ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:愛護センターレポート( 1910 )

10/3センターレポート E部屋     7頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。


※先週レポートより転載しています。


センターにいる譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。



お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)



<E-1>

※8/8よりレポートに登場 (7/27収容)
▽茶白黒 メス 10歳ぐらい 7キロ程度(痩せすぎ)
後左肢骨折歴あり?



最初の頃の控えめな感じはほぼ見られなくなり
扉を開けた途端、軽快に飛び出るような
活発な部分も見られるようになりました。

明るい表情で、友好的なオーラに満ち溢れていて
悲壮感などはまるで感じられません。

骨折がすでに固まっているであろう左肢は
痛みも感じていないようで、浮かせて歩くこともなく
多少のぎこちなさはありますが
歩くのには殆ど支障はないようです。

10歳ぐらいと推測されますが
最近は若々しくなってきたことから
もしかするともう少し若いのかも・・と感じるようになりました。
f0078320_08162877.jpg


f0078320_08163450.jpg
f0078320_08164200.jpg
f0078320_08164805.jpg
f0078320_08165411.jpg
f0078320_08185941.jpg
f0078320_08190647.jpg




<E-2>

☆あぐちゃん

※10/4よりレポートに登場(2016/6/13他抑留所からの移送)
▽薄茶足先白 メス 4-5歳  7-8キロ 10キロぐらい

甘えん坊で人が大好きなあぐちゃんです。
普段は人懐っこい普通の女の子なのですが
興奮がピークの時に、あぐちゃんにとって気に入らない行動を人がした時は
かなり強めに意思表示することもあります。

興奮が収まるといつものあぐちゃんなのですが
人間側もきちんと理解して慎重に接することが大切だと思いました。

他の犬に対してもケージに近づく犬に対して
攻撃的になってしまうため、こちらも注意が必要です。
f0078320_08212743.jpg
f0078320_08213307.jpg
f0078320_08213861.jpg

<E-3>

※5/2よりレポートに登場(4/20他抑留所より移送)
▽薄茶黒 オス 7-8歳 7キロぐらい(8/22修正)

人恋しくて、ケージの中では少し鳴いてしまいますが
外に出すと甘えっ子全開の
見た目も子タヌキのように愛らしい、性格花丸な男の子で
ハグや抱っこが大好きな子です。

皮膚の状態は改善しているとは言い難いです。
この子を抱っこすると、皮膚疾患のある子独特の匂いがします。

私事ですが、全く同じような症状の子と暮らしていたことがあり
こまめなケアが必要だったことは確かで
根気のいる毎日だったように記憶しています。
治療はもちろん必要なのですが、それだけではなく
甘えん坊だった犬にとって
寂しさからのストレスはとても大きく皮膚にも影響していたようで
ケアを通して犬と密に接することで、ストレスからも解放され
症状改善に繋がっていったことは事実としてありました。

コミュニケーションを取りながらのこまめなケアや
適切な治療は必要な子ですが
そういったものを苦に感じずに、お世話すること自体が割と好き
そんな方と巡り合えることを願ってやみません。
f0078320_08233027.jpg
f0078320_08233544.jpg
f0078320_08234281.jpg
f0078320_08235070.jpg


<E-4>

※5/23よりレポート登場(3/31収容)
▽白黒ブチ メス 10歳もしくはそれ以上 13-4キロ


少しヨタヨタしながらも
おやつが早く食べたくて、周りから見たらスローペースなのですが
この子にしてはかなり急いでケージの中から出てきました。

目は見えていますが、ぼんやりして見えるのか
顔の近くにくる手は全ておやつに見えるようで
逃してなるものかとその時ばかりはなかなかのスピードでパクッときます。

あちこちで「イテテ、おやつじゃないよ」と言うメンバーの声が聞こえました。
この子自身はとても真剣なのですが
その行動一つ一つが皆のツボにハマってしまうくらい
なんとも言えない愛らしさでいっぱいで
不思議とこの子の周りではいつも笑顔があふれます。





f0078320_08251613.jpg
f0078320_08252243.jpg
f0078320_08252708.jpg
f0078320_08253534.jpg
10歳を超えていると思われるこの子は、
体重も13-4キロぐらいはあると思われますので、
今後介護になった場合のことを考えますと、
この子を抱っこ出来る力も必要になってきますし、
時間や治療費なども必要になってきます。
「かわいそうだから」という一時の感情だけで受け入れることは
厳しい結果を招きかねません。
それでもいろいろなことを理解した上で
是非うちで一緒にのんびり過ごそうよ!
と迎えてくださる方の目にとまりますように。






<E-5>

※7/4よりレポートに登場(6/21収容)
▽茶・白 メス 9-10歳 14-15キロ(太り気味)

ゆったりとしていて、穏やかな性格の女の子です。
10歳近いシニアではありますが
ドッグランでは軽快に走る姿も見ることができました。

第一印象は“情緒が安定している子”でしたが
3か月近く経つ今もそれは変わりません。

チャカチャカした賑やかさは見られないので
犬とののんびりした暮らしを好む方には
良いパートナーになると思います。

少しウエイトオーバーなので、今後の健康面も考え
合せて食事管理もしっかりできるような環境が好ましく思います。
f0078320_08282191.jpg
f0078320_08282781.jpg
f0078320_08283252.jpg
f0078320_08283856.jpg
f0078320_08284428.jpg



<E-6>

※9/12よりレポート登場(8/30収容)
▽茶 メス 4歳ぐらい 11-12キロ(やせぎみ)

先週は、「どうもすみません・・・・」と
まるで謝っているかのような申し訳なさそうな態度と表情でしたが
この日見た時は、尻尾もフルフルと振ったり、ピンと上に立っていました。
目にも覇気が出てきたようですし
表情が明るくなっていて安心しました。

おやつも手から食べてくれますし、自ら人の方へと近づいてきて
興味深げに顔を覗き込んでいたり
本来は人懐っこい子なのだと思います。

ハグをしても抱っこしても
ストレスには感じないようで、ましてや怒ったりすることもありませんでした。
最初だけ慎重なタイプなのかもしれません。
f0078320_08400382.jpg
f0078320_08400826.jpg
f0078320_08401876.jpg
f0078320_08405478.jpg
f0078320_08401381.jpg



<E-7>

☆中丸君

※8/22よりレポートに登場(8/2収容)
▽茶・白・黒 オス(去勢済) 6-7歳 12.5キロ
「飼い主募集中No.4922」

ケージの中では、早く出してほしくて鳴いてしまいますが
外に出すととたんに穏やかになります。
人に飛びつくようなチャカチャカした感じもなく
こちらもゆっくり観察することができるくらいの落ち着きもあります。

構ってもらう事も、話しかけてもらう事も大好きで
人のそばにいてこそ輝ける子だと思います。

顔周りの飾り毛はとてもゴージャスで
クッキリしたアイラインがこの子の美しさを引き立てています。
f0078320_08431470.jpg
f0078320_08432033.jpg
f0078320_08432595.jpg
f0078320_08433057.jpg

抱っこもおとなしくされていて、
抱っこされている時に足を握ってみても無反応でした。
お座りもできましたし、おやつも優しく食べてくれました。
今すぐにでも家庭に入って生活できそうな子です。
一般譲渡対象としても選定されていますので、
たくさんかわいがってくださるご家庭に
迎えていただけたらと願っています。



レポートは続きます。



by centre_report | 2017-10-06 10:09 | 愛護センターレポート

10/3センターレポート D部屋     5頭

メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。



※先週レポートより転載しています。


引き続き動物愛護センターにいる、
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)





f0078320_0591266.jpg







※4/18よりレポートに登場 (他抑留所より移送)
▽白茶 メス 6歳ぐらい 12キロぐらい(太りぎみ)

ちょっと離れたお目目に短いマズルが、愛嬌たっぷりで可愛い子です。
f0078320_18494.jpg

f0078320_1953.jpg

f0078320_19161.jpg

f0078320_19297.jpg

f0078320_194264.jpg

この部屋では唯一人馴れしてると思われる子ですが、
当初から余り大きな変化は無く、
こちらが部屋に入ろうとすると
嬉しそうに近づいてくる割には、
イザ入ると、相変わらず距離を持ちたがります。

オヤツに目がないので、
釣られて寄って来るものの、
後ろ足は引いていて、気を許すまでには至りません。
しかし手から優しく受け取り食べることはできます。

今の生活では、これ以上の人馴れは厳しいと感じてきました。
収容されて間もなく半年になろうとしています。
見る限り、落ち着きのある子だと感じますので、
人との生活は、し易い子ではないかと思われます。

中年からシニアの域に入ろうとしているこの子と、
のんびりと共に幸せな時間を刻んで下さる方の
目に止まりますよう、心から願っています。









※3/28よりレポートに登場 (3/16他抑留所より移送)
▽茶白 メス(不妊手術済) 3歳ぐらい 17-8キロ 20キロぐらい

風貌がとても魅力的な子です。
f0078320_1382626.jpg

f0078320_138554.jpg

f0078320_1391043.jpg

f0078320_1393539.jpg

f0078320_140117.jpg

f0078320_1402434.jpg

f0078320_1403853.jpg

f0078320_140531.jpg

優しそうな目を見る限りでは、
本来の性格はきっと穏やかだったのかなと感じます。
綺麗にお手入れをしてあげたら、
身体もそこそこ大きいですから、
見違える位の犬になり目を引くのではないかと思います。

カールしていた毛は抜け替わり、
全く違う毛質の子になっています。

かなりのウエイトオーバーですので、
動いてるのを見ていても、
とても重くてシンドそうです。
身体のためにも、
体重管理をして下さるご家族様の一員にしてあげたいです。








※3/14よりレポートに登場(3/9他抑留所より移送)
▽茶白 メス 3ー4歳 12-13キロ

f0078320_1355192.jpg

f0078320_136474.jpg

f0078320_1361665.jpg

f0078320_1362821.jpg

最初は違う隅の壁にへばり付いていましたが、
最近はまた別のこの場所が定位置になっていて、
新しく写真を撮っているのに、
まるで使いまわしのような感じになってしまっています。

私達の入室を決して喜んではおらず、
出て行くまでやり過ごしている感じを受け、
とても複雑な思いになります。

収容前は、過酷な状況に耐えながら切り抜けて来たであろうことは、
顔に残る無数の古傷を見れば想像できます。
そんな中、多くの仔犬を育てて来たのであろうお乳もしています。
生きるための術が身に付いてしまったように感じてなりません。



f0078320_1363951.jpg
(センター側から許可をとっています)
この日は訪問メンバーにプロのトリマーさんも参加しており、
いつも無表情で固まっているこの子にそっと寄り添ってくれました。
足を持っても平気かな?から順々に、
伸びきった爪を手早く切ってくれました。
初めての経験だったことと思います。

足を持たれるたり爪を切られるなど苦手とする子もいる中で、
この子は、問題なくでき
きっと何をされるのか不安はあったと思いますが、
それでも口を出すようなことは全くありませんでした。

人に害を加えるような様子は微塵も感じないこの子に、そっと寄り添い、
楽しいこともあると気づかせて下さる方はいらっしゃらないでしょうか?









※8/15よりレポート登場 (8/10他抑留所より移送)
▽薄茶黒 メス 1歳前後 9-10キロ

f0078320_14223028.jpg

f0078320_14224213.jpg

f0078320_14225755.jpg

f0078320_14231583.jpg

f0078320_1423316.jpg

f0078320_14234842.jpg

f0078320_1424138.jpg
特徴ある目をしていて、容姿が整い過ぎているぐらいに綺麗な子です。

この子がD部屋に移動してきた1ヵ月前にも撮影を担当したのですが、
その時の様子と殆ど変わっていないです。
ただ後退はしていないのが救いです。

私達の動きに対しては警戒して避けますが、
決して怖い存在とまでは感じていないように思います。
ジッと動かず座っていると、平気で前を通り過ぎてみたり、
オヤツにも興味を持ち近づいて来たりします。
しかし、落ち着かない様子で、
この日も手から食べるまでには至っていません。

人馴れしているとは言い難いですが、
色んなものに興味はありそうですから、
今の群れから離れ、人間と接する環境になれば、
早い段階で変わるのではないかと、
そう感じる子です。








※8/22よりレポート登場 (8/10他抑留所より移送)
▼茶(背中などに黒の差し毛) メス 2歳ぐらい 10-11キロ

f0078320_14473755.jpg

f0078320_1447504.jpg

f0078320_1448444.jpg

f0078320_14481918.jpg

f0078320_14491742.jpg

f0078320_1448379.jpg

f0078320_14494767.jpg

↑上の子と姉妹と思われます。
毛色が違うだけで、
特徴ある引き込まれそうな綺麗な目も姿も良く似ています。
姉妹の子より更に慎重だと感じます

この子も1ヵ月前の様子とさほど変わってはいませんが、
伏せてジッとできているのが、唯一変化かもしれません。
床に置いたオヤツも食べることができませんでした。

私達がいる間にトイレを済ませるところがあり、
緊張からくるものなのなのかもしれませんが、
警戒している割には、反対に無防備な様子も伺えて、
少し不思議ちゃんです。

極度に人を避けているとも感じませんから、
人と過ごす時間が増えれば、変化はすぐ見られるのではと思えるほど、
現段階では深刻度は低いと思います。
*職員さんの手からはウエットフードを食べたそうです。






レポートは続きます。



by centre_report | 2017-10-06 10:08 | 愛護センターレポート

10/3センターレポート 4日目部屋   5頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。



引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集中の子たちを紹介します。


※新しく紹介する1頭以外は以前のレポートより転載します。



お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)








※10/3レポート初登場(9/21他抑留所より移送)
▽白茶黒 オス 2-3歳 10キロ未満


この部屋に久しぶりに新しい子が入ってきました。
他の臆病な子たちを刺激しないように外から撮影しましたが
人をそれほど怖がっている様子もなく
おやつを見せると近づいてきました。
最初は「おいで」とおやつを見せても
ある程度は近づいてくるものの、手から食べなかったので
この子がいるところにおやつを投げてあげると
躊躇なくすぐにパクパクとおいしそうに食べていました。
それを繰り返しているうちに、自ら寄って来て
直接手からもおやつを食べてくれました。
f0078320_15352104.jpg
f0078320_15355120.jpg
f0078320_15362154.jpg
f0078320_15371799.jpg
それでも写真で見てもわかるように、
人に対しては警戒心が強そうな目つきで
こちらを伺っていました。
体は小さいですが、この子のしっかりとした目力に
半分野良状態で過ごしてきた芯の強さを感じました。
人を疑っているような目つきに少し悲しくなりましたが
まだまだこれから人の暖かさを知ることが出来る
可能性を秘めた子だと思います。
今回は初めての紹介でしたので、触れ合いませんでしたが
来週以降は近くでこの子の様子を見ていきたいと思います。
同部屋の臆病な子たちに同調してしまわないように
積極的に触れ合っていく必要があると思います。
f0078320_15471083.jpg
f0078320_15475654.jpg
f0078320_15482682.jpg
f0078320_15512096.jpg




↓↓ 以下、以前のレポートより転載します。


※5/30よりレポートに登場(5/25他抑留所より移送)
▽茶黒 オス 1歳ぐらい 11-12キロ

いつものようにずっと部屋の中をウロウロ動きまわっていました。
茶色の子を頼っているようで一緒に動くことが多いのですが
それも撮影を始めて最初のうちだけで、
その後は一人でこちらの様子をチラチラ見ながら
移動している感じです。
人のことは気になるものの怖くて近づけない、
でも何をするのか気になる、といった様子が感じられます。
たまに立ち止まってはこちらを凝視していたりもしますので
人が怖くてたまらない、というところまではいっていないと
思いたいです。
f0078320_13041957.jpg
f0078320_13044118.jpg
f0078320_13044974.jpg
f0078320_13050718.jpg

まだ幼いこの子には人と接する時間が必要です。
半分この部屋では逃げ回ることがクセになりつつあり、
このままでは人馴れも期待できないと思います。
人と関わる時間が長くなれば、少しずつでも人を信用できる
柔軟性のある年齢です。
この子にも暖かい手が差し伸べられますように。
写真ではなかなか伝わりにくいと思いますので
この子が動き回っている様子を動画でご紹介します。






※28/8/23よりレポートに登場 (8/8収容)
▽茶 オス 2歳ぐらい 13キロぐらい

収容当初とは比べ物にならないくらい被毛も綺麗に生え揃い、
痩せていた身体もしっかりしてきて、立派な男の子に成長しました。
この子もこちらでの生活が1年を経過してしまいました。
確かに人を避けて逃げ回ってはいますが、
こちらの部屋が非常に広いため、
そうすることができるからだと思います。
それでも以前に比べれば動き回るスピードもかなりゆっくりに
なってきましたし、こちらがじっとしていればすぐ近くまで
寄って来ることもあります。
その様子はまるでこちらの出方を試しているかのようです。
f0078320_13191437.jpg
f0078320_13192691.jpg
f0078320_13202572.jpg
f0078320_13194502.jpg
大人数で部屋に入ると落ち着きがなくなりますが、
一人か二人くらいで入る分にはそれほど激しく動くことは
なくなってきています。
新しくこの部屋に入ってくる子がいると、
この子を頼りにしているところを見ていると、
とても優しい子なのだと思います。
まだまだ若い子ですので、お外に出て楽しくお散歩したり、
ご家族と楽しくどこかへ出かけたりするチャンスを
一日でも早く与えてあげたいと思います。
f0078320_13203104.jpg
f0078320_13201739.jpg
f0078320_13200685.jpg
f0078320_13194502.jpg




※28/8/2よりレポートに登場(28.7/28他抑留所より移送)
▼黒茶 オス 2-3歳? 10キロ前後

今日もじっと部屋の奥隅で黒い子と一緒に
じっと伏せていました。
この子は近くに寄っていっても決して逃げることはありません。
ただただじっとして、人が側に来てもいなくなるまで我慢して
やり過ごそうとしているのだと思います。
それでも人に対する恐怖心があれば逃げていくと思いますので
そこまで人に対しての恐怖心はないような気がします。
f0078320_13262760.jpg
f0078320_13261642.jpg
f0078320_13263628.jpg
f0078320_13264498.jpg
唯一この部屋で人の手からおやつが食べれます。
最初は少し遠慮気味にしていますが、
何度かおやつをあげていると自分から少し顔を出して
「おやつちょうだい」と意思表示してきます。
この日は何度もこの子の体を撫でてみましたが、
以前のように空噛みしようとする素振りはありませんでした。
長く撫でていると少し撫でている手を気にする様子が
見られたので、その時点で撫でるのはやめました。
この子も人とどう接していいかわからないだけなのでは?と
思いますので、家庭にはいって人との生活をしていく中で
人を信頼できるようになっていくものと思います。
f0078320_13321986.jpg
f0078320_13322713.jpg
f0078320_13324451.jpg
f0078320_13323478.jpg




※28/8/2よりレポートに登場 (7/28他抑留所より移送)
▼黒 オス 4-5歳 12-3キロ

↑の子と一緒にいつもの場所にいました。
以前にも紹介したことがありますが、お尻をぺったりとつけて
後ろ脚を浮かせたような変わった格好でいることが多いです。
くまのプーさんのような格好で座ってる様子は
見ていてもとてもかわいいです。
近くに寄ってもそのポーズを変えることもないので
リラックスできる格好なのだと思います。
見た目ではとても臆病な子だとは思えないです。
f0078320_13371934.jpg
f0078320_13373228.jpg
f0078320_13374235.jpg
f0078320_13375864.jpg
正面のかなり目の前で撮影してもピクリともせず、
なに??とでもいっているかのようなお顔をしていました。
最近、かなり近づいても唸ることはなくなりました。
それだけでもかなりの進歩だと思います。
この日は↑の子とお尻同士がくっついていたので、
↑の子を撫でる時にどさくさに紛れて少し触ってみましたが
ほんの少ししか触るのは許してくれませんでした。
それも以前のように強めに空噛みする様子はなく、
「やめろって~~」というくらいゆっくりと私の手の方向に
顔を寄せてくるような感じでした。
焦らずゆっくりと、それでも毎週しっかりとこの子と向き合って
いかないといけないな、といつも感じさせられます。
f0078320_13434904.jpg
f0078320_13441961.jpg
f0078320_13444912.jpg
f0078320_13451915.jpg



レポートは続きます。



by centre_report | 2017-10-05 15:55 | 愛護センターレポート

10/3センターレポート 収容室①②③  9頭


ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)







【収容室①】4頭


※10/3レポート初登場(9/22収容)
▽黒茶 オス 2-3歳 12キロくらい


とても幼い顔をした男の子です。
臆病でケージの奥で固まっていましたが、
ロープをかけてお外に出てきてもらいました。
まだまだ環境に慣れておらず、
近づくと小さく唸ったりしていましたが、
唸らなくていいよと伝えるとすぐにやめました。
それでも必死に狭いところに入り込もうとしていましたが
入り込む余地がないとわかると、
一番端の他犬が入っているケージの前で固まっていました。
おやつもまだ手から食べることはできません。
f0078320_12482422.jpg
f0078320_12484005.jpg
f0078320_12483418.jpg
f0078320_12484779.jpg
ゆっくりと体を撫でてあげて落ち着かせてから
抱きあげてみましたが、固まるだけで暴れたりすることは
ありませんでした。
抱かれている間はそれほど力が入った状態でもなく、
人は何も怖いことをするものではないと学習してくれれば
若いだけに順応力も高いと思われますので
少しずつ心を開いてくれるのではないでしょうか。
来週以降も様子を見ていきたいと思います。
f0078320_13084880.jpg
f0078320_13090192.jpg
f0078320_13090863.jpg
f0078320_13091679.jpg



※9/26よりレポートに登場(9/14収容) 
▽柴 メス 9キロ程度 3-4歳


小ぶりで大人しい女の子です。
触られるたびにビクっとしていました。
頭を撫でようとすると目をつぶったりする仕草が見られ
人に撫でられることに慣れていないのか、
ややハンドシャイなところを見ると
叩かれたりしていた過去があるのかもしれません。
まだ若い子だと思いますが、とても落ち着きがあり
ベタベタと甘えてくるタイプではなさそうですが
人馴れという点では問題ないと思います。
おやつには全く興味を示さず、
ケージの中を見るとフードもほとんど残っていました。
f0078320_13145508.jpg
f0078320_13150370.jpg
f0078320_13151014.jpg
f0078320_13151603.jpg
抱っこしてみましたが、抱かれた経験がないのか
終始緊張しているような格好をしていました。
それでも暴れることはありませんでした。
小柄ですので女性でもさっと抱き上げられる大きさです。
恐らく飼われていたことは間違いないと思いますが
人との接触があまりなかったのかもしれません。
優しくこの子に接してくださる方とのご縁があると
いいなぁと思いました。
f0078320_13191953.jpg
f0078320_13192740.jpg
f0078320_13193405.jpg
f0078320_13194162.jpg



※8/22よりレポート登場 (8/14他抑留所より移送) 
▽茶 メス 78歳 13-4キロ

収容棟の外まで聞こえてくるような
大音響での叫び声もなくなり、
鼻鳴きと少し吠える程度におさまってきました。
待っていれば外にだしてもらえるのだと学習したのでしょう。
それまでは大声を出しすぎて声もかすれ気味でしたが
今はそのようなこともありません。
いつもニコニコ笑顔を見せてくれるかわいい子です。
f0078320_13230180.jpg
f0078320_13230919.jpg
f0078320_13231871.jpg
f0078320_13232762.jpg
シニアの域に入っていると思われますが
背骨も触れてゴツゴツしており、とても痩せています。
人懐こくて人と一緒にいたいこの子が
この環境でずっといるのはとても辛いことだと思います。
抱っこをしようとすると嫌がり、スルスルと逃げていきます。
お尻の方を触れるのは苦手なようでした。
まだまだ元気一杯なこの子には、
たくさんの愛情をかけてくださり、たくさんお散歩もしてくれる
優しいご家族に囲まれて生活することが
何よりの幸せなのだと思わずにはいられません。
f0078320_13293862.jpg
f0078320_13294435.jpg
f0078320_13295337.jpg
f0078320_13300035.jpg



※9/26よりレポート登場 (9/11収容)
▽薄茶 オス 5歳ぐらい 15-6キロ


薄茶というよりも白に近い薄いベージュのような色合いです。
ケージから出してあげるとすぐにウロウロと動き回り
おしっこをする場所を探しているようでした。
場所が決まるとたくさんのおしっこをしていました。
ずっとケージの中で我慢していたのでしょう。
部屋を汚したくない綺麗好きな子なのだと思います。
表情が乏しいような気もしますが、
ちょっとおとぼけ顔でとても愛嬌があります。
少し痩せ気味に感じましたので、
もう少ししっかりご飯を食べてお肉がつけば
もっと立派な男の子になりそうです。
f0078320_13353074.jpg
f0078320_13353829.jpg
f0078320_13354551.jpg
f0078320_13355897.jpg
体のどこを触っても嫌がることもありませんし、
大きな体ですが抱っこも問題なくさせてくれました。
他犬のケージを覗いたりしていましたが、
全く威嚇するようなこともなく、他犬との相性は問題ない
かもしれません。
おやつは小さくちぎったものだと手ごと食べてしまいそうな
勢いですが、大きいものは大丈夫です。
体をギュッと抱きしめてあげても緊張している様子もなく、
馴れてくれば実は甘えん坊なのかもしれないなと思いました。
f0078320_13403819.jpg
f0078320_13410970.jpg
f0078320_13415589.jpg








【収容室②】3頭


※10/3レポート初登場(9/25収容)
▽白茶 オス 1歳未満 8キロぐらい


チワワを大きくしたような風貌の
人馴れ抜群の男の子です。
まだ1歳に満たないと思われ、表情も動きも
とても幼い子です。
とても甘えん坊で、近寄るとペロペロ舐めてくれるほど
人が大好きなようです。
お座りもできますし、待てもできます。
間違いなく人に飼われていただろうと想像できます。
近づいて撮影しようとするとすぐに近寄ってくるので
写真ではわかりずらいと思いますが
前脚はX脚のようで両足共に外側をむいており、
左後ろ足は少し短いように見えました。
生まれつきのものなのか、怪我の影響なのかはわかりません。
本犬は全く気にする様子もありませんが、
歩いていると時々スキップするような様子が見られました。
f0078320_13593270.jpg
f0078320_14001049.jpg
f0078320_14003912.jpg
f0078320_14011056.jpg
f0078320_14014039.jpg
後足が少し短いからか、お座りも横座りのような状態で
いつもしていました。
抱っこも問題なく出来、力も入らずリラックスできていました。
小柄ですので恐らくいつも抱っこされていたのだと思います。
とても人懐こく、どこを触られても嬉しそうにしていました。
白い毛もそれほど汚れておらず、
放浪期間もそれほど長くなかったかもしれません。
逃げ出してきてしまったのか、捨てられてしまったのか
今となってはわかりませんが、
人を信頼してしっぽをブンブンふって甘えてくる姿は
本当にかわいかったです。
たくさんかわいがってくださるこの子にも
暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_14095902.jpg
f0078320_14104422.jpg
f0078320_14111664.jpg
f0078320_14114614.jpg



※8/29よりレポートに登場(6/15収容)
▽ビーグル雑? メス 4-5歳 12-13キロ

この日もロープをかけるのにはそれほど抵抗しませんでしたが、
やはり外に出そうとすると最初だけ目一杯抵抗します。
リードで引かれるという経験がない子だと仕方がありません。
外に出ると隙間に入り込もうと必死になりますが
体を寄せて抱きしめてあげると
徐々に落ち着きを取り戻します。
落ち着く時間も以前より短くなったように思います。
外に出ることが怖いと思ってしまわないように
毎週少しずつでも外に出して
外で落ち着くことを覚えさせることを
続けていくようにしたいと思っています。
f0078320_14172157.jpg
f0078320_14174543.jpg
f0078320_14175787.jpg
f0078320_14180450.jpg
落ち着いてくれば、体を撫でても、
顔回りを撫でても力も入らず抵抗することはありません。
まだまだ不安で一杯なのだと思いますが
人の手が怖いものではない、ということを
しっかりとこの子にも伝えてあげなければと思います。
以前はケージの中でも何をされるかわからず
ずっと顔を隠しているような子でしたので
少しずつですが進歩していると思います。
この子に人の優しさをゆっくりと教えてくださる方は
いらっしゃいませんか。
f0078320_14222219.jpg
f0078320_14223072.jpg
f0078320_14223701.jpg
f0078320_14224465.jpg



※10/3レポート初登場(9/25収容)
▽白茶 オス 3歳ぐらい 15キロくらい(痩せ気味)


見た目は短毛の秋田犬のようなお顔をしている
人馴れ問題なしの男の子です。
体格からいうと17-18キロくらいはあってもいいと思いますが
とても痩せており、背骨もあばら骨もしっかり見えるような
状態です。
ずっとおしっこを我慢していたのか、
外に出してあげると1分近く長いおしっこをして、
その後もまた違う場所で30秒くらいはしていましたので
どれだけ我慢していたのかと思うと切なくなりました。
f0078320_14314085.jpg
f0078320_14314959.jpg
f0078320_14315750.jpg
f0078320_14320889.jpg
f0078320_14322326.jpg
お座りもできましたし、おやつの食べ方もとても優しいです。
まだ若い子だと思いますが、落ち着きもあります。
まだ環境に慣れておらず、これからもう少し元気な様子を
みせてくれるようになるかもしれません。
抱っこはイヤだとスルスルとかわしていましたが、
ひょいっと抱き上げるとまんざらでもない感じで
おとなしく抱かれていましたが、
本当に見た目からは想像できないほど軽く感じました。
たくさんご飯を食べてもう少し太らせてあげたいです。
大きめの子ではありますが、攻撃性も全く見られませんし、
落ち着きもある子ですので、
大型犬を飼ったことがある方であれば扱い易い子では
ないかと思います。
f0078320_14433064.jpg
f0078320_14433727.jpg
f0078320_14434477.jpg
f0078320_14435198.jpg






【収容室③】2頭


※9/19よりレポートに登場 (9/8収容)
▽薄茶 オス 6-7歳 11-2キロ

この日も私たちが来るのを待っていたかのように
ケージから出づと一目散に出てきて
ひとしきり甘えていました。
本当に人が大好きな子なのだと思います。
甘えた後は、とにかく部屋の出口に行っては
「お外に行きたいよ」と訴えていました。
おやつを見せても全く興味も示さず、
外へ出ることの方がこの子にとって大事なこと
のようでした。
f0078320_14515114.jpg
f0078320_14520097.jpg
f0078320_14520802.jpg
これだけ人馴れしている子ですが、
抱っこをすると表情が一変して困った顔になります。
この日も同じように抱っこしてみたところ、
最初こそ困ったちゃんになっていましたが、
その後は少し笑顔も見せてくれるようになりました。
少しずつですが抱っこされることにも慣れてくれたようです。
お外に行ってお散歩たくさんしたいんだよね。
たくさんお散歩にも連れていってくれる方とのご縁が
繋がりますように。
f0078320_14560536.jpg
f0078320_14561432.jpg
f0078320_14562004.jpg
f0078320_14562855.jpg



※10/3レポート初登場(9/15収容)
▽茶 オス 3-4歳 11-12キロ


ケージの外から覗いてみたところ、低い声で唸っていましたので
無理はせずケージの中での撮影としました。
おやつを見せても最初は全く知らん顔をしていましたが、
お皿の中に入れてあげると、こちらが見ていてもパクパクと
おいしそうに食べていました。
とてもお腹がすいていたようで、そのうち直接手からも
おやつを食べてくれたりもしました。
たくさん話しかけてから、ゆっくりとロープを体に触れさせ
ロープをかけることには抵抗しませんでしたが、
少し引こうとするとすごい顔で怒っていましたので
ロープをかけたままの状態でしばらくケージの上でメモを
取っていると、少し落ち着いてきたのか、
入口のところまで自分で寄って来て
「もうおやつないの?」とでもいっているかのように
顔を出していました。
f0078320_15042544.jpg
f0078320_15053303.jpg
f0078320_15045392.jpg
f0078320_15050038.jpg
ケージの外からおやつを見せると
顔を伸ばしておやつを取りに来ましたが
外には出て来られませんでした。
まだ収容されて間もないので、あまり刺激しないように
この日は外に出さずに終わろうと思い、
ロープを外そうとゆっくり手を伸ばしてみましたが
威嚇してはっきりと「やめろ!!!」と意思表示してきました。
体に触ろうとしたときも同様の反応でしたので
まだ少しぴりぴりしたところがあるようです。
食いしん坊のようですので、おやつで少しずつでも
仲良くなれたらと思います。
f0078320_15092074.jpg
f0078320_15043387.jpg
f0078320_15092813.jpg
f0078320_15093471.jpg




レポートは続きます。




by centre_report | 2017-10-05 15:10 | 愛護センターレポート

10/3センターレポート A部屋     6頭

メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。



今週もセンターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)



No. II
☆タナカくん

※2016/7/19 よりレポートに登場(2016/7/6収容)
▽黒茶 オス 5歳くらい 13.6キロ
「飼い主募集中No.4500」
f0078320_15270643.jpg

f0078320_15284923.jpg
f0078320_15290179.jpg
f0078320_15302607.jpg
f0078320_15303835.jpg
f0078320_15304901.jpg
f0078320_15310012.jpg
f0078320_15311960.jpg
上記の体重より更に増えているかもと思えたほど、
お顔もにも肉が付き、身体つきも背中に物が乗るぐらいに真っ平です。

ご飯もしっかり食べており、オヤツも大好きっ子のタナカくん。
センターでの生活も1年が過ぎ、ジワジワと付いてしまったお肉は、
身体に見合った毎日の散歩で管理してあげたいとこです。

この日は最初はメスの子を触っている時は、
ケージ越しにただ見ていたのですが、
落ち着かないオスの子をケージから出した途端、激しく怒りだしてしまいました。
そんな一面がある子ですが、人に対してはとても従順で、
扉を開けるとロープを着けるまで待ち自ら出て来て、
入る時もロープで促すと1度で入って行きました。

苦手な部分を上手に対応してあげたら、
穏やかに過ごせる子だと思います。

以前の情報を引き継ぎます。↓
抱っこされたり、身体を拘束されたりすることは好きではなく
器用にスルスルと逃げてしまいます。









№ Ⅲ

※8/29よりレポートに登場(8/28他抑留所より移送) 
▽薄茶 メス 5歳 10キロぐらい(痩せ気味)


f0078320_16253996.jpg
f0078320_16254043.jpg
f0078320_16262334.jpg
f0078320_16263807.jpg
f0078320_16265181.jpg
f0078320_16271005.jpg
f0078320_16272949.jpg
f0078320_16274206.jpg
f0078320_16275777.jpg
見るからに女のコといった柔らかい表情をしており、
お目目がキラキラしてて、とても可愛い子です。

当然のことですが、不安だった当初の様子から、
少しずつ本来の明るい性格が出始めたのか、他の子の観察中、
早く人のそばに来たくて吠えて催促するようになっていました。
人が大好きで何か言ってもらいたくて、
目を逸らさず人をジッと見ます。

今は人恋しくて甘えたくていますが、
それでもガンガン来るような様子ではなく、
程よい落ち着きも持ち合わせています。

以前の情報を引き継ぎます。
他の犬がケージ前に来た時は少し怒っていたようですが
それについてはまた検証してきたいと思います。






No. Ⅳ

☆コンくん

※2016/9/6 よりレポートに登場(引取り)
▽茶白 オス 5-6歳 14-15キロ(やせぎみ)

f0078320_17255257.jpg
f0078320_17264033.jpg
f0078320_17270035.jpg
f0078320_17271309.jpg
f0078320_17272610.jpg
f0078320_17275090.jpg
f0078320_17280590.jpg
センターでの生活が丸1年過ぎてしまいました。
異常なほどの激やせ状態だった時期からすれば、
心身ともに落ち着きは出て来たようには感じますが、
それでも、今やらなきゃと言わんばかりに、
終始動き回って居ます。
その動きを見ていると、酸欠になるのではと心配になるほどです。
後半になってやっと人の言葉に耳を傾けられて、
落ち着くこともできるようになりました。

この子の個性として、この様子を理解しつつ、
コンくんとの時間を沢山持ってあげられる方の目に止まって欲しいと願ってます。





No.Ⅴ

※10/3レポート初登場 (10/2他抑留所より移送)
▽茶 オス 1-2歳 12-3キロ
f0078320_18062470.jpg
f0078320_18063725.jpg
f0078320_18065166.jpg
f0078320_18070843.jpg
f0078320_18072418.jpg
f0078320_18073989.jpg
f0078320_18075267.jpg
写真によっては厳つい雰囲気の男の子に写ってしまい、
その風貌から大きい子のイメージを持たれてしまうかもしれませんが、
意外と小振りで、頭と身体のアンバランスさが、
愛嬌たっぷりでとても可愛い子です。

人を選ばずとてもフレンドリーです。
あちこち触ってみましたが、嫌がるどころか、
触ってもらえたことが嬉しくてたまらないといった様子でした。

この日はケージから出してあげたら、
吠えるオス犬に対抗してか、
無言であちこちとマーキングしていました。








№ Ⅵ

☆大志くん

※8/29よりレポートに登場(8/14他抑留所より移送)
▽茶 オス(去勢済) 1-2歳 18.7キロ
「飼い主募集中No.4943」

f0078320_18392478.jpg
f0078320_18395341.jpg
f0078320_18413847.jpg
f0078320_18423281.jpg
f0078320_18424543.jpg
f0078320_18431903.jpg
f0078320_18430009.jpg
性格二重丸でとても可愛い子です。
ただ子犬のまま大きくなってしまった感じで、
見るからにイタズラをしそうなワクワクした目をしています。
しっかりいけないことはイケナイと、これから躾ける必要があります。

今は痩せていて上記の体重ですので、もう少しお肉が乗ると思います。
ロープを引いてみたところ、
特に嫌がる様子もありませんでしたが、
そこそこの体格の子ですから、
この子に負けない体力が必要だと思います。

人の目を見て話を聞ける子だと感じましたので、
良くも悪くも、これから色々と吸収していくでしょうから、
とても楽しみな子だと思います。

純粋で人を見る目がとても優しいです。
これから関わる人によって、素晴らしく輝く子になる子でしょう。







No.VIII

※8/8よりレポートに登場 (6/2収容)
▽茶黒長毛 オス(去勢済) 5-6歳 11-2キロ(やせぎみ)

f0078320_22454177.jpg
f0078320_22463537.jpg
f0078320_22470510.jpg
f0078320_22473745.jpg
f0078320_22480664.jpg
f0078320_22483702.jpg
f0078320_22491658.jpg
f0078320_22495500.jpg
f0078320_22502575.jpg
f0078320_22510247.jpg

中年の良いとこ取りで、
とても落ち着きがあり、ぬいぐるみみたいに可愛い子です。

この部屋では、出してあげる順番が一番最後になってしまったのですが、
早く出たいというソワソワした動きはしていましたが、
騒ぐことなく自分の番が来るのを待っていました。

それでも気持ちは興奮状態で、
ケージから出してあげた時点で、もうすでに息が上がっている状態でした。
何よりも人のそばにいたいという様子で、
ビトッとくっ付き、離れようとしない姿に、
この子も早く人の温もりを近くで感じられる環境に入れてあげたい。
そう思わずにはいられませんでした。

以前の情報を引き継ぎます。↓
血尿はここしばらくは見ていませんが
息は少し上がり気味で時折空咳もしますので
やはりフィラリアの影響は否めません。
(もちろんセンターでもケアしてくださっています。)

保留の期間が長かったのですが
ステンレスケージの限られた空間で
こんなにも甘えん坊な子が本当に良く独りで頑張ったと思います
この子が望んで止まない愛情を
惜しみなく注いでくださる、そんな優しい方と巡り合えますように。


レポートは続きます。



by centre_report | 2017-10-04 23:51 | 愛護センターレポート

9/26引き出し編・レポート紹介 全 63頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)




9/26に引き出しをした成犬1頭と猫4頭を紹介します。
f0078320_00443413.jpg



猫 問い合わせ先 
yukichov716★yahoo.co.jp(★を@にかえてください) 幸丸
お名前記載のないメールには返信できません。



ご心配いただきましたオッポちゃんの預かり先が決まり、
緊急入院となって、治療を開始しております。
f0078320_00580452.jpg



f0078320_00420105.jpg

f0078320_00420627.jpg
f0078320_00421265.jpg

準備が整い次第いぬ親さん、ねこ親さん
募集開始いたします。

応援のほど、よろしくお願いいたします。




なかよしフェスティンバルの開催時に
ご提供いただきました新聞です。
いつもご協力ありがとうございます!

f0078320_00451091.jpg





~お知らせ~

ちばわんでは、本当の家族を待つ犬達や猫達と
新たに犬や猫を家族の一員として迎えたいご家族との
出会いの場である「いぬ親会、ねこ親会」を開催しています。



「イベント情報」詳しくはコチラ。

f0078320_23285140.jpg
f0078320_23291183.jpg
f0078320_23302428.jpg
f0078320_20291328.jpg
f0078320_00521775.jpg
f0078320_00534525.jpg

当レポートをご覧になってのお問い合わせは、まずちばわんにお願いします。

問合せ先 korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)
(※上記アドレスへのいぬ親会に関するお問い合わせはご遠慮ください。
必ず詳細ページにてご確認をお願い致します。)

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。

★新規の預かりボランティアご希望下さる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

※大変申し訳ありませんが
小型犬のみの新規預かり希望は受け付けておりません。

お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
(審査の上、判断させていただきます。)



by centre_report | 2017-09-29 21:54 | 愛護センターレポート

9/26センターレポート 猫編 (離乳間近、授乳中)

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。



センターで緊急に預かり先を募集している子猫達を紹介いたします。



現在、動物愛護センターは子猫達でいっぱいです。

普段の業務に加え
作業の合間に授乳や投薬などのお世話を
数名の職員さん達が行っており、多忙を極めております。

猫風邪による結膜炎などの治療中の子達も多く
お世話やケア、治療を引き継いでくださる
ボランティアさんを募集されています。

ご協力を宜しくお願いいたします。




以下は生後1ヶ月半ほどの離乳食を食べるようになった子達です。
f0078320_00333064.jpg

f0078320_00333598.jpg



f0078320_09240337.jpg

f0078320_09241049.jpg

f0078320_09241634.jpg





f0078320_09245466.jpg

f0078320_09255731.jpg

f0078320_09263358.jpg






以下は生後一ヶ月未満の授乳中の子達です。
f0078320_09274164.jpg


f0078320_00251590.jpg

f0078320_00252061.jpg

f0078320_00260718.jpg


f0078320_00271669.jpg

f0078320_00272199.jpg


f0078320_00280218.jpg


f0078320_00284395.jpg


f0078320_00295492.jpg

f0078320_00310272.jpg

f0078320_00305468.jpg


f0078320_00322994.jpg

f0078320_00322245.jpg


2~3頭まとめて一緒に移している子達は同腹のきょうだい達です。



問い合わせ先
yukichov716★yahoo.co.jp (★を@に変えてください) 幸丸
お名前のないメールには返信できません。




その他、譲渡先・預かり先募集の猫たちについては
以下のレポートをご覧ください。

9/15センターレポート【猫編】Part1

9/15センターレポート【猫編】Part2





☆次回、ねこ親会のご案内

10月は7日(土)に赤坂ねこ親会、22日(日)に市川ねこ親会を開催いたします。参加猫等の詳細はちばわんHPにてご確認下さい。
見学だけの方も大歓迎ですので、お気軽に足をお運び下さい。

f0078320_23285140.jpg


f0078320_20291328.jpg







by centre_report | 2017-09-29 21:23 | 愛護センターレポート

9/26センターレポート 子犬舎     9頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)







<2-5> 3頭

f0078320_15344804.jpg

※7/11よりレポートに登場 (6/27収容)
▽茶 オス 7-8ヵ月   8-9キロ  9-10キロ(9/19修正)


部屋のドアを開けると真っ先に出てきて
その後もずっと部屋に入ったり出て行ったりを
繰り返していました。
とにかく落ち着きなく動き回り、
どうしていいかわからないからなのか、
人が怖くてたまらないからなのかわかりませんが
動き回っていることで自分を落ち着かせようと
しているように見えました。
ひとしきり動き回った後には部屋の中で
私たちを上目遣いで見上げて様子を伺っていました。
f0078320_15450369.jpg
f0078320_15455287.jpg
f0078320_15451248.jpg
f0078320_15452072.jpg
何をされるかわからずに、この子の中では
プチパニックなのでしょう。
それでも部屋の奥でじっとしている時に
同行メンバーがゆっくり近づき撫でてあげることも
できました。攻撃的になることもなく、
人の手を受け入れてくれていました。
毎週抱っこしているようですので、
少しずつでも人が怖いことをするものではないと
思ってくれていると思います。
ただただそばにいてあげるだけでは
この子たちが何も変わることはありません。
1週間に一度だけですので、
抱っこしても触っても怖くないんだよ、と
教えてあげる必要があると思います。
f0078320_15563780.jpg
f0078320_15564427.jpg
f0078320_15565811.jpg
f0078320_15570472.jpg




※6/20よりレポートに登場 (6/8収容)
▽茶黒 オス 7- 8-9ヵ月(9/19修正) 12-3キロ 


かなり成長してきたように感じます。
体格もしっかりしてきて立派な男の子になってきました。
今は12-3キロぐらいになっているのではないでしょうか。
自由に動き回れる分、落ち着きなく動き回っていました。
私たちの動きをしっかりと見ながら動いているので
興味はあるけれど近寄れないようです。
こちらをじっと見ている時もありますので、
指示が入りやすい子なのではないかと思います。
f0078320_16283819.jpg
↓↓先週レポートより
f0078320_2351779.jpg
f0078320_235323.jpg


f0078320_2344339.jpg





※2/7よりレポートに登場(1/30収容)
▽茶 オス 9-10ヵ月 8-9キロ 9-10キロ

部屋に入る前に中を覗くと、
この子は目一杯体を丸めて壁にへばりつき、
「ボクはいません」と気配を消していますが、
ドアを開けるとひょこひょこと飛び出してきて
部屋の外をウロウロと動いていました。
それでも部屋に戻ってまた丸まって気配を消していたので
そこまで気にかけていなかったところ、
スルスルと部屋を飛び出し、一番奥の部屋の柵を
また頑張ってよじ登ってしまい、その部屋の中へ
入ってしまいました。
部屋の中では同じように臆病な子がいるので
その子にぺったりとくっつき、二頭で同じ姿勢で
固まっていました。
f0078320_17052871.jpg
f0078320_17055821.jpg
f0078320_17062852.jpg
f0078320_17065837.jpg
一番奥の部屋のドアを開けるとそそくさと出てきて
また自分の部屋に戻っていくところを
抱き上げてみました。
毎週メンバーがこの子を抱っこしていることもあり、
抱っこされることには全く抵抗は見せません。
抱っこしても全く力は入っていませんでした。
動いている時も人に対してものすごく怖がっている様子もなく
スタスタと歩いているという感じで
これも毎週抱っこをして、何も危害は加えないよと
辛抱強くこの子に伝えてきた成果だと思います。
元々とても素直な性格の子だと思います。
この子にももっと人のことを信頼できるように
家庭で人との生活を味わってもらいたいと思います。
f0078320_17173531.jpg
f0078320_17174431.jpg
f0078320_17175201.jpg
f0078320_17181157.jpg





<2-6> 2頭


※6/13よりレポートに登場 (6/2収容)
▽茶 オス 1歳ぐらい 11-12キロ 

まだ幼い子だと思いますが、年齢の割りに落ち着きがあり
しっかりとこちらの動きを見極めているようなところが
あります。
始めのうちは少し警戒していますが、
おやつを差し出して食べるようになると
大分リラックスしてきたのか、近くにいても
動き回ることもなくなりました。
アイラインがしっかり入った力強い瞳は
この子の芯の強さを感じます。
f0078320_17305025.jpg
f0078320_17305814.jpg
f0078320_17310584.jpg
f0078320_17312388.jpg
声をかけながらゆっくりと触ることができました。
やはり何をされるかわからずに不安なのだと思います。
この子は落ち着きがあり、人の言うことがしっかりと
伝わる賢い子だと思います。
もっと人と接する時間が長くなれば
人馴れがグングン進んでいきそうな子だと思います。
f0078320_17484771.jpg
f0078320_17490913.jpg
f0078320_17491896.jpg
f0078320_17493041.jpg




※8/1よりレポート登場 (7/27他抑留所より移送)
▽薄茶 オス 5-6ヵ月(9/19修正) 8キロぐらい(9/19修正)

こちらの部屋の撮影が久しぶりだったので
この子に会うのも久しぶりでしたが、大きくなっていて
びっくりしました。
子犬が一番成長する時期だったのだと思います。
もっと儚げで弱々しい印象でしたが、
大分お兄ちゃんっぽい顔つきになってきました。
収容当初はひたすら壁にへばりついてじっとしていましたが、
この日はドアを開けるとササササっと部屋から出てきて
何度も何度も部屋に入ったり出て行ったりを
繰り返していました。
f0078320_17550311.jpg
f0078320_17551732.jpg
f0078320_17554853.jpg
f0078320_17552864.jpg
ドアを閉めてしまえば部屋の奥でじっとしていました。
それでも、収容当初に比べれば顔をしっかりあげて
こちらを見ていましたので、大分この環境にも
馴れてきたのだと思いました。
この子は最初から体を触ったり抱っこしたりも
全く抵抗なくさせてくれていたので、
この日も問題なく体を撫でてあげても抵抗することは
一切ありませんでした。
まだまだ幼い子ですので、一日も早く家庭に入って
人と一緒に過ごす生活をさせてあげたいです。
f0078320_18003436.jpg
f0078320_18004261.jpg
f0078320_18005078.jpg





<2-7> 2頭

f0078320_18020399.jpg

※2/14よりレポートに登場(2/3収容)
▽黒 オス(去勢済) 1歳前後 16.5キロ 

いつものように元気よくワンワン吠えていました。
私たちが部屋の中に入ってもずっと吠えており、
ドアを開けてあげるとようやく吠えやみます。
人には興味があり、近づいたり離れたりを繰り返し
誰よりもおやつを欲しがる子です。
それでもなかなか人馴れは進んでいきません。
やはり人と接する時間が足りないのだと思います。
体を触られることも嫌がり、スルスルと上手に
逃げていきます。
f0078320_18195618.jpg
f0078320_18253106.jpg
f0078320_18260023.jpg
f0078320_18263131.jpg
毛艶もとても良く、黒光りしています。
今までにも同室だった子に強く出ることがありましたが、
今同室の子とはうまくやっているようです。
大人しくておどおどしているような子には強く出るようですが
自分をしっかりと出せる子には手出ししないようです。
おやつもいつもならば同室の子にあげようとすると
横取りしていくのですが、それもすることがありませんでした。
しっかりと自分が出せる子とはうまくやっていけるようです。
他犬との相性があるようなので、
一頭飼いのほうが向いている子なのかもしれません。
f0078320_18371353.jpg
f0078320_18372133.jpg
f0078320_19012459.jpg
f0078320_18373959.jpg




☆ライアン

※7/11よりレポートに登場 (7/4収容)
▽茶 オス(去勢済) 1歳ぐらい 12.85キロ


ワイヤーフォックステリアのような風貌の男の子です。
収容室からこちらに移動してきましたが、
人馴れは後退することなく、以前よりも近づいてくるように
なったと思いました。
おやつも手から食べられますし、何よりこの子は年齢の割に
落ち着きがあります。
脚が長くスタイルも抜群ですので、とても目を惹く子だと
思います。
f0078320_18362625.jpg
f0078320_18363647.jpg
f0078320_19133181.jpg
f0078320_19130644.jpg
同室の子が他犬に厳しい部分があるのですが、
この子はきっとうまく対応したのだと思います。
威張りんぼの↑の子も、この子をたてるような様子を
見せているところを見ると、しっかりと「嫌なものは嫌」
と表現できる子なのではないかと思います。
家庭に入って人と一緒に生活するようになれば
もっと人馴れが進んでかわいい男の子になりそうな
そんな期待を抱かせてくれる子です。
f0078320_19183012.jpg
f0078320_19181975.jpg
f0078320_19183653.jpg
f0078320_19184355.jpg





<2-8> 2頭

f0078320_19200773.jpg

※6/13よりレポートに登場 (6/1収容)
▽茶 メス(不妊手術済) 4-5歳 14キロ

収容室、D部屋、別室、そしてこちら子犬舎へと
移動してきましたが、どの部屋でも同じ様子なのは
変わりありません。
ずっと壁に鼻を押し付けているスタイルで
この日も部屋の隅にいました。
「私のことを見ないで!」とでも言っているかのように
気配を消している姿を見ると切なくなります。
お顔を見るととても幼いのですが、
何度も出産したかのようなおっぱいをしています。
顔には無数の小さい傷があり、幼い子を守りながら
私たちの想像をはるかに超えた試練をくぐりぬけて
きたのかと思うと、今まで頑張った分、この子には
絶対に幸せになってもらいたいと願わずにはいられません。
f0078320_19391972.jpg
f0078320_19394999.jpg
f0078320_19401920.jpg
なかなか顔をあげてくれないので
手で顔を持ちあげて撮影をしたのですが、
一切抵抗することも攻撃することもなくじっとしていました。
また、細長いおやつをこの子の口に無理やり差し込むと
最初は全く反応しなかったのですが、
しばらくすると少し口を動かしてゆっくりと食べてくれました。
人の暖かさと優しさを知って、心を開いてくれる瞬間を
一緒に迎えてくださる方はいらっしゃいませんか。
f0078320_19412341.jpg
f0078320_19415228.jpg
f0078320_19440120.jpg




※2016/10/25よりレポートに登場 (2016/10/12収容)
▽薄茶 メス 2-3歳 12-13キロ?

この子ももうすぐ1年を迎えてしまいます。
とても大人しくどこを触っても嫌がりませんが
動きも少なくなかなかこの子の良さを伝えきれていない
のが歯がゆく感じます。
収容当初からほとんど変わることもありませんが
このままではやはり人馴れも進んでいきません。
まだまだ若い子ですから、お外を散歩する楽しさも
教えてあげたいです。
f0078320_19581343.jpg
f0078320_19584363.jpg
f0078320_19594403.jpg
f0078320_19591316.jpg
はっきりとした目元が印象的な
とても綺麗な女の子です。
今までにも何頭の子と同室になってきましたが
皆がこの子を頼りにしていて、とても上手に付き合って
これた子です。
他犬との相性も問題ないと思います。
この子にもっともっと楽しいことがあると
教えてくださる方はいらっしゃいませんか。
f0078320_20063026.jpg
f0078320_20063743.jpg
f0078320_20150129.jpg



レポートは続きます。





by centre_report | 2017-09-28 20:09 | 愛護センターレポート

9/26センターレポート C部屋     2頭

メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。



引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田




★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)








※8/22よりレポートに登場(8/21他抑留所より移送)
▽薄茶 メス 5歳ぐらい 9-10キロ弱(9/26修正)

天真爛漫で人馴れバッチリの子です。
f0078320_15244924.jpg

f0078320_1525685.jpg

f0078320_15252325.jpg

f0078320_15253948.jpg

f0078320_15255899.jpg

f0078320_15262253.jpg

f0078320_15264417.jpg
推定年齢を後で見て驚いたほど、
元気一杯で動きも良く、
家族に沢山の笑いを運んでくれそうな子です。
順応性がありそうですから、
人にも環境の変化にも直ぐに馴染めそうに感じます。

他の犬に対して威嚇することはありませんでしたが、
とても興味がある様子で、
他の子達のケージを眺めている姿を多々目にしました。

他の子達への反応は、
今後も訪問の度に観察していきたいと思います。








※9/26レポート初登場 (9/下旬他抑留所からの移送)
▽茶白 柴 メス 2歳ぐらい 8キロぐらい

f0078320_1615573.jpg

f0078320_1621553.jpg

f0078320_1622982.jpg

f0078320_1624225.jpg

f0078320_1625676.jpg

f0078320_1631940.jpg

f0078320_1634321.jpg

f0078320_1635892.jpg

f0078320_164156.jpg

人馴れは全く問題ありません。
人と触れ合うことが大好きで、
ニコニコと常に嬉しそうにしていました。

我の強い様子は見受けられませんでしたが、
嫌だと感じるとスッと体を交わしたりして、
上手に意思表示をして来ました。

抱っこも問題なくできますし、
歯もちゃんと見せてくれました。
極端に変わるとは思えませんが、次週もよく見て来たいと思います。
(*収容状況を確認しそびれてしまいましたので、次週書き足します)






レポートは続きます。


by centre_report | 2017-09-28 16:16 | 愛護センターレポート

9/26センターレポート 旧子犬舎    9頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。
お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)




<1-1> 2頭 

f0078320_08100769.jpg

☆カブ壱くん

※11/22よりレポートに登場(11/10収容)
▽茶 オス 3ー4歳 15-6キロ (左耳先欠損)

いつも部屋の奥でじっと固まっていますが、
部屋の前に私たちが来て、「壱!」と声をかけると
伏せたままの状態でしっぽをブンブン振ってくれる
かわいいカブ壱です。
大きな体を見ていると、これで激しく動かれたら
ちょっと怖いなと思われてしまいそうですが、
とんでもありません。とにかく穏やかで落ち着きのある
とてもいい子です。
f0078320_08145110.jpg
f0078320_08144395.jpg
f0078320_08150741.jpg
f0078320_08145913.jpg
ちょっと困り顔のカブ壱ですが、どこを触っても
嫌がることもなく、とても落ち着きがあります。
ただ、ほとんどここから動くことがないので、
なんとか動くようにさせたいと思いますが、
なかなか動いてくれません。
それでもこの日、気に入ってくれたおやつがあり
ドアの近くまで誘導したものの私たちがいる間は
寄って来てくれませんでしたが、
ドアの前にお気に入りのおやつを置いてドアを閉めると
トコトコとやってきておやつを食べていました。
手から直接おやつも食べられるのですが、
人がいるとそれにつられて寄って来るほどの勇気が
まだでないようです。
とても穏やかな子ですので、ぜひ目を向けてもらいたいと
思います。
f0078320_08200152.jpg
f0078320_08195380.jpg
f0078320_08201321.jpg
f0078320_08201906.jpg




☆カブ二郎くん

※11/29よりレポートに登場 (11/15収容)
▽茶 オス 2ー3歳 17-8キロ

収容当初はカブ壱と本当に良く似た兄弟だな、と
思っていましたが、大分性格の違いがわかるように
なってきました。
カブ二郎は慎重な性格はカブ壱と同じなのですが
とてもマイペースな子です。
日によってはおやつが欲しくて近づいてきたりも
しますが、近づくとスルスルっと逃げていくときも
あります。
この日はご機嫌だったのか、おやつちょうだい!と
近づいてくる場面もありました。
f0078320_08594515.jpg
f0078320_08595464.jpg
f0078320_09001536.jpg
f0078320_09000481.jpg
しつこく体を触ったりしていると
その後はあまり近寄ってこなくなったり
翌週も人を避けるように動いていたりして
とても繊細な部分も持ち合わせている子です。
ただ、カブ二郎も穏やかで落ち着きのある子です。
まだ人に対して完全に心を開いてくれているわけでは
ないのかもしれません。
それでも人に対しての攻撃性も全くありませんし、
人を怖がって逃げることもありません。
素直でいい子のカブ二郎にも暖かい手が
差し伸べられますように。
f0078320_09080757.jpg
f0078320_09083687.jpg
f0078320_09090795.jpg
f0078320_09093653.jpg





<1-2> 3頭

f0078320_09110757.jpg


※8/29よりレポート登場(8/22収容)
▽茶白黒 オス 4歳ぐらい 8-9キロ

収容室③より移動して来ました。
収容室にいた頃から少し頑なな様子を見せていましたが
こちらに移動してからもその様子はあまり変わりません。
ただ、フリーでいられる空間なので自由に動きまわれます。
私が近づくと一生懸命私から遠ざかるように
動き回っていました。
人に飼われていたはずの子なので、人が怖くて逃げている
というよりも、どうしていいかわからずにとにかく
人を避けているというように感じます。
f0078320_09381628.jpg
f0078320_09390271.jpg
f0078320_09392159.jpg
f0078320_09394061.jpg
逃げ回ってばかりいるように見えますが、
部屋のドアを閉めて外から覗いてみると
この子が常にドアの近くまで寄ってきていて
私たちの様子をじっと見つめています。
興味はあるけれど、何されるかわからないからなぁと
いったところでしょうか。
動き回っているときに体を触ってもそのままスタスタと
逃げていくだけでパニックになったりすることもありません。
おやつはまだ手からは食べられませんが、
床に置いたおやつはパクパクと食べていました。
家庭に入って人と接する時間が長くなれば
人が怖いものではないと学習してくれると思います。
f0078320_09435705.jpg
f0078320_09440744.jpg
f0078320_09443053.jpg
f0078320_09441622.jpg




※5/2よりレポート登場(4/17収容)
▽茶黒 オス 1歳ぐらい 12-13キロ 15-16キロ

収容当初の頃の予測月齢から考えると
そろそろ1歳ぐらいになっているかと思います。
体も大きくなりしっかりしてきました。
同室の2頭が小さい子なのでこの子の大きさが
目立ってしまいますが、とても穏やかな子です。
まだ人馴れしているわけではありませんので、
こちらが動くと人を避けて動き回りますが
端っこで落ち着くと体を触ったりしても問題は
ありません。
f0078320_13564875.jpg
f0078320_13571856.jpg
f0078320_13574805.jpg
f0078320_13581814.jpg
体の小さい子を守っているようにも見えるかもしれませんが
そうではなく、この子自身が小さい子にくっついていって
頼りにしているような様子が伺えます。
体のあちこちに毛が薄くなっている部分がありますが
それほど悪化しているようには見えません。
同室の子に移っていることもありませんので
伝染性のものではないと思われます。
犬の社会性を学ぶ大事な子犬の時期をここで過ごしていたので
一日も早く家庭に入って人との生活を味合わせてあげたいです。
f0078320_14025352.jpg
f0078320_14032398.jpg
f0078320_14035257.jpg
f0078320_14042250.jpg




※3/28よりレポートに登場 (3/23他抑留所より移送)
▽茶白 オス 3-4歳 5-6キロ?

この部屋でもとびきり体の小さい男の子です。
以前は積極的におやつをもらいに来ていましたが
最近では警戒心が強くなってしまったのか、
なかなか近づいてきてくれません。
人に触られるのを極端に嫌がり、逃げ惑っています。
それでも人には興味があるようで、
大きい子の下に潜り込んだものの、顔だけを出して
こちらの様子を伺っている姿はとてもかわいかったです。
f0078320_14083449.jpg
f0078320_14090831.jpg
f0078320_14093969.jpg
f0078320_14102624.jpg
いつも笑顔のように見えますが、
これはこの子がいっぱいいっぱいなお顔なのです。
この子も人に飼われていたはずなのですが、
どんな飼われ方をしていたんだろうと思ってしまいます。
人を避けて動き回ってはいるものの、
カメラを向ければカメラ目線をくれるのですから、
人には興味はあるのです。
人と一緒に生活していくことで、
人間は自分に害を与えるものではないと学んでくれると
思います。
f0078320_14144640.jpg
f0078320_14141792.jpg
f0078320_14151738.jpg
f0078320_14154623.jpg





<1-3> 2頭

f0078320_14172592.jpg

※28/8/9よりレポートに登場 (28/7/27収容)
▽白黒 メス 3-4歳 15キロ

ここでの生活が1年を経過してしまいましたが、
良くも悪くも状態がほとんど変化していません。
未だに部屋に入ると私たちを見ただけで
大小両方出てしまいます。
この日はゆっくり近づいたからか、
その場所から逃げていくこともなく、
その場でじっとしていました。
うんちを踏ませたくなかったので体を起こして
抱っこしようとしましたが、全くの無抵抗でした。
f0078320_14210385.jpg
f0078320_14213622.jpg
f0078320_14220693.jpg
f0078320_14223733.jpg
人に対しての攻撃性は全くありませんし、
どこを触られても嫌がることもありません。
大分体もぽっちゃりしてきてしまいました。
ほとんど運動することもないのですから仕方ありません。
それにしても、1年経過したこの子がここまで人を怖がるのは
何か相当怖い思いをしたトラウマなのでしょうか。
毎日関わってあげられるわけではありませんので、
とてもおとなしくかわいいこの子の変化が
なかなか見られないことが歯がゆくてなりません。
常に人が一緒にいる環境においてあげることで
人が怖いものではないと教えてあげたいです。
f0078320_14271960.jpg
f0078320_14264881.jpg
f0078320_14274927.jpg
f0078320_14281805.jpg




※28/8/2よりレポートに登場(28.7/28他抑留所より移送)
▽薄茶 メス  2ー4歳? 11-12キロ

この子もここでの生活が1年を経過してしまいました。
ドアを開けると廊下にある棚の下に潜り込んでしまうので
この日はドアをすぐに閉めて、この部屋の中だけで
撮影することにしました。
触ろうとすると空噛みをしてくる子なので、
慎重にいつも向き合っているのですが
この日、同室の子のうんちを片付けている時に
この子もウロウロと動き回ってうんちを踏みそうになったので
ついうっかり「こっちに来ちゃダメ!」と
この子の体を触ってどかそうとしたところ、
やはりカプっとお口が出ました。
ただ、本気ではなく軽く噛んだ程度で
全く痛くありませんでした。
f0078320_14371614.jpg
f0078320_14384647.jpg
f0078320_14374664.jpg
f0078320_14381748.jpg
急に手を出されてこの子も驚いたのでしょう。
それでもきちんと加減が出来る子なのだと思いました。
その後は「ごめんね、急に触られて驚いちゃったね」と
声をかけながらこの子を見ていると
少し落ち着いてきた様子でおやつも首を伸ばして
欲しがっていましたので、お詫びにたくさんあげました。
以前にも声をかけながらほんの少し触ることもできましたので
やはり少しずつでも人の手が怖いものではないと
教えていってあげないといけないと思いました。
f0078320_14420976.jpg
f0078320_14423823.jpg
f0078320_14430933.jpg
f0078320_14440864.jpg
f0078320_14433928.jpg





<1-4> 2頭

f0078320_14454615.jpg

※2016/2/16よりレポートに登場 (2/1収容)
▽黒白 メス 8-9歳? 13-4キロ

この子も既に1年半を超えてしまいました。
特にこの旧子犬舎は風が通り抜けないので、
夏場は本当に暑くて私たちもまいってしまうほどです。
それに加えてこの子は長毛で、
きっと夏はしんどかったことと思います。
それでもいつもこの部屋の中の誰よりも
一番警戒吠えをしています。
部屋に入ってしまえば吠えは全くなくなります。
人に対する恐怖心というのもそれほどないように
思います。
f0078320_14584481.jpg
f0078320_14591565.jpg
f0078320_14594419.jpg
f0078320_15001486.jpg
以前に比べれば、おやつを見せれば積極的に
寄って来るようになりました。
それでもやはり少し人との距離はとりたがります。
体を触ろうとするとスルスルっと逃げていってしまいますが
その時に体に触れてもパニックをおこすようなことは
ありません。
もう10歳近くになるこの子の終の棲家はここではありません。
どうぞこの子にも目を向けてあげてください。
f0078320_15130544.jpg
f0078320_15133321.jpg
f0078320_15134468.jpg
f0078320_15135618.jpg




※8/8よりレポート登場 (7/25収容)
▽茶 メス 7-8ヵ月 8-9キロ

収容室にいる頃には、体を触ろうとするだけで
キャーキャーと悲鳴をあげていた子ですが、
こちらでは自由に動けるので、ずっと逃げ回っていました。
それでも逃げられないとわかると諦めた様子で
部屋の隅でじっとしていました。
その状態の時に近づいてもじっとしているのみで
攻撃的になることもなく、逃げようとすることもなく
おとなしくなっていました。
f0078320_15194183.jpg
f0078320_15195036.jpg
f0078320_15200296.jpg
f0078320_15201196.jpg
まだ子犬ですので、順応する力は強いと思います。
手からまだおやつを食べることは出来ませんが、
床に置いてあげたおやつはおいしそうに食べていました。
手足も大きいので、もう少し大きくなると思います。
こちらを見る目は上目遣いで、
明らかに人間に対して猜疑心一杯の目つきです。
人の暖かさと優しさをこの子にもわかってもらいたいです。
人に怖い思いをさせられたのかもしれませんが、
この子に人の優しさを教えてあげられるのも
私たち人間でしかありません。
できるだけ早く家庭に入って、人の優しさを感じてもらいたいです。
f0078320_15274704.jpg
f0078320_15275528.jpg
f0078320_15280270.jpg
f0078320_15280999.jpg



レポートは続きます。





by centre_report | 2017-09-28 09:51 | 愛護センターレポート