ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:愛護センターレポート( 1792 )

7/18引き出し編 レポート紹介 全 53頭

ひなのんさんのレポートです。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)




7/18 5頭の犬を引き出しました。
f0078320_18493844.jpg


f0078320_18500145.jpg
f0078320_18494475.jpg
f0078320_18495577.jpg
f0078320_18494944.jpg




ご提供いただいた古新聞紙をお届けしました。

いぬ親会にお持ちくださった方
郵送くださった方
集めてくださったご近所の方

ご協力ありがとうございました!
f0078320_18503527.jpg


~お知らせ~

ちばわんでは、本当の家族を待つ犬達や猫達と
新たに犬や猫を家族の一員として迎えたいご家族との
出会いの場である「いぬ親会、ねこ親会」を開催しています。



「イベント情報」詳しくはコチラ。


f0078320_15184213.jpg


↓毎月第3日曜日
f0078320_00113899.jpg




当レポートをご覧になってのお問い合わせは、まずちばわんにお願いします。

問合せ先 korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)
(※上記アドレスへのいぬ親会に関するお問い合わせはご遠慮ください。
必ず詳細ページにてご確認をお願い致します。)

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。

★新規の預かりボランティアご希望下さる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

※大変申し訳ありませんが
小型犬のみの新規預かり希望は受け付けておりません。

お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
(審査の上、判断させていただきます。)



by centre_report | 2017-07-21 22:10 | 愛護センターレポート

7/18センターレポート 別室     2頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、センターにて譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。
お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)


※別室は先週レポートより転載しています。


☆よもぎちゃん

※2/28よりレポートに登場 (2/17収容)
▽白茶 メス(不妊手術済)3歳ぐらい 12-3キロ

クレートに戻る前に、排泄と気分転換のため
外の木陰に係留されていたよもぎちゃんです。
人の気配を察すると尻尾ブンブンで歓迎してくれていました。

人馴れしていますが、信頼関係ができるまでは
人のちょっとした動きを怖がることがあります。
静かにストレスを溜めるタイプではなく
怖いことがあると少しオーバー気味に悲鳴を上げるので
わかり易いタイプだと思います。
f0078320_21162645.jpg
f0078320_21163399.jpg

f0078320_21165278.jpg

f0078320_21164526.jpg
お世話をしてくださっている職員さんには
私たちに見せるのとはまた違う
甘えっ子な表情をみせるよもぎちゃんです。




※先週レポートより転載します。↓↓↓

☆キララ

※2/21よりレポートに登場 (2/16引き取り)
▽茶白 1歳ぐらい メス(不妊手術済) 13、15キロ

少し臆病で慎重な女の子です。
クレートに入っていたので誘導して出そうとしたのですが
最初は少し抵抗していました。
それでも外に出てきてもらうと暴れるようなことはなく、
緊張はしていたのだと思いますが、おとなしくしていました。
メンバーがたくさんこの部屋にいたので
尚更緊張してしまったのかもしれません。

連続して撮影した写真を見ていたら、キララちゃんの表情が
「大丈夫かしら、この人たち・・・」と言っているかのように
体勢は変えずに目だけを動かしている様子がよくわかりました。
キララちゃんなりに一生懸命考えているんだなぁと思い、
白目が出てしまうほどの上目使いもかわいく思えました。
f0078320_13403487.jpg

f0078320_13413588.jpg

f0078320_13410509.jpg

f0078320_13420548.jpg

体や頭を撫でられてもおとなしくしていました。
まだ緊張感はあるものの、それほど人は怖くないかもと
思い始めているような感じを受けます。
焦らずゆっくりとキララちゃんのペースに合わせて
接してあげれば、心を開いてくれると思います。
毎日お世話してくださっているセンターの皆さんには
心を開いてきているそうです。
キララちゃんにも暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_13565668.jpg

f0078320_13572873.jpg

f0078320_13575873.jpg

f0078320_13582862.jpg








by centre_report | 2017-07-21 19:14 | 愛護センターレポート

7/18センターレポート D部屋    4頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、動物愛護センターにて、譲渡先・預かり先を
探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)


※D部屋は先週レポートより転載しています。



※6/13よりレポートに登場 (6/1収容)
▽茶 メス 4-5歳 12-13キロ 

先週までは収容室①にいました。
収容室のケージの中にいた時と同じように
気配を消そうとして必死に壁に鼻を押し付けて
息も出来ないのではないかというくらいの姿で
固まっていました。
鼻からの息が壁に押し付けていることでシューシュー
音が部屋の中で響いていました。
緊張しているからだとは思いますが、
どこを触っても全く反応することはありません。
お顔の写真を撮ろうとして頭をぐいっと持ち上げても
力は入っているものの、お口が出るようなことも
全くありません。
f0078320_16353407.jpg
f0078320_16354607.jpg
f0078320_16360469.jpg
f0078320_16371444.jpg
抱っこをしても最初こそ暴れるものの、
抱き上げてしまえばおとなしくなります。
人が怖いと思っていても、とにかくじっとしてやりすごす
ことができる子です。
収容室にいた時に撮影した写真では、とても大きなお乳で
何度も出産した経験がある子です。
赤ちゃんを守るために、きっと大変な思いもしてきたこと
でしょう。
赤ちゃんは今頃どうしているのだろう、と心配になりますが、
今は目の前にいるこの子に
人の優しさ、暖かさを教えてあげることしかありません。
f0078320_16463450.jpg
f0078320_16464387.jpg
f0078320_16470064.jpg
f0078320_16475825.jpg
↑↑先週レポートより




※4/18よりレポートに登場 (他抑留所より移送)
▽白茶 メス 6歳ぐらい 12キロぐらい(太りぎみ)


先週訪問した際にもかなり冬毛が飛び出していたので
かなりの量を取ってあげたのですが、
この日この子に会ってみたら、先週以上に毛が浮き出ていて
もっとボサボサな状態になっていました。
この日はこの子の毛を取ってあげることが出来ませんでした。
暑さが厳しくなってきたので、この状態ではきっと暑い
ことと思います。
部屋の窓は全開にしてくださっていますが、
通路側はドアがあるので風が思うように通りません。
これからの季節、本当に犬にとっては厳しい日々が
やってきます。
f0078320_17024276.jpg
f0078320_17021862.jpg
f0078320_16595130.jpg
f0078320_17030685.jpg
この日は少し警戒していたのか、
おやつをあげようとすると寄っては来るものの、
おやつだけをくわえて遠ざかっていってしまいました。
それでもこの部屋で手から直接おやつが食べられるのは
この子だけなので、周りの子たちにも良い影響を
もたらしてくれることを願っています。
食いしん坊なので、おやつを使ってもっと警戒心を
緩めてあげられたらと思っています。
f0078320_17145859.jpg
f0078320_17151040.jpg
f0078320_17151873.jpg
f0078320_17153045.jpg



※3/28よりレポートに登場 (3/16他抑留所より移送)
▽茶白 メス(不妊手術済) 3歳ぐらい 17-8キロ 20キロぐらい


急激に太ってきたということはありませんが、
毎週来る度に少しずつふっくらとしていることはとても気になります。
この部屋では、フードは大きな容器の中に入れてあり
自由に好きなだけ食べることができるため、
この子だけ食事をコントロールするということはできません。
ただ、この子もこの暑さは体に堪えていると思います。
息遣いも早く、もしフィラリア陽性であれば
そちらもとても心配です。
f0078320_17252085.jpg
f0078320_17255043.jpg
f0078320_17262032.jpg
f0078320_17265081.jpg
とても特徴的な綺麗な巻き毛が印象的で
体だけでなく、尻尾まで綺麗な巻き毛になっていて
大変目を惹く子です。
おやつは離れたところであれば、私たちが見ている目の前でも
食べることができます。
離れたところから手を伸ばして顔を背けた状態で見せると
興味があるのでクンクンと少し匂いを嗅ぐ様子は見せますが
まだ直接手から受け取って食べる勇気が出ないようです。
それでも以前に比べれば匂いを嗅ぐような仕草もするように
なりましたので、焦らずゆっくりと接してあげたいと思います。
f0078320_17340422.jpg
f0078320_17343461.jpg
f0078320_17350460.jpg
f0078320_17353437.jpg




※3/14よりレポートに登場(3/9他抑留所より移送)
▽茶白 メス 3ー4歳 12-13キロ


この日も部屋の一番奥の隅でじっとしていました。
この子は部屋に入っても全く動くこともなく
いつもじっとしたままですが、
体格にも変化は見られませんので、
普段はきちんと食事も摂れているのだと思います。
近づいていっても逃げることもなく、
体を触っても抵抗することもなくじっと受け入れてくれます。
いつも思うことですが、とても表情が乏しい子です。
何か諦めきったような表情を見ると
なんとかこの子にも人と一緒に過ごすことの楽しさを
教えてあげたいと思わずにはいられません。
f0078320_18115677.jpg
f0078320_18112555.jpg
f0078320_18122646.jpg
f0078320_18125637.jpg
おそらく元々とても穏やかな子なのだと思います。
大人だけの落ち着いたご家庭で一緒に暮らしていけたら
この子も穏やかに過ごせるのではないかと思います。
それでも今回の撮影した写真を見ると、
いままでは伏目がちだったのが、少し顔があがって
視線が少しあがったように感じました。
ほんの少しの変化かもしれませんが、
この子もほんの少しずつでも殻を破っていってくれたらと
願っています。
f0078320_18205863.jpg
f0078320_18210763.jpg
f0078320_18211457.jpg
f0078320_18213059.jpg



レポートは続きます。



by centre_report | 2017-07-21 19:13 | 愛護センターレポート

7/18センターレポート 4日目部屋  5頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


※4日目部屋は先週レポートより転載しています。

引き続き、動物愛護センターで譲渡先・預かり先を
募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)





※28/2/16よりレポートに登場 (28.2/2収容)
▼薄茶白 オス 4-5歳? 11キロぐらい


撮影者が一人だけで入ると、いつもよりも警戒心が薄くなり
そばに行っても逃げることもせずにその場に座って
大人しく撫でさせてくれました。
警戒心が薄れるだけでなく、おやつを期待するように舌をぺろぺろさせて
手元からおやつが出てくるのを待っているようで
差し出すと、手からは食べなかったものの
人がいる前でも置いたおやつはちゃんと食べていました。

リラックスしている様子が見られてとても嬉しかったです。

ゆっくりと撫でている時に、唸ったり鼻にシワを寄せたりなどの
行為は見受けられません。
基本は穏やかなタイプの子だと思います。

人への興味はある子ですから
家庭に入れば少しずつでも人との生活のひとつひとつを
好奇心の中で学び、変わっていくことができると思います。
f0078320_19050052.jpg
f0078320_19051344.jpg
f0078320_19052348.jpg
f0078320_19054339.jpg
f0078320_19055459.jpg
f0078320_19060523.jpg
f0078320_19061546.jpg




※28/8/2よりレポートに登場(28.7/28他抑留所より移送)
▼黒茶 オス 2-3歳? 10キロ前後

この子も人が近づいても積極的に逃げようとはしません。
いつも同郷と思われる黒くんにくっ付くように座っています。
ゆっくりであれば頭も撫でさせてくれて
人への警戒心は薄めです。
撫でられる以上のコミニュケーションはあまりとったことがなく
未知なことにはまだびびってしまうこともありますが
経験を積むことで少しずつ慣れてくれそうな子です。

人の手からもおやつを食べますし
知らん顔していると、この子の方から匂いを嗅ぎに来ます。
この部屋の中では、人に対して一番警戒心が少ない子だと思います。
f0078320_19073433.jpg
f0078320_19074157.jpg
f0078320_19075237.jpg
f0078320_19080077.jpg
f0078320_19080941.jpg
f0078320_19081905.jpg
f0078320_19083254.jpg




※5/30よりレポートに登場(5/25他抑留所より移送)
▽茶黒 オス 1歳ぐらい 11-12キロ

先週は興味深げにすぐ傍までこの子の方から近づいてきましたが
この日は外(廊下)に何か気になることがあったようで
しきりにそちらを見てウロウロし、落ち着かない様子でした。

いつも廊下からそっとこの部屋を覗き込むと
皆はスノコの上に固まって座っていますが
この子は皆から離れたところにひとりで丸まっています。

人が部屋に入ると、他の皆のところに駆け寄って行くので
頼りにはしているようですが
自分から積極的に群れに溶け込もうとはしていないようです。

捕獲される前に行動を共にしていた老犬のベレンくんは
一足先に幸せを掴みました。

この子も家庭犬として再出発できる日が一日も早くやってきますように。
f0078320_19094443.jpg
f0078320_19095264.jpg
f0078320_19100215.jpg
f0078320_19101109.jpg
f0078320_19102111.jpg
f0078320_19102944.jpg
f0078320_19103864.jpg




※28/8/2よりレポートに登場 (7/28他抑留所より移送)
▼黒 オス 4-5歳 12-3キロ


黒い子なので、写真では表情があまりはっきりしませんが
目がクリッとしていて、マズルは短めで
実は少しベビーフェイスです。

多頭でほぼ野良に近い生活をしてきた子ではありますが
人から餌をもらっていた経緯がありますので
人を見てもパニックになって歩き回る
なんてことはありません。

野良時代に行動を共にしていたであろう子たちは
一部を除き、新しい生活環境でゆっくりと慣れてきて
家庭犬として人との生活に馴染んできています。

先月まで同室だった茶白くんも、迎え入れてくれたご家族の愛情に
少しずつ答えるようになってきたようです。

家庭で人との生活の中に入ることができれば
歩みはゆっくりかもしれませんが
必ず変化は出てくると思います。
f0078320_19210535.jpg
f0078320_19212432.jpg
f0078320_19215442.jpg
f0078320_19222459.jpg
f0078320_19241417.png
↑↑先週レポートより




※28/8/23よりレポートに登場 (8/8収容)
▽茶 オス 2歳ぐらい 13キロぐらい


この子もしきりに外(廊下)を気にしていて
落ち着かない様子でした。
丁度新たな収容犬たちが運ばれてきた後だったので
それが気になっていたのかもしれません。

この子も野良に近い生活を送っていたと思われ
そのあたりで同室の犬たちと気が合ったのか
群れにすんなり馴染みました。

この子が棲んでいた地域は、同じような
気が弱めで穏やかな野良っぽい子が時折捕獲されます。

同郷と思われる野良ちゃん達の中で
家庭に入ることができた子たちは
人との生活に慣れ、家庭犬として過ごすことができています。

攻撃性はなく、いたって穏やか
気が弱めで、人よりも犬を頼りにしますので
同居犬がいる環境の方がこの子には向いていると思います。
f0078320_19260086.jpg
f0078320_19261853.jpg
f0078320_19264031.jpg
f0078320_19270400.jpg
f0078320_19260717.jpg
f0078320_19263161.jpg
f0078320_19265610.jpg



レポートは続きます。



by centre_report | 2017-07-21 19:12 | 愛護センターレポート

7/18センターレポートB部屋2頭・C部屋1頭

ひなのんさん&ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。



引き続き、センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)


※B部屋2頭・C部屋1頭は先週レポートより転載しています。



B部屋 2頭


※4/11よりレポートに登場 (3/30収容)
▽薄茶白 長毛 メス 7-8歳 10-11キロ


外に出すと落ち着きがありますが
出してもらえるまで吠えてアピールしていました。

目が少し見え辛いのか、人の顔をじーっとよく見つめますので
カメラ目線はいつもバッチリです。

人に構ってらったり、話しかけてもらうことなど
とても好きな様子ですが
ややマイペースなところもあり
無理に体を動かそうとすると
甘噛みして嫌だと意思表示することもあります。

ケージの中でジッとしているのは好きではないようで
おそらく室内フリーの環境であれば
人にべったりすることはなく
好き勝手にマイペースに楽しむタイプだと思います。
f0078320_00115324.jpg

f0078320_00115882.jpg

f0078320_00120465.jpg

f0078320_00123681.jpg







☆おもち

※2016/10/4よりレポートに登場 (6/24引き取り)
▽柴 茶白 メス 5歳 15-6キロ(適正10キロくらい)

この日の撮影の順番がおもちで最後でした。
本当に暑くて自分たちがバテてしまったので、おもちをケージから出したまま(施錠しています)
皆で座って少し雑談しながら休憩していたのですが
おもちも話に加わるかのように
人のそばで静かに話しを聞いていました。

「おもち~」と話しかけると
嬉しそうに立ち上がって顔を近づけて
「撫でて」アピールをしていました。


f0078320_00142313.jpg


レポートに初めて登場した時は
今よりも我が強かったのは確かです。
f0078320_22353593.jpg


現在は色んな人と交流ができて
本当に良い意味でおもちは変わりました。

人をきちんと尊重するようになったことが
一番の変化だと思います。
f0078320_00142931.jpg

f0078320_00143379.jpg

f0078320_00144264.jpg

f0078320_00144732.jpg



ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。



引き続きも、センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)






C部屋 1頭







ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。




※1/24よりレポートに登場(1/19他抑留所より移送)
▽コッカースパニエル オス 7-8歳 13キロ程度

今回もドッグランに出して撮影を行いました。
前回はリードをつけて歩かせてみたところ、
とても上手に歩けることがわかりましたので、
ドッグランですのでリードを外して自由にしてみました。


自分で走り回るということはないのですが、
呼ぶと寄って来たり、この子から離れて歩いていくと
後をついて歩く姿を見ることができました。
やはりとても甘えん坊で、人をとても頼りにしているのが
よくわかります。
ドッグランの外に人が来ると嬉しそうに駆け寄り、
短いしっぽをブンブンと振って喜んでいました。
f0078320_13260058.jpg
f0078320_13254071.jpg
f0078320_13262069.jpg
f0078320_13351478.jpg
お利口にお座りもできますし、間違いなく人に飼われていた子です。
アカラスのような皮膚の状態は相変わらずで
センターでもケアしてくださっていますが、
やはり家庭に入って個別にケアが必要な子です。
この暑さからか、いつも以上に痒がっており
ひっくり返ってはお腹や足を掻いていました。
f0078320_13290264.jpg
f0078320_13292958.jpg
f0078320_13291789.jpg
f0078320_13294367.jpg
人を信じて疑わないこの子の瞳に
この子を手放してしまった人物と同じ人間として
申し訳ない気持ちに苛まれます。
体は大きいのに収容されて以来、ガリガリの体はそのままです。
食べても太れないようです。
たまに下痢したりすることもあるようですが、
今回はドッグランでいいうんちをしていました。
シャンプーして綺麗にしてあげたら、
きっと見違えるほどかわいい子に変身すると思います。
皮膚病のケアなど大変なこともあるかもしれませんが、
人を信じてやまないこの子にも暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_13343025.jpg
f0078320_13343025.jpg
f0078320_13345740.jpg
f0078320_13353437.jpg


レポートは続きます。



by centre_report | 2017-07-21 19:09 | 愛護センターレポート

7/18センターレポート E部屋    6頭

姫菜ママさんのレポートです。
加筆・修正しています。



引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)



<E-1>

※5/23よりレポートに登場(2/10収容)
▽薄茶白 テリア系 オス 10歳もしくはそれ以上 11-2キロ

人が大好きでケージから出してくれるのを待っています。
出してもらうと嬉しくてジッとしていられません。大興奮で大喜びです。
そのはしゃぎっぷりは10歳以上とは思えません。

オヤツを喜んで食べますが、少し見えにくいようで探しているようでした。
左目が小さく、歯も少しズレているようですが、生活には問題なさそうです。
抱っこをされている時のチンマリしたお顔が魅力的です。

元気一杯とは言っても老犬です。柔らかいお布団で体が痛くならない場所で
ゆっくり寝かせてあげたいと願っています。

f0078320_14460249.jpg
f0078320_14461916.jpg
f0078320_14463655.jpg
f0078320_14465382.jpg
f0078320_14471515.jpg
f0078320_14473365.jpg
f0078320_15094809.jpg



<E-2>

☆あぐちゃん

※10/4よりレポートに登場(2016/6/13他抑留所からの移送)
▽薄茶足先白 メス 4-5歳  7-8キロ 9-10キロ?

人が好きで順番が待ちきれない様子でした。
ケージから出ると目が輝きます。
オヤツをもらえることは知っていますので
誰が持っているか誰からもらえるか
皆の顔を順番に見つめてオヤツ探しをしていました。
食いしん坊です。
抱っこも慣れていますので人との生活には問題ないと思います。

他犬に対しては厳しく相性が難しいようです。
やはり1頭飼いで、愛情を独占できる環境が良いと思います。
この子にも素敵な家族が早く出来るように願っています

f0078320_14493332.jpg
f0078320_14495449.jpg
f0078320_14501965.jpg
f0078320_14503784.jpg
f0078320_14510262.jpg


<E-3>

※5/2よりレポートに登場(4/20他抑留所より移送)
▽薄茶黒 オス 7-8歳 10キロ未満

この子も人が大好きです。体全部使って喜んでくれます。
一応お座りも出来るようですが、何しろジッとしていられません。

家庭で家族に囲まれて愛情をたっぷり注がれていれば
もう少し落ち着いていられると思います。
人が大好きな子です、ここでの生活では寂しいのだと思います。

暑くて湿度が高いせいでしょうか、体を搔いていました。
爪が長くなっているので、皮膚に傷がつきそうで心配です。
抱き上げると 皮膚病独特の臭いを感じました。

f0078320_14525687.jpg
f0078320_14531481.jpg
f0078320_14533340.jpg

f0078320_14535048.jpg

f0078320_14541133.jpg

f0078320_14543020.jpg


<E-4>

※5/23よりレポート登場(3/31収容)
▽白黒ブチ メス 10歳もしくはそれ以上 13-4キロ

この子も老犬で日によって体調が違うということでしたが
この日は調子が良かったようです。
ケージからスタスタ出て来ていました。
オヤツは喜んで食べていましたが、暑い夏で食欲が落ちないか心配です。

できることなら毎日適度に運動のためにお散歩に出て
鍛えた方が良いと思います。
犬も足腰から弱って来ますので、歩かないといけません。
この子の体調を見ながらシニアライフを一緒に歩んでくれるご家族に
早く巡り会えることを望んでいます。

f0078320_14582335.jpg

f0078320_14584387.jpg

f0078320_14590156.jpg

f0078320_14592038.jpg

f0078320_14593724.jpg


<E-5>

※7/4よりレポートに登場(6/21収容)
▽茶・白 メス 9-10歳 12-13キロ

穏やかで落ち着きのあるシニア犬です。
ケージからゆったりと出て来て静かにお座りをしてこちらを見ていました。

体を撫でてあげると気持ちよさそうに目を細めます。
抱っこのされ方も慣れた感じで可愛い表情をしていました。

子犬にはないオトナの魅力を持っている子です。
この子となら1日がゆったりと過ごせそうな気がします。
夏バテする前に家族の一員として迎えてくれるご家族が現れますように願います。

f0078320_15014156.jpg

f0078320_15020673.jpg

f0078320_15022270.jpg

f0078320_15024843.jpg

f0078320_15010542.jpg

f0078320_15012395.jpg

犬歯が折れていました



<E-6>

※2/14よりレポートに登場(2/2他抑留所より移送)
▽白薄茶・左目茶のブチ メス 3歳ぐらい 16-17キロ

この子もシニア?と思うほど ゆったりと落ち着いた子です。
人は好きで抱っこも好きみたいです。大人しく抱かれていました。

この日は他の犬に吠えられても 知らん顔で気にしていませんでした。
先週レポートには、「他の犬に対しては、厳しい面はやはりあります。
相手が大人しくてもこの子の方から向かって行く時もありますので
人がシッカリ間に入りリードする必要があります」と書いてありますので
注意して見ていく必要はあると思います。

ケージに戻そうとした時は戻りたくないと踏ん張っていました。
直ぐに諦めてケージに戻りましたが、もっと構ってあげたいと思いました。

f0078320_15044687.jpg

f0078320_15051095.jpg

f0078320_15053069.jpg

f0078320_15055066.jpg

f0078320_15061085.jpg

f0078320_15063270.jpg

レポートは続きます







by centre_report | 2017-07-20 15:10 | 愛護センターレポート

7/18センターレポート A部屋    6頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。



引き続き、センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。
お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)





No.Ⅰ

※7/18レポート初登場 (6/27収容)
▽薄茶 秋田犬 メス 4-6歳 20キロ程度

純粋な秋田犬だと思いますが、体格は小ぶりな方で
お顔も良く知る秋田犬の古風な感じではなく
“今どき”な可愛らしいお顔をしています。

人のそばで暮らしていたことが良く分かるほど人馴れしていて
見知らぬ人に警戒する様子はなく
初対面の私たちにも屈託のない表情で接してくれる子です。

職員さんのお話では、無邪気でヤンチャな面もあるそうで
子犬のように甘噛みもするのだとのことです。

この日、私たちが見る限りでは
落ち着きもあるように見えました。
時間の経過と共に変化も見られるかもしれませんので
また時間を掛けて観察してきたいと思います。
f0078320_02343129.jpg


f0078320_02343518.jpg


f0078320_02344537.jpg



f0078320_02345308.jpg


f0078320_02345779.jpg


f0078320_02350212.jpg


f0078320_02350740.jpg


f0078320_02351270.jpg





No. II
☆タナカくん

※2016/7/19 よりレポートに登場(2016/7/6収容)
▽黒茶 オス 4-5歳 11-12キロ 
少し太り気味 12-3キロ
この日も一番撮影に協力的だった田中君です。
部屋から出す時も、戻す時も
とても聞き分けが良く、なによりチャカチャカと興奮することがないので
どの写真も殆どブレずに撮れるのでは田中君と竹蔵君はダントツです。

先週のレポートで紹介しました通りに
収容当時から落ち着きのある性格で
決して一時的なものではないのだと思います。

他犬に対して厳しい面はありますが
全ての犬に対してではなく、比較的大人しいメスには
さほど反応しないこともわかりました。

田中君がストレスを感じずに過ごせる環境で
再出発できることを祈っています。

f0078320_02394302.jpg


f0078320_02394919.jpg


f0078320_02395654.jpg


f0078320_02400203.jpg








No. Ⅲ

※7/4よりレポートに登場(6/26他抑留所より移送)
▽チョコラブ オス(去勢済) 7-8歳 22-25キロ

先週のレポートで、“スタミナが続かず、床にゴロゴロする”と紹介しましたが
実はそうではなく、おやつを見せると
“お座り”からの“伏せ”を一生懸命見せていてくれたのだとわかりました。

そうすることで人が喜ぶことも知っているのだと思います。
今までもそうやって元の家族の前でそうしていたのかと思うと
なんだか健気で少し切なくなりました。

チョコラブのイメージ通りに明るく無邪気な性格で人懐っこい子です。
はっちゃけし過ぎる子ではなく、今までセンターに収容されてきた
ラブの子達に比べると、はるかに落ち着きがあります。

得意の“伏せ”を目を細めて見てくれる
優しく温かい飼い主さんに恵まれますように。

f0078320_02435418.jpg


f0078320_02440141.jpg


f0078320_02440784.jpg


f0078320_02441594.jpg








No. Ⅳ

☆コンくん

※2016/9/6 よりレポートに登場(引取り)
▽茶白 オス 5-6歳 14-15キロ(やせぎみ)

自分の順番が待ち切れなくて
個別ケージに身体ごとガンガンぶつけながら
一生懸命アピールしていたコンくんです。

一日の多くの時間をそこで過ごしているので
興奮してしまうのも無理はないと思います。
ですが、最近は外に出すと落ち着きも出るようになりました。

一時期、意思疎通が難しいほど
たえず動き回るような情緒面での心配は見られなくなりました。

嫌なことは嫌!と意思表示するところもあるようですが
少なくとも撮影時にそういう場面を見たことはないです。

f0078320_02483093.jpg


f0078320_02483581.jpg


f0078320_02484060.jpg

↓先週レポートより

f0078320_23332809.jpg
f0078320_23333475.jpg





No. V

☆竹蔵くん
※2/7 よりレポートに登場(11/21収容)
▽白茶 オス(去勢済み) 7-8歳 13.28キロ(適正15キロ程度)
「飼い主募集中!! No.4851」

部屋から出てくると、すぐに自らお座りして
いつもちょっと顔を傾げて、飛び切りの笑顔でカメラ目線の竹蔵くんです。

どの子も最初は少し興奮していて
落ち着くまで待つのですが、タナカくんと竹蔵くんは
瞬時にポーズを決めてくれ、撮影しやすさではセンター内でもダントツです。

撮影後のおやつが楽しみなのだと思いますが
両前脚をしっかり地につけたまま落ち着いていられることは
これから家庭に入ったとしてもあらゆる場面で良い影響がありそうです。

この子の良さを理解し、さらに引き出せる人に巡り会えば
ものすごく輝ける子だと思います。

f0078320_02545244.jpg


f0078320_02545776.jpg


f0078320_02550519.jpg


f0078320_02550939.jpg





※7/18レポート初登場 (7/10他抑留所より移送)
▽薄茶 ラブ風 オス 1-2歳 16-7キロ(やせぎみ)

人馴れ抜群!天真爛漫で無邪気なラブのイメージそのままの子です。

部屋から出すと、もう嬉しくて嬉しくて一生懸命甘えていました。
撮影の順番が一番最後になってしまったので
あまりにも待ちわびてしまったのでしょう。
勢い余って耳たぶにカプカプ甘噛みしてきたそうです。

若さもあってか、まだハチャハチャしていますが
一日の大半を個室で過ごしていますので
人のそばで思う存分甘えられて、運動もしっかりできる環境で
過ごすようになればもう少し落ち着きも出てくると思います。

身体のどこに触れても怒ることはなく
むしろ大喜びで人の手を受け入れてくれます。

健康状態に問題はなさそうですが痩せ気味で
適正体重は18-19キロ程度はあっても良さそうです。

f0078320_10520027.jpg


f0078320_03001275.jpg


f0078320_03003762.jpg

f0078320_03010954.jpg

f0078320_03011605.jpg

f0078320_03012213.jpg

f0078320_03012872.jpg

f0078320_03010244.jpg

f0078320_03013244.jpg



レポートは続きます。



by centre_report | 2017-07-20 03:02 | 愛護センターレポート

7/18センターレポート 収容室①1頭+最終部屋光景

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、センターにて譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。
お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)




収容室① 1頭



※7/11よりレポートに登場 (7/4収容)
▽茶 オス 1歳くらい 12-3キロ

経験不足のビビリっ子ですが
ロープをかける時、外に出す時
抱き上げる時など、あまり抵抗するとことはありません。
なるべく驚かせないように配慮しながら接するようにはしていますが

この子自身、良い意味で諦めが早く
抵抗するのに必死にはなりません。

最初に少しバタバタした後は
逃れられないことをすぐ理解して
その後は固まって、ただ時が過ぎるのを待つ。そんな感じです。

現在は推定1歳ほどの見立ててですが
まだ成長しきっていないと思われ、しかも痩せているので
適正は14-5キロあってもよさそうです。
f0078320_02244681.jpg


f0078320_02245218.jpg


f0078320_02245809.jpg


f0078320_02250779.jpg


f0078320_02251381.jpg


f0078320_02251870.jpg


f0078320_02252358.jpg


f0078320_02252872.jpg










◆最終部屋
撮影時点でまだ選定作業は終わっていませんでしたので
もしかしたら、この中から何頭かは譲渡対象として出られたかもしれませんが

残念ながら、全頭を譲渡対象にはできないと思います。

この日も最終部屋には老犬から若い犬から
多くの犬達が入っていました。

命を保つための席がもっとあれば・・

最後まで愛情を持って飼育できる、責任のある人の数より
犬の頭数のほうが圧倒的に多いので
どうしても“命の席”に座れない子が出てしまい
引き受け先のない子達は処分の道を辿ってしまいます。

犬や猫の頭数が飽和状態をはるかに超えたままではいくら救済だけしても終わりがなく、

“蛇口”を止めるためには不妊・去勢手術以外に方法はありません。


不妊・去勢手術の大切さを知らずして
殺処分数削減などうたうことは決してできないと思います。

f0078320_02265766.jpg


f0078320_02270394.jpg




レポートは続きます。





by centre_report | 2017-07-20 02:28 | 愛護センターレポート

7/18センターレポート 譲渡管理室 10頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。



引き続き、センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。
お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)




※写真は全頭7/18最新撮影のものです。
コメントは一部先週レポート転載しています。





☆ストックくん

※6/20よりレポートに登場
▽ビーグル オス(去勢済み)5歳ぐらい 13.6キロ
飼い主募集中No.4877

体型がシッカリしていて
骨太なタイプのビーグルのストックくんです。
フレンドリーで甘えん坊の男の子で
隣にいたはんくんと仲良く遊んでいる姿が可愛らしかったです。

性格に目立ったクセなどはありませんが
力が強く、パワフルな印象を受けますので
決してご年配の方向きの子ではないと思われます。

落ち着き具合はこの歳のビーグル相応で
ハチャハチャな面も落ち着きのある面も両方あります。

可愛がってもらっていたのか
人に対して嫌なイメージは全くないようで
いつ見ても嬉しそうに迎え入れてくれます。
f0078320_01422520.jpg

f0078320_01423030.jpg

f0078320_01423594.jpg


f0078320_01424158.jpg

↓先週レポートより
f0078320_22214903.jpg







☆あずきちゃん

※28/5/10よりレポート登場(28/4/26収容)
▽茶 メス(不妊手術済) 3歳ぐらい 12.1キロ
飼い主募集中!No.4417

以前、あずきちゃんの収容当初の写真を
掲載しましたが、今ではその頃の面影がないほど
体格もしっかりしてきましたし、何よりも人を信頼して
くれるようになったことが本当に嬉しくてなりません。
体を触ろうとするだけでキャーキャー悲鳴をあげ、
逃げ回っていたあずきちゃんが、今ではしっぽを振って
近づいてきてくれるようになっているのです。
センターの方々が愛情こめてお世話してくださっている
賜物だと思います。
f0078320_01470497.jpg

f0078320_01470901.jpg

f0078320_01471576.jpg

f0078320_01471904.jpg

f0078320_01472749.jpg







☆新田君(ニッタくん)

※2016/3/29よりレポートに登場
▼濃い茶・黒・胸に少し白 オス(去勢済)2-3歳 
12.6キロ(痩せ過ぎ;適正16キロ)

飼い主募集中!!【要相談】No.4361

チェーンの伸びる範囲いっぱいに前脚をこちらに伸ばし
「早くこっち来て~」とアピールしていました。

離れた目が幼さを醸し出していて
いつまでも小中学生のような新田君です。

他の犬を(特に近くの犬)触っていると
焼きもちを焼いて地団太踏んでいるような時もありますが
それでもご機嫌で嬉しそうに人に甘えている姿の方が
より多く見られるようになりました。

f0078320_01545079.jpg

f0078320_01545686.jpg









☆品子ちゃん

※28/2/23よりレポートに登場 (28/2/10収容)
▼茶白 メス(不妊手術済) 4歳ぐらい 11.7キロ 

いつもは人の気配で真っ先に吠える品子ちゃんですが
係留されている場所が奥の方に変わったためか
いつもより静かにしていました。
(7/18:この日も以前のようにけたたましく吠える姿は見られませんでした。
以前は、人が良く通る場所に係留されていたのですが
現在は場所が変わり、落ち着いて過ごせるようで
それが良い影響を及ぼしているものと思われます。
環境によっては吠えずにいられることが分かりました)


そばに行くとぺろぺろと舌なめずりして
おやつがポケットから出てくるのを待っているようでした。

おやつを見せても少し考えてから食べるのが
慎重派な品子ちゃんらしいところです。

広いところすと器用に逃げてしまい触れることは難しいですが
ロープを掛けた状態だと観念して大人しく触らせてくれます。
f0078320_02001788.jpg

f0078320_02001121.jpg

f0078320_02002263.jpg






☆マップくん

※6/20よりレポートに登場(6/15他抑留所より移送)
▽ビーグル オス 9-10歳 16-7キロ

暑くなってきたことが影響しているのか
ひどく咳き込む場面が度々見られるようになりました。
(7/18:この日は咳き込む様子は見られませんでした。)

とは言っても元気はあるようで
おやつも手から食べていました。
(フードは残していました)

ドッグランにいる他の犬達が吠えて騒いでも
この子はのんびりとしていて
殆ど吠えていなかったと思います。

ベタベタしてくるタイプではないとのことですが
この日見た感じでは、まとわりつくようにそばにくっ付いてきました。
おやつが欲しかっただけかもしれませんが・・。
f0078320_02021901.jpg

f0078320_02022408.jpg

f0078320_02022977.jpg








※7/11よりレポートに登場 (7/3収容)
▽茶 オス(去勢済) 1-2歳 10.8キロ

人懐っこい男の子です。
シャイだったりビビリな部分は見受けられず
初対面の私にもピョンピョン飛びついてきました。

小ぶりなのでお世話はし易そうですが
すばしっこいのであまりご年配の方向きの子ではないように感じます。
要求吠えも少しありましたので
基本的な躾など、しっかり教えてあげる必要はあるかもしれません。
f0078320_02062215.jpg

f0078320_02062730.jpg

f0078320_02063290.jpg





☆くまさん

※28/9/6よりレポートに登場 (28/8/29収容)  
▽黒茶 オス(去勢済み) 8-10歳 11.55キロ
飼い主募集中!!No.4554

耳がまあるくて、ぬいぐるみ感がますますアップしたくまさんです。
毛がきれいにホワホワしています。

ベタベタ甘えてくるタイプではありませんが、
人馴れは全く問題ありませんし、気がつくとそばにいる、
そんな感じの子です。
おやつを食べる時だけはガブッと手まで食べてしまいそうな
勢いを見せますが、それもご愛嬌です。
f0078320_02073795.jpg

f0078320_02074146.jpg






☆ファンタジー

※28.6/21よりレポートに登場(28.6/9収容)
▽濃い茶黒 オス(去勢済) 6ー7歳 17-8キロ

この日も甘々甘っ子のファンタジーです。
そばに行くと本当に嬉しそうに歓迎してくれます。

暑くて少々バテていましたが
食欲などはあり、おやつもよく食べていました。

一時期よりは身体にお肉が付いて
痛々しいほど痩せていた時期が思い出せないほどになりましたが
いつか迎えていただくご家族には
健康面でご理解いただかなくては
いけないこともあるかもしれません。

だとしても、愛情深いファンタジーの良い面を見てくださる方でしたら
ありのままを受け入れていただけるのではと思います。
f0078320_02114480.jpg

f0078320_02114888.jpg


f0078320_02131935.jpg






☆ポップちゃん

※2/28 よりレポートに登場(2/20 他抑留所より移送)
▽薄茶 メス(不妊手術済) 8歳ぐらい 6.95キロ

(7/18:ドッグランに出られるようになり
見る度に若くなっていくポップちゃんです。

座って撮影する私の膝に転がる様に甘えて来たり
プレイバウしたり、終始ご機嫌でした。
外の空気を存分に吸えることが
精神的に良い作用をもたらしているのだと思います。)


E部屋プールにいた時のように
ドッグランでもクルクルと回っていました。

ただ確実にプール内にいた時よりは
ストレスが軽減されているのが感じ取れました。

吠えている時の顔が、犬歯が見えるので
まるで威嚇しているように見えますが
決して怒っているわけではありません。

抱っこが大好きで


人に抱っこされている時の表情は、別犬のように穏やかになります。
とても幸せそうです。

多少の吠えが残ることも考慮しながら、
出来る限りこの子との時間を一緒に過ごせる家族さまの目にとまって欲しいです。
f0078320_02163109.jpg

f0078320_02165203.jpg

f0078320_02164578.jpg





☆はんくん

※7/4レポート初登場(6月下旬他抑留所より移送)
▽白テリア系 オス(去勢済) 3歳ぐらい 5.6キロ
飼い主募集中!!No.4880


アウアウ!と威勢よく吠えていた割に
不意な音や、すれ違う人にビクッとしたりして
弱い部分を隠すように威勢良く見せているだけなのだなと思いました。

人馴れ自体は問題ないようです。
要求吠えはあるようなので、猫可愛がりするだけでは
それを助長してしまう可能性もあります。

(7/18:撮影が最後になってしまったので
おやつが待ち切れなくて、お口がよだれで泡々になってしまいました。
決して体調が悪いのではありません。
この日も元気いっぱいでした。)

f0078320_02191857.jpg

f0078320_02192892.jpg

↓先週レポートより
f0078320_22181791.jpg

f0078320_22182448.jpg

ビーグルのストックくんとじゃれる姿や
お尻を差し出して匂いを嗅がせている姿を見ることができました。

他犬に対してしては相性はあるでしょうけれど
気の合う子とは仲良くできるようです。
f0078320_22183123.jpg

f0078320_22183848.jpg










レポートは続きます。



by centre_report | 2017-07-20 02:21 | 愛護センターレポート

7/18センターレポート 旧子犬舎   9頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。



センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。
お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)




<1-1> 2頭
f0078320_00385627.jpg

f0078320_00390251.jpg

f0078320_00391302.jpg

f0078320_00390822.jpg






☆カブ二郎くん

※11/29よりレポートに登場 (11/15収容)
▽茶 オス 2ー3歳 17-8キロ

ドアの外から覗き込むと、尻尾ブンブンで迎えてくれるのは
カブ二郎くんの方で、一見するとこの子の方が
人馴れしていると思いきや
まだあまり触られ慣れてはいません。

頭を撫でるぐらいは全く嫌がりませんが
身体に触れると、急にしゅんとした表情になり
少し距離を取ろうとします。

今にも抜けそうな暑苦しい冬毛を
怖がらせずに抜いてあげたいと
メンバーの一人が部屋に入り、時間を掛けてゆっくりと
撫でながら抜いてくれました。

いずれカブ二郎くんも家庭犬として再出発していかねばなりませんので
もう少し人の“手”を受け入れてもらえるよう
無理のない範囲でもう少し踏み込んで接してあげたいと思います。
f0078320_00421491.jpg

f0078320_00421968.jpg

f0078320_11321171.jpg






☆カブ壱くん

※11/22よりレポートに登場(11/10収容)
▽茶 オス 3ー4歳 15-6キロ (左耳先欠損)

端っこであまり動かずに
一見するとカブ壱くんの方がシャイな子に見えますが
ナデナデしても動じないのはカブ壱くんの方です。


オヤツも手から食べられますし、触られるのも問題ありません。
決して人を拒否している風でもなく、微かに尻尾を振り、
気持ちを表現してくれていました。

兄弟犬がソワソワと動いている中、
この子はずっと伏せたままでした。

ここで見る限りは穏やか以外の言葉が見つからないほどの子ですが、
そこそこの体格の男の子ですので、
しっかりとコントロールできる方が望ましいかもしれません。

この子の自信あふれた笑顔が見てみたいです。
きっと素敵な子に変身しそうな気がします。
f0078320_00433699.jpg

f0078320_00434464.jpg




<1-2> 3頭
f0078320_11534229.jpg






※3/28よりレポートに登場 (3/23他抑留所より移送)
▽茶白 オス 3-4歳 5-6キロ?

身体も小さく臆病さんだからか、
最初の頃は、同室の子達に唸る場面をよく目にしました。
怖かったからなのだと思います。
今は私達が小部屋に入ると、
逆に他の子達の陰に隠れよう隠れようと、
必死に動き回っています。

この日は隣の部屋から、自分の3倍ほどの体格の子が入って来たときに、
久々に唸る場面を見ました。
見知らぬ犬に対しては、最初はお約束のような行動なのかもしれません。

ある程度すると動きが止まり落ち着きます。
毎回同じ動きで、これがわかってしまうと、
その後は触ることも何とか出来ます。

あまり人馴れしていませんが、全くしてないとも思えない子で、
人との生活は経験があるのだろうと思われます。
一体、どんな飼われ方だったのでしょう…。

以下 ↓ 以前のコメントを引き継ぎます。
子犬と見間違ほど小さくて
ちょこまか動く姿は本当に可愛らしいです。
この可愛らしさだけで安易に迎えるのは賛成できませんが
ゆっくり焦らずに向き合ってくださる方と巡り会えますように。
f0078320_01085818.jpg

f0078320_00452301.jpg

f0078320_00452943.jpg






※2/28よりレポートに登場(2/20他抑留所より移送)
▽茶黒 オス 1歳前後 10キロぐらい

いつも端っこにいる姿しか写せておらず
アピール不足を感じていましたので
今回はなるべく驚かせないように抱っこしてみました。
ビビリションはしていたものの、さほど抵抗せずに
ましてや歯を当てることせずに抱っこさてくれました。

実際の見た目は10キロもなさそうな
とても小ぶりな男の子です。
ビーグルMIXのような見た目をしていますが
その犬種独特の活発さはまだ見られません。

同室のビビリっ子達と同調し合っているように見えます。
ですがこの子自体はそれほどビビリっ子ではないと思います。
経験不足から、どう人と関わっていいか
知らずに生きてきただけだと思います。
f0078320_00521503.jpg

f0078320_00522138.jpg

f0078320_00523049.jpg

f0078320_00523618.jpg








※5/2よりレポート登場(4/17収容)
▽茶黒 オス 7-8ヵ月8-9ヵ月(7/11修正) 11-12キロ

同室の子の中で一番大きいのに
一番身体の小さい子の後ろに隠れているシャイな男の子です。

と言ってもあまり人と触れ合うことを知らずに
経験不足のまま育ってきたので仕方ありません。
基本的な性格は穏やかなタイプだと思います。

この子を最初に見た時は
大きく育ちそうだと思っていましたが
割と成長は緩やかです。

元々の気質がボス犬タイプではないですし
人の肌に歯を当てることを知らずに今まで育っていますので
家庭犬に導くこともそう難しくない子だと思います。
これから関わる人次第では素晴らしい家庭犬になれる
そんな可能性を大いに秘めた子です。
f0078320_01085278.jpg

f0078320_01084476.jpg

f0078320_01102735.jpg

f0078320_01104049.jpg

f0078320_01104534.jpg






<1-3> 1頭


※28/8/2よりレポートに登場
▽薄茶 メス  2ー4歳? 11-12キロ
(28.7/28他抑留所より移送)

センターでの暮らしももう間もなく1年になろうとしています。

扉を開けると、決まって棚の下に向かって走って行きますが
この日は珍しく部屋に留まって、差し出したおやつを
落ち着いた様子で食べていました。
f0078320_01162756.jpg

f0078320_01163468.jpg

f0078320_01164177.jpg

f0078320_01164614.jpg

以下 ↓ 以前のコメントを転用します。
保護前に多頭で餌だけもらい過ごしていた子達の中の一頭で
家庭に入った子達はすでに人との暮らしに慣れつつあります。

この子はたまたま収容期間が長くなってしまいましたが
特に問題が多くあったわけではなく
部屋の顔ぶれが変わる度に、同室になる犬達に頼りにされ
慕われてきた子です。
先住犬のいるお家でも全く問題なく溶け込めると思います。
センターでの生活が長くなり、落ち着いてきたのは良いことですが
ここは決してこの子の終の棲家ではありません。
多頭で問題なく過ごせることなど
良い面に目を向けていただき
うちにおいでと言ってくださる方と巡り会えますように。




<1-4> 3頭


※28/8/9よりレポートに登場 (28/7/27収容)
▽白黒 メス 3-4歳 13-4キロ(7/11修正)

いつものようにビビりションはしてしまうものの
さほど抵抗せずに抱っこをさせてくれました。

ストレスになるかと思いきや
しっかりと食べることはできていて
最近はややウエイトオーバー気味です。

どんな風に触っても、誰が抱き上げても
歯を人の肌に当ててくることは知る限りではありません。

ですが、人との触れ合いを知らずに
3-4歳になるまで生きてきた子ですので
それを慣れさせるのには時間を掛けることと
やはり環境を変えることが何よりも大切だと思います。

いわゆる“ドッグトレーニング”などをする
はるか前段階にいる子です。

決して大げさに言っているのではなく
1年間見てきて、穏やかな子に間違いはないと思います。

この子が頑なに人を避けるようになった
その背景をご理解いただいた上で
ゆっくり向き合ってくださる
そんな方がこの子には必要だと思います。
f0078320_01220435.jpg

f0078320_01221292.jpg

f0078320_01221901.jpg

f0078320_01222560.jpg

f0078320_01223060.jpg

f0078320_01223444.jpg








※3/14よりレポートに登場 (2/13収容)
▽黒 メス 1-2歳 11キロ前後

小部屋の扉を開けると、真っ先に入口に走って行って
右端っこで用を足すので
こちらもそこに新聞を敷いて待つようにしました。
自分のスペースは汚したくないタイプのようなので
トイレの躾は簡単に入りそうな子です。

まだ人との間に一定の距離を保とうとはしますが
その距離は以前に比べるとかなり短くなってきています。

“人は未知”なものから“怖くはないもの”に変わりつつあり
心が開きつつある今、この子が変わって行くチャンスでもあると思います。

f0078320_01252754.jpg

f0078320_01254026.jpg

f0078320_01254656.jpg

f0078320_01255606.jpg

f0078320_01260154.jpg

一緒なら勇気100倍!
とばかりに、ピッタリくっつきながら
おやつをもらいに来た可愛い2頭です。





※2016/2/16よりレポートに登場 (2/1収容)
▽黒白 メス 7-8歳? 13-4キロ

最近は同室の黒い子一緒になって
「ふたりなら勇気100倍!」と言った表情で
近づいてくるようになりました。

経験不足のビビリ同士で、同調してしまうかと思いきや
この2頭に関しては良い影響がでているようです。

と言っても、まだ撫でるまでには至っていません。
この子はシニア期に差し掛かっていますので
性格をガラリと変えることは難しいかもしれません。

人は見慣れているけれども
コミュニケーションは苦手という
現在のこの子をまずは理解することが必要と思われます。
f0078320_01302961.jpg

f0078320_01303511.jpg

f0078320_01305222.jpg

f0078320_01305801.jpg

f0078320_01310464.jpg



レポートは続きます。




by centre_report | 2017-07-20 01:31 | 愛護センターレポート