ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2月25日のレポート

たーぼーさんのレポートです


本日は、副代表、3週連続運搬のSさん、るる母さん、こーままと訪問してきました。

私は1月ぶりの訪問でしたが、わんちゃんの数が少なくなっていました。
最近収容された子のうちでも、4頭ほど返還になったと聞きました。


f0078320_2120179.jpg

↓シェルティMIXは引き取り先が決まっています。
体調に問題なさそうでした。
f0078320_21203812.jpg

↓穏やかそうな10KG超の子
収容期限内sa100224-01(オス、3月2日期限)
f0078320_21205120.jpg

左のMIXの子は検疫をお願いしています。
右は狩猟犬
同行したスタッフが今日は珍しく狩猟犬が少ないと言ってましたが、
ここにいることは、許されることではありませんよね。

f0078320_2121486.jpg


↓引き取り予定あり
f0078320_21211615.jpg

↓今日引き出した子

f0078320_21213061.jpg


f0078320_21214177.jpg

左側の子は今日引き出しました。
右側の子犬は検疫中ですが、この幼さのわりにはおとなしく、体調が悪いのかも知れません。

f0078320_2121565.jpg

↓引き取り先未定 ビーグル持ち込み4歳メス 来週検疫が明けるそうです。
f0078320_2122711.jpg

↓今日引き出した子
f0078320_21344912.jpg

子犬もたくさんいました。
この1週間は子犬舎への移動は行わなかったようです。
少しでも元気な状態で子犬舎に移動できるよう、移動してからも病気が出ることのないよう、O先生もワクチンの接種方法など工夫してくださっています。
f0078320_21361830.jpg

具合が悪そうな子犬
f0078320_21375667.jpg


とっても元気に動き回っていた子犬たち
f0078320_21402196.jpg
f0078320_21404921.jpg
f0078320_2141575.jpg
f0078320_21415718.jpg


f0078320_21454543.jpg

3日目の部屋に独りぽつんといたオスの子。
同行したスタッフが、心細かろうと引き取りを申し出てくれ、検疫をお願いすることができました。
f0078320_21531664.jpg

f0078320_21464529.jpg

↓引き取り先未定の子。
落ち着いていて12~4KG位のオス、とてもきれいな子です。
まだ収容期限内、sa100223-01(3月1日収容期限)です。
f0078320_21473093.jpg

ビーグル、5~6歳オス。
パルボと思われる症状から奇跡的に回復し、今週頭に検疫が明けましたが行き先がないそうです。
おとなしくて吠えるのを聞いたことがないそうですが、ずっと寝た姿勢でいたせいか、陰嚢周辺が辱創のようにただれてしまっています。
引き取れる方、預かれる方がいらっしゃいましたら、ちばわんまでぜひご連絡をお願いします。
korotarouhs★nifty.com
★を@に変えて下さい。
f0078320_21483870.jpg


子犬舎にはオスしかおらず、今日はここから2匹引き出しました。

f0078320_21574844.jpg
f0078320_2158491.jpg
f0078320_21582288.jpg
f0078320_21584288.jpg
f0078320_215918.jpg
f0078320_21591369.jpg
f0078320_2265767.jpg


本日は子犬舎から2匹、収容棟から2匹の引き上げを行いました。


当レポートに関してのお問い合わせはセンターではなく、ちばわんまでお願いいたします
korotarouhs★nifty.com
★を@に変えて下さい。


なお、大変申し訳ないのですが、譲渡希望・一時預かりのお申し込みは、関東のみとさせていただいております。
”お届けやフォローをできる範囲”に限らざるを得ないことをどうかご理解、ご了承いただきたいと思います。
また、消息のみのお問い合わせはご遠慮ください

センターで使用する古新聞紙を募集してます。
申し訳ありませんが、今回は
3月7日品川ねこ親会、いぬ親会にご持参いただける方のみ受付としたいと思います。
どうかよろしくご協力ください。
by centre_report | 2010-02-25 22:17

2月18日 センターレポート

ふぉっくすママのレポ~トです。

前日夜から雪が降り、センタ~に行けるか心配なお天気でした。
家から出発する時間には雪はやみましたが、本当に寒い一日でした。


【子犬舎】
外の寒さとはうらはらに、子犬舎内はヒーターが効いていて暖かいです。
寒さで体力を失わないように、センタ~の方が敷くタイプのヒーターや毛布を入れてくださっています。

無事に検疫を明けた、子犬達が元気にしていました。
男の子が多かったです。

f0078320_10333457.jpg
f0078320_10334211.jpg
f0078320_10334918.jpg
f0078320_10335574.jpg
f0078320_1034175.jpg
f0078320_1034735.jpg
f0078320_1034128.jpg


いつきてもセンタ~に子犬がいない事はありません。
子犬も1匹1匹、人間と同じように個性があります。
そんな犬達を持ち込んだり、捨てたりという方法を簡単にとってほしくありません。
飼い犬に避妊・去勢をするだけで、このどうどう巡りを止める事が出来ます。
避妊・去勢手術をしてください!!


【手術室】
今日は、トリミングのボランティアの方達がいらっしゃっていました。
腕に抱かれているシーズーは、この後やっと重いコ~トを脱ぐことが出来ました。
f0078320_1046749.jpg

ボランティアには色んな参加の方法があると思います。
ちばわんではセンタ~のお掃除ボランティアさん(平日のみ)も募集しています。

詳しくは「ちばわん」までお問い合わせください。


【収容棟】
どの部屋を見ても穏やかそうな性格な子が多く、人の傍で普通に生活していた子達だろうと思います・・・
この子達の飼い主さん!早く迎えにきてあげてください!!


●1日目の部屋
5ヶ月位の子が1匹収容されていました。
f0078320_2364385.jpg

この日ちばわんで引き出しました。

●2日目の部屋
5匹収容されていました。

また猟犬が収容されています・・・・
白い雑種の子は、力強い目で痛いくらいジッと見つめてきます。
f0078320_2355381.jpg

検疫中だったゴル君は、この日ちばわんで引き出しました。


●3日目の部屋
4匹収容されていました。

手前の茶白の子は、寒さのせいかプルプルずっと震えていました。
2匹とも穏やかで大人しい子達でした。
f0078320_236120.jpg


奥の方でジッとみつめる秋田犬。
そっと扉の近くに寄ってきてくれましたが、鳴き声一つなく静かな子です。
f0078320_236918.jpg

この部屋にいた検疫中だった20キロ位の黒MIXは、この日ちばわんで引き出しました。


●4日目の部屋
4匹収容されていました。

大人しい小ぶりなセッターの写真しかありませんが、
この部屋には、セッタ~が2匹、生後6ヶ月位だと思われる黒い子、大人しい茶色の雑種の4匹が収容されていました。
f0078320_2361648.jpg



●最終部屋

時間が早いためか、1匹のみが収容されていました。
f0078320_2362214.jpg


この後この子は検疫にまわされて、最終部屋はからっぽになりました。
最終部屋から検疫の為に移動中の様子は、かなりビビリちゃんのようですが、人への攻撃性はなさそうでした。
12~15キロくらいでしょうか?まだ若そうな男の子です。
f0078320_2365561.jpg




●検疫室

検疫中の子犬ちゃん達は、身を寄せ合っていました。

f0078320_2362741.jpg


f0078320_236331.jpg


f0078320_2363851.jpg


ちばわんで引き受けた子も元気そうでした。
f0078320_2364986.jpg


みんな頑張って検疫を抜けて、暖かいおうちへ移動できますように!


この日は、子犬舎から8頭、抑留棟のほうからは5頭引き出しました。
ちばわんボランティア宅で体調を整え必要な処置などをしてから、いぬ親さま募集を開始します。


お問い合わせはちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com
★を@に変えて下さい。


なお、大変申し訳ないのですが、譲渡希望・一時預かりのお申し込みは、関東のみとさせていただいております。
”お届けやフォローをできる範囲”に限らざるを得ないことをどうかご理解、ご了承いただきたいと思います。

by centre_report | 2010-02-18 23:53 | 愛護センターレポート

2月12日 センターレポート

はるる姉さんのレポートです。


雪が降りそうな 冷たい空気に包まれた 2月12日。
スタッフ総勢8名でセンターを訪れました。

午後3時に到着。
センター玄関前では、”飼い主探しの会”が開催されていました。
ご縁はたくさんついたでしょうか・・・

私たちは、積んできたクレートを組み立て、まずは子犬舎へ。

【仔犬舎】
f0078320_0354726.jpg

f0078320_0364016.jpg

f0078320_038956.jpg

f0078320_0403649.jpg

f0078320_0411077.jpg

f0078320_0413763.jpg

まず仔犬の多さに驚きましたが、みんな元気そうに見えました。
舎内は、ヒーターや暖房で管理されています。
みんな、まっすぐで素直な目をしています。
検疫を乗り切ったこの子たちに、一日も早く新しいおうちが見つかりますように!



【収容棟】
*一日目*
f0078320_1282468.jpg

f0078320_1291521.jpg

3匹。
一番奥で怯えた様子の子は、この日収容されたとか。。

*二日目*
f0078320_141010.jpg

f0078320_1413195.jpg

f0078320_1431125.jpg

6匹。
仔犬たちのお布団になっていた 優しいゴールデンも元気そうに見えました。
顔をなでると、気持ちよさそうに目をつぶっていました。
ゴールデンは来週検疫明け=ちばわんで引き出し予定、ビーグルと子犬2頭、やや長毛のMIX犬はこの日引き出しました。

*三日目*
f0078320_1333687.jpg

f0078320_135665.jpg

3匹。
人懐こく穏やかそうな、大き目サイズの黒い男の子。
来週検疫が明けるそうですが、行き先が決まっていないそうです。
どなたか、引き取れる方、または預かれる方はいらっしゃらないでしょうか?
お問い合わせは、ちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com
★を@に変えて下さい。


うしろにいる大き目サイズの子犬は、この日引き出しました。

*四日目*
なし

*最終部屋*
f0078320_1582785.jpg

f0078320_233569.jpg

5匹。
一瞬、見間違うほど うちの子によく似た黒柴風の子。
隅っこで、とても姿勢よく座っていました。
この子は引き出し要請があるそうで、検疫にまわされるとその後聞きました。


みんなあきらめた様子で、見学する私たちの顔をただじっとみるばかり。。
カメラを向けるのがとてもつらかった。。



【検疫室】
f0078320_2302246.jpg
すべてのステンレスケージが子犬&小型系純血種たちで埋まっています。

▽ちばわんで引き受けました。
f0078320_2324558.jpg

f0078320_2332272.jpg

▽下の3頭は行き先未定だそうですが、ダックスはこの日に収容されたばかりだということです。
f0078320_233551.jpg

f0078320_2342670.jpg

f0078320_2345653.jpg


f0078320_2464827.jpg

固まって暖を取る仔犬たち。
f0078320_2471418.jpg

f0078320_2474326.jpg

f0078320_2481192.jpg

▽ポメは、行き先が決まっているそうです。
f0078320_2484096.jpg

f0078320_2491841.jpg

f0078320_2494255.jpg

▽奥につながれたこの子は、引き出し要請があり検疫中だそうです。
とても性格の良さそうな子で、体調も良さそうでした。
f0078320_252351.jpg

▽この日収容された子。
f0078320_253125.jpg


f0078320_2433841.jpg

f0078320_2441897.jpg

f0078320_2444617.jpg

f0078320_245175.jpg

f0078320_2454741.jpg

みんな無事に検疫を乗り切ってね!

*引き出した子たちの一部*
f0078320_3133086.jpg

f0078320_314618.jpg

f0078320_3143032.jpg

f0078320_31529.jpg

f0078320_3152316.jpg

f0078320_3154779.jpg

f0078320_3161363.jpg

f0078320_3163872.jpg


子犬舎から6頭、抑留棟のほうからは7頭引き出しました。
健康チェックや必要な処置などをして、ちばわんからいぬ親さま募集を順次開始します。



当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなくちばわんにお願いします。

korotarouhs★nifty.com
★を@に変えて下さい。

by centre_report | 2010-02-14 03:31 | 愛護センターレポート

清掃ボランティア参加レポート

ひーままさんのレポートです。

------------------
初めて「清掃ボランティア」として参加したレポートです。

2010年2月12日、朝9時にセンターに着き、清掃ボラのベテランでもあるちばわん運搬ボランティアKさんと、私同様初めてお掃除に参加してくださることになった都内運搬ボラの男性の方と合流。
センターのO先生に挨拶しロッカーで着替え(合羽上下に腕カバー、ビニール手袋、マスク、ヘアキャップ。作業後すべて廃棄します)、Kさんが手順の説明をしながら、大急ぎで清掃作業に取り掛かりました。

【清掃の手順】

・検疫室にあるステンレスゲージから犬たちを順番(具合の悪そうな犬のゲージは最後にする)に別のゲージに移動し、清掃(新聞紙・排泄物などの撤去、洗浄)、ビルコン消毒。

・水いれ、食器も同様。

・消毒後しばらく置いてからゲージから水分を除去し、元のように新聞・毛布を新しく敷き、水入れ・食器を補充して戻し、犬たちを順番に戻していく。

・犬たちを一時入れていたゲージ等も、同様に洗浄消毒。

・黄色いカゴ、床も全面洗浄消毒。

・清掃道具・脚立なども洗浄し、ビルコン消毒。

・最後に壁にビルコン噴霧。

・途中、仔犬は一時入れているゲージ等でも排便をするので、すぐに処理。

今回は、大人3人で2時間掛かりました。

Kさん以外初めてでしたので、最初、説明を聞くのに時間が掛かったのもあります。
何よりも・・・説明を聞くにも、検疫室は仔犬や小型犬たちの鳴き声で、それはすごいものがあり、聴こえないのです!
「え?え?」と何度も聞きなおし、叫ぶように説明を受けたり。
人が入ったことで、犬たちは一斉に興奮して叫びだすのです。
また掃除中、水が掛かったりすると悲鳴に変わりますし、洗浄でブラシがガシガシ壁に当たる音に悲鳴を上げる子もいます。
清掃で一番苦労したのがその声でした。

洗浄するために犬たちを順に移動させますが、どの子もとてもいい子でした。
でも、仔犬たちは、手を差し伸べるととっても嬉しがって、我さきに!と溢れるように殺到するので、ゲージから落ちないようにするのにとても気を使いました。
かと思うと、具合の悪い子や怖がりの子は、じっと隅にうずくまっていました。

作業中、ちっとも寒くありません。
いえ、かえって、汗を掻きそうになるほどでしたよ!
今日の寒さがかえって心地よかったかもしれません。
排泄物のにおいなどもあまり気になりませんでした。

それも、O先生が毎日の作業でここを綺麗にしてくれていたからです!
今回は「かなり綺麗な状態ですね」とKさんも言っておられました。
しかし、せっかく綺麗にしても、すぐに水?おしっこ?でぐしゃぐしゃ。ごはんを食べたらすぐに排泄。
エンドレスです。

この部屋を綺麗に衛生的にしておくには、やはり清掃ボランティアとしての協力が何より必要と痛感しました。
O先生だけでここを今まで綺麗にしていてくださったなんて、本当にすごすぎます。
感謝ばかりです。


この子達が検疫期間を無事乗りきるためにも、一人でも多くの方の協力が必要です。
でも、一人でやるのはとてもムリです。
お友達と一緒でも構いません。
チームで参加されるとチームワークで段取り良くやれるかもしれませんね。

また1回参加すれば流れも分かりますから、そこからどんどん輪を拡げられたら、今回の運搬ボラKさんなど清掃ボラのベテランさんの負担も減ると思います。

なお、平日のみになります、御了承ください。
-----------------

一度参加下さった方は、積極的に『いつ掃除に行きます!他の参加者を募って下さい』と連絡していただくと嬉しいです。

また、電車バスだけで行くのが難しい場所ですので、お車で行かれる方は、他の参加者を駅で拾うなどご協力いただきたいと思います。

一緒に参加された方同士で連絡を取り合って日時を決め、チーム参加して下さると、ちばわん担当者の手間が省けてとても助かります。

千葉県内だけでなく、関東圏内からのご参加大歓迎です。

何卒よろしくお願いいたします。

by centre_report | 2010-02-12 20:08

2月9日 センターレポート

アスカさんのレポートです。


子犬の引き出しのため、センターへ行ってきました。
よく晴れて暖かな日でしたが、収容所の中はコートが必要なほどの寒さでした。

-収容所-
f0078320_19221279.jpg
とても可愛らしい顔をした子


f0078320_19223668.jpg
まだ子犬でしょうか。


f0078320_1923218.jpg

f0078320_19243070.jpg

f0078320_19244645.jpg

f0078320_1925573.jpg
白い子は動かず、ずっと震えていました。
おそらく老犬でしょう。暖かい場所で穏やかに過ごさせてあげたいです。


【最終日の部屋】
f0078320_19252879.jpg
手前の子はリードが途中から切れていました。
この子たちはどこからも声はかかっていません。



-検疫中の子たち-
f0078320_19485473.jpg
f0078320_19504047.jpg
2頭の子犬に乗っかられても下の子は大人しくしていました。
暖めてあげているようでした。


f0078320_19511480.jpg
シーズーだと思いますが、
服を着せるほど可愛がっていたのなら、もっと責任をもってほしいです。


f0078320_19512738.jpg
長い間手入れをされていないように見えました。


f0078320_19522691.jpg
f0078320_19524175.jpg
f0078320_19525671.jpg
f0078320_1954263.jpg
f0078320_1954202.jpg
本当にたくさんの子犬がいました。
引き出しても引き出しても、持ち込まれる数の方が圧倒的に多いのです。


f0078320_1954378.jpg
このダンボールで連れてこられたのでしょうか。

中にも子犬がいました。
f0078320_19544753.jpg




-子犬舎-
f0078320_2017694.jpg
f0078320_20171732.jpg
f0078320_20173278.jpg
f0078320_20174155.jpg
f0078320_20175152.jpg
f0078320_20175947.jpg

昨日センターで譲渡会があり、10頭の子犬が引き取られたそうです。

私の知り合いにも、以前センターから引き取った子を飼っている方がいます。
『すごい数の犬がいてかわいそうだった』とおっしゃっていました。

最近はテレビでもセンターの事を取り上げられる機会が増えましたが、
まだまだ現状を知らない人達がたくさんいるので、少しずつでもみんなに知ってもらいたいです。

ここに来てくださる皆さまにも、どうかそのお手伝いをしていただけたら、と思います。



お問い合わせはちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com
★を@に変えて下さい。


なお、大変申し訳ないのですが、譲渡希望・一時預かりのお申し込みは、関東のみとさせていただいております。
”お届けやフォローをできる範囲”に限らざるを得ないことをどうかご理解、ご了承いただきたいと思います。

by centre_report | 2010-02-09 21:03 | 愛護センターレポート

2月4日 センターレポート

Chieさんのレポートです。


2月4日(木)、
1匹のやや高齢のワンコの引取りのため
センターに行ってきました。


この日の千葉県は朝から氷点下となり、
お天気は良かったのですがとても寒い一日でした。





今日はまず最初に引き出してきた子のご紹介をします。

やや高齢っぽい柴犬系の男の子です。
去年の10月にこのセンターに収容されました。

f0078320_23241393.jpg


レポートを見てくれた複数の方から声がかかりましたが、そのうちの一家族の方が千葉県内在住とのことで直接センターからの引き取りを申し出られたということを聞きました。

実際に家族でセンターまで出向いて見学をし、正式に「引き取り希望」をされたので、この子は検疫に入りました。

なので、「行き先が決まりました」と他の方へもお断りしていました。

ところが・・・・・


その後、何度センターを訪れたときにもこの子はいて、引き取られていませんでした。
挙句に、引き取りをキャンセルされてしまったというのです。

無事に検疫が明けたのに、引き取り先のない状態がつづいていたのです。

年末にセンターを訪れた際、O先生が
「検疫明けたけど引き取り先がないと可哀相だけど処分かな・・・。
他の犬にちょっとキツイしな・・」
と話していたのを聞いて、
引き取ることを申し出ました。

そしてやっと迎えに行くことが出来、
3ヵ月半ぶりに外の空気を味わうことが出来ました。

帰宅後、
シャンプーし、我が家の犬たちと対面させてみましたが
まったくキツイところなどはなく過ごしています。

いぬ親さま募集開始となった際にはよろしくお願い致します。





そして今日のセンターの様子です。


まずは【子犬舎】へ。

昨日のレポートにもありましたが
本当にたくさんの子犬たちが収容されていて、
無事に検疫を明けていつでも迎えることが出来る子犬舎の子だけでも
20匹近くいました。

殆どが譲渡会でもらわれていく確率の低い女の子です。
預かれる方、譲渡希望の方がいらっしゃいましたら
是非ちばわんまでご連絡下さい。

▽みんな女の子
f0078320_23501748.jpg

f0078320_2350366.jpg

▽この子達は男の子だそうです
f0078320_23505168.jpg

▽白い2匹は男の子だそうです
f0078320_23512764.jpg

▽ほとんど女の子
f0078320_23523466.jpg

f0078320_23524877.jpg

f0078320_2353348.jpg

▽性別をはっきりと確認できませんでしたが、
ほとんどが女の子だと思います
f0078320_2355739.jpg

f0078320_236963.jpg

f0078320_23552738.jpg

f0078320_2355412.jpg

f0078320_23555290.jpg


どうして譲渡会では女の子を希望する人が少ないかと言うと、

『番犬として外で飼っていても、オスなら子供を産むことはない。
メスは生理がきたり、子供を産んだりと面倒だから』

だそうです。

子犬のお世話をしている職員さんがそう話してくれました。

今でもこんな考えを持っている人がいっぱいいるところです・・・。
子犬の持込が”ゼロ”になるのはいつになることか・・・。





【収容棟】へ。


【1日目】の部屋にいた6匹、みんな検疫中だそうです
f0078320_013897.jpg


▽ですが、引き取り先が決まっているのは
このちばわん引き取り予定の子犬2匹と
f0078320_1105310.jpg

f0078320_111613.jpg


▽向かって左側の子、それ以外はビーグルだけだそうで
行儀よく座っている右側の子、
そしてとても穏やかなゴールデンはまだ決まっていません。
預かれる方がいらっしゃいましたら是非ご連絡下さい!

※ゴールデンには多くの預かり希望お申し出をいただきましたので、いったん打ち切らせて下さい。

f0078320_112273.jpg



【2日目】の部屋には3匹、
まだ引き取り先はどの子も決まっていないようです。
どなたか預かれる方がいらっしゃいましたらよろしくお願い致します・・。

f0078320_1182656.jpg


▽真っ黒な短毛の男の子、まだ若そうです。
f0078320_1185490.jpg


▽真っ黒な長毛で足先だけが白い毛の男の子、この子もまだ若そうです。
f0078320_1214392.jpg


▽まだ1才未満の男の子のようです。隅で静かに座っていました。
f0078320_123384.jpg



【3日目】の部屋には4匹
f0078320_1254310.jpg


▽この3匹には声が掛かっていますが
f0078320_1272763.jpg


▽この子だけが掛かっていません。12~13キロくらいの男の子です。
どなたか預かれる方がいらっしゃいましたらよろしくお願い致します。
f0078320_1295264.jpg



【4日目】の部屋には8匹、
収容期限内ですがどの子も声が掛かっていません。
預かれる方、譲渡希望の方がいらっしゃいましたら是非ちばわんまでご連絡下さい!

f0078320_131320.jpg


▽黒茶マーブル模様の男の子。13キロ前後くらいだと思います。
とても人が大好きなようで、ずっとこの窓のそばにいてくれました。
f0078320_1324311.jpg

f0078320_1325490.jpg


▽まだ若そうな2匹の男の子たち。
少しずつ少しずつ、2匹揃ってそばまで来てくれました。
f0078320_1353560.jpg

f0078320_1354859.jpg

f0078320_136232.jpg


▽この2匹の男の子は同じ日に同じ地域で捕獲されたようです。
どちらも首輪が着いているし、同じように切れたヒモまで着いています。
どういったわけでココにいるんでしょうか・・・。
そしてどちらも鳴くことなく過ごしていました。
f0078320_140768.jpg
f0078320_1401785.jpg


▽昨日のレポートの中でも、そして今日もずっとそばに寄り添っている2匹です。
奥にいる子がやや高齢に見える女の子、
手前はビーグルミックスのような男の子です。
f0078320_1432099.jpg

f0078320_1441856.jpg


▽エサ箱から出てこなかった子と、この隅から動かなかった子・・・。
f0078320_1453683.jpg

f0078320_146147.jpg



【最終部屋】には3匹。
この日飼主に持込まれた真っ白な兄弟(もしくは親子)と柴犬系の子。
真っ白な子達は、性格に問題なさそうであれば検疫室に移されるそうです。
でも柴犬系のこは気が強いらしく、
残念ながら処分にまわされるそうです・・・。

性格がキツクなってしまったのも人間のせいなのに、
それが理由で処分されてしまうこの子の犬生とは何だったんでしょうか・・・。
f0078320_1493159.jpg

f0078320_1512910.jpg

f0078320_151364.jpg






【検疫室】へ。

▽12部屋に区切られたステンレスゲージ。
その中には小型犬、検疫を無事に明けることが出来た子犬たちがいっぱいです。
f0078320_1584934.jpg


年末には検疫を明けた子犬全頭を引き出すことが出来ましたが
年明けてまだ1ヶ月だというのに、
この日の子犬の数は、子犬舎含めて50匹近くいました。

▽この日飼主に持ち込まれたMシュナウザーの女の子。
性格は問題ない子でした。
ずっと震えながらキュンキュン不安そうにないていました。
引き取り先が決まっていません。
(※譲渡に回すべくこのケージに入れられたので、当面処分予定はありません)
f0078320_235120.jpg


▽昨日のレポートにあった、目の不自由なダックス。
問い合わせがたくさんあったそうです!
とても穏やかな子でした。
f0078320_253163.jpg


▽一般の方への譲渡が決まっているダックス、とても元気でした
f0078320_261416.jpg


▽他のボランティアさんが引き取り予定のダックス
f0078320_27443.jpg


▽そして、週末か週明けには子犬舎へ引越し予定の子犬たちです!
無事に検疫期間を乗り越えました!!
f0078320_283017.jpg

f0078320_28402.jpg

f0078320_285078.jpg

f0078320_285888.jpg

f0078320_29773.jpg

f0078320_291777.jpg

f0078320_29309.jpg
f0078320_294091.jpg



▽昨日のレポートに載っていたこの場所にいた子・・・、
具合が悪そうでしたが、この日の朝亡くなってしまったそうです・・・。
寂しくクサリだけが置かれていました・・。
f0078320_210538.jpg


▽検疫中の子です。
f0078320_217106.jpg

下腹部に怪我があり、毎日O先生が化膿止を飲ませてくれているそうです。
この写真では分かりませんが、
あばら骨が浮いてしまっていてガリガリに痩せていました・・・。

「点滴や栄養剤を打って治療してもらえるなら
連れて帰ってもらったほうがこの子のためになる・・・」とのO先生の言葉で
急遽連れて帰ることを決め、
キャリーなどを用意するために一旦この場を離れたんですが、
戻ってきたら大量の血便がありました・・・。

このあとすぐに薬を飲ましてくれ、
しばらく様子をみることになりました。

回復したら連絡をくれる予定になっていますが、
また会える日が来てほしいです・・。

▽他の収容施設から移送されてきたばかりの子犬たち。
これから検疫期間に入ります。
f0078320_2215026.jpg

f0078320_2215916.jpg

f0078320_2221159.jpg


▽検疫中の子犬たち。みんな元気そうでした!
f0078320_2224446.jpg

f0078320_223099.jpg

f0078320_223813.jpg


▽一般の方に譲渡予定の柴犬と、他のボランティアさん引き取り予定のチワワ。
どちらも元気そうでした。
f0078320_2242595.jpg

f0078320_2243662.jpg


▽真っ白な子猫3匹。ただ今検疫中です。
f0078320_2252465.jpg






この焼却棟の煙突から
天に昇っていく煙がなくなる日が一日もはやく来て欲しい・・・、
そう願います。

f0078320_2404498.jpg






お問い合わせはちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com
★を@に変えて下さい。


なお、大変申し訳ないのですが、
譲渡希望・一時預かりのお申し込みは、関東のみとさせていただいております。

”お届けやフォローをできる範囲”に限らざるを得ないことを
どうかご理解、ご了承いただきたいと思います。
by centre_report | 2010-02-05 02:27

2月3日センターレポート

たーぼーさんのレポートです

埼玉からわざわざ見学にお見えになったいぬ親さんご夫婦と副代表、横浜方面への運搬ボラFさんの計5人で訪問しました。

私は今年最初の訪問でしたが、
子犬、成犬とも犬が多かったように思います。


本日は子犬舎がほぼ満室状態で21頭(うちおよそ7割がメスでした)いました。
さらに現在検疫中の多くの子犬が今週中にも子犬舎に移動できる状態になっており
若干の引き取り予定があるそうですが、それはほんの微々たるもの・・
子犬の預かりができる方がおられましたら、宜しくお願いいたします。
来週明け8日(月)にはセンターで譲渡会が予定されているようですが、
この数では、譲渡になるより居残る可能性がある子のほうがはるかに多いと思います。


f0078320_16433464.jpg
f0078320_16434792.jpg
f0078320_16435475.jpg
f0078320_16441157.jpg
f0078320_16442524.jpg
f0078320_1644354.jpg
f0078320_16444636.jpg
f0078320_16445881.jpg
f0078320_1645856.jpg
f0078320_16451944.jpg
f0078320_16452620.jpg
f0078320_1645345.jpg
f0078320_16454138.jpg
f0078320_16455181.jpg
f0078320_16455960.jpg


ねこちゃん
先週4匹で収容されており、ワクチンをしていただきました。
うち2匹はすでに他で引き取られたそうですが、残った
2匹のうち1匹は虫の息、この子もじっとしたまま動きません・・
f0078320_16485270.jpg


↓左側の黒いMIXの男の子は、現在検疫中だそうですが行き先が決まっていないそうです。
預かり先募集しております!
20KGサイズで、中齢ぐらい。
私たちがいる間、吠えることも、せかせか動き回ることもなく
アイコンタクトをきちんと返してくれました。
以下4枚のうち上の2枚が同一わんこです
右側のワンコは子犬(オス)だそうですが、この月齢&サイズ(小ぶりの中型成犬ぐらい)になると譲渡会に出してももらわれることはほとんどないため、ボランティア譲渡でお願いしたいとのことです(下の2枚)。
譲渡希望の方、預かりのできる方がいらっしゃいましたら、ちばわんまでご連絡下さい。

f0078320_16495419.jpg

f0078320_1652880.jpg



f0078320_16521849.jpg

f0078320_16535455.jpg

2日目の部屋
f0078320_16564484.jpg

ビーグルもGRも、今ではここにいることが何の不思議もない犬種になっていますね。
↓奥にいるゴールデンMIX?ピレ?とセッターは、譲渡先が決まっていると聞いています。
f0078320_16565369.jpg
f0078320_1657148.jpg
f0078320_1657932.jpg

あなたたちには、着るコートもない、そっと寄り添い合って暖をとっているわんちゃんたちをみて、
ぶくぶく着こんで見学している自分が悲しくなりました。


3日目の部屋

2月1日の捕獲犬たち、まだ収容期限内です。
どの子も引き出しの声はかかっていません。

f0078320_1712680.jpg

f0078320_16571696.jpg
f0078320_16572480.jpg

f0078320_16573114.jpg
↑右の子はまだ子犬で、収容期限内、ks100201-01の子だと思います。

4日目の部屋
f0078320_1712213.jpg
↑左側の子は、ちばわんで引き受けています。
元気そうで良かった!
来週お迎えに来るからね。


f0078320_175252.jpg

ここにもまだあどけない子犬が収容されていました。
すでに収容期限は切れており、検疫をお願いしてあります。
年末自分が預かった子犬たちにそっくりで、息を呑みました。
すでに暖かいいぬ親様のおうちで
心も体も暖かい環境で愛情のたっぷり暮らしているわんちゃんの姿と重なり
あなたたちも一日も早く検疫をあけるように頑張るんだよ・・・と祈らずにいられません。
f0078320_17111684.jpg
f0078320_17112310.jpg


f0078320_9161419.jpg

f0078320_9163291.jpg
1月26日捕獲のゴールデンオスはこの部屋にいました。
この子犬たちはそのゴルにいつも群がっているのですが、全く嫌がることなく子犬たちの布団?になっていました。
前回訪問時にちょうど捕獲車が到着して、ゴルが1日目の部屋に入れられたのを見ていたのですが、職員さんに綱を引かれてもこの子だけ上手に歩いていて、チップ読み取り機を通して部屋に入れる作業もとてもスムースでした。
すでに収容期限は切れて検疫に回されていますが、声はかかっていないそうです。
歯を見たらまだ白くて、意外と若いのかもとO.先生はおっしゃっています。
譲渡希望の方、預かりのできる方がいらっしゃいましたら、ちばわんまでご連絡下さい。




5日目のお部屋
午前中の訪問だったため、まだ空でした・・
午後には、他の抑留所で期限の切れた子たちが移送されて来て部屋はいっぱいになります。
毎週決まった光景です。


検疫室
ステンレスゲージの小型犬はほとんどが行き先が決まっているようです
ここにも子犬がたくさんいました。
この1週間のうちにほとんどが子犬舎に移動見込みとなっています
ですが、この数です。
どうか預かれる方がいましたら、宜しくお願いいたします
f0078320_17152535.jpg
f0078320_17154268.jpg
f0078320_17155760.jpg
f0078320_171662.jpg
f0078320_17162429.jpg
f0078320_1717955.jpg
f0078320_17171960.jpg
f0078320_17172853.jpg
f0078320_17173928.jpg

↓ちばわんで検疫をお願いしていますが、血便があったとの連絡を受けました
絶対に復活してくるんだよ・・
待っているからね!
f0078320_1718110.jpg
f0078320_17181413.jpg

f0078320_17204876.jpg

↓この子たちも来週早々には子犬舎に移動予定です
f0078320_17212761.jpg
f0078320_17214253.jpg

f0078320_17224071.jpg
f0078320_17225741.jpg
f0078320_1723664.jpg


今日引き出しを実施した子です
f0078320_17234054.jpg
f0078320_17234725.jpg
f0078320_1723592.jpg
f0078320_1724666.jpg


このほかにマルチーズ、MDの引き出しを実施しました。

実は写真は掲載しませんが、
5~8歳位、6~8KG位の目の不自由なMDが収容されています
緑内障っぽい感じで、おそらく全盲でしょう。
まだ収容されたばかりでこれから検疫だそうですが、他の団体からも断られたとのことで、行き先が見つかっていません
どなたか預かれないでしょうか?
↑現在、複数の方から申し出をいただいています。


一生懸命ケアされているおかげで、センターレポートで事前学習して行くと
ほとんどが頑張って検疫を明けようとしていることが経験できるようになりました。
多くの思いが少しずついい方向に向かおうとしていることを実感しています。
でも、せっかく頑張って検疫明けを迎えても行き先がなければ、それは悲しいことです。
1匹でも物言わぬ命に思いをはせていただければと思います。

お問い合わせはちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com
★を@に変えて下さい。


なお、大変申し訳ないのですが、譲渡希望・一時預かりのお申し込みは、関東のみとさせていただいております。
”お届けやフォローをできる範囲”に限らざるを得ないことをどうかご理解、ご了承いただきたいと思います。

by centre_report | 2010-02-03 17:30 | 愛護センターレポート