ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

センターレポート(2008年3月11日・21日)


3月11日に検疫が明けた成犬1頭と、当日行われたセンターの譲渡会にて行き先が決まらなかった子犬たちを引き出すために訪問しました。

午後1時から3時まで開催されている譲渡会の終了にあわせ伺いましたが、少し早く到着してしまいましたので、譲渡会の様子も見学させていただきました。



f0078320_21155622.jpg


6組のご家族がワンちゃんを迎えるために参加していました。
告知はごく僅かな愛護センターのHPや窓口などのみですので、平日の開催という事も考えると参加者数も多いと言えると思います。



f0078320_22442188.jpg


参加者さんたちに必死にアピールする子犬たち。



f0078320_21294691.jpg


生後4~5ヶ月くらいのとても元気で人懐こい子たち。
中には3ヶ月以上もセンターで暮らしている子もいます。


この日は参加された6組のご家族みなさんが1頭づつ引き取って下さり、6頭の子犬たちがもらわれて行きました。

写真の子たちは残念ながら今回はご縁がありませんでしたが、センターの職員さんに選んでいただいてこの中から2頭と隣のスペースにいた脱毛のある子犬の3頭を引き出しました。

どの子もみーんな可愛い子たち。
どうしても月齢の幼い子たちの方が人気が出てしまい、4ヵ月を過ぎるとなかなか難しいようですが、それもこのセンターに収容される子犬たちが多すぎ次から次へと幼い子たちがやってくる事が原因です。

それでもお一人の方が13年前にもこのセンターから子犬を譲り受け、その子が先月亡くなってしまったので、その子に似ている子をと4ヵ月過ぎの子たちの中から1頭選んで下さっていました。


そんな嬉しい話も聞けた譲渡会でしたが、懇談会の記事にも書きましたが、センターから直接譲渡する子たちは、不妊・去勢は勧めていますが、公的機関であるがために色々な問題もあり絶対条件ではないのです。






3月21日、この日も検疫が明けた成犬4頭と、大きくなった譲渡用の子犬たちの中から2頭の6頭を引き出しに行きました。



午前中の早い時間でしたので1日目の収容犬舎にはまだ収容されている犬たちはいませんでした。



2日目の収容犬舎

f0078320_22469100.jpg

相変わらず首輪をした子たちが当たり前にいます。



3日目の収容犬舎

f0078320_22491579.jpg

落ち着いた成犬たちが3頭いました。
どの子も優しい顔をしていました。


4日目の収容犬舎は前日が祭日だったため収容されている犬たちはいませんでした。



最終日の収容犬舎

f0078320_2251031.jpg

フレームに収まりきらない沢山の犬たち。
それでもまだ午前中のせいかいつもよりは少ない頭数です。

この中には検疫室が空くのを待っている子たちもいるのですが、それでも多くの子がもう処分されてしまいました。



この日の前日、3月20日の祝日には愛護センターが主催する『飼い主探しの会』が開催されました。
祝日に開催するのは初めての事で、試験的ではありますが画期的な試みです。


『飼い主探しの会』とはその名の通り、様々な理由で飼育を続ける事が出来なくなってしまったワンコや不妊・去勢手術をせずに飼い犬から産まれてしまった子犬たちを安易にセンターに持ち込むのではなく、飼い主さん自らこの会に参加してもらい、新しい飼い主さんを探してもらう場で、新しくワンコを飼いたい人たちにも参加します。


20日は生憎のお天気でしたが、広報などを通じて開催の宣伝をした事もあり、なんと100組以上の来場者があり、祝日に開催した事は大成功だったようです。

譲渡会や飼い主探しの会は殺処分を減らすための大切な活動ですが、まずは収容される犬猫たちを減らす事が最も重要です。


最初に紹介したセンター主催の譲渡会。
不妊・去勢手術を義務づけてはいないために、せっかく譲渡した犬たちからこどもが産まれ、その子犬たちが飼い主探しの会に参加した事もあるそうです。
その為、譲渡会で子犬を連れ帰る方たちには職員さんから、絶対に飼い主探しの会に参加するような事にはならないように!と伝えるそうです。

それはまだいい方なのかもしれません。
産まれてしまった子たちが処分の為に持ち込まれる事が無いとも言えないのです。


収容される沢山の犬たちの中から譲渡用の子犬に選ばれて、やっと1頭貰われて行っても、その貰われた子の子供たちがまた収容されてしまったら何も意味が無いのです。

不妊・去勢手術を義務付けずに譲渡するという事は厳しいですがそういう事だと思うのです。
愛護センターに収容されるのは断然子犬・子猫が多いのですから・・・。



先日訪問した際に、千葉わんで使用している契約書や手術証明書、里親さんにお渡しする飼育についてのアドバイスなどをまとめたファイルを参考までにお渡ししました。

今後センターからの直接譲渡でも不妊・去勢手術が義務化されるように、またそれまでの間は啓蒙活動のお手伝いも必要だと改めて思いました。
by centre_report | 2008-03-25 21:31 | 愛護センターレポート

中古毛布類ご寄付募集停止のご案内&ご寄付お礼


☆★中古毛布類ご寄付受付の一時中止のお知らせ☆★

この度の愛護センターで使用する毛布類のご寄付のお願いには、多くの方々方々からお申し出をいただき、愛護センターでしばらくの間使用する充分な量の毛布やバスタオルをお届けする事が出来ました。
3月も半ばを過ぎ、寒さ対策に使用する毛布の量も少なくなって来ましたので、募集を一旦停止させていただきます。

また寒くなる頃に募集を再開させていただく予定でおりますので、どうぞよろしくお願いします。

ご協力くださった皆様、ありがとうございました。

現時点で発送して下さっている分、発送のお願いをさせていただいている分は責任をもってお届けさせていただきます!


*************************************



☆★中古毛布類ご寄付お礼★☆

横浜市 M.Tさま ・ 横浜市 A.Tさま ・ 藤沢市 S.Jさま ・ 横浜市 K.Mさま
岡山市 O.Aさま ・ 綾瀬市 O.Mさま ・ 目黒区 N.Mさま ・ 千葉市 A.Sさま
世田谷区 S.Nさま

また、3月16日に開催された里親会会場にお持ちくださった方も沢山いらっしゃいました。

ありがとうございました。

本日21日(金)に愛護センターに届けさせていただきました。
by centre_report | 2008-03-21 22:48 | 愛護センターレポート

譲渡ボランティア懇談会&レポート(2008年3月7日)

★中古毛布類ご寄付お礼★

船橋市らぶプー様 ・ 調布市Y.A様 ・ 横浜市I様 ・ 木更津市Pitgrace様
3月7日に愛護センターへ届けさせていただきました。ありがとうございました。

沢山の方からご寄付のお申し出をいただいております。
お問い合わせへのお返事、到着の確認等が遅れており申し訳ありませんm(__)m

上記の方の他にも既に受取が済んでいる方も沢山おりますが、改めて順次お礼のご報告をさせていただきます。


引き続き千葉わんでは千葉県動物愛護センターにて収容動物のために使用する、中古毛布類を募集しております。

詳しくはこちらをご覧ください。 ★☆中古毛布類ご寄付のお願い☆★



*******************************************



ご報告が遅くなりましたが、3月7日に千葉県動物愛護センターにて初の会合(譲渡ボランティアを集めての懇談会)が行われました。
その会に出席して感じたことについて、今日は書いてみたいと思います。


現在の大きな問題点として2点、いずれも以前からわかりきったことなのですが・・・


1.『千葉県では、センターに収容される犬猫の数が依然として多過ぎる』ということ

2.『センターは保護して生かす場所としてではなく、処分の場として作られた施設である』ということ


1.について、いったいどうすれば改善できるのかを考えると・・・・・やはり、不妊・去勢手術を必ず行う、その意識をひろめること、もうこれに尽きます。

もちろん、ペット・ショップでお金さえ出せばどんな人間にも”命”が買える、CMなどで流行った犬種を安易に買い求めた末捨てるなども問題ですが、手術をせずに飼育していてたったの一度でも出産させてしまい数匹の子どもたちが増えてしまうことのほうが、数の点から考えるとはるかに大きな問題です。
処分される犬猫のうち、大部分を占めるのが子犬・子猫なのですから。

千葉わんでは、譲渡する犬猫について不妊・去勢手術の徹底を図るのはもちろんのこと、それ以外にも、犬猫の不妊・去勢手術を世間一般にひろめるための活動を行っています。
センターから直接一般に譲渡される犬猫についても、同じように不妊・去勢手術の徹底を図るということがどこまでできるのかが、今後の重要課題となると思いました。

公的機関であるが故の制約などもあるのでしょうが、これを徹底するのが難しいとなると、センター主催の譲渡会が数多く開催されるようになったことを手ばなしで喜んでばかりはいられない、そう感じました。



2.について、譲渡ボランティア制度が正式に始まって約1年、現時点で22もの団体あるいは個人のボランティアが登録しており、収容された犬猫に生きるチャンスが増えたということになります。

ですが、引き受け先が増えた分だけストレートに救済できる数が増えるわけでは残念ながらありません。
昭和55年に作られた施設のままほとんど変わっていないということは、その間、気の遠くなるような数の動物が収容され、施設内には様々な病原体も存在しているということです。
その場所へいったん収容された犬猫たちは、公衆衛生の観点から、いわゆる検疫期間を経なければ施設から出して譲渡することはできないのですが、この検疫場所が今は全く足りていません。
元々処分場として作られた施設であるため、助けるために必要な検疫場所など十分にあるはずもないのです。

今はボランティアだけでなく、一般の人たちが家庭で飼うためにセンターから譲渡を受けることも多くなってきたそうで、それはそれでとても喜ばしいことではあるのですが、元々少な過ぎる検疫場所は常に満杯、順番待ちの状態です。
施設の改善・増築など器を整えることももちろん今後の課題となりますが、私たちボランティアに今すぐにできること・・・検疫明け後の速やかな引き取りはもちろんのこと、1匹でも多くの犬猫を助けるための相互協力など・・・について、各自がボランティアの自覚を持った上で考えていくことが必要だと感じました。


今後もこの課題をどう改善していけばいいのか、千葉わんとして協力できる事また優先すべき事を考え行動していきたいと思います。





懇談会は午後1時半から4時まででしたが、終了後に引き出しの予定もありましたので、早めに伺って収容室の見学を行いました。



金曜日の最終の収容室にはこの日もまた沢山の子たちが収容されていました。

f0078320_22491644.jpg

この撮影は午後1時ごろ。
夕方になれば各保健所から収容期限が切れた犬たちが運ばれ更に増えるのです。



懇談会を終えて検疫を終えた4頭の犬たちをを車に乗せ手続きをしていると、次から次へと回収車、捕獲車が戻ってきます。


センターの終了時間5時間際に1台の捕獲車が戻って来ました。
その車から降ろされた子たち。

f0078320_22534013.jpg

小型の純血種ばかり。どの子もひどい状態です。


写真の掲載は控えますが、ミニチュア・ピンシャーとパピヨン(MIX?)の遺体も一緒に運ばれてきました。

今思い出しても辛い光景でした。


小型犬がまとめて捨てられているとの一般の方からの通報を受け捕獲に向かったそうです。
現場に到着した時には既にその2匹は亡くなっていたそうです。

動き回って交通事故にでもあったのですか?と質問したら、事故にあったような状況ではなく、亡くなった子の遺体を捨てたのだろう・・・と。

実際のところは分かりませんが亡くなって尚、こんな扱いを受けなくてはいけないあの子たちはなんの為にこの世に生まれてきたのでしょうか?



誰が見てもブリーダー放棄だと想像がつくような子たちです。

f0078320_2341032.jpg

それでもマイクロチップ読み取り機での確認はきちんと行われます。

すべての犬猫たちにマイクロチップの装着が義務付けられれば、迷子だけでなくこのような遺棄も防止にも繋がるのではと思います。



f0078320_23115680.jpg

1日目の収容室に入れられました。
ブリーダー放棄犬は過去にワクチンを接種している可能性が高いので、多くの子が検疫に掛けられる事になると思います。

頑張って検疫を乗り越えて幸せになって欲しい・・・と思う反面、この子たちが検疫に掛けれる事によって生き延びる最後のチャンスを失う子たちがいるのも事実です。


収容頭数を減らす事が1番の課題であると改めて実感した1日でした。
by centre_report | 2008-03-15 23:21 | 愛護センターレポート

負傷犬の引き取り(2008年3月5日)


5日(木)夕方、センターから引き出し依頼のあった負傷犬の引き取りに君津市の動物病院まで行ってきました。



交通事故などで怪我をした状態で愛護センターや各保健所などに収容された場合、緊急に処置が必要な場合に限り、県獣医師会の協力の元、協力動物病院にて治療を行い、応急処置後に各収容施設に運ばれます。


今回相談のあった犬も交通事故にあったのでしょう。
瀕死の重傷を被い通報のあった市役所の指導で動物病院に運ばれました。


f0078320_0241381.jpg

お世話になった動物病院にて



事故にあってから保護され病院に運ばれるまでの間、2~3日は経っていたそうで残念ながら右後肢と尻尾、それに右前肢の指を1本と右耳の先を失いました。
それでも治療にあたってくださった獣医師や病院スタッフの手厚い看護のお陰で目覚しい回復を遂げました。


日に日に回復していく姿は通常でしたら喜ばしい事ですが、負傷犬として治療を受けた場合は素直には喜べません。
回復して退院が決まれば、既に治療入院期間で保護日から既定の収容日数(迷い犬としての公示期間)を過ぎているので、飼い主が名乗り出ていないこの子は処分される為に退院する事になるのです。


動物を助けるために治療する獣医師にとっても処分が決まっている動物を治療にあたる事は何ともやりきれない事でしょう。

そんなお気持ちからか、治療にあたってくださった獣医師さんから、せっかく助かった命なんだから何とか処分を免れたい。引き取り先はないだろうか・・・。
との相談が愛護センターに入り、今回の引き出しとなりました。


通常の手順でしたら退院後一度愛護センターへ収容され、そこから検疫期間を経ての引き出しになるのですが、そちらも獣医師さんにご協力いただき入院中に検疫に必要なワクチンなども接種していただき、直接動物病院に迎えに行くことが出来ました。



f0078320_0462585.jpg

運搬の車内で。



保護された際には首輪がついていたそうです。
とても人慣れした子で、お迎えに行った時も笑顔で出迎えてくれました。
でも人に飼われいたであろうその身体はガリガリに痩せていていました。

迷子になったのか、捨てられてしまったのか、長い間放浪していたのかもしれません。
そして事故にあってしまったのでしょうか・・・。


そんな辛い目にあっても人間が大好きな優しい子です。
一見怖そうな見た目ですが、甘えん坊の可愛らしい性格の持ち主!
治療して下さった獣医さんもこの子が運び込まれたときにその見た目から「うわー、大丈夫かな。すんなり治療させてくれるかな。と不安になったんだけど本当にいい子なんだよ」と笑いながら話して下さいました。


何とか目の前の小さな命を助けようと頑張ってくださった人たち。
その一方で様々な理由で愛護センターへ収容される犬猫を生み出す人たち。
違いは何なのでしょう?





f0078320_174133.jpg

預かり先へ移動するまでの間のショートステー先で。


障害の度合いもまだ分らない最初の打診の段階で、預かりを快く引き受けて下さり、到着を心待ちにして下さる預かりさん。

お届けの都合で病院から直接お届け出来なかったのですが快くショートステーを申し出て下さるボランティアさん。

その他にも表立った活動ではありませんが、里親さん探しに重要な問い合わせ一般や各種相談を対応する人や沢山の情報を処理するHPの管理をする人、少しでも多くの人の目に留まるようにと掲示板への投稿作業をする人。
里親会の企画運営や保護犬猫たちの為の医療費などを確保するためにフリマの開催やオリジナルカレンダーの企画や制作をする人。

すべては書ききれませんが1頭の犬の保護の裏側には沢山の人の協力があります。



f0078320_1442689.jpg


みんなの思いは一緒。ただこの子たちの笑顔が見たい。同じ命だから。それだけなんです。



*******************************************




引き続き千葉わんでは千葉県動物愛護センターにて収容動物のために使用する、中古毛布類を募集しております。

詳しくはこちらをご覧ください。 ★☆中古毛布類ご寄付のお願い☆★
by centre_report | 2008-03-10 01:48 | 愛護センターレポート