ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

9/28(火)センターレポート

ひなのんさんのレポートです



今日はちばわんボランティアのSさんと

ちばわん卒業犬の犬親様、初参加のIさんとともに検疫室のお掃除にセンター訪問しました。


殺処分となった犬や猫達の慰霊碑には

真っ白な菊の花が沢山供えてあり、悼む気持ちが伝わってくるようでした。

f0078320_16262425.jpg




朝早くには殺処分が行われたようで

焼却炉からは焦げ臭いような喉の奥が痛くなるような

なんとも言えない匂いが漂っていました。

Sさんが、いつもより匂いが強い気がすると仰っていました。
殺処分頭数が多かったのかもしれません。
f0078320_16345535.jpg



撮影はまず子犬舎から開始しました。


センターで不定期に開催される譲渡会に出られる子達です。
f0078320_16411571.jpg


抜群の可愛さと人懐っこさ。まだ小さい子です。
f0078320_1644295.jpg


この子は恐がりさんでいつも隅っこにいるので、譲渡会でも目立たないかも・・と
子犬舎をお掃除されていた方が心配していました。
体調は問題なく、攻撃性もないそうです。
f0078320_1647126.jpg


月齢が少し経っていると思われる子犬達。
f0078320_16522557.jpg


どうか良いご縁がみつかりますように。
f0078320_16524417.jpg



今日はシャンプー&トリミングボランティアさんも5~6名いらっしゃいました。
f0078320_1702450.jpg


犬は本来とてもキレイ好きな生き物です。
f0078320_1705062.jpg


自分の体についた汚れでどれほどストレスを感じていたことでしょう。
f0078320_1711212.jpg
 △この子は行き先が決定しているそうです。


皆さん一生懸命キレイにしてくださっていました。
f0078320_1715556.jpg


体をキレイにすると言う事は
衛生面だけでなく精神的にも良い影響を与え
ストレスも軽減させることができると思います。(皆さまお疲れ様でした!)
f0078320_1722118.jpg





一日目の部屋

今現在(28日17時頃)収容犬情報には何も載っていないので
今日収容されたばかりと思われる2頭。
f0078320_17201046.jpg


同じく今日収容されたと思われるヨーキー2頭。
f0078320_1724844.jpg


この2頭には譲渡の印が付いています。とても元気にしていました。
f0078320_17265928.jpg



二日目の部屋

▽モコモコのクマのような子です。
印西市瀬戸で捕獲。オス、黒色の首輪。収容期限は10/4
f0078320_17351038.jpg


▽匝瑳市野手で捕獲。まだ若いと思われるオス。収容期限は10/4
f0078320_17363154.jpg


▽八街市八街で捕獲。情報ではプードルとなっています。コッカーのようにも見えます。
世話をされていなかった様子がうかがえます。オス、赤色の胴輪つけてます。収容期限は10/4
f0078320_17373434.jpg


▽(後ろの子)成田市東野台で捕獲。オス、収容期限は10/4
f0078320_1738350.jpg



三日目の部屋

▽ぽっちゃりとした穏やかそうな大型のメス。佐倉市大作で捕獲。収容期限は9/30
f0078320_17521625.jpg


▽検疫中だと思います。 引き受け先も決まっているそうです。
f0078320_17523781.jpg


▽譲渡の赤い印が付いています。
f0078320_17525968.jpg


▽痩せているオス。匝瑳市平木で捕獲。収容期限は9/30
f0078320_17532120.jpg




四日目の部屋

2頭には譲渡の印があります。
矢印の子の情報は匝瑳市平木で捕獲、メス。収容期限は9/30
f0078320_1854211.jpg


▽譲渡の赤い印が付いています。 引き受け先も決まっているそうです。
f0078320_18101052.jpg


▽味わいのある表情を見せる男の子。銚子市八木町で捕獲。収容期限は9/30
f0078320_18131249.jpg


▽譲渡の赤い印が付いています。
今週末検疫が明け次第、ちばわん引き出し予定の子です。
f0078320_18134012.jpg


▽譲渡の印が付いています。
f0078320_18193335.jpg

以前のレポートより↓
f0078320_1820588.jpg




最終部屋

▽最終部屋にはこの男の子だけが収容されていました。
横芝光町屋形で捕獲。収容期限は9/30
f0078320_18232641.jpg




検疫部屋

可愛らしい女の子。首にアクセサリーを付けていました。
持ち込みと思いきや、山武市白幡で捕獲されたそうです。
f0078320_18301693.jpg


人慣れ抜群の子犬。
f0078320_18303514.jpg


あまりの愛らしさに此処がセンターである事を忘れてしまいそうでした。
f0078320_18333798.jpg


f0078320_18342221.jpg


f0078320_1836242.jpg


f0078320_18364260.jpg


回虫が出ている子犬。職員さんが駆虫薬を投与してくださっていました。
f0078320_18375532.jpg



前足を骨折しているチワワ。性格は穏やかです。 
f0078320_18392786.jpg
 他団体さんのひき受けが決まっているそうです。




私たちが検疫室をお掃除している最中に持ち込まれたブリーダー放棄のチワワ達。
f0078320_1847581.jpg


突然見知らぬところに連れて来られ、呆然とする子にガタガタ震える子に・・・。
これから譲渡対象とするかどうか検討されるそうです。
f0078320_18472564.jpg


この子達のむごい犠牲の上に、華やかなペット業界(生体販売)は成り立っています。
f0078320_18502639.jpg
 そしてこの業界は、購入する人の存在で成り立っているのです。
それでも、あなたはやっぱりペットショップで”買い”ますか?



今週末検疫が明け次第、ちばわん引き出し予定の子です。とても明るく元気でした。
f0078320_1854123.jpg


このビーグルMIXと思われる子はまだ引き取り先が決まっていないそうです。男の子。
f0078320_18554993.jpg


▽東金市松之郷で捕獲。左後肢負傷、オス。30キロはありそうなポインターです。
f0078320_18573956.jpg




▽譲渡用の子猫達。
f0078320_1913882.jpg


早急な治療が必要な子もいます。
f0078320_1915883.jpg



f0078320_1921918.jpg

△この子の情報です↓
f0078320_1923958.jpg



今日は譲渡犬担当のT先生が小学校訪問の為ご不在でしたので

譲渡用の子達の情報、詳細はお聞きすることができませんでした。



当レポートをご覧になって

1頭でも気になる子がいましたらセンターではなくちばわんまでご連絡ください。

譲渡の赤い印がついていても、行き先が決まっていない場合もあります。

なお、安否確認のみだけではなく

譲渡希望や預かり希望の方を優先させていただきますので予めご了承願います。


『自分は何もできないけれどこの子をどうか引き出して下さい』
というメールはどうかご容赦願います。

預かり先・譲渡先がなくては引き出しはできません。

    *           *          *

問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので
何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

『犬の預かりアンケートフォーム』 ※小型犬限定の預かり希望は、ちばわんでは受け付けていません


『猫の預りアンケートフォーム』 ※子猫限定の預かり希望は受け付けていません



お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。


なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。 
by centre_report | 2010-09-28 19:13 | 愛護センターレポート

9月24日センターレポート

アトムミルクママさんのレポートです


一昨日までの酷暑とは打って変わって11月頃の気温となり、肌寒かった本日、
センターに犬引き出しに行ってきました。
預かりさんの見学者も含め、総勢7名のスタッフです。


まずは子犬舎に行きました。
子犬舎には9頭いました。
右側の子犬舎には少し大きくなっている2頭でした。
f0078320_2395320.jpg

この白い子を今日引き出しました。

左側の子犬舎には7頭です。
f0078320_2311237.jpg

まだとても小さな子
f0078320_23112196.jpg

f0078320_23115427.jpg

この子は前回のレポートと同じ場所にいました。
びびりチャンです。まだ小さい子です。
f0078320_23124720.jpg


ここから女の子2頭引き出しました。



収容棟です。

一日目の部屋
7頭がいました。
検疫中の赤いリボンをつけている子と今日捕獲収容された子が入っていました。
写真右側の子は本日検疫が明けたので引き出しました。
f0078320_23182534.jpg

検疫中の黒ラブ♂もとても元気にしていました。行き先は決まっていないそうです。
f0078320_2319268.jpg

1頭具合が悪いのか、横たわっていました。
f0078320_23212459.jpg

血便などはなかったように思いました。
どうすることもできませんでした。


二日目の部屋です
こちらもかなりの数の子がいました。
昨日捕獲収容された子に、検疫中の子も混じっています。

前回のレポートで横たわっていた検疫中の子、今日はとても元気にしていました。
あと少しだよ。頑張って
f0078320_23243132.jpg

この子たちも検疫中です。後ろの子は今日引き出しました。
f0078320_2326348.jpg

f0078320_23272518.jpg



三日目の部屋です
3頭いました。どの子も赤いリボンはついていませんでした。

甲斐犬のような色の子犬2頭。
大きく見えますがとても小さい子たちです。お顔が小さかったです。
f0078320_2329369.jpg

f0078320_2329593.jpg
 △ks100921-01とks100921-02収容犬情報ではメス、生後5ヵ月ぐらいとなっていますが、小さくてもっと幼い感じがする姉妹です。とても元気に跳ねまわっていました。
どなたか預かっていただける方はいませんか。

もう1頭は餌箱にずっといました。
小柄な可愛い子でした
f0078320_23325842.jpg
 △sa100921-02のオスだと思います。3頭とも9月30日収容期限です。


四日目の部屋はいませんでした。


最終部屋には13頭いました。
この子たちは9月27日収容期限、つまり28日火曜日早朝処分予定になります。

部屋の隅にチワワが2頭いました。
飼い主持ち込みだそうです。
f0078320_23353262.jpg
 △チワワはこのあと部屋から出して、譲渡にする予定と聞きました。

コーギー、またはMIXかも知れません、中型12キロぐらい、まだ若く元気そうな男の子です。
f0078320_23381411.jpg
 私たちが部屋の前に行くと、前に来てアピールしていました。
可愛い子でした。
職員さんも気にかけてはいましたが、声がかからなければ処分となるようです。 預かれる方はいませんか。



↓この子の目がなんとも悲しげでやりきれない気持ちになりました。
なんで、こんな目に遭わなければいけないのでしょう。
私たちに無言で訴えていました。
何もできなくて、本当に申し訳ないです。ごめんなさい。
f0078320_23395846.jpg

ポインターもいました。
f0078320_23423764.jpg


こんなにたくさんの罪もない子たちが、処分になるなんて、ほんとにやり切れません。
迷子ならもっと探してほしいです。
もっと真剣に探してくれたら、おうちに帰れる子はもっといるはずです。
迷子にさせない努力に、欠けている飼い主さんが多いと思います。
うちの子は、大丈夫なんてことないんです。
迷子札、鑑札、マイクロチップの装着をして欲しいと思います。


迷子でなく、どこかに捨てられて捕獲されてきた子、飼い主が直接持ち込んだ子
みんな生きたいと思っています。
明日を信じたいと思っています。
人間は罪深いです。
人間てそんなに偉いでしょうか。

殺処分を減らすための第一歩

避妊、去勢をお願いします。


検疫室です。
ついこの間まで空いていた、ステンレスケージも子犬たちがいっぱいでした。
f0078320_23553536.jpg

f0078320_2356277.jpg

収容されたばかりの子たちでしょうか
f0078320_2357183.jpg


↓先週ちばわんで検疫をお願いした子です
f0078320_23583563.jpg
 とても元気で良い便をしていました。もう1頭、この子と同時に検疫をお願いした成犬は、残念ながら感染症を発症し、遂に今日力尽きて亡くなってしまったのだそうです。
▽9月17日の画像です。
f0078320_15521554.jpg

せっかく救おうとしても、ままならない・・・ここから元気に出て来られるのが如何に難しいことなのか、思い知らされます。
無事に検疫明けの日を迎え、お迎えに来られるということが、どんなにか素晴らしいことか。
助けようとした行為が、逆にこの子に苦しみを与えることになってしまったのではないかという思いに、毎回苛まれるのです。



行き先の決まっていないビーグルMIx
f0078320_23593598.jpg



鑑定室です
猫ちゃんたちもいました。
f0078320_00504.jpg

f0078320_015572.jpg


怪我をしているチワワです
f0078320_024474.jpg

f0078320_032093.jpg




本日は子犬舎より3頭、収容棟より4頭の合計7頭引き出しました。
引き出した子の一部です。
f0078320_051122.jpg

f0078320_055279.jpg

f0078320_1591796.jpg


体調が整い次第、募集に入りますので、応援よろしくお願いします。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


当レポートをご覧になって

1頭でも気になる子がいましたらセンターではなくちばわんまでご連絡ください。

なお、安否確認のみだけではなく

譲渡希望や預かり希望の方を優先させていただきますので予めご了承願います。


『自分は何もできないけれどこの子をどうか引き出して下さい』
というメールはどうかご容赦願います。

預かり先・譲渡先がなくては引き出しはできません。

    *           *          *

問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので
何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

『犬の預かりアンケートフォーム』


『猫の預りアンケートフォーム』



お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。


なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。 
by centre_report | 2010-09-25 00:07 | 愛護センターレポート

9月21日愛護センターレポート

ひなのんさんのレポートです。


今日は検疫室のお掃除と、成犬一頭引き出しの為

ちばわんボランティアのTさんとEさんと共にセンターへ行ってきました。


週一ペースでお掃除されているTさん、テキパキとお掃除が進みます。
Eさんも一生懸命ステンレスゲージやプールを磨いてくださいました。


送風機が設置されたことによって、暑さで体調を壊すことなく掃除ができ
作業効率がグッと良くなったように感じました。




撮影に入る前に慰霊碑で手を合わせ

無念のまま亡くなった犬や猫達の冥福を祈りました。

f0078320_1302667.jpg





まずは子犬舎からの撮影です。

f0078320_1322921.jpg



とても元気の良い子犬達。
f0078320_1324941.jpg



センターで開催される譲渡会に出られる子達です。
f0078320_133145.jpg




この場所に二度と戻ることがないよう・・
f0078320_1333669.jpg




責任感のある温かいご家族とのご縁が結ばれる事を願ってやみません。
f0078320_1335340.jpg





収容棟。

撮影がお昼過ぎだった為かまだ一日目の部屋には誰もいませんでした。

夕方にはこの日捕獲された子達が入ったかもしれません。



二日目の部屋


▽こちらを向いている仔の情報は
保護場所:横芝光町屋形、メス、中型、収容期限27日。
f0078320_211863.jpg



▽同じく保護場所:横芝光町屋形、メス、中型、収容期限27日。
f0078320_214490.jpg


▽同じく保護場所:横芝光町屋形、オス、中型、収容期限27日。
f0078320_221100.jpg


▽最終部屋から出され検疫中の小ぶりな黒ラブ。
f0078320_221572.jpg




三日目の部屋


▽左:山武市松尾町借毛本郷で捕獲。27日が収容期限。
右の子は検疫が明けたらちばわんで引き出し予定。
f0078320_2172284.jpg



▽元気がなさそうで、とても痩せています。
ただ、もともと細身の子だったように記憶しています。
最終部屋から出られた子で検疫明け後引き出し予定です。
f0078320_2174811.jpg



コーギー系MIXと思われる若いオス。
栄町竜角寺台で捕獲。27日が収容期限。
f0078320_218996.jpg





四日目の部屋

腰を落として歩くような仕草を見せますがとても元気にしていました。
f0078320_2353566.jpg


もうすぐ検疫が明け、預かりボランティアの元へ行く予定の子犬。
シッポの先をちょこっと振りながらこちらを見ていました。
f0078320_236447.jpg



匝瑳市大寺で捕獲。オス、中型犬。24日が収容期限。
f0078320_2363820.jpg



具合が悪いわけではなかったと思いますが、なかなかこちらを見てくれようとしませんでした。
f0078320_2374884.jpg

△お顔はこんな感じです。以前のレポートより画像お借りしました。
f0078320_2381921.jpg



最終部屋。

今日(21日)収容期限を迎えた子達です。
このまま声がかからない場合には翌早朝22日(水)殺処分となります。


この子は一生懸命助けを求めていました。
それに対し、ただ謝ることしかできない自分の無力さを痛感しました。
f0078320_250845.jpg



f0078320_2503089.jpg


どうして首輪に迷子札つけてくれないのでしょう。
f0078320_2544120.jpg


電話番号のひとつでも書いてあれば“死”へ向かわずに済むと言うのに。
f0078320_2581670.jpg


迷子札に犬の名前だけ書き込むのは全く意味がなく連絡先は絶対に書くべきです。
f0078320_2563746.jpg



f0078320_331693.jpg



f0078320_341172.jpg



f0078320_342986.jpg



f0078320_351046.jpg



すでに息絶えていた子もいました。
よく見ると、床にもがいてできたような血のあとが見られます。
よほど苦しかったのでしょう。
f0078320_372413.jpg




観察室


前足を怪我したチワワ。
治療費が無いという理由により飼い主の手で持ち込まれたそうです。
f0078320_3112484.jpg


ビーグルMIX?引き取り先の有無不明です。
f0078320_3114148.jpg



まるで泣いているかのような悲しげな目をしたダックスです。
引き取り先が決まっているそうです。
f0078320_3162899.jpg



コッカーも頻繁に収容されています。活動的で好奇心旺盛な性格を
理解しようとも勉強しようともせず、持て余してしまうのでしょうか。
f0078320_31843.jpg



可愛い子猫達。感染症に掛からず生きてここから出られますように。
f0078320_3203212.jpg



親子でしょうか?よく見るとお乳を飲んでいる子猫がいます。
ずいぶん幼い母猫です。
初めてのヒートですぐに子供を産んだのかもしれません。
f0078320_3225771.jpg


この子は猫風邪を引いているのかもしれませんが元気はありました。
f0078320_3252016.jpg




当レポートをご覧になって

一頭でも気になる子がいましたらセンターではなくちばわんまでご連絡ください。

なお、安否確認のみだけではなく

譲渡希望や預かり希望の方を優先させていただきますので予めご了承願います。


『自分は何もできないけれどこの子をどうか引き出して下さい』
というメールはどうかご容赦願います。

預かり先・譲渡先がなくては引き出しはできません。

    *           *          *

問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので
何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

『犬の預かりアンケートフォーム』


『猫の預りアンケートフォーム』



お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。


なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。 
by centre_report | 2010-09-21 01:26 | 愛護センターレポート

9月17日 訪問レポート

【お知らせ1】
現在千葉県では、“千葉県動物愛護ボランティア”を募集しています。

・募集期間は22年10月29日まで
・千葉県内に在住、在勤、在学の方

お申し込み・お問い合わせは
千葉県健康福祉部衛生指導課宛

【お知らせ2】
素敵なフリーペーパーができました!
ペットショップへ行く前に(複製自由)

作者のどいかやさんは、この夏にお掃除ボラにも参加してくれた方です。

*******************

ローズママさんのレポートです


検疫の明けた成犬5頭のコたちのお迎えに、スタッフ4名で訪問しました。

f0078320_11251674.jpg

仔犬舎の横にある慰霊碑です。
毎日のように犬たちが収容され、何の罪もない命が期限を迎えれば処分となってしまう。
私たちのようなボランティアが必要でなくなる日が来るのを切に願います。




まずは仔犬舎です。
大きめといっても、まだまだ仔犬です。
こちらの犬舎には2頭だけでした。
※前日に譲渡会が開催されて5頭譲渡され、その後ちばわんで4頭引き出しました。
f0078320_1130178.jpg


f0078320_1131519.jpg

▲白いコは女のコです。
 とっても人懐っこいコでした、話かけるとご飯を食べるのを中断して尻尾フリフリ。

f0078320_11333796.jpg

▲うす茶のコは男のコです。
少しビビリちゃんかもしれませんが、人の目をジッとみて話を聞いてくれていました。
白いコがご飯を食べ終わるのを静かに待っていました。



小さめの仔犬は5頭いました。
f0078320_11374940.jpg


f0078320_11384580.jpg


f0078320_11392527.jpg


f0078320_11394733.jpg

みんな元気いっぱいでした。素敵な赤い糸が繋がりますように。




収容棟

1日目の部屋
検疫中の証である赤い紐がすべてのコに着いていました。
f0078320_11433574.jpg

ですが、行き先未定の子が2頭いるそうです。
f0078320_61162.jpg
 △まだとても小さい子犬(多分オス)24日にはおそらく検疫明けだと思います。
f0078320_614390.jpg
 △月曜日のレポートで最終部屋から出された黒ラブ(オス)確かにラブにしてはとても小ぶりです。
f0078320_11435611.jpg

検疫が明けるまで頑張るんだよ!



2日目の部屋
f0078320_11462876.jpg

f0078320_11503051.jpg

f0078320_11473353.jpg
 △お顔が優しくてとっても穏やかなコ。
吠えることなく、静かにガラスをたたいていました。
赤い紐はついていませんでした。
sa100916-01 9月16日収容27日期限(とセンターの収容犬情報では表示されています)。
やや大きめの男の子です。


f0078320_1149498.jpg

f0078320_11504954.jpg
 △コーギーのような体型でした。
このコも私たちが覗くと近寄ってきてくれました。
おそらく赤い紐は着いていなかったと思います。
in100916-01 上の子と同じく、収容期限内の子です。
f0078320_6132097.jpg
 △この子は来週検疫明けてすぐに引き出す予定です。
f0078320_6173063.jpg


3日目の部屋
f0078320_11542223.jpg

f0078320_6181962.jpg

f0078320_11582144.jpg

f0078320_1204633.jpg

f0078320_6185259.jpg
 △優しいお顔をしていました、とても痩せています。
赤い紐は着いていなかったと思います。
yo100915-01 9月15日収容24日期限の男の子です。


4日目の部屋
f0078320_1153152.jpg

収容犬はいませんでした。



最終部屋
f0078320_1215354.jpg

f0078320_1223965.jpg
▲私たちが見ているのに気付くと静かに座り、ジッと見ていました。
しばらくすると近寄ってきてくれて、『ここから出して…』と吠えることなく
無言でガラスをカリカリしていました。
in100914-02の男の子、9月14日収容21日期限となっています。
f0078320_1225692.jpg
f0078320_1231089.jpg

f0078320_1262160.jpg

f0078320_647461.jpg
f0078320_648225.jpg
f0078320_6481562.jpg
f0078320_6482668.jpg
f0078320_6483853.jpg

ジッと座って見ているコ、諦めきったかのような表情をしているコ、
ぬくもりを求め重なり合うように寝ているコ…
感情をグッと押し殺して、自分が置かれている現状を受け止めようとしているコたちばかりです。

人間に置き換えてみてください。
男女関係なく同部屋に収容され、冷暖房設備もない、固いコンクリートの上で刻々と迫る命の期限。

想像するだけでもゾッとする方がほとんどだと思います。
でもそのゾッとすることが、このコたちに実際に起こっているのです。

誤解を招いてはいけないので、書かせていただきますが
センター職員の方は1頭でも多くの命を救うために懸命に働いてくださっています。


係の人に確認したところ、この日の朝の処分は予定通り行われたとのこと。
それでもこの頭数は、多すぎませんか?
本当に残念ですが、これが千葉県の現状です。
微力ながらもせめて一部だけ・・・と部屋から出してもらい、検疫をお願いしました。

f0078320_6534662.jpg
f0078320_653577.jpg



この日はステンレスゲージがこのコたちが居る以外全て空いていました。
f0078320_12191312.jpg
f0078320_12192133.jpg
f0078320_12192961.jpg



小さな子猫も収容されていました。
f0078320_12204222.jpg

f0078320_1221929.jpg

f0078320_6551910.jpg
f0078320_6552965.jpg




殺処分減らすためにみなさんにできること
不妊、去勢をしてください。




本日引き出した引き出したコたちです。

f0078320_12373028.jpg

f0078320_1238155.jpg

f0078320_12383926.jpg

f0078320_6592295.jpg
 △※上と同じ子です
f0078320_70046.jpg
f0078320_701575.jpg


それぞれの預かりさんの元で健康チェックや処置を済ませた後、ちばわんで募集開始します。
よろしくお願い致します。


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

『犬の預かりアンケートフォーム』 
『猫の預かりアンケートフォーム』

お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。


なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。 
by centre_report | 2010-09-18 12:43 | 愛護センターレポート

9月13日 訪問レポート

掃除ボラKさんのレポートです。



掃除ボランティアに初参加のYさんと2名で参加しました。
今日は千葉テレビのニュース番組特集の取材があり、掃除の様子などを収録されてました。

企画内容は
殺処分が日々絶えないなか、千葉県でも命を救うためボランティアが毎日活動している。
私達にできることは何か、ボランティアの活動を通して命の大切さを考える。


放送日はまだ未定です。
千葉テレビのHPから「こちら!!アナウンサー控室ブログ」に今回の取材の様子や
今後の取材内容(シャンプーボラや19日のいぬ親会)もUPされます。

掃除前に子犬舎の見学をしました。
f0078320_265169.jpg

f0078320_273139.jpg

f0078320_281457.jpg

f0078320_285527.jpg


早く素敵な飼い主さんを見つけなくては、と職員さんがシャンプーをしていました。
f0078320_2114276.jpg



抑留棟

手前にある機械はMC(マイクロチップ)読取機。
捕獲された犬は必ずこの機械でMCの有無を調べます。
しかし、残念な事に千葉のセンターではMC埋め込みで飼い主が判明するのは、年間わずか1~2件だそうです。
f0078320_240530.jpg

登録料や施術代込で5000円~7000円(東京都の場合)
いつ起きてもおかしくない災害時の救護活動や盗難防止効果もあるMCです。

「体内に異物を入れるのはかわいそう」 と思う人は、
もの言えぬ犬猫達にとって何がかわいそうな事なのか、もう一度よく考えてください。

検疫室

メス 黒茶 黒とピンクの首輪
放浪期間が長かったのでしょうか、ガリガリに痩せていましたが人懐こい子です。
f0078320_35265.jpg


オス 黒白 尻尾を振りながら元気に吠えてました
f0078320_354117.jpg


おとなしいシーズー  具合が悪いのかもしれません
f0078320_36538.jpg


とても愛嬌のある子 人恋しくて、さかんにアピールしてました。
f0078320_37257.jpg


バルボの疑いのある2頭。  回復傾向にあるそうです。
f0078320_38219.jpg

f0078320_384881.jpg



本日持ち込まれた子犬3頭
小さくて離乳前だと思われたこの3頭。
f0078320_3245439.jpg

グッタリしており当初は処分予定でしたが、試しにふやかしたフードを少しあげると自力で
食べてくれます。水も飲みます。必死に生きようとしてるのです。

すぐに職員さんが他団体さんに連絡し、特別にこの日のうちに引きだす事ができました。
臨機応変で迅速なセンターの対応で救われた命でした。


とてもおとなしく、私達の姿をじっと目で追っていた10キロ程度の柴系女の子。1歳半。
f0078320_3343715.jpg

f0078320_335645.jpg


元気な様子のMダックス
f0078320_3354948.jpg


2~3カ月の仔猫が2匹
f0078320_3373285.jpg

f0078320_337528.jpg



1日目の部屋は空でした
2日目の部屋
f0078320_3414028.jpg

f0078320_344197.jpg

f0078320_3453159.jpg

f0078320_345491.jpg

飢えていたのでしょう。とても痩せています。おとなしくていい子でした。
f0078320_3592389.jpg


kt100910-01のグレートピレニーズ オス
まだ子犬です。後ろ足に障害があるのでしょうか?少し力が入らないようですが、元気に歩いてます。日常生活に支障はないと思われます。
f0078320_4541.jpg

f0078320_45229.jpg



3日目の部屋
f0078320_485070.jpg

f0078320_492055.jpg

f0078320_4101260.jpg

右の大きめの子、とても優しく小さな犬の面倒をみていました。
f0078320_4111012.jpg



4日目の部屋
赤い印はついてません 
f0078320_4142421.jpg

f0078320_4164642.jpg

f0078320_4171753.jpg

f0078320_4174253.jpg



最終部屋
f0078320_4185781.jpg

△手前の白い犬は14日に飼い主返還となりました。

f0078320_4212847.jpg

f0078320_4232343.jpg


以上が全ての犬だと思って撮影していた時、
職員さんからもう1頭とてもいい性格の犬がいる事を教えられ、よく見てみると手前の壁の隅で小さく固まっている黒ラブ(系?)がいました。
f0078320_4355522.jpg

廊下に出してもらうと、人の姿に安心して元気にはしゃいでます。
歯も真っ白で、ラブにしては小ぶりの若いオスです。
f0078320_4335370.jpg

職員さんの判断で、1日目の部屋に移動だけしてもらいましたが、赤い印はついていません。



前回のレポートに載っていた、捕獲車で搬送中に出産が始まった親子を引きだしました。
f0078320_4452763.jpg
※収容期限満了時刻を待っての引き出し。かつ、完全隔離可能な保護場所が用意できています。
移動の為、目の前で子犬を取り上げても、決して人に歯をあてる事などしない母犬。
仔犬を先に移動しないと、動こうとしない母犬。
f0078320_4545953.jpg

やせ細った体で、幸せそうにお乳をあげていました。
これからは、預かりさんのお宅で安心して子育てができます。




当レポートをご覧になって
一頭でも気になる子がいましたらセンターではなくちばわんまでご連絡ください。

なお、安否確認のみだけではなく

譲渡希望や預かり希望の方を優先させていただきますので予めご了承願います。


『自分は何もできないけれどこの子をどうか引き出して下さい』というメールはどうかご容赦願います。
預かり先・譲渡先がなくては引き出しはできません。

    *           *          *

問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので
何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

犬の預かりアンケートフォーム

猫の預りアンケートフォーム


お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。


なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。 













by centre_report | 2010-09-15 02:11 | 愛護センターレポート

9月10日訪問レポート

今日は、作家の松坂星奈さんと一緒に、センターを訪問しました。

昨年夏にこのセンターレポートをご覧になった松坂さんが、本の執筆を通してこの現状を更に広め、悲しい殺処分を少しでも減らす役割を担いたい・・・と連絡を下さり、センターも取材されました。

その本が遂にできあがり、お世話になったセンターの方々へのご挨拶もしたい、ということで同行しました。


帰る家のないどうぶつたち
-毎日捨てられる命のおはなし-
著者;松坂 星奈
PHP研究所発行
定価:本体1,300円



本には悲しい現状だけでなく、センターでモデル犬として活躍する可愛いわんこたちのこと、幸せになったわんことご家族のお話も多く載っていて、明るい気持ちで読み終えることができます。
皆さんもぜひお読み下さい。

*****************

今日は第2金曜日、毎月恒例の『飼い主探しの会』が行われていました。
とても盛況でした。
f0078320_23191020.jpg


子犬舎の子犬たちは皆元気で、すくすく成長していました。
f0078320_23194296.jpg
f0078320_23195724.jpg
f0078320_23201082.jpg
f0078320_23202185.jpg
f0078320_23212719.jpg
f0078320_23214667.jpg



抑留棟

1日目の部屋
午後遅い時間だったので、今日の捕獲犬が入れられていました。
赤いリボンを着けた、譲渡予定の子も混じっています。
f0078320_2322783.jpg
f0078320_232215100.jpg

f0078320_2322476.jpg
f0078320_23225838.jpg

f0078320_23233047.jpg
 △左側の子は今週検疫が明けたので、本日引き出しました。


2日目の部屋

f0078320_2323684.jpg
f0078320_23231667.jpg

f0078320_23222773.jpg

f0078320_23232362.jpg
 △とても小ぶりな子。sa100909-01の女の子です。ここから出して!としきりに鳴いていました。


3日目の部屋
f0078320_23233886.jpg
f0078320_23243450.jpg
 △sa100908-01の女の子だと思います。


4日目の部屋は空けられていました。


最終日の部屋
9月13日期限、どの子も翌早朝には処分となります。
f0078320_23244434.jpg
 △in100906-03の女の子です。
f0078320_2324528.jpg
 △in100906-01、なんと、立派なロットワイラーのオスです。センターの人によると、性格的には割合おとなしい子だとのことですが、きちんと扱える人が飼わないと不幸になるだけでしょう。飼い主さんはいまだ迎えに来ていません。
人恋しいのか、窓から覗くとこちらに向かって走り寄って来ました。
その奥に写っているのは、in100906-02の女の子です。
f0078320_2325446.jpg
 △in100907-01男の子です。
f0078320_23252954.jpg
 △そしてこの比較的小ぶりな女の子、in100906-06、この子も9月13日(月)収容期限の子です。
お腹の大きい状態で捕獲され、捕獲車の中で出産が始まったそうです。大部屋に収容するわけにはいかないため、たまたま空いていた検疫部屋に入れてもらえましたが・・・・・・ここは収容頭数がべらぼうに多く、常に感染症の危機と隣り合わせのセンターです。
ここでこのまま何週間もにわたる子育てはできません。


検疫室
f0078320_2325184.jpg
 △感染症が出たためか、はたまた入って来る頭数が減ったためかは不明ですが、いつもよりすきすきの状態になったステンレス・ケージ

f0078320_23254124.jpg
 △まだ行き先の決まっていないダックス。非常に人懐こく、人の姿を見ると元気に吠えています。
f0078320_23261198.jpg
 △この子もまだ行き先が決まってないそうです。10キロ程度の柴系女の子、とてもおとなしい子です。1歳半ですが、出産経験もあるようです。

どちらも、センター職員の判断で譲渡可能だろうと検疫されている子です。


そして今日引き出した3頭です。
元気にじゃれ合う若いセッター系2頭
f0078320_23262336.jpg

f0078320_23263754.jpg

写真左側のセッター系の子は、昨夜預かり先が見つかって急遽引き出すことができました!
とても元気ないい子です。




当レポートをご覧になって
一頭でも気になる子がいましたらセンターではなくちばわんまでご連絡ください。

なお、安否確認のみだけではなく

譲渡希望や預かり希望の方を優先させていただきますので予めご了承願います。


『自分は何もできないけれどこの子をどうか引き出して下さい』というメールはどうかご容赦願います。
預かり先・譲渡先がなくては引き出しはできません。

    *           *          *

問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので
何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

犬の預かりアンケートフォーム

猫の預りアンケートフォーム


お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。


なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。 
by centre_report | 2010-09-10 23:29 | 愛護センターレポート

9月6日 愛護センターレポート

ひなのんさんのレポートです。


成猫の引き出しの為、センターを訪れました。

同じく、午後から検疫が明けた2頭の犬達の引き出し&運搬の為訪問された
預かりと運搬ボランティアのるぅ子さんと合流。

成犬2頭の引き出しのお手伝いをしてきました。

今日も猛烈な暑さで、センターの中で体力のない子の事がとても心配でした。


収容棟に入る前にまず子犬舎から撮影です。

▽子犬舎は冷房が付いているので、子犬達は元気にしていました。
f0078320_461423.jpg



f0078320_48927.jpg




f0078320_4154415.jpg




f0078320_4192953.jpg




f0078320_4202570.jpg




▽矢印の小ぶりなテリア系の女の子は検疫をお願いしました。
最終部屋から一日目の部屋に移動しました。
f0078320_4285818.jpg


▽中型の男の子、この子も検疫をお願いしました。
最終部屋から一日目の部屋に移動しました。
f0078320_4331352.jpg



▽大型のロッドワイラーが収容されていました。
私が見ていた限りでは他の子を威嚇するようなこともなく
大人しくしていたように思います。
f0078320_4362746.jpg




二日目の部屋

このビーグルは飼い主さんが迎えにきました。
f0078320_445579.jpg


今週末検疫の明ける予定の子だそうです。
f0078320_7512448.jpg


f0078320_4523149.jpg



▽おサルさんの着ぐるみをきているかのような可愛らしい毛並みの女の子。
生後4~5カ月でしょうか?9/2に匝瑳市長谷で捕獲
譲渡会に参加さえできればすぐにでも家族が決まりそうな気がします。
どなたか預かり可能な方はいらっしゃいませんか?
f0078320_453014.jpg


▽赤い印が付いてます。
f0078320_511173.jpg



▽ラブは、すでに検疫にかけられていました。※行き先が決まっているかどうかは後日確認することになります。
f0078320_515239.jpg




三日目の部屋

9/2成田市西大須賀で捕獲。オス、皮膚病と収容犬情報にありました。
f0078320_56404.jpg


赤い印があります。
f0078320_5731.jpg


画面向かって右側の子は
2日目の部屋のおサルさんのような毛並みの女の子と兄弟かと思われます。
9/2に匝瑳市長谷で捕獲。この2頭はオス。
f0078320_573543.jpg



ずっと背を向け寝ていました。暑さに参っているのかもしれません。
f0078320_575924.jpg

8/30センターレポートの画像↓
f0078320_5191998.jpg
 △この子は今日で検疫が明けたので引き出し可能なのですが、先週末時点ではまだ行き先は決まってないとのことでした。
8/26にお掃除ボラに行った人の話では、この子が同じ部屋にいた仔犬達をなめてやっていた様子がとても温かで印象に残っているそうです。
じゃれつく子犬を優しく舐めてやっているその姿に、きっと仔犬を産んだ経験のある女の子なんだとばかり思っていたらなんと男の子だったので、その穏やかさに驚いたほどだったということでした。



4日目の部屋

9/1香取市扇島で捕獲。オッドアイが特徴で黒色首輪をつけています。オス。
f0078320_5223715.jpg


9/1栄町安食で捕獲。大きめな男の子。
f0078320_5225531.jpg


▽左側:9/1香取市扇島で捕獲。中型の女の子。▽右側:香取市扇島で捕獲された中型のオス。
f0078320_5231963.jpg



最終部屋

7日早朝、殺処分となる子達です。

f0078320_534447.jpg


しっかりと目に焼き付けておかないと

f0078320_536088.jpg


悲惨な現実など、人はすぐ忘れてしまう生き物だから。

f0078320_5384776.jpg


この子達が不本意な形で死に追いやられてしまうのは

いったい何のため?誰の為?

f0078320_538981.jpg


中央にいるもモサモサの子は一度は外に出られましたが
結局最終部屋に残ることになり
f0078320_5343697.jpg


(同じく一度出られましたが結局最終部屋に戻されました)
職員さんが「ごめんよ、本当にごめんよ」と頭を撫でながら話しかけていた様子が
見ていて辛くて、胸に突き刺さりました。
f0078320_5371490.jpg




▽まだ行先が決まっていないそうです。最初だけ警戒しますが
職員さんが「いい子ですよ。可愛いです」と仰っていました。男の子です。
f0078320_671757.jpg


この子もまだ決まっていないと思います。
f0078320_5532443.jpg


f0078320_5551597.jpg
 △おそらくこの子も。


譲渡対象の猫達は、引き取り先が決まるまで殺処分はしない予定だそうです。
▽奇麗なオッドアイの子猫です。少し恐がりさんのようです。
f0078320_556647.jpg


ですがそれも収容頭数が多くなれば状況が変わってくると思います。
▽結膜炎になっているようですが、とても人懐こい子猫です。
f0078320_5594936.jpg


▽まだ生まれて数週間も経っていないような小さな子猫です。
f0078320_601017.jpg



f0078320_603269.jpg



▽そして、この日引き出した2頭です
f0078320_6134460.jpg


それぞれ預かりさん家庭で体と心のケアを受け
準備が整い次第いぬ親様募集します。
f0078320_614957.jpg



引き出しに運搬にと奮闘してくださったるぅ子さん
暑い中本当にお疲れさまでした!
f0078320_6143164.jpg



この日は譲渡犬担当のT先生がご不在でしたので
収容犬の詳しい情報は聞けませんでした。

当レポートをご覧になって
一頭でも気になる子がいましたらセンターではなくちばわんまでご連絡ください。

なお、安否確認のみだけではなく

譲渡希望や預かり希望の方を優先させていただきますので予めご了承願います。

    *           *          *

問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので
何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

『犬の預かりアンケートフォーム』

『猫の預りアンケートフォーム』


お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。


なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。 
by centre_report | 2010-09-07 06:36 | 愛護センターレポート

9月2日 愛護センター・レポート

モカママさんのレポートです。


9月に入ったというのに猛暑日が続くカンカン照りのなか、犬引き出しのため
メンバー4名で訪問しました。

まずは仔犬舎から見学します。
向かって右側には6匹の子達、とっても元気で人懐こい4匹の(おそらく)きょうだい達▼と
f0121712_14535763.jpg
f0121712_14542420.jpg


この日検疫が明けて移動して来たばかりのビビリっこ2匹▼。
f0121712_14561393.jpg



向かって左側のエアコン設備のある仔犬舎にも元気で人懐こい子が6匹。
右側の仔犬舎の子達よりもまだ少し幼い子達です。
f0121712_14581169.jpg
f0121712_14582357.jpg
f0121712_14583685.jpg



つぎに収容棟です。
入ってすぐ廊下で電気工事の職人さんを案内しているセンター長さんと鉢合わせしました。
この収容棟にも冷房装置をつけたいと見積をもらっている最中だそうで
「予算が通るかどうか解らないけれど、こう暑くては犬たちが可哀想で・・・」とおっしゃっていました。
私も千葉県民として県の財政の苦しさは理解できますが、
老朽化した建物をすぐに建て替えるのは無理でも、せめて冷房装置をつける予算くらいは
与えてほしいなと切に思います。


<1日目の部屋>
当日の収容犬はまだ搬送されてきておらず、検疫中の犬たちが入っていました。
検疫の印の赤いリボンはついているものの、行き先の決まっていない子も多いです。
f0121712_16231974.jpg
f0121712_16233442.jpg

▲ちょっとピンボケになってしまいましたが
上写真手前左側のコッカー、下写真手前左側のブリタニーと右側のセッター?ポインター?ミックス(全てオス)も行き先は決っていません。
※ブリタニーに声がかかったので、ちばわんで引き受ける予定です。


<2日目の部屋>
前日9月1日の収容犬(4匹)と検疫中セッターミックスの子が居ました。
小柄なセッターミックスの女の子は来週ちばわんで引き出し予定です。
もう少しだからがんばって!
f0121712_16245080.jpg

▲真ん中で笑っているオッドアイの子は収容犬情報(→ここをクリック)のkt100901-03(オス)です。
f0121712_16251047.jpg

手前右側のにっこり笑顔の黒茶の子はkt100901-01(メス)
奥で寝ている大き目の子は具合が悪いのか、こっちを向いてくれませんでした。
おそらくin100901-01(オス)の子だと思います。
f0121712_16344912.jpg

▲黒茶の女の子によりそっている茶色の子は最後までお顔をみせてくれなかったのですが
 おそらくkt100901-02(オス)です。
 この中型の子3匹は同じ場所での捕獲なので一緒に生活していたのだろうと思います。
 いずれも9月9日収容期限。まだどの子も声はかかっていません。
 大き目の子は18キロ前後、他の子たちは13キロ~15キロ前後だと思われます。
 
<3日目の部屋>
8月31日の収容犬2匹と検疫中の犬3匹がいました。
f0121712_23454678.jpg

f0121712_2346454.jpg

▲kt100831-01(オス)の子。ずっと諦めたように伏せていました。
 10キロ前後のように見えました。まだ声はかかっていません。
f0121712_23502152.jpg

▲yo100831-01(メス)。とても小ぶり(6キロくらい?)の可愛い子でした。
 呼ぶとゆっくり尻尾を振ってくれました。まだ声はかかっていません。
この子たちの収容期限は9月6日。
このまま声がかからなければ、翌7日早朝には殺処分となります。



<4日目の部屋>
8月30日に収容された4匹がいました。
この子たちの収容期限は9月6日。
翌7日早朝の殺処分・・・命の期限は刻々と迫っていますが
どの子もまだ声はかかっていません。

f0121712_014488.jpg

f0121712_0132385.jpg

f0121712_020799.jpg

▲この人懐こいラブラドールはin100830-03(オス)。
 昼間の一番暑い時間帯だったためか、他の3匹はずっと伏せていて
 お顔の写真が撮れなかったのですが
 お預かりできる子がいましたら、ちばわんまでご連絡ください!
 ★問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
※追記;ラブに声をかけていただいたので、ちばわんで引き受ける予定です。



<最終のお部屋>
白い美人の女の子と優しそうな男の子、そして人懐こいシニアの男の子。
この子達はもうこの世には居ません。
f0121712_0491156.jpg
f0121712_0492788.jpg

このお部屋の前を去るときはいつもとても辛いです。
でも、本当に辛いのは置いていかれる犬たちのほう。
置いていかないで~!と窓に飛びつく子、
少しはにかむように私たちを見送ってくれる子、
諦めたようにじっとしている子・・・
今まで助けてあげられなかった多くの子の面影と重なります。
謝罪の言葉も虚しいだけでお空に昇った子にかける言葉すらありません。

廊下を挟んだ反対側では、お掃除ボラの方達が小さな命を守るため
ステンレスケージの仔犬部屋を一生懸命お掃除してくださっていました。
この暑さではレインコートを着ての引き出し作業だけでもバテてしまいます。
レインスーツ上下のレインスーツを着ての清掃作業は本当にキツと思います。
いつもありがとうございます。
f0121712_0564724.jpg


<検疫室C>
3匹の子が検疫中でしたが、真ん中のテリア風の子を除いて
行き先は決っていません。
ダックスちゃんは元気に吠えていました。
f0121712_123144.jpg
f0121712_124425.jpg
f0121712_13118.jpg


検疫室Aはこの日ちばわんで引き出したことで空になり
検疫室Bは先週感染症が発生したため使用していませんでした。


最後にこの日引き出した7匹です。
仔犬舎から、ビビリで皮膚の状態が悪く見える2匹▼。
f0121712_1323175.jpg

収容棟から、柴の元気な男の子と▼
f0121712_1362297.jpg

先々週最終のお部屋から検疫にかけた4匹▼。
f0121712_1434990.jpg

f0121712_1454426.jpg

f0121712_1464543.jpg

本当は同じ日最終部屋からもう1匹検疫にかけた子がいたのですが
検疫中に感染症で亡くなってしまいました。
とても穏やかで優しい秋田の男の子でしたが、
この子を持ち込んだ飼い主はワクチンすらしていたかったとみえ
幸せになるはずだった第二の犬生のスタートにすらつかせてもらえませんでした。
残った4匹が元気に検疫明けを迎えてくれたのがせめてもの救いです。

感染症は日常生活の中ではあまり実感がないかも知れませんが
センターでは多くの犬がこのために命を落とします。
これはセンターの衛生状態のせいではなく
あまりにも多くの犬が捕獲や持込で収容されることに起因します。
いつ何時、あなたの大切な愛犬が迷子になってセンターに収容されるかも知れません。
愛犬の命を守るために定期的なワクチン接種はとても重要です。

        *           *          *
当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

『犬の預かりアンケートフォーム』 
『猫の預かりアンケートフォーム』<

お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。


なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。 
by centre_report | 2010-09-03 23:56 | 愛護センターレポート

9月1日 センターレポート

Chieさんのレポートです。


9月1日、
子犬3匹の引き出しのためセンターに行ってきました。

飼い主に持ち込まれ、8月16日に
最終部屋に収容されていた4兄弟たち、
その後、検疫に掛けてもらうことができ、

4兄弟そろって
2週間の検疫期間を無事に乗り越えることが出来ました。

女の子1匹は一足早く31日に引き出され、
この日は残りの3匹のお迎えです。

とは言っても、
2匹の男の子達の預かり先がまだ決まっていません。

せっかく検疫期間を乗り越えたのに、
預かり先が見つかるまで・・と先の見えない期間ここにいたら、
まだこの小さい体です・・・、
どんな体調の変化があるかもしれませんので
この日引き出すことにしました。

f0078320_2332183.jpg


1匹だけでも構いません、『預かれる!』という方いらっしゃいましたら是非ご連絡ください!
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)





【子犬舎】3ヶ月くらいの子たち、8匹がいました。
 みんな元気な笑顔を見せてくれました。
f0078320_22223777.jpg

f0078320_222255100.jpg

f0078320_2223713.jpg

f0078320_22231775.jpg

f0078320_22233046.jpg

f0078320_22234384.jpg

f0078320_22235416.jpg



 *


そしてこの日の収容部屋です。


【1日目】7匹の子たちがいました。
f0078320_21235087.jpg


そのうち2匹はこの日に引き出した子犬たち、
f0078320_2124156.jpg


そして”引取り先アリ”の赤いリボンの着いたセッターミックスの子、
f0078320_21244953.jpg
 △ちばわん引き受けました。来週検疫明け引き出し予定です。

そしてまだ声の掛かっていない5匹の子達です
▽2010年9月9日収容期限 香取市扇島捕獲
 体重15キロくらいの男の子(左目オッドアイ)
 静かにこちらをじっと見つめていました
f0078320_21254497.jpg


▽2010年9月9日収容期限 香取市扇島捕獲
 体重が13キロくらいの男の子、
 少し離れたところからこちらをじっと見つめていました。
f0078320_21264590.jpg


▽2010年9月9日収容期限 香取市扇島捕獲
 緊張のためなのか・・・、ずっとよだれが垂れていました。
 3匹とも同じ場所で捕獲されています。
 捨てられたもの同士、彷徨っていたもの同士
 野良として一緒に暮らしてきたんでしょうか・・・。
f0078320_21275681.jpg


▽2010年9月9日収容期限 栄町安食捕獲
 やや大き目の男の子ですが、一番奥で横たわったままでした。
 具合が悪いのか・・・。
f0078320_21302027.jpg



【2日目】5匹の子たちがいました。
f0078320_21323813.jpg


この部屋にいた子たちは、
▽他のボランティアさん引き出し予定のこの子も
f0078320_21332220.jpg


▽2010年9月2日収容期限 富里市十倉捕獲のこの男の子も
f0078320_21351436.jpg


▽そしてこの子も
 首に赤いリボンが着いていましたが
f0078320_21402095.jpg


▽2010年9月6日収容期限 匝瑳市吉崎捕獲
 このテリア系の小柄な女の子
f0078320_2141308.jpg


▽2010年9月6日収容期限 香取市扇島捕獲
 目がとってもきれいなこの男の子にはリボンは着いていませんでした
f0078320_21423924.jpg


 テリア系の子は10キロないくらいで
 茶色い男の子は13キロ前後だと思います。
 どなたか預かれる方いらっしゃいましたら
 どうか声を掛けてあげてください。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)

f0078320_21443831.jpg



【3日目】3匹の子たちがいました。
f0078320_21463752.jpg


▽2010年9月6日収容期限 香取市小見川捕獲
 青い首輪の男の子、
 静かな子でした。
f0078320_21492337.jpg

f0078320_21493490.jpg


▽2010年9月6日収容期限 八街市八街は捕獲
 この子も青い首輪の男の子、
 部屋の隅でずっと立ったままでした。
f0078320_2153796.jpg

f0078320_21531922.jpg


▽2010年9月6日収容期限 四街道市小名木捕獲
 ラブラドールレトリバーの男の子です。
 この部屋の子達はどの子も赤いリボンがありませんでした・・・。
 気にかかる子がいましたら是非声を掛けてあげてください。
f0078320_21553999.jpg
 


【4日目】 5匹の子がいました
f0078320_21574011.jpg


この部屋にいた子たちはみんな、
首に赤いリボンがついていました!

が、この3匹の子には引取り先が決まっていないそうです
f0078320_21591441.jpg

f0078320_21594279.jpg


3匹とも元気そうでしたので、なんとか無事に検疫期間を乗り越えてくれるように
思います。
3匹ともオスで、来週前半に検疫が明けるそうです。
預かれる方いらっしゃいましたら、是非ご連絡ください!
f0078320_2212021.jpg

f0078320_2214746.jpg


▽とっても元気そうにしていました!
 (収容情報のどの子なのかちょっと不明・・・)
f0078320_224558.jpg



そして【最終部屋】には3匹の子たちがいました。
f0078320_2254924.jpg


どの部屋にいる子も、
飼い主の迎え、引き出し希望の声がなければ
この部屋に来ることになるのですが
いつ行っても、覗くのがつらい部屋です。

▽2010年9月2日収容期限 旭市鎌数捕獲
 小ぶりな女の子です。
 まだ若いと思います。
 でももう期限が9月2日・・となっています。
f0078320_22115232.jpg


▽収容情報には載っていませんでしたが
 歯のきれいな男の子でした。
f0078320_22134429.jpg
 
f0078320_22135463.jpg


▽2010年9月2日収容期限 富里市七栄捕獲
 そして胴輪を着けたお年寄りです。
f0078320_22143839.jpg

 私たちが窓のそばに行くと、
 出して欲しくて窓枠に飛び掛かろうとするんですが、
 力なく滑り落ちてしまって
 悲しい声で鳴き続けていました・・・。
 痩せていないし、ハーネスまで着いているし
 ここまで一緒に暮らしてきた家族がいるはずなのに
 また最期を誰にも看取られずに
 ガスでの処分となって旅立つ老犬がいます・・・。
f0078320_22154398.jpg



 *


 最後にひとつ嬉しい出来事がありました。

▽2010年9月6日収容期限 山武市椎崎捕獲
 事故に遭ったようで、立てなくなって収容されていた男の子
 なんと飼い主さんが迎えに来てくれました!
 このリードの先には迎えに来てくれたお父さんが立っています!
f0078320_22192283.jpg



レポートは以上になります。


                   *   *   *
  

 ちばわんでは随時預かりボランティアさんを募集しています。

 一軒でも多くの預かり家庭があれば
 一匹でも多くの命を助けることが出来ます。


 殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します・・・。


 当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
 問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
 お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。
 新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

  『犬の預かりアンケートフォーム』
  『猫の預かりアンケートフォーム』

 お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
 当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。


 なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
 どうぞご理解下さい。 

by centre_report | 2010-09-02 22:33 | 愛護センターレポート