ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

5月27日センターレポート

Hさんのレポートです。

5月27日(木)子犬3匹、成犬7匹引き出しのために7名でセンターへ。

譲渡会を待っているチビっ子たちが待つ子犬の収容されている犬舎へ。
その中に、比較的大きそうな子犬が3匹。
7ヶ月くらいの美しいシルエットの子犬たち。

f0078320_22403931.jpg

すでに大きいので、このように軽々と犬舎の敷居に飛び乗って、隣の子犬を見に来た人にアピールしています。

とてもきれいな子たちで、生後7ヶ月くらいでこのサイズなので、あまり大きくならないかもしれません。小ぶりの中型犬といったところでしょうか・
f0078320_2251227.jpg

f0078320_22515991.jpg

f0078320_22521899.jpg

f0078320_22523552.jpg


どなたか預かれる方はいませんか?気になる子がいれば、
ちばわんまでご連絡ください。

他にもまだまだ子犬が。
f0078320_23135356.jpg

f0078320_23142053.jpg

f0078320_22544995.jpg

f0078320_22551029.jpg
f0078320_22552686.jpg
f0078320_22554245.jpg


収容塔の様子です

【鑑定室
仔猫たち。
f0078320_22561686.jpg

f0078320_2301712.jpg


写真はありませんが、小型犬の純血種もやはり多くいました。


【検疫室】
この子は、検疫されていますが、まだ行き先が決まっていないそうです。どなたか預かれる方はいないでしょうか?
ちょっと受け口ちゃんですが、中型やや小ぶりの女の子で、おとなしい子でした。
f0078320_2304541.jpg

f0078320_2315689.jpg

f0078320_233361.jpg



【抑留室】
まずは最終日から。まだ午前中だというのに、すでに20匹以上が収容されていて息を飲みました。夕方に移送されてくる子たちと合わせて、明日金曜日(5月28日)の早朝には処分されます。ここからは1匹検疫をかけてもらいました。

精悍でやさしそうな子。
f0078320_2334030.jpg


きれいでおとなしそうな子。
f0078320_234727.jpg


f0078320_2343188.jpg



右にいる黒白のふっくらとした子と、
f0078320_2345046.jpg


真ん中にいる白いテリア系の大きな子は、
f0078320_2351579.jpg

とてもとても人懐こく本当に性格がよさそうでした。

なんで、、という言葉を飲み込むしかありません。

f0078320_2354792.jpg

最終部屋に子犬が3匹。隅っこに固まっていました。怖いね。ごめんね。
f0078320_236671.jpg


この人懐こい黒いワイヤーダックスは、飼い主を咬むということで飼い主の持ち込みでした。
f0078320_2362985.jpg


穏やかな感じの子が多かったです。

どうしたら、この命を奪う罪を、つぐなうことができるのでしょう。



1日目
秋田犬が一匹。この子は来週引き出し予定です。もう少しだよ。がんばれ。
f0078320_2365392.jpg


2日目
先週、最終部屋から検疫をお願いした子たち、9頭全員が元気でこの部屋にいました。昨日の捕獲犬4匹もこの部屋にいます。
みんな、しっぽを振って挨拶してくれました。ゴールデンが2匹。黒シバも可愛い顔で見上げてくれました。
f0078320_2371486.jpg

f0078320_2373171.jpg
f0078320_2374488.jpg


3日目は茶色のダックスが一匹。
f0078320_2381377.jpg


4日目は3匹、茶色い、中型の子。セッターは引き出し予定ですが、茶色い子はわかりません。
f0078320_2385061.jpg
f0078320_239573.jpg

一般譲渡がキャンセルとなったというラブは、ちょうど今日検疫明けだということで引き出しました。


この子を、最終部屋から検疫にかけてもらいました。
f0078320_2393465.jpg


*****
本日引き出した子達の一部です。
f0078320_2310690.jpg
f0078320_23101724.jpg
f0078320_23103042.jpg


このラブは、何故か腰砕け状態で、運搬ボラMさんに抱っこされて出ました。
がりがりのダックスたち。外に出られて嬉しそうでした。

当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、“ちばわん”までお願いいたします。

問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。

譲渡先・預かり先は、関東圏内限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。
by centre_report | 2010-05-27 23:24 | 愛護センターレポート

5月24日センターレポート

ひなのんさんのレポートです。




今日はセンター内の検疫室のお掃除の為

今回2回目参加のMさん、ちばわん卒業犬の犬親様のI様(初参加)

I様のお子さん2名と私の5人で清掃を行いました。


午前中には、前回のお掃除の時ご一緒だったGさん親子が
収容犬達の為に使用する布の裁断と検疫中の子の安否確認をしてくださいました。


明日の朝(25日)処分があるとのことなので

僅かな希望を願い、一番最初に最終部屋の様子をUPします。


真っ白の美しいこの子達はみな血縁関係があるのでしょうか?大人しい子ばかりでした。
f0078320_2126261.jpg





千葉の栄町~竜ヶ崎町を放浪していた男の子だそうです。
布製の首輪をしています。丸々太り、性格は穏やかそうです。
f0078320_21371791.jpg




香取市で捕獲、オス。5~6歳くらいでしょうか?もっと若いかも。
一緒にいる子はまだ生後4~5カ月くらいだと思います。匝瑳市で捕獲。
f0078320_21375742.jpg




スタイル抜群の美しい子。男の子です。
f0078320_21385149.jpg







f0078320_21405221.jpg





ひときわ目立っていた秋田犬らしき子。
f0078320_21411740.jpg





画質が悪くて見えにくかったらごめんなさい。

白い長毛の子は犬種すら良く分かりません。
もしかしたらお手入れなどしてもらったことなどないのかもしれません。
f0078320_21544496.jpg




f0078320_21551163.jpg




f0078320_21553762.jpg




キレイ目をしたこの子のいる場所もまた最終部屋なのです。
青い首は付いているものの身元が分かるものはなかったようです。旭市で捕獲。
f0078320_21565240.jpg




f0078320_21571893.jpg



ラブMIXらしき子です。
f0078320_21574147.jpg



自分の愛犬がいなくなっても探さない飼い主がこれほど多いとは・・。


確かに犬には帰巣本能があるかもしれませんが
それに頼るにはあまりにも危険が大きすぎます。

「うちの犬がいなくなったら学校休んででも探しまくるよ」

Iさんのお子さんの言葉です。


私もその通りだと思います。





一日目の部屋

検疫室の清掃中に新たに収容された子です。
まだ若そうで元気のよい子でした。
f0078320_2213298.jpg





自力で立ち上がることのできない老犬です。

「老犬とか怪我した子も飼い主が持ち込むのですか?どうしてですか?」

そんな素朴な疑問を投げかけられましたが

正直私にも解りません。理解は・・一生できないと思います。
f0078320_22133492.jpg





二日目の部屋


2頭とも引き出し予定です。

秋田犬の子はものすごく人慣れ抜群でした。
f0078320_22205990.jpg




東庄町で捕獲。左の子は皮膚疾患があるようです。適切な治療をすれば治るのでは・・と思います。
f0078320_22232985.jpg



九十九里で捕獲。まだ若そうです。
f0078320_22255985.jpg




三日目の部屋



犬たちが飛び出さないよう、そして決して触れないよう注意しながら撮影しました。


ひと部屋にこの頭数は多すぎます。
時折、犬たちが争う声が聞こえてきました。でも収容場所が足りないのも事実です。
f0078320_22275955.jpg



f0078320_22355969.jpg





赤い紐が付いている子は譲渡予定で検疫中です。
f0078320_22363339.jpg




赤い紐の付いていない子はまだ引き取り先がきまっていません。
f0078320_2237324.jpg




f0078320_2239290.jpg




f0078320_22393361.jpg




白いテリア系の子は芝山町で捕獲。後ろのコーギーMIXのような子は神崎町で捕獲。
どちらも男の子です。
f0078320_22395939.jpg




四日目の部屋


f0078320_22511219.jpg




f0078320_2252350.jpg




まだ預かり先、譲渡先の決まっていない子です。まだ若そうな子です。
f0078320_22522895.jpg




引き出し予定のしるしのあるガンドック。
f0078320_2252573.jpg




赤い布製の首輪をしているこのビーグルは具合が悪そうで
他の子に顔を踏まれても移動することもできずただ横たわっていました。辛いです。
f0078320_22545578.jpg





清掃をした検疫室です。



パグにしては大人しく穏やかな印象の子です。おそらく飼い主の持ち込み。
まだ行き先は決まっていないと思います。
f0078320_2384245.jpg
 ※5/27追記;すでに譲渡されていました


ダックスは全部で5頭収容されていました。


そのうち、4頭の検疫が明けるものの、引き取り先がないとのことで
ちばわんで引き出すことになりました。

皆人懐っこく良い子ばかりでした。

お掃除の為扉を開けたら抱っこをせがんできました。
f0078320_2395546.jpg



同じくちばわんで引き出し予定のダックス。

自分の寝床がきれいになって嬉しかったのか、ひっくり返ってハシャイでいました。
f0078320_2331251.jpg



「この子抱っこ慣れされてるね」皆の共通した意見でした。
f0078320_23135221.jpg




このチワワは威嚇吠えをしていたのですが、ちゃんと抱っこをさせてくれました。
ただ怖かっただけなんですね。
f0078320_23181066.jpg




この子もこんなお顔で吠えてはいますが・・
f0078320_23185180.jpg




抱っこをされたら落ち着いてこのような表情に。
f0078320_23191831.jpg



ヨーキーのこの子はとてもシャイな子でした。
f0078320_2319539.jpg




子犬もとても多かったです。
検疫を乗り越えられれば子犬舎へ移れます。頑張って乗り切ってほしいです。
f0078320_2329889.jpg




f0078320_23293250.jpg




f0078320_2330121.jpg



ちばわんで引き出し予定の子です。
f0078320_23315954.jpg



f0078320_23334416.jpg



吠えもせず人懐っこそうに近寄ってきたポメラニアン。
まだ引き取り先は見つかっていないと思います。
f0078320_23352557.jpg



感染症に掛からず無事に生きてここを出てほしいので
思わず触れたくなるのをグッと堪えました。
f0078320_23365683.jpg




f0078320_2341552.jpg





f0078320_23422932.jpg




f0078320_23432457.jpg





負傷犬部屋です。


ここにも老犬が・・。
f0078320_2345433.jpg



f0078320_23503398.jpg




この子は私を見つけると「遊ぼう!」と誘ってきてくれました。可愛い子です。
f0078320_2358346.jpg




穏やかな子です。老犬でしょうか・・。
f0078320_00169.jpg




この猫さんの画像を載せるのは少しためらいましたが
もうすぐ天に召されるこの子の生きた証を残したく、画像をアップしました。
収容情報には吐血、頭部外傷、歩行困難、腹式呼吸とありました。
この子きっとノラっ子です。どのような姿になっても誇り高き野生の生きもの。
息も絶え絶えなのに私を見て「シャー」と威嚇していました。
f0078320_002618.jpg




かわいい盛りの子猫達もいました。
f0078320_018328.jpg



f0078320_0182620.jpg




センターを訪れて一番最初に撮影した子犬舎の様子です。


感染症の蔓延を防ぐために決して触れないように皆で申し合わせをしてから
撮影しました。
f0078320_0494390.jpg



f0078320_050181.jpg



f0078320_0503143.jpg




f0078320_050499.jpg


Iさんのお子様たちにセンターを訪れてみての率直な意見を聞いてみました。

「うちの白美(卒業ワンコ)がここにいたなんて信じられない。こんな状況はありえない。
  
       でもまたお掃除したいです。また此処を訪れたいです。」



そんな風に話してくれました。



そしてGさんのお子様は将来獣医さんになりたいのだそうです。

そのため、センターの収容犬に心を寄せて下さり

どちらのお子様も自らセンター訪問を希望してくれました。



この状況に絶望的にならず、次の世代に胸張って引き継ぎができるように

今できる精一杯をしたいとそう感じました。





当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、“ちばわん”までお願いいたします。

 問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
 お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。

譲渡先・預かり先は、関東圏内限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。

by centre_report | 2010-05-24 22:06 | 愛護センターレポート

5月20日訪問レポート

5月20日(木) 検疫の明けた成犬5頭引き出しのため5名でセンターへ
ちょうど2週間前、GW明けの6日の日に最終部屋から出していただいた5頭全員が無事に検疫を乗り越えてくれました。

早速、それぞれ預かりボラの元で医療処置などを開始していますので、体調など整いましたら募集開始します。



今回、写真があまりたくさん撮れていませんが、撮れた分だけとりあえずUPします。

同じ日にシャンプー・ボラでセンターへ行かれていたチロママさんのレポートもぜひご覧下さい。


2日目の部屋
f0078320_4384985.jpg




3日目の部屋
f0078320_4382318.jpg



4日目の部屋
f0078320_4393669.jpg


最終部屋
f0078320_4401650.jpg



午後遅い時刻の訪問だったため、今日も移送のトラックがやって来て、最終部屋には20頭以上の犬がいる状態になりました。
うち9頭を部屋から出していただき、検疫お願いしました。
前回のレポートで預かり先を募集した7歳持ち込みゴールデンメスもです。
お陰さまで多くの声をかけていただき、預かり先が決まりました。
ありがとうございました。


検疫部屋(ステンレス・ケージの部屋)
f0078320_442952.jpg
 このところ、また小型純血種の収容が増えてきたように思います。
f0078320_450215.jpg


そのせいもあって、新たに収容された子犬たちがケージに入れず、ここで待機状態です。
f0078320_4563412.jpg


f0078320_4565451.jpg
f0078320_457432.jpg
f0078320_457121.jpg


f0078320_4573093.jpg
f0078320_457391.jpg

f0078320_4575762.jpg
 △この3頭も小型純血種のMIXなのかと思いましたが、まだ生後6ヵ月ほどの子犬だそうです。
あともう少しは大きくなるはずなので中型犬ですが、スレンダーな体型に個性的な毛色の子たちでした。
間もなく検疫も明けるそうです。
譲渡希望・預かりボランティア希望のお問い合わせは、ちばわんまでお願いします。


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
 問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
 お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。

譲渡先・預かり先は、関東圏内限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。

by centre_report | 2010-05-23 05:00 | 愛護センターレポート

5月19日レポート

Kさんのレポートです



検疫室の掃除ボランティアを横浜から何度も参加しているSさん親子、
地元清掃ボラKでの3名で行いました。

2時間ほどかかる作業時間ですが、仔犬たちのかわいいしぐさに笑ったり、
時には悲しく見つめる目に心が傷つきながらの作業は時を忘れてしまいます。
最後にきれいになったケージで満腹になった犬たちの姿を見ながらカッパを脱ぐ爽快感。
辛くて悲しい事ばかりではありませんよ。
今後も多くの掃除ボランティア参加をお待ちしております。




無事検疫期間を乗り切った仔犬が収容されている舎を見学しました。
f0078320_20405853.jpg

ここに移されるまでに多くの仲間や兄弟が死んでいったはずです。
f0078320_20423227.jpg

一般譲渡を待つこの子達。この犬の子供が産まれて再びセンターに来る事が絶対にないよう、新しい飼い主さんは不妊・去勢手術を誓ってほしいです。



収容塔の様子です

【検疫室】

新しく入ったステンレスケージには仔猫たちの姿がありました
f0078320_2055777.jpg


f0078320_20561019.jpg



私たちがいる間に持ち込まれた子猫
f0078320_2057737.jpg

腰の曲がった、かなり高齢のお婆さんが持ってきました。
静かに声を掛け事情を聞いてみました。

飼ってる猫が4匹子供を産み、なんとか2匹はもらい手がついたけどもう探せられない。
独り暮らしで体も不自由なのでこれ以上の世話がむりなんです。と言っていました。

このお婆さんは最後に
「親猫には必ず不妊手術をする、もうかわいそうな事はしたくない」
と言って帰っていきました。

とてもせつない話です。
田舎の方で、特に高齢の方は新しい飼い主さんを探す方法を知らないし
限られてしまいます。
もし身近にこんな方がいれば、積極的に声をかけて
一緒に里親さんを見つけていきたいと思いました。


小型の純血種も多いです
f0078320_21211639.jpg


f0078320_21213487.jpg



f0078320_2122841.jpg



ミニチュアダックスだけで5頭
f0078320_21234894.jpg



f0078320_2124755.jpg

TVで見た犬を安易にペットショップで買ったのでしょうか

f0078320_21262391.jpg

ブームや、はやりなどを煽るようなTV番組も罪だとおもいます

f0078320_21324035.jpg

この子たちを産むために、劣悪な仔犬生産工場があることも忘れてはいけません

f0078320_21344542.jpg


f0078320_2139814.jpg


f0078320_21403114.jpg



f0078320_21413368.jpg



とても穏やかなオスのパグです。
f0078320_226855.jpg

譲渡先は決まっていません



【抑留室】
1日目
2頭の大型犬が収容されていました
f0078320_228247.jpg


f0078320_2282036.jpg




2日目

多くの犬がいますが、騒いだりむやみに動いたりしません。
f0078320_229961.jpg

自分の居場所を必死で守っているように見えました。




3日目
1頭しか顔を上げてくれませんでした
f0078320_22123265.jpg

目をつむり、ジッと耐えているように感じます





4日目
f0078320_22141171.jpg


f0078320_22154719.jpg

殺処分にされるなら、せめてこのまま目をつむり
昔の楽しかった思い出の夢でもみながら、そっと死なせてあげたい。
そう思ってしまいました

f0078320_22163042.jpg






最終部屋

f0078320_22171247.jpg






昨日(18日)に飼い主持込みのゴールデン
f0078320_22184077.jpg

不安で仕方ないのか、グルぐると円を描いて動いていましたが、私達が近づくと
一生懸命アピールしてきました。
人が大好きなようです。

f0078320_2219378.jpg

7歳のメスで体は小さめです。
預かれる方はいませんか?
お問い合わせはちばわんにお願いします。
 問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)


※5/21追記;△検疫をお願いしました。
なお、この7歳ゴールデンには、預かり希望お問い合わせを複数いただきました。
順にお返事対応させていただきますので、いったんお問い合わせを停止とさせて下さい。





f0078320_23114628.jpg

このセンターレポートは
とても悲しく、見ていてつらいものですが
見つめ続けなくてはいけないと思います。


なお、当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
 問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
 お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。

譲渡先・預かり先は、関東圏内限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。

by centre_report | 2010-05-19 21:35 | 愛護センターレポート

5月14日レポート その2

モカママさんのレポートです。

ちばわんスタッフ4名で引き出しのため訪問しました。
私はちょうど2週間ぶりのセンター訪問です。
前回検疫をお願いした子達の引き出しに立ち会えると楽しみにしていたのですが
2週間前、最終部屋から検疫をお願いしたこの子は
検疫を乗り越えることができませんでした。
f0078320_237187.jpg

とても穏やかで性格の良さそうな若い男の子、
優しい目をして私達を見てゆったりとお尻尾を振っていました。
預かり先も決まっていて、検疫さえ乗り越えられれば幸せは目前だったのに・・・
捕獲に寄って収容されたこの子、飼い主さんは探していてくれたのがどうか解りませんが
この子は最終部屋で飼い主さんを待っていました。
窓からのぞく顔に飼い主さんがいないかどうかずっと探していたのです。
どうか天国で安らかに眠ってください。
この子が迷子だったとして、観察や迷子札さついていれば
元気に飼い主のところに帰れたかも知れません。
迷子札や鑑札は愛犬の命を守る大切な存在です。
どうかきちんと装着してあげてください。


最初に仔犬舎を見学しました。
向かって右の建物には9匹の仔犬たち。
皆、元気で人懐こい子ばかりでした。
f0078320_2322330.jpg
f0078320_2323088.jpg
f0078320_2324041.jpg

どうか良い飼い主さんとご縁がつながりますように。
ここから柴犬風のとても可愛いこの2匹(▼どちらもメス)を引き出しました。
f0078320_2325415.jpg


向かって左の仔犬舎には7匹の仔犬たち。こちらも皆元気でした。
f0078320_2332744.jpg
f0078320_2333576.jpg
f0078320_233436.jpg
f0078320_2335073.jpg

千葉県内に在住の方なら、センターの譲渡会などで
この仔犬たちを譲り受けることができます。
仔犬を迎えたいとお考えの方はどうかご検討ください。

次に収容棟へ。
ここに入るために長靴に履き替えるとき・・・いつも心が重いです。
検疫中の子と、そうでない子・・・違いは何もない尊い命なのに
先に待っている運命があまりにも違いすぎます。

【抑留室】
1日目のお部屋は、4匹の大き目の犬達が居ました。
f0078320_0323674.jpg

このうちゴールデンはこの日ちばわんで引き出しました。
この子は亡くなったラブMIXと一緒に最終部屋から検疫をお願いした子です。
f0078320_032574.jpg

チョコラブも他の人が引き出して嬉しそうに出ていきました。
そして・・・とても人懐こい長毛の秋田犬。
歯が真っ白でまだ1歳前後に見える男の子です。
f0078320_0331551.jpg

長毛なので大きく見えますが、秋田にしては小柄で20キロ前半だと思います。
窓を開けると嬉しそうに寄ってきて笑顔を見せてくれました。
この間までお預かりしていた秋田犬の仔犬とお顔や仕草がそっくりで
胸が痛くなりました。
まだどこからも声はかかっていないようです。

2日目のお部屋はうまく写真が撮れていませんでしたが、
殆どが検疫中の子のようでした。
ここから同じく4/30に最終部屋から検疫をかけた
黒柴風の子を引き出しました。

3日目のお部屋。
餌箱の上の子を含めて4頭だけはちばわんで検疫をお願いしていますが、
その他の子は声がかかっていないようでした。
f0078320_0335769.jpg

そしてここにも長毛で美しい虎毛の若い秋田犬がいました。
収容犬情報<sa100512-01:オス、中型、雑>と同一の子だと思われますが
秋田に間違いないと思います。
この子も歯が真っ白でまだ1~2歳に見えました。
1日目のお部屋の子よりやや大きいですが秋田にしては小柄な感じです。
穏やかで人懐こく近寄ると窓に飛びついてきてくれました。
声はかかっていないようです。
f0078320_0343865.jpg


4日目のお部屋は空でした。
f0078320_037125.jpg

こうやってお部屋を空にしてしっかりお掃除できると
感染症の発生を抑えられると聞いたことがあります。
早くどのお部屋も空になる日が来ますように。

そして最終のお部屋。
このときは5匹でしたが、夕方になると他支所からのトラックが到着して
増えるのでしょう。
f0078320_0542965.jpg

真ん中に座ったまま、じっと私達のことを見つめる虎毛の女の子。
f0078320_0544023.jpg

収容権情報<sa100510-01>の子だと思いますが
とても賢そうな子でした。

【検疫室】
全部を見ることはできませんでしたが、
とても綺麗に清掃されていて、どの犬も落ち着いて元気そうでした。
f0078320_1125783.jpg
f0078320_113531.jpg
f0078320_1131425.jpg

▼下の写真のやや長毛の仔犬2匹は本日引きだしました。
f0078320_1132429.jpg
f0078320_113459.jpg


本日引き出した子の一部です。
体調が安定したらいぬ親さん募集を開始しますので
応援よろしくお願いたします。
f0078320_1334699.jpg

f0078320_1301339.jpg
f0078320_1302256.jpg


なお、当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
○問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。
譲渡先・預かり先は、関東圏内限定とさせていただきます。

by centre_report | 2010-05-15 21:15 | 愛護センターレポート

5月14日センターレポート その1

ふぉっくすママさんのレポートです。

少し暑いくらいの、緑濃い季節に入り気持ちの良いお天気の日でした。
ちばわんスタッフ4名でセンタ~へ犬の引き出しに行きました。


【子犬舎】
検疫を乗り越えた16頭の子達が元気にしていました。
ほとんどが女の子です。
f0078320_22174062.jpg
f0078320_22174839.jpg
f0078320_22175681.jpg
f0078320_2218263.jpg
f0078320_2218869.jpg
f0078320_22181491.jpg
f0078320_22182183.jpg
f0078320_22182730.jpg

みんな人懐っこくかわいい子ばかりでした。

このかわいい子犬達も人からいらない命として捨てられました。
いらない命なんてないと思います。

犬や猫を家族に迎えたらどうか不妊・去勢手術をしてください。
それだけでも不幸な子達を減らすことが出来ます。



【収容棟】

まずはこの子達の事から・・・・
4月13日にセンターに収容された、1才未満かと思われる男の子と女の子(きょうだい?)です。
f0078320_22223842.jpg

この子たちは飼い主さんがわかったものの・・・結局お迎えには来てくれませんでした。

収容当初、女の子はパルポを発症しましたが、センターのスタッフさんのケアにより元気になりました。
f0078320_11142740.jpg

飼い主さんに何度も連絡をしたのにお迎えがこないまま・・・・
がんばって病気も乗り越えたのに収容期限を迎えてしまいました。

人間に裏切られたのに、尻尾をバタバタ振りながら、差し出した手をペロペロとなめてくれるこの子たち。
急遽、本日ちばわんで引き出しました。


[1日目の部屋]

検疫中と思われる、大きな子ばかり4頭が収容されていました。
f0078320_114336.jpg


穏やかで若そうな秋田犬。
この子も、ペロペロして来ようとします。
引き出し先はおそらく決まっていません。

f0078320_114228.jpg

ゴルは、ちばわんで引き出しました。
黒ラブもこの日引き出されていきました。


[2日目の部屋]
検疫中の子と、収容期限内の子が一緒に6頭収容されていました。
f0078320_1143992.jpg


部屋を覗くと「ここから出してほしい!!」と入り口によってきます。
f0078320_12124971.jpg


f0078320_115175.jpg

f0078320_1155120.jpg


[3日目の部屋]
8頭収容されていました。
ほとんどの子が行き先が決まっていないものと思われます。
f0078320_1162143.jpg
f0078320_117937.jpg


穏やかなラブ。
遠目からでもおっぱいが垂れているのがわかったので出産経験がある子だと思います。
f0078320_119029.jpg


あきらめてしまったのかずっと眠り続けている子。
f0078320_1192293.jpg


白い子はずっとシッポを振っていました。
f0078320_11103011.jpg

f0078320_11104472.jpg


えさ箱にずっと横になって遠巻きに見つめる子。
f0078320_11105793.jpg
この子はちばわんで声をかけています。

美しい虎毛の秋田犬。人懐っこく穏やかで若そうです。
f0078320_11111040.jpg

f0078320_11112057.jpg


[4日目の部屋]
収容犬はいませんでした。

[最終部屋]
5頭収容されていました。火曜日が収容期限になります。
f0078320_11121394.jpg


ずっと扉の前にきて明るい笑顔でアピールしてくれた黒い子。若そうです。
写真ではわかりずらいですが、とてもかわいい子でした。
f0078320_11122534.jpg


ずっとえさ箱で横になっている子。
f0078320_11124385.jpg


賢そうな目で美しい子。
f0078320_11125222.jpg


優しいまなざしでジッとみつめる子。
f0078320_1113194.jpg


首輪をしている子、人なれしている子達の収容が多い事をいつも感じます。
どうしてここにいるのか犬達もわからないでしょうが、私も何度センターに来てもわかりません。

飼い犬を守れるのは飼い主さんだけです!!
首輪をつけたら一緒に狂犬病札、鑑札札、迷子札を付けてください。
そしてマイクロチップの装着をご検討ください。

悲しい目で収容される子が一頭でも少なくなるように・・・
家族の元に少しでも早く帰れるように・・・どうかお願いします。


【検疫室】
f0078320_11133255.jpg
f0078320_11134261.jpg
f0078320_111349100.jpg
f0078320_11135639.jpg
f0078320_1114468.jpg
f0078320_11141196.jpg
f0078320_11141956.jpg


ちばわんで検疫をお願いしている子も元気にしていました。
f0078320_11132238.jpg


【引き出した子達】
本日引き出した子達の1部です。
収容棟から成犬4頭、子犬3頭、子犬舎から2頭の計9頭を引き出しました。
f0078320_1116507.jpg
f0078320_11171113.jpg

f0078320_11172281.jpg

f0078320_11173280.jpg


引き出した子達は、預かりボランティア宅で体調を整えてから、いぬ親さま募集を開始します。
募集開始の際にはよろしくお願いいたします。


なお、当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
 問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
 お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。

譲渡先・預かり先は、関東圏内限定とさせていただきます。

by centre_report | 2010-05-14 21:45 | 愛護センターレポート

5月13日センターレポート

アトムミルクママさんのレポートです。


今日は検疫室のお掃除にスタッフのKさんと、ちばわんから2頭の保護犬を家族に迎えてくださった都内にお住まいのKさんの3人で行ってきました。


私はお掃除は初めてです。
センター訪問は一ヶ月半ぶりです。

検疫室のお掃除は最初勝手がわからなかったのですが、スタッフKさんに
教えてもらい、段取りがわかってきて、3人でスムーズに進みました。
全部で20頭くらいの子がいたと思います。
いつもは子犬が多いステンレスゲージですが、今日は純血種の小型犬が多いように感じました。
ちょっと大きくなったミックスの子も検疫されていました。
f0078320_19293977.jpg

f0078320_1930033.jpg

f0078320_19304246.jpg

f0078320_19305855.jpg

f0078320_19405094.jpg


お掃除が終わってから、収容棟を見学しました。

一日目の部屋は2頭だけでした。
一頭は今日引き出しました。もう一頭は明日14日引き出し予定の子です。
f0078320_19493236.jpg


二日目の部屋だと思います
f0078320_19501275.jpg

f0078320_1952522.jpg

f0078320_19522883.jpg

ちばわんで検疫している子が何頭かいました。
みんな元気そうでした。

最終部屋です。
16頭いたと思います。
あまりの多さに心がずしっときました。
こんなにも多くの子がなんでいるんでしょう。

明日、金曜日14日朝に処分予定の子たちです。
どの子ももちろん声はかかっていません。
間に合わないかもしれませんが写真撮ってきましたので観てください。
f0078320_200128.jpg

f0078320_2001328.jpg

f0078320_201377.jpg

f0078320_20132065.jpg

f0078320_20134017.jpg

f0078320_20135532.jpg

f0078320_2014987.jpg

f0078320_20142763.jpg
f0078320_20144558.jpg

f0078320_2015469.jpg

f0078320_20152472.jpg

この子たちはわかっているんでしょうか。
自分の置かれているところを。

みんなきれいな目をしていました。
それが余計に悲しいです。

あなたたちが悪いんじゃない。
みんな、私と同じ人間のせい
ごめんね、ごめんなさい…

ほんとにごめんなさい。

殺処分される子を減らすために誰にでもできることがあります。
犬、猫を家族に迎えたら是非、避妊去勢をしてください。
そうすれば、不幸になる子は確実に減ります。


猫ちゃんたちもいました。
負傷動物室だと思います、
f0078320_20233180.jpg

f0078320_20242141.jpg

f0078320_2024416.jpg


検疫室で検疫されている子たちです。
f0078320_20261988.jpg

f0078320_20263639.jpg

f0078320_20272656.jpg

f0078320_20282327.jpg

f0078320_20293055.jpg


子犬舎にも行きました
f0078320_20301144.jpg

f0078320_20303675.jpg

f0078320_20305633.jpg

f0078320_20311591.jpg

f0078320_20313877.jpg

全部で15頭くらいいたと思います。
具合の悪そうな子はいませんでした。
みんな素敵な家族が迎えに来てくれるといいね。
みんな幸せになるんだよ。


そして、今日引き出してきた子たちです。
収容棟から子犬一頭、成犬一頭引き出しました。
f0078320_20342364.jpg

f0078320_20352896.jpg


みなさん、応援よろしくお願いします。
by centre_report | 2010-05-13 20:36 | 愛護センターレポート

5月6日センターレポート

歓ママさんのレポートです


GW明けの6日、スタッフ3名で引き出しと見学のためセンターへ行ってきました。
昨年の秋に初めて訪問してから2度目のセンターです。
センターの周りは緑が多いとても静かな場所です。
その一角にある建物には、命の期限を切られた犬や猫が数多く収容されています。

f0078320_062642.jpg

まずは、仔犬舎横に建立されている『動物慰霊碑』に合掌・・・
何の罪もない小さな命が毎日のように処分されているこの現実を、もっともっと多くの
人たちに知ってほしいと思います。
まだまだ楽しい生活が送れたであろういくつもの命、せめて虹の橋のたもとで楽しい日々を送ってほしいと願わずにはいられません。



今日も仔犬舎には、無事に検疫を乗り越えた13匹の愛くるしい笑顔がありました。
譲渡予定の有無は確認できませんでしたが、みんなここから出られるといいですね。

【仔犬舎】
f0078320_084947.jpg

f0078320_091780.jpg
f0078320_093515.jpg
f0078320_094716.jpg
f0078320_010954.jpg
f0078320_0103011.jpg
f0078320_0104347.jpg



【収容棟】

★1日目の部屋は時間が早かったので空いていました。いつかどのお部屋もからっぽになってほしい。


★2日目の部屋には、大きな仔も小さな仔も入り混じって収容されていました。

f0078320_019657.jpg
△左下の仔犬は行き先が決まっていると思われます。
f0078320_0311741.jpg
△左の長毛の仔も行き先がきまっていると思われます。
チョコラブ、GRも行き先が決まっています。

★3日目の部屋には、譲渡予定の仔が4匹。 もうすぐ検疫が明けるかと思います。
  みんな頑張ってお外の空気が吸えるといいね!

f0078320_039334.jpg

f0078320_0405185.jpg

f0078320_5564182.jpg
△5/14検疫明けの中型犬3頭、奥のやや長毛の子だけメス、他の2頭はオス。左のラブ風の子だけやや大きめです。

★4日目の部屋には、3匹。奥で伏せたままじっとこちらをみている仔、こちらに向って
  必死にアピールする仔。
  こんな姿をみると本当に切なくなります。
f0078320_043059.jpg
f0078320_043126.jpg


★最終日の部屋・・・・
  この記事が掲載されるころには、もしかしたらもう処分されてしまっているかもしれない仔たちです。
f0078320_0472289.jpg
f0078320_0473469.jpg



どの仔も生き延びたくて懸命にこちらへ訴えてきます。
預かり先が一つでもあれば、家族の仲間として迎えてくださる方がいればこの小さな命は救えます。


※午後遅便のスタッフが訪問中に各保健センターから移送のトラックが到着し、なんとこの部屋の中には20頭弱もの犬たちがいる状況となっていました。
うち5頭を検疫依頼しました。
部屋に入っての捕獲作業を、遅い時間まで一生懸命して下さった職員さん、本当にありがとうございます。

このときの画像を、CACI代表Kさんが送って下さいました!
偶然その場に居合わせたのに、いっぱいお手伝いしていただき恐縮です。
Kさん、本当にありがとうございます。
久々にお会いできて、とても嬉しかったです!

検疫お願いした5頭のうち4頭です。

f0078320_613362.jpg
△中型若いオス2頭、預かり先募集中です!白茶黒のカラーの子は特に懐っこく、歯も真っ白!な様子から、1歳になるかならないかほどの子だと思います。人馴れ抜群!
f0078320_671411.jpg
f0078320_673086.jpg


f0078320_615937.jpg
△中型大きめ若いメス、とても美人さんで人馴れ全く問題なし甘えん坊

f0078320_62416.jpg
△中型小ぶり若いメス、ちょっとだけ奥手だけど問題なし



★元気な猫たちも収容されていました。

f0078320_0532728.jpg

△この猫は一般譲渡予定です。よかったね!もうすぐお迎えにきてもらえるよ。

f0078320_055464.jpg

△ワクチン接種と血液検査をしていただきました。
  エイズ・白血病ともに陰性の女の子です。
  写真のお顔はちょっと強面ですが、本物はとっても美人さん。
  性格も良く、甘えん坊タイプです。
  どなたか家族として迎えていただけませんか?
 ※5/11午後、無事譲渡されたとの連絡がありました。

f0078320_0581840.jpg

△手前の牛柄の仔猫はとにかく元気いっぱい!観ているだけで笑顔になれる仔です!
  奥にいる2匹はちょっとシャイな仔のようです。でもとってもかわいい仔です。



検疫中の仔たちも概ね元気でした。

引き出し予定、譲渡予定の有無がわからない仔が多いです。

f0078320_125064.jpg
△ちばわんで引き出し予定です。

f0078320_13308.jpg

f0078320_134561.jpg
f0078320_135921.jpg
f0078320_141453.jpg
f0078320_143133.jpg

f0078320_16768.jpg

f0078320_163312.jpg
△譲渡予定かと思われます。
f0078320_172840.jpg

f0078320_174756.jpg
△白いチワワは譲渡予定です。
f0078320_184887.jpg
△ちょっとビビリな仔犬、近づくと小さな声で唸っていました。
不安でいっぱいなのでしょう。
f0078320_1101252.jpg

f0078320_1104154.jpg

f0078320_111490.jpg
f0078320_1112684.jpg


この仔たちにもう一度生きる楽しさ、人間と暮らす楽しさを教えてあげてください!



今日は、収容棟から成犬2頭の引き出しをしました。
この日別に訪問したスタッフがやはり成犬2頭を引き出しましたので、合計4頭です。
預かり家庭で医療処置を済ませたら、いぬ親様募集を開始いたします。

f0078320_1183977.jpg

f0078320_119048.jpg


どの子にももう一度生きる機会が与えられるよう
 ちばわんでは随時預かりボランティアさんを募集しています。

 一軒でも多くの預かり家庭があれば
 一匹でも多くの命を助けることが出来ます。


 殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します・・・。


                   *    *    *


 当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
 問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
 お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。
 新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

  『犬の預かりアンケートフォーム』 
  『猫の預かりアンケートフォーム』

お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。



 なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
 責任を持って対応できる限界が、関東圏内です。
 どうぞご理解下さい。
 
by centre_report | 2010-05-07 00:43 | 愛護センターレポート

4月30日センターレポート その2

Chieさんのレポートです


4月30日(金)

預かり犬引取りのため、
5名のちばわんスタッフの方々とセンターに行ってきました。

センター訪問は2月以来でしたので、

4月から新年度となり、
譲渡担当の職員さんも変わり

新しいステンレスゲージがいくつも並べられ、
収容部屋にいる譲渡予定の犬たちには『譲渡』の大きな札がぶら下げられ、

これを見ただけでも
今まで以上に
”処分”ではなく、”譲渡”を目的とした施設に変わりつつあるな・・・と感じました。


この日の最終部屋、
飼主が持ち込んだ2匹の犬がいました。

職員さんが収容部屋に入って性格をみてくれているのは
ややビビリな黒茶白の子(性別未確認です・・・)。
f0078320_159613.jpg

このあと、譲渡札を首に掛けて、ワクチンを打ってもらって、
この部屋から出ることが出来ました。

預かり先が決まっていませんので、預かれる方いらっしゃいましたら
是非ちばわんまでご連絡下さい。


もう1匹は、まだ若いこのゴールデンです。
f0078320_15143466.jpg



【収容1日目の部屋】

 みんな譲渡対象の子のようですが、
 札が首から掛かっていない子は、預かり先が決まっていないかも知れません。

 気になる子がいましたらよろしくお願い致します。
f0078320_1519569.jpg

f0078320_15192010.jpg
△行き先は決まっています
f0078320_15193888.jpg
△行き先は決まっています


【収容2日目の部屋】・・・8匹

 ほとんどが、まだ収容期限内の子達です。
f0078320_15495427.jpg

 
 この部屋にいた子犬を検疫に掛けるため
 職員さん2人が部屋に入ったとき
 ずっと付きまとっていたこの2匹の犬たち・・・
f0078320_15253781.jpg

f0078320_15254684.jpg


 黄色い首輪が着いている人懐こい男の子
f0078320_15324778.jpg

f0078320_15293192.jpg


 そして水色首輪のまだ若そうな男の子です。
f0078320_15375549.jpg

f0078320_153848.jpg

 このGW中に家族は探してくれているのでしょうか・・・。

 こちらに寄ってきてくれなかった3匹たち
f0078320_1539295.jpg


 黒茶の子にもしっかりと首輪が着いています。
f0078320_15402792.jpg

f0078320_154215100.jpg

 首輪付けるなら、一緒に迷子札までつけてください!
 たったそれだけで、この子達は家族の元に帰れるんです!


 この部屋からだして検疫に掛けた子犬。
 まだ3~4ヶ月だと思います。(性別未確認です・・)
 預かれる方いらっしゃいましたらご連絡下さい!
f0078320_15454362.jpg



【収容3日目の部屋】・・・6匹

 こちらもまだ収容期限内の子達です。
f0078320_15493162.jpg

  
 どの子もみんな
 部屋の隅のほうからこちらを見ている感じでした。

  ▽白長毛のまだ若そうな男の子
f0078320_15515077.jpg
 
  ▽ビビリタイプの女の子
f0078320_15522278.jpg

  ▽黒茶でまだ若そうな男の子
f0078320_15523827.jpg

  ▽ビビリタイプの細身の男の子
f0078320_1552471.jpg

  ▽そしてこの日引き出した秋田犬MIXの男の子
f0078320_15525939.jpg


 でもしばらくすると段々ドアの近くに来てくれて
f0078320_160072.jpg

f0078320_1611939.jpg

 
 今度は必死に『ボクも一緒に帰りたい!』って鳴いていました・・。
f0078320_1632613.jpg
 
f0078320_1633781.jpg

 収容期限内に誰も迎えに来なかった時には
 どうかこの子たちもよろしくお願い致します・・・。


【最終部屋】・・・3匹を検疫に掛け、それでも5匹の子がいます

f0078320_168326.jpg

f0078320_16105252.jpg

f0078320_1681788.jpg


 ずっと尻尾を振って、とても穏やかそうな男の子(15キロくらい)
 この後検疫をお願いしました
 預かれる方いらっしゃいましたらちばわんまでご連絡下さい! 
f0078320_1610167.jpg


 ▽12~3キロのややビビリっぽい子
f0078320_16114280.jpg

 ▽13キロくらいのビビリっぽい子
f0078320_1619279.jpg

 ▽青い首輪の男の子と(手前)、身動きひとつしなかった真っ白の女の子
f0078320_16142638.jpg


 みんなGWが明けたら、処分となります・・・。 


【子犬舎】

 この日は午後から譲渡会が開催されました。
 4~5匹の子たちが新しいご家族の元に引き取られていきました。

 残念ながらこの日はご縁のなかったこの子達。

 ボランティアとしての預かりについては、是非ちばわんまでご連絡下さい。
 ※関東圏内限定です。
  陸送・空輸などは一切行いません。


 ▽みんな3~4ヶ月の女の子です
f0078320_16242781.jpg

f0078320_16245159.jpg

f0078320_1625360.jpg



 最後に、この日引き出した子たちです。
 
 痩せ細った子とその姉妹
f0078320_16261344.jpg


 食欲があまりなかった子(右)とその姉妹
f0078320_1627378.jpg


 そして秋田犬MIXの男の子。
 ふたたびこの青空の下に出ることができました。
f0078320_16285774.jpg


 少し時間があったので、
 センターのすぐ前にある公園まで散歩に行きました。
f0078320_1631593.jpg


 きれいな青空と、まぶしい緑が広がるこの景色のすぐ向こうに
 今掲載した写真の子たちが
 悲しい目をしたまま収容されています。

 どの子にももう一度生きる機会が与えられるよう
 ちばわんでは随時預かりボランティアさんを募集しています。

 一軒でも多くの預かり家庭があれば
 一匹でも多くの命を助けることが出来ます。


 殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します・・・。


                   *    *    *


 当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
 問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
 お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。
 新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

  『犬の預かりアンケートフォーム』 
  『猫の預かりアンケートフォーム』

お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。



 なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
 どうぞご理解下さい。
 
by centre_report | 2010-05-03 17:06 | 愛護センターレポート

4月30日レポート その1

Nさんのレポートです。

半袖でもすごせそうな暖かになったこの日、センター初訪問の方、新規預かりの方を含め、6名で引き出しに訪れました。
f0078320_2333113.jpg
ここがセンターでなければ自然豊かで穏やかなのですが、中と外のギャップが大きい場所です。
f0078320_2354699.jpg
慰霊碑の花も新しいものがお供えされていました。

[仔犬舎]
合計18頭の仔犬がいました。
f0078320_23222110.jpg
f0078320_23222974.jpg
f0078320_2323234.jpg
△黒ラブ風Mixは4頭きょうだいのようです。
f0078320_2323812.jpg
△白黒の子はボーダーコリー風で、ちょっと大きめです。
f0078320_23233645.jpg
f0078320_23234351.jpg
△遠目に見ても脱毛が確認できました。
f0078320_23235314.jpg
△下の子がしんどそうです。
f0078320_2324898.jpg


[収容棟]
[1日目]5頭収容されていました。
f0078320_23325875.jpg
f0078320_2333618.jpg
f0078320_23332023.jpg
△収容情報sa100426-02の、この仔犬は他の団体さんから声がかかっているそうです。
f0078320_23332730.jpg
△この子も引き出し先が決まっています

[2日目]7頭収容されていました。今日はここから検疫を終えた仔犬2頭を引き出し、新たに仔犬1頭の検疫をお願いしました。
f0078320_23452795.jpg
f0078320_23454726.jpg
△中央の鼻黒仔犬を今日引き出しました。
f0078320_23463315.jpg
△片目ブチが特徴のこの子もちばわんで引き出し予定、あともう少しで検疫が明けます。
f0078320_23492069.jpg
△右側の仔犬を検疫依頼しました。

[3日目]6頭収容されていました。今日はここから検疫を終えた成犬1頭引き出し、新たに仔犬1頭の検疫をお願いしました。
f0078320_002546.jpg
f0078320_0047100.jpg
f0078320_01133.jpg
f0078320_011432.jpg
△秋田犬Mix?サモエド風MIX?のこの子を今日引き出しました。
f0078320_02014.jpg
△左の仔犬を検疫依頼しました。

[4日目]空部屋になっていました。すべての部屋がこのようになる日が来ることを願って止みません。
f0078320_041679.jpg


[最終部屋]10頭収容されていました。期限は5月6日です。
f0078320_055332.jpg
△中央の白黒セッター?ブリタニー?(収容情報in100426-01)を検疫依頼しました。
f0078320_06146.jpg
△寄りかかっている仔犬は他の団体さんから声がかかっているそうです。白い子は肋骨が浮き上がっています。やりきれません・・・
f0078320_09363.jpg
△ちばわんで検疫依頼しました。
f0078320_0102099.jpg
△2頭とも検疫依頼しました。右側のラブMixは(収容情報kt100426-01)穏やかそう。黒い子はこの日の午前中に飼い主の持ち込みです。理由は不明ですが特に問題行動があるようには見えませんでした。突然こんなところに入れられて怖かったのでしょう。検疫のために部屋から出そうとしたら逃げ回っていましたが、すぐ落ち着きました。もう少し我慢して頑張って検疫を乗り越えてね。
f0078320_0174927.jpg
△30kgくらいオスのゴールデンレトリバー、検疫を依頼しました。こちらも午前中に飼い主の持ち込みだそうです。黄色の狂犬病予防注射済票(平成19年度?)が付いたままでした。歯も真っ白に綺麗ですし、生まれて最初に受けた予防注射のまま?と邪推してしまいます。人が大好き遊んで欲しくてしょうがない様子。でも初めて会った私のコマンドに一発でオスワリする程しっかり躾されていました。こんな良い子をなんで・・・全く理解に苦しみます。

[検疫室]
[鑑定室]犬4頭の他、猫が4匹いました。
f0078320_0443862.jpg
f0078320_0395792.jpg
f0078320_0401021.jpg
△元気なこの子は連休明けちばわんで引き出し予定です。
f0078320_0402691.jpg
△生後1ヶ月くらいでしょうか。子猫が2匹。
f0078320_0403819.jpg
△端正な顔立ち
f0078320_0405174.jpg
△この子は覗いている間、ずっと扉にスリスリしていました。じゃれて手を伸ばしてきました。譲渡先が決まったと聞いています。

[負傷動物室]このような名札がついていましたが、現在は検疫室として使用されています。3頭います。
f0078320_0532589.jpg
△譲渡予定ありとのことですが、お迎えはまだでしょうか?
f0078320_054899.jpg
△今日引き出しました。
f0078320_0543278.jpg
△鎧のようになっていた毛を、収容中にトリミングのボラさんが刈ってくださいました。今日引き出しました。

[保護管理室]こちらも同じく検疫室として使用されています。
f0078320_0594847.jpg
△譲渡予定あり。お迎えはまだですか?
f0078320_059559.jpg
△この子も譲渡予定あり。早くお迎えが来てくれるといいね。
f0078320_10316.jpg
△一般譲渡がキャンセルとなったこの子も、検疫期間を終える連休明けちばわんで引き出し予定です。

[動物譲渡室]こちらも同じく検疫室として使用されています。
f0078320_133559.jpg
△一昨日検疫依頼しました。2週間、どうか頑張って!

[仔犬室]ステンレスケージが並んでいる部屋で、仔犬と小型犬の検疫が行われています。
f0078320_151070.jpg
f0078320_152211.jpg
f0078320_16873.jpg
△ミニチュアダックス、声帯を切られています。ずっとしゃがれ声で鳴いていました。うるさいから?近所から苦情が来たとか?それでもこの子と生きてゆこうと努力した(と思いたい)結果の声帯切断ならば、最後まで努力して欲しかった・・・
検疫の明ける連休明けにちばわんで引き出します。
f0078320_1173421.jpg
f0078320_1174121.jpg
f0078320_1175223.jpg
f0078320_1175937.jpg
f0078320_118669.jpg
f0078320_1181239.jpg
f0078320_1181923.jpg
f0078320_118262.jpg
f0078320_1183247.jpg
f0078320_1184578.jpg



この日、センターで行われる譲渡会が開催されていました。(センターで行う譲渡会は通常仔犬のみですが、特に希望すれば収容棟の成犬も見せてもらうことができます)講習を終え、希望者さん達が仔犬舎に仔犬を選びにやってきました。
f0078320_1264711.jpg
f0078320_127415.jpg
f0078320_1275792.jpg
f0078320_128438.jpg
f0078320_1281089.jpg
この日5頭の仔犬が譲渡されて行きました。


・・・夕方になると、搬送トラックが続々やってきて、犬たちが1日目の部屋に入れられました。検疫中の子と一緒になり、部屋はいっぱいです。

・・・検疫の作業をしていると、館内放送が聞こえました。
「猫の引取りです」
引取り=持ち込みです。ダンボール箱に入れられたそれは、検疫室の先の部屋に直接運ばれ、中を確認することすらできませんでした。

・・・帰り際、窓口に子供連れの家族がダンボールを抱えてやってきました。もう中身は想像するまでもありません。

脱力感すら覚えます。
イス取りゲームのような現実。
この悪しき繰り返しを断ち切るためにも、不妊去勢をお願いします


気になっていた、脱毛のある仔犬としんどそうな仔犬には譲渡会でご縁がありませんでした。予定外でしたが、連れて帰ることにしました。
今日は、成犬3頭、仔犬6頭引き出しました。
f0078320_1523821.jpg
f0078320_1524513.jpg
f0078320_1525225.jpg
f0078320_1525881.jpg

それぞれの預かりボラの元で医療処置を済ませたら、いぬ親さま募集を開始します。

当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。

新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。

by centre_report | 2010-05-01 23:59 | 愛護センターレポート