ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

4月28日センター訪問レポートその2

4月28日(木)午後、検疫明けの犬を引き出すため、メンバー4名で訪問しました。
アカネパパさんがたくさんの写真を撮ってくれました。

この日は譲渡会が行われていて、多くの人たちがセンターを訪れていました。
その様子はまたのちほど・・・
はじめに、抑留部屋のほうからUPします。


最終部屋
センターへ向かう道中、猫の手さんから報告を受けたとおり、たくさんの子たちがそこにいました。
f0078320_1383927.jpg
f0078320_1385427.jpg
f0078320_139431.jpg
 △幼い子犬も入れられていて、身体の大きな成犬を怖がっています。
(でも、この白い大きな子は子犬にも優しく接していました)
f0078320_1391432.jpg
 あまりの数の、罪もないわんこたち。
全員を救い出すのは無理ですが、ほんの少しだけでも・・・と

f0078320_13958100.jpg
子犬3頭と母犬?を最終部屋から出していただき、検疫お願いしました。
子犬は3頭とも男の子で、まだ生後2-3ヵ月と思われます。
むくむくの愛らしい子たち、写真で見るより100倍可愛らしいです。
f0078320_1310837.jpg
 △▽どちらの子も、少し前に授乳していたと思われるお乳でしたが、まだ若い子です。
固まって微かに震えていましたが、すぐに馴れるタイプだと思いました。
f0078320_13101741.jpg
f0078320_13102823.jpg
 △人懐こいセッター・オスも検疫お願いしました。

6頭を部屋から出してもらいましたが、直後に移送のトラックが到着し、
更にいっぱいになってしまった最終部屋です。
f0078320_1311573.jpg
f0078320_13111459.jpg
f0078320_13112540.jpg
f0078320_13113552.jpg
f0078320_13114658.jpg
 △左奥にいる男の子も、悩んだ末やはり検疫をお願いしました。
先に出してもらった子犬たちのお父さんかも知れませんが、部屋の隅っこで固まる子犬を一生懸命身体で守っていた子。
この子もやはり、部屋から出してみたら微かに震えていましたが、何をしても黙っておとなしく触らせてくれました。

f0078320_13115651.jpg
f0078320_1312561.jpg
f0078320_13121454.jpg
f0078320_13122327.jpg
f0078320_13123357.jpg
とてもきれいな、まだ若い子。

この子たちは、確かに存在していました。

特に多くを望むわけでもなく
この子たちにも天寿を全うさせてやりたい・・・
ただそれだけの願いなのに
その力がないことを本当に悔しく思います。


4日目の部屋
f0078320_1313494.jpg
 △右側;yo110425-02匝瑳市堀川、黒茶ブチ中型オス・青色の首輪、鎖付き
左の子は検疫お願いすることにしました。
f0078320_1594446.jpg
部屋から出してみたら、意外に尻尾ふりふり。
でも吠えもせず、元気だけどハイパーでもなく、良さそうな子です。
まだ若そうで、洗ってあげたらどんなにきれいになることでしょうか。


2日目の部屋
▽左の茶色い子を本日引き出したので、全部で8頭。
うち6頭が、27日の捕獲収容犬です。
f0078320_1313407.jpg
 △ずーっとここにいるセッター。
いつも陽気で元気でいてくれるのが救いです。
f0078320_13134614.jpg
 △手前の子は、来週検疫明けです。
f0078320_13135291.jpg
 △奥の右端;sa110427-01横芝光町宮川、茶白中型8kgぐらいメス
18日捕獲のオスと同じお顔です。
それ以外の5頭は同じ場所・香取市片野で捕獲された子たちで全員よく似て若そうです。
収容犬情報によると、白い子だけオスで他は全てメス、1歳未満のきょうだいではないかと思います。
8-9kg程度のとてもきれいな子たちでした。



そして先週元気だったこの子
f0078320_16125134.jpg
 (※写真は、4月21日のレポートから)
検疫をお願いしていたのですが、体調を崩して今朝亡くなってしまったそうです。
残念でなりません。



子犬室
f0078320_1537186.jpg
 △この子は水曜日の定点収集車で1頭だけ運ばれて来た、とても小さな子犬です。
元気ですが、もしかすると左目の視力がないのかも知れません。
そのせいで、まるでゴミにでも出すかのように捨てられたのでしょうか。


本日は、抑留棟から6頭を引き出しました。
f0078320_13144788.jpg
 △左の黒い子・人大好きの女の子
f0078320_1315457.jpg
 △今日の譲渡会ではご縁がなかった男の子、こんなに小ぶりなのにもうオトナの歯でした。
f0078320_13151981.jpg
 △こちらの男の子はまだ乳歯がありました。
f0078320_13152931.jpg
 △垂れ耳の女の子
f0078320_13154238.jpg
 △大きいけれど、まだ乳歯の残る子犬
f0078320_13155251.jpg
 △今日の譲渡会でご縁のなかったチワワ女の子


到着後最初に行った子犬舎で、譲渡会の様子
f0078320_13162071.jpg
f0078320_13162811.jpg
 たくさんの子犬たちがもらわれて行きました。
f0078320_13164241.jpg
 △▽今日はご縁がなかった子犬たち。疥癬治療をしていたそうですが、見た目ではほとんどわわかりません。
f0078320_13165188.jpg
 疥癬治療がほぼ完了したきょうだい子犬6頭のうち、1頭だけが今日もらわれました。
すぐに病院へ連れて行きますから大丈夫です、と言って下さったそうです。
5頭のきょうだい(確か、オス3メス2)だけが、子犬舎に残りました。

                   *    *    *


ちばわんでは、中型犬以上の預かりボランティアさんを募集しています。

【一時預かりボランティアとは】
殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します・・・。


                   *    *    *


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)


お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

『犬の預かりアンケートフォーム』
『猫の預かりアンケートフォーム』  

お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。

なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。
by centre_report | 2011-04-29 13:16 | 愛護センターレポート

4月28日センター訪問レポートその1

猫の手さんのレポートです。
加筆・修正しています。




4月28日、定期的に参加してくださるTさん、Iさんと姪御さん、初参加のSさんと清掃のためにセンターを訪れました。

1週間前に最終部屋にいた子たちはもういないのに、そこは助けを求める子であふれていました。
f0078320_013713.jpg

f0078320_022719.jpg

f0078320_0223923.jpg



さらに持ち込みで3頭の若い成犬と3頭の子犬が入れられました。
4つの足を踏ん張って、必死に抵抗します。
f0078320_0151848.jpg


「いやだよ。行きたくないよ」と悲痛な声で助けを求めます。
f0078320_0163763.jpg


飼い主の足にしがみついて「お願い。おうちに連れてって」と見上げています。
それを引きはがして次々と職員さんに渡す女性。
f0078320_175173.jpg


そして職員さんはそんな犬たちをロープで吊り下げるようにして最終部屋に入れます。
それを平然とながめ、6頭の子が最終部屋に入ったのを見届けて立ち去る飼い主夫婦。
憎くて憎くて石を投げつけてやりたくなりました。
でも、丸々と太ったこの飼い主も私も、捨てられた犬たちにとっては同じ。
見捨てる人間であり、ひどい人間であることにかわりありません。
f0078320_0183034.jpg

左側に集まっている5頭と白い犬を挟んで右側にいる子が持ちこまれた子でたちです。
みんなそっくりです。

センターに来て、「ごめんね」って何回言ったんだろう。
100万回のごめんねより、「うちにおいで」の一言がこの子たちには必要なのに。
それでも「ごめんね」しか言えない。ごめんね。ごめんね。



4月28日が収容期限の最終部屋と4日目の部屋(空でした)の間に、いつもはない壁で部屋ができていました。
その部屋の窓はきれいな部分が全然なくてうまく撮れません。たぶん5~6頭いたと思います。
f0078320_0242458.jpg



3日目の部屋には3頭。  うち2頭が26日の捕獲収容犬です。
f0078320_0245811.jpg
 △奥の白い子はsa110426-01九十九里町片貝、白長毛中型13kg程度メス
真ん中はお顔が見えませんがsa110426-02大網白里町南今泉、茶中型11kg程度オス



2日目の部屋には9頭  奥にいる6頭が、27日の捕獲収容犬です。
f0078320_026428.jpg
 いつもいるセッターがまだいました。
△奥の右端;sa110427-01横芝光町宮川、茶白中型8kgぐらいメス
18日捕獲のオスと同じお顔です。
それ以外の5頭は同じ場所・香取市片野で捕獲された子たちで全員よく似て若そうです。
収容犬情報によると、白い子だけオスで他は全てメス、1歳未満のきょうだいではないかと思います。8-9kg程度のとてもきれいな子たちでした。

f0078320_0262694.jpg
 △kt110427-01香取市片野、黒白中型9kg程度メス、上のきょうだいと思われるうちの1頭
f0078320_0265941.jpg




1日目の部屋は2頭。印がついています。
f0078320_0305212.jpg
 △来週検疫の明ける子、元気でした。
f0078320_0311227.jpg
 △こちらは本日検疫明け、引き出しました。



譲渡室です。
f0078320_036513.jpg

f0078320_0362439.jpg
 △本日検疫明け、引き出しました。
f0078320_0365563.jpg
 △この子は検疫の明けている子犬4ヵ月ぐらいオス、今日の譲渡会にも参加しましたが、ご縁がなかったそうです。

とてもうれしいことがありました。
先週、元気のなかったこの子にお迎えが来ました。
f0078320_0324325.jpg


その方が「くろ」「くろちゃん」って呼ぶと、クィ~ンクィ~ンとうれしそうに甘え泣きをします。
f0078320_0335527.jpg

「よかったですね。迷子の引き出しですか?」と尋ねると、そのご夫婦の家に姿を見せていた子で、飼い主ではないけれど講習を受けて引き取ってくださるとのこと。


こちらの子猫ちゃんも引き出されたようです。
f0078320_035441.jpg




清掃した子犬部屋です。
f0078320_0391858.jpg

先週は回虫が出て元気がなかった子ですが、いちばん元気でした。

f0078320_0405292.jpg

f0078320_041322.jpg

f0078320_042045.jpg

f0078320_0421736.jpg

f0078320_042338.jpg

f0078320_0461593.jpg



こちらは主に成犬の選定室です。
f0078320_0473633.jpg

f0078320_048215.jpg

f0078320_0482087.jpg
f0078320_049378.jpg

f0078320_049301.jpg

f0078320_0504530.jpg



先々週から鑑定室にいた大きな腫瘍を抱えて苦しんでいた子はもういません。
右足におできのような物ができていた小振りのビーグルは最終部屋にいました。
大怪我をしていた猫もいません。現実とはいえ切ないです。苦しいです。

そして最終部屋の奥には瀕死の老犬がいました。
f0078320_0515153.jpg

とても苦しそうな声で泣いていました。立ち上がることもできません。
それでもお水とフードを置いてくれています。
本当なら飼い主がすることでしょう。汚れた体を洗って手を当ててさすってあげるのが家族でしょう。
それができないならもう二度と動物を飼わないでほしい。



子犬舎の写真は、清掃開始前に撮りました。
f0078320_0533349.jpg

f0078320_0535413.jpg

f0078320_0565313.jpg

f0078320_0571021.jpg

f0078320_0573246.jpg

f0078320_059474.jpg

譲渡会の日でしたから、幸せをつかんだ子もいると思います。
※上から3枚目以下4枚の写真に写っている子犬たちは、全員がもらわれて行きました。
1枚目2枚目の写真の6頭は疥癬治療がほぼ完了したきょうだいだそうですが、うち1頭だけがもらわれました。
すぐに病院へ連れて行きますからと言って下さったそうです。

4/28夕刻現在センターの子犬舎にいるのは、上から1枚目と2枚目の写真の子犬たちのうち5頭で、確かオス3、メス2だったと思います。


みんな幸せになってください。


お願いです(このレポートを読んでくださる方たちには当たり前のことですね)。

●たった一度の手術です。避妊、去勢をすることで、ただ殺されるだけに生まれる不幸な命をなくすことができます。
●迷子札・鑑札など、連絡先のわかるものをつけてください。マイクロチップを入れてください。迷子になっても戻ってくる子はわずかです。


気になった子はいませんか?


お問い合わせはセンターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
by centre_report | 2011-04-29 01:15 | 愛護センターレポート

4月21日センターレポートその2

猫の手さんのレポートです。
加筆・修正しています。




4月21日、清掃手順の写真を撮るためにセンターを訪れました。
f0078320_4442494.jpg


1週間前、最終部屋にいた子たちはもういません。
それなのにまた、最終部屋には助けを求めるたくさんの子がいます。
子犬、成犬、老犬、雑種、純血種も関係ありません。
生きたいと願う犬猫たちが、ここで苦しみながら死のときを迎えなくちゃいけない理由はどこにあるのでしょう。

お願いです。

たった一度の手術です。
避妊、去勢をして、望まない命は作らないでください。生まれてこなければ殺されなくてすむのです。殺さなくていいのです。
●迷子になっても犬は家に戻ってくると思わないでください。
迷子札・鑑札など、連絡先のわかるものをつけてください。マイクロチップを入れてください。


21日、収容棟左側に5つ並ぶ、抑留部屋の犬たちの様子です。
譲渡予定の印の付いていない子がたくさんいました。
最終部屋の子たちは、このブログが更新されたときにはおそらくもういません。


最終部屋です。
セッターはいつもいます。奥のテリアミックスはこのときだけ顔を上げてくれました。
f0078320_4464664.jpg


仲よく並ぶ姿は、まるでドッグランのようです。
f0078320_4472165.jpg


中央の子もまだ若そうです。
f0078320_448226.jpg


シェルティです。
f0078320_4484281.jpg


おそらくまだ1年に満たない子犬です。
f0078320_4492929.jpg



助けて! どの子も泣いているようでした。

手を合わせても、ごめんねと謝っても、もう二度と会うことができません。
半日前には会った子たちです。生きていた子たちです。
その証です。

※この日の夕刻には他の抑留所から期限の切れた子たちも移送されて来て、ほとんどの子たちがこの部屋に入れられたため、最終部屋は更にいっぱいになってしまいました。



4日目の部屋です。
おそらく25日が収容期限になると思います
f0078320_4585748.jpg
 △in110418-02成田市長田、白中型オス
f0078320_4595669.jpg
 △in110418-01四街道市大日、茶白中型オス茶色の首輪
f0078320_503464.jpg
 △左;in110418-03成田市西大須賀、白中型オス赤色の首輪にベージュ色のリード付き
右;sa110418-01横芝光町宮川、白茶中型オス

f0078320_51424.jpg
 △in110418-04富里市御料、白茶中型セッターオス
f0078320_514358.jpg
 △yo110418-01匝瑳市吉崎、白茶黒中型ビーグル雑オス


3日目の部屋です。
先週、最終部屋から検疫にかけてもらった黒長毛の子と茶色垂れ耳の子、その他の2頭は19日の捕獲収容犬です。
f0078320_5175782.jpg

f0078320_517955.jpg
 △▽sa110419-01九十九里町片貝、白茶中型メス
f0078320_564741.jpg

f0078320_571473.jpg

f0078320_575627.jpg
 △ks110419-01旭市蛇園、茶黒中型オス、皮膚病


2日目の部屋です。
f0078320_5203330.jpg

f0078320_5221076.jpg
 △kt110420-01香取市岩部、白大型オス黒色の首輪
f0078320_5222586.jpg
 △手前;kt110420-02多古町間倉、茶中型オス青色の首輪
奥;sa110420-01東金市東金、白中型メス赤色の革製首輪
f0078320_5224236.jpg
 △sa110420-02山武市五木田、茶白中型メス黒色の革製首輪
f0078320_5225876.jpg
 △前日最終部屋から出して検疫依頼した子です。
f0078320_5282330.jpg
 △ks110420-01旭市蛇園、黒灰中型メス、皮膚病



1日目の部屋は長くいるセッター以外は印がついていました。
f0078320_525584.jpg



そして、初め譲渡用の部屋にいたこの子たちは、箱に押し込まれてどこかに運ばれました。
f0078320_5415471.jpg

f0078320_5421525.jpg

ここは譲渡用の子を入れるところだからと・・・職員さんどうしで話していました。
譲渡に向かない? 大きいから? ごめんなさい。
何もいえなくてごめんなさい。助けることができなくてごめんなさい。

だれヒトリとして殺されていい命はないはずです。
犬だから? 猫だから? 人間の生活にいると不都合だから?
ほとんどの子が、飼い主と呼ばれる人間との暮らしを経験しているはずです。

みんなお迎えを待っています。

気になったコはいませんか?


                   *    *    *


ちばわんでは、中型犬以上の預かりボランティアさんを募集しています。

【一時預かりボランティアとは】
殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します・・・。


                   *    *    *


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)


お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

『犬の預かりアンケートフォーム』
『猫の預かりアンケートフォーム』  

お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。

なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。
by centre_report | 2011-04-22 05:56 | 愛護センターレポート

4月21日(木)センター・レポートその1

gluck_luluさんのレポートです。

子犬室および選定室清掃のため、センターを訪問致しました。
清掃作業終了後、夕刻の見学です。



あなたは生まれてくる子たちの全てをご自身の責任で幸せにできますか?

この子たちの子、その孫、そのまたひ孫・・・全ての子たちを幸せにできますか?




f0078320_1935248.jpg
△持ち込まれた生後1か月前後の子たち(選定室にて撮影)


この子たちは、何のためにこの世に生を受けたのでしょう?

処分されるためだけに生まれてきたのでしょうか・・・
そんなことが許されても良いのでしょうか?

この子たちには生きる権利はないのでしょうか?

五体満足で元気に生まれてきても、”望まない”、”飼う人がいない”などの理由で愛護センターに持ち込まれる小さな命たちが跡を絶ちません!

f0078320_19353120.jpg
△4/21の時点ではこの子たちのうち何頭かは他団体さんにより引き出される予定です。


この子たちの全てが明るい太陽の下へ出られることを切に願います。



不幸な命をつくらないためにも

不妊去勢手術

をお願いします。
by centre_report | 2011-04-21 19:34 | 愛護センターレポート

4月20日(水)センター・レポート

モカママさんのレポートです。
加筆・修正しています。




検疫が明けた犬たちの引き出しのためセンターを訪問しました。
先週は満開だったという桜はすっかり葉桜になっていましたが
新緑の美しさが際立つ木々や若いウグイスの澄んだ声に、
一瞬、ここがどこであるかを忘れました。
しかし、施設の建物の中から聞こえてくる犬の悲しげな吠え声が
すぐに現実に引き戻してくれました。

この日は子犬舎からの引き出しがないため、抑留棟のみを訪問しました。
私は約2か月ぶりのセンター訪問でしたが、
抑留棟内でも「廊下を挟んで右手(大部屋ではない方)から先に見学する」という
ルールが更に徹底されていて、
センターの方々の感染症防止に対する想いが伝わってきました。

ここでは先に大部屋の紹介をします。
<1日目の部屋>
早い時間だったので当日の捕獲犬はまだ入っておらず、
ちばわんでこの日引き出す犬たちが入っていましたので、引出後は空になりました。


<2日目の部屋>
検疫中の赤い紐がついた2匹と
19日の捕獲犬2匹の合計4匹が居ました。
▼14日に検疫お願いした子です。元気そうでした。
f0121712_1050445.jpg

▼ks110419-01 旭市蛇園 雑 茶黒 オス(4月28日期限)
じっと動きませんでしたが、まだ若そうな穏やかな子でした。
収容犬情報では「皮膚病」とありますが、掻いたり気にしている様子はありませんでした。
f0121712_10501064.jpg

▼(右側)sa110419-01 九十九里町片貝 雑 白茶 メス(4月28日期限)
とても人懐こい、性格の良さそうな子でした。
(左側の黒い子も、14日に検疫をお願いした子です)
f0121712_10501633.jpg
f0121712_10502418.jpg


<3日目の部屋>
検疫中の赤い紐がついた柴犬1匹と
18日の捕獲犬6匹の合計7匹が居ました。
赤い紐がついていない子の収容期限は4月28日と表示されています。
f0121712_11183562.jpg

▼ (下左)in110418-04 富里市御料 セッター 白茶 オス
     ※すっと丸まっていました。痩せているので寒いのかも知れません
 (下右)in110418-02 成田市長田 雑 白 オス
     ※警戒吠えしていましたが、やや小ぶりの可愛い子でした
f0121712_11184378.jpg

▼ in110418-01 四街道市大日 柴雑 茶白 オス
 ※ずっと丸まってじっとしていました。
f0121712_11273741.jpg

▼(右)yo110418-01 匝瑳市吉崎 ビーグル雑 白茶黒 オス
    ※おとなしくじっとこちらに注目していました
f0121712_1133498.jpg

▼(上)in110418-03 成田市西大須賀 雑 白 オス
    ※一度もお顔を見せてくれませんでした
 (下)sa110418-01 横芝光町宮川 雑 白茶 オス
    ※じっとうずくまったままでしたがこちらに注目していました
f0121712_11373154.jpg


<4日目の部屋>
検疫中と思われる3匹と
15日の捕獲犬2匹の合計5匹が居ました。
f0121712_11532448.jpg

▼15日の捕獲犬のうち真ん中の白いメスの検疫をお願いしました。
 ・in110415-01 富里市十倉 雑 白 メス
  ※やや臆病ですが、攻撃性はなく穏やかな子です。
▼一番手前 sa110415-01芝山町高田 雑 茶 オス 4月21日収容期限
 前の茶色い子だけが残ってしまいました。
 とても利口そうな子でじっと目をみつめられました。
 助けてあげられなくて本当にごめんなさい。
f0121712_11533017.jpg


<最終のお部屋>
たくさんの犬たちが居ました。4月21日収容期限です。
このレポートをご覧いただく頃にはもう二度と会えない子達です。
お部屋の中にひどい血便もありました。
f0121712_12244288.jpg

f0121712_12245635.jpg

f0121712_12251141.jpg

▼この中から元気な2匹の検疫をお願いしました。
f0121712_12253373.jpg

f0121712_12254429.jpg

f0121712_122557100.jpg



次に、廊下を挟んで右側の部屋・譲渡室と選定室です。
ほとんどが検疫中の犬たちです。
f0121712_13272460.jpg
f0121712_13273378.jpg
f0121712_13274060.jpg

選定室には離乳したばかりと思われる仔犬がいました。
まだ母親のぬくもりが必要な仔犬たちです
数年前乳飲み子のときにセンターに持ち込まれた、我が家の愛犬の姿と重なりました。
f0121712_1328982.jpg

要らない命なら生ませないでください!
不幸な命をこれ以上増やさないため、どうか不妊・去勢手術をしてください!!
f0121712_13282759.jpg
f0121712_13283810.jpg
f0121712_13284669.jpg

▼右のスタンダード・ダックスはこの日引き出しました。
f0121712_13285511.jpg

どの子も検疫明けまでどうか元気に乗り切って、
素敵なご家族に巡り合ってほしいと思います。

本日引き出した犬たちの一部です。
この日は抑留棟から合計14匹を引き出し、
各方面の運搬さんの車に乗って、預かりさん宅に向かいました。
f0078320_13391154.jpg
f0078320_13392190.jpg
f0078320_13392949.jpg
f0078320_133935100.jpg
f0078320_13394220.jpg
f0078320_13395227.jpg
f0078320_1340036.jpg

f0078320_22531229.jpg

f0078320_13401737.jpg
f0078320_13402723.jpg

体調が整い次第、いぬ親さまを募集を開始いたします。


                   *    *    *


ちばわんでは、中型犬以上の預かりボランティアさんを募集しています。

【一時預かりボランティアとは】
殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します・・・。


                   *    *    *


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

『犬の預かりアンケートフォーム』
『猫の預かりアンケートフォーム』  

お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。

なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。
by centre_report | 2011-04-21 13:36 | 愛護センターレポート

4月14日センターレポート

アトムミルクママさんのレポートです。
追加・修正しています。




昨日4月14日、検疫明けの犬引出しのため、スタッフ5名で愛護センターを訪問しました。
センター前の公園広場の桜は今まさに満開で、一瞬ここがセンターということを忘れてしまいます。
センターに居る子たちみんなに、この桜の下を歩かせたいと思いました。
それは叶わぬ夢です。


この日、センターの譲渡会が開催されていました。
私たちが到着した時は、まだ講習会受講の時間でしたが、なんと10頭の子犬が譲渡されたそうです。
14頭いたので、4頭だけ決まらなかったことになります。
その4頭全てを、ちばわんで引き出しました。
一般譲渡された10頭の子たちも、幸せになってほしいと思います。

子犬舎は空になりましたが、またすぐ検疫室から次の検疫明けの子犬たちがやってきます。
元を絶たないと終わりませんね。
また、全ての子犬が譲渡されるわけではありません。
収容された子犬のうち、検疫にまわしてもらうことができた中でも、一部の子犬だけが生き残れるんです。
検疫中、感染症、栄養失調などで、命を落とす子もとても多いです。

不幸な子達を減らす第一歩
不妊去勢手術をお願いします。


生まれたら生きたいんですよ、みんなどの子も。
生まれてきたからにはどの子も幸せにならないといけません。


収容棟です。
たくさんの犬たちがいました。
泣いている犬たちがいました。

まずは最終部屋から
はじめは5頭いたと思いましたが、木曜午後恒例の移送車が到着して、11頭になりました。
この中のほとんどの子は、今はもういません。
ごめんなさい。何もしてやれなくて。
f0078320_23582981.jpg

f0078320_2359349.jpg

f0078320_004581.jpg

f0078320_14175738.jpg


その中から検疫にかけてもらった子です。
f0078320_015445.jpg

f0078320_025777.jpg
 △上2枚同じ子の写真、1歳未満メス、人間大好きですが躾はこれからです。


f0078320_034772.jpg

f0078320_041193.jpg

f0078320_044342.jpg
 △上3枚同じ子の写真で、乳歯が生え変わる頃の子犬オス、体重7kgぐらいで中型犬以上に成長するでしょう。ちょっとびびりちゃんですがすぐ馴れると思います。
預かり先募集します!
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)



f0078320_061541.jpg

f0078320_064244.jpg

f0078320_07104.jpg
 △移送車でやって来た中型犬女の子。
おとなしいいい子です。
痩せていて、苦労がわかります。


頑張って検疫乗り切るんだよ。


4日目の部屋  3頭収容 18日または21日収容期限
f0078320_1432273.jpg
f0078320_14323892.jpg
 △上2枚は同じ2頭の写真で、左はks110411-01旭市後草で捕獲、白茶大型オス青色の首輪、右はin110411-03四街道市鹿渡で捕獲、茶中型オス青色の首輪



3日目の部屋  4頭(うち捕獲収容犬は3頭) 18日または21日収容期限
f0078320_14335767.jpg
f0078320_1434812.jpg
 △ks110412-03旭市椎名内で捕獲、黒茶中型(やや大きめ)オス青色の首輪
f0078320_0143162.jpg
 △in110412-02四街道市長岡で捕獲、うす茶中型メス
f0078320_0145275.jpg
 △セッターはすでに検疫が明けていますが、行き先が決まっていないのかも知れません。
f0078320_0153133.jpg
 △左奥;kt110412-01東庄町今郡で捕獲、黒中型(小ぶり)オス
下痢を便が数ヵ所にあり、この部屋のどの子かが下痢をしているようで心配になりました。
血便ではなかったです。



2日目の収容部屋   5頭  全て検疫中の子でしたが、この移送で来たセッター(確かメス)の行き先は決まっていないと聞きました。
f0078320_0185738.jpg




1日目の収容部屋  7頭のうち収容期限内の子は1頭、この日捕獲されたばかりの子です。
f0078320_14373772.jpg
 △in110414-01富里市御料で捕獲、黒中型(10kgぐらい)メス


譲渡室
f0078320_024358.jpg
 △先週最終部屋から出していただいて検疫をお願いした子犬、元気そうで安心しました。

f0078320_0245299.jpg
 △他の抑留所から移送されて来たばかりの超小型犬2頭メス、これから検疫だそうです。

f0078320_025195.jpg
 △ペキニーズ?メスだそうです。この日時点では行き先未定。


選定室
f0078320_0255476.jpg

f0078320_0263177.jpg

f0078320_0274099.jpg
 △以上センター側で検疫中

f0078320_0265426.jpg
 △先週検疫をお願いした子犬たち、こちらも元気そうで安心しました。

f0078320_0302846.jpg
 △先週検疫をお願いしたビーグル風成犬メス、こちらも元気そうで安心しました。


先週訪問時に最終部屋から出していただいて検疫をお願いした7頭は、全員元気そうでした。





子犬室にも10頭以上いました
f0078320_028281.jpg

f0078320_029029.jpg

f0078320_0295421.jpg
 △無事検疫が明ければ、センター主催の譲渡会に出られることになります。



この日引き出した子たちの一部です
f0078320_0133321.jpg

f0078320_15135581.jpg

f0078320_0334782.jpg

f0078320_0342916.jpg

f0078320_0345298.jpg

f0078320_0352651.jpg


子犬舎より子犬4頭、収容棟より5頭の計9頭を引き出しました。
体調整い次第、募集に入りますので、どうぞ、応援してください。



ちばわんでは、中型犬以上の預かりボランティアさんを募集しています。

【一時預かりボランティアとは】

殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します・・・。


                   *    *    *


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

『犬の預かりアンケートフォーム』
『猫の預かりアンケートフォーム』  

 


お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。


なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。 
by centre_report | 2011-04-16 00:39 | 愛護センターレポート

4月13日センター訪問レポート

猫の手さんのレポートです。
加筆・修正しています。




4月13日、センターのサクラが満開だった日のレポートです。
f0078320_0243190.jpg

いつだってここは、助けを求める犬たちであふれています。
引き出しても引き出しても、すぐにいっぱいになっています。
そのため千葉県は、2010年度殺処分数が全国1位と、不名誉な結果だったようです。
確かに絶対数ではそうなのかもしれないけれど、上位に並ぶ他県に比べて飼育頭数も多いのでは・・・。
だからと言って許されるものではないし、それを言うと東京都や神奈川県のほうが多いはずですから、飼い方の問題ということになるのでしょうか。

●たった一度の手術です。避妊、去勢をして、育てられない命は作らないでください。
これを怠ったばっかりに、毎年毎年子犬を捨てることになるのです。罪もない命を死に至らしめることになるのです。
●迷子になっても犬は家に帰れると思わないでください。迷子札・鑑札など連絡先のわかるものをつけてください。ほぼ永久的になくならないマイクロチップを入れてください。


13日の犬たちの様子です。
定期的に清掃ボラに参加してくださっているSさんたちが清掃中でしたので、子犬・小型犬の検疫室の様子は撮影できていません。


いちばん手前の譲渡室です。
f0078320_0252692.jpg
 (△翌日14日に引き出しました)
f0078320_0264212.jpg
 (△同じく、翌14日に引き出しました)
f0078320_0313921.jpg
 △来週検疫明け引き出し予定の子犬です。

ここは純血種の子が多く入っています。
f0078320_0272758.jpg
 (△右のダックスは翌日14日引き出しました)
f0078320_0275937.jpg
 △大きめサイズのチワワ、オス。14日時点では譲渡先未定。
f0078320_0282914.jpg
 △こちらは検疫が始まったばかり、移送されて来たチワワ・メス
f0078320_0292334.jpg
 △同じく、ヨーキー・メス
f0078320_0295146.jpg
 △他団体さん引き出し予定だそうです。

長くいるコもいます。
f0078320_0302593.jpg
 △右のポメラニアン・オスも譲渡先未定だそうです。左の大きめチワワ・オス同様、とても元気な子です。

(長くいた母子が先週ここを出られたのはうれしいですね。)

f0078320_032109.jpg

乳飲み子のような子猫もいつもいます。


鑑定室です。
病気や怪我をしている子が入ります。
とてもつらそうな子がいます。見ているほうが苦しくなります。
f0078320_0331621.jpg
 △おそらくks110412-02銚子市余山で捕獲された、茶中型メス、青色の首輪
どうしてここまで放っておけるのでしょう。

f0078320_035266.jpg
 △やや小ぶりのビーグル・オス 
f0078320_0354539.jpg
 △持ち込み2歳オス、長くいます。
f0078320_036968.jpg


主に成犬を検疫にかける選定部屋です。
f0078320_036508.jpg
 △来週検疫明け、引き出し予定です。
f0078320_037677.jpg
 △長くいるスタンダード・ダックス
f0078320_0373841.jpg
 (△翌日14日に引き出しました)

子犬たちもいます。
f0078320_0385863.jpg
 △まだ検疫中ですが、疥癬治療中とのことです。
f0078320_0393574.jpg

f0078320_0402739.jpg

f0078320_0404379.jpg
 △白子犬と茶子犬は来週検疫明け、引き出し予定です。


そして1日ごとに壁が押されて処分機に向かう部屋です。
引き出しの印の付いていないコは、行き場のないコたちです。
最終部屋と4日目の部屋のコは、もうここにはいないのかもしれません。

ここでお星さまになってしまったなんて、ごまかしたくないです。
灰になったのです。そして産廃として捨てられるのです。

きれいな目で見つめてくれたコたちです。「助けて」と近寄ってきたコたちです。
手を合わせても、ごめんねと謝っても、もう帰ってくることはないのです。
彼らは2日前までは生きていた。その証を残してあげたいです。

最終部屋です。
f0078320_0424076.jpg
f0078320_0431418.jpg
f0078320_0432942.jpg
 △後の2頭を翌日検疫依頼しました。
f0078320_0433924.jpg
f0078320_0444540.jpg



4日目の部屋です。
f0078320_057322.jpg
f0078320_0574916.jpg

f0078320_058716.jpg

f0078320_058217.jpg

f0078320_0583829.jpg

f0078320_162755.jpg
 △奥の黒白の子は譲渡先が決まっているそうです。

3日目の部屋です。
f0078320_0554836.jpg
 △右;in110411-03四街道市鹿渡で捕獲、茶中型(10kgぐらい)オス青色の首輪
(左の子は翌14日にはいなかったので、おそらく返還になったのではないでしょうか)
f0078320_1105998.jpg
 △右;ks110411-01旭市後草で捕獲、白茶大型オス青色の首輪
(左の灰色の子は14日に飼い主さんが迎えに来ていました)



2日目の部屋です。
f0078320_054586.jpg
 △ks110412-03旭市椎名内で捕獲、黒茶中型(大きめ)オス青色の首輪
f0078320_154170.jpg

f0078320_155737.jpg
 △左;kt110412-01東庄町今郡で捕獲、黒白中型(小さめ)オス
右;in110412-02四街道市長岡で捕獲、うす茶中型(10kgぐらい)メス



1日目の部屋です。
f0078320_053593.jpg
 △来週検疫明け、引き出し予定です。
f0078320_0542334.jpg
 (翌14日に引き出しました)


気になったコはいませんか?


ちばわんでは、中型犬以上の預かりボランティアさんを募集しています。

【一時預かりボランティアとは】

殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します・・・。



実はこの日の朝一番で、1頭引き出しもしていました。

行き先未定で検疫されていたのを、ちばわんで引き受けることにした黒いラブ風の中型犬です。

f0078320_618614.jpg
 (写真は7日のレポートから)

検疫明けを迎えましたが、依然として食べることができずに痩せてしまっているとのこと、明らかに感染症以外の理由が考えられましたので、急遽引き出してそのまま入院治療に入りました。
tomotenkuriさんがとても迅速に動いてくれたのですが・・・。


引き出し時には歩くこともできて、思ったよりも元気そうに思えたそうです。
点滴治療をして少し食べることもできたのですが、2日後の午後に危篤の知らせが届き、亡くなってしまいました。

旭市の震災被害が大きかった地域で捕獲された子でした。
外からはわからない大きな傷を、身体のどこかに負っていたのでしょうか。

助けることは叶いませんでした。
 



                  *    *    *


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

『犬の預かりアンケートフォーム』
『猫の預かりアンケートフォーム』  

 


お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。


なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。 
by centre_report | 2011-04-15 01:19 | 愛護センターレポート

4月7日(木)センター・レポート その2

運搬のため同行したへろみさんもたくさんの写真を撮ってくれましたので、レポートその2をUPします。



抑留部屋

1日目の部屋 2頭
f0078320_821762.jpg
 △来週検疫明け、ちばわんで引き出し予定です。
f0078320_8215771.jpg
 △明日、一般譲渡希望者さんが迎えに来てくれるそうです。


2日目の部屋 7頭
f0078320_822354.jpg

f0078320_8232642.jpg
 △kt110406-02東庄町宮ノ台で捕獲された茶中型メス青色の首輪
f0078320_8234386.jpg
f0078320_8235654.jpg
 左の白茶ブチの子は、本日検疫明けで引き出しました。
f0078320_824125.jpg
 △sa110406-01大網白里町九十根で捕獲された黒灰白中型オス青色の首輪
f0078320_8242995.jpg
 △in110406-01印西市笠神で捕獲、黒白中型メス
f0078320_8245742.jpg



3日目の部屋 5頭
f0078320_8251975.jpg
 △in110405-01富里市根木名で捕獲された黒ブチ(まだら)中型メス
ここから出して欲しい!とときおり訴えていました。
f0078320_82625.jpg
 セッター? 
f0078320_8264512.jpg
 △おそらくsa110405-01山武市植草で捕獲された茶中型オス、茶色の首輪
奥と手前はちばわんで引き受けた子です。


4日目の部屋 3頭
f0078320_8273210.jpg
 △ちばわんで検疫お願いした子犬、元気でした。
f0078320_8275496.jpg
 △yo110404-01匝瑳市野手で捕獲された茶黒中型オス、ベージュ色の首輪
この部屋ではこの子だけ赤い紐が着いていませんでした。
f0078320_828854.jpg
 △右側ボーダーコリー風の子は、譲渡先が決まっているそうです。
3頭でとても仲良くじゃれ合っていて、しばし場所を忘れていたいと思うような微笑ましい光景でした。



5日目 最終部屋です。
おそらく明日朝には処分が行われ、この子たちはもういなくなるはずです。
f0078320_8284626.jpg
f0078320_829679.jpg
 △尻尾をぶんぶん振っている様子がよくわかります。垂れ耳のガッチリした体型、短足ではありませんが、胴はバセット風に逞しいです。
痩せてもいないので、持ち込みの子でしょうか。
f0078320_829279.jpg
 △この子は収容犬情報にあった4月1日捕獲の青色首輪の男の子。
若そうで性質にも問題なさそうな子なのに、助けてあげることができませんでした。
f0078320_8295222.jpg
 △この子も男の子、やや警戒心の強い子でしたが、助けてあげられませんでした。
f0078320_830975.jpg
 △そしてこの子は3月31日捕獲収容犬、すでに体調を崩していました。
f0078320_8294077.jpg
 △何とこんなに小さな子犬が1頭だけ最終部屋の隅っこにいました。
これは・・・・・・たまらず部屋から出していただき、検疫をお願いしました。
子犬1頭だけならば何とかできると思ったからです。 ※男の子です。


でも、この子だけではありませんでした。
このあと、他抑留所等からの移送トラックが到着し、すでに収容期限を迎えた子たちが何頭も運ばれて来て、次々と最終部屋に入れられました。
写真は、レポートその1のほうに掲載しています。

※メイマミ&アイママさんのレポートから
f0078320_1673447.jpg

最終部屋に入れられたあと、奥の壁にぴたっとへばりついて固まる小ぶりの子たち。
まだ幼い子たちに違いありません。

・・・どんな子も、まだ生きられる健康体を持ちながら致死処分にされてしまうのは、本当に辛いことです。
もっと幼い、生後2ヵ月までに捕獲収容された子犬たちには、自動的にチャンスが与えられますが、幼くしてここまで一生懸命生きて来たというのに、オトナにもなれないままここで命を断たれてしまうという、こんな理不尽を許すのは本当に耐え難いことです。

そして、今、ここで手を伸ばせば、自分たちにはそれを止められるとわかっているのに・・・


・・・当然、手を伸ばさずにはいられませんでした。

1頭ずつ、時間をかけて部屋から出していただいた子たちは、思ったとおり、全員1歳にもならない子たちでした。
すっかりオトナの歯に生え替わった1歳弱の子、まだ乳歯の子犬もいました。

結局、この日検疫をお願いしたのは全部で7頭になりました。
チャンスを与えられたからには、全員、頑張って乗り切って欲しいと思います。

無事に2週間が過ぎれば、即座に引き出さなければなりません。

4ヵ月~1歳弱の子犬預かり先を大募集します!


問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)


そして、子犬を迎えたいと思っていらっしゃる方は、コロコロの幼い子犬だけが選択肢ではないことを、どうか知って下さい。
数ヵ月経って身体が大きくなっていても、まだまだ幼い子犬です。
むしろ、性格が少しずつ出てきている分、余計に愛しいと感じられるかも知れません。



選定室
f0078320_831280.jpg
 △本日検疫明けで引き出しました。
f0078320_8312788.jpg
 △行き先の決まっていなかった黒柴を引き受け、本日引き出しました。
f0078320_8315420.jpg
 △間もなく検疫明け、来週のセンター開催譲渡会に出るのではないでしょうか。
f0078320_832934.jpg
 △持ち込み5歳オスのスタンダード・ダックス、12~3kgありそうです。行き先が決まっていないそうです。
f0078320_8323053.jpg
 △本日検疫明け、引き出しました。
f0078320_8325511.jpg
 △来週が検疫明けです。もうしばらく頑張るんだよ。
f0078320_8331360.jpg
 △この日収容された子犬、このあと他団体さんにより引き出されました。

仔犬室
f0078320_833533.jpg
f0078320_834122.jpg
f0078320_834284.jpg
f0078320_8344580.jpg


鑑定室
f0078320_8352511.jpg
 △行き先未定とのことだったので引き受けることにしました。でも、体調が悪いそうです。
f0078320_8354096.jpg
 △この子もまだ乳歯の子犬、長毛の可愛い男の子です。
f0078320_8355980.jpg
f0078320_836972.jpg


引き出した子たち
f0078320_8364758.jpg
f0078320_837883.jpg
f0078320_837228.jpg
f0078320_8374588.jpg
f0078320_83812.jpg
f0078320_8381295.jpg
f0078320_8383982.jpg


本日は、子犬舎から1頭、抑留棟から7頭を引き出しました。



ちばわんでは、中型犬以上の預かりボランティアさんを募集しています。

【一時預かりボランティアとは】

殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します・・・。


                   *    *    *


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

『犬の預かりアンケートフォーム』
『猫の預かりアンケートフォーム』  



お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。


なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。 
by centre_report | 2011-04-08 08:41 | 愛護センターレポート

4月7日(木)センター・レポート その1

メイマミ&アイママさんのレポートです。
加筆・修正しています。




急きょ仕事が休みになり、今年初めてセンターにご一緒させてもらいました。


f0078320_013357.jpg


慰霊碑の前に立ち、せめて助けられた子達は幸せにするからねと約束しました。





まず仔犬舎に

皆、とっても元気にしてました。

f0078320_029324.jpg


f0078320_02935100.jpg

f0078320_0302382.jpg

▲ 兄弟?姉妹でも、この子だけは臆病でずっと隅で固まってました。


f0078320_0304397.jpg

▲この中で、長く居る少し大きくなった一頭を引き出しました。

来週木曜日に、センターの譲渡会が開催されます。




収容棟

f0078320_0402760.jpg

▲検疫中です。元気でいました。
あと少しだからね。頑張って!


f0078320_0433045.jpg

▲ずっと座ってこちらを見てました。
人に忠実に従って居た子だったのではと感じてしまいました。
でもここはセンター、その姿は悲し過ぎます。


f0078320_1102597.jpg

f0078320_1105682.jpg

▲2枚同犬です。
一見ハスキーが入って居るのではと思える様な毛色。
人に飼われて居た証はあり、扉に近寄ると側まで来てくれ優しい目でジッと見てました。
まだ人を信じてくれています。





f0078320_1191928.jpg

f0078320_1193833.jpg

▲まだ仔犬のあどけなさの残る子達も収容棟に入ってました。






f0078320_122082.jpg

f0078320_122293.jpg

f0078320_1225750.jpg

f0078320_1394728.jpg





f0078320_1273481.jpg

f0078320_128858.jpg

▲2枚同犬
ビーグルミックスの様な、ガッチリとした中型の女の子。
綺麗な子で歯も大人しく見せてくれました。
非常に人懐こく尻尾ブンブン、体つきも良く体重15kgぐらい
良い家庭犬になりそうです。
こんな子が処分されてしまうしかないのでしょうか・・



f0078320_1321538.jpg

f0078320_1324413.jpg

f0078320_133836.jpg

▲3枚同犬
他犬にしつこくされても怒る事無く、優しい目をしたとても温厚で性格の良い子でした。
大きさは小さめの中型犬位です。
yo110404-01匝瑳市野手で捕獲された茶黒中型(8キロぐらい)オス、ベージュ色の首輪
歯を見たところ、1歳弱と思われます。
人懐こく尻尾フリフリのとても良い子です。




気になる子はいませんか?
預かれる方はいませんか?

問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)



検疫中

f0078320_237053.jpg

f0078320_2373417.jpg

▲2枚同犬
心配になるほど、ガリガリに痩せて居ました。頑張って。






f0078320_2464673.jpg
 △こう見えてまだ乳歯の子犬オス、来週引き出し予定です。

f0078320_3121261.jpg
 △シェルティMIXのような毛色の成犬メス、同じく来週引き出し予定です。






f0078320_244432.jpg

f0078320_2451130.jpg

▲2枚同犬
スタンダードダックス とても綺麗な子でした。
きっと大事にされていたのでしょうに、なんでココに居るの?

持ち込み5歳オス 譲渡用にまわされているものの、まだ行き先が決まっていないそうです。


前回のアップで写ってた小型の純血の子達も居ました。


今年度から、センター譲渡会の開催方法が変わります。
子犬だけでなく、成犬も一部譲渡会に出るようになるとのことでした。

1回目が来週14日(木)に開催されます。







▼途中で、他抑留所で収容期限を迎えた子達が移送されてきた場面に遭遇してしまいました。
f0078320_2542380.jpg

f0078320_2544421.jpg

f0078320_255425.jpg

▲入れられた部屋は、翌日処分の決まっている最終部屋。





f0078320_324750.jpg

▲最終部屋





f0078320_395455.jpg

f0078320_3102275.jpg

f0078320_3105173.jpg
 
▲少しでもと数頭検疫にかけて頂きましたが・・・数の多さに限界があります。
他の子達は、明日早朝には天に召されます。
命を選ばなくてはいけない、悲しい現実です。

頑張って検疫を乗り越えるんだよ。


*ラブも別部屋に移動されました。








▼本日引き出した子達の一部です。
f0078320_3305454.jpg

f0078320_3311368.jpg

f0078320_3314570.jpg

f0078320_3321772.jpg

f0078320_3323669.jpg

▲2月からずーっといた母子犬も、揃って出られる日が来ました。1頭になってしまった仔犬ちゃんですが、とっても元気です。




各預かり宅移動後、体調が整い次第、募集を開始致しますので宜しくお願い致します。



最後に、残念なご報告です。

前回のレポートにUPした、全身酷い皮膚病(おそらく疥癬と思われる)の小型犬ですが、昨日亡くなってしまったそうです。
今週あたま月曜日、T先生に問い合わせて状態を確認し、収容期限の切れた今日実は連れ帰ってすぐ治療に入るという心づもりでいました。

この子には結局、10名近くの方から「預かります!」とのお声をかけていただきましたが、とても残念な結果となりました。
それぞれ個別にお知らせすることが難しく、この場でのご報告となりましたことをどうかご容赦下さいm(__)m

おそらく、その何十倍もの方がご心配下さっていたことと思います。
助けることは叶いませんでした。

by centre_report | 2011-04-08 03:54 | 愛護センターレポート

4月4日(月)センター・レポート

gluck_luluさんのレポートです
加筆修正しています。




検疫室清掃のため、預かりもされているUさんとYさん、私の3人で訪問しました。

清掃に時間が掛かり詳細な確認ができませんでしたが、Up致します。


最終部屋  2頭  2頭とも収容情報該当なし 収容期限不明
f0078320_18563765.jpg
 △このあと検疫にかけられたようで、行き先が決まっているそうです。
f0078320_18564698.jpg
△2頭とも人馴れは問題なさそうでした。


4日目の部屋
f0078320_1924070.jpg
△in110330-02 冨里市久能捕獲 茶中型 メス

f0078320_1924663.jpg
△in110330-01 成田市大山 捕獲 茶中型 メス 検疫をお願いしました

f0078320_1925386.jpg
in110330-03 四街道市山科 捕獲 白黒大型 セッター 
頻繁に咳をしていましたフィラリアなのでしょうか?


3日目の部屋
f0078320_19143555.jpg
△白黒のセッター 前回のレポートでは検疫中とのことでしたが、青いリボンも赤いリボンもしていませんでした。

f0078320_19144131.jpg
△sa110330-01 東金市三ケ尻捕獲 茶白中型 柴 赤色の首輪
とても人懐っこい子。首輪をしていました。飼い主さん迎えに来てあげて下さい!!

f0078320_19243515.jpg
△体調が優れないのかずっとこのまま動きませんでした。

f0078320_19252390.jpg
△検疫中の子 今週ちばわん引き出し予定です


2日目の部屋
f0078320_19354053.jpg
 検疫をお願いしました

f0078320_19354814.jpg
△この子にだけリボンがついていませんでしたが、首輪をしています。飼い主さん迎えに来てあげてください!!
1日の捕獲収容犬です。ks110401-01銚子市海鹿島で捕獲された茶中型オス青色の首輪

f0078320_19355628.jpg
f0078320_1936235.jpg
△どの子も無事検疫を明けますように


譲渡希望・預かることのできる方は、ちばわんまでお願いします。

問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。



譲渡室
f0078320_2034372.jpg
△前回のレポートより

f0078320_1939226.jpg

△前回のレポートにもいた子ですが、他所からの移送の子でした。重度の疥癬ですが、懸命に生きようとフードを食べていました。イベルメクチン投与も検討しているとのことでしたが、体力が持つのでしょうか・・・この子の生きたいという気力だけが希望です。ガンバレ!!


選定室
f0078320_2052555.jpg
f0078320_2054296.jpg
f0078320_2055740.jpg
f0078320_206585.jpg
f0078320_2061459.jpg
△皆元気そうでした。

f0078320_2075653.jpg
△この子だけ血の混じった嘔吐の跡があり、気になりました。


子犬室
今回清掃した検疫室。
f0078320_20231173.jpg
f0078320_20232472.jpg
f0078320_20233346.jpg
f0078320_20234320.jpg
f0078320_20235323.jpg
f0078320_2024191.jpg
f0078320_2024108.jpg
f0078320_20242165.jpg
f0078320_20242815.jpg
f0078320_20243881.jpg
△皆元気でした。

f0078320_20244591.jpg
△この子は、噛み癖があるとのことでしたので、体を調べると左前肢の爪が伸びに伸びて巻づめ状態になっていました。いつから切ってもらえていなかったか・・・さぞかし痛かったのでしょう。T先生ともに爪切りをしました。痛みが取れれば落ち着いてくることでしょう。

4/5追記:本日5日に再度確認しましたが、威嚇などは治まっていなかったとのことです。他に原因があるのでしょう。



ちばわんでは、中型犬以上の預かりボランティアさんを募集しています。

【一時預かりボランティアとは】

殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します・・・。


                   *    *    *


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

『犬の預かりアンケートフォーム』
『猫の預かりアンケートフォーム』  


  


お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。


なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。 
by centre_report | 2011-04-04 19:22 | 愛護センターレポート