ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


<   2017年 02月 ( 44 )   > この月の画像一覧

1/31センターレポート D部屋     4頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。




センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。



お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)






※12/28よりレポートに登場 (12/12他抑留所より移送)
∇白 メス 3-4歳 10-11キロ
この子はいつも他の子を頼るような素振りがなく、
一人で行動することが多いです。
その様子を見ても、この子はまだ少し怖がっているところはあるものの、
そこまで臆病な子ではないように思います。
おやつにも興味を示して寄ってきます。
身体を触ろうとすると逃げてしまいますが、
いや~~ん、という感じで怖くて逃げ回っているという感じではありません。
置いてあげたおやつはすぐに食べることが出来ます。
f0078320_00373047.jpg
f0078320_00370162.jpg
f0078320_00370171.jpg
人のことを見つめる目も、おどおどしているようではありませんので
家庭に入ってしまえばきっと人馴れは進んでいくと思います。
今はこうしてフリーになっている環境で、
ビビリちゃんが多いこの部屋の中ではなかなか人馴れも進みません。
ゆっくり近づいて撫でてあげてもお口が出るようなこともありません。
人の手は怖くないというのはわかりつつあると思います。
一日も早く人と一緒に生活する中で、この子の良さを引き出してくださる
ご家族に是非迎えて欲しいと思います。
f0078320_00373022.jpg
f0078320_00374775.jpg
f0078320_00390561.jpg
(先週レポートより)





※5/10よりレポートに登場(4/19収容)
▼黒・茶混じり・白×足先黒斑点 メス 2歳前後 14-15キロ
とても好奇心旺盛な女の子です。
人に興味はあるものの、人とどう接していいのかわからない
といった感じに見えます。
この子の近くに座って他の子の撮影をしていると、
カメラにも興味津々に近づいてきたりするので
ちょっと手を出すと今度は驚いて後ずさりしたり、と
忙しく動き回っています。
おやつには反応するので自分から近寄ってきます。
おやつで上手に仲良くすることが出来そうです。
f0078320_12231375.jpg
f0078320_12223815.jpg
f0078320_12231479.jpg
それでも今回は少し時間をかけてこの子に接してみました。
今まではツンツンとつついたりしながら
この子の反応をおもしろおかしく見ていたのですが、
今回はこの子がそばに来た時にゆっくりと話しかけながら
ゆっくりと身体を撫でてあげると、
今までのように後ずさりしたり、逃げようとすることもなく
しばらくじっとしたままで身体を撫でさせてくれました。
ついついこの子の反応がおもしろいので
こちらからちょっかいを出すことが多かったのですが
やはりゆっくりと時間をかけて向き合ってあげれば
もっともっと人を信用することが出来るようになるんだなぁと
つくづく感じました。
やはり触れ合いの時間は大事です。
f0078320_12223871.jpg
f0078320_12234305.jpg
f0078320_12234330.jpg




※10/25よりレポートに登場(10/18引取収容)
▼白×少しベージュ メス 4歳 10キロくらい
いつも横たわったままの姿ばかりの写真になってしまいますが、
この子は本当に私たちが部屋に入るとこの状態で
そこから全く動くことがありません。
それでも身体のどこを触っても嫌がることもなく人の手を受け入れてくれます。
この日、この子を起き上がらせてみたくて何度か試みようとしたのですが
一番奥に陣取っている茶色の子の下になってしまっていて、
この子を引っ張り出そうとすると茶色の子が唸って空噛みしてくるため
断念しました。
f0078320_12354131.jpg
f0078320_12354048.jpg
f0078320_12350978.jpg
他の子に乗っかられていても嫌がるどころか
逆に少し安心といった表情は見ていて切ないです。
触っても抵抗することもありませんし、お口が出ることもありませんので
もう少し他の子から離れている時に、
今度こそこの子を抱き起こしてみて様子を見てみたいと思います。
f0078320_12361032.jpg
f0078320_12372809.jpg
(先週レポートより)





※2016/2/9よりレポートに登場(2016/1/28収容)
▼茶 メス 2-3歳 11キロくらい
この子が収容されてから1年が経過してしまいました。
最初はとにかく目があっただけでも大きな声で唸り、
「こっちに来るな!」とはっきりと意思表示していた子ですが、
1年経過してその唸り声は段々と小さくなってきています。
すぐ近くまで寄っていくことも出来ますが、
やはり身体を撫でようと手を出すと空噛みをしますが
それも何をされるかわからないという恐怖感からくる自己防衛です。
決してこの子に「噛む」という行為はさせたくありませんので
とにかく時間をかけてあげないといけないと思います。
1年という期間の中で、この子にどれだけ接してあげる時間をとってきたか
それを考えると、この子の警告に怯んでしまっていたことを
本当に反省しています。
f0078320_12523572.jpg
f0078320_12520501.jpg
f0078320_12520429.jpg
それでもこの子はまだまだ若い子です。
じっくりと毎回時間をかけてあげて、
唸る必要はないんだよ、何も怖いことはしないんだよ、と
根気よく教えてあげないといけないと思います。
今回撮影した写真のこの子の目つきを見てみると
やはり収容当初の頃に比べれば、かなり優しい目になってきていると思いました。
こちら人間側がこの子を怖いと思ってしまえば
それはこの子にも伝わりますし、
この子はそれ以上に怖い思いを抱えているのです。
せっかく残してもらえた命です。
なんとか未来の飼い主さんに繋げてあげられるように
これからもっともっとこの子に接する時間を作ろうと思いました。
f0078320_12530585.jpg
f0078320_12523501.jpg
f0078320_12530599.jpg





レポートは続きます。





by centre_report | 2017-02-02 00:51 | 愛護センターレポート

1/31センターレポート 別室      1頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。



引き続き、センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。
お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)






☆ピグちゃん

※12/20よりレポートに登場(12/6収容)
▼白 メス 10歳以上 10-11キロ(太り気味)
ひと月ほど前、尻尾に酷い怪我を負ってしまったため縫ったのですが
その傷口が開いてしまい、引き続き別室にて治療中です。
傷も気になることと思い、ここ数週間撮影を控えていました。
この日は落ち着いているようでしたので、クレートから出てきてもらいました。

以前、E部屋にいた時と変わらずおっとりした表情で、
尻尾の傷も気にしていないようでしたが、
まるで断尾したコーギーのような尻尾になってしまっていました。
相当痛かったものと思いますが、それほど大騒ぎすることもなく
おとなしく治療させてくれていたそうです。
f0078320_00072381.jpg

f0078320_00072262.jpg

f0078320_00072363.jpg

シニアの落ち着きなのか、元々のこの子の性格もあるのかもしれませんが、
とても穏やかなおばぁちゃんです。
抱っこも大人しくさせてくれましたし、
人馴れも全く問題ありません。
とても甘えん坊ですし、ゆったりと犬との生活を楽しみたい方には
ぴったりな子だと思います。
ちょっとぽっちゃり気味ではありますが、小さめな子ですし、
今も以前もこの子が吠えている姿は見たことがありませんので、
集合住宅などでも飼育可能かと思います。
まだまだこの子の犬生も長くあると思います。
シニアの魅力たっぷりなこの子にも是非目を向けてあげてください。
f0078320_00074814.jpg

f0078320_00074863.jpg

f0078320_00074976.jpg





レポートは続きます。





by centre_report | 2017-02-02 00:17 | 愛護センターレポート

1/31センターレポート A部屋     6頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。




センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。



お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田
★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)







No.I

※12/13よりレポートに登場 (飼い主より引き取り)
∇チョコラブ オス 10歳 20キロ程度
数週間続けて以前のレポート転載で紹介していましたが、
この子は既にシニアの域に入っているにも関わらず、とてもハイパーで
なかなか撮影することが出来ずにいました。

今回も同様にケージから出てくると嬉しくなりすぎてしまって
ウロウロと動き回るだけでなく、
目の前にあるものをなんでもカプカプと噛もうとします。
それは決して人に対する攻撃的なものではなく、
子犬の頃から甘噛みの加減を教えられないまま大人になってしまった、
そんなように見えます。
f0078320_21163068.jpg
f0078320_21162932.jpg
f0078320_21163009.jpg
おそらく十分な運動もさせてもらえていなかったのだと思います。
そうでなくても今までの生活とは一辺してしまっているはずですので、
ストレスがかかっていると思われます。
その状態で大人しくさせようとするのには無理があるように思えます。
一日2回、1~2時間くらいお散歩して十分運動させることで
この子のストレスも軽減され、もう少し落ち着けるのではないかと思います。
人馴れしている子なので、なんとかこの子のストレスを減らしてあげたい、
ただただ、そう願うばかりです。
f0078320_21165396.jpg
f0078320_21165383.jpg
f0078320_21165267.jpg




No.II
☆タナカくん

※7/19よりレポートに登場(7/6収容)
▽黒茶 オス 4-5歳 11-2キロ
相変わらず大人しく自分の順番を待っていました。
大きな目でじっとこちらを見つめられると
ギュッと抱きしめてあげたくなるようなかわいい男の子です。
人に対しては本当に従順で、こちらの言うこともしっかり伝わります。
お座りも出来ますし、待ても出来ます。
ケージから出してあげる時も、ちゃんとロープをかけられるのを待って
落ち着いて外に出てきますし、戻る時にも自分でケージに入って行きます。
本当にとても聞き分けの良い子です。
f0078320_21242030.jpg
f0078320_21242037.jpg
f0078320_21242024.jpg

これほどいい子なのですが、毎回ご紹介していますように
他犬との相性に問題があります。
今までそこまでひどく興奮して吠え掛かる姿を見たことがなかったのですが
今日はこの部屋に最近新しく入って来た子の撮影中に
まるで違う犬なんじゃないかと思うくらいにケージの中から威嚇して
吠え掛かる姿を見ました。
ということは、どの犬に対してもそうなるわけではなく相性はあるものの、
やはり一頭飼いで人に甘えさせてあげられる環境が
タナカくんにとっては幸せなのではないでしょうか。

人に対しての攻撃性は皆無ですので、
是非タナカくんだけをかわいがってくださるご家庭に迎えていただいて
穏やかに暮らせる環境においてあげたいと思います。
f0078320_21243766.jpg
f0078320_21243882.jpg
f0078320_21243984.jpg




No.IV

※9/6よりレポートに登場 (引取)
▽茶白 オス 5-6歳 17ー18キロ
とても元気一杯な男の子です。
相変わらず痩せていますが、それを感じさせないほど元気一杯に
部屋の中ウロウロと動き回ります。
人は大好きなようで、構って欲しくてたまらない、という様子が
この子の動きで十分伝わってきます。
遊ぼう!遊ぼう!と誘う姿は本当にかわいいです。
f0078320_21382465.jpg
f0078320_21382543.jpg
f0078320_21382521.jpg
食べても食べてもなかなか身にならないので、
常にお腹がすいているような状態なのだと思います。
おやつを見つけるとぴょんぴょん飛び上がり、
ちょうだい!ちょうだい!と要求してきますが、
それでも今回はお座りもほんの少し、待てもほんの少し
することが出来ました。
きっと栄養状態がよくなれば、きちんとお座りや待ても
出来る子なのだと思います。
人に飼われていた子ですし、とても甘えん坊なこの子にも
一日も早く家庭に入って個別にケアしてあげられたら
もっと落ち着きも出てくるのではないでしょうか。
f0078320_21384430.jpg
f0078320_21384446.jpg
f0078320_21384445.jpg




No.VI

※9/27よりレポートに登場(9/15 他抑留所より移送)
▽茶 オス 5-6歳 現在15-6キロ、適正は23-4キロ?
本当にこの子も↑の子と同様に、
なかなか太ることが出来ません。
センターの方々も気にして下さっており、いろいろと対応してくださっていますが
やはり早く個別にケアしてあげられる環境が必要だと思います。
しかしながら、この子も全く気にする様子もなく元気一杯です。
この子もとても聞き分けの良い子で、人の声が届いているようです。
ケージの中でも入口でお座りして待っていたりすることもあります。
f0078320_21482197.jpg
f0078320_23205318.jpg
f0078320_21482281.jpg
とても甘えん坊で、撫でてあげているとすぐにお腹を見せてきます。
大きな体格でクールな印象もあるこの子のこの姿は
とてもギャップがあり、そこもまた愛おしく感じてしまいます。
人馴れも全く問題ありませんし、これで適正体重に近づけば
とても立派な男の子になって目を惹く子になると思います。
もうすぐここでの生活も5ヶ月を迎えようとしています。
一日も早くこの子にも暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_21485459.jpg
f0078320_21485531.jpg
f0078320_23205464.jpg




No.VII

※1/10よりレポート登場 (1/5他抑留所より移送)
▽オス 茶(長毛) 3歳前後 11キロ程
こちらの部屋に入ると甲高い声で呼んでいるこの子が一際目立ちます。
ケージの中にいる時はずっと騒いでいますが、
外に出てくれば吠えることは全くなくなります。
ケージやクレートに入るという経験がなかったのか、
もしくは何か嫌な思い出があるのか、単純に人恋しいだけなのかもしれません。
外に出てくるととても元気よく動き回りますが、
ベタベタと人に甘えてくるという感じではありません。
この日初めて抱っこしてみましたが、全く問題なく、
逆に抱かれ馴れているように思えました。
f0078320_23264048.jpg
f0078320_23261060.jpg
f0078320_23260998.jpg
甘えん坊という感じまではありませんが、人馴れは問題ありません。
身体のどこを触っても嫌がることもありません。
今日もおやつを見せてみましたが、やはりかなり顔の近くに持っていかないと
おやつの存在に気づかないようでした。
ケージの中にいる時も、入口のガラスの方に近づくよりも、
光の入る上の方をしきりに気にして上に飛び上がる様子も見えました。
やはり少し視力が弱いような気がします。
f0078320_23271011.jpg
f0078320_23270990.jpg
f0078320_23283882.jpg
       (先週レポートより)





No.VIII

☆先週レポートより転載します。
※1/17よりレポート登場(12/27収容)
▽ベージュ オス 2-3歳 8-9キロ(適正11キロくらい)
先週は子犬舎にいました。
まだ若い子なのにとても落ち着きがあり、
穏やかな男の子という印象です。
先週子犬舎にいる時には震えていた場面もあったようですが、
今日は特にそういったことはなく、大分落ち着いてきたように思います。
人馴れも問題ありませんし、とても飼い易い子ではないでしょうか。
体格も小さめですが、まだまだ痩せていますので
もう少しお肉をつけたいところです。
外に出してあげる順番が一番最後になってしまいましたが、
吠えることもなく、大人しくケージの中で待っていました。
f0078320_23494176.jpg
f0078320_23502053.jpg
f0078320_23505714.jpg
f0078320_23513942.jpg
少し身体を撫でていてあげるとすぐにお腹を見せて転がり、
敵意は全くありませんよ~と言っているかのようでした。
抱っこもおとなしくさせてくれました。
女の子かと思うくらい「おしとやか」という言葉がぴったりくるような
ほんわかした男の子です。
お座りもできます。人にベタベタとしつこく甘えてくるタイプでは
ありませんが、人と一緒にいるのは嬉しそうにしています。
まだ甘え方がよくわからないだけで、
馴れてきたらベタベタの甘えん坊になりそうな感じがします。
f0078320_23525990.jpg
f0078320_23531189.jpg
f0078320_23533222.jpg





レポートは続きます。



by centre_report | 2017-02-01 23:13 | 愛護センターレポート

1/31 センターレポート B部屋3頭 C部屋2頭

メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。


今週も、センターで譲渡先預かり先を募集している子たちを紹介します。
お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)




【B部屋】 3頭



☆おもち

※10/4よりレポートに登場 (6/24引き取り)
▽柴 茶白 メス 5歳 15-6キロ(適正10キロくらい)

この日も、他の子を構っていると会話ができないぐらい吠えていました。
その間、取られまいと残していたフードを凄い勢いで食べていました。
相変わらず、かなり他犬を意識する子です。

それでも今までは、自分の番が来てケージから出ている時は、
他の子達を余り気にすることが無かったように思うのですが、
今回は自分から他の子のケージに顔をつけてまでして、
何度か吠えていました。
他の子が応戦してこなければアッサリ背を向けて、
マイペースにウロウロし、又気になり行っては吠えるを数度繰り返していました。
少々ご機嫌ナナメのようでした。

中ではトイレを我慢していたようで、出してあげたら慌てて大小を一度にしてました。
やることのギャップがあり、とても可愛いらい子なのですが、
好きにさせておけばご機嫌の、かなりお姫様状態ですので、
しっかりリーダーシップのとれる飼い主さんが望ましいように感じます。

少しの時間でも、部屋を自由に歩きオヤツを貰えたら、
それで満足をし、自分から綺麗になった部屋に入って行きました。
オヤツは優しく手から食べることが出来ます。

従順なだけが犬じゃない、気まぐれなところが好き。
なんて方にはピッタリなタイプです。

f0078320_2359331.jpg

f0078320_23594966.jpg

f0078320_0087.jpg

f0078320_003159.jpg

f0078320_013533.jpg

f0078320_015877.jpg

f0078320_02114.jpg

f0078320_022819.jpg



※1/24よりレポートに登場 (1/下旬引取)
▽柴 オス(去勢済み) 13歳 12-3キロ

「元飼い主側の都合により持ち込み。
新たな飼い主を見つけるための努力もしたそうですが
13歳と高齢なためか、なかなか引き受け先が見つからず、
結局は引き取りに出すことになったようです。」
先週のレポートより ↑ ↑

先週・今週と触れ合いましたが、
出来すぎなほどに良い子です。

落ち着いた環境で、人と共に年を重ねて穏やかに暮らしてきたのだろうと、
過去の生活ぶりが目に浮かぶようです。

シニア犬らしい落ち着きがあり、何に対しても動じません。
ケージ腰におもちに吠えられても、慌てないどころか、
移動すらしませんでした。
その姿を見てて、とても辛くこみ上げるものがありました。
でも本当に辛いのはこの子の方。
生活が一変してしまった理由を、この子に理解できるわけはありません。

13歳と高齢ではありますが、
毛並みも毛艶も良く、年齢より若々しく見えます。

それでも13歳のシニア。
一日でも早く、又静かな環境で穏やかな毎日を過ごさせてあげたい。
そう願ってやみません。

f0078320_0332971.jpg

f0078320_0335056.jpg

f0078320_034433.jpg

f0078320_0342024.jpg

f0078320_0343831.jpg

f0078320_035125.jpg

f0078320_0351820.jpg

f0078320_0353698.jpg






※12/13よりレポートに登場 (12/1収容)
∇薄茶 メス 7-8歳 10キロくらい(腹部脂肪腫?あり)
(先週はE部屋に居ました)

こぼれそうな大きなお目目がチャームポイントの、可愛い子です。
この子もシニアの域に入っています。
この子にも、きっと以前家族が居たであろうと想像できます。

今回は順番を待たせている間、吠えてアピールしてきていました。
見掛けの可愛らしさからは想像がつかない、
少し太い声でした。
ここの生活に慣れ本性を出し始めたのかと思いながら入り口を開けたら、
ピタッと静かになりオロオロし始めました。
元々慎重で控えめの子のようには感じます。
控えめではありますが、人馴れは問題ないでしょう。

抱っこも暴れることなく出来ます。

家庭に入り愛情を注がれているのがわかれば、
表情もかわり更に可愛い子になるように思います。

太った様に感じていた体ですが、以外にも背骨がゴツゴツ触れました。
胸が張ってる子なのか、足が細いのでムチッと見えます。

この子もシニア。
穏やかに暮らせる日が一日も早く来ますよう祈ります。

f0078320_0511097.jpg

f0078320_112854.jpg

f0078320_113910.jpg

f0078320_115353.jpg

f0078320_121516.jpg

f0078320_122698.jpg

f0078320_124425.jpg







【C部屋】 2頭



※1/24よりレポートに登場 (1/5他抑留所より移送)
▽白薄茶まだら オス 4-6歳 13-14キロ
全体的に色素が薄く、透明感のある美しい男の子です。

出して暫くは、写真が撮れない位動き回ってました。

人に馴れてはいますが、
身体に触るたびにぴくっぴくっとさせます。
驚いてというより、くすぐったいのかとも思えるように、
クネクネするときもありました。
決して触られるのが嫌だといった様子でも無さそうでした。

珍しい毛色で、綺麗にしたら目を引きそうな子です。

毛色の感じからか、写真の撮り方からか、
少々強面に見えてしまうかもしれませんが、
表情を変えずにそっと甘えて来る可愛い子です。

ロープで引かれることに抵抗なく従います。
抱っこはうまくスルリと交わされ出来ませんでしたが、
その際も口が出ることはありませんでした。

f0078320_120417.jpg

f0078320_1205552.jpg

f0078320_121795.jpg

f0078320_1215339.jpg

f0078320_125236.jpg

f0078320_126531.jpg

f0078320_1262069.jpg

f0078320_1263382.jpg

f0078320_1264884.jpg






※1/24よりレポートに登場
▽コッカースパニエル オス 7-8歳 13キロ程(1/19他抑留所より移送)

犬種の特徴なのでしょうか
たえずソワソワ動いていて、落ち着きがありませんでした。

ケージ内では吠えていましたが、
この子も出してあげた瞬間からピタッとおさまりました。
しかし、嬉しさが止まらずで写真がどれもブレブレになってしまい、
黒の毛色に増して可愛いお顔のわかる写真が撮れないのが残念です。

人が大好きでたまらいといった様子で、
人の懐や足の間に入ってきたリ、
もう離れたく無いという思いがヒシヒシと伝わって来ました。
何をするにもされるがままの子です。
抱っこも問題なく出来ます。
人を疑う気持ちなど微塵もありません。

「先週のレポートより
皮膚が首から胸、腹部にかけて脱毛があり
アカラス症の可能性があり、かゆみもあることから
すでに治療を開始しているそうです。」

かなり痒い様子で掻いていました。

食べ物に執着があり、
オヤツは手ごといきました。
生活が落ち着けば改善されるのではと期待します。

f0078320_1393826.jpg

f0078320_1395249.jpg

f0078320_140374.jpg

f0078320_1401653.jpg

f0078320_1402750.jpg

f0078320_1403843.jpg

f0078320_1404972.jpg

f0078320_141499.jpg







レポートは続きます。



by centre_report | 2017-02-01 01:44 | 愛護センターレポート