ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

5/30愛護センターレポート

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。




雨が時折激しく降る中
センター清掃のお手伝いをしてきました。

参加5名のうち、2名の方は初参加です。

二手に分かれ、それぞれ選定室と仔犬室を清掃しました。

雨と言う事もあって、気温はそれほど高くはありませんでしたが
それでもレインコートを着て作業を開始すると

少し動いただけで額に汗がにじみました。

前回のレポートにもありましたが、これからは作業時の暑さが課題となります。

清掃時の体調管理を、参加者同士気にかけ合って作業する必要があると思います。


初参加の方も経験者の方も、皆テキパキされていて、お掃除がスムーズに進み
かなり早く終える事ができました。

ご一緒くださった皆様、本当にありがとうございました。


さて、お掃除に入る前に仔犬舎から見学しました。


▽6/1にちばわんで引き出し予定の仔です。
f0078320_2183136.jpg

とても元気で人恋しそうで、人懐っこさが全身から滲み出てるような仔です。
f0078320_2185082.jpg

▽こちらは小さめな女の子、次の譲渡会に参加予定です。
f0078320_2193517.jpg

▽この子も女の子。その他に男の子が一頭いました。
f0078320_2195343.jpg



一日目の部屋には誰もいませんでした。
夕方には新たに捕獲された仔が入ってきたかもしれません。

二日目の部屋

▽2頭ともちばわん引き出し予定。
おばあちゃん犬も、頑張ってました。
f0078320_21114042.jpg


▽kt110527-01 香取市捕獲 
まだ若そうな男の子。柴犬くらいの大きさだったと思います。6/2収容期限
f0078320_21115862.jpg

右:同じ子です。
f0078320_21155381.jpg


▽sa110527-01 東金市で捕獲。黒色の首輪。
男の子です。 6/2収容期限
f0078320_21162173.jpg



この部屋の譲渡の印のある仔は検疫明け後、ちばわんで引き取り予定の仔達です。
f0078320_21135854.jpg
f0078320_21141719.jpg
f0078320_21143061.jpg
f0078320_21144362.jpg

f0078320_23364242.jpg
14頭で持ち込みされた子たちのうち、1頭だけ体調を崩してしまい、残念ながら亡くなってしまったそうです。


三日目の部屋

▽ks110526-01 銚子市で捕獲の女の子。
カモシカのようにスラリとした長い手足でとても美しい仔でした。6/2収容期限
f0078320_212252100.jpg


▽sa110526-02 芝山町で捕獲の女の子。
不安げな表情をしています。無理もありません。6/2収容期限 
f0078320_21231526.jpg


▽小ぶり、7キロくらいの女の子。
ビーグルMIXのようにも見えます。
もうすぐ検疫が明けるのですが、まだ引き受け先が決まってないとのことで、譲渡先・預かり先を募集しています。
ある程度飼育経験のある方からのお問い合わせをお待ちしております。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
f0078320_21232685.jpg


▽赤い譲渡の印は美犬三姉妹。
検疫明け後、ちばわんで引き受け予定です。
f0078320_21235644.jpg
f0078320_2124212.jpg


▽sa110526-01 山武市で捕獲 13~14キロくらいの女の子。
私たちの姿を見つけると「ここから出して!」と必死に訴えてきました。6/2収容期限
f0078320_2124425.jpg




四日目の部屋

▽今週水曜日に引き出し予定の仔です。
f0078320_21285592.jpg

▽検疫明け後、ちばわんで引き受け予定です。
f0078320_21313118.jpg

▽同じく検疫明け後ちばわんで引き受け予定です。
f0078320_21314828.jpg

▽今週水曜日に引き出し予定です。
f0078320_2132440.jpg


▽ks110525-01 銚子市で捕獲 女の子 
見た目、1~2歳くらいの若い子だと思います。6/2収容期限
f0078320_21322980.jpg


▽ks110525-02 上の仔と兄弟かもしれません。男の子。6/2収容期限
f0078320_2132487.jpg




最終部屋

青色の首輪をつけた男の子。本日収容期限を迎えてしまいました。
f0078320_0273472.jpg

具合が悪のか、ずっとうずくまっていた小ぶりな男の子。
ボロボロの毛は本来は美しいトラ毛だったようです。
この子もまた収容期限を迎えてしまいました。
f0078320_0275073.jpg




ちょうど収容部屋を撮影していた時
猫を持ち込むに人に遭遇しました。

初参加のYさんがそのお二人にお話しをお伺いしたところ
隣の人が無計画に猫を増やし、道路で轢かれる仔がいたりして困っているそうです。
猫を増やしている隣人は注意すれば手をあげてくるような恐い人で
とても注意できる相手ではなく
誰も何も言えないのだそうです。

もちろん、センターへの持ち込みが解決になるわけではありませんが
ある意味、無計画な繁殖の被害者とも言えます。

個人レベルでの解決は難しいケースだと感じました。
f0078320_0491331.jpg




選定室【清掃】

▽検疫が明け次第ちばわんで引き受け予定。大人しい柴犬。
f0078320_21395254.jpg


▽検疫が明け次第ちばわんで引き受け予定。
f0078320_21402737.jpg


▽検討している方、または団体があるそうです。
f0078320_214039100.jpg

▽急に抱き上げてしまったのが悪かったのか、少し口が出ましたが
二度目はYさんがゆっくり抱き上げくださり
そのまま話しかけたりしていると、とても穏やかな表情になってきました。
本来は甘えっ子なごく普通の家庭犬なのだと思います。
f0078320_21553192.jpg



▽左のビビりな子はちばわん引き受け予定です。
f0078320_21405179.jpg



▽パグとラブは引き受け先が決まっているそうです。
f0078320_21411119.jpg
f0078320_21422930.jpg



選定室

ラブ以外は皆同じ場所で捕獲されたようです。
5月27日に捕獲されたばかりの子たちで、まだ収容期限内です。

期限過ぎ後は一般またはボランティア譲渡されると思います。
フレンチブルにパピヨン。
f0078320_21595068.jpg

白ラブだと思います。
f0078320_2201259.jpg

またもやダックスも・・。
f0078320_220464.jpg

フレンチブル・・、まるでペットショップです。
f0078320_221370.jpg

プチパニックを起してるパグ。
選定室の子たちと同じ場所から来たのだと思います。収容期限が切れた後譲渡予定です。
f0078320_2211527.jpg


元気にシャーシャー言っていた子猫です。
f0078320_2225651.jpg





仔犬室【清掃】

生後2ヶ月半から3カ月くらいの仔犬達です。
f0078320_21463513.jpg


愛らしく元気いっぱい!
あまり無駄に吠えない仔ばかりでした。
f0078320_2147449.jpg
f0078320_21475959.jpg

f0078320_2149558.jpg

検疫が明け次第、子犬舎に移動され、センター主催の譲渡会に参加できます。
f0078320_21492614.jpg


▽7~8歳くらいの印象のダックスの女の子。引き受け先はまだ決まっていないそうです。
f0078320_21495876.jpg


お掃除の為抱き上げようとすると
恐がってパクパクと空気を噛むような威嚇行為を見せましたが
ただ恐がっていただけ。カタカタ震えながら抱っこされ
ポンポンと背中を軽くたたき、あやすようにしていると
肩に顔を乗せてきました。
ドライフードを食べなかった為、少し缶詰を与えたら喜んで食べてくれました。
f0078320_21531098.jpg


お掃除の僅かな間ですが
仔犬たちには貴重な触れ合いの時間となります。
f0078320_21532830.jpg

いつか同じように優しく抱き上げてくれる
本当の家族にめぐり会えますように。
f0078320_21533817.jpg




譲渡室

ダックス、オス。収容期限内だと思われます。
f0078320_22121152.jpg

ポメラニアン オス。譲渡対象ですが、引き受け先はまだ決まっていないと思います。
性格は問題ないとの事。
f0078320_22123312.jpg


引き受け先あり。
f0078320_22124880.jpg


引き受け先あり。
f0078320_2213515.jpg


▽下2枚:元気で人懐っこい柴犬。ちばわんで引き出し予定です。
f0078320_22134919.jpg

f0078320_22142214.jpg


譲渡室には子猫も沢山いました。
f0078320_22144282.jpg
f0078320_2214576.jpg
f0078320_22151066.jpg
f0078320_22152899.jpg
f0078320_22154471.jpg
f0078320_22155641.jpg

親猫か手厚く世話をする人間の手がなければ生きられないくらいの
本当に小さな子猫達です。

千葉県内(政令指定都市等を除く)にお住まいの方は、譲渡を申し込むことができます。

赤字で収容期限の書いてある子はまだ引き受け先が決まっていません。
期限が過ぎれば殺処分が待っています。

気になる子がいましたら
korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)までお問い合わせください。

安否確認のみのお問い合わせは申し訳ありませんがご遠慮ください。


お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。


なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。 


レポートは以上となります。
ご覧いただき、ありがとうございました。
by centre_report | 2011-05-30 22:17 | 愛護センターレポート

5月26日センターレポート

アトムミルクママさんのレポートです。
加筆・修正しています。



今日は、久しぶりに猫預かりのTさんに誘っていただき、お掃除ボラに行ってきました。
写真は、ご一緒した、スタッフIさん提供です。


今回は7名と多く、みなさんで手際よくできました。
ご一緒いただいた皆さま、ありがとうございした。
9時半から始め12時過ぎには終了しました。
今日は涼しかったですが、作業を行っていると、汗ばんできました。
これからのお掃除は、暑さ対策が課題かと思いました。


清掃作業終了後、3時すぎから、検疫明けの犬たちの引出作業に入りました。
引き出しスタッフが加わって5名です。

今日は、センターの一般譲渡会が、午後から開催されていました。
かなり多くの方たちが参加されていました。
子犬たちは13頭参加して、9頭、新しい飼い主に貰われて行きました。
残った子は4頭で、その中の2頭をちばわんで引き出しました。

残った子のうちの1頭です
f0078320_23353844.jpg

手前の男の子です。
まだ小さくて6kg程度、生後3ヵ月ぐらいですが、譲渡会ではやはり、より小さく幼い子からもらわれていくようです。
どなたか預かっていただける方はいませんでしょうか。
(子犬舎は清掃前に見学しています)
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)



収容棟
一日目の部屋
f0078320_23422318.jpg
はじめ1頭だけでした。
「出して!」と泣いていました。
△この子は検疫中ですが、行き先は決まってないそうです。
サイズは小ぶりで7kgぐらい、女の子です。
見た目も可愛らしく人馴れしているようですが、おとなしい子ではないと思いますので、ある程度飼育に慣れた人が望ましいと思います。
譲渡先・預かり先を募集します。

問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)


そして見学中に、当日の捕獲犬が収容されて来ました。  6月2日収容期限です
f0078320_182965.jpg
 △手前;sa110526-01山武市埴谷、茶白中型メス赤色の首輪
奥;ks110526-01銚子市長山、茶中型メス




二日目の部屋 ・・・ 5頭 25日の捕獲収容犬3頭+検疫中2頭
f0078320_23454593.jpg
f0078320_23465446.jpg
 △上2枚、ちばわんで検疫中の子です。
f0078320_2347331.jpg
 △手前;in110525-01成田市荒海、柴犬中型7kgぐらい、茶メス
ストレスからか、部屋をぐるぐると小走りでまわっていました。

f0078320_1824234.jpg

f0078320_23475960.jpg
 △1つ上の写真と同じ2頭です。
手前;ks110525-01銚子市長山、茶メス中型
奥;ks110525-02銚子市長山、黒茶オス大型

25日捕獲収容犬3頭は6月2日収容期限です。


三日目の部屋 ・・・ 24日捕獲収容犬が4頭 30日収容期限
f0078320_23571458.jpg
 △kt110524-01、-02、-03香取市大倉で捕獲された生後6ヵ月ぐらいの3姉妹、体重8-9kgです。
人馴れはイマイチですが、家庭に入ればすぐに馴れてくれそうな子たちでした。

f0078320_18191375.jpg
 △ks110524-01銚子市豊里台、茶黒白中型12kgぐらいオス黄色の首輪
1歳になるかならないかぐらいの若い子でした。



以上4頭の預かり先を募集します。

問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)



四日目の部屋 ・・・  23日捕獲収容犬が5頭30日収容期限+検疫中8頭 
f0078320_23511911.jpg
 △中央で伏せているのがks110523-01銚子市忍町、茶黒中型10kgぐらいオス
もしかしたら具合が悪いのかも知れません。
f0078320_23513775.jpg
f0078320_2352387.jpg

f0078320_23525092.jpg
 △in110523-02成田市荒海、茶中型13kgぐらいオス赤色の口輪
f0078320_23532912.jpg
 △in110523-03成田市荒海、茶中型11kgぐらいメス黒色の首輪、鈴付き
f0078320_23583421.jpg
 
f0078320_23592538.jpg

f0078320_23523068.jpg
 △上3枚の写真中央は同じ子で、sa110523-01大網白里町南今泉、茶中型17kgぐらいオス青色の首輪
穏やかそうな子でした。

f0078320_18234865.jpg
 △in110523-01八街市榎戸、テリア雑白黒中型10kgぐらいメス
ずっと静かに佇んでいました





最終部屋
確か、7頭いたと思います。4時過ぎには移送車が来ますので、もっと増えたと思います。
そして、この子たちは、明日、金曜日早朝処分の予定だと思います。
何も罪のない子たちが、こうして、人間の身勝手で処分されていきます。
私には、まったく理解できません。

f0078320_021226.jpg

f0078320_025414.jpg

f0078320_033073.jpg
f0078320_035534.jpg
f0078320_042776.jpg

f0078320_175458100.jpg

f0078320_1826268.jpg
 △1歳未満の若くておとなしそうな男の子、体重12kgぐらいでスラッと足の長い子です。
せめて1頭だけでもと、検疫をお願いすることにしました。
預かり先を募集します。

問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)



殺処分を減らす、皆さんにできる第一歩
不妊、去勢手術をしてください。


家族に迎えたら、一生何があっても一緒に暮らす。
このことができないと思ったら、犬猫たちと暮らすなんて、考えないでください。



選定室 
f0078320_17541234.jpg
 △ちょっとビビリの子犬オス
f0078320_0141035.jpg
 △人馴れ抜群の柴犬オス

どちらも来週ちばわん引き出し予定です。


子犬部屋
f0078320_0154657.jpg

f0078320_0161154.jpg

f0078320_0163750.jpg

f0078320_0171564.jpg


譲渡室
f0078320_0181061.jpg

今日の譲渡会では成犬も何頭かもらわれて行きましたので、譲渡室にはまだ検疫中のこの子1頭のみとなっていました。

子猫がとても多くてやりきれない思いになりました。
30匹以上いたと思います。
簡単に命を誕生させ、簡単に死へ追いやることができてしまう人間が怖いです。
f0078320_0194737.jpg
f0078320_0201930.jpg
f0078320_0204420.jpg


本日は子犬舎より1頭、収容棟より4頭引き出しました。
引き出したこの一部です。


f0078320_023401.jpg
f0078320_0235542.jpg
f0078320_024179.jpg

体調が整い次第、募集を開始いたします。
応援よろしくお願いします。



*    *    *


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)



               *    *    *


ちばわんでは、中型犬以上の預かりボランティアさんを募集しています。

【一時預かりボランティアとは】
殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します。


               *    *    *


お名前のないお問い合わせメールには対応できませんので、何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

『犬の預かりアンケートフォーム』
『猫の預かりアンケートフォーム』  

お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。

なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。
by centre_report | 2011-05-27 00:25 | 愛護センターレポート

5月24日(火)清掃ボランティア初参加レポート

初めて「清掃ボランティア」として参加したWさんのレポートです。


センター訪問は、以前の見学時に続く二回目、清掃は初めてです。
最近時間ができたので、ちょっとでも自分に出来ることをと思い、清掃ボラによく訪れているTさんに声をかけて一緒に来させてもらうことにしました。
行きは皆さんを乗せ、雨の中慣れない高速道路を運転したので緊張しました。
でも清掃は慣れているボラさんたちが一緒なので心強かったです。


今日はTさん、Sさん、Iさん、Iさんの姪御さん、私の5人でした。
仔犬舎を見学した後で、ボランティア用更衣室で、全て100円ショップで準備したレインコート上下・ゴム手袋二種・シャワーキャップ・ビニール製の腕カバー・マスクなど感染症汚染防止のための装備で固めて掃除をする部屋へ行きました。


仔犬舎もそうですが、センターの犬のいる部屋は独特の匂いがします。
今日も掃除する部屋に入ったところでうっと来る匂いを感じましたが、ちょっと我慢すれば5分で慣れ感じなくなります。
掃除する検疫室は子犬室と選定室(成犬)の二部屋あるので二人と三人に分かれて、経験者方の指導の元、作業開始です。

気をつけないといけないのは、違うゲージの犬に感染症などをうつさないこと!
なので、一時退避用の消毒済みゲージに移しては空いたケージを掃除し、消毒してから戻すことを繰り返します。
さらに食器も敷いてあった新聞紙と糞尿がこびりついているので洗浄消毒し間違えないよう必ず元のゲージに戻します。
今回私はこれを担当したのですが食器に目印もないのでわからなくなるところでした。
一緒に作業してくださった方がフォローしてくれて助かりました。

掃除した部屋の中では体調がひどく悪い子はいなかったですが、二匹で入っていて片方だけがご飯を独り占めしているケージが二個あり、それぞれ食いしん坊を抱っこしている間にもう一匹に食べさせました。
一匹はお腹がぺったんこになっていたので前回もほとんど食べていなかったようです。

ひどく怖がりの犬もいて最初唸りと空噛みをしていましたが、Tさんが声をかけて最後には撫でることもできるようになっていました。
この件なども先輩ボラさんがセンターの職員の方に報告していました。
掃除だけではなく犬の様子を見てあげることも大事なんだと感心しました。

掃除する前に獣医師の先生から部屋の中でパルボのでた一角は触らないようになどと注意もありました。
センターに来る前の予防が出来ていないことも含め、家庭に飼われている犬とは本当に環境の差があり、2週間の検疫期間を無事過ごしてセンターから出ることが出来ない犬が多くいる現実を目の当たりにしました。


掃除後着替えて見学をしました。
譲渡室には子猫が何十匹もいて、眼やにで目が片方ふさがっている子猫もいました。
f0078320_1027513.jpg
△同日24日猫の手さん撮影
この子たち全部に貰い手がつくのか・・というような数でした。


また今朝処分があったらしい収容部屋はがらんとしていましたが、それでも何匹かはいました。
私たちが掃除する部屋にいるのは処分を免れた犬たちです。
ですので掃除の作業自体は汚物まみれで大変ですが、犬たちの将来には希望があるので作業もしがいがありました。
でも収容部屋の子には命の期限があるのです。その子たちを見ながらぐっとくるものがありました。
また特に最終部屋にいた白い犬の眼差しが、もう何もかも諦めているようで・・・。
f0078320_10274694.jpg
△同日24日猫の手さん撮影
決して若くない犬ですが、どうしてこの子の飼い主は最後をみとってあげないのか・・。
この子に何もしない自分も含め、やりきれない気持ちでいっぱいでした。


帰り、Tさんが預かりさんにお届けに向かうとのことで、成犬の引き出しを二頭し、外に出られて嬉しそうなワンコの様子を見られました。
f0078320_10284918.jpg
△同日24日猫の手さん撮影

また清掃後の収容部屋見学中に迷子の犬を探しにきた飼い主さんを見かけたり(残念ながらセンターにはいないようでした。)、子猫を譲渡してもらっている人を二家族見かけたりと、少しでもいい面も見られてホッとしました。

清掃ボラはいつでも募集中です。
特に仔犬なんてやってもやっても汚すきりのない作業ですので掃除に終わりはありません。
狭い部屋もあるので一部屋二・三人が適正らしいですが、人が少ないときは二部屋をそれぞれするので時間は倍かかるようです。
人手が必要でしょうが、正直、私も今日かかった横浜からの時間と高速&ガソリン代を考えるとそう気軽に行けるものでもありません。(それでも今日は同乗三人で割ったので負担は少なかったのです。)

最後になりましたが、大変なことはほとんどやってもらい、あまりお役に立てなかった私と一緒に作業してくださったTさん初め皆さまにお詫びとお礼を申し上げます。
また御一緒する機会がありましたらよろしくお願い申し上げます。


清掃ボランティアについてのお問い合わせは、こちらをご覧ください。
by centre_report | 2011-05-26 10:13 | 愛護センターレポート

5月24日センターレポート

猫の手さんのレポートです。



5月24日(火)
清掃と引き出しのためにセンターに行ってきました。
同行してくれたのはベテランIさんと姪御さん、初参加のWさん、預かりさんでもあるSさんの4人です。
昨日はカメラ、携帯ともにバッテリーがほとんどゼロに近く、
写真がほとんど撮れませんでした。
それでもなんとか様子がわかるかる写真をアップします。

清掃の前に子犬舎にいきました。
f0078320_17191457.jpg

f0078320_17211170.jpg

f0078320_1720789.jpg


この日は4頭だけでしたが、木曜日の譲渡会に出るために、
子犬室で検疫をクリアした子がシャンプーのために5頭出されました。
f0078320_17215394.jpg



収容棟です。最終部屋にはポツンと1頭だけでした。
f0078320_17223164.jpg

f0078320_17224733.jpg

少ないことを喜べたらどんなにいいでしょう。
でも現実は、この日の朝、処分機が稼動したということです。
この白い子はお迎えが来なければ、26日が期限です。

そしてこの子たちの期限も26日となっていました。
左側の子です。
f0078320_17234695.jpg


上の左側の子とキョウダイと思われる子です。
f0078320_1724656.jpg


センターの情報では26日となっていますが、検疫中の子犬室にいました。
f0078320_1725306.jpg

お口が出るということで十分注意するようにとの指示でしたが、
ただ怖がっているだけに見えました。

フードもまったく食べていないようです。
きれいにしてあげたい、絶対に話せばわかる。
そう思い、手を入れると初めは唸り、お口も出ました。
でも、ゆっくりゆっくり声をかけました。
「いいこだね」「こわかったね」「きれいにしようね」
すると、唸りを止め、がちがちの緊張も少し解けてきました。
そして頭も背中もなでさせてくれ、手を触らせてくれました。
まったく口を付けていなかったフードも、Iさんが持ってきてくれたウエットをあげると、
手から食べてくれます。
おいしいものがわかっているのですから、大事にされていたのでしょうか?
それならどうしてココに?
この子の期限は、T先生が午後から外出ということで確認できませんでした。
出してあげたら、何の問題もなくふつうに生活できる子のような気がします。


30日が期限の、引き出しの印のない子たちです。
f0078320_17263777.jpg

上の写真の左側の子と同じ子です。
f0078320_17271995.jpg


一番奥の壁にピッタリついている2頭(1頭はカウベルを付けている)と、
その右側の焦げ茶色の子には引き出しの印がありません。
この子はずーっとこのままうずくまっていました。
f0078320_1728341.jpg

白い子たちは前日検疫にかけられた子達だと思います。
印のついている中央の子(白と薄茶)は常に左耳を傾け、気にしていました。
がんばってセンターを出たらちゃんと治してもらおうね。

最終部屋まで行って検疫に回った
たやせっぽっのかわいいおばあちゃん(おじいちゃんかも)ももう少しです。
f0078320_17291721.jpg


14頭の持ち込みで最初に検疫にかけられた2頭だと思います。
f0078320_17302111.jpg

右側の子は動こうともせず、この状態でずーっと小刻みに震えていました。
病気でなければいいのですが・・・。
あと10日がんばって、絶対にセンターを出てください。

譲渡室と子犬室の写真はまったく撮れませんでした。
成犬の選定室にいた子達はみんな元気でした。
f0078320_1732565.jpg

f0078320_17322329.jpg

f0078320_17324353.jpg

f0078320_1733996.jpg

f0078320_1745777.jpg


そして晴れて預かりさんのところへ移動のチワワさん。
f0078320_17391926.jpg

なぜか声帯を取られていました。カフッカフッって訴えるのです。
声帯を取ることだって許せませんが、さらに捨てるなんて。
この子を捨てた人は人間ですか? 

これから預かりさんのもとで幸せを探します。
もう大丈夫。誰もキミを捨てたりしないからね。

もう1頭はオッドアイのミックスさん。
f0078320_1739589.jpg

引きは強いものの、人間は大好きと抱きついてくれました。
フタリとも幸せになってください。

逝ってしまったほかの子達の分まで。絶対に!


携帯で撮れた譲渡室の子猫さんの一部です。
f0078320_17402573.jpg
f0078320_17403522.jpg
f0078320_17404767.jpg
f0078320_1741278.jpg


フードはなんとか食べているみたいでしたが、
とても小さく、本当ならまだまだ母猫のそばにいなくてはいけない月齢です。
両目が目やにで完全にふさがっている真っ黒の子がいました。
心の中でごめんなさいと言っても、
引き出さない私は、この子たちにとって捨てた人と変わらないのです。
それでもごめんなさい。

この日、この子猫さんの中から1頭、一般の方が引き出されました。
引き出した方は1頭を選ぶのが辛かったと涙ぐんでいました。
本当に数え切れないくらいの数でした。

預かれる方はいらっしゃいませんか?
ココに収容される子たちの家族になってくださる方はいらっしゃいませんか?

何度でもお願いします。
●たった一度の手術です。避妊、去勢をすることで、ただ捨てられ、殺される不幸な命をなくすことができます。
●迷子札・鑑札など、連絡先のわかるものをつけてください。マイクロチップを入れてください。迷子になっても戻ってくる子はわずかです。


*    *    *


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)



               *    *    *


ちばわんでは、中型犬以上の預かりボランティアさんを募集しています。

【一時預かりボランティアとは】
殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します。


               *    *    *


お名前のないお問い合わせメールには対応できませんので、何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

『犬の預かりアンケートフォーム』
『猫の預かりアンケートフォーム』  

お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。

なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。
by centre_report | 2011-05-25 17:56 | 愛護センターレポート

5月23日(月)センター・レポート

gluck_luluさんのレポートです。



本日、検疫室清掃のためYさん、Oさん、私の3人でセンターを訪問しました。

このレポートは清掃終了後の見学をもとに作成したものです。


仔犬室
f0078320_1754141.jpg
f0078320_1754975.jpg
f0078320_1755741.jpg
f0078320_176924.jpg
f0078320_1762175.jpg
f0078320_1763080.jpg
f0078320_1764667.jpg
f0078320_1765572.jpg

皆、健康状態は良好でした。明日、明後日にも一般譲渡会のために子犬舎に移されるとのことでした。


譲渡室
f0078320_1713164.jpg
△26日の一般譲渡会に参加するキャバリア、元気でした

f0078320_17132685.jpg
△26日の一般譲渡会に参加する成犬オス、この子も元気でした

f0078320_17133576.jpg
△明日、ちばわんで引き出し予定です

f0078320_17134367.jpg
△26日の一般譲渡会に参加するメスの子犬、元気いっぱいでした

f0078320_1713512.jpg
△希望者の方がいて近日中に譲渡予定のことでしたが、ストレスからかしきりに吠えていました。もう少しだからがんばれ!

f0078320_17135764.jpg
(20日(金)tomotenkuriさん撮影)△19日(木)、20日(金)のレポートにも掲載されていたテリアですが、残念ながら亡くなってしまったそうです。先週末には、あんなに元気だったのに・・・


選定室
f0078320_17361427.jpg
△チワワはちばわんで引き出し予定。ポメラニアンは、譲渡先が決まっています。

f0078320_17362945.jpg
△ちばわんで引き出し予定です。

f0078320_17364278.jpg
△一般譲渡されるとのことでした。

f0078320_17365562.jpg
△他団体さんで引き出し予定です。ストレスからか先週より吠えていました。

f0078320_173732.jpg
△ビビりちゃんのオス子犬。ちばわんで引き出し予定です。

f0078320_1737216.jpg
△少々痩せていますが、健康状態は良好でした。ちばわんで引き出し予定です。

f0078320_17373326.jpg
△人懐っこいく元気いっぱいの子。ちばわんで引き出し予定です。

f0078320_17374394.jpg
△先週持ち込まれた仔犬たち、体格の小さい子たちは他団体さんが引き出し予定とのことです。

f0078320_17375229.jpg
△この子たちが一体何をしたというのでしょう?生きる権利はないというのでしょうか?

f0078320_1738064.jpg
△無責任な飼い主さんによって”命”生きる権利をも奪うことが許されるのでしょうか?

この子たちが明るい太陽のもとに戻れることを切に願います。


生まれてくるすべての子たちを幸せにできないのなら
”不妊去勢手術”
をして下さい。


収容大部屋(最終部屋)5月23日最終期限
f0078320_1865444.jpg
△黒柴メス、少々気性が荒いとのことでした。

f0078320_187210.jpg
△一度も動くことすらなかった子

f0078320_18795.jpg
△20日移送されてきた子達。多頭飼いの飼い主さんに持ち込まれた子14頭のうち計8頭はちばわんで検疫をお願いしましたが・・・すべての子を救うことは叶いませんでした。


4日目・・・2頭
f0078320_18194526.jpg
△他団体さん引き出し予定のボクサー、今日は一度も顔を見ることができませんでした。

f0078320_18195715.jpg
△in110518-01 成田市南平台にて保護 雑オス白の中型犬 茶色の首輪を着用


3日目・・・2頭
f0078320_1826292.jpg
△検疫中の子。

f0078320_18261041.jpg
△検疫中の子。


2日目・・・3頭
f0078320_1832137.jpg
△検疫中ですが引受先が未定です。この日も良く鳴いていました。

f0078320_18322234.jpg
△ks110520-01およびks110520-02 銚子市忍町にて保護 雑茶および茶黒 中型犬。兄妹なのでしょうか?


1日目・・・8頭 
f0078320_18411821.jpg
△本日検疫を依頼した最終部屋にいた12頭のうちの7頭の子達

f0078320_18412631.jpg
△kt110516-01 茶メス 中型犬も検疫依頼しました。


*    *    *


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)



               *    *    *


ちばわんでは、中型犬以上の預かりボランティアさんを募集しています。

【一時預かりボランティアとは】
殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します。


               *    *    *


お名前のないお問い合わせメールには対応できませんので、何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

『犬の預かりアンケートフォーム』
『猫の預かりアンケートフォーム』  

お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。

なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。
by centre_report | 2011-05-23 16:59 | 愛護センターレポート

5月20日(金)愛護センターレポート

tomotenkuriさんのレポートです。
加筆・修正しています。



検疫が終わった犬達の引き出しのため、スタッフ5人でセンターを訪れました。

春は動物にとっては、繁殖の季節です。
入り口を入ってすぐの鑑定室には、4つのケージに26頭もの小さな子猫達があふれていました
f0078320_14262998.jpg

f0078320_14263145.jpg

f0078320_14262991.jpg

f0078320_14263233.jpg

f0078320_14263098.jpg

f0078320_14263328.jpg
やっと離乳した一ヶ月程度の子猫達です。
本来であれば、まだまだ母猫の保護が必要な月齢です。
なのに、不要な命としてほとんどの仔猫が飼い主などが殺処分のために愛護センターに持ち込んだのだと思われます。

県内の譲渡希望者に譲渡されますが、ここに入れてもらえるのは収容された子猫のうちごく一部だけ、それも、途中で状態の悪くなる子もいるため全員が助かるとは限りません。


生まれてしまった仔猫を自分で飼育できないのであれば、必ず避妊・去勢手術を行ってください。


同じ譲渡室にいた犬たち、一般の譲渡会に出る予定の成犬たちもいます
f0078320_14471646.jpg
なつっこいキャバリア

f0078320_14465642.jpg
元気の良さそうななつっこい成犬オス

f0078320_1446477.jpg
まだ乳歯の残るメスの仔犬。元気いっぱいでした。

f0078320_14551219.jpg
大きめの愛想の良い成犬。すでに希望者さんがいるそうです。

皆、譲渡会で良いご縁に恵まれますように。

白くてきれいなバイアイのこの女の子は来週ちばわんで引き出し予定です
f0078320_14463631.jpg
元気そうでした。もう少し頑張って!

体重8キロくらいに見えるテリア系ミックスのこの犬は
f0078320_14472367.jpg
乳歯が残るメスの仔犬でした。
成長したら中型以上の、とても個性的な犬になること間違いなしという元気な仔犬でした。
検疫が始まったばかりで行き先はまだ決まっていないとのことで、預かり先および譲渡先を募集しています。
かなり活発でよく鳴きますし、確実に中型犬以上になりますので、躾もしっかりとできる飼い主さんが良いと思います。


ちばわんのお掃除ボランティアがお掃除をしている検疫室
この部屋にも飼い主に持ち込まれた仔犬達があふれていました。

団子のように重なっている仔犬たち
f0078320_1585761.jpg
この中に10頭もの仔犬がいるのです。
無責任な飼い主が、飼育できないという理由で殺処分の為に愛護センンターに持ち込んだ仔犬達。
どんなに小さな命でも、それは限りなく尊いもの、いらない命なんてありません。

生まれてしまった仔犬を自分で飼育できないのであれば、必ず避妊・去勢手術を行ってください。

見た目がそっくりで兄弟と思われる2頭の仔犬(どちらもオス)ですが
f0078320_1581497.jpg
左側の仔は人馴れよく尻尾もふります。
が右側隠れている仔はとても怖がりなので、譲渡会には向かないだろうとのこと、
月齢もやや高く3-4ヵ月ということなので、ちばわんで引き受けることになりました。
その手前に部屋が足らないため、係留で検疫開始したこの仔犬は
f0078320_1522119.jpg
大変人懐っこく近づくと尻尾をブンブンふって歓迎してくれました。
ちばわんで引き受けることにしました。

この子もまだ仔犬(オス)ですが
f0078320_1592898.jpg
とても恐がりで人間と眼を合わせようとしません。
こんな風にビビりの仔は譲渡会には出さないのだそうです。


私の経験だと、たとえビビりちゃんでも仔犬の場合は、かわいがってもらえる環境で飼育ができればよほどのトラウマがない限り、なつっこい仔犬ちゃんに変身します。

このようにビビリの仔犬ちゃん達にも良いご縁が繋がることを祈っています。

左のポメラニアンは譲渡希望者ありだそうですが
f0078320_1591925.jpg
右のチワワは行き先が決まっておらず、皮膚病もあるため譲渡会には不参加とのことで、ちばわんで引き受けることにしました。
写真ではわかりにくいですが、お腹側が皮膚病のように見えました。

人懐こい柴犬オスは移送されて来たばかり、さ来週ちばわんで引き出す予定です
f0078320_15384764.jpg
あと1週間ちょっと頑張って!


この日、ちばわんで引き出した犬達(抑留棟から8頭)のうち一部

大きくなりそうな、むくむく青い眼のオスの仔犬
f0078320_15304873.jpg
元気いっぱいでした。

ものすごいビビリちゃんの成犬メス
f0078320_15315880.jpg
首輪とリードを付けて、この部屋から出そうとしても、全く歩けないほど・・・
怖い思いをしてきたのでしょう。

とてもきれいな顔をしたちょっとだけびびりちゃんの雌犬
f0078320_15501087.jpg


この日1日目の収容部屋で検疫を受けていた、姉妹と思われる3頭(首に赤いひもがついている3頭)
f0078320_15505457.jpg
 △右手前に写っている青い紐を着けた小ぶりのメス(7kgぐらい)は、引き受け先が決まっていません。
垂れ耳(折れ耳)の可愛らしい子で人馴れしているようですが、活発によく鳴いていました。


本日収容された、左奥に見えている堂々とした白い日本犬系のオスは、この後飼い主さんが迎えにきて返還になりました
f0078320_1552561.jpg
飼い主さん、迷子にした犬が見つかってとてもうれしそうでした。
「電話番号を書いた迷子札をつけてくださいね」という、私たちの声にも「かならず、つけます」と言ってくれました。

飼育しているワンちゃん、ねこちゃんには必ず、雨などで濡れても、腐食したり、インクが流れる事がない材質でできた、連絡先電話番号を明記した迷子札を装着してください。
それがあれば、万が一迷子になってもお家に帰れる可能性が、格段に高まります。

保護する人間も飼い主さんがはっきり分かれば、保護がしやすいのです。
たとえ、室内飼育の猫でも、何が一の事を考えれば、迷子札は必要だと私は思っています。

収容2日目と4日目の部屋はこの日は犬がいませんでした。

3日めの部屋には4頭の犬が収容されていましたがこの2頭は検疫中、後ろに寝ている茶色い犬と手前の白長毛の犬の2頭とも、本日ちばわんで引き出しました。
f0078320_1675640.jpg


ガリガリにやせ細ったおとなしいボクサーは、
f0078320_1685918.jpg
 他ボランティアさん引き受け予定

部屋の奥でじっと伏せたままこちらを見ていた白い中型犬は、18日の捕獲収容犬で26日収容期限です
f0078320_16112526.jpg
 △in110518-01成田市南平台 白中型オス茶色の首輪


最終日、5月23日収容期限です。
5日目の部屋には、良く似た白い犬たちが折重なっていました。
1人の飼い主により14頭一緒に持ち込まれた犬たちだそうです

この日の早朝、前日この部屋にいた子たちが全ていなくなり、いったん空っぽになったはずのこの部屋。
覗いたとき、一瞬我が目を疑いました。
いまだかつて見たことのないこの光景・・・・・はじめに見たメンバーが思わず発した言葉の通り、そこには白犬の山ができていました。

一番手前(右)に見えている茶色い犬は
▽収容犬情報kt110517-01 2011年5月17日香取市北で捕獲 オス です。
f0078320_16174235.jpg
自分たちの身になにがおこったのか?訳が分からずおびえていました。

この中から、せめてとの思いで2頭だけちばわんで検疫にかけました。

少しビビりな体重11キロくらいのメス犬
f0078320_16465812.jpg


女の子のようにかわいい体重12キロくらいの穏やかなオス犬
f0078320_16473367.jpg

2頭とも預かり先を募集します。

本当は、他の子たちも助けたいのです。
中型犬を預かることができる方を募集します。



同じく最終部屋
黒ラブミックスに見えるメスと薄茶長毛のメス
f0078320_16221422.jpg
△黒い犬は、この直後に飼い主さんが迎えに来て帰って行きました

△手前側の、狐のようなお顔に長毛の茶色い犬は10キロぐらいで△収容犬情報kt110516-01 2011年5月16日東庄町夏目で捕獲 メス  皮膚病とありましたが、見たところ皮膚に異変はなさそうでしたし、痒がっているような様子もありませんでした。
とてもおとなしく、こちらを見て静かに尻尾を振っていました。
預かり、譲渡の希望はありませんか?

問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)

横になったまま、動かなかったこの犬は
f0078320_16332473.jpg
具合が悪い訳でなく、自分の運命をあきらめているように見えました。
kt110517-02東庄町小南、茶白中型メス

一番置くの角にひっそりと伏せていた大きめの犬は
f0078320_1634386.jpg
シャンプーされたら、さぞ立派できれいな犬に見える事でしょう。

手前の隅でも、白い2頭が不安な気持ちを表すようにぴったり寄り添って固まっていました
f0078320_16355399.jpg



おそらく持ち込みと思われるまるまると太った黒柴メス
f0078320_16454274.jpg
 △一見愛想良く見えますが、柴犬らしいきつい気質を多分に持っているようでした。

すべての犬達には殺される理由や責任は全くありません。
すべて、無責任な飼い主、人間側の一方的な都合です。

貴方達を助ける事ができなくて、本当にごめんなさい。




               *    *    *


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)



               *    *    *


ちばわんでは、中型犬以上の預かりボランティアさんを募集しています。

【一時預かりボランティアとは】
殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します。


               *    *    *


お名前のないお問い合わせメールには対応できませんので、何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

『犬の預かりアンケートフォーム』
『猫の預かりアンケートフォーム』  

お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。

なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。
by centre_report | 2011-05-21 14:43 | 愛護センターレポート

5月19日(木)センター・レポート

gluck_luluさんのレポートです。
加筆・修正しています。




検疫室清掃のためSさん親子と私の3人でセンターを訪問致しました。

このレポートは清掃終了後の見学(子犬舎は清掃前)をもとに作成したものです。


子犬舎
先週センター主催の一般譲渡会があったこともあり、わずか2頭のみでした。
f0078320_1752581.jpg
△2頭は兄妹とのことで、他の兄妹たちはご縁があり譲渡されたそうです。

f0078320_1753775.jpg
△メス

f0078320_1755191.jpg
△オス

この子たちは、2度の譲渡会でたまたまご縁がなかったのですが、来週の譲渡会に参加します。少々痩せてはいましたが健康状態および人馴れは問題なく、成犬になってもそれほど大きくはならないように思えました。


2頭のみと聞いていたのですが、子犬舎の別棟で鳴き声がするので、行ってみると・・・
f0078320_17153571.jpg

次期デモ犬の子とのことでした。
センター主催のしつけ教室や愛護教室などで活躍します。
この子も元は収容犬でした。とても賢そうな子ですよね。

センターでは、”殺処分”だけをしているわけではありません。
”犬と人がより良い関係で共生”できるようにいろいろなプログラムを実施しています!
殺処分ということがあまりに重く重大な事であるが故に、マスキングされてしまっている気がしてなりません。

皆さんセンターのことをもっと知ってください。
殺処分だけでなく、生かすための努力をしているということを・・・現状を目を逸らさずに皆さんのご自身の目で見てください。
お願いします。



子犬検疫室(清掃を担当している部屋の一つです)
f0078320_17474861.jpg

f0078320_1748392.jpg
f0078320_17481771.jpg

f0078320_1748332.jpg

f0078320_17484952.jpg

f0078320_1749761.jpg

f0078320_17491988.jpg

どの子も健康状態は全く問題なく、元気いっぱいでした。
食べて、遊んで、寝る、健康な子犬そのものです!

ただ残念なのは、この子たちのほとんどは母犬の飼い主さんからの”飼う人がいない”、”育てられない”といった身勝手な理由でここに収容されています。

皆さんは一度の出産で何頭生まれるかご存じですか?

犬種などにもよりますが、大型犬では10頭以上生まれることもあります。
その子たちすべてを幸せにできますか?

不幸な命を増やさないためにも”不妊去勢手術”をしてください。
重ねてお願いいたします。



譲渡室
f0078320_1811345.jpg
△来週の一般譲渡会に参加します!良いご縁がありますように

f0078320_18114315.jpg
△この子も参加します!良いご縁がありますように

f0078320_18115530.jpg
 △この子は来週ちばわんで引き出します

f0078320_181288.jpg
△明日ちばわんで引き出し予定です!

f0078320_18121951.jpg
△来週の一般譲渡会に参加します!良いご縁がありますように

f0078320_18123070.jpg
△この子も来週の一般譲渡会に参加します!良いご縁がありますように

f0078320_18123922.jpg
△テリアの子犬(メス)未定とのことでした


同じく譲渡室
f0078320_22493279.jpg

f0078320_22494722.jpg

f0078320_2250216.jpg

f0078320_2251547.jpg
△私の手のひらに乗ってしまうくらい小さい小さい多くの子猫たちが収容されていました。


選定室(成犬検疫室:清掃を担当しているもう一つの部屋です)
f0078320_18281783.jpg
△ポメラニアンは譲渡先がきまっているとのことでしたが、シニアであると思われるチワワは一般譲渡会に参加の予定とのことでした。

f0078320_18282694.jpg
△ちばわんで引き出します。この子は自分のケージ内では排泄は絶対しない子とのことでしたが、ケージ内は本当にきれいで消毒のために出してすぐに排泄していました。

f0078320_18283631.jpg
△一般譲渡されるとのことでした。

f0078320_18284923.jpg
△他団体さんが見にいらしていました。まだ、若い子でしたね。

f0078320_18285917.jpg
△明日ちばわんで引き出しの予定です。少々ビビりっ子ですが、健康状態は良好でした。

f0078320_18292174.jpg
△この子達もちばわんで検疫中です。少々軟便でしたが、問題ない程度です。

f0078320_1830764.jpg
△係留中の子犬(メス)6/1検疫明けですが、行き先未定とのことです。人懐っこく元気いっぱいでした。


同じく選定室内プール
f0078320_22513278.jpg
△昨日持ち込まれた違う母犬から生まれた生後一カ月前後と思われる子達です。

f0078320_22514754.jpg
△こちらも昨日持ち込まれた生後一カ月前後と思われる子達・・・大き目の食器に4頭入っています。
先月にも同じようなレポートを書いたと思います。
なぜ、こんなことが繰り返されるのでしょう?


大部屋(1日目・・・1頭)
f0078320_18534023.jpg
△検疫中の子。人懐っこく元気でした


2日目・・・4頭 18日の捕獲収容犬は1頭です
f0078320_19515116.jpg
 △ちばわんで明日引き出し予定です
f0078320_1952484.jpg
 △先週から収容されていたボクサーメス、他ボランティアさん引き出し予定と思われます
f0078320_19521439.jpg
 △ちばわんで明日引き出し予定です
f0078320_19522268.jpg
 △in110518-01成田市南平台、白中型オス茶色の首輪


3日目・・・5頭
f0078320_1930953.jpg
△kt110516-01 茶メス雑 東庄町夏目にて保護

f0078320_1932846.jpg
△2頭とも詳細不明

f0078320_19331895.jpg
△in110517-01 黒メス雑 佐倉市臼井にて保護

f0078320_19332931.jpg
△kt110517-01 茶白オス雑 香取市北にて保護


4日目・・・3頭
f0078320_1950781.jpg
△左側2頭は検疫中。もう1頭は詳細不明

f0078320_19335399.jpg
△検疫中の子。とても元気でした。


最終部屋・・・13頭(14時時点)
f0078320_191257.jpg


f0078320_1911364.jpg
△この子たちの視線に何を感じますか?

f0078320_1912354.jpg
△とても優しい眼差しの子

f0078320_1913470.jpg
△ただじっと見つめる子

f0078320_1915197.jpg
△飼い主さんを待ち続けた子

f0078320_1995569.jpg
△ただじっとしている子


f0078320_1921148.jpg
△悲しげな表情を浮かべる子

f0078320_1921952.jpg
△ここに収容されなければ・・・命の期限を決めらることはなかったのに・・・

これらの画像はあくまでも14時時点のものです
夕方には他所から移送されてくる子達でさらにいっぱいになっていることが想像できます。


最終部屋に収容されていた子の多くには、首輪が付いていました。
首輪だけでは、飼い主さんがいることしかわかりません。

首輪には、鑑札票や迷子札を必ず付けてあげてください!家族の元に戻れる手がかりになります。

家族である犬たちを守れるのは、飼い主さんあなただけです!!



               *    *    *


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)



               *    *    *


ちばわんでは、中型犬以上の預かりボランティアさんを募集しています。

【一時預かりボランティアとは】
殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します。


               *    *    *


お名前のないお問い合わせメールには対応できませんので、何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

『犬の預かりアンケートフォーム』
『猫の預かりアンケートフォーム』  

お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。

なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。
by centre_report | 2011-05-19 16:55 | 愛護センターレポート

5月11日(水)センター・レポート

るぅ子さんのレポートです。
加筆・修正しています。



5月11日(水)、しとしととまるで梅雨を思わせるような雨のなか、検疫の明けた犬の引き出しのため、スタッフ6名で訪問しました。
降りしきる雨のなか、犬たちの叫び声を聞きながらの作業はとても辛いものです。
今日も最終部屋には、助けを求めるたくさんの犬たちがいました。



最終部屋 ・・・ 15頭
f0078320_23275492.jpg

先週からずっとこの冷たい床の上で、じっと耐えて生きてきた子たちも多くいました。
f0078320_2331248.jpg

窓からのぞくと、どの子も素直な目を向けて助けてほしいと訴えてきます。
f0078320_083189.jpg

みんな早く出して助けてあげたい・・・でも預かりスタッフが足りない現況では。。。
この子たちをどなたか預かれる方はいらっしゃいませんか?
f0078320_04274.jpg

最終部屋から、とても人懐っこいこの2匹が検疫に入ることになりました。
無事乗り切れば、茶色の男の子のほうは、2週間後にセンターで開催される譲渡会に参加することになります。
f0078320_01677.jpg
 △オッドアイ、体重20kgぐらい、2~3歳の女の子
廊下に出ると「抱っこしてほしい」とスタッフにいつまでも甘えていました。
f0078320_1143783.jpg

いつもきちんとお座りしているおとなしい子です。
f0078320_0243916.jpg
 △体重11kgぐらい、5歳ぐらいの男の子



4日目の部屋 ・・・ 7頭
f0078320_0442110.jpg

どの子もおとなしそうにみえました。
悲しい目をしています。
f0078320_045295.jpg

この子たちを預かれる方はいませんか?
f0078320_0453545.jpg

この子も検疫に入りました。
2週間後のセンター譲渡会に参加予定です。
f0078320_0565884.jpg
 △生後4ヵ月ぐらい、おとなしい男の子


3日目の部屋 ・・・ 3頭
ボクサーの女の子のようです。
f0078320_1312314.jpg




2日目の部屋 ・・・ 5頭
f0078320_058531.jpg

f0078320_1153714.jpg

赤い首輪をしたこの黒い犬は、とても人懐っこく綺麗な子です。
f0078320_1203854.jpg




1日目の部屋 ・・・ 4頭
検疫中の子たち4匹みな元気にしていました。
f0078320_1301799.jpg




譲渡室のこたちも元気にしていました。
f0078320_234221.jpg
 △来週検疫明け予定、ちばわんで引き出します。
f0078320_2214463.jpg
 △子犬女の子、センターの譲渡会に出るそうです。
f0078320_222311.jpg
 △成犬女の子、体重10kg弱、センターの譲渡会に出るそうです。


選定室
f0078320_2534135.jpg
f0078320_2542068.jpg
f0078320_255225.jpg



本日は、成犬子犬合わせて12頭を引き出しました。
引き出した子たちの一部です。
f0078320_231162.jpg
f0078320_2314036.jpg

f0078320_1534270.jpg
f0078320_1542482.jpg

f0078320_155039.jpg
f0078320_1554321.jpg

f0078320_3184114.jpg

f0078320_251243.jpg

f0078320_275277.jpg

譲渡室等から引き出した6頭家族です。
あの6頭は、本日全員揃って元気に外に出ることができました。
f0078320_2161495.jpg
f0078320_2164186.jpg



お問い合わせはセンターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)



                   *    *    *


ちばわんでは、中型犬以上の預かりボランティアさんを募集しています。

【一時預かりボランティアとは】
殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します・・・。


                   *    *    *


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)


お名前のないお問い合わせメールには対応できませんので、何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

『犬の預かりアンケートフォーム』
『猫の預かりアンケートフォーム』  

お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。

なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。
by centre_report | 2011-05-12 03:41 | 愛護センターレポート

5月6日(金)センター訪問レポート

5月6日(金)検疫明けの犬たちを引き出すため、メンバー5名で訪問しました。
早朝からお掃除ボランティアに入っていた2名も合流し、引き出し作業を行いました。
写真撮影を担当したChieさんが、帰宅後すぐに別の現場へと出かけてしまったため、担当者吉田がUPします。



最終部屋
先週訪問時ここにいた子たちはもういないのに、13頭もの犬たちがいました。


f0078320_10524415.jpg
f0078320_10525691.jpg
f0078320_1053816.jpg
 他抑留所から移送されて来たシェルティは、職員さんにより隔離されていました。
ちばわんでも、小ぶりの4頭だけ検疫をお願いしましたが、残り8頭・・・力及ばずです。
f0078320_10531853.jpg
 △左側の子と、下4枚の写真が同じ子です。
体重17kgぐらい、とても人懐こくまだ若い男の子でした。
f0078320_10532985.jpg
f0078320_10534060.jpg
f0078320_10534964.jpg
f0078320_1054084.jpg
f0078320_10541178.jpg
 △体重14kgぐらい、おそらくまだ若い男の子です。
f0078320_10542057.jpg
f0078320_10543645.jpg
f0078320_10544752.jpg
 △上3枚同じ子の写真です。
実際は叫んだりはしていませんでしたが、まるで心の叫びを訴えているような写真だと思いました。
f0078320_1055244.jpg
 △▽同じ子です。
体重15kgぐらいの男の子です。
f0078320_10551261.jpg
f0078320_10552420.jpg
 △▽体重10kgぐらい、黒茶と茶のいずれも女の子は検疫お願いしました。
f0078320_10553672.jpg
f0078320_10554973.jpg
 △体重15kgぐらい男の子です。


4日目の部屋は、空でした。


3日目の部屋  全部で6頭、28日捕獲収容犬2頭と検疫中の4頭。
f0078320_10564736.jpg
f0078320_10565968.jpg
 △左の柴は本日引き出しました。テリア系男の子と茶長毛の無邪気な子犬も、検疫していただくことにしました。
▽同じテリア系の子です。
f0078320_10571941.jpg


f0078320_105794.jpg
 △先週検疫をお願いした男の子、6頭家族の子です。
体調は問題なさそうですが、いつ見ても大部屋の隅っこにひっそりと身を潜めている感じでした。


2日目の部屋  5月2日の捕獲収容犬8頭のうち、2頭がいました。
小型純血種の子たちは、別に個別収容されていました。
f0078320_10575367.jpg
f0078320_1058317.jpg
ここから出たい!!
f0078320_10581272.jpg
 △3枚の写真茶色の子は全て同じ子のもので、sa110502-01山武市植谷、茶中型(13kgぐらい)メス、茶色の首輪
首輪にはナスカンもぶら下がっていたようです。
f0078320_10582714.jpg
 △in110502-06印西市美瀬、黒ラブラドールオス黒い革製の首輪
この子は終始この体勢のままでした。
どちらの子にも、早く飼い主さんのお迎えが来ることを祈ります。


1日目の部屋   全部で9頭、本日の捕獲収容犬4頭+検疫中の5頭。
f0078320_1059635.jpg
f0078320_10591563.jpg
 △▽収容されたばかりのうす茶鼻黒の子、とても不安げな背中です。
f0078320_10592374.jpg
f0078320_10592955.jpg
 △茶白長毛と▽茶白黒の子も本日収容です。
f0078320_10593695.jpg
f0078320_10594549.jpg
 △▽隅で怯える茶色小ぶりの子も、本日収容です。
f0078320_1101863.jpg
 △▽白い小ぶりの子は、本日引き出し、後ろ側の中型白長毛の子は来週検疫明け・引き出し予定です。
f0078320_1102590.jpg
f0078320_1103159.jpg
 △先日検疫お願いしました。
f0078320_1103854.jpg
 △本日検疫お願いしました。
f0078320_1104557.jpg
 △セッターは、来週見に来てもらえることになったと職員さんから聞きました。


子犬室
f0078320_1133030.jpg

ここで乗り切れば、センターの譲渡会に出ることになります。
体調の心配な子犬を2頭、急遽引き受けることになりました。


譲渡室
f0078320_1135129.jpg
f0078320_114160.jpg
f0078320_1141165.jpg
 先週検疫を依頼した6頭家族はみな元気にしていました。

f0078320_1142247.jpg
 △一般譲渡のお話があるそうです。
体重10kg程度の女の子
f0078320_1155827.jpg


選定室
f0078320_1152123.jpg
f0078320_1154396.jpg
 △▽どちらも来週検疫明け・引き出し予定です。
f0078320_1122458.jpg
 △ks110502-01の子だと思います。


本日は、抑留棟から成犬6頭と子犬3頭、成猫2頭を引き出しました。
引き出した子の一部です。
f0078320_1172585.jpg
f0078320_1173616.jpg
f0078320_1174666.jpg
 △▽同じ子です。
f0078320_1175836.jpg
f0078320_1181626.jpg
f0078320_118316.jpg
f0078320_1185047.jpg


医療処置等を済ませた後、ちばわんでいぬ親さまねこ親さま募集開始となります。



子犬舎の写真も撮影しました。
※撮影は、子犬舎→抑留棟≪譲渡室→子犬室→選定室→収容室(大部屋)≫の順で行っています。
f0078320_119944.jpg
f0078320_1192088.jpg
f0078320_1193378.jpg
f0078320_1194429.jpg

先週の譲渡会後に残った5頭の子犬がそのままいました。


                   *    *    *


ちばわんでは、中型犬以上(子犬を含む)の預かりボランティアさんを募集しています。

【一時預かりボランティアとは】
殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します・・・。


                   *    *    *


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)


お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

『犬の預かりアンケートフォーム』
『猫の預かりアンケートフォーム』  

お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。

なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。
by centre_report | 2011-05-07 11:10 | 愛護センターレポート

5月2日(月)センター・レポート その2

エレナ姉さんのレポートです。
加筆・修正しています。





5/2、清掃の為、センターを初めて訪問しました。
メンバーはリーダーのSさん、何度も参加されているIさんとNさん、
そして初参加のSさんと私の5名です。
f0078320_23492029.jpg


周辺は新緑がきれいで、
ここを犬と散歩したらどんなに気持ち良いだろうと思わせる景色でした。
f0078320_2349367.jpg


今日もセンターには何の罪もないのに
飼い主から要らないと言われたたくさんの犬達が収容されています。
どうかもう一度外に出て、犬としての当たり前の幸せを感じられる日が訪れますように。
その事を切に願って、今日の様子をご報告させて頂きます。
Iさんにも多くの写真を撮影して頂きました。

最初に訪れたのは、センターのデモ犬達のサークルです。
f0078320_23505016.jpg

小学校での説明会などへも参加すると聞きました。

次に子犬舎を見学しました。
f0078320_074898.jpg
f0078320_085574.jpg

先週の譲渡会でたくさんの子に飼い主が決まったそうで、今日は5頭だけでした。
白いテリア風MIXの子以外の4頭は兄弟でしょうか。お顔が似ている様です。
どの子もとても痩せていますが、気持ち良さそうに初夏の日向ぼっこを
楽しんでいる様でした。早く本当の家族に出会えますように。

子犬舎の隣には、無念のまま殺処分や病気で亡くなった動物達の慰霊碑があります。
f0078320_0211859.jpg

リーダーのSさんが持って来て下さったお線香を手向け、全員で手を合わせました。

この後、検疫中の子犬達のいる検疫室と、
一般譲渡向けに検疫中の主に成犬のいる選定室を、2グループに分かれて
清掃しました。
f0078320_0343883.jpg
f0078320_0351475.jpg
f0078320_0355442.jpg
f0078320_0365156.jpg

この子はとても小さく、ドライフードを少ししか食べませんでしたが、
用意されていたウェットフードも混ぜてあげると美味しそうに食べてくれました。
f0078320_039571.jpg

体力をつけて検疫を無事に乗り切って!
f0078320_0405862.jpg

この子も体がとても小さく、左目が白濁しています。フードも食べないので心配です。

f0078320_0425631.jpg
f0078320_044427.jpg
f0078320_0444920.jpg
f0078320_0452688.jpg
f0078320_046726.jpg
f0078320_0464410.jpg
f0078320_0471523.jpg

清掃終了後、とても小さな柴犬の様な子犬達が2頭収容されました。
f0078320_0474929.jpg


みんな、どうか無事に検疫を乗り切れます様に。


私は初めて清掃に参加したのですが、感染症の原因を“持ち込まない 持ち帰らない”
ための対策が徹底されていて驚きました。
これらはそのために持参した物ですが、全て100円ショップ等で購入出来ます。
f0078320_0535966.jpg

使用後は全て焼却処分します。

衛生状態を保つだけでなく、私達が清掃中に気付いた犬達の様子を獣医の先生に
後で報告し、その情報を先生が健康管理に活かして下さいます。

犬達の命を救う手助けになる清掃です。参加されてみませんか。
詳しくは「愛護センターレポート」の「清掃ボランティア参加について」をご覧下さい。


譲渡室の様子です。
先週末飼い主によって6頭一緒に持ち込まれた犬達の内の5頭がこの部屋にいました。
f0078320_154844.jpg

子犬と一緒の成犬のメスは私達が近付くと少し唸っていました。
信頼していた飼い主に裏切られ、知らない所に連れて来られ、
自分も不安でいっぱいの中、きっと、子犬を守ろうと必死なのだと思います。
ごめんね、もう少しの辛抱だよ。
f0078320_161459.jpg

f0078320_18718.jpg


f0078320_1113534.jpg
 △この白い子は人が来ると嬉しさを全身で現してくれました。
生後4ヵ月ぐらいの子犬、すでに検疫が明けている元気な男の子です。
どなたか譲渡希望・預かり希望の方はいらっしゃいませんか?

問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)



鑑定室の様子です。
f0078320_1142176.jpg

チワワでしょうか。
f0078320_1144923.jpg

ポメラニアンの様に見えました。

f0078320_1155057.jpg

穏やかそうな優しそうな子でした。

f0078320_1165271.jpg

猫も収容されていました。ケガをしているのかもしれません。


収容室の様子です。

1日目は最初は空でしたが、後で、2頭が連れて来られました。
本日の捕獲収容犬です。
f0078320_119427.jpg

じっとこちらを見つめてくれる子です。甘える様な声で「出して」と言っている様でした。
この子の首にはリードの金具(ナスカン)だけがぶら下がっていました。
何かの拍子に勢いよく引っ張って外れたのでしょうか。
飼い主が探しに来てくれますように。
どうか、迷子札、鑑札を忘れずに付けて下さい。
f0078320_1185541.jpg

f0078320_1191065.jpg
 △この子は怖くて、不安でいっぱいの様子でした。


2日目の部屋です。全部で6頭いました。
うち4頭が検疫中、28日の捕獲収容犬が2頭です。
f0078320_122689.jpg

f0078320_1223860.jpg
 △先週、最終部屋から検疫にかけてもらった白いセッターだと思います。
f0078320_1245483.jpg
 △▽sa110428-01九十九里町小関、うす茶中型5kgぐらいオス、切れたロープ付き 生後3-4ヵ月の子犬です。
f0078320_12303.jpg
まだあどけない表情のこの子は、遊びたくて白いセッターにちょっかいをかけます。
本当は同年代の子とめいいっぱい遊びたいんだよね。
f0078320_1234991.jpg
 △ks110428-01銚子市三崎町、テリア系白灰中型大きめ18kgぐらい、黒色と赤色の2色の首輪
落ち着いた様子の立派な長毛の子です。

f0078320_1332067.jpg
 △先週末検疫依頼したテリア系オス
f0078320_1335321.jpg
 △今週検疫明けの柴オス
f0078320_1345532.jpg
 △先週、飼い主に6頭一緒に持ち込まれた内の成犬のオスです。
部屋の片隅にうずくまり、やや元気がない様子でした。無事に検疫を乗り切ってほしいです。



3日目の部屋です
f0078320_1372028.jpg
f0078320_1372988.jpg
 △左;sa110427-01横芝光町宮川、茶白中型7kgぐらいメス
右;kt110427-03香取市片野、白中型9kgぐらいオス
f0078320_138028.jpg
 △手前中央;kt110427-01香取市片野、黒白中型8kgぐらいメス
白と黒のセッターは検疫は開けているのに引き出し先が見つからないそうです。

中央の立ち耳の子はおそらく5きょうだいで収容されました。
どの子も凛々しくとてもきれいな子達です。
f0078320_2315595.jpg
 △kt110427-04とkt110427-05香取市片野、茶白中型8kgぐらいメス
f0078320_1404543.jpg
検疫中の赤い紐が付いています。あと少し、がんばって!

4日目の部屋です。3頭がいました。
f0078320_145332.jpg
f0078320_1454266.jpg
 △sa110426-02大網白里町南今泉、茶中型13kgぐらいオス
この茶色の子だけ赤い紐がついていません。
静かに訴えかける様に、じっとこちらを見つめてくれました。
とても賢そうな子でした。
f0078320_1454883.jpg


5日目の最終部屋です。4頭がいました。
f0078320_14871.jpg
 △右端;yo110425-02匝瑳市堀川、黒茶ブチ中型15kgぐらいオス、青色の首輪、鎖付き
f0078320_154227.jpg
 △▽kt110425-01香取市九美上、白黒中型15kgぐらいオス
f0078320_1542911.jpg
この子の体が遠目にも震えている事が分かりました。
「大丈夫、大丈夫だよ。」と背中をさすってあげられたら・・・
こんなに怖い想いをさせてごめんね。
f0078320_1554210.jpg

f0078320_1481532.jpg
 △ks110425-04旭市南堀之内、茶やや長毛中型13kgぐらいオス
こちらをじっと見つめてくれる可愛いらしい子。

どの子もとても穏やかそうな子でした。

気になった子はいませんか?


お問い合わせはセンターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)



                   *    *    *


ちばわんでは、中型犬以上の預かりボランティアさんを募集しています。

【一時預かりボランティアとは】
殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します・・・。


                   *    *    *


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)


お名前のないお問い合わせメールには対応できませんので、何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

『犬の預かりアンケートフォーム』
『猫の預かりアンケートフォーム』  

お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。

なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。
by centre_report | 2011-05-03 02:14 | 愛護センターレポート