ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

センターレポート(2009年7月23日)

センターレポート(2009年7月23日訪問)

たーぼーさんのレポートです。

本日は見学の方を含め計6名でセンターを訪問しました。

ここから10枚の写真については、預かれる方がいましたらちばわんまで

f0078320_20192871.jpg


f0078320_2019382.jpg


f0078320_20195135.jpg


上3枚は同一わんこです。
このわんこと親子と思われます。
10~13KGくらいの母娘。
とても穏やかでした。
※引き取りの調書によると、上3枚の写真の子が9歳♀、下の写真の子が11歳♀だそうです。
すでに検疫されていますが、行先は決まってないそうです。
f0078320_20195955.jpg


黒ラブMIXです。右前足を負傷していました。

シット、ウエイトはきちんとできました。
おとなしくて、じっとまっている姿は健気です
家庭犬として十分生きていくことができると思います。
20KG位でしょうか?

f0078320_20201263.jpg


f0078320_20202327.jpg


年老いたヨーキー、乳腺腫瘍があるそうです。
どうしてここまで一緒だったなら最後まで一緒できないんでしょうか?
お顔は撮影できませんでした。
3~4KG位かと思います。
※7月27日追記;残念ながら収容期限を待たずに亡くなってしまったそうです。
たくさんの引き取り希望の声が出ていました。

f0078320_20203515.jpg


このMDを引き上げることはできるか?というお話がありました。
先週も今週もついぞ吠えるのを聞きませんでした。
おとなしいわんこです。
※7月27日追記;引き取り先が決まったそうです。
f0078320_20204629.jpg


多分、この子も引き上げが未定だったかと・・・・
※7月28日追記;検疫される予定です。
f0078320_20205588.jpg


7月30日には検疫があけます。
どなたか預かれませんか?
穏やかな12KGくらいのオスです。
※7月27日追記;すでに譲渡が決まったそうです。
f0078320_2021943.jpg



::*****************************


子犬は今日もパルポ?に苦しんで血便をし、ぐったりとしていました。
f0078320_203023.jpg



先週はこんなに元気だった・・・と思う
f0078320_20345731.jpg


そして、このゲージの上段にもあどけない子犬が検疫あけをじっと待っています
必ず検疫をあけて子犬舎にいくんだよ!

f0078320_20322042.jpg


ここで奇跡を起こして無事に検疫が明けても
産ませたことが死なせることになる子犬が毎日いるという現実があります。
子犬を遺棄した飼い主さん!一度苦しむ子犬の姿を見てほしい


先週のレポートで「引き出し予定なし」と書きなぐった私。
担当には嵐のように問い合わせがきたそうで・・・(汗)
センターのスタッフにもご迷惑をお掛けしてしまいました。
申し訳ありませんでした。
おかげさまで、多くの子に次のチャンスが与えられました。


ここからは、元気だよ~という報告です。

f0078320_20405739.jpg


f0078320_2041864.jpg


f0078320_20411980.jpg


f0078320_20413296.jpg


f0078320_20414551.jpg


f0078320_20415642.jpg



f0078320_20421898.jpg


f0078320_20422924.jpg


f0078320_20424049.jpg


f0078320_20443560.jpg


f0078320_20445321.jpg


f0078320_20451989.jpg


f0078320_20454011.jpg


ここは最終日のお部屋です。明日処分になりますと・・・
f0078320_20455496.jpg


f0078320_20474878.jpg


f0078320_20481465.jpg


ここからは検疫室です。
ほとんどが検疫あけを待っている犬で、引き出し予定があります。
子犬は検疫あけ次第、子犬舎に移動予定です。



f0078320_20501376.jpg


f0078320_20502466.jpg


f0078320_2050378.jpg


f0078320_2050541.jpg


f0078320_20511489.jpg


f0078320_20512855.jpg


f0078320_20515062.jpg


f0078320_20521130.jpg


f0078320_20522762.jpg


f0078320_2052454.jpg


f0078320_20483144.jpg




f0078320_2151390.jpg


f0078320_2155782.jpg


f0078320_2161322.jpg


f0078320_2164246.jpg


f0078320_217273.jpg

本日は成犬1匹、子犬2匹お預かりしました
習志野、横浜、品川の預かり宅に移動し、ぴかぴかの家庭犬になります。
by centre_report | 2009-07-23 21:12 | 愛護センターレポート

奇跡と虹と・・・

Yさんのレポートです。



7月14日のきららママさんのレポートを見て、ある方から

『この”見るからに老犬”の子をぜひ引き取りたい!』というメールをいただきました。

f0078320_16292991.jpg

『先日の虹の橋を渡った老犬といい、今回の白い子といい、人生の終盤をこんなところで、肩身の狭い思いをして暮らすのはしのびません。
平日働いているため自分で引き出せませんが、もしも出してくだされば責任を持って家で休んでもらいます。

老犬、病気、そんな事は全て承知です。
先代の犬は半年間癌の再発も含め看病して、12月31日に私の膝で冬休みを待って行ってくれました。
お金がかかることも分かっています。』


急いで収容犬情報を確認したところ、その日が期限となっていました。
センターへの連絡が上手くいくかどうか心配しましたが、どうにか間に合って、16日に、この子を最終日部屋から出してもらいました。

f0078320_16304299.jpg

部屋から出して様子を見たところ、思ったほどは老犬ではないのかも・・・という感は受けましたが、足を痛めているようでした。
ですが、検疫を終えないとここからは出せません。

ワクチンを打ってもらい、検疫部屋に移していただきました。


それから、その方はツテをたどって受け入れ病院を探され、先生とも話して段取りができたとのことで、『それでは引き出しと、その病院までの搬送をこちらで手配しましょう』とお話したのが一昨日の夕方でした。

ちょうど、東の空にはきれいな虹がかかっていました。
『こんなにきれいな虹なんて初めて見ました!すごいわね。東京でも千葉でもきれいに見えるのね』と2人で虹を眺めながら、少し長電話になってしまいました。


3連休が明け、すぐにこの子の安否を確かめたくて、今朝センターに連絡を取ったのですが・・・

この子は今朝亡くなっていたのだそうです。
センターの職員さんも、『せっかく希望者さんがいたのに残念です・・・』と。

死因は不明ですが、パルボ様の症状はなかったようです。


お声をかけて下さった東京のOさま、本当にありがとうございました。

2人で一緒に見た虹を、あの子は渡って行ったのですね。




実は、この子にはもうお一人、声をかけて下さった方もいたのです。

ですが、その方は関東からは遠く離れた地にお住まいの方でしたので、事情をお伝えして丁重にお断りさせていただき、了承のお返事をいただきました。

『他に声をかけられた方がいることを知り、ホッとしています。
こちらまで来ていただくのが難しいことは重々承知の上でしたので。

あの子に幸せな時間が、少しでも長く続くことを願います。
そして、できればあの子があの場所を卒業した姿を見せてください。

うちに来ることがかなわない子たちでも、今後もホームページ見させていただきます。

実は、ちばわんさんのレン君が大好きで、岩手じゃなかったら絶対一緒に住みたいのに・・・って思って、いつもレン君のママさんのブログ見てたんです。いぬ親さんが決まったようで、すごくうれしい反面、もう会えないのかな・・・とさみしい気もします。』


Sさま、卒業の姿をお見せすることは叶いませんでした。

それだけ、いったん収容された子がセンターから出ることは奇跡に近いことなのだと、改めて思い知らされました。



5月の末にも、とても小さく、か細い子に出会いました。
f0078320_1632724.jpg


飼い主持ち込みの11歳だとのこと。
でも、見た目ではまだまだ若く、可愛らしい子でした。

『この子どうでしょう?出せますか?』と職員さんに尋ねられ、考えた末に引き出しを決めました。
f0078320_163251100.jpg


が、翌週センターを訪れた私たちの目の前で、酷い嘔吐が始り・・・いったん持ち直したものの、やはり週末の休み中に亡くなってしまったと聞かされました。



そして、16日に引き出し予定だったこの子も・・・
f0078320_16333615.jpg


(写真は、三番瀬さんのセンターブログからお借りしました)
6月30日のツー・ショット。
f0078320_1634752.jpg

右にいるのは、9日に無事引き出しできた『のぞみちゃん』です。

若くて元気な女の子同士、仲が良さそうに、楽しそうにまるで笑っているかのようでした。
ワクチン接種日の関係で、引き出し予定日がのぞみちゃんより1週間後になりましたが、ずーっと元気にしていましたし、16日に予定通り引き出しできるものと疑いもしませんでした。

当日センターを訪れてから、前日に亡くなったと聞かされ、呆然としました・・・



犬が嫌いだと言う人は、犬を飼おうと思わないでしょう。

だから、犬を捨てる人、路頭に迷わせてセンターに収容されても探しもしない人、自らセンターに持ち込む人は、少なくとも飼っていた人、犬が好きだと思っていた人なのでしょうか?

人間にはどうしようもない事情があることもある・・・そうかも知れません。

でも、最低限、最期にこんなに辛い目に遭わせることだけは、どうかしないで下さい。
心から、そう願わずにはいられません。


***************

ギリギリのところで助けることができた子もいます。



見た感じ足が悪そうだということで、しばらく鑑定室の一室に収容されていたようです。
f0078320_16351690.jpg


(写真は、三番瀬さんのセンターブログからお借りしました)

しかし、引き出しの声も上がらなかったため、7月1日通常通りの最終部屋に移されました。

f0078320_163545100.jpg

ちょうど訪問したその日、最終日部屋の前で職員さんから『あの子を出してもらうことはできますか?』と相談され、引きうけることにしたこの子。
すぐにワクチンを打ってもらい、とりあえずのショート・ステイを引き受けて下さる方がいて、16日に引き出すことができました。

足が悪いなら、1日でも早く病院で診察を受け、手術が必要なら受けさせようと思いました。

が、診察の結果、もはや手術はできなということでした。

レントゲン写真では、素人が見てもわかるほど骨盤はグチャグチャで、少なくとも1年は前に起きた、それもかなり瀕死の重傷だろうとの診断でした。

ですが、ちゃんと歩けるし走れるし、排泄も自力で上手にできます。

両後足の長さが明らかに違いますが、短いほうの足を浮かせて上手く3本足で走るそうで、お散歩大好きな様子だそうです。
そして何よりも、無茶苦茶性格が良くて、こんな目に遭った過去があるにも関わらず人が好きで、初めての人でもすぐに馴れてペロペロ、へそ天するそうです。


生きてセンターから出すことができて、本当に良かったと思います。

現在、へろみさん宅でショート・ステイ中、不妊手術が済んで落ち着いた後に移動予定(未定)です。

センターを出ることのできなかったたくさんの子の分まで、きっと幸せになってもらいます。
by centre_report | 2009-07-21 16:45 | 愛護センターレポート

センターレポート(2009年7月16日)

るる母さんのレポートです


ちばわんスタッフのYさん、たーぼーさん、運搬のKさんに同行させていただきました。

実際の訪問時より、こうやって写真を選ぶときの方が悲しくてどうしようもなく涙が出てきます。

マイクロチップの読み取り機です。
f0078320_531791.jpg


1日目の部屋です  3頭いました
みんないわゆるブランド犬ですよね
高いお金を出して買ったのでしょうに、ポイですか
この2頭は引き出し希望があるとか・・・

f0078320_5314293.jpg


この子(シーズー?)だけ引き出し希望がまだないそうです。
【※7/20追記;引き取り希望の問い合わせがセンターのほうに来ているそうです】
とても人懐こく可愛い子です
f0078320_5315649.jpg


2日目の部屋です
まだきれいな柴犬が2頭いました

f0078320_5321520.jpg



3日目の部屋です
私たちがのぞくとみんな一斉にこちらを見て、盛んに吠える子もいます。
「僕はここにいるよ~ 気がついて!」

f0078320_536593.jpg


しかし、具合の悪そうな子は吠える力もないようです
この るるによく似た子は、私が来た時から、帰る時までずっと同じところにいました。
動く元気もないのでしょうか。
出してあげられなくてほんとうにごめんなさい。
f0078320_5372078.jpg


f0078320_5374976.jpg


4日目の部屋です
ここには大きな子が多かったように思います。

f0078320_5395048.jpg


突然茶ラブと白い犬とが壮絶なバトルを始めました。
イライラが募ってきているのでしょうね


f0078320_5402953.jpg


この茶ラブくん足も痛めているみたいだし、弱っちいのだそうです。
穏やかな日々を過ごさせてあげたいです。

f0078320_5443434.jpg



争いが過ぎればみんなでなぐさめあっているようです。

f0078320_5445451.jpg


最終日の部屋です

もう諦めてしまっているかのような子たち
f0078320_5451374.jpg


お父さんが来てくれたかな?
f0078320_5453180.jpg


僕はまだ死にたくないよー
f0078320_5461811.jpg


なんで迎えに来てくれないの?
f0078320_5465663.jpg


犬たちの叫びが聞こえてくるようです。
この子たちは引き出しが決まっていない子がほとんどです。

そして明日には処分されてしまいます。

収容棟にいる子には 時間が残されていません。
預かりができる方、いぬ親希望の方、ぜひちばわんに連絡をしてください


収容棟の向かい側に検疫にかけられている子たちの部屋があります。

検疫中の子たちです
(小犬の数が多かったのでほとんど子犬の写真になってしまいましたが、成犬ももちろんいます)

f0078320_5514182.jpg


f0078320_5515768.jpg


f0078320_552147.jpg


f0078320_5524026.jpg


f0078320_5525714.jpg


f0078320_553144.jpg


f0078320_5534733.jpg


f0078320_554477.jpg


f0078320_5542665.jpg


f0078320_5544656.jpg


みんな みんな かわいい天使です。
必ず生き延びてここから出ようね。頑張るんだよ

預かりができる方、いぬ親さんになれる方、ちばわんまでご連絡ください。



子ネコちゃんたちもいました

f0078320_602634.jpg


f0078320_63253.jpg


f0078320_63386.jpg


今日ちばわんか引き出したワンコたちです。

夏の強烈な日差しがまぶしいね。
f0078320_641671.jpg


f0078320_644749.jpg




このほかにもう1頭 全部で成犬3頭
みんな これからきれいに変身します。  期待していてくださいね。

小犬舎からは、全部で3頭引き出しました

f0078320_613376.jpg



助ける「手」に対して、助けを求めている犬の数が多すぎます。
怪我をしている子、病気らしい子ももちろん、まだ若く元気な子もたくさんいました。
一時は一緒に楽しく暮らした子、どうして簡単に捨てられるのでしょうか?
命のある子たちです。
どうして殺すことができるのでしょうか?

逃げ出してしまった子なら、手を尽くして探してください。
犬たちは、命を絶たれる最後まで、家族が迎えにきてくれるのを待っていることでしょう。
犬たちに対しては「ごめんなさい」としか言えません。



そして

キミはるるチャン家で赤い糸を見つけようね。

f0078320_693539.jpg

by centre_report | 2009-07-17 06:15 | 愛護センターレポート

センターレポート(2009年7月16日)

たーぼーさんのレポートです

7月16日センターレポート(2009年7月16日訪問)


今日はYさん搬送のKさんるる母さんと4人で訪問しました
1月ぶりの訪問でしたが、犬が多いことに圧倒されました。
検疫をお願いした子はいなくなってしまっていたし、
O先生は床掃除も忙しそうで、
最終日のお部屋には本当にたくさんのわんちゃんがいて・・・
胸がはり裂けそうなくらいなんとかしたいけど、もどかしい自分がいました。


このシーズは引き出しが決まっていません
【※7/20追記;引き取り希望の問い合わせがセンターのほうに来ているそうです】
f0078320_2032587.jpg


f0078320_20321765.jpg


f0078320_2032294.jpg


f0078320_20324070.jpg


一番手前の左にいる子も引き出しが決まっていません
f0078320_20325145.jpg


f0078320_2033059.jpg



右手前黒ラブMIXも引き出しが決まっていません
f0078320_20331024.jpg


f0078320_20332090.jpg


f0078320_20333033.jpg


検疫中の小犬、来週には子犬舎に移動できそうだということでした。
f0078320_20334133.jpg



4匹のMDがいました。すべて引き取り予定なし。
f0078320_20373930.jpg


f0078320_20375046.jpg


f0078320_2038112.jpg


f0078320_20381127.jpg



f0078320_20383529.jpg


いつもここにいた犬は無事引き出され、かくれんぼ大好きなわんこがいました
f0078320_20385053.jpg


かわいいお顔でした。引き取り予定なし。
f0078320_2039380.jpg


f0078320_20391575.jpg


f0078320_20393187.jpg


引き取り予定なし
f0078320_20474497.jpg


引き取り予定なし

f0078320_2048085.jpg


f0078320_20481428.jpg


感染性の病気ではないようなんですが、おだやかな性格のMD。
f0078320_20482644.jpg


このシーズはパルポ?と闘っているようでした。
f0078320_20483895.jpg


f0078320_2053411.jpg


f0078320_20531949.jpg


f0078320_20534957.jpg


f0078320_2054497.jpg


f0078320_20541738.jpg


f0078320_20553143.jpg


f0078320_20554423.jpg


f0078320_2056054.jpg


f0078320_20561538.jpg


f0078320_20563656.jpg


f0078320_20564951.jpg


f0078320_2057994.jpg


f0078320_20572255.jpg


f0078320_20575097.jpg


f0078320_205841.jpg


f0078320_20593844.jpg


f0078320_210136.jpg


今日引き上げ予定のわんこが虹の橋に出かけていたことがわかり、
検疫があけているこのわんちゃんを急きょ引き上げました
ボーダーMIX のオスになります。
f0078320_2105088.jpg


ローズのように強運の君!
どうかこれからの犬生が素晴らしいものでありますように!
f0078320_2102386.jpg


f0078320_2103771.jpg



本日は子犬3匹成犬3匹を引き出しました。

預かりには精一杯のお仕事をお願いし
搬送スタッフも朝から夜まで走り回り
いぬ担当スタッフは週に最低1度センターに出かけ、小さな命と向き合っています。
いつもお手伝いすると、みないことがないスタッフの涙。
預かれると言っていただき、そのために医療ケア、搬送スタッフを差配するスタッフ
そして検疫をかけてくださるセンターのスタッフ

それが何度もどこかで途切れてしまう過酷な場所

預かりがあいてないときがないちばわん
みなできることを精一杯頑張っています。

捨てるなら産ませないでください。
生まれたらきちんとワクチンをしてください。
そして迷子札、マイクロチップの挿入をお願いします。
by centre_report | 2009-07-16 21:09 | 愛護センターレポート

センターレポート(2009年7月14日)

きららママさんのレポートです。



7月14日運搬のKさんに愛護センターに連れて行ってもらい
成犬1匹引き出してきました。
5月以来2カ月ぶりでしたが収用犬の多さにびっくりしました。
聞いてはいましたがこんなに・・と思わざるを得ませんでした。
迷子探しのポスターもたくさん張ってありました。
これから花火や雷の季節です。驚いて逃げてしまう子も後をたちません。
気を引き締めていきたいと思います。
f0078320_11232424.jpg
f0078320_11234491.jpg

最初の部屋は空でしたが帰る時には移動してきていました。
次のお部屋です。
f0078320_1125549.jpg

引き出し予定の子が右側に写っています。
尻尾が上がっていますね。迎えに来たからね!
f0078320_11263871.jpg

たくさんの成犬がいましたがまだ声のかからない子たちを
中心に写真を撮ってきました。
このお部屋の左の子は見るからに老犬です。
うちにも老犬がいるから余計身につまされました。
ごめんね。
f0078320_11301026.jpg

右側の子も声がかかっていません。預かれる方はいませんか?
このテリア系のこも決まっていません。
とっても可愛い子でした。
f0078320_11312792.jpg


f0078320_11325087.jpg
f0078320_1133364.jpg
f0078320_11331743.jpg

おとなしそうな子、じっとこちらを見つめていました。
f0078320_11344036.jpg

あまりの素敵な笑顔に居る場所を忘れてしまいたかったです。
f0078320_11355871.jpg

この子もまだ行き先が決まっていません。
f0078320_11365872.jpg

子犬たち。きっと乗り切ってね。
f0078320_11375671.jpg


f0078320_11381512.jpg

子犬犬舎です。元気な可愛い子がたくさんいました。
f0078320_11392817.jpg
f0078320_1139439.jpg
f0078320_114016.jpg
f0078320_11401858.jpg
f0078320_1140391.jpg

そして引き出した子はこの子です。
f0078320_11424447.jpg

これからゆっくり慣れていこうね。
by centre_report | 2009-07-15 11:47 | 愛護センターレポート

センターレポート(2009年7月9日)

Yさんのレポートです。



7月9日(木)、成犬5頭+子犬1頭引き出しのため訪問しました。

運搬dartさん&Mさん、写真撮影Mさんです。



この日は収容棟だけしか見なかったにも関わらず、あまりの収容頭数に
気が滅入るほどでした。

先月の訪問時には、”いっときよりはちょっと減ったかな・・・”と少しホッとしたこと
を覚えているのに、やはりこれが千葉県の現状なのでしょうか。


1日目、2日目の部屋。

ここには、引き出し予定のある子たちも何頭か入っているます。
f0078320_9355520.jpg

f0078320_936561.jpg

f0078320_9361598.jpg

f0078320_936281.jpg

f0078320_9363856.jpg

手前の白い子は、今日引き出しました。



こちらの部屋の子たちは、どうなのでしょう。
ここを出られる予定の子もいればいいのですが。
f0078320_937094.jpg

f0078320_9371335.jpg

f0078320_9372347.jpg

f0078320_9373238.jpg

どの子か少しだけでも出してあげたい!

しかし、気持ちだけでは動けないということを思い知ります・・・


そして最終日の部屋です。
この部屋にも、あまりにたくさんの、罪のない子たちがいました。
f0078320_938387.jpg

f0078320_9381583.jpg

f0078320_9382449.jpg

f0078320_9383436.jpg

f0078320_9384556.jpg

今日は木曜日ですから、夕方になればまたいつものようにトラックが来て、
期限の切れた移送の子たちが運ばれて来ます。
更に数は多くなり、明日の朝スイッチが押されるのです・・・


検疫部屋です。

こんなにもたくさんの子犬たち。
f0078320_9402211.jpg

f0078320_9403380.jpg

f0078320_9404373.jpg

f0078320_9405322.jpg

f0078320_941460.jpg

飼い犬に不妊・去勢手術をすることが当たり前でない日本の現状が、
この状況を作り出しています。


そして純血種の子たちも。
f0078320_9415981.jpg

f0078320_9422062.jpg

f0078320_9423327.jpg

f0078320_942431.jpg

f0078320_9425534.jpg

”流行りの犬種”も、センターにいつもいます。

この子を預かって下さる方を募集しています。
小ぶりでおとなしい女の子です。
f0078320_9433335.jpg

ちばわん 吉田までお問い合わせ下さい。
f0078320_945669.jpg

f0078320_9451964.jpg

子育て中のお母さん
f0078320_9454236.jpg

子犬は1頭だけになってしまいましたが、まるまると育っていました。


この子は明日、晴れてここを出られる予定だと聞きました!
f0078320_946759.jpg

掲示板
f0078320_9462694.jpg

f0078320_9463883.jpg

本日引き出した6頭のうち、神奈川行きの2頭です。
f0078320_9465572.jpg

f0078320_947736.jpg

みんなの分まで幸せになるんだよ。
by centre_report | 2009-07-10 09:49 | 愛護センターレポート

センターレポート(2009年7月1日)

アトムミルクママさんのレポートです。



 *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

本日、引き取りと見学のためセンターに行ってきました。
我が家から卒業したクミンのいぬ親さまのMさんご夫婦、ちばわんスタッフ3名です。

私は今回も一ヶ月半ぶりのセンターです。
クミンのいぬ親さまMさんの車に乗せて行っていただきました。
ありがとうございました。

職員のOさんがいろいろ説明してくださいました。
収容される数の一割が返還される数ということでした。
一割しか、飼い主のいるおうちに帰れないのです。
迷子になっても捜さない人も多いのでしょうか。


今日は写真をたくさん撮ってきましたので写真をご覧くださいね。
この子たちはこんなところに来るために生まれたわけではありません。
茫然としている子、何が起きているのかわかっていない子、諦めている子、
出してほしいと一生懸命アピールして訴える子、みんなその瞳はきれいでした。
自分の飼っていた小さな命を簡単に捨ててしまった人間たち、こんなこといつまで続けるんですか?


収容部屋からみてくださいね。

この子たちは昨日収容された子です。
f0078320_18395812.jpg

f0078320_1840249.jpg

f0078320_18404697.jpg

f0078320_19111120.jpg

気になる子はいませんか。
まだほとんどの子に声はかかっていないと思います。
こちらをじっと見ていました。
f0078320_1843062.jpg

前にいるこの黒い子には新しい首輪が付いていました。
まだ子犬のようです。預かってもらえる人はいませんか?
(お問い合わせは、ちばわんまで)
f0078320_18453063.jpg

最終部屋です。
明日処分されてしまうようです。
職員さんがこの子たちを預かってほしいと言っていました。

小ぶりでとても可愛い子です。後ろ足が悪いようです。
性格はよさそうです。
f0078320_18593191.jpg

この子もいい子です。
f0078320_1856307.jpg


譲渡用の子猫たちです。
みんな可愛かったです。
早く、ここを出られるといいね。
f0078320_1912464.jpg

f0078320_1915280.jpg

f0078320_1923288.jpg


検疫室です。
おなじみのこの子は、いぬ親さまが決まりそう・・・とのことです。
良かった!
幸せになろうね。よく頑張ったね。
f0078320_1952642.jpg

この子はまだ子犬です。預かり先がまだ決まっていません。
女の子です。ちよっとびびりちゃんかな。
預かって下さる方がいらっしゃいましたら、ぜひ、ちばわんまでお声をかけて下さい。

f0078320_19123893.jpg


子犬もいっぱいでした。頑張って乗り切るんだよ。
f0078320_19142194.jpg

f0078320_1914416.jpg

f0078320_1917275.jpg


元気なコーギーがいました。
f0078320_19205648.jpg

持ち込みの子猫ちゃん
f0078320_1922321.jpg

おそらく、処分されてしまいます。

子犬舎です。
来週譲渡会があるそうです。
そのためか、男の子が残っていました。
可愛がってもらえるおうちに行けるといいね。
中に数頭だけ女の子でした。
他ボラさん引き出し予定の子もいるそうです。
f0078320_19242249.jpg

f0078320_19244597.jpg

f0078320_1925282.jpg

f0078320_19252518.jpg

f0078320_19264832.jpg


今日引き出した子です。
3月からセンターにいた子です。
いっぱい頑張って偉かったね。
今度こそ、幸せになろうね。
f0078320_19273597.jpg


子犬舎から一頭です。
f0078320_19293534.jpg


f0078320_19325221.jpg


落ち着いたらいぬ親さま募集始めますので、応援よろしくお願いします。
by centre_report | 2009-07-01 19:31 | 愛護センターレポート