ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

センターレポート(2008年4月2日)

※運搬ボランティアを買って出てくれたアスカさんのレポートです。

千葉県動物愛護センターへ行ってきました。初めてです。

千葉わんで犬たちを引き出すためのお手伝いでしたが、
収容場の見学もさせていただきました。

天気がいい日でしたが、その中はうす暗く、とても寒かったです。


首輪をしている子がたくさんいました。
f0078320_10565045.jpg

隅にかたまって息をひそめている子たち

その目は生気を失い、全てをあきらめているように見えました。仔犬もいます。
f0078320_1057159.jpg

人間を見るとひたすら吠える子たち、

ただじっと見つめ様子を伺う子たち、

身を寄せ合う子たち、

何でこんな所にいるのか、これからどうなるのか、
どの子も不安でたまらないのです。
f0078320_10573823.jpg

茶色い垂れ耳のまだ幼そうな顔をした子

こちらに来ようとすると横のハスキーが怒るのですが、
それでも私の方に近づいてきました。

まだ人を信じているんだね。 ごめんね。
f0078320_10591247.jpg

最終日の部屋

きっと親子でしょう。2匹寄り添いうずくまっていました。
f0078320_10595194.jpg

近寄ってきてまっすぐにこちらを見つめていました。 首輪をしています。

身勝手な人間のせいでごめんね。

助けてあげられなくて本当にごめんね。


5日が過ぎると、犬たちはまとめて狭い処分室に追いやられ、そこで二酸化炭素により
殺されてしまいます。猫も同じです。
どんどん酸素がなくなり、息ができなくなって死ぬということです。

あの2匹の親子も、人なつこい白い子も、もうこの世にはいません。


動物愛護センターだから、引き取り手を探してくれる、安楽死で処分される、
と思っている人がたくさんいます。

これが安楽死でしょうか。ここから出られる子は本当にほんの一握りです。

飼っていた犬がいなくなって必死に探してセンターにたどり着いたけれど、
すでに処分された後だったということもあったそうです。
迷子札さえつけていれば…マイクロチップが入っていれば…と思わずにはいられません。
いなくなってしまったけどどうすればいいか分からない、という人もいるようです。


センターでは持ち込みに来る人に対して説明をしたり、譲渡会を開いたりもしています。

処分される犬の数は10年で半数以下になっていますが、それでもここのセンターだけ
で1日に15頭以上の数が処分されています。
f0078320_1101892.jpg

私が今回担当した子です

柴Mixということですが、限りなく柴のようです。
小柄でとてもかわいい顔をした女の子です。
f0078320_1105567.jpg

預かりさん宅にて。長旅お疲れさま。

きっとすてきな里親さんが見つかるからね。
by centre_report | 2008-04-02 10:53 | 愛護センターレポート