、
収容棟で犬たちの世話をしているおじさんが
「もうこの子はこの部屋のボスになってるよ」と
教えてくれました。
変にビクビクしているところもなく、
かといって攻撃性があるわけでもないようなので
この群れの中にうまく溶け込めているようです。
人馴れは抜群とはいきませんが、おやつも手から食べられますし
興味を持って近づいてくるところを見ると
警戒心もそれほど強くなく、一緒にいる時間が長くなれば
馴れてくるにも時間がかからないかもしれません。
f0078320_16251753.jpg
f0078320_16253089.jpg
f0078320_16254358.jpg



※5/30よりレポートに登場(5/25他抑留所より移送)
▽茶黒 オス 1歳ぐらい 11-12キロ

10/24撮影
この日は少し落ち着いているようで、
私が座ったそばでずっと立ったまま廊下の方を眺めていました。
↑の子がかなりせわしなく動き回っているので
お役ゴメンといったところでしょうか。
どんどんお兄ちゃんっぽくなってきて
足も長く格好よくなってきました。
f0078320_12110297.jpg
f0078320_12111288.jpg
f0078320_12112257.jpg
f0078320_12113772.jpg
↓↓ 以下先週レポートより転載します。
相変わらずせわしなくウロウロと部屋の中を
動き回っていました。
それでも↑の子が私に近づいて匂いを嗅いだり
しているのをじっと見ていたりもしていました。
人とは一定の距離を保ちたがる子ですが、
ただただ人が怖くて逃げ回っているというわけではなく、
ウロウロするのがクセになりつつあります。
f0078320_16312302.jpg
f0078320_16313100.jpg
f0078320_16314381.jpg
まだ幼い子なので人に対する警戒心や恐怖心が
これ以上進まないように、一日も早く家庭に入って
人と一緒に生活する環境に置いてあげたいと思います。
↑の子と一緒に行動していることも多いようなので、
いい影響を受けてくれることを願っています。
放浪している時にシニアの子と行動を共にしていたので
他犬との相性も悪くないのだと思います。
先住犬がいるご家庭でもうまくやっていけるのでは
ないでしょうか。先住犬の行動を見て真似してくれるように
なってくれればいいなと思います。
f0078320_16412115.jpg
f0078320_16405869.jpg
f0078320_16411045.jpg



※28/8/23よりレポートに登場 (8/8収容)
▽茶 オス 2歳ぐらい 13キロぐらい

10/24撮影
少し距離が近づいてきたかと思った時期もありましたが、
まだ最近はこちらには近寄らず距離をおくようになっています。
それでも以前のように素早く逃げ回るということは
ほとんどありません。
おやつを見せても興味を示してくれないので
なかなか仲良くなれないのが本当にもどかしいです。
f0078320_12155076.jpg
f0078320_12160354.jpg
f0078320_12162533.jpg
↓↓ 以下先週レポートより転載します。
以前はこの子が一番部屋の中をウロウロしていましたが、
最近ではとても落ち着いてきているように思えます。
近づいていくと避けていくのは相変わらずですが
逃げていくスピードもかなりゆっくりになっています。
この子も1年を経過してしまいました。
人馴れという点では確かにそれほど変化は見られません。
ここでは人との接触する時間が限られていますので
これ以上の変化を期待するのは難しいと思います。
f0078320_16531104.jpg
f0078320_16532121.jpg
f0078320_16533488.jpg
この部屋はかなり広いので、人が入ってきても逃げるスペースは
いくらでもあります。
このような状態でなかなかこの子に近づいて
撫でたりするということは難しいのです。
それでもとても心優しい子なので、新しい子が来ても
うまくやっています。他犬との同居も可能だと思います。
2度目の冬をこちらで過ごすことがないよう、
この子にも暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_16580393.jpg
f0078320_16575466.jpg
f0078320_16574554.jpg




レポートは続きます。


by centre_report | 2017-10-26 12:45 | 愛護センターレポート