ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

愛護センターレポ(2008年2月14日)


14日(木)の午後、検疫の明けた子の引き取り・新たに検疫を掛けるためにセンターを訪問しました。



1日目の収容犬舎にはこの後検疫予定の1頭だけでした。



2日目の収容犬舎

f0078320_0494331.jpg
f0078320_0502524.jpg


赤い綺麗な革の首輪にリードのカンの部分だけがぶら下がっているのが分かりますか?
リードが切れてしまったのか、繋留のチェーンが切れてしまったのか・・・。
とても人懐く性格の良さそうな子です。きっと可愛がられていたはず!!
飼い主さん、早く迎えに来て下さい!!



3日目の収容犬舎

f0078320_0544692.jpg


落ち着いて穏やかな子たちばかり。



4日目の収容犬舎

f0078320_0563788.jpg


3日目の犬舎につづき、こちらにもセターがいます。
センターに来る度に収容されているセターを見ています。


f0078320_0582917.jpg


コンクリートの冷たさを避ける唯一の場所に固まる子犬たち。


f0078320_104832.jpg


2つ上の写真の中央あたりに酷い下痢便が写っているのが分るでしょうか。この子のものです。
写真では伝わりづらいかもしれませんが、ガリガリに痩せていて息も絶え絶えに何度も何度も吐いていました。
感染症を発症してしまったのでしょう。
何もしてあげられず、ただカメラに収めました。



最終日の収容犬舎

f0078320_15334.jpg


いつ訪れても沢山の子たちがいます。


f0078320_154182.jpg


太めの成犬。若くはなさそうなこの子が人に飼われていた事は間違いのない事実です。
なぜこんな所に来なければいけないのでしょうか?


f0078320_174072.jpg


最高の笑顔を見せてくれた子。
もうこの笑顔には会えません。




検疫部屋には沢山の子犬たちがいました。


f0078320_1115186.jpg


f0078320_1125315.jpg


f0078320_1131621.jpg

まだ幼そうな子たち。濡れた身体は寒いよね。用意してもらった保温マットに集まっています。

f0078320_1142159.jpg

元気なきょうだい犬たち。無事に検疫も開けて近日中に譲渡用の子犬舎へ移動出来そうだとのことです。

f0078320_1152322.jpg

前回のレポートで紹介した子犬たち。まだ下痢がありますが元気はいっぱい。
もうひと頑張りです!!


そして厳しい現実も・・・。

f0078320_1165712.jpg

ふわふわの可愛い子。酷い下痢と嘔吐で涎が止まりません。
免疫力を高める薬を投与してもらっていますが、感染症の根本的な治療法はありません。
この後、目の前で真っ赤な血便までしてしまいました。
あとはこの子の体力次第。頑張って欲しいです。


f0078320_121524.jpg

まるで子猫のような声で鳴いていた乳飲み子たち。
まだ目も開いていないこの子たちを助ける術はありません。
なぜ生まれたばかりの子がこんな運命を辿らないといけないのでしょうか?


見学中に捕獲車が戻ってきて1日目の収容犬舎にも犬たちが入れられました。

f0078320_1251037.jpg

※うち1頭は検疫予定で場所が無い為に元々この犬舎に入れてありました。

f0078320_1272749.jpg

4匹の成犬が捕獲されて収容されました。
白い子のおっぱいが大きいのが分かりますか?
赤ちゃん犬3匹と一緒に収容されましたが、一緒の部屋で過ごす事は出来ません。

f0078320_1292494.jpg

お母さん犬と離された赤ちゃん犬たち。
何とか生き延びて欲しいです。


 
この日の見学は、いつにも増して辛いものでした。

可愛い盛りの子犬たちが感染症に苦しみ、目も開かない赤ちゃん犬が必死に母犬を求め泣き叫び、赤ちゃん犬と一緒に捕獲され母犬だけ収容犬舎に入れら必死に抵抗する姿。
これらを全部目の前で見てきました。
検疫部屋だけで30匹以上の子犬たちがいました。
検疫部屋にいるからと言ってすべての子が助かる訳ではありません。

でもこの場所では珍しい事では無いのです。
本当に不妊・去勢手術さえきちんとしてさえいれば・・・と思わずにはいられません。

愛護センターの現状も知っていて保護活動に理解のある方でも、ご自身の愛犬・猫に手術をする事を躊躇される方もまだまだ多いのが現状です。

きちんと管理していれば大丈夫ですか?
センターには首輪をした子たちも沢山収容されています。

どうか改めて不妊・去勢手術について考えてみてください。
きちんと管理されて可愛がられている犬猫たちが不妊・去勢手術をした所で直ぐにセンターに収容される子犬が減る訳ではありません。

でも一人一人が意識を持って行動する。それしかないのです。
一つ一つは小さな事でも、犬猫を飼っている多くの人が不妊・去勢手術を当たり前にするようになれば、それが常識になります。
動物病院でももっと積極的に手術を勧めるようになるでしょう。

繰り返しますが、どうか不妊・去勢手術についてもう1度考えてみてください。



辛い見学でしたが嬉しい事もありました。

前回ご紹介した怯えるように写っていた子犬ちゃん。

f0078320_151740.jpg

実は軽度の感染症を発症して具合が悪かったのですが、すっかり元気になっていました!
検疫部屋にリードで繋がれていましたが元気すぎて直ぐに絡まってしまうために、撮影の際にリードを外してもらって大喜び。
写真ではオドオドしているように見えますが、人懐っこく飛びついて挨拶してくれました!!
引き出し予定も決まってるそうです。よく頑張ったね♪


前回4日目の収容部屋にいた成犬

f0078320_1581718.jpg

職員さんが性格が良さそうなので検疫に掛けたいが場所が空いていないと言っていたのですが、検疫に掛けてもらっていました!!
見違える程明るい表情になっていました。



そしてこの日はセンターで譲渡会がありました。
4人の方がいらっしゃり4頭の子犬が貰われていったそうです。
収容数からするとまだまだ少ないですが、平日に行われている事を考えるといい結果と言えると思います。

 
譲渡用子犬舎の子たち。

f0078320_222115.jpg


f0078320_224144.jpg

今回は声が掛りませんでしたが、みんな元気で可愛い子たちです。


譲渡用の子犬舎が早く空かないと検疫場所から移せなくなってしまうので、今回も千葉わんで2匹の子犬を引き取りました。

f0078320_253537.jpg

白茶の子は感染症できょうだいたちを亡くしましたが唯一生き残った子。
2匹一緒に預かり先に移動しましたので近日中に募集が開始されると思います。
どちらもとっても可愛い子です!!


この他成犬を3匹、合計5頭を引き出しました。
健康診断終了後順次募集開始されますので、応援よろしくお願いしますm(__)m
by centre_report | 2008-02-16 02:14 | 愛護センターレポート

愛護センターレポ(2008年1月31日)



午前中、早い時間に到着した愛護センター。
この日は検疫をお願いしていた子たちの引き取りと、新たに検疫を掛けるために伺いました。


まずは収容棟に入る前にある一部屋に猫たちが隔離されていました。


f0078320_13122574.jpg

とてもおしゃべりで可愛く人懐こい子猫たち。



f0078320_13132483.jpg

負傷動物として収容された成猫さん。
後足を1本失ってしまいましたがキチンとケアしてもらって・・・引き取り先も決まったそうです。
大けがをしたのに、それでも人間が大好きな甘えん坊さん。
いつまでも元気で幸せにね!


この猫たちがいるのは手術室。
検疫部屋が足りずにあらゆる場所を使って何とか生かす道を考えてくださっています。




1日目の収容犬舎にはまだ犬たちは入っていませんでした。



2日目の収容犬舎

f0078320_1316211.jpg

聡明そうな目をした子です。
この子もまた首輪をしています。



f0078320_131886.jpg

3匹で不安そうに固まる子たち。
濡れた身体は冷えきってしまうことでしょう。






3日目の収容犬舎



f0078320_13193330.jpg

元気な黒ラブ。何度も飛び出しそうになりました。



f0078320_13205595.jpg

フードの上に縮こまる子。
日の当たらないコンクリートの上は寒いよね。






4日目の収容犬舎



f0078320_13224932.jpg

ここから出してよ!と吠える子。
切れた紐が首輪からさがっています。



f0078320_13235080.jpg

大人しく丸まっているだけの子。



f0078320_13245917.jpg

気配を殺し固まっているだけの子。






5日目(最終)犬舎



f0078320_1326342.jpg

今日もまた沢山の、そして何の落ち度もない子たちが収容されていました。



f0078320_13272776.jpg

わずかに注ぐ日の光に集まっています。



写真に写っているこの中からも運良く検疫にかけられた子もいますが、少なくとも最終日のほとんどの子が既にこの世にはいません。

あのわずかな日の光が最後の暖かさだったのでしょう。




最終犬舎の動画です。



吠えている子。震えている子。固まっている子。
みんな生きています。
処分されていい正当な理由とはなんでしょうか?





検疫中の子たち。

既に引き取り先が決まっている子、まだ決まっていない子、様々です。



f0078320_1340320.jpg

我先にと私たちに駆け寄ってくれた可愛い子たち。

f0078320_13502981.jpg

不安で寂しいよね。もう少しの我慢だよ。

f0078320_13394215.jpg

写真の小さい子のきょうだいたちは感染症で亡くなってしまいました。
何とか生き残った子たち。このまま順調に検疫が明けますように。



実はこの日に引き出す予定だった子犬たちも検疫中に感染症で亡くなってしまいました。

何とか生きる道を見つけようと職員の皆さんも一生懸命対応してくださっていますが、元々が処分の為に作られた施設。検疫のスペースが足りません。

検疫のスペースが足りないだけで引き出しのチャンスを逃してしまうのです。
だからこそ、検疫に掛ける子は慎重に選んで検疫が明けたらすぐに引き取りに行かなくてはなりません。

平等な命ですが感染症リスクの少ない子たちを優先して、職員さんが勧めてくださった子を引き出すようにしています。
それでも助けられない命がある、とても厳しい現状です。




f0078320_13531468.jpg

MIXとの事ですが、人の手が加わっているのは明らかな子です。


そしてまた純血種がまとめて捨てられていたり、沢山の子が収容されていました。


f0078320_13541779.jpg


f0078320_13554777.jpg


f0078320_1357764.jpg



純血種が比較的多く検疫に掛けられていますが、限られた検疫スペースですから少しでも感染症のリスクを少なくするため、過去にワクチンを接種した可能性が高い子から優先しているそうです。





今回千葉わんでは5頭を引き出しました。


f0078320_1444795.jpg

車に乗せられた3頭。(2頭は車内中央に)
預かり先への移動中もみんなとても静かで、乗せているのを忘れてしまうほどでした。


既に募集を開始している子もいますが、とても臆病な子、高齢でケアが必要な子もいます。
預かり家庭で色んな経験を積み、必要なケアをしながら本当の家族を探します。

どうぞこの子たちも暖かく見守ってあげて下さい。
by centre_report | 2008-02-04 14:10 | 愛護センターレポート