ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

3月30日(水曜日)センターレポート

たの子さんのレポートです。
加筆・修正しています。



センターレポートを見て預かりを申し出てくださったちばわん預かりボランティアさんに
わんちゃんをお届けするため、副代表、Sさん、私の3人でセンターを訪れました。
検疫が明け、ようやく一般家庭でリスタートできます。
今日引き出したのは子犬1頭・成犬3頭の計4頭でした。


子犬舎
子犬舎は頭数は少なかったものの、残っているのは

↓人にじゃれつきたいけどちょっと人が怖い感じのメス
f0078320_17451168.jpg

↓足が短くて胴長のむちむちのオス
f0078320_1746170.jpg

↓センターにてモデル犬候補予定のオス
f0078320_17453659.jpg

↓大きくなり始めたメス3頭
f0078320_17463237.jpg
f0078320_1747087.jpg


大きくなり始めたメス3頭は姉妹のようです。
元気に子犬舎の部屋2部屋を、窓枠に飛び乗って塀を渡って行ったり来たりしていました。

↓長くいるオス1頭を引き出しました。
f0078320_18474415.jpg



収容棟

収容棟には抑留部屋以外にもいくつかの部屋がありますが、これまでの施設を譲渡のためにより有効活用できるように、1頭でも多くの命を救えるようにとの改善作業がなされ、今週からそれぞれ新たな用途で部屋分けされていました。


譲渡室

↓まだ母子犬、居ます。
f0078320_1813822.jpg

f0078320_1835626.jpg

↑お母さん、職員さんがお掃除に入ってきたら、ゆっくり立ちあがっておしっぽ振りはじめました。
人馴れは大丈夫なようです。
顔つきも含めて、とても穏やかになったように思います。
中型ですが、結構肉付きが良いです。
子犬の方は、ちょっとおとなしすぎるところが気になります。
体も小さいし・・・。
どなたか母子を預かれる方はいませんでしょうか?

↓赤いロープがついてる小柄のコーギー
譲渡用にまわされたものの、まだ行き先は決まっていないそうです。
f0078320_1882173.jpg


↓大きめチワワと小柄のダックス
2頭とも非常に元気で若そうに見えます。
先週木曜日に来たばかりで、譲渡先はまだ決まっていません。
f0078320_1894743.jpg

f0078320_18102335.jpg


↓ポメラニアンとダックス
こちらはすでに検疫が明けていますが、譲渡先が決まっていません。
どちらもオスだそうです。
f0078320_18114182.jpg
f0078320_1812477.jpg


↓人馴れした若猫(手を求めてケージにすりすりしています)
f0078320_18233088.jpg

↓小さな子猫たち。全部で8匹もいます。黒くて小さな子猫はカリカリフードを食べられません・・
f0078320_1824040.jpg

f0078320_18243249.jpg


猫ちゃんの譲渡先・預かり先も募集しています。


選定室
↓5歳オスのスタンダードダックス
検疫は空けていますが、まだ譲渡先は決まっていません
f0078320_18165418.jpg


↓黒柴のオス
検疫は空けていますが、まだ譲渡先は決まっていません
f0078320_18175849.jpg


二頭とも良い便をしていて元気そうでした。
純血種のこの子たち・・・・人の手を介して生みだされたはずなのに、
人の手を介してここへやってきたのでしょうか?

問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)



小さな小さな子犬もいました。
他団体さんで引き出してもらえるかもと聞きました。
どうか無事で生き延びて!
f0078320_18212096.jpg



このほかに、子犬室・鑑定室・シャンプー室と有りましたが
病気の可能性ありとのことで入れなかったり、設備だけの部屋は撮りませんでした。

↓今日引き出したダックスと柴の男の子
f0078320_18491068.jpg

f0078320_18494080.jpg



収容部屋 1日目
0でした。

収容部屋 2日目
5頭。
検疫中の青いリボンが着いている2頭+29日の捕獲収容犬3頭です。
4月4日収容期限です。

f0078320_18321658.jpg

f0078320_18344632.jpg


↓おっぱいの大きな子。
まだまだ母乳を必要とする子犬が居たはず。子犬はいったいどこにいるのでしょうか
f0078320_18334477.jpg
 こちらを見て尻尾を振ったり駆け寄って来たり、人馴れも問題なくきれいな子です。
中型13-4kgぐらい。


↓やや高齢と思われる柴・メス
吠えることなく、ただおとなしくしていました
f0078320_18361177.jpg
 目が悪いかも知れませんが、小柄で可愛らしい子です。
譲渡先・預かり先募集中です。 ※3/31追記;一般譲渡が決まったとのことです。

↓「クロちゃん」と呼ぶと、向こうを向いていてもおしっぽで返事してくれた性格の良いメス
f0078320_18383611.jpg
 譲渡先・預かり先募集中です。



↓まだ乳歯の子犬
f0078320_18394815.jpg
 長毛のとても可愛い子でオス、大きめに成長すると思います。

↓首輪やチェーンをしていたメス。一番に駆け寄って外に出ようとしていました
f0078320_18411994.jpg


収容部屋 3日目
1頭だけがいました。 4月4日収容期限です。

餌箱に入ったまま、呼んでもこちらに来ることはありませんでした。
とても小柄ですが、子犬なのか小さめ成犬なのかわかりません。
オスだそうです。
f0078320_18445662.jpg

f0078320_18453654.jpg


収容部屋 4日目
7頭の子がいました。この中から検疫の明けた1頭(左端茶長毛メス)を引き出しました。
検疫中2頭以外の4頭は、31日収容期限です。

f0078320_18505651.jpg

↓大きなE.セッター。(性別不明)
f0078320_18513328.jpg
 譲渡予定で検疫しているそうですが、譲渡先が決まっていないそうです。

↓丸まって寝ていましたが、私たちに気づくと起きだして吠えながら様子を見ていました。
f0078320_18531398.jpg
 △ sa110325-01東金市福俵で捕獲、茶中型メス黄色の首輪

↓大きくて穏やかな白いオス。じっとじっと見つめられました。
f0078320_18555566.jpg
 △ in110325-04成田市大山で捕獲、白大型オス鎖の首輪

↓2頭一緒に奥にいたのに、撮影のため窓を開けると尻尾振りながら吠えていました。
こちらは2頭ともオス
f0078320_1857282.jpg
 △ in110325-03成田市大山で捕獲、茶長毛中型オス
f0078320_18575961.jpg
 △ in110325-02成田市十余三で捕獲、茶垂れ耳中型オス、ロープの首輪

↓ちばわん引き出し予定の子。元気そうでフードを食べていました。来週まで頑張って!
f0078320_18592346.jpg


↓引き出したのはこちらの元気なメス。↑のメスにプレイバウしていました。
明るい性格のようです。
f0078320_1912928.jpg


収容部屋 5日目(最終部屋)
5頭。 31日収容期限です。

↓白茶長毛メス。同室の白い犬を、丸まったままずっと注視していました。
f0078320_1932436.jpg
 △ks110324-01旭市清和甲で捕獲、白茶黒中型メス。
シェルティを思わせる毛色と長毛で、とてもおとなしい子です。


↓白茶短毛たれ耳の子性別不明。
ずっと丸まっていますが、本当はこちらに寄ってきたいようでずっと見ています。
f0078320_1955526.jpg

↓ガリガリの薄茶の子、性別不明。硬いコンクリは痩せた体に辛すぎると思います・・
f0078320_1973456.jpg

f0078320_198096.jpg


2頭はうろうろとしていました。
f0078320_199922.jpg

↓大き目の子は収容犬情報ではメスとなっていますが、同室の子たちににらみを利かせているようでした。
手を差し伸べたり、目を合わせると歯をむいて威嚇します。
でも明らかに人に飼われていた子で、とてもよく太っています。
飼い主さん、探していませんか?あなたのわんちゃん・・・最終部屋にいます・・。
f0078320_1912362.jpg
 △sa110324-01山武市松ケ谷で捕獲、うす茶中型メス

↓まだ2歳前くらいの若いオス。中型で15-6kgぐらい、とっても性格のいい子です。
f0078320_1913147.jpg

歯を見せてね~とマズルを触っても・・
f0078320_1914244.jpg

耳を触っても、お腹を触っても・・
f0078320_1914446.jpg

全く怒りません。吠えもせずただただずっと(助けを求めるための)笑顔。
f0078320_19154260.jpg
 △yo110324-01匝瑳市川辺で捕獲、うす茶中型オス

でも期限は明日。
31日収容期限です。

こんなにも穏やかでおとなしい子が、このまま処分になってしまうしかないのでしょうか・・・
どなたか預かれませんでしょうか!?
同室の子とも全く問題なくやっていたので、多頭も大丈夫だと思います。
お問い合わせはちばわんまで。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)

どうぞよろしくお願いします。


ちばわんでは、中型犬以上の預かりボランティアさんを募集しています。

【一時預かりボランティアとは】

殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します・・・。


                   *    *    *


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

『犬の預かりアンケートフォーム』
『猫の預かりアンケートフォーム』  


  


お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。


なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。 
by centre_report | 2011-03-30 19:47 | 愛護センターレポート

3月24日(木)センター清掃&見学レポート

ひーままさんのレポートです。
加筆・修正しています。




先日の震災以来、予定していた清掃ボランティア活動も道中の安全やガソリン問題などのため中止を余儀なくされていましたが、ようやく本日より再開することができました。



哀しい運命を辿った犬猫たちを悼むセンターの慰霊碑です。
後から到着した清掃ボラさんがお線香を持ってきてくれました。
a0164292_15312452.jpg

まず清掃作業の前に、慰霊碑の脇にある仔犬舎を見学しました。
二棟ある仔犬舎にはメス4匹、オスが3匹いました。子犬はみな元気いっぱいでした!
a0164292_1531392.jpg
茶色メス3匹は3/3からいる子達。
a0164292_15315254.jpg
楽々と壁に乗っています・・・仔犬ですが、こんなに身軽な子達ですので、譲渡されたおうちは脱走対策を万全にしてほしいと思いました。

a0164292_15322220.jpg
オス二匹は3/4から。ビーグル風の可愛い子も元気に吠えていました。
a0164292_15323769.jpg
白い子は足が短いのでコーギーMIXかダックスMIXじゃないかと思いました。頭が大きくアンバランスですが、可愛い子です。
2匹でオスの仔犬らしく威圧しあいながら、でも仲よさそうにしていました。

a0164292_15325167.jpg
隣の棟にいる2匹。茶色メスは3/8から。ソックスが可愛い子。元気に吠えてました。
a0164292_16125869.jpg
白いオスは2/22からいる子のようです。一生懸命、柵越しにアピールしていました。


仔犬舎見学後、5名で検疫室の清掃作業をしました。
今回は掃除する前に、検疫室の中のサークルを別の部屋に移動し、検疫室を空けて新たなゲージを入れる作業を指示により行いました。
検疫室に入れられる頭数を増やします!と先生が言われていました。
掃除の仕方も変わるそうです。


とても寒い一日で、水を使う作業なので、清掃が終了するとみんな震えました。
でも、収容され寒い夜をここで過ごす犬猫たちを思えば、大したことはないですね。
ここに来るとみなそう思います。

それ以上に精神的に打ちのめされます。
病がまた見つかり、慎重に清掃をしました。
ワクチンをしない子たちの哀しい病・・・またです・・・なんとか検疫という道に進めた命も、この病のせいで消えてしまいます。
どうかどうか、乗り切ってくれますように・・・これ以上拡がりませんように!と祈りながら、必死で清掃しました。

それでもセンターの状況は、職員さんたちの努力と日々通う多くのボランティアのお陰で、随分改善されてきました。
震災の影響で、今はまだこれまでのような活動が出来ていない部分もあるかも知れませんが、来週あたりからまた少しずつ動き出します。


検疫室にいた子たちです。
a0164292_1635743.jpg
ブラックタンのダックス。やややせ気味でした。
a0164292_16353027.jpg
まだ若い大きめなペキニーズ(MIX?)。とても甘えん坊で、ずっとおしゃべりしてました。抱っこするのに重くて元気でやや大変でした。
△譲渡先が決まっているそうです。
a0164292_16354753.jpg
大きめなポメラニアン。下に見える細いハーネスはこのポメに付いていたものです。美味しいものをいっぱい食べさせてもらっていたのか体がふくよかで、おっとりで、きっと可愛がられていた子ではないかと思えました。
△譲渡先が決まっているそうです。

▽子犬たちは、無事検疫を終えたら子犬舎に移され、センターの譲渡会に出ることになっています。

a0164292_1636321.jpg
大きめな仔犬。おとなしく抱っこされるいい子でした。
a0164292_16362477.jpg
小さい5きょうだい。
a0164292_16363869.jpg
元気でやんちゃな3黒きょうだい。中にはテリア風なお顔の子もいました。


猫預かりとして、猫も見てきました。
千葉県内(政令指定都市等を除く)にお住まいの方は、譲渡を申し込むことができます。
a0164292_1533236.jpg
若いアメショー風のサバトラ猫さん。とても人懐こくて、ゴロゴロすりすりな甘えん坊ちゃん。たぶん女の子です。一生懸命もみもみする姿は母乳を揉むしぐさです・・・哀しいしぐさです。負傷猫と出ていましたが、とても元気でした。
a0164292_15333448.jpg
仔猫5匹は離乳してすぐくらいのチビたちでした。昨日のレポートにはいないので、今日持ち込まれたのかもしれません・・・とても可愛い子たちです。



この部屋には、愛護センターレポートに1ヶ月以上掲載されている母子犬もいました。仔犬がすっかり大きくなっていました、母犬の状態もよさそうで、ちょっと安堵しました。でも暗い部屋の隅です・・・早く明るい日の元に出して日向ぼっこさせてあげたいです!




清掃した検疫室の向かいに並ぶ収容棟です。
1日目の部屋
検疫中の子と、本日の捕獲収容犬たちです。  3月31日収容期限です。
a0164292_15335472.jpg
哀しいかな、交尾をしている子がいました!必死で窓を叩くと離れましたが・・・どうか受胎しませんようにと祈るばかりです。哀しい辛い現実が待っています。


2日目の部屋
検疫中の子と、前日23日の捕獲収容犬たちです。3月31日収容期限です。
a0164292_1534452.jpg
a0164292_15341458.jpg
 △左端;in110323-01四街道市内黒田で捕獲された茶柴メスピンク色の布製首輪。
やや体高の低い柴らしい体型、7-8歳ぐらいかと思われるおとなしい子です。
お顔も毛並みもとてもきれいでした。
譲渡希望または預かりのできる方がいらっしゃいましたら、ちばわんまで連絡お願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)


3日目の部屋
3月31日収容期限です。 
a0164292_15343790.jpg
△in110322-02八街市文違で捕獲された茶白のウェルシュ・コーギーオス青色の革製首輪

4日目の部屋
検疫中の子と、18日捕獲収容犬たちです。
3月31日収容期限です。
a0164292_1534476.jpg
a0164292_15345738.jpg
 △左端;kt110318-01香取市津宮で捕獲された黒茶大きめ中型メス青色の革製首輪
右端:ks110318-02銚子市川口で捕獲された白茶大きめ中型オスピンク色の首輪。
前日にはあんなに元気そうにアピールして来ていた子たちです・・・

ひどい下痢がありました。。心配です。

最終部屋
3月24日収容期限です。
a0164292_1535794.jpg
a0164292_153518100.jpg
a0164292_15352767.jpg
ものすごい頭数の最終部屋です・・・喧嘩する声、悲鳴、耳をふさぎたいほどでした。
この日夕方に3台の移送車が来て、沢山の犬たちが連れて来られました。
その中で下のダックスと仔犬2匹はなんとか検疫室に入れてもらえましたが、その他の大きな子たちは最終部屋へと入れられました。。哀しいけど、これが現実なんです。

せめて1頭でも救いたい!とのことで、この中から白い負傷犬が検疫に回ることとなりました。
でも、この多くの目に見つめられる中、選択は苦しいものでした。
そして選んだ子を出そうとすると他の子まで我先に出ようとしました。
扉を細くあけて他の子を抑えながら、選ばれた子の首に縄をかけ引き出しました。
他の子には「ごめんねごめんね」と謝りながら、手で必死に押し込みました。

翌日の朝、この子たちは苦しい最期を迎えたはずです。
せめて、この子たちがいたという現実を残したくて写真を載せます。
地震で甚大な被害を受けた千葉沿岸から放れた子もいたかも知れません。
中には仔犬もいましたが、野犬なので人に馴れないとのことでした・・・
諦めて丸く寝込んでいる子もいました。。ごめんね。ごめんね。。
ただただ冥福を祈り、次に生まれる時は、一生を全うできますように・・・と謝るだけです。。
a0164292_15354328.jpg
ガリガリに痩せたダックス。恐怖で震えていました。
a0164292_15355296.jpg
この子たちも動くことも出来ず、固まっていました。
死んでいった子達の分も、どうかここから出る日が来ますように・・・そう願います。

清掃の最中に、母子(まだ幼稚園か小学校低学年の女の子)が2匹の仔犬を持ちこみました。青い首輪が真新しい、でもひどく悪臭を放つ子達だったそうです。すぐ段ボールに移され、運んできたキャリーはそのまま母子が持ち帰り、窓の外から検疫室を覗き、私たちが気がつくと逃げるように行ってしまいました。
後ろめたそうでした。
どうして、どうして?仔犬たちは震えて、箱の中で縮こまり、声をあげることもありません。
哀しくなりました。

今回の清掃にはボランティアの小学6年生の息子くんも春休みで参加して、一生懸命頑張りました。
窓の外で、仔犬たちを案じる素振りをかいま見せた女の子。
違うのは母親の意識の違い・・・どうかどうか子どもたちの未来が輝くように、大人は頑張らねばなりません。
棄てるという選択ではなく、自分たちで飼い主を探す努力をどうかしてほしかったです。
そして
飼い犬にはきちんと不妊・去勢手術を必ずすること。
頑張る姿を見せることが親の努めです。

もっともっとこの現実を知ってほしいです。



ちばわんでは、中型犬以上の預かりボランティアさんを募集しています。

【一時預かりボランティアとは】

殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します・・・。


                   *    *    *


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

 『犬の預かりアンケートフォーム』
『猫の預かりアンケートフォーム』  


  


お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。


なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。 
by centre_report | 2011-03-26 22:42 | 愛護センターレポート

3月23日(水)愛護センターレポート

3月23日(水) 検疫明けの犬引き出しのため、ちばわんメンバー4名で訪問しました。
写真撮影:tomotenkuriさんです。



1日目の部屋 4頭 
午前中の訪問だったため、この日の捕獲犬はまだいません。
検疫中または予定の犬4頭がいましたが、そのうち1頭は今日引き出しましたので、3頭が残りました。

f0078320_1224722.jpg

f0078320_1224976.jpg
 △本日引き出した子です。

f0078320_1224855.jpg
 △先週ちばわんで検疫お願いした子で、来週引き出し予定です。とても元気でした。

f0078320_1225066.jpg
 △同じく先週声をかけた子で、来週引き出し予定です。元気にしていました。

f0078320_1224996.jpg
 △検疫予定だそうですが、引き受け先は決まっていないそうです。まだ若い子で体調は良さそうでしたが、かなり痩せていました。男の子です。


2日目の部屋 3頭 
22日の捕獲収容犬です。期限は3月31日とされています。
f0078320_1241245.jpg
 △in110322-02八街市文違で捕獲のウエルシュコーギー茶白オス青色の革製首輪

f0078320_124105.jpg
 △ks110322-01銚子市小浜町で捕獲された黒茶中型メス茶色の布製首輪

f0078320_1241099.jpg
 △収容犬情報から消えているので、返還になったものと思われます。


3日目の部屋 7頭(全部撮影できませんでした)
うち1頭は本日引き出した犬、2頭が検疫中の犬で、4頭が18日の捕獲収容犬です。期限は3月31日とされています。

f0078320_12459100.jpg
 △左;ks110318-02銚子市川口で捕獲された白茶垂れ耳中型オスピンク色の首輪
中;ks110318-01銚子市親田で捕獲された黒中型オス水色の布製首輪
右;kt110318-01香取市津宮で捕獲された黒茶中型メス青色の革製首輪
3頭とも大きめの中型で、ご覧の通り非常に人懐こい犬たちです。それぞれ首輪も着いていて、飼い犬であることは間違いありません。
一刻も早く飼い主さんが見つけ出してくれることを祈るばかりです。

f0078320_125126.jpg
 △ks110318-03旭市仁玉で捕獲された白茶中型メス赤色と黒色の縞模様の首輪


4日目の部屋 4頭 
うち1頭だけが17日の捕獲収容犬、24日収容期限です。
f0078320_1253689.jpg
 △左手前の茶色子犬は本日引き出しました。
f0078320_1253826.jpg
 △中央の黒柴オスは先週期限を迎えた子でしたが、譲渡に向けて検疫されているそうです。
右側のスタンダード・ダックスオスも譲渡に向けて検疫中。
どちらも行き先は決まっていないそうです。
譲渡希望・預かり希望の方がいらっしゃいましたら、ちばわんまで連絡お願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)

f0078320_1253712.jpg

f0078320_1253786.jpg
 △先週検疫をお願いした子犬です。このあと個別ケージのほうに移していただきました。

実は、この子と一緒に捕獲されたきょうだいと思われる男の子も先週検疫していただいたのですが、残念ながら前日に亡くなってしまったと聞かされました。
f0078320_16221612.jpg
 ※3月16日の画像です。

もう1頭、先週検疫をお願いした子犬も、先週のうちに亡くなってしまったそうです。
f0078320_1625281.jpg
 ※3月9日の画像です。
まだ乳歯の残る子犬なのにこんなにビビリで、お顔が写った写真がありません。

『この子を預からせて下さい』と申し出たそのときから、『どうか無事にセンターを出られますように・・・!』と、どの預かりボランティアも祈りながら検疫明けの日を指折り数えています。
2人の祈りもむなしく、この子たちは検疫明けの日を迎えることが叶いませんでした。


f0078320_1253554.jpg
 △24日収容期限の女の子、検疫をお願いしました。


最終部屋 4頭 
24日収容期限です。
f0078320_1263315.jpg
 
f0078320_1263358.jpg
 △in110314-01四街道市大日で捕獲された茶中型オス黒色の首輪、鎖付き
大きめの男の子で、ここから出して!としきりに訴えていました。
何もしてあげられない非力を心の中で詫びるしかありません。

f0078320_127285.jpg

f0078320_1274533.jpg
 △in110315-01成田市田町で捕獲された茶中型メス黄色の首輪

f0078320_1275933.jpg




子犬室
f0078320_1283917.jpg
f0078320_1285334.jpg




鑑定室
f0078320_1304692.jpg
 猫は1頭だけいました。
犬たちの写真は撮れていませんが、先週いた子たちがほぼそのままいました。
母子犬もいました。
子犬は元気に育っていましたし、母犬の体調も問題なさそうで、とても穏やかに過ごしていました。
本来はとてもおとなしい子なのだと思います。
f0078320_16462543.jpg
 ※16日の写真です。
引き続き、譲渡先・預かり先を探しているとのことです。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)



検疫室B
f0078320_23371659.jpg
鼻や足に脱毛と黒変があり、皮膚病とおもわれる小さめでおとなしいロングコートのミニュチュアダックス 
10歳ぐらいメス

f0078320_23385157.jpg
こちらは、白茶まだらのスムースのミニチュアダックス。
狭いケージにかなりストレスを感じている様子で、けたたましく吠えていました。 
2歳4ヵ月オス

とても対照的なこの2頭は譲渡に向けて検疫されていますが、行き先はまだ決まっていないそうです。




本日は子犬舎から2頭、抑留棟から3頭を引き出しました。
今週検疫明けのオッドアイ★人懐こい姉妹も、前日に無事引き出しできています。
f0078320_16195945.jpg
 ※16日の写真です。

いずれも体調が整い次第、ちばわんでいぬ親さま募集を開始いたします。


ちばわんでは、中型犬以上の預かりボランティアさんを募集しています。

【一時預かりボランティアとは】

殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します・・・。


                   *    *    *


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

 『犬の預かりアンケートフォーム』
『猫の預かりアンケートフォーム』  


  


お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。


なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。 
by centre_report | 2011-03-24 01:30 | 愛護センターレポート

3月16日(水)センターレポート

チェリママさんのレポートです。
加筆・修正しています。



まずはじめに。。
大震災から時間の経過とともに、死者や行方不明の方の数が増え続け、被害の大きさにただただ愕然としています・・
被災された地方の方々には心よりお見舞い申し上げます。

押し寄せてくる非日常の中で、いま自分にできること。
検疫の明けた犬たちの引き出しのため、総勢5名でセンターを訪れました。
写真のほとんどを、一緒に訪問したChieさんから送っていただきました。
期限の迫った仔たちに少しでも早く声が掛かるようにと。
この思いが多くのみなさまの心に届きますように。


いつものように仔犬舎から先に見学・引き出しを行いました。
小さめの仔がいる仔犬舎には全部で4頭(うち、ここに長く居た2頭を引き出しました)
f0078320_1955449.jpg
f0078320_19551335.jpg
f0078320_19552841.jpg

△黒い仔は本日引き出しました
f0078320_19555934.jpg
 △白い子は譲渡先が決まっているそうです。
f0078320_1956858.jpg

△この小さな仔はセンターの職員さんに「汚れちゃったから」とタオルでやさしく体を拭いてもらっていました。(本日引き出しました)

大きめの仔がいる仔犬舎には8頭の仔たち
f0078320_1958618.jpg
 △▽子犬舎に移動して来たばかりの3姉妹だそうです。とても元気でした。
f0078320_19581737.jpg
f0078320_19582784.jpg
 △▽こちらも同じく、子犬舎に移動して来たばかりの3姉妹です。とても元気でした。
f0078320_1958456.jpg
f0078320_19585751.jpg
 △どちらも元気な男の子です。
f0078320_20121745.jpg

みんなとても元気そうでした。


そして収容棟へ
一日目の部屋
f0078320_2010937.jpg
 △この部屋に居た4頭を引き出した後に撮影しました。
午前中だったのでこの日の捕獲犬はまだ入っておらず、検疫中の1頭だけでした。
この子は来週引き出し予定です。



二日目には3頭の仔 検疫中の子以外の2頭は24日収容期限です 
f0078320_2034135.jpg
 △in110315-01成田市田町で捕獲、茶・中型メス黄色の首輪
f0078320_2032557.jpg
 お空を見上げて一体何を思ったの・・

f0078320_2033126.jpg
 △ちばわんで検疫中の子で来週引き出し予定です。
f0078320_2034741.jpg
 △▽sa110315-01松尾町猿尾で捕獲、黒・中型オス黄色の革製首輪、右目白濁、老犬
f0078320_20102729.jpg
 黒い仔は高齢でしょうか。
よたよたと歩いてお顔をきちんと見せてくれることはありませんでした。



三日目には4頭の仔 検疫中の子以外の2頭は24日収容期限です 
f0078320_20154960.jpg
f0078320_20155834.jpg
f0078320_20161060.jpg
 △in110314-01四街道市大日で捕獲、茶・中型オス黒色の首輪、鎖付き
f0078320_2016182.jpg
 △sa110314-01東金市北幸谷で捕獲、茶白中型オス黄色の首輪△鼻黒の男の子と高齢の仔には検疫中の赤いリボンがついていません。
ずっと一緒に暮らしてきたはずなのに。
家族がいたはずなのに、どうしてあなたたちはここにいるの・・?
f0078320_20162626.jpg


4日目のお部屋 検疫中の子以外の2頭は17日収容期限です 
f0078320_20483031.jpg
 △検疫中の人懐こい2姉妹です。
f0078320_20483845.jpg

△一番うしろの仔犬は来週引き出し予定、まだ乳歯の残る女の仔です。
f0078320_20484675.jpg
 △▽yo110311-01匝瑳市野手で捕獲、黒茶・中型(8kgぐらい)オス茶色の首輪

f0078320_20523857.jpg
f0078320_20524875.jpg
 △きれいな黒柴っぽい仔 
f0078320_2053152.jpg
 △▽kt110311-02香取市境島で捕獲、黒白・小ぶりの中型(6kgぐらい) 5ヵ月程度の子犬です。
f0078320_20531283.jpg
f0078320_20532638.jpg
f0078320_20533343.jpg
 △この黒白の仔にも赤いひもがついていません
どなたか預かれる人はいませんか?
この仔たちを家族として迎えたい人はいませんでしょうか


最終日には15頭の仔
地震等の影響もあり、今週はまだ処分が行われていなかったそうです。
このお部屋をのぞいたとき、この仔たちの表情に一瞬身動ぎしました。この仔たちのまっすぐな目。
「いったいわたしがどんな悪いことをしたの?」
そう問われている気がしました。
f0078320_21155930.jpg
f0078320_2116926.jpg

f0078320_2101822.jpg
f0078320_2103089.jpg
 △明るい緑色のバンダナ風首輪を着けた、きれいな毛並みの柴犬、9kgぐらいのおとなしい男の子でした。3-4歳だと思います。
f0078320_2104091.jpg
f0078320_2113086.jpg

f0078320_2135460.jpg
f0078320_214588.jpg
f0078320_2141871.jpg
f0078320_2143169.jpg
f0078320_2144172.jpg
f0078320_2145524.jpg
f0078320_215957.jpg
f0078320_2152183.jpg

△この赤い首輪の仔は後ろ足にけがをしているようです
f0078320_2153254.jpg
f0078320_215449.jpg
f0078320_2155470.jpg

写真には写っていませんが、この中からただただ怯えていた小さな仔犬1頭と、少しだけビビッていた成犬女の子1頭を検疫にかけていただきました。


ステンレスケージのあるお部屋
ちょうど一カ月前に引き出しに行ったときはこのお部屋にはたったの4頭しかいなかったのですが、この日は本当にたくさんの仔犬がいました
f0078320_2145133.jpg
f0078320_2145878.jpg
f0078320_21451642.jpg
f0078320_21452497.jpg
f0078320_21453264.jpg
f0078320_21455234.jpg
f0078320_21461038.jpg
f0078320_21461965.jpg
f0078320_21462610.jpg

どの仔もしあわせに向かってはばたけますように

鑑定室
f0078320_2128532.jpg
 △▽このセンターで
収容期間中に出産した母犬。子犬は1頭だけになってしまいましたが、順調に育っているようです。

f0078320_21281632.jpg

△母犬と仔犬の預かり先を募集しています
f0078320_21282691.jpg
 △リボンがついているのに弱っているテリア系の仔
どうか乗り越えて
もう一度しあわせのスタートラインに、きっと立つんだよ

f0078320_21283661.jpg


収容棟にいるときに、何度か大きな揺れを感じました。
ガソリンも入れにくい、道中は渋滞や通行止めという状況の中で、横浜方面からのわたしたちは全部の仔の写真を撮れずに、とにかく引き出した仔たちを運ぶことにしました。
このような非常時であっても、「リボンのついていない仔が誰かの目に留まるように」とシャッターを切ってくれたChieさんの思いがどうか届きますように。
1日1日と時間が迫っています。
気になる仔、預かりができる仔がいたら問い合わせをお願いします。

当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。



本日、抑留棟から犬10頭と子犬舎から2頭の合計12頭、および負傷猫を引き出しました。
引き出した仔の一部です
f0078320_21225657.jpg
f0078320_2123323.jpg
f0078320_2119796.jpg
f0078320_21191777.jpg
f0078320_21192925.jpg
f0078320_21193895.jpg
f0078320_21194999.jpg
f0078320_212157.jpg
f0078320_21195930.jpg



体調が整い次第募集開始致します。
応援よろしくお願いします。


最後に
被災した動物たちにも、どうか救援の手が差し伸べられますように願ってやみません。。
大切な家族ともう一度出会えますように。
そしてあなたの大切な家族にも、迷子札・鑑札、またマイクロチップを入れてあげてくださいね。

いまあなたにできることを迷わずやってみませんか
by centre_report | 2011-03-17 20:11 | 愛護センターレポート

3月9日(水) 愛護センターレポート

みるママさんのレポートです。
一部加筆・修正しています。




犬の引き出しと運搬、見学のため、センターを訪れました。


まずは子犬舎から見学。
f0078320_16125251.jpg
f0078320_16132237.jpg
f0078320_16142085.jpg


間もなくセンターでの譲渡会が開かれるそうです。
どの子にも、優しい家族が迎えに来てくれますように。



続いて、収容棟を見学。


1日目の部屋

当日捕獲犬はまだ入っておらず、赤い紐のついた犬が5頭いましたが、この中から本日検疫の明けた3頭を引き出しました。
f0078320_1622249.jpg



残された2頭

▽静かにじっとこちらを見つめる、きれいな長毛の子。 
ちばわんで検疫依頼をしたばかりの子です。
2週間後にも絶対会おうね。
f0078320_16234437.jpg

▽寒さと恐怖で、とても小さく丸まって小刻みに震える子。 
他団体さん引き出し予定だそうです。
f0078320_16262982.jpg




2日目の部屋

6頭いましたが、黒い子以外は赤い紐が付いていません。
3月14日収容期限です。

極度の緊張からか、涎を垂らして必死にアピールする子。
f0078320_16335038.jpg
 △in110308-01佐倉市岩富で捕獲、セッター白茶オス

垂れ耳のとても可愛らしいお顔をした、まだ若そうな子。
f0078320_1634256.jpg
 △in110308-02栄町麻生で捕獲、茶色中型メス赤色の首輪

今まで伏せていたのに、人が近づくとすくっと立ち上がり律儀にお行儀良くお座りしてくれる子。
f0078320_1635988.jpg
 △sa110308-02横芝光町宮川で捕獲、うす茶中型メス

しっぽをだらりと下げ、呆然と立ち尽くす子。
f0078320_16353411.jpg
 △sa110308-03東金市松之郷で捕獲、茶白中型メス

▽この部屋で唯一、すでに生きる権利を与えられている黒い大きな子。
もうすぐお迎えが来てくれる予定だそうです。
f0078320_1636977.jpg

一度も顔を上げることなく、餌箱の中でじっとして動かない子。
f0078320_1637113.jpg
 △sa110308-01横芝光町宮川で捕獲、白茶中型オス


3日目の部屋

とても立派なスタンダードダックスフンド。
落ち着きのある、どうしてこんなところに居るのかが不思議な気品ある子。
f0078320_1656512.jpg
 △体重は12-3kgあると思います。
吠えることも、こちらに寄って来ることもなく、奥のほうで静かにしていました。
5歳のオス、すでに赤い紐が着けられていますが、譲渡先・引き受け先を募集しているそうです。


若そうなこの2頭は、とても人懐こく元気に、でも必死に訴えていました。
f0078320_16564969.jpg
 △左;sa110307-02、右;sa110307-01東金市滝沢で捕獲された茶色中型メス黒色の首輪
明らかに姉妹と思われる2頭はとても懐こく、歯も真っ白でした。
左側の子は左目オッドアイ、右側の子はやや受け口で愛嬌のあるお顔、と個性的な2頭ですが、とても性格が良さそうに思います。
サイズは13-15kgぐらいです。
譲渡希望の方、預かることのできる方はいらっしゃいませんか?

3月14日収容期限です。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
f0078320_16573086.jpg
顔を撫でられ、うっとり。人のぬくもりを求めているようでした。
f0078320_16575755.jpg



顔つきから、あまり若く無さそうな柴系の小さな子。
f0078320_16593291.jpg
 △in110307-01四街道市明和で捕獲、柴系雑・茶中型メス

▽まだあどけないお顔のこの子、検疫をお願いすることにしました。
f0078320_17124100.jpg

まだ乳歯の残る子犬(女の子)です。あと2週間、頑張って絶対に生き抜くんだよ。
f0078320_1749044.jpg



4日目の部屋
ほとんどの子に、赤い紐が付いています。

一緒に居た相棒のビーグルは、ちばわんで引き受けることになり本日無事に引き出しました。
君ももう少しだからね。頑張るんだよ。
f0078320_1751149.jpg

大きな方の子が、まるで小さな方の子を守るようにずっと側に居ました。
f0078320_1752683.jpg
 △後ろの4頭は、来週ちばわんで引き出す子たちです。
f0078320_17525446.jpg

一回りしてからもう一度この部屋をのぞくと、皆で体を寄せ合い温めあっていました。
ここがもしも愛護センターでなければ、とても微笑ましい光景です。
f0078320_1754225.jpg

この部屋から、唯一赤い紐の付いていなかったこの子を、検疫にかけていただきました。
f0078320_17551663.jpg



5日目(最終日)の部屋

もう、この子たちに掛ける言葉も見つかりません。
f0078320_18572593.jpg
f0078320_18582044.jpg
f0078320_18584622.jpg
f0078320_1859972.jpg
f0078320_18593280.jpg
f0078320_1905282.jpg

f0078320_196153.jpg

ごめんね。助けてあげられなくてごめんね。

外は暖かな春の日差しが降り注いでいましたが、この子たちはもう、季節の移り変わりなど感じることなく、悲しい目をしたまま、白い煙となって空へと昇っていくことになります。


検疫室

首に瘤があるダックスも、元気そうでした。
f0078320_19102143.jpg

不安で、ずっと鳴き続ける子。 
テリア系MIXオス 8-10kgぐらい テリアらしく元気よく吠えていました。
譲渡先・引き受け先を募集しているそうです。
f0078320_1912967.jpg

ちばわんで検疫中のこの子たちも、とても元気そうでした。
f0078320_1912574.jpg

右前足が欠損している子。骨が見えてとても痛々しい姿でした。
f0078320_1913412.jpg
 △in110307-02酒々井町酒々井で捕獲、茶色中型メス赤色の首輪
負傷犬として収容されていますが、3月14日収容期限です。
f0078320_19142663.jpg

子犬は丸々と太り、母犬のおっぱいを一生懸命吸っていました。
母犬のほうも、具合は悪く無さそうでしたが、うつろな目をしており精神状態がとても心配です。
f0078320_1915357.jpg
 △先週と違って今日は、吠えることも唸ることもしませんでした。


子犬室

子犬たちは検疫期間が終了すると、子犬舎へ移動となります。
f0078320_19154572.jpg
f0078320_1916986.jpg
f0078320_19163673.jpg
f0078320_19171241.jpg
f0078320_19173473.jpg
f0078320_19175268.jpg




本日は抑留棟から、子犬2頭と成犬5頭を引き出しました。引き出した子たち
どの子もとてもいい子達ばかりです。
f0078320_19344366.jpg
f0078320_1935413.jpg
f0078320_19353679.jpg
f0078320_19355342.jpg
f0078320_19361668.jpg
f0078320_19363846.jpg
f0078320_19372599.jpg


各預かり家庭で、体調が整い次第募集開始となります。




ちばわんでは、中型犬以上の預かりボランティアさんを募集しています。

【一時預かりボランティアとは】

殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します・・・。


                   *    *    *


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

 『犬の預かりアンケートフォーム』
>『猫の預かりアンケートフォーム』  


  


お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。


なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。 
by centre_report | 2011-03-10 16:07 | 愛護センターレポート

3月7日(月)センターレポートその1

gluck_luluさんのレポートです。



3月7日(月)動物愛護センター収容棟 No.5収容室(最終部屋) 

f0078320_19242957.jpg


この子には、家族(飼い主さん)がいました。
首輪をしているのでわかります。
が、それしかわかりません。

もしも、この首輪に「犬鑑札票」や「狂犬病注射済票」、「迷子札」が付いていたなら・・・
命の期限を決められることなく、すぐそこまで来ている暖かい春を家族と
共に迎えることができたはずです。

f0078320_19291998.jpg

この小さな金属板が”掛替えのない命”を”皆さんの大切な家族”を
守ることができるのです。

犬たちは家族の迎えを待っています
家族だけが知る名前を呼んでくれることを待っています
家族のぬくもり・・・

どうか大切な家族を守るために首輪に「犬鑑札票」や「狂犬病
注射済票」、「迷子札」をつけてあげて下さい。
(理想は、マイクロチップです。外れたり、経年で擦れたりすることがありません。費用などの詳細はお近くの動物病院でご相談ください)



3月7日(月)動物愛護センター収容棟 仔犬小型犬検疫室

※3/9追記;このチワワはすでに譲渡されました。
f0078320_19244639.jpg


皆さんは老いをとめられますか?病気になりませんか?ケガをしませんか?

答えは「NO」ですよね
誰もが老いたくないし、病気にもなりたくないし、ケガだって
これらは人も犬も猫も同じこと、そう生きている証拠でもあります!

歳をとっても、病気になっても、ケガをしても
どうか家族と共にいさせてあげて下さい。

共にいることで安らげるのですから
病気やケガとも闘えるのですから

どうか見守ってあげて下さい
その命が最後の時を迎えるまで
by centre_report | 2011-03-08 20:23 | 愛護センターレポート

3/7センターレポートその2

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。



3/7(月)、検疫室清掃の為
スタッフ4人でセンターを訪問しました。

激しく降る雨は雪に変わり、寒さもいつにも増して厳しいものとなりました。

男性スタッフのCさんが無念のまま亡くなった仔達の為に
お線香を用意してくださり、慰霊碑の前で手を合わせました。
f0078320_16534548.jpg



清掃に入る前に子犬舎を撮影しました。

子犬舎は温かく、子犬達も皆元気にしていました。

子犬達はセンター主催の譲渡会(不定期開催)で
引き受けてくださる家族との出会いを待っています。
f0078320_1724732.jpg


子犬舎に移るまでには大人の犬達と同じように
2週間の検疫期間を乗り越えなければなりません。

残念ながら検疫が明ける前に力尽き、亡くなる子も多いのが現状です。

f0078320_1742439.jpg
f0078320_1752149.jpg
f0078320_1762527.jpg
f0078320_1771871.jpg



収容棟

1日目の部屋には誰もいませんでした。

2日目の部屋

2頭一緒に収容されたビーグル。
f0078320_17402071.jpg



2頭のうちのもう1頭。
足がやや短め小さめなこの子は譲渡対象となっていますが
まだ引き受け先が決まっていないそうです。男の子です。
f0078320_17423949.jpg
 

収容犬情報
ks110304-01 銚子市正明寺町で捕獲 
人懐っこそうな中型の男の子。3/10収容期限
f0078320_17532368.jpg


他の子は全て譲渡対象の印が付いていました。
f0078320_17552567.jpg

f0078320_17575367.jpg

f0078320_17581614.jpg


3日目の部屋

kt110303-01 香取市九美上で捕獲 中型の男の子。
3/10収容期限
f0078320_1861964.jpg


↓以下3頭、検疫が明け次第、ちばわんで引き出す予定です。
f0078320_1872351.jpg
f0078320_1875798.jpg


↓ポインターの男の子。譲渡対象ですがまだ引き受け先は決まっていないそうです。
f0078320_18103914.jpg


4日目の部屋
yo110302-01 匝瑳市今泉で捕獲
コーギーMIXのような風貌の男の子。3/10収容期限
f0078320_18192998.jpg


in110302-02 白井市根で捕獲 中型の男の子。3/10収容期限
f0078320_18195890.jpg


kt110302-01 香取市田部で捕獲 ポインター女の子。3/10収容期限とても痩せています。短毛の仔には冷たいコンクリートの上は辛すぎるはずです。
f0078320_18202176.jpg


in110302-01 八街市榎戸で捕獲 男の子。3/10収容期限
f0078320_18204118.jpg


声をかけると同じタイミングで可愛らしく首をかしげていました。
譲渡の印が付いています。
f0078320_18213570.jpg



最終部屋

3/7、お掃除に入った日に収容期限を迎えてしまった仔達です。
首輪をつけ、明らかに飼い犬であった事は確かですが
まだまだ番犬目的の為だけに庭に繋いで飼育する人も多く
いなくなってしまったとしても探さないケースが後を絶ちません。
f0078320_18383554.jpg


探さない理由の中には「自力で戻ってくると思っていた」という
極めて危険で危うい可能性にかけている飼い主も残念ながら多く存在しています。
f0078320_18385453.jpg

そのリスクを背負うのはいつも弱者です。
f0078320_18392339.jpg


不要と言う理由で命を絶たれなければいけない仔達の無念を
私たちは強く記憶に残し、確実に仔の現状を変えて行かなければなりません。
f0078320_18395233.jpg




検疫室

団子3兄弟のような可愛らしい子犬達。
検疫が明け次第、子犬舎に移る事が出来ます。
f0078320_18544775.jpg

f0078320_18552731.jpg


子犬と一緒に入っていた老犬のチワワは体調があまり良くなさそうでした。
※3/9追記;このチワワはすでに譲渡されました。
f0078320_1855688.jpg



同じく検疫中のダックス、オス。
期限終了後センターから一般またはボランティア譲渡されると思います。
f0078320_18555545.jpg


お掃除中、隔離する場所がなかった為、スタッフが抱っこしていたのですが
その間中シッポを嬉しそうに振っていました。
間もなく検疫が明けるそうです。
f0078320_19123669.jpg


↓他団体さん引き取りの予定だそうです。 ※3/9追記;すでに譲渡されていました。
f0078320_1921610.jpg

↓他団体さん引き取り要請中だそうでです。 
※3/9追記;すでに譲渡されていました。
f0078320_19212281.jpg


大きな腫瘍のようなものができているオスのダックス。
まだ検疫中です。行き先は決まっていないそうです。
この首の横のふくらみは水を入れた風船のようにプカプカしていて
固いしこりのようなものではありませんでした。
f0078320_19222873.jpg




検疫室C

とても人懐こい黒ラブ系MIX?お座り!と声を掛けたらすんなりその言葉に従いました。
検疫期間中だと思います。
f0078320_2020312.jpg


ちばわん引き出し予定です。
f0078320_2020493.jpg


テリア系MIX、預かり先、譲渡先共にまだ決まっていないそうです。
f0078320_20225411.jpg



負傷犬部屋

もう長い事センターにいるマルチーズMIX?の仔。
他団体さんに打診中だそうです。
f0078320_2029661.jpg


何度かレポートにも載っている親子。
一頭だけとなった子犬は丸々太って、お乳を勢いよく飲んでいました。
母犬の引き取り先はまだ決まっていないと思います。
f0078320_20292456.jpg


ちばわんで検疫を依頼した子犬達。とても元気にしていました。
f0078320_20305385.jpg



以前、他団体さんに引き受け打診中とお聞きしましたが
まだ行先は決まっていないそうです。
f0078320_20324267.jpg




この日は雪が激しく降ったこともあり、収容棟はとても寒く
老犬、幼犬、短毛の犬、病気や怪我を負った仔達にはとても過酷な環境です。

私たちが何気なく過ごす毎日・・。

此処に収容されている仔達は、一日一日必死に生き抜いています。

同じ事を何度も言うようですが
命を簡単に作りださない為にも避妊・去勢手術を受けさせる事を
真剣に考えてほしいです。
マイクロチップ、迷子札の徹底も合わせてとても重要となります。


レポートは以上となります。


ちばわんでは、中型犬以上の預かりボランティアさんを募集しています。

【一時預かりボランティアとは】

殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します・・・。


                   *    *    *


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

 『犬の預かりアンケートフォーム』
>『猫の預かりアンケートフォーム』  


  


お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。


なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。 
by centre_report | 2011-03-08 19:46 | 愛護センターレポート

3月4日(金)愛護センターレポート

tomotenkuriさんのレポートです。
加筆・修正しています。




犬の引き出しのためにスタッフ6名と新規預かりボランティア希望のSさんご夫妻の合計、8名でセンターを訪問しました。

ここで処分された動物達の慰霊のために建立された慰霊塔には、いつもお花が供えられています。
f0078320_14254757.jpg
罪もないのに人間の都合だけで「殺処分」された動物達のために、一日も早く殺処分がゼロになるように祈ります。

慰霊塔の隣にある仔犬舎
f0078320_14255794.jpg

向かって右の少し古い建物には月齢の多きめの仔犬が9匹
f0078320_14315665.jpg

f0078320_14315625.jpg

f0078320_14315494.jpg

f0078320_1431536.jpg


向かって左の空調がある仔犬舎には月齢が小さめの5頭が収容されていました。
f0078320_14315751.jpg

f0078320_14315583.jpg


この仔犬達のほとんどが、心ない飼い主が避妊・去勢を怠った結果、生まれ愛護センターに「殺処分」のために持ち込まれた仔達です。
離乳前の犬や猫たちは、育てることのできる設備や人員がここにはないため、やむなくすぐに殺処分に回されてしまいます。

自力で固いフードを食べられる仔犬・仔猫のみ、ワクチンを接種してもらい2週間以上の検疫期間を無事乗り越えると、一般の希望者さん向けの譲渡会に出られます。

千葉県内(政令指定都市等を除く)在住で一定の条件を満たす希望者さんであれば、所定の手続きを踏んだ上で仔犬を譲り受ける事ができます。

新しく犬を飼育しようと思ったとき、ペットショップから購入するのではなく、こういった施設から犬をもらい受ける事ができるということをもっとたくさんの人たちに知って欲しいと思います。

もちろん、もらい受けた犬たちには不妊・去勢手術を施し、責任もって終生飼育することが、命を譲り受ける側の人間として、最低の義務であると考えます。

心ない飼い主が避妊・去勢を怠った結果、生まれ愛護センターに「殺処分」のために持ち込まれた仔犬や仔猫達には何の罪もありません。
大切な小さな命が殺されるような事があってはならないと思います。

譲渡会で残ってしまう仔犬達もいて、そんな仔犬たちはちばわんのようなボランティアが引き出していぬ親さんを捜します。

この写真を撮影した後、このなかから2頭の仔犬を引き出しました。


この後、成犬が収容されている収容棟に行きました。
3月になったのが嘘のように、ものすごく寒い日で、2時間くらい収容棟にいて見学していたら、寒さで身体が震えてきました。

長靴を履いている私たちがこんなに寒いのですから、コンクリートの床に裸足の犬達は本当に寒いと思います。

◆入り口入ってすぐ右手の鑑定室には9頭の犬がいました。
f0078320_1449554.jpg

△ちばわんで引き出し予定の白い仔犬2頭は元気そうでした。


f0078320_14495713.jpg
△2月23日もいたビビリの黒ラブは体調は問題なさそうでした。

f0078320_14495889.jpg
△乳飲み子をかかえ体調がわるそうだったお母さんは威嚇吠えできるまでに元気になっていましたが、3頭いた仔犬が1頭だけになっていました。
乳飲み子を抱えた母犬にとって、他の犬たちがすぐ近くで吠えているこの環境は過酷です。
譲渡先&預かり先を募集しています。

問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)



その他、まだ収容期限内である2頭の小型純血種等もいましたが、譲渡先や引き受け先があると思われます。



◆抑留部屋

収容一日目の部屋には最初7頭の犬がいましたが、すべて検疫中の赤いひもがついた犬ばかりでした。そのうち4頭がちばわんで検疫依頼した犬で、この写真中央のビーグル(オス)だけが行き先が決まっていないそうです。
f0078320_15185690.jpg
どの子も体調は悪くなさそうで、部屋の壁際をそれぞれ陣取り、丸くなって静かにしている犬が多かったです。

部屋の一番奥で丸まっていたおとなしめの犬はちばわんで検疫をお願いしたばかりの子です。
f0078320_15202412.jpg
写真がわかりにくいのですが奥の真ん中に見える犬もちばわんで検疫中の犬です。
f0078320_15261656.jpg


そして、見学している最中にもう1頭、この日捕獲された白い犬が収容されていました。


2日目の部屋には4頭の犬がいて、3頭は検疫中でしたが
f0078320_15304774.jpg
3頭ともちばわんで来週引き出し予定です。
f0078320_15305768.jpg
f0078320_1531577.jpg


この白い長毛の子だけが昨日の捕獲犬でした。
f0078320_15314012.jpg
収容犬情報 kt110303-01香取市九美上で捕獲、3月10日期限のオスです。

この日初めて見学と引き出しの手伝いで訪れていた預かりボランティアさんから、期限切れになった場合は預かりたいと希望がありましたので、引き受ける予定です。

収容3日めには6頭の犬。
そのうち検疫の赤いひもがついているのは黒ラブミックス風の2頭のみ
f0078320_15351620.jpg
写真で窓に手をかけている雑種中型(体重10キロくらい)の子は推定3歳くらい、とても愛想がよくかわいい子でした。
in110302-02白井市根で捕獲、茶白中型のオス 3月7日期限です。
譲渡または預かり先募集中です。


f0078320_1541922.jpg
収容犬情報奥がkt110302-01香取市田部で捕獲、ポインターメス、手前がin110302-01八街市榎戸で捕獲のオス、いずれも3月7日期限です。


このコーギーに見える良く吠えていた元気な犬は
f0078320_15433579.jpg
△多分収容犬情報yo110302-01 匝瑳市今泉で捕獲のオス、この子も3月7日が期限です。


収容4日目の部屋は空でしたが、5日めには最初2頭の犬がいてもの静かに伏せてじっとこちらを見ていたこの子は
f0078320_15462180.jpg
△yo110301-01 匝瑳市八日市場イで捕獲のオス、3月7日期限

一方みるからに老犬のこの子は
f0078320_15481066.jpg
△ks110301-01銚子市諸持町で捕獲のオス、3月7日期限です。

家族がいたに違いないこの二匹、探してはいないのでしょうか?
まだ間に合います、どうか飼い主さんに返還されますように。


◆4室ある検疫室の一室は改装工事中で使用されておらず、いつもお掃除ボランティアさんがお掃除をしている検疫室には仔犬と小型純血種の成犬が合計9頭収容されていました。
f0078320_17272925.jpg

f0078320_17274722.jpg
f0078320_1727594.jpg
老犬にみえるチワワにピッタリ仔犬がよりそっていました。
f0078320_17284951.jpg
随分前からいる、クリームのダックスは狭い所にとじこめられストレスが溜まっているためか、人の姿をみると吠えまくっていました。


◆大きめのサークルが4部屋あるこの検疫室には元気な中型のテリア?マルチーズミックス
f0078320_17311883.jpg
△このテリアMIXの譲渡先・預かり先を募集しているそうです。

▽小さめの黒ラブ
f0078320_17335172.jpg
 △こちらは引き受け先が決まっているそうです。

▽ちばわんで検疫依頼した黒白のおとなしい犬
f0078320_17343572.jpg
3頭がいました。


◆もう一部屋には小さなケージの中に先日のレポートにも出ているミニチュアダックスワイヤーヘアード
f0078320_17352727.jpg


シーズー
f0078320_17354541.jpg


ミニチュアダックスのスムース
f0078320_17383747.jpg


以上3頭引き受け先ありと思われます。

仔犬が収容されていて
f0078320_17391542.jpg


もう1頭、先週移送の犬をちばわんで検疫依頼していたのですが、
f0078320_1740462.jpg
見てみるとなんと、もう、すぐに子どもが生まれそうなくらい、ふくらんだお腹・・・・
その場にいたスタッフ数名の意見が「もし妊娠なら数日以内に産まれてしまうだろう」と一致して、急遽予定を早めこの日に引き出し預かりさんの所まで運搬することになりました。

このセンター内で出産させるわけにはいきません、ここで産まれても何も良いことはないからです。


この日は検疫を終えた白い成犬をもう1頭引き出しました。
f0078320_22394399.jpg



本当なら数頭引き出す予定だったのですが、残念ながら検疫途中で命を落とした子が今回は2頭もいました。

センターの状況を改善するために、罪のないこの犬達を1頭でも多くの犬をここから引き出し、本当のお家をさがすお手伝いをしてみませんか?


この日、時間を割いて初めて愛護センターの見学にきてくれた一時預かりボランティア希望者、Sさんの感想です。


人を見て、ひたすらしっぽをふって喜びを表現する犬がいれば、恐怖に震える犬、
ただただ真っ直ぐにこちらを見つめる犬・・・、
センターにはたくさんの犬たちがいました。
彼らを見ていたら、当たり前のことですが、犬にも人と同じように気持ちがあること
を実感しました。

冷たいコンクリート床の上で彼らが何を考えているのかを想像すると本当に辛いで
す。
私がいた短い時間の間にも犬たちはどんどん連れて来られて、週明けに殺処分される
部屋に押し込められました。
しかも連れて来られる犬たちは野犬ではないです。
明らかに飼い犬なんです。
彼らが求めている事はきっと特別な事ではないはずです。

大好きな人と一緒に暮らしたかっただけなのに・・・。
なんで、コンクリートの牢獄の中にいるんでしょうか?
何かを悟ったような静かな顔をした犬が忘れられません。

部屋に入れられた犬の多さに自分の無力さを思い知らされました。

ホームページを見て、このような事実を知識としては知っていたのですが、「知って
いる」ことと、「実際に見た」光景にはすごいギャップがあったような気がします。
今まさに人間の手で、もみ消されそうな「命のともしび」が目の前にあるんです。
1匹1匹の顔をみていたら、そこにはかけがえのない命があって、たった1匹でも救え
る命があるならその意味は大きいとも感じました。




ちばわんでは、中型犬以上の預かりボランティアさんを募集しています。

【一時預かりボランティアとは】

殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します・・・。


                   *    *    *


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

『犬の預かりアンケートフォーム』 
『猫の預かりアンケートフォーム』  


お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。


なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。 
by centre_report | 2011-03-05 14:41 | 愛護センターレポート

2月28日 センター清掃&引き出しレポート

猫の手さんのレポートです。
加筆・修正しています。




2月最後の28日、センター清掃に行ってきました。
帰る頃には雪もちらつく寒さでした。
あたたかい春が早く来てほしいと思う反面、子犬・子猫が増える時期でもあることを思うと複雑な心境です。
清掃ボラの常連さんTさんとIさんと3名で清掃に当りました。
いつもの子犬室と手前の小さな検疫室の2部屋だったことと、子犬が増えていたことで思った以上に時間がかかりました。


まず収容棟の様子です。
お掃除に時間がかかったうえ、とても暗い日だったので写真が不鮮明なことをお許しください。


1日目の部屋は空でした。

2日目の部屋にはちばわんで引き出し予定のコのほかには、引き出しの印のついていないコが1頭いました。
f0078320_1781134.jpg

最近黒ラブ系のコが目に付きます。

先週最終部屋にいたこの写真右のコは引き出しの印がつきました。
f0078320_1742141.jpg

たとえ1頭だけでも救われたのはうれしいことです。

▽2頭ともちばわんで引き出し予定です。
f0078320_1740216.jpg



3日目の部屋には引き出しの印のないコが3頭いました。
3月3日収容期限です
f0078320_179880.jpg
 △右;sa110224-01山武市横田で捕獲、うす茶中型メス
赤いリボンを着けた白いコ(今週末ちばわん引き出し)の左右と後ろのコです。後ろのコはまだ子犬にしか見えません。
でも、センターの譲渡会には大きすぎるというそれだけの理由でこちらの部屋に入れられてしまいます。


4日目の部屋は先週から印のないコが1頭。
f0078320_17114115.jpg
 △右;yo110223-01匝瑳市八日市場イで捕獲、うす茶中型メス 赤色の首輪 
3月3日収容期限です
小さいお母さんに大きい子どもが寄り添って暖をとっているように見えます。
でも、このコは先週も1日前の部屋の隅で固まっていました。
怖くて不安でたまらないのだと思います。

ビーグル2頭は元気にしていました。
f0078320_17565828.jpg



寒くてたまらないのでしょう。
f0078320_17325357.jpg

先週のこのコです。
28日検疫が明けたので、引き出して預かりボランティアさん宅へお届けしました。
f0078320_1735121.jpg


そしてもう1頭、神奈川からはるばる預かりボラさんが迎えに来てくれたこのコ。
f0078320_17361454.jpg

冷たい日の旅立ちだったけど、これからは安心して暮らせます。みんなの分まで幸せになってください。


最終日の部屋のコたちはもういないかもしれません。どうしてこんなにも簡単に命を捨ててしまうのでしょうか。
f0078320_1714728.jpg

f0078320_17145673.jpg


この中から1頭検疫にかけていただきました。2週間頑張ってここを出よう。
f0078320_17155199.jpg



清掃した検疫室の子犬たちはみんな元気でした。
f0078320_17184786.jpg

f0078320_17191872.jpg

f0078320_17201064.jpg

f0078320_17202765.jpg

f0078320_1721113.jpg

f0078320_17212695.jpg

頑張って子犬舎に移動してほしいものです。

f0078320_1722940.jpg

ボロボロになった小さなチワワ。1頭ではかわいそうとT先生が子犬を一緒にしてくれていました。
この子犬が小さいチワワを守っているかのようでした。チワワもすっかり頼っていて、常に寄り添っていました。
こんな小さなコでも自分より弱いコを守ろうとするのに、このコを捨てた人間はオニ。
2頭一緒に生活できたらいいねって、この子たちに話しました。

先週からここにいるミニチュアダックスは元気に、ずーっと出してと訴えっていました。
f0078320_1725451.jpg


こちらの検疫室には4頭いました。
先週からここにいた子犬は元気でした。
f0078320_17255185.jpg


センターでは最近必ずいるといってもいいシーズー。まだ若そうですし、きれいにしたらとてもかわいいと思います。人慣れもバツグンでした。
f0078320_17284764.jpg


ミニチュアダックスワイヤーヘアードはずっしり重量級。見た目はひどいけれど、シャンプーしたら見違えるようになると思います。
f0078320_17265823.jpg


このミニチュアダックスもとてもおとなしくお顔もかわいいですね。
f0078320_1729519.jpg

でも首のところに大きなコブのようなものがぶら下っています。そのために捨てられたのでしょうか?
f0078320_17301329.jpg

だとしたらこのコに死を宣告したのも同然です。
こんなことは犬だから許されるのでしょうか?
家族です。最期の時まで一緒に暮らしてください。
この部屋は一時避難させる空きのケージがないため、1人が抱っこして清掃しました。
ビルコンで殺菌消毒する時間に撮りました。


入り口横の鑑定室は先週からいる3頭だけでした。先週居た負傷犬のうち1頭は亡くなり、1頭は返還されたそうです。

f0078320_17581743.jpg

収容期限が切れたばかりの子です。早く出してと訴えます。


昨日も自分の犬を探しに来ていた方、届けを出しに来ていた方、譲渡希望の方がいました。
犬は迷子になったら自分では帰れないと思ってください。
自ら帰ってきたことがときどき話題になりますが、「とても珍しい」ことだからです。
鑑札、迷子札、マイクロチップがあることで、大切な家族を守り、救うことができます。


昨日は子犬舎には行くことができませんでした。子犬舎に行くときは清掃の前にしてくださいと言われました。
確かにそのとおりですね。今後徹底していきたいと思います。
先週7頭いた子犬は譲渡会で3頭決まり、昨日は4頭だけということでした。


一般には、センターは死を待つ場所のような印象が強くあり、それを否定することは難しいのですが、ここに保護されることで、譲渡会や個人ボラさん、ちばわんはじめ各保護団体に救われて、もう一度生き直せるスタートの場所でもあります。
罪もないこのコたちにもう一度生きるチャンスをください。
そのためにはひとりでも多くの人の力が必要です。

ちばわんでは、中型犬以上の預かりボランティアさんを募集しています。

【一時預かりボランティアとは】

殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します・・・。


                   *    *    *


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

『犬の預かりアンケートフォーム』 
『猫の預かりアンケートフォーム』  


お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。


なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。 
by centre_report | 2011-03-01 18:04 | 愛護センターレポート