ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


<   2017年 03月 ( 49 )   > この月の画像一覧

3/28センターレポート 旧仔犬舎   9頭

猫の手さんのレポートです。
加筆・修正しています。




センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。



お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。




<1-1> 2頭

f0078320_21304813.jpg


※収容室②より移動
※11/22よりレポートに登場(11/10収容)
▽茶 オス 3ー4歳 15-6キロ (左耳先欠損)

f0078320_21272720.jpg

レポートでは見ていたものの、私自身は実際会うのは初めてです。
存在感たっぷりで、写真よりずーっと魅力的な子です。
困ったお顔で見上げるので緊張していると思うのですが、
体のわりに細いしっぽを遠慮気味に左右に振ってくれて、
「こ、こ、こ、こんにちは」と挨拶してくれたように感じました。
f0078320_21385616.jpg
f0078320_21403991.jpg

喜んではくれませんが、どこを触っても大丈夫です。
歯も見せてくれました。
f0078320_21423650.jpg

おやつは好きだけど、ガツガツした感じはなく
そっとくわえて優しく食べます。
f0078320_2145274.jpg

f0078320_21451480.jpg

f0078320_21454581.jpg

f0078320_2146249.jpg
次に紹介する子と血縁関係にあるらしく、よく似ています。
個別ケージから一緒の部屋になったので、
もう少し気持ちが開放されて強気になるかなと
思ったのですが、まったくそんな様子は見られません。
今はまだ人間観察期間で、私たちが信頼に足るかどうか
見極めているような気がします。
基本的に穏やかで、一緒に暮らしやすい子だと思います。




※収容室②より移動
※11/29よりレポートに登場 (11/15収容)
▽茶 オス 2ー3歳 17-18キロ

f0078320_2225152.jpg

この子はたち耳のせいか、きりっとした印象です。
上の子の弟のようで、歯もこの子のほうがきれいでした。
f0078320_226759.jpg
先週のレポートにもあるように、こちらへ移動してきても、
端っこに固まって殆ど動くことはありませんでした。
でも、きれいな目でチラチラとこちらの様子をうかがいます。
f0078320_22103698.jpg

これまでの経験不足から、人との接し方が分からなかっただけで、
優しく接してきた訪問メンバーのおかげで、
人は怖くないことを分かってくれているように思います。
上の子同様、どこを触っても唸ったり威嚇したりの
攻撃性は微塵も感じられません。
f0078320_2215776.jpg
f0078320_22145361.jpg
f0078320_22155758.jpg
f0078320_22161783.jpg
f0078320_2216382.jpg

手からのおやつもおいしそうに食べてくれました。
これから一気に人馴れが進んでいくとうれしいですね。






<1-2> 2頭
f0078320_2235374.jpg

f0078320_2236012.jpg


※2/28よりレポートに登場(2/20他抑留所より移送)
▽茶黒 オス 3~5歳 1歳前後 10キロぐらい

f0078320_22374989.jpg

太くてはっきりしたアイラインのせいで、見る角度によってはきつそうに見えますが
実際に会うととてもキュートな子です。
仔犬と言ってもいいぐらい、表情が幼く感じます。
f0078320_14300924.jpg

ここでの生活にも慣れ始めて落ち着いているように思いました。
多少は臆病なのかな? 緊張は見せますが触ることもできますし
おやつも手から食べてくれました。
f0078320_14345225.jpg
f0078320_14330115.jpg
f0078320_14332170.jpg
f0078320_14341225.jpg
f0078320_14335721.jpg
まだ幼い子のようですので、1日も早く家庭に入って
人との生活をさせてあげたいです。






※2016/4/5よりレポートに登場 (3/24収容)
▽茶 オス 2-3歳 13-4キロ
f0078320_14455475.jpg

f0078320_14475624.jpg
ここでの生活も、もう1年。自分より幼い子にもたれかかって
こちらを見る目は、感傷的になり過ぎかもしれませんが
何かをあきらめたようにも見えます。
いつ会っても、悲しさをたたえた目で、
「今日は何しに来たの?」「ここから出ようねって言ってくれるの?」と
問いかけているように思えてしまいます。

f0078320_14490982.jpg
f0078320_14500164.jpg
f0078320_14494089.jpg
f0078320_14503809.jpg
いつもと同じ場所に、いつもと同じ姿勢で座ったままです。
身体を触っても抵抗することもありません。
でも、仕方がなくされるがままという感じです。
こちらが抱っこするなどアクションを起こせば立ち上がるのかな?
少し違う対応をしたほうがいい時期かもしれません。
まだまだ若いこの子に、もっと違う世界、生き方があることを、
教えてはいただけませんか?








<1-3> 3頭
f0078320_15131872.jpg


※12/20よりレポートに登場 (12/8収容)
▼メス 茶黒 1-2歳 10キロ未満

f0078320_15141684.jpg
この子が収容室にいるときも会っていないので
実際に会うのは初めてでした。
時間があまりなかったので、部屋を出る前にドアを閉めたのですが、
行き場を無くしてちんまり落ち着いてしまいました。
その後は背中を向けてしまい、何かしらの新しい変化を
見つけることができませんでした。
ビビリちゃんで人馴れはしていませんが、ビビリション&ウンはないでしし、
威嚇なども一切ない子です。
f0078320_15144817.jpg
f0078320_15154034.jpg
f0078320_15150953.jpg
触らせてはくれますが、困り顔。
無理して嫌な記憶を残したくなかったのですが、
収容室にいたときは抱っこもされていましたから
もう少し積極的にかかわったほうがよかったかなと反省しています。

以前のレポートから、きれいな瞳のいいお顔の写真をお借りしました。
f0078320_15552303.jpg
次回、担当できたらもう少しベタベタしてみようと思います。







※8/2よりレポートに登場
▽薄茶 メス  2ー4歳? 11-12キロ

f0078320_15373185.jpg
いつものように、いつもの場所で待っていて?くれました。
前回(2/14)はとてもいい感じで心を開き始めてくれたように思えたのですが、
今回はおやつは手から食べるものの、以前のようにパクパクおいしいね
という表情は見られませんでした。
f0078320_15365631.jpg
f0078320_15362336.jpg
f0078320_15414231.jpg
一緒に収容された仲間(家族)がいたときは、
臆病な2頭を守る意気込みを感じ、気の強い子という印象でした。
1頭になってからは守るべきものがいなくなったせいか
覇気がないというか、しょんぼりしているように見えました。
でも、すでに出た新しい子が入ったときは、
その子の影響か、明るさも見えていたのに、
またまた落ち込んでいるようでとても残念です。
抱っこを試みたのですが、嫌だと口パクしようとしました。
同室の子の影響を受けやすい繊細なところがあるのかもしれません。
以下2枚は表情が穏やかで豊かになったと感じた2/14のものです。
1日も早く出した上げたい子です。
f0078320_15562586.jpg
f0078320_15555576.jpg









※3/28レポート初登場(3/13収容)
▽白 メス 5‐6ヵ月 6-7キロ前後
f0078320_16054445.jpg
f0078320_16072877.jpg
f0078320_16074980.jpg

部屋に入ったとき、ちょっと震えていましたが、
歯も歯茎もピッカピカのきれいな仔犬さんです。
触ると、初めは少し緊張してオドオドしていましたが、
手からのおやつも問題なくクリア。
抱っこもいけそうでしたから抱っこすると、暴れるでもなく
まんざらでもない様子でした。
f0078320_16081697.jpg
f0078320_16202249.jpg
f0078320_16065237.jpg
抱っこで立ち上がっても落ち着いていました。
ビビリ先輩の影響を受けるタイプかマイペースなタイプか
分かりませんが、すぐに家庭に入っても問題ない仔犬さんです。
早いうちに人との暮らしに入って、家庭犬の勉強を
開始させてあげたいと思いました。








<1-4> 2頭

※2016/2/16よりレポートに登場 (2/1収容)
▽黒白 メス 3ー5歳?7-8歳? 13-14キロ
f0078320_16284691.jpg

いつものように威勢よく呼ぶ声に、今日も元気なんだなとうれしいような
いい加減覚えてよと言いたいような気持になります。
もう1年になるのですからね。

この日の私は行動が敏捷だった(急いでいた?)ので、
この部屋の子たちが出る前にドアを閉めてしまいました。
それが失敗だったかな?
表情が固くて、いつものような笑顔もありませんでした。
ドアを開けたら出たり引っ込んだりは、この子にとっての
楽しいあそびなのかもしれません。
唯一のあそびのチャンスを奪ってしまってごめんね。
f0078320_16340860.jpg
f0078320_16343748.jpg
f0078320_16345824.jpg
先週のレポートにも
「部屋の外に出てくると開放感があるのか、
かわいい笑顔も見せてくてました」とあります。
確かにそうでした。
なので以前の訪問時のこの子のかわいい笑顔と満足げな表情を。
f0078320_16400551.jpg
f0078320_16411065.jpg
やはり先週の
「もしかして歯がないのかもしれないね?」というレポートを気にして
同行のボラさんがじーっと見ていてくれました。
口を開いて見たわけではないので確かではありませんが、
抜けたというより犬歯が切られているみたいに見えたとのこと。
この子の過去の写真を探してみましたが、
はっきりわかるものはありませんでした。
f0078320_16522534.jpg
f0078320_16524697.jpg
あまり若くはないかもしれないかもしれないこの子にも
早く家族を見つけてあげたいです。
吠えるのはほんの少しの時間です。
早くおやつがほしいのと、一緒に遊びたくて呼んでいるだけで、
いつも一緒にいたらたぶん大丈夫だと思います。







※8/9よりレポートに登場 (7/27収容)
▽白黒 メス 3-4歳 10ー11キロ
f0078320_16565759.jpg
この子はほとんど変化が感じられないので
先週の丁寧なレポートをそのまま転用しました。
写真のみ3/28撮影です。
f0078320_16571380.jpg
f0078320_16572734.jpg
f0078320_16574395.jpg
まるで自分がいることを知られないようにしているのか、
部屋のドアを開ける前は、ドアのすぐ目の前で伏せています。
ドアの窓から覗くと一瞬この子はいないのかと思ってしまいます。

ドアを開けると部屋の奥にサササッと移動して
顔を隠して部屋の壁にくっついてしまいます。
こちらがちょっと動くと、すごい勢いで外に飛び出していきます。
人との距離をある程度とれると少し安心するのか
ずっとこちらの様子を伺っているようでした。
まだ、人に何をされるのかわからず、
とにかく距離をおきたいということなのでしょうか。

人との接し方がわからないだけなのではないでしょうか。
旧子犬舎の廊下の端っこにいる時にゆっくり近づくと
警戒したお顔でこちらをじっと見つめているものの、
その場に留まっていることはできて
身体を触ったりお顔を触ったりすることもできます。
この日は抱っこはしませんでしたが、
抱っこされてもおとなしくしていることができる子です。
まだまだ若いこの子には、人の優しさをもっと感じることができるよう
一日も早くご家族の一員として迎えてもらえるように
願うばかりです。
f0078320_16580263.jpg
3/28追記
人を避けるようにして移動すること、隅っこで固まること、
まったく変化がないと思ったのですが、
大量のビビリウンチがありませんでした。
苦い思いをしているので、これはすごい!とうれしくなりました。
それともう1つ。お分かりになるでしょうか?
すべてこちらを見ています。
壁とのお見合いはやめたのかな?だとしたらうれしい変化です。


レポートは続きます。

by centre_report | 2017-03-31 23:23 | 愛護センターレポート

3/28センターレポート A部屋    7頭

メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。

引き続き、センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)



NO,Ⅰ

※2/28よりレポートに登場 (2/14収容)
▽茶白 メス 3歳くらい 12-13キロ
*先週は収容室1に居ました。

ケージ内に居る時から、淑やかで物静かと感じた子です。

ケージから出してあげた直後は、
こちらを伺う様子があり、少し距離を持ちたがりましたが、
警戒しているというよりは、慎重なだけのように感じます。
尻尾は下がることなく、しっかり上がっていました。
f0078320_22313984.jpg

f0078320_2231542.jpg

f0078320_2232820.jpg


オヤツを差し出すと、少し考え
その後は自ら寄って来て、ガッツクことなく優しく食べていました。

身体も触らせてくれますが、
その度にビクッとしていましたので、
触られることには慣れてない様子でした。
それでも逃げる訳でもありませんから、
生活が落ち着けば、そんな様子もなくなると思います。

元々穏やかな性格の子なのか、
それとも環境に慣れてないから静かなのかはわかりませんが、
極端にハッチヤける様な感じは受けない子です。

優しくて女の子らしい雰囲気を放っている子です。
f0078320_22322250.jpg

f0078320_22323952.jpg

f0078320_2232524.jpg

f0078320_2233621.jpg

f0078320_22331758.jpg
最後の方は、カメラに興味を持ち、
お茶目に近づいて来てくれました。


(以前のレポートから)
隣にいたメスの犬と安全な距離を保ちながら会わせてみました。
背中の毛を逆立てることもなく少し鼻をクンクンさせただけで
さほど興味がないのか、しつこくすることもありませんでした。





NO,Ⅱ

☆タナカくん

※7/19よりレポートに登場(7/6収容)
▽黒茶 オス 4-5歳 11-2キロ

人の目をしっかり見て、
言葉に一生懸命耳を傾けてくれる、穏やかでとってもいい子です。
f0078320_22435672.jpg

f0078320_22441015.jpg

f0078320_22453737.jpg
歯もしっかり見せてくれます。


そんな良い子が、他犬に対しては別犬のようになる時があります。

この日も隣の犬に凄い剣幕で威嚇していました。
それもいきなり、下の10センチ程の隙間からわざわざ覗いてですから、
なんでそこまでしてと思ってしまいました。
f0078320_22454975.jpg

f0078320_224643.jpg

f0078320_22461912.jpg

f0078320_22463142.jpg
1頭飼いが望ましく、散歩等で犬に会った時は距離をとるなど、
人間側でしっかりコントロールをしてあげる必要があります。
この子を理解してくだされば、人には従順だと感じますので、
良きパートナーになれる子です。
そんな家族様に迎えていただきたいです。




NO、Ⅲ

※3/7よりレポートに登場(3/2他抑留所より移送)
▽白薄茶 メス 1-2歳 12-13キロ

まだまだ幼さの残る子で、限りなく1歳に近いのではと感じました。
f0078320_224901.jpg
目が中心に寄ってるのが、この子のチャームポイントです。

f0078320_22491369.jpg

f0078320_22492685.jpg
バランスの良い体型で、美しい女の子です。

ケージから出してもらえた嬉しさで、
しばらくはとにかく落ち着きがなくて、写真を撮るのが大変でした。

とても明るい子なのですが、それでも今はまだビクビクしてる様子も伺え、
特に音にとても敏感に反応していました。

f0078320_22493763.jpg

f0078320_22495257.jpg

f0078320_2250420.jpg

f0078320_22501680.jpg

f0078320_22503327.jpg

f0078320_22505643.jpg

f0078320_22511145.jpg

余りにもチョコチョコと動くので抱いてみたら、
カチィーンと固まってしまいましたが、
決して暴れることはなく、嫌だというよりただ慣れてないだけのようです。
人に信頼を寄せている様子ですから、身体のどこを触っても怒りません。

↑ タナカくんから激しく威嚇された時は、売られたものは買う性格のようで、
負けていませんでした。
様子を見ていると、自分から仕掛けることはこの日は全くありませんでしたが、
なかなか勝気なところもあるようです。

歯もピカピカです。
まだまだ若い子ですから、側に居る人間次第で、
もっともっと変わると思いますので、
とても楽しみな子です。




NO、Ⅳ

☆コンくん
※9/6よりレポートに登場 (引取)
▽茶白 オス 5-6歳 17ー18キロ

いつも元気一杯なコンくんです。
f0078320_2253657.jpg

f0078320_22531851.jpg

f0078320_22533048.jpg


ケージの中では、早く出してもらいたくて、
ずっと飛び跳ねて猛アピールしてましたので、
出してあげた時は、既に息が上がっていたほどです。
頭に新しい傷があったのは、この猛アピールで作ってしまったのかもしれません。

出してあげたら真っ先に部屋の扉に向かって行きました。
もう随分な時間をここで過ごしています。
しばらく扉から動こうとはしませんでしたが、
その後諦め、時間一杯私達に甘えて来る可愛いコン君。

f0078320_22534422.jpg

f0078320_22535738.jpg

f0078320_2254766.jpg

f0078320_22542077.jpg

f0078320_22543239.jpg
そんな甘えん坊さんですから、
今の生活は、コン君にはストレスになってるのではと心配になります。
しっかり食べている様子なのに身に付かないのは、
そんなことも関係しているかもしれません。
上記の体重より今は少ないと思います。

大好きな人の側で、一日も早く生活が出来ますよう願っています。





NO、Ⅴ

※2/14よりレポートに登場(2/9他抑留所より移送)
▽薄茶 オス 4歳くらい 14キロ程度

ケージの中に居ることがかなりストレスなのか、
硬いステンレスケージをずっと齧っていて、
キーキー音を立てていました。
f0078320_2256422.jpg

f0078320_22561931.jpg

f0078320_22563244.jpg


出してあげると、全くの別犬になり、
同じ犬とは思えないほど動きも止まり、とても落ち着きのある子です。

間違いなくこの子も人の愛情を知ってます。
一時は可愛がられていたのでしょう。
オヤツをあげると、どんなに小さくしても、
手に歯を当てないように、上手に優しく食べてくれます。
f0078320_22564744.jpg

f0078320_2257052.jpg

f0078320_22571396.jpg

f0078320_22572531.jpg
人から何か言ってもらうのを、
顔をじっと見て待っている姿は、普通の家庭犬と何ら変わりありません。

この子も一日も早く安心できる家族の一員にしてあげたいです。





NO、Ⅶ

※2/28よりレポートに登場 (2/23他抑留所より移送)
▽茶黒 メス 2-3歳 8-9キロ

小振りでとても愛嬌のある子です。
f0078320_2259946.jpg

f0078320_22592448.jpg

f0078320_22593638.jpg

f0078320_22594957.jpg



この子も人と生活をしていた子でしょう。
そして愛情も注がれていたはずです。
人に信頼を寄せているので、何一つ抵抗せずになすがままです。

どんな理由があったにせよ、なぜ手放すことが出来たのか、
理解に苦しみます。
何一つこの子に原因が見つかりません。
f0078320_23047.jpg

f0078320_2301883.jpg
早く出して欲しくて、ケージの中ではかなり騒いでいましたので、
この子もそれなりにストレスもあるのか、
隣の子に、やはり下の隙間から覗いては八つ当たりのように怒っていました。

まだ若いこの子にはタップリ時間があります。
この子がこれから後十数年。
もう裏切られることなく、最期の日まで穏やかに暮らせる家族と巡り合えますようにと、
そんな気持ちで一杯です。










NO、Ⅷ

※2/14よりレポートに登場 (2/13他抑留所より移送)
▽薄茶 オス 6-8歳 7-8キロ
先週は収容室②に居ました。

何とも言えないお顔といい、性格のとても可愛らしい子です。
f0078320_2313629.jpg

f0078320_2315060.jpg

f0078320_2321446.jpg


ケージの中でも一切吠えずに、
ひたすらジャンプをして出してと訴えていました。
疲れてジャンプが出来ず外が見えない時は、下から覗いてみたりと、
その一生懸命な姿を横目で見ていて、グッと込み上げるものがありました。
f0078320_2322935.jpg


ケージ扉をあけてあげると、小さい体な上、年齢もそこそこいってますから、
簡単には出てこられないのに、必死によじ登って出てくる様子を見ても、
この子を放棄した人間と私も同じ人間であることが、
凄く申し訳ない気持ちでした。


f0078320_2324591.jpg

f0078320_2325780.jpg

この子の気持ちが出ていますね。
本当に見ていて辛いです。

凄く癒される子だと思います。
そのお返しに沢山愛しんであげて欲しいです。








レポートは続きます。


by centre_report | 2017-03-31 19:30 | 愛護センターレポート

3/28センターレポート 収容室①2頭・②4頭・③4頭


ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)





【収容室①】2頭

※2/21よりレポートに登場(2/8収容)
▽茶黒 オス 7-8ヵ月 8-9キロ
少し慎重な様子は見せていますが、
ビビリ度合いもそれほど高くなく、
ケージの扉を開けてあげると自分で外に出てきます。

外に出てきてからも特にパニックになることもなく
自分から人に近づいてくることはありませんが、
こちらから近づいても逃げることはありません。
今日はおやつを持っていなかったのですが、
先週のレポートによると、おやつに興味を示して
自分から近づいてくるそうです。
f0078320_19120966.jpg
f0078320_19130706.jpg
f0078320_19132007.jpg
f0078320_19122551.jpg
まだまだ子犬ですから、いろいろなことを
どんどん吸収できる月齢です。
家庭に入って人と接する時間がたくさん取れれば
もっと人馴れもグングン進んでいきそうな子です。
現在の体重よりももう一回り以上大きくなりそうです。
精悍な顔立ちですので、
成長したら、きっと立派な男の子になりそうです。
f0078320_19180205.jpg
f0078320_19181006.jpg
f0078320_19182252.jpg
f0078320_19183041.jpg




※3/14よりレポートに登場 (2/13収容)
▽黒 メス 1-2歳 10-11キロ
ケージ扉を開けてあげると自分で出てこようとしますが
なかなか勇気が出ないようでもじもじしていました。
しばらくこの子の意思で外に出てもらおうと待っていましたが
なかなか出てこられないようでしたので
少し強引に引っ張って外に出てもらうと
プチパニックになってすぐケージに戻ってしまうため
なかなか撮影が出来ませんでした。
しかしながらケージの中にいる間に手を入れて
身体をなでてあげても全く嫌がることもありません。
f0078320_19252130.jpg
f0078320_19255314.jpg
以下、先週のレポートより転載します。
↓↓

少々シャイな女の子です。
子犬かと思いましたが、成犬ではあるようです。
この子の捕獲された地域では、良く見られる半野良っ子の一頭と思われますが
他の子よりも落ち着いていて
ロープで引いてもさほど暴れもせずにすぐに小さく固まりました。
触れても全く無抵抗で、お口が出る様子はありません。
恐らく抱っこもできそうです。

手からではありませんが、床に置いたおやつは人が見ている前でも
ちゃんと食べられていました。

美味しい物には目が無いようですので
食べ物をきっかけに近づきやすい子なのかもしれません。
f0078320_12060762.jpg

f0078320_12063285.jpg

f0078320_12061953.jpg

f0078320_12064972.jpg

f0078320_12064222.jpg








【収容室②】4頭

☆アサヒくん

※3/7よりレポートに登場 (2/20収容)
オス 7-8歳 78キロ 
いつも元気一杯騒いでいるあさひですが、
さすがに収容されてから1ヵ月経過して
騒ぎすぎたのか、声がかすれてしまっていて
吠えることが少なくなっていました。
外に出してあげる前から「出たい!出たい!」という
欲求は相変わらずなので、外に出すと既にゼイゼイハァハァ
いっているのが心配になってしまうほどです。
それでも外に出てきてはしゃぎ回ることも減って
大分落ち着いていられるようになってきました。
f0078320_23044621.jpg
f0078320_23051666.jpg
f0078320_23054773.jpg
f0078320_23061805.jpg
相変わらず抱っこは苦手で、
抱っこしようとすると、すぐに察して身体をよじって
拒否してきます。
べたべたと甘えてくるタイプではありませんが
人と一緒にいることは嬉しいようです。
小柄ですし、女性でもコントロールするのは楽だと思います。
ケージの中では騒いでいますが、外に出てくれば
吠えることもありませんので、お留守番が少ないご家庭であれば
集合住宅でも飼育可能な子ではないでしょうか。
f0078320_23321939.jpg
f0078320_23324944.jpg
f0078320_23331933.jpg
f0078320_23334931.jpg



※3/21よりレポート登場 (3/7収容)
▽黒茶白 メス 2-3歳 10-11キロ
今日もケージの中で小さく縮こまっていたので
無理に外に出してみることは避けました。
f0078320_23424336.jpg
f0078320_23422134.jpg
以下、先週レポートより転載します。
↓↓

ケージを開けてみると顔を隠して小さくなっていました。
ロープをかけて外に出てくるように誘導してみましたところ、
少し踏ん張っていたものの、なんとか外に出て来ました。
元々とても大きな目でアイラインもばっちり入ってる上に
目の周りに黒い毛が更にあるせいで、物凄く大きな目のように見えて
とても目を惹く女の子です。

人との関わりはほとんどなかったと思われ、
リードで引かれるという経験がないのでしょう。
軽くロープを引くだけでかなりパニックになります。
それでも狭いところに隠れようとするよりも、
なんとか壁際に行こうとするところを見ると
何度か繰り返せば引かれることは克服できそうだと思いました。
f0078320_15570409.jpg
f0078320_15572583.jpg
f0078320_15573673.jpg
f0078320_15571753.jpg
ビビリちゃんであることには違いありませんが、
身体を触ったり、顔を触ったりしても
ただひたすら我慢しているようでした。
その間にもお口が出るようなこともありません。
イヤだ!と思うことをされて我慢できるうちに
もっと人と接する時間を増やしてあげることが
この子の恐怖心を増長させない方法かと思います。
元々穏やかな子なのかもしれません。
まだまだ若いこの子にも暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_16052423.jpg
f0078320_16053843.jpg
f0078320_16055175.jpg
f0078320_16055986.jpg




※3/28レポート初登場 (3/16収容)
▽茶 オス 3-4歳 10-11キロ 
見た目はほぼ柴犬に近いと思われますが、
恐らく柴MIXだと思います。
落ち着きもありますが、人馴れは全く問題なく
へそ天してみせたり、遊ぼう!と誘ってきたりして
しつこすぎることなく上手に甘えてくる男の子です。
頭をつっこんで甘えてくる姿は
見ていても本当にかわいくて
思わずギューっと抱きしめてあげたくなります。
f0078320_23514647.jpg

f0078320_23515618.jpg

f0078320_23520618.jpg

f0078320_23521695.jpg

抱っこも抵抗することなくさせてくれました。
これといって特徴のあるお顔や体型ではないものの、
こちらの言っていることをしっかりと聞いているようで
利口そうでとても飼い易い子だと思います。
他犬との相性などはまだ見ることは出来ませんでしたが、
外に出ている間も、ケージの中にいる間も
他犬に対して吠えるといった行動は見られませんでした。
また来週以降もう少し様子を見てみたいと思います。
f0078320_23574329.jpg

f0078320_23575408.jpg

f0078320_23582315.jpg

f0078320_23583413.jpg




※3/21よりレポートに登場 (3/2収容)
▽茶黒 テリアMIX メス 2歳ぐらい? 10-11キロ
今日はロープをかけるとすぐに自ら外に出て来ました。
先週は少し様子を伺っていたところはありましたが
少し落ち着いてきたのでしょうか。

やはりリードで引かれるということには抵抗して
少しバタバタとしますが、すぐに落ち着きます。
身体を触ると少しビクッとしますが
嫌がったりお口が出たりすることはありません。
それでもやはり少し怖いのでしょう、
外に出ている間は少し震えていました。
f0078320_00171189.jpg

f0078320_00171166.jpg

f0078320_00171126.jpg

f0078320_00171137.jpg

まだ幼いこの子は、人の暖かさを知らず
ここまできてしまったと思いますので
一日も早く家庭に入って人の暖かさを知ってもらいたいと
願わずにはいられません。
ビビリ度も深刻なものではないと思いますので
とにかく人と接する時間をたくさん作ってあげられればと
思います。
大きな手足をしていますので、身体はもう少し大きくなるのかも
しれません。
f0078320_00300495.jpg

f0078320_00300387.jpg

f0078320_00300482.jpg

f0078320_00300381.jpg






【収容室③】4頭

※3/21よりレポート登場(3/10収容)
▽茶柴 オス 6ー7歳  8-9キロ
先週見た時には遠慮がちというか、
あまり感情を出さない子のように思いましたが、
今日は大分環境に馴れてきたのか、
私たちにプレイバウしてきたりと
遊び好きな一面も見せてくれました。
しかしながらケージに入っている間は
相変わらず大きな通る声で「出せ!出せ!」と
騒いでいました。
外に出てしまえば吠えることは全くありません。
f0078320_00344450.jpg

f0078320_00344367.jpg

f0078320_00344379.jpg

f0078320_00344452.jpg

ややシニア域に入っているのもあるのかもしれませんが
とても落ち着きもあり、抱っこも問題なくできます。
身体を触っても嫌がることもありませんし、
柴犬特有の頑固さはあまり感じられない子です。
先週との印象とは大分変化しましたので、
これからもっとやんちゃな一面も見せてくれるのでは?
と期待しています。
f0078320_00374822.jpg

f0078320_00374887.jpg

f0078320_00374838.jpg




※2/14よりレポートに登場 (2/3収容)
▽黒 オス 1歳前後 14-15キロ
先週は少しこちらで誘導してあげることで
外に出てくることが出来ていましたが、
今日はロープをかけると自分から
外に出てくることが出来ました。
身体を触ることにも全く抵抗もありませんし、
年齢の割には落ち着きもあります。
今日は撮影をしていると、カメラに向かって
近寄ってきたりもしてきました。
f0078320_00485305.jpg

f0078320_00485310.jpg

f0078320_00485432.jpg

f0078320_00485417.jpg

この日はロープで引かれることに多少は抵抗するものの
先週ほど大騒ぎするほどではなくなっていました。
もうそれほど「ビビリちゃん」とは言えなくなってきました。
まだ幼い子ですのでいろいろなことに対する吸収力も
高いのだと思います。
手足の数箇所にはげている部分があったり、
目の周りも少し脱毛が見られますので
皮膚病の可能性もあるかと思います。
大分人を怖い存在ではないと学習しつつあるこの時期に
一日も早く家庭での生活をスタートさせてあげたいです。
f0078320_00570976.jpg

f0078320_00570947.jpg

f0078320_00570949.jpg

f0078320_00570927.jpg




※3/28レポート初登場 (3/15収容)
▽茶黒 メス 3-4歳 12-13キロ
不安そうなお顔をしていましたが、
予想に反してすんなりとケージから出てくることが出来ました。
大きな瞳が魅力的なかわいい女の子です。
少し慎重なようですが、とても落ち着きもあり
穏やかな子のようです。
環境にまだ馴れていないからかもしれませんが
しっぽも格納されて震えていました。
それでも身体を触ることにも抵抗せず
じっとしていました。
f0078320_01214632.jpg

f0078320_01214565.jpg

f0078320_01214502.jpg

f0078320_01214678.jpg

前脚を触っても問題ありませんでした。
手足が長くとてもスラッとした体型ですが
あばら骨が浮き出るほどに痩せています。
放浪期間が長かったのか、以前に飼われていたお宅で
十分な餌を与えられていなかったのかはわかりませんが
たくさんご飯を食べさせ
もっと栄養をつけさせてあげたいです。
震えてはいましたが、そこまでひどいビビリちゃんでは
なさそうですので、人と接する時間を増やして
もっと人を信頼してくれるようになってくれたらと
思わずにはいられません。
f0078320_01355737.jpg

f0078320_01355671.jpg

f0078320_01355701.jpg

f0078320_01355796.jpg




※3/21よりレポート登場 (3/6収容)
▽茶 オス 1ー2歳 11-12キロ
今日も元気に私たちを待っていてくれました。
早く出して欲しくて
しきりにケージの中でアピールしていました。
外に出てくると最初はウロウロしているのですが
先週同様、排泄を我慢しているこの子は
すぐに長いおしっことうんちをしていました。
この子の部屋は本当に綺麗で
自分の寝床は汚したくない綺麗好きな子なのだと思います。
とにかく人が大好きで、ちばわんメンバーにもかわるがわる
甘えていました。
また今日もこの子のペロペロ攻撃にあいました。
f0078320_01460767.jpg

f0078320_01460721.jpg

f0078320_01460762.jpg

f0078320_01460847.jpg

壁際での撮影は、まるでビビリっ子のようですが
そうではなく、こうして押さえておかないと
カチャカチャ動き回ってなかなか撮影出来ないので
仕方なくこうしていただけです。
抱っこが苦手なので、上半身だけ支えてみたところ、
それは大丈夫なようでしたので、
身体全体が浮いてしまわなければいいようでした。
遊び好きなのですが、身体を拘束されるのは苦手なようです。
とても元気一杯なこの子にも
暖かい手が一日も早く差し伸べられますように。
f0078320_01520629.jpg

f0078320_01520626.jpg

f0078320_01520526.jpg

f0078320_01520635.jpg





レポートは続きます。



by centre_report | 2017-03-30 19:42 | 愛護センターレポート

3/21引き出し編 レポート紹介  全 74頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。


3/21に成犬2頭を引き出しました。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田
f0078320_23265475.jpg
f0078320_23264902.jpg




準備が整い次第
いぬ親さん募集開始いたします。

応援の程よろしくお願いいたします。





ご郵送いただいたり
いぬ親会で持ちよりいただいた新聞などを
センターへお届けしました。

いつもご協力ありがとうございます。

f0078320_23270055.jpg
f0078320_23271410.jpg





~お知らせ~

ちばわんでは、本当の家族を待つ犬達や猫達と
新たに犬や猫を家族の一員として迎えたいご家族との
出会いの場である「いぬ親会、ねこ親会」を開催しています。







f0078320_00171867.jpg
f0078320_23211104.jpg
f0078320_19153360.jpg

f0078320_23334709.jpg


f0078320_00175705.jpg


f0078320_23202675.jpg

「イベント情報」詳しくはコチラ。



当レポートをご覧になってのお問い合わせは、まずちばわんにお願いします。

問合せ先 korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)
(※上記アドレスへのいぬ親会に関するお問い合わせはご遠慮ください。
必ず詳細ページにてご確認をお願い致します。)

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。

★新規の預かりボランティアご希望下さる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

※大変申し訳ありませんが
小型犬のみの新規預かり希望は受け付けておりません。

お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
(審査の上、判断させていただきます。)





by centre_report | 2017-03-24 23:58 | 愛護センターレポート

3/21センターレポート 4日目部屋  5頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


※先週レポートより転用します。


センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。



お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)



この日もお行儀良く、奥に敷かれたすのこの上に
5頭の子たちが身を寄せ合っていました。

毎週もっともっとこの子たちとの触れ合う時間を取りたい
と思うのですが、収容頭数もなかなか減らず、なかなかこの子たち
だけに時間を割くことが出来ないのがとても歯痒いです。
どの子も人に対する攻撃性はありません。
どうか一日でも早く、この子たちが家庭に入れる日がやって
きますように・・・。
f0078320_23392428.jpg


※8/23よりレポートに登場 (8/8収容)皮膚治療中。
▽茶 オス 1-2歳 13キロくらい
収容当初からは比べ物にならないくらい皮膚の状態が良くなり、
すっかり綺麗な被毛になってきました。
また、とても痩せ細っていたのも、大分お肉がついてきたようで
しっかりとした体型になってきました。

ただ、この子はやはりこれまでに人との関わりがほぼなかったと思われ
人との接し方がわからず、人は自分に何か嫌なことをする人、
という認識しかないように思われます。
メンバーが全く動かずにじっとこの子たちを見ているだけでも
この子だけはずっと部屋の中をうろうろと歩き回っています。
f0078320_23460459.jpg

f0078320_00021567.jpg

f0078320_23464560.jpg

この部屋に入ったメンバーは出来る限りゆっくりと動くように
気をつけているのですが、この子は常に私たちの動きを見て
近づきすぎないようにしているように思います。
それでもすのこの上に来た時に、ゆっくりゆっくり座ったまま
この子に近づいてみると、後退して黒い子の上に乗っかってしまい
黒い子に「やめろよ!乗っかるな!」と怒られていました。
これだけ広い部屋ですので、このように逃げ回ってしまう子と
触れ合うことがとても難しいです。
それでも以前のようにとにかく必死に逃げ回るという感じは
なくなってきましたので、時間をかけて接してあげたいと思います。
f0078320_00094172.jpg

f0078320_00095002.jpg

f0078320_00101912.jpg

f0078320_00102894.jpg


※3/1よりレポートに登場 (2/16収容)
▼茶白 オス 2-3歳 12キロ~
一時期、かなり人を避けるようになってきていましたが
少し落ち着いてきたように思えました。
この日この子を撮影した写真を見てみると
表情も大分優しい感じになってきたように思います。
こちらが座った状態でゆっくりと近づいていくと
すぐに逃げ出すことはなく、少し警戒しながらゆっくりと
離れようとしていました。
それでも今日はこの子に触ることが出来ました。
とても久しぶりに身体を触らせてくれたことがとても嬉しかったです。
f0078320_00225984.jpg

f0078320_00230887.jpg

f0078320_00232194.jpg

この子がとても優しい子だということはよくわかっています。
身体を触ってもお口が出ることはありませんでした。
何も怖いことなんてしないんだ、ということを
なんとかこの子に伝えたいと思います。

以前はずっと縮こまっていた黒茶の子に寄り添っていることが
多かったのですが、最近は黒茶の子も身体を触られても
我慢できるようになってきて、この子は寄り添うことが
ほとんどなくなってきました。
もう自分が守ってあげなくても大丈夫と思ったのでしょうか。

新しくここに入ってきて怖がっている子には
この子が常に寄り添ってあげていました。
この優しい子にも暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_00275071.jpg

f0078320_00280219.jpg

f0078320_00281319.jpg


※2/16よりレポートに登場 (2/2収容)
▼薄茶白 オス 4-5歳? 11キロぐらい
人の姿が見えるとガタガタと震えていることが多いのですが
今日は比較的落ち着いているように思えました。
また、この子はとても不思議な子で、人を怖がっていると
思いきや、私からも離れていくものの、すぐ前や後を通って
またすぐ私の横に来ます。
本当に人のことが怖いのかな?と思うような行動も多く、
人と接する時間と、逃げ回るようなスペースがなければ
もっともっと人馴れが進みそうな気がします。
f0078320_00453968.jpg

f0078320_00444012.jpg

f0078320_00450984.jpg

この日、この子がすぐ近くを何度も何度も通り、
すぐ横に来ることが多かったので、
近くを通る時に手を出して身体を何度も触ることが出来ました。
触られてもいやがってビクッとすることもなく、
また早足で逃げるようなこともなく、
触られてもそれほど気にしていない様子でした。
以前は手から直接おやつも食べてくれた時期もありましたので
やはりもっともっとこの子と触れ合う時間を取ってあげたいと
思わずにはいられません。
f0078320_00491382.jpg

f0078320_00494397.jpg

f0078320_00492289.jpg



※8/2よりレポートに登場 (8/初旬他所からの移送)
▼黒 オス 4-5歳 12-13キロくらい
この日も部屋の一番奥の隅で小さく縮こまっていました。
以前は顔を背けて壁に向かっていることが多かったので
こうして人の動きをきちんと目を背けずに見れるようになったことは
進歩ではないかと思います。
人がこの部屋に入ってくることに馴れてきたのでしょうか。

こちらの部屋に移動してきた当初は、
ずっと人から逃げ回っている時期もありましたが、
その後はこのように縮こまってずっと顔を背けていて、
身体を触ろうとすると「触るな!」と意思表意をして
そうすることで人が自分に触らないのだと学習してしまった
感じがしていました。
f0078320_01594724.jpg

f0078320_02004713.jpg

f0078320_02001554.jpg

ずっと同じ姿勢でいるので、同じような写真ばかりになって
しまいますが、こちらをじっと見ている様子には少し安心します。
黒茶の子がこの子にぴったりと寄り添っても怒ることなく、
茶色の子が後ずさりして誤ってこの子に乗っかってしまっても
「なんだよ~」と声だけは出たものの、攻撃することもなく、
他犬に対してはとても優しく接することが出来る子です。

なかなか身体を触ることが出来ずにいましたが、
少しずつ時間をかけて、人は怖いことをするものじゃないと
教えてあげたいと思います。
f0078320_02071880.jpg

f0078320_02291272.jpg

f0078320_02292275.jpg




※8/2よりレポートに登場 (8/初旬他所からの移送)
▼黒茶 オス 2-3歳? 10キロ前後
唯一、この部屋の中では手からおやつが食べられる子なので
もっともっと人馴れも進んできてもよいはずなのですが、
やはりなかなか毎週この部屋の子たちばかりに時間を取れず
接してあげられる時間が限られてしまうせいか
少し心を開いてきたと思っても、それを持続させることが
とても難しくなっています。
ただ、この子は本当に食いしん坊のようで、おやつにはもう
警戒せずに食べてくれるようにはなっています。
f0078320_02353481.jpg

f0078320_02354196.jpg

f0078320_02364960.jpg

ただ、身体を触ることは出来るものの、
まだまだおっかなびっくりといった感じで
お尻の方からゆっくりと撫でて顔近くの方まで撫でようとすると
かなり緊張してきて、今にも空噛みをしそうな顔になります。

それでも一生懸命声をかけながら、
お口を出さないことを褒めてあげていると、なんとか我慢して
いることは出来ます。
触られたら何かされるのではないかという恐怖感から
ついつい空噛みしようとしてしまうのだと思いますので
口を出さなくていいんだよ、と根気よく伝えていきたいと思います。
おやつで仲良くなれるこの子は
家庭に入ってフードやおやつを手から食べさせてあげることで
警戒心も薄らいでいくのではないかと思います。
f0078320_02440523.jpg

f0078320_02435745.jpg

f0078320_02434795.jpg






レポートは続きます。

by centre_report | 2017-03-24 23:38 | 愛護センターレポート

3/21センターレポート 別室     6頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。


センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) 
ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。


※先週レポートより転用します。


☆あずきちゃん

※28/5/10よりレポート登場(28/4/26収容)
▽茶 メス(不妊手術済) 3歳ぐらい 13-4キロ
E部屋No.5より移動
当初は身体に触れられるだけで悲鳴を上げていあずきちゃんですが
人とのふれあいにもだいぶ慣れてきました。
身体にお肉もついてきて、
やっと歳相応の美しい見た目になってきたと思います。

まだ人の不意な動きには怖がることはありますが
人馴れそのものはさほど問題はないと思います。
家庭に入り、安心して暮らしていける環境であれば
甘えっ子に変身しそうな子です。

f0078320_20302596.jpg
f0078320_20302902.jpg
f0078320_20302022.jpg
f0078320_20304065.jpg






☆ピグちゃん
※12/20よりレポートに登場(12/6収容)
▼白 メス(不妊手術済) 10歳 11.05キロ(太り気味)
飼い主募集中!!No.4655
コロコロしたフォルムで
まるでどこかのご当地ゆるキャラのようなキュートなピグちゃんです。
撮影していると
「そんなとこにいないで早くこっちに来てよ~」と
可愛らしくアピールしてきます。

尻尾に深い傷を負い、尾を失いましたが
今は傷が治癒し、ますます元気になりました。
何事にも悲観的にならず
明るく振る舞うピグちゃんですが
残りの犬生、寄り添って慈しんでくれる
そんな家族がピグちゃんには必要です。
決して若くはないピグちゃんですが
迎え入れてくださる優しい家族が見つかりますように。
f0078320_20395488.jpg
f0078320_20400013.jpg
f0078320_20400920.jpg
f0078320_20401127.jpg
f0078320_18464794.jpg
f0078320_18464399.jpg




☆よもぎちゃん
※2/28よりレポートに登場 (2/17収容)
▽白茶 メス(不妊手術済)3歳ぐらい 12-13キロ

外では少し怖がりなよもぎちゃんです。
ビクビクしていて、人の動きに敏感で
差し出すおやつも食べられたり食べられなかったり。

それが室内だと安心するのか
尻尾ブンブンで喜ぶのだそうです。

もともと気が弱いタイプなのかもしれませんが
家の中では甘えっ子のようですので
安心できる環境でどんどん変化していく可能性もあります。
また引き続きよく観察してきたいと思います。
f0078320_20485710.jpg
f0078320_20490679.jpg
f0078320_20491103.jpg
f0078320_21013950.jpg





☆いっぽくん

※2/7よりレポートに登場 (1/30収容)
▽白黒 オス(去勢済) 2-3歳 11.7キロ

もともとの陽気な性格と
そこに弾ける若さが加わった元気ないっぽくんです。
肢が太く短めで、お顔はどっしり大きく
昔よく見かけた和犬のようでいて
垂れ耳で丸っこい目は洋犬のようでもあり
オンリーワンな風貌をしています。
フレンドリーで人懐っこいので、誰にでも良く懐きそうです。
ハイパーな部分もあるので
しっかりとリードできる飼い主さん募集中です。

f0078320_20560099.jpg
f0078320_20560618.jpg
f0078320_20563960.jpg
f0078320_20564512.jpg




☆リガトーニ

旧子犬舎より移動
※1/31よりレポートに登場 (1/26他抑留所より移送)
▼茶黒白 オス(去勢済)  6歳-8歳 10キロ前後

ビーグルの血が入っている割には落ち着いていてあまり吠える姿は見たことがありません。
ただ食べ物を見ると途端に冷静さをを失ってしまうようで今日もおやつを見た途端
抱っこされていても体をくねくねさせて降りる~降りる~とかなり焦っていました。

f0078320_20010760.jpg
レポートは続きます。


by centre_report | 2017-03-24 23:35 | 愛護センターレポート

3/21センターレポート 譲渡管理室  11頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。


センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です


※写真・文とも先週レポートより転用します。



☆はじめ

※2/21よりレポートに登場(2/13他抑留所より移送)
▽黒柴 オス(去勢済) 9-10歳 8.7キロ
飼い主募集中!!No.4716

周りには賑やかに騒ぐ犬達が多い中
はじめくんは物静かに人が来るのを待っていました。

終始落ち着いていて、飛びついて騒ぐような様子も見られません。

おやつを差し出すと優しく食べました。
もともと落ち着いているのか、静かな環境で育ったのか
とにかく扱いやすい印象を受ける子です。
f0078320_18095940.jpg


f0078320_18100622.jpg

f0078320_18101067.jpg



☆ちょこちゃん


※11/29よりレポートに登場(11/24他抑留所にて引き取り・移送)
▼テリア系MIX 薄茶 メス(不妊手術済) 8-9歳 14.3キロ(太り過ぎ)
飼い主募集中!!No.4634

人が大好きで、人に対して不信感は全く持っていない子です。
おそらく可愛がられて育てられたのではないでしょうか。
声を掛けてもらったり撫でてもらうことが何より好きなようです。
人がそばにいると嬉しくて落ち着きがなくなりますが
家庭に入り、愛情を掛けてもらい満足したら
静かにマイペースに過ごせる子なのでは・・と思います。
シニアですが元気いっぱいですので
沢山構ってあげられる家庭環境が理想的だと思われます。

f0078320_19272659.jpg


f0078320_19273360.jpg


f0078320_19272013.jpg

☆黒じーくん
28/3/29よりレポート登場(28/3/11収容)
▼黒柴MIX オス(去勢済) 9-10歳 14.2キロ
「飼い主募集中!No.4356」
年齢相応の落ち着きのある黒じー君です。
見た目は黒柴そのものですが
同じ黒柴のはじめくんに比べると一回り大きい男の子です。
普段接する時は特に和犬気質のような強さは感じませんが
嫌なことは嫌と主張することもあるそうです。

ただ、黒じーくんの苦手な抱っこを無理やりした時も
身をかわしはするものの、唸ったり怒ったり
ましてや歯を当てようとしてきたことはありません。

他の犬は苦手なようなので一頭飼いが望ましいとのことです。

f0078320_18382245.jpg

f0078320_18382736.jpg


☆新田君(ニッタくん)

※3/29よりレポートに登場
▼濃い茶・黒・胸に少し白 オス(去勢済)2-3歳 
12.6キロ(痩せ過ぎ;適正16キロ)

飼い主募集中!!【要相談】No.4361
若さ弾けるパワフルなニッタくんです。
これぞオンリーワンな風貌で目を引きます。
人には馴れていますが、他の犬は苦手のようで
特に他の子が人に構ってもらっていたり
自分の周りで吠えて騒いだりしていると
一気にヒートアップして怒り出します。
その時に人がそばにいると我を忘れてガウッてしまうこともあるようです。

小さいお子さんがいるご家庭には向きませんので
大人だけの家族構成で、一頭飼いしてくれるお家が望ましく思います。


f0078320_18412157.jpg

f0078320_18412600.jpg

f0078320_18413119.jpg





☆ミールくん

※1/24よりレポートに登場 (1/5他抑留所より移送)
▽白薄茶まだら オス 4-6歳 11.35キロ
飼い主募集中!!No.4690

人馴れはしているものの
あまり身体に触られたりするのは慣れていないような
決して嫌いではないけど~という感じがしていました。
慎重な性格でもある上に、あまりスキンシップをとってもらえるような
環境にはいなかったのかもしれません。

現在はセンターの皆さんに声かけてもらって
構ってもらって、すっかりスキンシップ大好きボーイになりました。

色素が薄く、透明感のある美しい子です。
他犬が苦手とのことなので、一頭で可愛がってくださる方と
巡り合えますように。


f0078320_19021567.jpg

f0078320_19033920.jpg

f0078320_19022449.jpg


☆将馬くん
※11/29よりレポートに登場 (11/16収容)
▽白茶 オス(去勢済み)  8歳ぐらい 8.95キロ

「飼い主募集中!!No.4633」

推定8歳とは思えないほどハツラツとしていて
いつもキラキラな目を輝かせている将馬くんです。

保護前には飢えていた時期もあったのでしょうか。
おやつを食べる時は勢いがあります。

人馴れは特に問題なく
声を掛けてもらったり撫でてもらう事が大好きです。

他の犬とは相性があるため、一頭飼いが望ましいようです。

f0078320_19261484.jpg
f0078320_19260727.jpg
f0078320_19262184.jpg



☆品子ちゃん

※28/2/23よりレポート登場 (28/2/10収容)
▼茶白 メス(不妊手術済) 4歳ぐらい 11.7キロ 13キロ位

「今までの情報はこちら」

怖がりゆえに、柵越しに人を見ると吠えて威嚇しますが
そばに行くと途端に小さくなります。
もう何度も何度も会っていますが
今でもその日によっておやつを手から食べたり食べなかったり。
驚かせないように、品子ちゃんのそばでは
急な動きや大きな声を出さないよう気を付けています。
無理に触れたからといってお口が出るようなことはありませんが
この子の気持ちをくみ取ってまずは不安感を取り除いてあげることに
重きを置き、焦らず見守ってくださる方とのご縁が望ましく思います。

f0078320_19405606.jpg
f0078320_19410824.jpg
f0078320_19411135.jpg






☆マーチン

※8/23よりレポートに登場 (8/15他抑留所からの移送)
茶 オス(去勢済) 6-8歳 11.8キロ 

「飼い主募集中No.4525」

他の子達が吠えて騒いでも
いつも静かに佇んでアピールもさほどしてこないマーチンです。
人と暮らしていくのに何ら問題の見当たらない子です。
穏やかな性格ですので、犬との暮らしの経験が少ない方でも
扱いやすいタイプだと思います。

ただ、他犬は苦手なようなので
一頭飼いがおすすめです。
f0078320_19505388.jpg
f0078320_19510120.jpg
f0078320_19510747.jpg




龍之助

※2/7よりレポートに登場 (1/31他抑留所より移送)
▼ポインター風MIX オス(去勢済み)白・黒・こげ茶 3歳 15.6キロ

「飼い主募集中No.4704」

とても人懐っこくて、活発で
若いパワーに満ち溢れた男の子です。
セッターやポインターのような猟犬の血が入っているのでしょうか。
身体を動かすことが大好きで、ジッとしていることは苦手なようです。

見た目のカッコ良さやお顔の可愛さだけで
深く考えずに迎え入れては決していけない子だと思います。
(もちろんどんな子もそうですが・・・)

ただ無邪気なだけの子と思いきや
一歩先を見て行動する賢さもあります。

きちんと龍之介と向き合う時間が充分に取れる方
良いところを伸ばしていける方
そんな方とのご縁がこの子には必要だと思います。

f0078320_19575489.jpg
f0078320_19581067.jpg
f0078320_19580191.jpg

f0078320_20085373.jpg







☆ファンタジー

※6/21よりレポート登場(6/9収容)
▽濃い茶黒 オス(去勢済) 6ー7歳 20.1キロ(現在はもっと減っていると思います)

とても甘えん坊な男の子で、甘え方が必死で切なくなるほどです。
そばに行って抱きしめると、普通ならすぐに自由にしてほしがるものですが
ファンタジーはいつまでも抱っこされてウットリしています。
犬と深い絆で結ばれたい人にはピッタリの子です。
ぜひ一頭きりで惜しみない愛情を注いであげたい子です。
もちろん身体のどこに触れても嫌がることはありません。
人の手を心底信じて受け入れてくれる子です。

身体は保護当時に比べかなり痩せてしまいました。
どこかに疾患などあるかもしれませんので
ご希望される方には予め覚悟の上迎え入れてほしいと思います。

f0078320_20131278.jpg
f0078320_20132077.jpg
f0078320_20132363.jpg
f0078320_20132930.jpg



☆くまさん

※28/9/6よりレポートに登場 (28/8/29収容)  
▽黒茶 オス(去勢済み) 8-10歳 11.55キロ

「飼い主募集中No.4554」

保護当時はボソボソだった毛もきれいになり
身体つきもしっかりしてきました。
まだまだ痩せてはいますが、若々しくなったように思います。

人懐っこく、構ってもらうことやお散歩が大好きです。

飢えていた時期が過去あったのか
食べ物への執着はすごいです。
おやつの時は手まで食べる勢いです。
ただフードガードのような行動は見受けられません。

f0078320_20202265.jpg
f0078320_20202941.jpg
f0078320_20203783.jpg
f0078320_20204127.jpg


レポートは続きます。


by centre_report | 2017-03-24 21:36 | 愛護センターレポート

3/21センタ-レポート 収容室①   4頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。


センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)




※2/28よりレポートに登場 (2/14収容)
▽茶白 メス 3歳くらい 12-13キロ

この日も出した直後は緊張してましたが
おやつをひと口パクリと食べると
すぐに表情が変わり、楽し気な雰囲気を醸し出していました。
尻尾もピンと上に上がっています。

女の子らしい柔らかい表情で
近寄りがたい雰囲気は微塵も感じられません。

触れられることにはあまり慣れていなのか
もしくはまだ不安があるのか
手を伸ばすと少し身を引きます。

穏やかな性格だからか、まだ環境に慣れていないのか
物静かな印象で、なるべく目立たないように過ごしているかのようです。
まだ若い子なので、時間の経過と共に変わってくる可能性大です。

f0078320_11524722.jpg

f0078320_11525385.jpg

f0078320_11530182.jpg

f0078320_11531353.jpg

f0078320_11530826.jpg

隣にいたメスの犬と安全な距離を保ちながら会わせてみました。

背中の毛を逆立てることもなく
少し鼻をクンクンさせただけで
さほど興味が無いのか、しつこくすることもありませんでした。
f0078320_11534304.jpg



※3/7よりレポートに登場 (3/2他抑留所より移送)
▽柴系雑 オス 56ヵ月 8キロぐらい

一週間の間にさらに成長して
ますます大人びた表情になっていました。
とは言っても歯は抜け替わりの途中で
思いのほか幼い子なのだと改めて気が付かされます。

親犬がいる訳でもなく、そばに人が付いているわけでもないのに
全く動じずに、不安がっているような様子も見られません。

今後の成長が楽しみな子です。

f0078320_11565909.jpg

f0078320_11570464.jpg

f0078320_11571164.jpg

f0078320_11571734.jpg

f0078320_11572277.jpg



※2/21よりレポートに登場(2/8収容)
▽茶黒 オス 7-8ヵ月 8-9キロ

野良の仔犬なのか、人との関わり方はあまり知らないようですが
好奇心はあるようで、人が近づくと
なんだろう?と柵越しに覗きに来るようになったそうです。

ケージから出してもさほどパニックにもならず
すぐに落ち着きました。
尻尾は内股に入ってしまいましたが、極度に怖がっている風でもありません。

手からおやつを食べることができ、食べ物には関心が高く
クンクンと自分から人の手に近づいてくるほどです。

今の柔軟なうちに家庭で人との暮らしを学ばせてあげたい子です。
この日、写真には納めていませんが抱っこもできました。
おやつも手から食べますので、一度変わり始めたら劇的に変化しそうな子です。

f0078320_12005021.jpg

f0078320_12005698.jpg

f0078320_12010215.jpg

f0078320_12011711.jpg

f0078320_12010919.jpg




※3/14よりレポートに登場 (2/13収容)
▽黒 メス 1-2歳 10-11キロ
少々シャイな女の子です。
子犬かと思いましたが、成犬ではあるようです。
この子の捕獲された地域では、良く見られる半野良っ子の一頭と思われますが
他の子よりも落ち着いていて
ロープで引いてもさほど暴れもせずにすぐに小さく固まりました。
触れても全く無抵抗で、お口が出る様子はありません。
恐らく抱っこもできそうです。

手からではありませんが、床に置いたおやつは人が見ている前でも
ちゃんと食べられていました。

美味しい物には目が無いようですので
食べ物をきっかけに近づきやすい子なのかもしれません。
f0078320_12060762.jpg

f0078320_12063285.jpg

f0078320_12061953.jpg

f0078320_12064972.jpg

f0078320_12064222.jpg

レポートは続きます。


by centre_report | 2017-03-23 15:07 | 愛護センターレポート

3/21センターレポート 旧子犬舎   9頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。



※1-1に移ってきた2頭以外は先週レポートより転用しています。


センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。



お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。




<1-1> 2頭

※収容室②より移動
※11/22よりレポートに登場(11/10収容)
▽茶 オス 3ー4歳 15-6キロ (左耳先欠損)

今までよりも少し動き回れる環境に移動となりました。
身体の大きい2頭なので、これで少しリラックスできるでしょう。

血縁関係のある2頭のうち、少しお兄さんなこの子は
緊張しながらも、尻尾をチロチロと振って
少しほふく前進して近づいてくれました。

おやつをもらえることをちゃんとわかっているようです。

こちらの2頭は少し強引に触れたとしても
お口が出る様子は見受けられません。
身体や顔周りに触れても怒ることはなく
静かに手を受け入れてくれます。
f0078320_12122279.jpg


f0078320_12124338.jpg




※収容室②より移動
※11/29よりレポートに登場 (11/15収容)
▽茶 オス 2ー3歳 17-18キロ

収容室ステンレスケージにいた時も
この子の方が少し頑なところがありましたが

こちらへ移動してきても、やはりというか
端っこに固まって殆ど動くことはありませんでした。
しかしながら逃げ回るような様子も見られません。
震えてビビりションしていた頃に比べると
かなり進歩していると思います。

傍に来る人は自分のとってさほど害がない・・。
そんな風に学んだのかもしれません。

身体や顔周りに触れても威嚇や唸りなどはなく
ただジッと耐えている。そんな様子です。

f0078320_12123026.jpg


f0078320_12124961.jpg


f0078320_12125536.jpg



<1-2> 3頭

f0078320_00462298.jpg


※2/28よりレポートに登場(2/20他抑留所より移送)
▽茶黒 オス 3~5歳 1歳前後 10キロぐらい
とても目力のあり、良い面構えの男の子です。
目の周りに太いアイラインがあるからそう見えるのかもしれませんが、
気が強いということはなさそうです。
この部屋にいる他の2頭より少し小ぶりです。
少し臆病ではありますが、身体を触ることもできますし
おやつも手から食べてくれました。
身体に似合わずしっかりと太くて大きな手が印象的です。
まだ幼い子のようですので、一日も早く家庭に入って
人との生活をさせてあげたいです。
f0078320_00580497.jpg

f0078320_00574594.jpg

f0078320_00581336.jpg


こちらが立ったまま近づくと少し怖いようなので
座った状態で近づくとそれほど警戒はしていないようでした。
吠えることもありませんでしたし、
一緒にいる子たちとも仲良くやっているようでしたので
他犬との相性も問題ないのではないかと思われます。
大きさ的にも集合住宅でも飼育可能な子だと思います。

まだ臆病なところはありますが、
人との生活をしていく中で
人馴れもそれほど時間がかからないように思いました。
f0078320_01092547.jpg

f0078320_01172595.jpg

f0078320_01173525.jpg





※2016/4/5よりレポートに登場 (3/24収容)
▼茶 オス 2-3歳 13-4キロ
部屋に入ると奥の壁にぺったりと張り付いたままで
そこから動くことはありませんでした。
しかしながら、身体を触っても抵抗することもなく
人の手は受け入れてくれるようでした。
じっとしているままでも、おやつは口元まで持っていけば
食べることが出来ました。

もう少しビビリ度が高いままなのかと思っていましたが
この日見た限りではそれほどでもないかもしれないと思いました。
f0078320_01280480.jpg

f0078320_01281346.jpg

f0078320_01290248.jpg


太もものあたりに冬毛?が飛びだしているところを
ゆっくりと抜いてあげていても嫌がらずに大人しくしていました。

私は旧子犬舎に入ったのは久しぶりだったのですが、
この子は始めの頃は顔を隠して縮こまっていた印象があったので
私たちが入ってきても顔をあげてこちらを見ていたのを見て
少しずつなのかもしれませんが、
人と接することに馴れてきたのだなと思いました。
この子ももうすぐ1年を迎えてしまいます。
収容当初よりも身体も一回り大きくなっていて
今は13、4キロほどにはなっていそうな感じがしました。
この子にも優しい手が差し伸べられますように。
f0078320_01364949.jpg

f0078320_01365991.jpg

f0078320_01370952.jpg





※2016/4/15よりレポートに登場 (3/25収容)
▼茶黒 オス(去勢済) 1-2歳 5-6歳 12キロ前後 脱肛手術済
こちらの子も1年を迎えようとしています。
以前は人が怖くて部屋に入ると
それだけでビビリうんちが出てしまっていましたが、
今は大分落ち着いてきたように思います。
それでもまだ手からおやつは食べられません。

この日、口元におやつを差し込んであげたら
されるがままで口からおやつが出た状態でしたが
しばらくすると口を動かしてモグモグと
私たちがいる前でもおやつを食べていました。
f0078320_01495776.jpg

f0078320_01491873.jpg

f0078320_01493576.jpg

とても幼い表情は相変わらずで、
優しさが伝わってくるようなかわいい子です。
脱腸の手術もしてもらっていますので
一日も早く個別にケアできる環境に入れてあげたいと願うばかりです。
単なる臆病なだけではなく、元々の性格が穏やかな子だと思います。
オス同士でいるこの部屋でも諍いを起こすこともなく
他犬との相性も問題ないと思います。
f0078320_02000278.jpg

f0078320_02001578.jpg

f0078320_02002483.jpg




<1-3> 2頭


※12/20よりレポートに登場 (12/8収容)
▼メス 茶黒 1-2歳 10キロ未満
部屋を開けるとどうしていいかわからなくなって
思わず部屋を飛び出してしまった・・といった感じでした。
開けたドアの後に隠れていましたが
近くに大きなポリバケツがあって、それがガードになって
私たちが近寄れないことがわかると
こちらをじっと見ていました。
臆病な子なのだとは思いますが、この子の意思の強さを感じる瞳に
とても魅力を感じました。
決して頑固ということではありません。
f0078320_00231387.jpg


f0078320_00232682.jpg


f0078320_00234290.jpg


ここから部屋に戻るように、ドアを動かして促すと
バタバタっと部屋の中に戻ってきました。
ドアを閉めて撮影しようとすると、部屋の隅っこで固まり
何すんだよ~~と言っているかのようなお顔で
こちらをじっと見ていました。
ゆっくりと近づけば身体を触ることも問題ありませんし、
おやつも手から食べることも出来ます。
まだ若い子ですので、もっと人を怖がるようになってしまう前に
人との生活を教えてあげたいと思いました。
f0078320_00330975.jpg


f0078320_00332386.jpg


f0078320_00333243.jpg





※8/2よりレポートに登場
▼薄茶 メス  2ー4歳? 11-12キロ
いつも部屋の隅でじっとしている子なのですが、
部屋を開けると一目散に外に飛び出していって
旧子犬舎の廊下の奥に置いてある棚の下に潜り込むのが
いつもの光景です。

臆病な子は狭いところが好きですが、
この子も同様で、棚の下の狭くて暗いスペースが落ち着くのでしょう。
人が怖くて仕方がない、というほどではないように思いますが
人が近くに来たら、そこが一番安心できる場所なのだと思います。
以前は人に飼われていたことのあるこの子が
これだけ人を避けるようになってしまったのは
一体どんな接し方をしていたのだろう?と
首をかしげたくなってしまいます。
f0078320_00462580.jpg


f0078320_00464106.jpg


f0078320_00464975.jpg


近くに置いてあったポリバケツをどかして
部屋に入るように誘導しました。
またいつもの定位置で丸まっていましたが、
この子も外に出られないのがわかれば
その場でじっとこちらの様子を伺っています。

驚かさないように座ったままの状態でゆっくりと近づき
おやつをあげてみましたが、手からは食べられませんでした。
先週は手から食べることが出来ていたようですので、
久しぶりに会った私には少し警戒していたのかもしれません。
でも、置いてあげると食べることはできました。
身体を触ろうとすると最初は空噛みしようとしますが、
大丈夫大丈夫、怖いことなんて何もしてないよ、と
一生懸命声をかけながらゆっくりと触ってあげると
少しですが触らせてくれました。
f0078320_01032606.jpg


f0078320_01035529.jpg


f0078320_01042677.jpg







<1-4> 2頭

f0078320_01052709.jpg



※2016/2/16よりレポートに登場 (2/1収容)
▼黒白 メス 3ー5歳?7-8歳? 13-14キロ
旧子犬舎に入る前、いつものように中からしきりに吠えている
この子の声が聞こえてきました。
一時期、この子と同室だった子でもっと騒ぐ子がいた時には
嘘のように大人しくなっていましたが、
今同室の子はとてもおとなしい子なので
またこの子が騒ぐようになってきていました。
でもそれも、人が部屋の外にいる時限定です。
私たちが部屋に入ると鳴き声はピタッと止まり、
神妙なお顔になる、そのギャップがいつもおもしろいです。
とても綺麗な顔立ちをしていて、
見た目はボーダーコリーのようです。
この子もここでの生活が1年を過ぎてしまいました。
f0078320_01292305.jpg


f0078320_01293866.jpg


f0078320_01295985.jpg


一転、部屋の外に出てくると開放感があるのか、
かわいい笑顔も見せてくてました。
おやつも手から食べられますし、少し慎重な子ではありますが
ビビリ度は重症ではないと思います。
ただ、まだ人を信用しきれていない、という段階のように感じます。

おやつを食べている時に気がついたのですが、
口からぽろぽろとこぼすことがあり、
もしかして歯がないのかもしれないね?と
メンバーとこの子が動かす口元をじっと見ていたところ
下の歯がほとんどないように見えました。
なかなかこの子に触ることが出来ないので
お口の中まで確認することが出来ませんが、
やはりシニアの域に入っているのかもしれません。
f0078320_01370509.jpg


f0078320_01371762.jpg


f0078320_01384049.jpg





※8/9よりレポートに登場 (7/27収容)
▼白黒 メス 3-4歳 10ー11キロ
まるで自分がいることを知られないようにしているのか、
部屋のドアを開ける前は、ドアのすぐ目の前で伏せています。
ドアの窓から覗くと一瞬この子はいないのかと思ってしまいます。

ドアを開けると部屋の奥にサササッと移動して
顔を隠して部屋の壁にくっついてしまいます。
こちらがちょっと動くと、すごい勢いで外に飛び出していきます。
人との距離をある程度とれると少し安心するのか
ずっとこちらの様子を伺っているようでした。
まだ、人に何をされるのかわからず、
とにかく距離をおきたいということなのでしょうか。
f0078320_01503675.jpg


f0078320_01500086.jpg


f0078320_01502269.jpg


人との接し方がわからないだけなのではないでしょうか。
旧子犬舎の廊下の端っこにいる時にゆっくり近づくと
警戒したお顔でこちらをじっと見つめているものの、
その場に留まっていることはできて
身体を触ったりお顔を触ったりすることもできます。
この日は抱っこはしませんでしたが、
抱っこされてもおとなしくしていることができる子です。
まだまだ若いこの子には、人の優しさをもっと感じることができるよう
一日も早くご家族の一員として迎えてもらえるように
願うばかりです。
f0078320_02001854.jpg


f0078320_02003812.jpg


f0078320_02005125.jpg


f0078320_02005906.jpg







レポートは続きます。





by centre_report | 2017-03-23 12:14 | 愛護センターレポート

3/21センターレポート E部屋    7頭

メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
(譲渡希望は、関東限定となります)


先週レポートより転用します。



<E-2>

☆あぐちゃん
※10/4よりレポートに登場(6/13他抑留所からの移送)
▼薄茶足先白 メス 3-4歳 7-8キロ
f0078320_14191061.jpg

f0078320_14193393.jpg

f0078320_14213072.jpg

f0078320_1420783.jpg

f0078320_14202512.jpg

人が部屋に入って来ると、早くケージから出して欲しくて、
早く人の側に行きたくて、
この日も、皆に負けじと吠えて猛アピールして来ました。
ケージの扉を開けてあげると、もう嬉しくて待ちきれません。

この子が落ち着かないのはここまでで、
出た瞬間から、人を独占できた喜びで、
一気に大人しくなります。
人が好きで人の側にいることで安心する子には、
今の生活はどれだけ寂しいことでしょう。

一時、激痩せして心配しましたが、
今はお肉がつき始め、痩せ気味程度の身体になってきました。
今もまだ食べ物に執着心があり、
オヤツを見せると甘々ちゃんから変貌して、
こちらの手まで食べる勢いは相変わらずです。

脱毛も相変わらずで気になります。

他犬に対してはヤキモチから来るものなのか、
接触には充分注意が必要で
一頭飼いをオススメします。

自分がケージの外にいれば、さほど他犬を意識しませんから、
散歩時も他犬と距離をとってあげるだけで
上手に回避も出来るのではと思います。

それさえクリアー出来る環境であるなら、
しっかり人の顔を見て話を聞ける子ですし、
逆に何か言ってもらいたくて待っているほどの子ですから、
一緒に生活する上で問題はないように感じます。

**以前のレポートで抱っこが苦手だと書かれていました。

一日も早く大好きな人の側で生活をさせてあげたい、
精神的にも安定した日々を過ごさせてあげたいと、
訪問の度に願っています。





<E-3>

※2/7よりレポートに登場 (11/21収容)
▽白茶 オス 7-8歳 12キロ程度(適正14-15キロ)
f0078320_143379.jpg

f0078320_14332757.jpg

f0078320_14334894.jpg

f0078320_1434742.jpg

f0078320_14343221.jpg

イタズラっぽく、ヤンチャな雰囲気のある子ですが、
ケージから出してみると意外と落ち着いた子です。

何か言って欲しいのか、人の顔をジッと見ていることが多いです。

**↓以前のレポートより
当初はフードガードのような様子が見られたそうですが、
その後問題なしということが分かりました。
痩せ過ぎの身体からもわかるように
放浪していた時にかなり飢えていた時期があったのかもしれません。
**


環境が変われば、生きていくための知恵も備わって当然。
今はその必要がないことをちゃんと理解したのかもしれません。
この日もその様な行動は見受けられませんでした。
オヤツを見せたら、落ち着いてお座りをして、
こちらの指示を待つことができました。

以前は抱っこを嫌がったようですが、
今回は問題なく出来ましたので、
とても理解力のある子かもしれません。

残りの半生は、もう何も心配せずに生活をさせてあげて欲しい。
穏やかな時間を共有してくださる方の目にとまりますよう祈ります。




<E-4>

☆八右衛門(はちえもん)
※1/10よりレポートに登場 (12/26収容)
▽白 オス(去勢手術済) 3-4歳 13.45キロ
f0078320_16312864.jpg

f0078320_16314375.jpg
凄い貫禄でケージから出て来ましたが、
この子を知ると、どんな姿も笑えてしまいます。
この面構えが損なのか得なのか。。。
本当に見ていて飽きない子です。




f0078320_16332095.jpg

f0078320_16334252.jpg

f0078320_16341248.jpg
一瞬にして、この表情です。
人が大好きで甘えん坊という、
見た目とのギャップが凄い子です。




f0078320_16362996.jpg

f0078320_16364759.jpg
そして抱っこをすると、
一気にしおらしくなる「はちえもん」は、
愛されキャラ間違いなしだと思います。




f0078320_16371151.jpg


他犬を意識する様子も今のところなく、
穏やかな強面の「はちえもん」君です。


**以前のレポートより**
以前はB部屋にいましたが、同室のおもちとの相性が良くなく、
こちらの部屋に移動になりました。
一度見たら決して忘れないツンと上を向いたお鼻がチャーミングな
ちょっと強面の男の子です。
見た目では気が強そうに見えますが、そんなことは全くなく、
ケージの外に出してあげると嬉しくてたまらない様子で
クネクネとしながら匍匐前進のような格好で皆に甘えていました。
どうしていいかわからない感じでずっと落ち着かなかったので
抱きあげてみたところ、落ち着いて抱っこされていました。

顔には無数の傷のようなものがあり、他犬とは相性があるのかもしれませんが
人に対しては全く攻撃的なところはありません。
とにかく人に甘えたくて仕方がないようです。
以前はかわいがられていたのではないでしょうか。
こんなに人を信用している子を探してあげないというのは
本当に理解に苦しみます。
まだまだ若いこの子にも第二の犬生を送らせてあげたいです。
ブサかわのはちえもんにもどうか暖かい手が差し伸べられますように。



<E-5>

※3/14レポート登場(3/2引き取り収容)
▽薄茶 メス 2歳ぐらい 9-10キロ 

飼い主の一方的な都合でセンターに持ち込まれたようです。
人懐っこく、無邪気な女の子ですが
生活が一変してしまって、明らかに戸惑っているようでした。

小さな体に似つかわしくない大きく重い首輪を付けていました。
小ぶりな子ですが、適正体重は+1-2キロと言った感じです。

まだ2歳くらいと若いので、まだまだこれから沢山の可能性があります。
第二の犬生は安心して楽しく暮らせる環境に恵まれますように。

f0078320_23142500.jpg

f0078320_23143055.jpg
f0078320_23145086.jpg
f0078320_23145691.jpg
f0078320_23162088.jpg



<E-6>

※2/14よりレポート登場(2/2他抑留所より移送)
▽白薄茶・左目周り茶ブチ メス 3歳くらい 16-17キロ
f0078320_1644071.jpg

f0078320_16441753.jpg

f0078320_16443523.jpg

f0078320_1644526.jpg

f0078320_16451147.jpg
まだ臆病さんではありますが、
今回は、自分のケージの前に他犬が来たら、
勢いよく吠えていました。
少しずつ自分を出せる余裕も出て来たのかと思います。
先週のように震える様子もありませんでした。

つぶらな目が少し垂れ気味のせいか、
悲壮感たっぷりで悲しげですが、
垂れ下がるお乳を見ると、何度も出産しては、
子供を守って来た強い母の姿も想像でき、
頑張って来たんだなとジィーンと来るものがありました。

見た目ではヒョロヒョロとした感じを受けましたが、
抱くとしっかりとした骨格で、ずっしり感じました。

これからは、
もう独りで頑張らなくても、
守ってもらえる優しい家族の一員にしてあげたいと、
心からそう願ってやみません。





<E-7>


※1/31よりレポート登場 (1/5他抑留所より移送)
▽黒茶長毛 オス 2-3歳 12-13キロ
f0078320_1721944.jpg

f0078320_1723533.jpg

f0078320_1725012.jpg

f0078320_173585.jpg

f0078320_1732126.jpg

f0078320_1733887.jpg
ぬいぐるみのようでもあり。
パピーのようでもある可愛い姿の男の子です。

静かに自分の番が来るのを、
ジッと待っていました。
自分の番とわかると、前に出て来たものの、
いざ出入り口を開けたら、暫く考えてからやっと出て来てくれました。
とても慎重で、一生懸命に考えているような様子でした。

元々穏やかなのか、緊張のせいなのか、
とても落ち着きのある子です。

人の手からオヤツも食べられますが、
その食べ方はとても優しいです。

抱っこも問題なくでき、暴れることもありません。
首輪もしていますし、抱っこの経験もある子ですから、
間違いなく人と生活をしていた子です。
そんな子が家族と離れ今ここに居ることを、
理解できるわけがありません。
まだ不安があってもおかしくはないでしょう。

表情もまだ硬いですが、
慣れてくれたら、もっともっと可愛らしい子になると思います。
それもそう時間はかからないように感じます。

***以前のレポートより
移送当時は怯えもあってか、威嚇するそぶりも見せていたようですが
さほど怖くはないとすぐ理解したようで
私たちが見る頃には、少し緊張する程度になっていました。***


今度こそは、
この子を絶対に裏切ることのないおうちの子にして、
安心させてあげたいです。




<プール内>

※2/28よりレポートに登場(2/20他抑留所より移送)
▽薄茶 メス 8歳くらい 6-7キロ

f0078320_19285643.jpg
f0078320_19290419.jpg

f0078320_1753798.jpg

f0078320_176928.jpg

f0078320_1755296.jpg

f0078320_176251.jpg
シニアとは思えないほど、
他の子を観察している間中、
プール内をしきりに動き周り、
ずっと吠えていました。
とっても元気なお婆ちゃんです。

要求吠えというよりは、
何かを訴えている?文句を言っているようにも感じました。

出してあげたら動きは止まりましたが、
やっぱり何か訴えているかのような吠えは、
その後もずっと続きました。





f0078320_1764679.jpg

f0078320_1794121.jpg
抱いたら、安心したのか落ち着きました。
こんな可愛いお顔をした子でした。

この様子からも、この子にも長年家族が居たはずなんです。
この年齢になって家族から離れセンターでの生活を強いられたのですから、
何か言いたくて、吠えているように感じてならないんです。






f0078320_1771464.jpg

f0078320_1773362.jpg
プール内に戻すと、また吠えだしました。

きっと生活が落ち着けば、
吠える必要がないことを理解してくれるのではと、
この子を信じて、第二の犬生を共に歩んでくださる方の目にとまりますよう、
切に切に祈ります。





レポートは続きます。
by centre_report | 2017-03-23 11:52 | 愛護センターレポート