ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

センターレポート(2008年5月22日&27日)

5月22日(木)

子犬3+成犬1を引き出しました。
(※写真はありません)


5月27日(火)

真夏を思わせる暑い日でした。

こんなにたくさんの子猫たちは、いったいどこから来るのでしょうか・・・。
f0078320_1554290.jpg

収容室で
f0078320_15541474.jpg

とても賢そうな子です。
あきらめたような表情で、でも真っすぐにこちらを見つめる目が忘れられません。

同じ部屋にいたこちらのラブラドールのほうは、引き出し予定があるそうです。
f0078320_15542632.jpg

懐こそうにこちらを見てくれます。
f0078320_1554382.jpg

f0078320_15544648.jpg

この子も、首輪をしているのに。
f0078320_15545837.jpg

最終日の収容室。
f0078320_1555931.jpg

どの子も、何も悪いことはしてないはずです・・・。
f0078320_15552291.jpg

f0078320_15553253.jpg

f0078320_15553985.jpg

f0078320_15554710.jpg

この日は合計5匹を引き出しました。
f0078320_15555985.jpg

引き出してみたら、まだまだ子供でした。
ボランティアが首輪を着けます。
f0078320_1556997.jpg

この子は、バンダナを着けて収容されていた子です。
一度具合が悪くなりましたが回復ししてくれました。
f0078320_15562168.jpg

外に出られたのが嬉しくてしょうがない様子です。
f0078320_15563269.jpg

今回も多くの方に運搬のお手伝いをいただきました。
一人一人が少しづつ力を出し合うことによって、千葉わんの活動は
成り立っていることを改めて痛感します。
by centre_report | 2008-05-29 16:01 | 愛護センターレポート

センターレポート(2008年5月14日)

5月14日(水)、引き出しのためセンターへ。
この日は、雑誌編集者さんも同行です。


子猫の季節です・・・
f0078320_2285228.jpg

f0078320_2292623.jpg

3日目の収容室
f0078320_2293798.jpg

今日も、とても多くの犬が入っています。

奥のほうで身体を寄せ合っていました。
f0078320_2295889.jpg

きょうだいでしょうか、よく似ています。
f0078320_221087.jpg

4日目収容室
f0078320_22103913.jpg

この部屋の子たちは、皆とても静かにこちらをじっと見ていました。
大きなシェパードもいました。

子犬にも優しく接しています。
f0078320_22105587.jpg

この子も、とてもお行儀よくこちらを見つめていました。
f0078320_2211877.jpg


最終日の収容室
f0078320_22112265.jpg

この部屋の子たちも、本当に皆静かでした。

じっとうなだれている子がいます。
f0078320_22113575.jpg

何を思っているのでしょうか。

餌箱に入って熟睡している子。
部屋の隅でただただ眠りこける子。
f0078320_2216766.jpg

こちらは、検疫中の子たち。
f0078320_2213483.jpg

譲渡用子犬が入っている犬舎。
でも、この子は皮膚病で、毛が抜けてしまっています。
f0078320_22131637.jpg

神奈川県から、聴導犬育成の会の方々がたくさん見学に来られていました。
聴導犬候補犬は保健所・愛護センターから探すのですが、神奈川県内では
絶対数が少な過ぎてなかなか見つからないそうです。
千葉県民として、なんかフクザツです・・・。
f0078320_22133457.jpg

嬉しいこともありました。
この日引き出した子。
f0078320_221462.jpg

前々回、具合が悪かった子です。
こんなに元気に回復してくれました!

近日中に千葉わんで里親さま募集開始します。
by centre_report | 2008-05-14 22:08 | 愛護センターレポート

センターレポート(2008年5月9日)

※アスカさんのレポートです。今回も運搬を担当していただきました。

まず、以前センターより引き出した柴MIXちゃんですが、
里親さまが決定しました。すごい早さです。
f0078320_1142142.jpg

預かりさんのところでたくさんの愛情をそそがれ、
今は里親さまの元で『しゅん(春)』ちゃんと名付けられ、幸せに暮らしています。

春ちゃんという字には、「辛かった冬を乗り越え春を迎えられたこと、新生活のスタート」
という意味が込められているそうです。里親さまの思いを感じます。
しゅんちゃん、本当によかったね、おめでとう。


そして、今回の様子です。

収容所内
f0078320_1153371.jpg

たった一枚のガラス
でも、分厚い壁です。

それを分かっているのか、あの子はただじっと見ていました。
f0078320_116038.jpg

ここから出してくれるの??

人なつっこい子でした。
f0078320_1162991.jpg

このダンボールの中には産まれたばかりの仔猫がたくさんいました。
みんな必死に生きようとしています。

動物病院でも、仔猫をダンボールに入れて置いていく人がいるそうです。
これらは去勢・不妊手術をすれば確実に減らすことができます。

今回は2頭を引き出しました。
f0078320_1171764.jpg

本当に小さいMIX犬
子供を産んだと思われる体つきでした。その子達はどうなったのかな・・・。
f0078320_1175072.jpg

毛がフサフサな、やや大きめの子
センターにいた理由は分かりませんが、とにかく人が大好きです。

きっと君たちにも本物の家族が見つかるからね。
by centre_report | 2008-05-09 11:03 | 愛護センターレポート

センターレポート(2008年5月2日)

5月2日(金)、検疫にかけていた子たちを引き出すためと、再譲渡報告書数枚
を提出するため訪問して来ました。

①1頭だけケージに入れられていた子犬。
まだとっても小さな子です。
センターの譲渡会でもらわれて行ってすぐに、皮膚病だからと返されて来たそうです。
いったいどうして、”病院に連れて行く”のではなく”センターに返しに来る”という発想に
なるのかがわかりません。
現在、センター内で投薬治療中です。
f0078320_1342691.jpg


②先日検疫をお願いした子です。
具合が悪そうです。
目だけはこちらを追っていますが、身体は床に伏せたまま起き上がることができません。
それでも、こちらを見て尻尾だけは力なく振っています。
何とか回復してくれるよう、祈るしかありません。
f0078320_1363517.jpg

③ジャックラッセルのオス。 
オスメス各1頭がいたそうで、メスのほうは3月21日に千葉わんが引き出して、
すでに里親さんの元で幸せに暮らしています。
この子は何と、3月からずっとここに居るままだそうです。
譲渡予定があったものの、そのお話が途中でなくなってしまったとのことでした。
f0078320_1364781.jpg

④検疫室にいた2頭。
柴犬のほうは、一般の譲渡希望者に引き取られることが決まったそうですが、MIX犬
のほうはいまだ行き先が決まっていないそうです。
とても人好きで、触ってあげると身体をくねくねさせていました。
f0078320_137350.jpg

⑤きょうだい子犬たち。
この日まとめて持ち込まれたのだそうです。
本来翌日処分となりますが、職員さんによりすでに隔離されていました。
それでも、いったんこの建物に入ってしまったら、検疫期間を経なければ外へは出せません。
最低2週間は、この子たちもここで過ごすことになります。
f0078320_1371248.jpg

⑥3日目の収容室で、人懐こく寄って来る可愛い子。
何と、首にはバンダナを付けています。
可愛がられていたはず・・・だと思うのですが、飼い主はまだ迎えに来ません。
f0078320_1372361.jpg

⑦こちらは4日目の収容室です。
人懐こく寄って来る子は、セッターMIXの子犬でしょうか。
f0078320_137356.jpg

⑧この中には、ブリーダーが廃業するために持ち込んだという純血種4頭もいました。
f0078320_1374662.jpg

⑨他の犬を睨みつけている子がいます。
このあとこの子は、また別の子にケンカをふっかけ、すさまじい悲鳴があがっていました。
f0078320_1375637.jpg

⑩最終日の収容室
奥に、あきらめきったようにただ眠っている子たちがいました。
f0078320_1381831.jpg

⑪生まれたばかりの子猫と母猫です。
f0078320_1383153.jpg


この日は、予定していた3頭を引き出しました。
黒ラブMIXと、洋犬系MIX若犬兄弟です。
間もなく千葉わんで里親さん募集を開始します。
by centre_report | 2008-05-02 13:17 | 愛護センターレポート